日本は今、大不況から少しづつ立ち直ろうとしています。

それにより、氷河期とも言われた就職時代が少しづつ緩和され、それぞれが希望の職種に付きやすい時代がやって来ています。

その為、多くの方が、それぞれの学校を卒業し希望の仕事についていると言う事も珍しい事ではなくなりつつあります。

しかしながら、理想と現実は違うものです。

自ら希望し就職した仕事であったとしても実際に働いてみると自分と合わない事もあるでしょう。

どんなに頑張って続けて行こうと思っても体や心を壊してしまい思うように働けなくなってしまう事だってあるのです。

そんな時は、仕事を辞める事をお勧めします。

大変な状態にある当の本人は、その決断をするのには時間がかかるかもしれません。

なかなか決断する事が出来ず、辛い時間を長々と過ごしてしまう事もあるでしょう。

仕事はとても大事な事です。

生活して行く為にはお金が必要であり、そのお金を稼ぐ為には仕事をする必要があるでしょう。

しかしながら、一生を犠牲にしてまでするものではありません。

その為、自分に合わないと感じたら心や体が壊れてしまう前に辞めるという決断をする事もとてお大切な事なのです。

世の中には沢山の仕事があります。

一つの仕事がダメだったからと言って全てがダメだと言う結論にはなりません。

自分自身の可能性を信じ、前向きに決断しましょう。

仕事を辞めたらすべきこと10選

仕事はとても大切です。

人生にやりがいを与え、それに合わせた賃金を貰う事が出来ます。

自分自身が豊かに安定した生活をして行く為にも、仕事はとても重要な事でしょう。

しかしながら、仕事が人生の全てではありません。

もし自分に合わないと感じたり、心や体に負担が大きくなってしまう場合には辞める事も一つの手でしょう。

辞める事に対して、最初は不安もある事でしょう。

しかしながら、一つづつ問題を解決して行く事ですぐに生活に困る事無く過ごして行く事が出来ます。

仕事を辞める事に対しては問題ありませんが、ただやみくもに辞める事に対しては賛成する事が出来ません。

自分の状況を良く理解し、今後どう動いていけば良いのかをしっかりと把握しておきましょう。

そこで今回は、仕事を辞めた後にするべき事についていくつがご紹介させて頂きます。

具体的な内容を交えてのお話になりますので、今後仕事を辞めようと考えている方は是非参考にして頂ければと思います。

1.まず確認したいこと!

人生の中で、転職を何度も経験する人はそう多くは無いでしょう。

その為、その時に行うべき手続きの中で、何をしなければならないのか。

どこにどんな書類を提出しなければならないのかという疑問は必ず湧いてくるものです。

しかしながら、会社を退職してしまって居る今、それを教えてくれる事務の方は居ません。

自分で何とかするしかないのです。

そこで、退職した際にまず確認しておくべき事をご紹介させて頂きます。

このポイントをおろそかにしてしまうと、後から困った事になってしまう事も十分に考えられます。

その為、その変をしっかり考えておく事をお勧めします。

年金

年金は、日本に住んでいる人であれば大抵の方にかけられているものです。

日本のサラリーマンはそのまま厚生年金に加入しています。

共済年金と言うものもありますが、これは公務員の方々が加入しているものであり、そこに違いはまりありません。

これに加入している人の事を第2号被保険者といいます。

また、その配偶者の事は第3号被保険者と言います。

その他にも、国民年金に加入し得ている人の事は、第1号被保険者と言います。

国民年金と厚生年金の違いは、会社が保険料を負担してくれているかどうかの違いとなります。

その為、国民年金の人の場合は、自営業の方が多く加入しています。

会社を退職すると、年金の切り替えが行われます。

これは自分でしなくとも、自動的に第1号に変更されています。

しかし、ある一定の条件を満たすと3号になれる場合もあるので、3号になりたい方は自分で行う必要があるでしょう。

わざわざ自分で手続きを行わなくとも、国が勝手にやってくれるのであればそのまま放置しても構わないと思う事もあるかもしれません。

しかしながら、手続きが送れると言う事はそれだけ納付書も遅れてやって来ると言う事になります。

その為、後から数か月分まとめて請求されてしまう事もありあとから困る事にもなりかねません。

規定上は、退職した日から14日以内に手続きを行う事と決まりがあります。

14日を過てしまったとしても手続きをする事は出来ますが面倒な作業がプラスされる場合もあります。

その為、健康保険などと一緒に出来るだけ早めに行動する事をお勧め致します。

雇用保険

雇用保険とは、会社に在籍している際に加入している保険の事を指します。

これに加入している人は、一定の条件を満たせば失業手当を貰う事が出来ます。

その手続きは会社がしてくれるものでは無く、自分で行う必要があります。

その為、後から困る事がないようにしっかりと書類を準備しておきましょう。

雇用保険の手続きには、離職票という物が必要になります。

この書類は、勤務していた会社がハローワークなどで手続きを行った後に貰う事が出来る書類です。

発行には大体、2週間程度かかりそれまでは失業保険の手続きを行う事は出来ません。

離職票には、退職理由が記載されています。

この退職理由によって、失業保険を貰う事が出来る金額や時期が変わってきます。

転職を希望しての離職であれば、多くの場合は自己都合ですが中にはリストラなどを経験している方も居る事でしょう。

本当の理由と違う事が記載されて居ると、自分自身が振りになる事もあります。

その為、内容はしっかりと確認しておく事をお勧めします。

失業保険には、待機期間と呼ばれるものなどもありその期間も人によってマチマチです。

その為、一概にどれほど待てば幾ら貰えると言う無責任は発言はする事が出来ません。

自分の状況をよく理解して自分の足でハローワークに行き、確認する事をお勧めします。

住民税

住民税とは、その土地に住んでいる人々が地域に支払うお金の事を指します。

県や市においての大事な収入源であり、住んでいる方々に支払いの義務があります。

会社に在籍している時は、会社が天引きして勝手に支払いをしてくれていました。

しかし、退職後はそれらの手続きも全て自分で行う必要があるのです。

住民税は、他の税金とは少し違った特徴があります。

それは、去年働いて得たお金に対して税金がかけられると言う事です。

その為、今年どんなに収入が少なくなって居たとしても、去年沢山稼いでいたのであれば膨大な請求が来てしまう事も十分に考えられます。

その為、失業保険などで支給さればお金は、全て使用してしまうのでは無く住民税の支払いの為に確保しておく事をお勧め致します。

住民税を支払う為には、退職してしまった後では自分で直接支払いに行くほかありません。

退職月によって手順も変わるので、まずは退職後に市役所などの公共機関に問い合わせを行う事をお勧め致します。

所得税

所得税とは個人がえたあらゆる所得にかけられています。

通常の場合は、一年間働く事を前提にかけられている場合が多々あります。

その為、確定申告をすればその払い過ぎた分を返して貰える事になります。

在職している時は会社がやってくれていた年末調整も退職してしまうと自分で行わなければなりません。

その為、確定申告が必要となるでしょう。

確定申告を行う為にはいくつかの資料が必要となり、時間もかかります。

その為、後後になって困る事が無いように事前にしっかりと用意しておく事をお勧め致します。

2.一定期間は人生のおやすみ

仕事を辞めてしまった後、途端に生活が不安になりすぐに最就職先を探さなければと焦る人も居る事でしょう。

確かに、年齢にもよりますがその先の人生を考えれば働かずにいつまでも遊んで暮らしていく事は不可能でしょう。

その為、最就職先を考える事はとても大切です。

しかしながら、全てを汗って行う必要はありません。

退職理由にも寄りますが、心や体が疲れてしまい仕事を辞めた方々はまずはそちらのケアをする事が重要です。

心と体。

それぞれが健康であるからこそ、仕事をする事が出来るのです。

その為、どちらがかけていてもダメなのです。

それらがまだ万全な状態で無いにも関わらず、そのまま再就職先を探したとしてもまたすぐに同じ状態になってしまうかもしれません。

また、心が万全で無い時は、冷静な判断をする事が出来ないので前より更に良くない環境で仕事をする事になってしまう事もあるのです。

日本には、様々な保険制度が備わっています。

その為、それらにきちんと加入してさえいればすぐに生活に困るよな事はありません。

しっかり休養し、心と体に元気を取り戻す事が出来るでしょう。

その事を心の中においておく事が出来れば、退職後もその状況に負担を感じる事無く過ごす事が出来るのでは無いでしょうか。

3.転職ビジョンを考える

誰しも一度は仕事を辞めたいと考える物です。

それはほんの些細な理由の時もあれば、本人に取とってはとても大きな問題でありなかなか一人では解決する事が出来ないような大事件の時だってある事でしょう。

仕事を辞めたいと思う事は、ごく自然な感情です。

この世の中には多くの仕事があります。

その中で、自分の仕事を愛し不満など一ミリも感じていないという人は一体どの程度居るのでしょうか。

例え、仕事にやりがいを感じていたとしてもふとした瞬間に『仕事を辞めたいな』『どこか違う所にいきたいな』と思う事は誰にでもある自然な感情です。

ですが、仕事を辞めたいと考えている事と、実際にその時に仕事を辞めるかどうかは全く別の話です。

もし本当に仕事を辞めたいと考えている方は、一時の感情に流されては行けません。

仕事を辞めたからと言って、全てのストレスから解消される訳では無くまた新たな仕事に向かわなければならないからです。

現実の問題から逃げ出す為だけに仕事を辞めても、結局同じことを繰り返してしまう事になるでしょう。

その為、仕事を辞めたいと考えた時はまず辞めた後の事をしっかりと考えましょう。

辞めた後の生活は、貯金でどれくらいやって行く事が出来るのか。

保険で貰えるお金もあわせ、それらで生活して行く事が出来る期間内に仕事を探す事は出来るのか。

また、次の職種はどんなものが良いのか。

それになる為にはどんな資格が必要なのか。

考える事は山ほどあります。

仕事が辛く、体や心を壊してしまう人が今の社会にはとても多くおります。

彼らの中には自ら命を絶ってしまう方もいます。

仕事は大事なものですが、人生をかける程のものではありません。

その為、そこまで追いつめられる前に転職を考える事はとても自然な事でしょう。

しかしながら、ただ今の現状が辛いというだけの理由で転職を安易に考えても結局物事は上手くはいきません。

冷静に考えれば、今いる仕事がとても自分に合っている事だってあるからです。

その為、転職をする際には自分自身の環境を客観的に判断し、今度どうしていきたいのかを冷静に判断する必要があるでしょう。

4.必要な資格の勉強

転職を考える際、次はどんな仕事に付きたいのかを考える事はとても重要なポイントです。

人によってはより専門的な仕事につきたいと考える事もあるでしょう。

そんな時は、それにあった資格を取る必要があります。

資格には様々なものがあります。

業界が独自に作ったような物もあれば、国家資格として国に澪められて居るような物もあるでしょう。

それらを取得していなければなる事が出来ない仕事と言うのも沢山あり、自分の希望する仕事には何が必要なのかをしっかりと理解しておく事はとても重要なポイントです。

資格によっては、そう簡単に取る事が出来ない物もあります。

その為、そういった場合は先に退職を決めてしまうのでは無く資格を取得してから仕事をする事をお勧めします。

と言うのも、退職してしまうと、生活に必要なお金を得る事が出来なくなってしまいます。

例え、保険などを貰う事が出来たとしても期限がありいつまでも貰う事は出来ません。

資格を取る事が出来て居ないのにも関わらず、お金が無くなってしまっては生活する事が出来ず結局希望しない会社に再就職する事だってあり得るのです。

人生は思うように行かない事が殆どです。

すぐに資格を取得出来ると、高を括っていたとしても実際には上手く行かない事だって十分に考えられます。

もしもの時に困る事が無いように、保険はしかかけておきましょう。

5.転職サイトで情報取集

職をする際は、次にどんな仕事についたら良いのか多くの方が悩む所です。

自分のやりたかった仕事に就職してなかなか思うような結果を出す事が出来なかった方は、今後一体自分には何が向いているんだろうと悩んでしまう事もあるでしょう。

そんな時役立つのが転職サイトです。

転職サイトは、就職の時に活用したようなサイトとよく似ています。

これを利用する事によって、自分の知らなかった仕事などの情報をしっかりと確認する事が出来るのです。

会社の方に面と向かって聞く事はなかなか難しい所があります。

その点、転職サイトを利用する事で、多くの条件にあった仕事を探す事が出来ます。

金銭面や福利厚生など、なかなか聞きにくい部分もしっかりと教えて貰う事が出来るので転職を考えている方はもちろん、

まだ具体的な考えは何も無いと言う方でも、まずは一度覗いて見てはいかがでしょうか。

そうする事で、あなたの運命の仕事と出会う事が出来るかもしれません。

【女性の転職は、こちらの記事もチェック!】

6.会社選びと応募

転職する場合、今の現状をどうにかして変えたいと思って居る方は、ついついなんでも良いからとにかく他の所にいきたいと焦ってしまう物です。

しかし、それでは同じ事を繰り返してしまう事に繋がります。

もしかしたら、今までよりずっと大変な状況の場所に就職してしまう可能性だってあるのです。

その為、仕事を探す際は、自分はどんな条件の元で仕事をしたいのかと言う事をしっかりと考えて行動する必要があります。

自分の願いを100%叶える事が出来る仕事はなかなか無いかもしれません。

しかし、譲れないっポイントと言うものはあるはずです。

底だけは妥協する事無くしっかりと自分の中で押さえておく必要があるでしょう。

給料

仕事を行う上で最も大切なポイントは、お給料をきちんと貰えるかどうかと言う所です。

人によっては、好きな仕事につけるのであればお金なんてどうでも良いと言う人も居るかもしれません。

しかし、それは間違いです。

どんな仕事であれ、きちんとお給料を貰う事が出来ないのであればそれは仕事とは呼べないでしょう。

仕事は生きていく為にするものです。

その為にはお金が必要です。

必要と感じる額は人それぞれ違いますが、それぞれが自分のライフスタイルにあった給料を貰い仕事をするべきです。

転職サイトなどを見ると、お給料の相場を大体知る事が出来ます。

そのお給料は、年齢と共に上がるのか。

出来高制なのか。

年俸なのか。

会社によって制度は様々です。

その都度、気になる事は事前に確認し、あとから後悔する事がないようにして行きましょう。

やりがい

仕事は、生活していく為にする物です。

しかしながら、ただ単にお金が稼げればなんでも良いと言う事も無いでしょう。

自分なりのやりがいがあってこそ楽しい時間を過ごす事が出来ます。

会社に居る時間は、プライベートと比べても大変多く人生の1/3を占めると言っても過言では無いでしょう。

その為、その時間があまりにも苦痛でどうしようもなかったとしたらそれはとても悲しい事です。

人生を無駄にしてしまっていると言っても過言ではないかもしれません。

その為、仕事に対してやりがいや楽しみを見出す事はとても大切なポイントです。

人によって、どんな所に楽しさを見出すかは分かりません。

自分にあった場所を探し、出来るだけ後悔の無い転職が出来る様にイメージだけに囚われる事無く幅広い意見を参考にしながら転職先を探す事をお勧め致します。

7・身だしなみを整える

会社に所属している時は、毎日綺麗に身なりを整えて過ごしていた方も、退職して少し時間が出来てしまうとついついだらしがなくなってしまう事もあるでしょう。

こんな時だからこそと、髪の毛の色を明るくする方も居るかもしれません。

気分転換にファッションを楽しむ事は悪い事出はありませんが、再就職先を探そうと考えて居るのであれば身なりは会社員として無理の無い範囲に留めておく必要があります。

ただし、職種によってはあえておしゃれな要素を必要としている物もあり、それは仕事によって様々でしょう。

その為、自分にあった仕事を探す事が出来るように、事前にどんな身だしなみが許されるのかをしっかりと確認しておく必要があります。

学校を卒業擦れさえすれば自由になれると思ってた方も多いかもしれませんが、実は社会に出る方はわずらわしいしがらみが沢山あるのです。

これが大人になると言う事なのかもしれませんね。

8.面接での質問対策

転職の場合、面接で必ずと言って良いほど退職の理由を聞かれます。

これは、余りにも忍耐の無い人の場合、採用する側も難色を示す場合があるからです。

理由はウソをつく必要はありませんが、良い方には気を付けましょう。

『合わなかった』『仕事がきつかった』『人間関係が上手く行かなかった』など理由はそれぞれ違うと思います。

これらを、『もっとやりたいことが他にあった』『他の業種にもチャレンジしてみたかった』など出来るだけ前向きな意見に変更する事はとても大切なポイントです。

面接は所詮は人の心象です。

その為、同じ内容の話だったとしてもいかに相手に良く思われるのかと言う所は大変重要なポイントです。

自分が面接をする立場になったつもりでどう話したら相手に良い印象を与える事が出来るのかという所をしっかりと考えて起きましょう。

9.面接へ行く

転職活動で面接に行く際は、服装に悩まされる所です。

新卒であればリクルートスーツですが、転職の場合、それもおかしいような気がします。

男性の場合は、無難にスーツがお勧めです。

問題は、女性の場合です。

女性の場合は、普段からスーツを着用している場合は別ですが事務服などが会社から支給されている場合は、通勤にはラフな恰好をしている場合があります。

面接では勿論そちらはNGです。

通常であれば、オフィスカジュアルと呼ばれるような仕事でもそのまま着ていく事が出来るような服装をする事をお勧め致します。

仕事に服装は関係ないかもしれませんが、服装がどうこうと言う問題では無く社会人としてマナーを持って生活する事が出来るかどうかを見られています。

その為、ジーパンやTシャツなどと言った余りにもカジュアルな服装はお勧めする事が出来ません。

服装選びに迷ってしまった時は、リクルートスーツを引っ張り出して着たとしてもおかしくはありません。

それだけ真面目に会場にきたんだと好印象を持って貰えるでしょう。

10.晴れて採用!入社準備

入社が決まったら、それに合わせて様々な事を準備する必要があります。

いままでスーツを着用していなかった方は、新しい会社で必要となる場合には着回しが出来る様に2.3着は購入しておくべきです。

更に、季節によって素材も変わってきますので、その辺もしっかりと考えて購入するようにしましょう。

その他にも、仕事によって必要な物は違います。

会社から支給される場合もありますが自分で用意しなければならない時もあります。

その為、きちんと確認しておく事をお勧め致します。

新しい生活が始まる前は、ウキウキすると同時に緊張もする事でしょう。

その為、事前準備をしっかりと行う事で心を落ち着かせる効果も期待する事が出来ます。

是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

スッキリ仕事を辞めた!

退職を辞めるまでにはいくつもの葛藤がある事でしょう。

しかし、一度決めてしまえば気分は晴れやかになる物です。

胸のつかえが取れ、重荷を降ろす事が出来たような気分になるかもしれません。

しかしながら、ここでまた大きな問題が立ちふさがるのです。

と言うのも、仕事は自分で決めて糧に辞める事が出来るものではありません。

上司に報告し、仕事を引き継ぐ必要があるのです。

仕事を辞める際は、通常大きな理由が無い限り一か月前には伝えなければならないという社会のルールがあります。

しかしこれは会社が決めたルールであり法律で決まっているようなものではありません。

その為、もしあなたに再就職先が決まっており、今すぐに来て欲しいというお話があるのであれば、明日にでも仕事を辞める事は可能だと言えます。

しかし、それはあくまでも理論上の話であり、それを出来る人はなかなか居ないでしょう。

立つ鳥跡を濁さずでは無いですが、退職するからには出来るだけ気持ちよく退職したいものです。

引継ぎをきちんとし、事務処理を行ってから退職する事に越した事はありません。

余りにも早く仕事を辞める事を伝えてしまうと、その後の仕事がやりにくく感じてしまう事もあるでしょう。

その為、退職の時期の報告は早すぎても遅すぎても行けません。

頃合いを見てというのが一番のポイントです。

それが一番難しく、なかなか思うようには行かないものかもしれません。

結婚や出産など、おめでたい話や介護や病気などやむにやまれぬ理由でも無い限り退職じゃあまり歓迎される事ではありません。

その為、嫌な顔をされる事もあるでしょう。

しかしながら、そんな事をきにしていては前に進む事は出来ません。

自分の人生をより良き物にする為には、多少の我慢は必要です。

でも次の会社がまだ見つかってない

退職する際に、既に再就職が決まっている方もいます。

しかしながら、中には決まって居ないと言う方も勿論居る事でしょう。

前職が激務過ぎる余り、再就職先を探す事が出来ないと言う事も珍しい事ではありません。

その為、再就職が決まっていないからと言って焦って仕事先を探す必要は無いでしょう。

自分は一体どんな仕事がしたいのか。

どんな環境で働きたいのかなど、じっくりと考えれば良いのです。

しかしながら、人は生活して行かなければなりません。

生活して行く為にはお金が必要でしょう。

長年働いた会社であれば退職金が出る場合もありますが、若いうちに転職する場合は多くの場合さほど多くな金額を貰う事が出来ません。

失業保険など、国から金を貰う事も出来ますが支給されるには少し時間がかかる場合が殆どです。

その為、当面の間は自分の貯金を使って生活して行く必要があります。

転職をする事は悪い事ではありません。

しかしながら貯金も何も無い状態で、突発的に仕事を辞めてしまうと、途端に生活に困ってしまう可能性もあるのです。

その為、転職を考えている方は自分の貯金がどれほどあるのかをきちんと把握しておく事もとても重要でしょう。

もし、体や心を壊し今すぐ退職したいというのであれば家族に頼る事が出来るのかどうかなどもしっかりと考えておく必要があります。

仕事を辞めた後、後悔しないために!

世の中には沢山の仕事があります。

その中には、自分に合う仕事もあれば合わない仕事だってあるでしょう。

例え、どんなに難関と言われる就職試験を突破して手に入れた仕事だとしても、実際に羽働いてみると自分に合わないと言う事は珍しい事ではありません。

理想と現実はどの社会でもずれがある物です。

自分が思い描いていた世界と違い過ぎる余り、余計に落胆してしまう事だってあるでしょう。

せっかく就職した仕事を手放す事は惜しいと感じる事もあるでしょう。

実際、周りの人から『あんな』いい会社に就職したのに勿体無い』『もっと頑張れば良いのに』と叱咤激励される事もあるでしょう。

そんな時、その通りだと感じる事が出来るのであればあなたはまだまだその仕事を続けて行く事が出来るかもしれません。

しかしながら、そういわれてももう頑張る気力が湧かない時は、あなたにとってその会社はもう居るべき場所では無いのでしょう。

周りにいる人々は、あなたの為を思ってアドバイスをしてくれているのかもしれません。

しかし、実際仕事をしているのはあなたであり、あなたがどんなに辛い状況であるかは結局は他人に理解して貰う事は出来ないのです。

自分の人生を決める事が出来るのはあなた自身です。

例え周りから何を言われようとも、それを気にする事無く自分が良いと思う人生を選択するべきです。

転職をする事によっていい方向に物事が動く方も大勢居ます。

しかしながら、中にはより良くない状況になってしまい転職を後悔する方も居る事でしょう。

転職を成功させる為には、今までの経験を生かしつつ自分にはどんな仕事が向いているのかをしっかりと考え行動する事が大切です。

お金や時間など、大切にしたい部分は人によって違います。

自分にあった行動をきちんととり後悔の無い転職をする事をお勧め致します。