就活の時の面接については、学生さんは必死なのですが、いろいろとおもしろいエピソードもあるようです。

特に、ひと昔前の戦後の復興期でみんな元気が良かった時代には、今では考えられなかったような面接もあったそうです。

有名な面接の都市伝説があったのです。

それは昭和45年頃にサッポロビールが、俳優の三船敏郎を起用して、サッポロビールのCMをTVで流した頃です。

CMの最後に、三船敏郎が太くて渋い声でひと言「男は黙ってサッポロビール」と呟いたのです。

今から40年近くも前のことでした。

当時の三船敏郎は、いろんな映画に出演して興行成績も良かったので、一躍人気の俳優でした。

当時を知っている人に三船敏郎の話をすると、嬉しそうに出演した映画の話をしてくるのです。

そんな時代のコマーシャルですから、ほとんどの人は見ていたのです。

そんな時代にある学生がサッポロビール会社の入社試験の面接を受けたそうです。

一人ずつ面接室に呼ばれて面接を受けるのですが、その学生は面接官の質問にはまったく答えることなくずっと押し黙っていたのです。

らちが明かないので、その面接官が面接は終わりにすると学生に告げると、その学生はドアのところに戻ってから「男は黙ってサッポロビール」と叫んで一礼して退室したそうです。

面接官もあっけに取られていたのですが、その度胸を買って内定を出したとのエピソードです。

これには、当のサッポロビール会社も、後日に否定をしているということですが、今でも就活都市伝説として伝えられているようです。

真偽のほどは分かりません。

それ以外にも、営業職の人材を取りたい会社が、大きな会議室に学生を集めておいて、昼食を提供したそうです。

そして、よーいどんで一斉に食べさせて、食べ切った人から隣の会議室に来てくださいと告げたそうです。

食事を食べ切った学生が、次から次に隣の会議室に入ると、そこで待っていた面接官が、「はい、あなたは採用します」と順番に必要な人数だけ内定を出したそうです。

理由は、その会社の営業マンは早食いが基本で、その方が営業成績も良いから、との事でした。

遅れた学生は、そのばでお引き取りいただいたそうです。

笑うような話ですが、これ以外にもユニークな面接もあったそうです。

平成の時代に入ると、内定取り消しとが蔓延したというような暗い時代もありましたが、就活の面接は気になるものです。

ここでは、面接のコツについても考えてみたいと思います。

面接コツ10個!ポイントを抑えて突破しよう!

面接のコツと言うか対策に関しては、書店にいくと様々な参考書が並んでいます。

それらを立ち読みして見てみると、面接室に出入りする時のマナーや椅子の座り方など丁寧に書かれています。

なるほどと思いながら続きを見ると、次は自己紹介の仕方とか言葉の使い方など詳細に記載されています。

面接官と話す場合には、敬語を忘れないようにと具体例を示して解説しています。

しかし、謙譲語や丁寧語などは、すぐに使いこなせることは難しいのです。

普段からそんな言葉を話すことがない人なら、スラスラと出てこないからです。

とどのつまりは、自己紹介するときに噛んでしまい、何回か言い直して失笑を買うぐらいのことです。

3人ぐらいの面接官に囲まれると、普通の人なら緊張して足が震えるはずです。

緊張のあまり面接官に聞かれたことを勘違いして答えてしまったり、面接を終えてから「こういう風に答えておけばよかった」などと後悔することもあるようです。

TVによく出ているベテランのMCでも、緊張すると間違えることもあるので、私たちが間違うことがあるのはあたり前のことかもしれません。

面接のときに、面接官は何を見ているのかと言うと、以下の4項目なのです。

①第一印象、②雰囲気、③言葉遣い、④服装、です。

第一印象は、初対面でその人を始めてみた時の印象のことです。

この第一印象によって、あなたの印象がほぼ確定してしまうのです。

出会ってから3~15秒で第一印象が決まってしまうそうです。

そしてその人の持つ雰囲気(顔の表情や髪型)、言葉遣い、服装(靴もよく見ているようです)などを見るようです。

面接官は、第一印象を掴んだうえでいろいろと質問をしてくるのです。

それでは、面接の時にどんなことを覚えておけばよいかをまとめてみました。

1.ニュースのチェック


まずは面接のときの第一印象で、あなたの印象を掴むことはできたのですが、どんなことを考えているのか、どのような考えを持っているのかというところを知りたいのです。

そこで、日頃からどのような情報を掴んでいるのか、どのようなことに関心を持っているのかということを尋ねてきます。

それには、最近どんなニュースに関心があったかに興味を持っているのです。

いろんなニュースが報じられている中で、何に関心を持ったかなのです。

そして、どれだけの知識を持っているかも知りたいのです。

どのようなニュースに関心があって、そのニュースを見てどのように感じたかです。

さりげなくそんなことを尋ねてきますので、日頃からニュースを見ておくことも大事なのです。

日頃からニュースを意識してみておく

ニュースと言っても、様々なものがあります。

どこかで事故や事件があったとか、異常気象にかかわる事とか、政治に関することとかいろいろです。

面接の時には、政治に関する質問はないと思いますが、外交問題に関してはグローバルな企業にとっては重要な問題なので、何がおこったのか、それによって企業の活動に何か影響が出るのかなどの基本的なことは学んでおくべきです。

最近では、海外に進出しているグローバルな企業も多いので、海外のニュースなども一応チェックしておくべきです。

面接を受ける会社によっては、知的財産権や貿易の自由化の問題など、関係してくるニュースも多いはずです。

興味を持ったニュースとその理由を明確に

興味を持ったニュースについて質問をしてくるときがあります。

あなたがどんなニュースに関心があるのか、そしてその理由は何なのかを知りたいようです。

あなたの考え方や心の中を知りたいということです。

普段から情報収集に励んでいるのか、意識を吸収する意欲はあるのか、世間の動向をしっかりと掴んでいるかも知りたいのです。

変な思想に偏っていないか、採用してから何か問題を起こしても困るからなのです。

社会的な常識やマナーをわきまえているのかも判定するようです。

そこで、自分をPRするためにも、興味を持ったニュースを何件か覚えておいて、なぜそのニュースに興味があるのかも明確にして答える用意をしておくのです。

2.筆記試験の対策


「就活でもまだ筆記試験をやるの?」と疑う学生もいるかもしれませんが、2017年の就職白書によると、約95%の企業が選考のひとつとして適性検査や筆記試験を実施したとのことです。

志望の企業の内定を勝ち取るには、やはりしっかり筆記試験を受けることなのです。

しかし、就活の筆記試験と言っても、大学受験のような難しい科目はありません。

何点以上取らなければ不合格というようなものでもありません。

選考プロセスの一環として実施されるようです。

適性検査とも呼ばれるようで、学生の基礎的な能力や仕事への適性を測るために就活選考の序盤に実施されるようです。

就活の選考の過程は、エントリーシート(ES)提出→筆記試験→面接→内々定、の順に進んで行きます。

企業によって、筆記試験の重要性に差があるとは思いますが、筆記試験を受けないと次のステップには進めないようです。

筆記試験の目的は、その学生の学力だけを測ることではありません。

一般的には、就活における筆記試験とは、能力検査と性格検査という2種類の試験が用意されています。

網力検査とは、国語や数学などの基本的な教養を問う試験で、就活の学生が基礎的な教養や能力があるかどうかを測定することが目的です。

しかしながら、基本的な教養や能力があまりにも低いとかひどい回答ばかりであれば、残念ながら選考からは落とされてしまい、次の面接まで進めないこともあります。

もう一つの性格検査とは、いわゆる心理テストで、学生の性格や考え方について調べたり、仕事に適しているかどうかという適性を測定するのが主流です。

この試験も、性格があまりにも偏っていたり企業の考え方と違っていたり、就職してから能力的に仕事について行けなくなる恐れがあると判断されると、不合格になってしまいます。

しかし、このように不合格になることは珍しく、適性検査の内容はむしろ面接のときに質問をしてくる材料に使われることが多いようです。

このように、大学受験の時の学力試験のようなものではなくて、就活の学生の基礎的な学力と性格の両方の確認をするために行われるようです。

ただし、学生の応募が非常に多い時には、面接に進む前に足切りの材料として使われることもあるようです。

市販の対策本で慣れる

多くの学生が面接に重点を置いていますが、筆記試験も大切なのです。

一夜漬けで解けるような問題は出ないようです。

筆記試験の場合も、事前準備が必要です。

書店に行くと筆記試験の問題集や過去の試験の問題を集めたものが市販されています。

この問題集を購入しておいて、なるべく早い段階で取り掛かっておくことも大事です。

これらの問題集を事前に繰り返し解くことで問題に慣れて、筆記試験の雰囲気になれることです。

事前に市販の対策本で慣れておくことで準備もできるのです。

3.入室のイメージトレーニング

さあ、筆記試験も無事終了していよいよ面接を受けることになりました。

面接の時にはどのようなことに注意をしていれば良いのでしょうか?社会人の場合は、人と対面する時にはいろいろとマナーがあるのです。

言葉遣いもそうですが、態度や服装、そしてマナーにも注目されます。

面接官の立場になって、マナーのチェックポイントをまとめてみました。

このマナーについては、面接官があなたの第一印象を決めるときにも利用するもので、安易に考えておくことはできないのです。

緊張しているので、全てを完璧に仕上げることはできませんが、少しでも印象を良くしたいので、ポイントはしっかりと押さえておきましょう。

あなたが部屋に入ってから面接官が見ているのは、顔の表情、明るさ、人当たりの良さです。

面接を通して、あなたの言葉遣いや態度、目線、声のトーンや大きさをチェックしています。

中でも、顔の表情に注目しているようです。

前向きな明るさと会話の時の笑顔は忘れないことです。

受け答えの内容も大事ですが、それ以上に立ち居振る舞い方から感じ取れる印象が、採用の可否にも大きく影響していることも覚えておいてください。

日頃に、どのような場面でどのように過ごしているかがすぐに分かるのです。

一般的な面接官が注視するところは、①明るさ・笑顔・人当たりの良さ、②入社したいという熱意、③素直さや伸びしろ(成長の可能性)、④職場の雰囲気に合うか、⑤真面目さと誠実さ、などです。

面接官の着目点を覚えておいて、次に正しい入室と退室の仕方、つまり正しい立ち居振る舞いのマナーについて覚えておきます。

この仕方を頭で覚えておくだけでなく、実際に行ってみたり何回もイメージトレーニングを行う必要があるのです。

このマナーを習得していないと、他の学生と比較されて悪い印象を与えてしまい、不利になることもあります。

そこで、次に入室から退室までの流れに沿ってポイントを説明していきます。

入室の仕方をチェック

いよいよ入室する番になりました。

案内係に促されたり部屋の中から合図があったら、大きな声で返事をしてドアの前に行きます。

ここからは、順に流れに沿って説明します。

①ドアのノックは軽く3回ノックします。(ドアを2回ノックするのはトイレに入る時です。だから2回は失礼になるのです)

②中から「どうぞ」という声が聞こえたら、「失礼いたします」と答えてからドアを開けます。

集団面接の場合は、先頭の人がノックをして入室し、後の人はそのまま続いて入ります。

後の人はノックは不要です。

後続の人も、「失礼いたします」と言って入ります。

部屋に入る時には、入り口で立って軽くお辞儀をしてから入ります。

③部屋に入ったら、振り向いてドアの方を向いてドアを閉めるのです。

後ろ手で絞めることはマナー違反です。

一旦静止してから振り向いてドアを閉めるようにすればスムーズにいきます。

ノックから挨拶、一礼、着席までを確認

入室してドアを閉めたら、振り向いて面接官の方を向き直ります。

①面接官への挨拶から始まります。

面接官の方に向き直ったら、「よろしくお願いいたします」と挨拶をして30度の角度でお辞儀をします。

②お辞儀の後は用意された椅子の横に歩いて行って姿勢を正して立って指示を待ちます。

「大学名とお名前をお願いします」と言われたら、「〇〇大学〇〇学部の〇〇と申します。

どうぞよろしくお願いいたします」と答えてから、今度は深く(45度)お辞儀をするのです。

もしも、面接官から何も促されなかったら、先ほど説明したように自発的に大学名と名前を名乗るようにします。

ここでのポイントは、お辞儀と挨拶がダブらないことです。

もぞもぞと話しながらお辞儀をしては見苦しいのです。

相手が聞き取れるように、ハッキリと声を出します。

③自分の名前の紹介が終わると、「どうぞお座りください」と促されます。

そしたら「失礼いたします」と言ってから、軽く(15度)お辞儀をして椅子に座ります。

カバンを持っている時は、椅子の横に立てかけて置きます。

座っている時もチェックを受けています。

座っている時の姿勢は、椅子に深く腰を掛けない、背もたれにもたれないことです。

背筋をピンと伸ばして顎を引きます。

手の位置ですが、男性なら両膝を軽く開き、手を軽く握って手の甲を上にして膝の上に置きます。

女性は両膝を閉じて、その上に両手を重ねて膝に乗せるのです。

記念写真を撮る時のポーズと同じと覚えてください。

4.導入の会話

さて、あなたの第一印象が分かったとして、次に気になるのはあなたの日常の生活の様子です。

毎日、どのような生活をしているのかも参考にしたいのです。

規則正しい生活をしているか、健康面で大丈夫なのかを直接確認するまでもなく、生活の様子を聞けば自ずと分かって来るからです。

突飛もないことを尋ねて、あなたの反応を観察する時もあります。

まさかこんなことを聞いてくるとは想像していない時に、不意に質問されると動転してしまいます。

その時の反応も確認しているのです。

私生活での友人は多いのか、どのような友人と付き合っているのか、休日には何をしているのかなど、たわいもないことを質問する時もあります。

本題に入るまでに、多少気持ちをほぐしておくということでもあるようです。

こんな時には、難しい質問ではないので、明るく笑顔で答えることが大事なのです。

そしてどこに住んでいて、採用後には楽に出勤できるのか、どのようにして出勤するのか、交通機関を利用するのか、もし人身事故などのトラブルが発生して運行が停止になった時にはどのようにして出社するのか、なども確認したいのです。

やはり、会社としては毎日キチンと出勤してくれることが基本なのです。

会社までの所要時間

就活の学生は、自宅で両親と住んでいる人、独りや友人と一緒に部屋を借りて住んでいる人など様々です。

就職が決まると、どこから通勤するのかも注目されています。

もし、現在住んでいる所から出勤するとすると、会社までどのようにして出勤するかです。

そして、その所要時間はどれくらいかかるかも質問して来るはずです。

現在の交通手段、就職に合わせて転居する時は、その場所からの通勤手段や所要時間はよどみなく答えられるように準備しておきます。

「所用時間はどれくらいですか?」と聞かれて、「うーん、30分から1時間ぐらいですかね」などと思案しながら答えたりすると、ちょっと頼りない性格かなと判断されてしまいます。

間髪を入れずに、「地下鉄を利用して40分ぐらいです」と明確に答えるのです。

面接官が後で、正確な所要時間を測定するようなことはしませんから、あなたが答えをあらかじめ用意しておくのです。

地下鉄が止まれば私鉄を利用するとか、それもダメならバスを利用するとか、代替手段も用意しておくと狼狽えないでしょう。

何かの質問で詰まってしまうと頭が真っ白になってしまい、その後の質問にも戸惑ってしまうこともあります。

緊張しやすい人は、多少答えが間違っても良いので、面接官の質問のテンポに合わせられるように、スムーズに答えることを心掛けてください。

出身地

ある先生は、就活の面接を受けた学生から、「面接で出身地を聞かれたけど、どういう意味があるのでしょう」と尋ねられたそうです。

面接官は、学生の緊張をほぐしてあげようという親心で、話題作りの目的で聞いたのでしょうか。

それとも、何かの意図があるのでしょうか。

どの会社でも必ず尋ねることではないようですが、先日の高校野球では秋田や愛媛の学校が準決勝まで残って健闘したので、もしも学生の出身地が同郷であれば和気あいあいに話が進むかも知れません。

そのように前向きに考えている人と、そうではなくて意図的に確認しているという人に分かれます。

意図があるという人は、応募者が多い時には個人の能力に左右される仕事でなければ、会社から近いところに住んでいる人を優先することもあるそうです。

出勤も楽だし、落ち着いて働いてくれると思っているようです。

もしも出身地が遠いと、会社に不満ができると、故郷に帰ってしまうこともあるからだそうです。

しかし、遠いところからこの会社を志望して試験を受けに来ているということは、非常に熱意があることで会社にとっては有能な社員になる可能性も高いのです。

このように考えると、意図があるかどうかは不明ですが、厚生労働省は採用に当たって、出身地は聞かないようにしようという呼びかけをしています。

具体的には「採用選考に当たっては、応募者の基本的人権を尊重すること、応募者の適性・能力のみを基準として行うこと」と厚生労働省は事業者に呼びかけているのです。

出身地を聞いてしまうことで、面接者に緊張を与えたり、採用結果に影響を与えたりするかもしれないと考えたからです。

もしも聞かれたら、話題作りだと考えて、淡々と答えればよいと思います。

両親が転勤が多い会社に勤務している場合などは、2~3回転居した人もいるので、過去に暮らした場所を覚えておくとよいでしょう。

5.転職理由や志望動機

採用を考えている方からすると、この会社を受けた志望動機が気になるところです。

特に、今までの会社を辞めて転職を希望している人に対しては、この会社のどういうところに興味を持ったのか、この会社でどのように活動したいのかをぜひ確認したいのです。

転職を希望する人は、退職の理由を必ず聞かれます。

なぜなら、また同じ理由で会社を辞められたら困るからです。

そして、面接官も納得するような退職理由であれば、それを改善すればこの会社で長く働いてくれると思うのです。

その会社退職して応募するということは、我慢できないような何かの不満があったはずです。

それが明確であってこの会社で対応できることであれば、本人の能力が認められれば採用に結び付けることができるはずです。

例えば、上司の派閥から外れていて正当な評価を受けられなかったとか、自分の専門知識を活用する職場が廃止されてしまったとかであれば、本人の能力が確かであれば正当な評価で合否がハッキリするはずです。

新卒の場合には、志望動機も明確にしておきます。

履歴書にも志望動機を書いたはずですが、単に興味があるからとか人気があるから、グローバルな会社だから、などと表面的な事情だけではインパクトは小さいのです。

グローバルな会社と言うなら、自分の語学力をアピールして積極的に海外で力を試したい、などと自分がこの会社で貢献できることをアピールすることです。

会社の特徴を捉えて、それに貢献できる能力や体力、熱意があることを説明するのです。

マイナスポイントではなく、こうなりたいと前向きに

自分が持っている能力や力をこの会社で活かして、こんなことを提案したい、実行したいと訴えるのです。

あくまでも、前向きな熱意と意欲を示すことです。

ここでしかできないこと

自分が持っている特技や能力、経験を活かすことができることをアピールします。

自分の力はここでしか発揮できないことを伝えるのです。

ここでやり遂げたいこと

自分が持っている能力や技術を使って、この会社でやり遂げたいことを箇条書きにして覚えておいて、面接のときにそれを熱意に込めて伝えるのです。

若干の身振り手振りを添えることもいいでしょう。

大げさではなく、つい熱くなって訴えたい気持ちの表れという感覚なのです。

やり遂げたいこととは、具体的に身近なテーマを上げて、会社の方針に沿う様な事業などを提案しても良いでしょう。

大きすぎる提案は無理ですが、実行できる範囲での提案です。

6.声は大きく、ハキハキと

相手が聞き取れないほどの小さな声でしか話せない人は、大半は口をあまり動かさないで話す人が多いようです。

口を大きく開けて話すことで、声の通り道も大きくなって大きな声が出やすい状態をつくることができるのです。

普段から声が小さいと言われている人は、誰もいないところで大きな声を出す練習をしてみてください。

滑舌よく話す特訓をするのです。

練習しないと本番では上手く行きません。

自分の言いたいことがしっかり伝わるように

せっかく内容のあることを伝えようとしても、声が小さいと聞く方もイライラしてきます。

自分の言いたいことがしっかりと伝わるように、口を大きく開けて大きな声でハキハキと言うようにします。

7.表情の緩急をつける

表情に変化をつけることも必要です。

表情は真剣な表情と笑顔に分かれます。

笑顔も口角を少し上げた程度で少し歯を見せる程度です。

いわゆるニヤニヤと笑うことは厳禁です。

面接官を小馬鹿にしているように見えるからです。

にこやかに話す

大学生活や趣味の話などの時には、にこやかに笑顔で話しするのです。

面接官が緊張をほぐそうとした話題には、笑顔でにこやかに話をします。

真剣な眼差しで質問を聞く

この会社で採用された時には、どのようなことをやりたいとか、将来の夢などを聞いてくる時には、真剣な眼差しで質問を聞くことです。

質問者の方を向いてしっかりと目を見てやり取りします。

このような場面では、笑顔は作らないように真剣さをアピールするべきです。

8.一貫性を持って話す

言うことに信憑性がなかったり、言うことがコロコロと変わるようでは信頼されません。

辻褄の合わない話はしない

その場しのぎで適当なことを言っていると、辻褄が合わなくなることがあります。

それを突っ込まれると、また適当に答えることになり、ますます窮地に陥ります。

必ず一貫性のあることを話すことです。

信頼できると思ってもらえるように

話に一貫性があると、この学生は嘘をついていない、ごまかしていないと思われます。

これが信頼される条件なのです。

信頼できる学生だと思ってもらえるのです。

9.質問を用意しておく

面接時には、最後に必ず「何か質問があればどうぞ」と聞いてきます。

これは、疑問に思っていることを聞くことができるタイミングですが、何を聞いても良いとは限りません。

給料は、ボーナスは、休暇取得は、などと自分の受ける権利みたいなことばかり根掘り葉掘り聞くのはご法度です。

自分の長所を追加でアピールしたり、やる気を強調するような逆質問が重要です。

何かありますかと聞かれた時に答えられるように

自分がやりたいと思っていることで、会社のホームページや資料には記載されてないことなど、やる気を見せるために質問することなども良いでしょう。

真剣に考えていることもアピールできます。

会社の職場の雰囲気や特徴など、働く職場をもっと知りたいという前向きな質問も良いのではと思います。

10.最後にアピールを

改めて最後に自己アピールをしてくれと言う場合があります。

言い足りないと思っていたことを話せる機会です。

簡潔に述べる

自分の長所や特技などを、改めて伝えて強調することができます。

英文の報告書や特許を速く読み取ることができるとか、分析技術は負けないと自信があるとか、他の人に負けないようなことを簡潔に述べるのです。

貢献できることをしっかり伝える

最後には、採用されたら一生懸命頑張る気持ちがあること、きっとこの会社に貢献できるということ、熱意は誰にも負けないなど、しっかり伝えることも忘れないことです。

力を発揮できるように

就活の面接は、誰もが緊張してしまうものです。

最後までリラックスして受けることができたという様な人はほとんどいません。

ぜひとも、採用してほしいと願っているなら、緊張するのがあたり前なのです。

上手く自分の力を発揮させるためには、どのように心掛けていれば良いのかをもう一度まとめてみました。

まず大事なことは、面接に関することを事前に準備しておくことです。

①入室と退室のマナーや座り方について、②自己PRについて(長所や短所、特技などの答え方)、③最近のニュースを見て意識しておく(感想を求められたときの答え方も準備しておく)、④面接を受ける動機を明確にしておく、⑤働く熱意も十分で、この会社に貢献できることをアピールすること、⑥どんなことをやりたいかということもまとめておく、などを前もって準備しておきます。

後は、話す時には相手の方を向いて目を合わせて真剣に話します。

椅子に浅く腰かけて手は握って膝の上におく(男性)か手を前に組むか(女性)して、背筋はまっすぐにピント伸ばして受け答えするのです。

対話の時の姿勢にも気を付けるのです。

言葉は大きくはっきりと声を出して、話すことは明瞭簡潔に述べるのです。

決して知ったかぶりはしないで、話に辻褄が合うように心がけます。

前向きに一生懸命頑張る意欲があることを十分にPRして終えることが大事なのです。

派手なパフォーマンスは避けて、あなたらしさを面接官に伝えることで乗り切ることができるはずです。