婚活という言葉は当たり前にある時代になってきました。

一昔前のように早めに結婚して家庭に入るという時代ではなくなったという言い方が正しいかもしれませんね。

今や晩婚は当たり前になってきている時代でもあります。

しかし現実的にみてもやはり30代以上になると、結婚は厳しくハードルが上がると思って下さい。

昔女性はクリスマスつまり25歳を過ぎたら売れ残りだと言われていますが、今もその通りです。

30代以上の厳しい婚活の現実についてお伝えしていきます。

私自身もリアルに経験したので、早めに婚活はしておいた方が良いですよ。

女性の場合は男性と違い、年齢が上がれば上がるほど難しくなります。

婚活中30代女性の厳しい6個の現実

何故30代以上の方は婚活が厳しくなってしまうのか?
売れ残りだからです。

一番食べごろが20代前半、ある程度落ち着いてくるのが25歳以上、30歳以上になるとちょっとしんどいんですよね。

人気があるのは20代前半ですが、大半はまだそこまで婚活をしようなんて考える人はそういないでしょう。

大体早い人で25歳前後から婚活をスタートします。

子供を産む年齢も限られているので、男性が特に子供を望んでいないのであれば良いのですが35歳以上になるとそれだけリスクが高いと言われているのです。

今では40歳以上でも当たり前のように出産しているので、変には思わなくなっているかもしれません。

それは早めに結婚している人で、中々子供が出来なかった人は別とします。

子供というのは授かりものなので、出来る確率は年々減ってきているので仕方ありませんし、何年かけても出来ない人は出来ないので仕方が無いことなのです。

しかし晩婚の場合、どんなに頑張っても子供が出来てもリスクがあまりにも高いのです。

子供を望んでいるような男性からすれば、はっきり言ってデメリット以外の存在ではありません。

まだ30代前半であれば望みはあるかもしれませんが、それまで何してたんだ?と言いたくなります。

現実って自分が思っている以上に厳しく、女としての価値は客観的に見れば下がってしまうという認識はお持ち下さいませ。

1.理想の男性となかなか出会えない


理想の男性とは何か?

これがまた難しいものなんですよね。

人によっては理想のタイプとは、個体差があります。

世間一般女性がよくいう理想のタイプとは、優しい男性が当てはまるでしょう。

これは男女ともに同じになります。

しかし優しいと言っても、人によっては全く違うものなんですよ。

自分のわがままを聞いてくれる人や、自分を受け入れてくれるような男性の事を指す場合もあります。

俗に言ういいひととはちょっと違うんですよね。

面倒くさい人は本当に面倒くさいんですよ!

理想のタイプに拘るような人間は、ばかを見ると思っておいて下さい。

めちゃくちゃな人だと、高身長や高収入や高学歴などの三高を望むような人がいます。

相手に理想を望む割りに、自分のスペックはカス以下の事を言う女性が多いんですよね。

現実を見てくださいって話ですよ。

理想のタイプなんかそう簡単にいません。

もしくは理想が高すぎるのかもですね。

少なくとも三高なんて現実的にいるのはいますが、そういう人は大概他の人がもう目をつけているか、よっぽど性格が悪いかくらいでしょう。

好みとマッチしない

女は感情的に生き、現実逃避してしまう生き物なんですよ。

自分の好みと全てマッチするような人間なんておりません。

1個くらいならともかく、2個以上のマッチすればほぼ奇跡だと思って下さい。

マッチするような人間なんて凄い事ですよ。

まあ大体自分の理想と現実って大きく違うものなんですけどね。

1個でも当てはまっていれば良しとしないと、婚活はエンドレスに続いてしまいますよ。

出会いはあっても、出会っていない感覚

男女の恋愛感覚って面白いんですよね。

男性はブスや美女問わず色んな人と知り合えた事によって出会いはあったと認識をできます。

ですが女性はその正反対で、人はいたけど自分の好みの人間がいなかったから出会いはなかったという認識が強いのです。

これを聞くと男性のハードルってめちゃくちゃ低いように聞こえるでしょう。

女性は選り好みする癖があるからだめなんですよ。

そんなに言うほど今のあなたはイケてる人間なんでしょうかね?

現実的に考えると30代以上の女性はでも出会ったと男性側は思ってくれているのです。

選り好みしている身分ではありませんよ!

2.会費が高い

婚活パーティーに参加する費用は、何を求めるかによって変わります。

私が婚活していた時は、1回千円くらいで済んでいました。

そこまでこだわりがあるわけではなく、大雑把に決めたものだったので特に気にはしていません。

1回くらい変わったパーティーに参加してみても良いなとは思いましたが、そういうパーティーは安くでも五千円くらいするんですよ。

お金持ちや高給取りならまだしも、パートや派遣社員だとお見合いパーティーに参加するのがとても苦痛になるでしょうね。

どのくらいのペースにもよりますが、週1回程度で考えると軽く2万円は飛ぶでしょう。

ピンからきりまであるので、一万円以内で収まるようなものもあります。

婚活パーティー参加費用が高額

私自身婚活パーティーに参加していた時は、大体千円くらいで済んでいました。

何故そんなに安いのかともうしますと、特にこだわっていないからですね。

私が参加したものは同年代というくくりで、年収も300万円以上というものだったのです。

ハイスペックになるとお金もかかってしまいますし、話も合わなくなってしまいそうな気がして止めました。

年収が高い、医者や消防隊などの特殊な職業についているような男性を望む場合は、参加費はそこそこ高かったです。

特殊なものだと共通の趣味を持つ、禁煙者もしくはバツイチなどですね。

こだわってしまうような人間だと、本当にバカを見ちゃうんですよ。

よくやるなぁと思ってしまいます。

だっていくらお給料が高くても、その人間が良いとは限りませんもの。

私の家系はほぼ医療関係に勤めてたので内情はある程度知っていましたが、大体の医者などは精神が狂っている人間が多いです。

良い先生というのはかなり珍しいと思って下さいませ。

警察や官僚など、お金を持っているような人間はろくでもない人間ばかりですよ。

お金で人間を見ていると、自分のお財布も痛い目に合ってしまいます。

結婚相談所の登録料や月会費

結婚相談所の登録料や月会費は、お見合いパーティー以上に高額になります。

私も婚活していた時にお見合いパーティーには行ってはいましたが、結婚相談所には行きませんでした。

何故なら結婚相談所はお金がかかるからです。

月会費にもよりますが、大体1万円以上はかかるそうですよ。

あくまでも良くて1万円だと思っておいて下さい。

紹介人数、登録料、月会費、スペックの差などによって大きく変わるみたいです。

人にもよりますが、2万円以上はかるくかかってしまうみたいですね。

確かに結婚相談所の場合はお見合いパーティーと違って、サクラはいません。

悪質な所ですとお見合いパーティには当たり前のようにサクラがいるそうです。

他にも経歴や収入などをごまかしている可能性もあります。

よっぽどな場合ですけどね。

結婚相談所の場合は、経歴書や源泉徴収表などの提出を求められる事があるので、信頼感はあるでしょう。

しかし長期間で見ると結婚相談所に登録していても見つからない場合もあるんですよ。

手軽さよりも慎重さや登録料などを考えるとお金が続かなくなってしまうので、安月給の人には続く事はないです。

3.相手への条件について妥協するようアドバイスが

相手への条件が高すぎてしまうと、せっかく良い人がいてもスルーしてしまう事が多いのです。

理想が高すぎや高望みしてしまう様な人、結構多いですよ。

自分の理想は別に普通だと思うかもしれませんが、そういう人ほど案外普通ではなかったりすると思って下さい。

そもそも人間にとって普通などは存在しません。

普通というのはその他の人間が決めた勝手な固定概念に過ぎませんからね。

妥協と言うよりも、これならまだ許せるなどで考えた方が良いですよ。

他の人に話してみると案外普通じゃなかった人がいます。

前に仲の良い友達同士で集まったのですが、条件はしっかりしているような男性でした。

その友達以上にしっかりしているのが前提だったので、全員無理だとは言いましたよ。

元々自分のスペックが高い人間であれば、それを相手に求めるのは正直無理な話です。

こればかりは無理と言わざるを得ません。

4.多少のプライドが邪魔に


プライドでご飯が食べられますか?

はっきり言いますが、プライドなんて本当に邪魔なものでしかありません。

下らないプライドはゴミ箱にでも捨てて下さいね。

プライドなんてものは邪魔な概念です。

よくあるあるなのですが、婚活での出会いが恥ずかしいという人がいます。

実際はそんな事はなく、正式なものなので特に気にする事はないでしょう。

そもそも何故プライドが邪魔するかという事ですが、女性は出会い方にこだわっているんですよ。

こういう出会い方をしたいという要望があるからこそ、下らないプライドに邪魔されてしまうんですよね。

自然な出会い、すなわち漫画などのような出会い方はほぼありません。

私も自然出会いには憧れたものです。

しかし女性だけの環境だと、出会いなんてある方が珍しいでしょうね。

年齢を重ねてしまうと、昔と異なり誰かの紹介や合コンなんてないんですよ。

もう30代になったらなりふり構っていられなくなります。

そのくらい切羽詰まっているという気持ちでいてください。

婚活での出会いが恥ずかしい

出会いが恥ずかしいもクソもありません。

今現在誰もいない状態の方がもっと恥ずかしいと思って下さい。

出会いがないので誰にでもあてはまりはしますが、みっともなくすがりついているような人間の方が称賛されるでしょうね。

婚活での出会いが恥ずかしいというと、他に出会うあてなどあるのでしょうか。

今まで出会いが無かったくせに、出会えると思っているのが不思議ですね。

婚活での出会いが恥ずかしいというよりも、自分が偏見の目にさらされる事が嫌なんです。

婚活パーティーに行った=こいつは出会いがないと他の人に思われる事が気に食わないんですよ。

この件に関しては別に気にしなくても良いのではないでしょうか?

他の人にどう思われようが自分は自分ですからね。

出会いが恥ずかしいと言っている時点でもう負けなのです。

婚活なんて今や当たり前にあるものですよ。

それを利用しなくてどうするのでしょう。

今までロクに出会いがなかったのに、これからも出会いがあるなんて甘い考えを持ってしまっているような人間ほど同じ様な失敗をするんです。

そういう人ほどプライドだけは一人前で、後々から物凄く後悔する羽目になるのが面白いですね。

婚活をしていること自体を隠したい

婚活をしている事は別に親しい人間以外は特に言う必要はありません。

職場だと確実に格好の標的とされてしまうでしょうからね。

正直な話婚活は1年では終わる事はないです。

早い人だとすぐ見つかる可能性もありますが、実際にはそんな簡単に見つかったら苦労はしませんよ。

大体長い目で見ていかないといけません。

何せ毎週毎週婚活パーティーなどに参加できる訳ではないと考えて下さい。

もし婚活パーティーで知り合えたとして、そこから早めにゴールイン出来るわけではないですよね?

今はスピード婚は当たり前になっている時代ではありますが、実際スピード婚をして続かないという人もいるものです。

最低でも1年付き合って下さい。

1年くらいあればその人がどんな人間か色々理解は出来るでしょう。

5.売れ残りと見られがち

安心して下さい。

基本的に男性から見れば女性は25歳をすぎれば、売れ残りには違いありません。

言っておきますが、もう若くは無いのです。

生物学的に子供を産めるリミットは35歳とされています。

子供を別に欲していない男性であればともかく、やっぱり難しいんですよね。

売れ残りという言い方は少々悪いのかもしれませんが、そう見られている事は少なからず自覚しておいた方が良いです。

どこかに問題があるかなど相手から思われてしまう事も少なからずあるでしょう。

男性は女性とは反対に25歳以上がモテます。

確かに精子の数も激減はしますが、母体さえ問題がなければ子供を作る事が可能なのです。

この話題は高齢化出産だとか、そういう言い方を嫌がるような人もいるのですが、子供って本当に作るのが難しいんですよ。

相手がバツイチとか子供がいても問題ないのであれば良いかもしれませんが、結構バツイチや子持ちは嫌という人も少なくありません。

選べる立場にあると思っているのでしょうか。

どこかに問題があると思われそう

30代以上で結婚していないとなると、どこか問題はあると思われるのは事実ですね。

反対から言えば男性側の方もどこかに問題があると考えるのではありませんか?

正直に申しますと男性側はそれほど気にしていない人の方が多いのです。

そんな失礼な事を考えているのは、きっと女性くらいのものでしょうね。

どこかに問題はある、これは身体的な部分というよりも精神的な部分の事を指します。

残念ながら30代以上を超えていると、人格形成がある程度出来ているため、変えようにも中々時間がかかるのです。

人間やれば出来るものですが、30代以上になると面倒くさがるのでやる気はなくなってしまうんですよね。

はっきり言って頑固な人が増えてきてしまうのも事実でしょう。

しかしどこかに問題があるかどうか、それは自分自身にも分かるのではないでしょうか?
私の友達でまだ30代以上で結婚していない女性は、今までダメンズと付き合ってきた、恋愛したこと無い処女、恋愛に興味がないと言っているブサイクなどです。

ざっくりとしたものではありますが、上記の3つだけでも十分問題がありそうだとは思いませんか?
どこかというか恋愛関係に対して問題がありまくりですよ。

6.身なりへの投資

身なりへの投資は女性ならではの問題でしょうね。

実際身なりをしっかりしていなければ、ブスはすぐにブスになります。

綺麗にするのに時間もお金もかかるという考えの人もいるでしょうが、1回鏡をみて下さいませ。

今の自分はイケていると言えますか?

多分言えないでしょうね。

そしてもう1つ金銭的な負担が大きいという観点から、身なりを整えるのが厳しいと思っているようですが、確かにお金をかければ綺麗にはなります。

しかし金銭的な負担というのは何でしょうか?

整形やシワ取りでもするのであればめちゃくちゃお金はかかってしまうかもしれません。

別にそんな事をする訳ではないでしょう。

ただし30代となると20代の時よりも代謝が非常に悪くなるので、ある程度お金をかけなければいけません。

こればかりは仕方がないのかもしれませんが、自分の生活習慣を直しておけば何とかはなります。

綺麗にするのに時間もお金もかかる

当然のことながら言いますが、ブスでは相手にされる訳はありません。

女性というのは綺麗にして着飾ってなんぼなのです。

あえて言いますが、若い頃からちゃんとケアをしていれば別にそこまでお金をかける必要はありませんよ。

ダイエットするにしても運動して、食生活を普通にしていれば痩せる事は可能です。

何故そこまでお金をかけるような必要があるのでしょうか?

元々のベースの顔をいじろうにも、整形すれば良いという訳ではないです。

ただ肌に関しては20代後半くらいから変わり目になってしまうので、今までの美容液だと肌に合わない事が多くなってしまい、高価なものでないと使えないという人もいます。

試供品をあちこちからもらい、使ってみて自分の肌にあっていれば使う事は出来ましたが、ただ私の肌には高価なものは合いませんでした。

自身の肌はどの様な調子かも改めて知る事も大切ですね。

肌以外には髪の毛ですが、美容室って大体月に1回くらいのペースだと思うのですが、そんなにお金をかけないとイケない訳ではないでしょう。

髪の毛も肌同様自分が普段食べている物から作られます。

食べ物によって変化するんですよ。

肌や髪の毛以上にお金がかかってしまうのは、間違いなく洋服でしょうね。

場所にもよりますが、今だと結構お金がかかってしまうのは事実です。

今時の服は高いは高いですが、恐らく買い方が下手くそなのではないでしょうか?

金銭的負担が大きい

基本的に女性というのは、金銭的な負担がかかるのは事実です。

しかし基礎的な事のみやっていればお金はそこまでかかる事はありません。

インプラントとか特殊な事をしようとすると、さすがにお金はかかってしまうでしょうけどね。

金銭的負担ってよっぽどな事をしていなければ特に問題はないです。

当たり前のものにお金をかけなければ、一体何にお金をかけるというのでしょうか。

基礎的なものとしてはスキンケア類、メイク道具、髪の毛代、洋服代などですね。

確かにこの中だと洋服代が一番かかるかもしれませんが、洋服って別に高いのでなければ良いという訳ではありませんよ。

ある程度安い所に行くと上手く変えます。

私は普段そんなに服を買うわけではないのですが、バーゲンの時にこれだというくらい服を購入しますね。

別にブランドものに拘っている訳ではなく、生地がしっかりしていて長く着れそうだと思うと、普通に購入しています。

わざわざ正規の値段で買わなければいけない事もありませんし、もったいないですよ。

若い人ほど面倒臭がってしまい都会に行けばなんでもあると思ってしまうので、そっちの方でわざわざ高い値段出して購入してしまう人もいるんです。

1回自分の買い物に対して無駄がないか調べてみるのもいいでしょう。

こういう人ほど断捨離が物凄く下手な人が多いです。

婚活中30代女性が手遅れにならないために知っておきたい2個のこと

もうすでに手遅れに近い状態ですけどね。

ですがまだそれでも何とかしたいと思うのであれば、クソみたいなプライドは捨てて下さいませ。

大体手遅れになるような人間って、優先順位を大きく間違えているような人なんですよね。

妥協はするなとはよく言いますが、妥協ではなく視点を変更していくのはどうでしょう?
ネガティブではなくまだ何を許せるのかを考えてみるのが一番ですね。

大半の人はこれが嫌あれがだめと子供のワガママみたいになってしまっているんですよ。

1.条件を広げる

条件を広げてみるのは至極当たり前の事ではあるのですが、どういう条件にするかどうかそれによって変化してきます。

今現在自分の条件を全て紙に洗いざらい記入し、リストにしてみましょう。

改めて考えてみると、いらない条件も結構含まれているので、考え方を見直せれるかもしれませんよ。

もしよければ友達や誰かと一緒に見てもらいましょう。

少しだけ緩めてみる

自分の若い頃ってめちゃくちゃ理想は高くありませんでしたか?

ベタな所を申し上げますとイケメン、優しい、背が高い、お金を持っている、車がある、地位もある、筋肉ムキムキ、ハゲていない、性欲がある、正社員として普通に働いている、ギャンブルをしない、ネズミ講に加入していない、タバコは吸わない、趣味や笑いのツボが一緒などですね。

あくまでも色んな人から聞いた一般的な条件ですので、個人差はあります。

上記でいらなそうな部分はイケメン、背が高い、地位もある、筋肉ムキムキ、ハゲていない、でしょうか。

付き合ってみて分かることなのですが、実際ある程度マッチすれば他の部分はどうでもよくなるのです。

特に外見的なものはそうですね。

イケメンや背が高いなんて自分の好みですし、実際生活していく上で何かの役に立つのでしょう?

外見的な特徴は正直な話、別に困るものではありません。

将来的に子供が旦那と同じようになってしまったらと考える人もいるかもしれませんが、実際の所女性側もそんなに大した遺伝子なんですか?と問いたくなるので止めて下さい。

譲れないところ、優先順位をもう一度考える

こういうものは削除部分ではなく、絶対に譲れない優先的なものを考えてみましょう。

最低限度で考えていくと枠が広がっていきますよ。

私の優先順位ですが正社員として普通に働いている、ギャンブルをしない、ネズミ講や変な宗教に入っていない、性欲がある、趣味や笑いのツボが一緒ですね。

当たり前のようなものかもしれませんが、この条件中々当てはまらない人もいました。

第一に正社員として普通に働いている事、これは当然かもしれませんが、中には派遣社員やプー太郎の人もいるのです。

そんな人と将来を共にした場合、不安しかなくないですか?

いつ切られるのかもわからないんですよ。

ギャンブルやネズミ講など宗教にどっぷりはまっているような人間は、絶対に止めた方が良いです。

自分や子供にまで悪影響を与えてしまう事になりますので、嫌がるような人が多いと思って下さい。

特にネズミ講や宗教系はロクでなしが多いのも事実ですね。

最後にこれは一見必要なさそうな性欲があるというものですが、子供を欲しているような人だと困るんですよ。

付き合ってみないとわからないのですが、性欲というのは年齢を重ねるごとにどんどん落ちてきます。

どちらも性欲がないのであればそうでもありませんが、性欲がないとセックスレスなどの原因になりすぐに離婚してしまうでしょう。

アホみたいな理由ですが、子供が欲しいと思った時協力はしてくれなさそうなので気をつけた方が良いですよ。

2.いいところに目をむける

よくあるあるなのが減点方式にするやり方ですね。

基本的に人間ってプラスではなく、マイナスから入る事が多いので、悪い所が1つでも見えてしまうと嫌になってしまう人多いです。

もしかしたら相手にとってあなた自身嫌な部分が見えている事もあるので、減点方式にしてしまうとお互いいい気はしません。

自分だって欠点を言われたら嫌でしょう?

別に目をつぶれとは言いませんし、直して欲しいと思うのであれば、自分の悪い所も治さないといけませんよ。

人生は自分の良いようには動く事はありませんし、相手に強要してはだめですね。

良い所を少しでも見つけられたら、自分の中でも少しずつ変わってきます。

相手に心を開いていける事も意味します。

そうしないとせっかく良い人と巡り会えたのに、自分が悪いところしか見ていないせいで相手に失礼な事をしてしまい出会いを逃してしまうでしょう。

一期一会という言葉があるように、1度逃してしまった魚は二度と手に入る事はありません。

良い所がない人間に対して無理やり開けと言っている訳ではないですよ。

どうしても生理的に受け付けれない人間もいると思いますし、全員相手にしろという事でもないので安心して下さい。

いい条件だけどここが足りないと思う考えだけはしてほしくはないです。

素敵な出会いをしよう

条件を結構減らせば後はどうにでもなります。

必要最低限正社員で働いているなどは絶対に外さないようにして下さい。

私自身お見合いパーティで知り合い結婚しました。

旦那は自分の条件にそった人間かと言いますと、当たっています。

正社員として働いている、ギャンブルやネズミ講をしない、趣味や笑いのツボが一緒、性欲もあるですね。

しかし条件以外にも欠点はもちろん存在しています。

清潔感がなく身なりが汚い、煙草を吸う、ワキガ+汗っかきなので物凄く臭い、人間味が非常に薄いなどですね。

はっきり言えば全ての女性にとって、欠点部分を見ると悲鳴を上げられる事も事実です。

欠点は確かにあるものの、それでも一緒にいる価値はあると思えたら良いのではないでしょうか。

私自身にも欠点なんてたくさんありますし、そこだけを見られていたら何だか悲しいと思えませんか?

理想の人間なんていませんし、もしいたらそんなものは胡散臭いと思っています。

それより大切なのはその男性と一緒にいたいかどうかが重要ですよ。

結婚はお金でしか考えられない人もいますが、その人と何があってもいれるかどうかですね。