世の中には多くの仕事があります。

人は、ある年齢を過ぎると、仕事をするようになります。

中学を卒業してからすぐに働く人もいれば、大学や大学院を出てから働く人もいます。

時期はマチマチですが、多くの場合必ず仕事をするようになります。

これは国民の義務であり、生きていく為に大切な行為でしょう。

しかしながら、中には仕事がなかなか続けられない人と言うものいるものです。

それは仕事自体が大変だいう事もあるかもしれません。

しかし、どんなにいい環境であったとしても仕事を続ける事が出来ない人と言う物はいるのです。

では、どんな人が仕事を続ける事が出来ないのでしょうか。

それに伴う改善策はあるのでしょうか。

そんな観点に着目しながら、仕事が続かない人に注目してみたいと思います。

自分は勿論、働かない家族に悩んでいる方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

仕事が続かない!仕事を続けるには?


仕事が続かない人には、様々な特徴があります。

人によって理由も様々です。

そんな人たちが、仕事に行くようになるにはいくつかのアプローチが必要かもしれません。

どんな方法がその人に効果があるかどうかは分かりません。

その為、とにかくやってみることも大切なのです。

自分自身が仕事が続かない場合は、自分で理由が分かっているはずです。

その為、その理由を改善する事によって、仕事を前向きに行う事が出来るようになるかもしれません。

もし自分自身でもなかなか理由が分からない方は、これからご紹介する方法を一つづつ確かめてみてはいかがでしょうか。

効果は無いと感じた事も、意外と後になって良い効果を発揮する事があるかもしれません。

何も考えずとりあえず行く


仕事が続かず、いつもすぐに辞めてしまうと言う方は、まずは深く考えるのを止めてみてはいかがでしょうか。

と言うのも、一つの事に対してあーでもないこーでもないと悩む事によって、段々と仕事に行く事が面倒になります。

そして、ネガティブな気持ちが大きくなって仕事を辞めてしまうこともあるからです。

『働く理由て何だろう』なんて大きな事を考え出すと、自分自身の状況が、とても辛いもののように感じてしまうのです。

仕事は、生きる為にするのです。

それ以外にも、様々な理由はあるかもしれませんが、それは心に余裕があり、働く事を前向きに考られる人が思いつく事でしょう。

働く意味をなかなか見つける事が出来ない方は、まずは見つけなくて構いません。

とにかく何も考えないで仕事に行ってみましょう。

そうすれば、いつか仕事の意味を見つけることが出来るかもしれません。

初めは全く楽しくなかった仕事でも、毎日続けることでいつしかやりがいが出てきます。

初めから、仕事を人生の生きがいにできる人なんていないでしょう。

深く考え過ぎる余り、なかなか前に進めなくなってしまうとこと人生にはあります。

まずは何も考えず、とにかく前に進んでみましょう。

そうする事で、何も見えなかった世界に光が差し込む事だってあるかもしれません。

一般的な仕事は職場に着いた時点で終わる

一般的な仕事の場合、職場に着いた時点で『嫌だな』『めんどくさいな』といった感情はなくなります。

そして、勝手に頭が仕事モードに切り替わりますので、普通の仕事の場合は、職場に着いた時点で嫌な気分が終わります。

ただし、依頼を受けてから動くような仕事や、移動が多い仕事の場合には、仕事中に度々面倒な気持ちになることがあるので、その時にはあえて雑用をやるなどして気持ちを切り替えましょう。

起きてから仕事場に着くまでが最も労力を使う

一日の中で、最も仕事に行きたくないと思う瞬間、それは起床直後です。

アラームが鳴って目が覚めた時に、一番『めんどくさいな~行きたくないな~』という誘惑に駆られます。

それでも何とか起き上がって動き始めても、仕事場に着くまでは、ずっと憂鬱な気分でいる人も多いです。

つまるところ、起きてから仕事場に着くまでが、最も労力を使うのです。

仕事場に着いたら気づけばその日の仕事は終わっている

どんなに仕事が嫌でも、いざ職場に着いてしまえば、何だかんだと仕事をしている内に一日が終わっています。

大変で忙しい仕事ほど、あっという間で気付けばもう終業時間になっていることでしょう。

もし時間が有り余るような仕事場なら、暇すぎて仕事が嫌になってしまうかもしれません。

そんなときは雑用をやったりデスク周りを整理したりして、自分なりに時間潰しをしましょう。

仕事の中で楽しみを見つける

基本的に仕事は、遊びではありません。

その為、自分の仕事が楽しくて楽しくて仕方がないという人は、社会の中でも一握りでしょう。

なので、仕事が楽しくないからといって辞める理由にはならないのかもしれません。

しかしながら、仕事は普段の日常の半分以上を占めています。

長い人生で考えても、1/3は仕事に時間を取られます。

それだけ長い時間を使うものですから、できるだけ楽しみながら過ごせたら最高です。

例え、同じ仕事内容だったとしても自分自身で楽しめれば、それだけで人生が大きく変わるかもしれません。

考え方は自分次第です。

単調な仕事の中にも楽しみを見つけ、自分なりに頑張る事が出来たなら、それは素晴らしことです。

最初から自分の仕事が楽しい人なんていません。

日々の努力があってこそ、多くの楽しみを見つけることができます。

ですから、はじめたばかりの仕事が楽しくなかったとしてもそれは当たり前の事なのかもしれません。

続ける事こそが仕事を楽しくするポイントなのかもしれません。

その為、『楽しくない』という理由で仕事を辞めてしまう方は、どこに行ったとしても楽しい仕事には出会えないかもしれません。

自分が楽しくないと感じてもあと少しだけ続けてみてはいかがでしょうか。

そうする事で、今まで気が付かなった楽しさに出会うことができるかもしれません。

仕事中の楽しみがあれば作業が捗る

もし仕事中に楽しみを見出すことができれば、きっと仕事に対して積極的になれるでしょう。

そして仕事にやる気が出ることで、作業も捗って自分のためにもなります。

仕事をつまらない、面倒だと感じてしまうと、どんな仕事に対してもやる気がなくなって、手をつけるのが億劫になってしまいます。

するとどんどん仕事が滞って、余計に仕事に時間を割かれてしまいます。

それで残業になんてなったら最悪でしょう。

そうならずに、作業を捗らせるためにも、仕事で楽しみを見つけることは大切なのです。

楽しみを目的に仕事ができる

仕事で楽しみを見つけられれば、それを目的に仕事を頑張ることができます。

例えば職場で気の合う人がいて、その人とその日の仕事が一緒だったら、『この人と一緒に働ける』という楽しみで仕事にやる気が出ます。

毎日同じような仕事でも、『今日は昨日よりも30分早く終わらせる!』などの目標を立てることで、それを目指して仕事に励むことも出来ます。

楽しみを1つ作るだけでも、それを糧に仕事に取り組めるでしょう。

自分の成長にも繋がる

仕事の中で自分なりに楽しみを見つけられれば、それだけ仕事に対するモチベーションが上がります。

やる気があればどんどん積極的に仕事に取り組みますし、新しいことにもチャレンジしていけるかもしれません。

そうした行動が周りに評価されたり、経験を積めたりすることで、自分自身の成長にも繋がっていくでしょう。

楽しめる仕事を選ぶ


人には、向き不向きというものがあります。

どんなに努力したとしても、合わないものは合わないのです。

合わない仕事を一生続けて行く事は、想像以上に辛いかもしれません。

どんなに努力したとしても、社会的に認められる事もなく投げやりな気持ちになってしまう。

その為、仕事を選ぶ際は、自分にあった仕事を探すようにしましょう。

自分に合う仕事と言っても、どんな仕事が自分に向いているのか分かる方は少ないかもしれません。

例え、理想の仕事があったとしても実際にやってみるのとでは、また違った印象を持つことだってあるでしょう。

もし、仕事が自分に合わないと感じたら転職もありだと思います。

しかしながら、何も考えずに転職ばかり繰り返すのはお勧めできません。

転職する場合には、自分に合った仕事はどんな仕事なのかをしっかりと考え行動する必要があるでしょう。

転職は悪いことではありません。

しかしながら、いつでも嫌な事があるとすぐに転職してしまうというのでは、仕事を続ける大切さを感じることができなくなってしまいます。

その為、一度仕事についたのであれば、その仕事の内容が理解できるまで仕事を続けるべきです。

それでもなお仕事が合わないと感じるのであれば、転職をおすすめします。

自分が楽しめる仕事は成果に繋がりやすい

嫌な仕事を渋々やったところで、楽しくもなければやる気も出ないでしょう。

仕事内容に不満があれば、積極的にその仕事に取り組もうとも思わず、成果を出す必要もないと考えてしまうかもしれません。

そうなるくらいなら、最初から自分が楽しめる仕事を選んだ方が、やる気も出て積極的に仕事に取り組め、成果を出すことにも繋がるでしょう。

楽しめる仕事は時間が経過するのも早く感じる

嫌なことをしている時には時間の経過が遅く感じますが、楽しいことをしている時には時間が過ぎるのがあっという間ですよね。

仕事でもそれは同じことです。

楽しめる仕事をしている人は、時間の経過が早いですし、仮に残業になったところでそれを苦には感じないでしょう。

自分が楽しめる仕事を選ぶことで、仕事に対するモチベーションを上げるだけでなく、時間の経過の感じ方にも影響が出ます。

仕事自体が楽しいから続きやすい

嫌な仕事を辞める人は多いですが、楽しい仕事をわざわざ辞めようとする人はいません。

最初から自分が楽しめる仕事を選んでおけば、辛いことがあってもすぐに辞めようとは思わないでしょう。

仕事にもやりがいを感じられて、仕事自体を楽しめるからこそ、長年同じ仕事場で働き続けることも出来るのでしょう。

通勤が楽な場所を選ぶ


仕事は、基本的に休みの日を除けば毎日です。

週休二日制で土日休みの人の場合、週に5日は出勤することになります。

その為『続けることができる環境』がとても大事なポイントです。

というのも、仕事の内容は勿論ですが、通勤の内容も仕事を続けるにはとても重要なポイントだからです。

どんなに仕事内容が良かったとしても、通勤が大変だとそこまで行くこと事態が億劫になってしまいます。

例えば、毎日2時間かけて通勤している人は、24時間の中で4時間を通勤に使用していることになります。

それだけ寝る時間やプライベートの時間が減り、無駄な時間を過ごしていると感じるようになってしまうでしょう。

また、通勤時間は少なくても満員電車を利用している方はそれ自体が辛く、朝起きても会社に行きたくないと感じるてしまいます。

就職活動や転職活動をする際、多くの方は仕事の内容ばかりに気を取られています。

その為、意外と通勤をしっかりと考えている方は少ないかもしれません。

しかしながら、仕事を続けるのであれば、通勤もとても重要なポイントとなります。

今まで仕事を続ける事ができなかった人は、まずは通勤から見直してみてはいかがでしょうか。

仕事にかかる無駄な時間を極力少なくする

通勤手当が出ることはあっても、通勤時間そのものに対する給料が支払われることはありません。

そう考えたら、通勤時間が長い人ほど、無駄な時間がかかってしまっていると考えられます。

通勤に2時間かかる人は、『この時間がなければもっと寝ていられるのになぁ』と思うこともよくあるでしょう。

そのため、仕事にかかる無駄な時間は極力少なくしましょう。

明日の仕事の準備を前日にしたり、職場から近い場所へ引っ越したりと、出来ることをやっていきましょう。

通勤が楽だと出退勤も楽になる

通勤が楽になると、自然と出退勤も楽になります。

朝はゆっくり休んだり準備が出来たりしますし、帰りも早く帰ることが出来ます。

出退勤の時間に自分が苦労しなければ、毎日そこまで会社に行くのが嫌になることもなくなるでしょう。

なにせ通勤時間や乗り換えなど、主に通勤に関することで会社に行くのが嫌になる人が多いですから。

自分の時間を自由に使う機会が増える

通勤が楽になることで、自分の時間を自由に使う機会が増えます。

例えば通勤時間が短くなれば、朝はゆっくり起きられますし、朝食を食べたり読書をしたり、仕事の事前チェックも出来たりします。

また、仕事終わりで疲れた時でも、比較的早く帰ることが出来ますので、帰宅してからのんびりと湯に浸かることも出来るでしょう。

自分の自由な時間が少しでも確保出来れば、毎日を仕事に支配されているとは感じなくなります。

生活圏内で働けば嫌でも辞められない


生活圏内で働く事も一つのポイントです。

生活圏内で働く事で、通勤時間は大幅に削減されます。

自分の時間をきちんと確保できるので、より仕事にやる気が出るかもしれません。

生活圏内で働くことは、それ以外にも辞めにくいというメリットがあります。

普段顔見知りの環境で仕事をする事によって、辞め癖がついてしまっている方もその状況を打破できるのです。

とはいえ、どんな状況でも辞めたい時は辞めたいのです。

考えなしに仕事を初めてしまうと、仕事を辞めると同時に引越しも考えることになってしまいます。

その為、生活圏内で働く時はよく考え行動するようにしましょう。

変化のある仕事を選ぶ


仕事には、様々な種類があります。

その中には、毎日コツコツと続ける仕事もあれば、日々違った業務内容の仕事もあります。

仕事において『いい仕事』『悪い仕事』という区別はありません。

犯罪さえしなければ、どんな仕事だって良いのです。

しかしながら、仕事内容によって合うものもあれば合わないものもあるでしょう。

例えば、飽きっぽい人は毎日同じことをコツコツする仕事は不向きです。

早々に仕事に飽きて、行くこと自体が嫌になってしまいます。

そんな人は、毎日変化のある仕事を選ぶことをお勧めします。

変化の内容は仕事によって違います。

営業のように、毎日違う場所に行くという仕事もあれば、日々違ったお客様を相手にする販売も変化のある仕事といえるでしょう。

仕事の中に変化を感じることができるかは、自分の考え方次第だとも言えます。

毎日つまらないと考えながら仕事をするので、何か新しい発見はないかと考えながら仕事をするのとでは、仕事に対するモチベーションも大きく変わってきます。

仕事に変化を感じられるのは、自分自身が仕事に対して真っすぐに向き合っているからこそだともいえるでしょう。

その為、どんな仕事に対しても前向きな心を忘れてはいけません。

ルーチンワークになると飽きやすい

単純作業や同じ仕事の繰り返しが不向きな人にとって、ルーチンワークは飽きてしまいます。

毎日3件営業に行くことは同じでも、営業先が別の場所であれば、まだ気持ちに新鮮さは生まれます。

ですがそうではなく、まったく同じことの繰り返しの場合には、どんな人でも仕事に飽きを感じてしまうでしょう。

ルーチンワークに対する飽きから、仕事に嫌気が差してしまうこともあります。

変化が多いと自分の成長になる

変化の多い仕事では、それだけさまざまな対応方法が求められます。

臨機応変に自分が対応していくことによって、自分自身の成長にも繋がっていきます。

コミュニケーションや仕事の効率化など、変化が多いほど自分の成長に繋がることはたくさんあります。

覚えることが多いのも続けるためのコツ

仕事で覚えることが少ないと、覚えたての頃は気楽で楽しくても、段々と飽きてきてしまいます。

それよりは、毎日新しく覚えることがある仕事の方が、やりがいや充実感があります。

また、自分の成長の可能性も感じることが出来るため、仕事を続けようという気になりやすいです。

気楽で簡単な仕事場よりは、適度に忙しい仕事場の方が飽きることはないでしょう。

メンタルを強くする


世の中にはいろいろな人がいます。

その中には、嫌な人もいるかしれません。

友人同士などであれば関係を解消するのは簡単ですが、会社関係ともなるとその関係を改善する事は難しいかもしれません。

そんな時、一時の感情を優先してしまうとすぐに仕事を変えなければならないという事に繋がってしまうでしょう。

確かに、毎日続く仕事の中で嫌な人が居るとメンタル的にも辛いものがあるかもしれません。

しかしながら、それはどこの会社に行ったとしても同じ事が言えるでしょう。

100%良い人しかいない会社というのは存在しません。

その為、その環境のなかでいかに自分が頑張る事が出来るのかが第jなポイントとなる事でしょう。

人の話は基本的にはきちんと聞くべきです。

しかしながら、なんでもかんでも素直に聞き入れる必要はありません。

もし嫌な事を言ってくるのであれば、それは右から左に聞き流せば良いのです。

全てを受け止めるだけが良い事出はありません。

自分にとって必要な話なのかそうでないのかを考える事もとても大切なポイントでしょう。

メンタルの強さは人によって違います。

その為、同じ話をされたとしても全く気にしない人も居ればとてもきにしてしまう人も居る事でしょう。

それは人それぞれなので、どっちが良いという問題でもありません。

自分の中で、頑張ろうとする気持ちが大事なのです。

メンタルが強いと嫌なことを感じにくくなる

メンタルが強くなれば、嫌なことでも感じにくくなります。

例えば上司に嫌味を言われても、『はいはい』と適当に聞き流せるようになり、ストレスを減らすことが出来るでしょう。

メンタルが弱いと、ちょっとしたことでも嫌になり、仕事を辞めたくなってしまいます。

仕事を続けるためにも、メンタルを鍛えて強い自分を目指しましょう。

自分の進化を重要視出来る

メンタルが強くなるということは、自分が進化するということです。

そして自分の進化を重要視出来れば、自分におとずれるさまざまな嫌なことに対しても、それに負けない気持ちを作れるようになります。

また、メンタルが強くなることを自覚することで、これまで以上に自分に自信を持てるようになるでしょう。

仕事を続ける理由が見つけられる

メンタルが強くなれば、大変な仕事でも楽しさを見つけられるようになります。

『仕事に追われて大変だけど、仕事をやり遂げた後は達成感が大きい』ということに気付けば、ただ仕事が苦痛だと感じることはなくなるでしょう。

また、仕事が楽しくなったり、やりがいを感じられたり出来れば、仕事を続ける理由も見つけられるかもしれません。

仕事を続ける理由が見つかれば、自然とそのまま仕事を続けることが出来るでしょう。

職場の人と仲良くなる

一日の中で殆どの時間を過ごす会社は、人生の大半を占めると言っても過言ではありません。

その為、職場環境が良ければ良い程良い人生を過ごす事が出来ると行っても過言ではありません。

もし、同じ仕事内容だったとしてもいいチームワークで仕事をするのと、ギスギスした環境で仕事をするのとでは、モチベーションが全く違うでしょう。

その為、職場の人ときちんとコミュニケーションを取る事はとても大事なポイントです。

とは言え、仕事先には沢山の人がいます。

年代も様々で、学校生活の様にすぐに仲良くなる事は難しいかもしれません。

しかしながら、仕事に対して真摯な姿勢を持って行動する事が出来る人に対しては、多くの方が不快な思いをする事はありません。

頑張ったら頑張っただけ、評価して貰える可能性も高くなり会社の中での居場所も確保する事が出来るでしょう。

日々の生活を頑張る事が出来て居れば、会社の人との交流も自然と多くなっていく物です。

そうする中で、職場の人ともいい関係を作る事が出来日々楽しみながら仕事をこなす事が出来るでしょう。

例え嫌な事があったとしても、仕事終わりに仲間同士で一杯飲んで変える事が出来れば、それはそれで気分転換になり、素敵な時間として終える事が出来ます。

例えどんな過酷な状況であったとしても、分かり合える人が傍に居てくれるだけで、人の心は大きく救われるものです。

自分が続けやすい環境を作る

仕事を続けるためには、職場を自分にとって居心地のいい環境にする必要があります。

居心地がいい場所でなら仕事がしやすいですし、また仕事を続けやすい環境も作れるでしょう。

そのためには、周囲の人たちとある程度仲良くなっておく必要があります。

職場におけるトラブルの多くは人間関係ですので、職場の人と仲良くなっておけば、問題なく居心地の良い環境を作りやすくなります。

仲良くなれば仕事で頼ることが出来る

職場の人と仲良くなっておくと、困った時にはお互いに助け合える関係を築くことが出来ます。

自分が大量の仕事で困っている時にも、周りを頼ることが出来ますので、自分一人で何もかも背負い込まずに済みます。

ただしその代わり、自分も周りが困っている時には積極的に手を差し伸べるようにする必要があるでしょう。

職場で好きな人を作る


これは、仕事だけではなく学校生活などにおいても十分に言える事が出来る事です。

どんなに大変な仕事や状況だとしても、好きな人が傍に居てくれるだけで気持ちに張りが出て前向きに行動する事が出来る様になります。

会社に行きたくないと感じる時も、好きな人にあう事が出来ると思えば前向きに行動する事が出来るかもしれません。

仕事に行きたくないからと行って、すぐに好きな人を探そうと思ったとしてもそれは難しいかもしれません。

しかし、自然と出来た好きな人はより日々を明るくしてくれる人としてとても前向きに過ごす事が出来るかもしれません。

給料で何するか考える


仕事は、人生の全てではありません。

あくまでも、人生を楽しむ為の一つのツールとして利用するべきです。

その為、人生の全てを仕事に捧げる事が出来なかったとしてもそれは何ら問題のある事ではありません。

多くの方が仕事をする理由としては、『生活して行く為』と言う事が挙げられます。

仕事をする事によって得る事が出来るお金を利用して、様々な事を行う事が出来るのです。

その為、仕事にやる気が湧かず辞めたくなってしまった時は給料で何をする事が出来るかを考えて見ましょう。

人は、好きな事を考えるだけで気持ちが晴れやかになり前向きに考える事が出来る様になります。

その為、お給料で何を買おうかと考える事はとても前向きな気持ちに慣れると同時に仕事に対するモチベーションを高める事にも繋がるでしょう。

例え、嫌な事があっていますぐ辞めてしまいたいと感じたとしても、それでも今頑張れば欲しかったあれが帰る!と思えば前向きな気持ちで頑張る事が出来るかもしれません。

そして、それを手に入れる事が出来たら、それをてにいれた事に対する達成感で更に前向きな気持ちになる事が出来る事間違い無しです。

仕事に対するモチベーションは何だって良いのです。

前向きな気持ちで頑張る事が出来るかどうかが重要なポイントとなるでしょう。

稼いだ後の楽しみを考える

仕事が大変なほど、給料をもらった時の喜びはひとしおです。

『今月もこの日のために頑張れた!』と大いに喜べますが、さらにその先で給料の使い道を考えておくと、仕事を続けるためのモチベーションアップに繋がります。

高いディナーを食べたり、温泉旅行へ行ったり、欲しいものを買ったりと、稼いだ後の楽しみを常に考えておくと、仕事が辛くても頑張ろうという気になれるでしょう。

給料が無くなった場合のことを考える

仕事を辞めたくなった時には、『ここで仕事を辞めると給料が無くなる』ということを考えましょう。

その場の勢いで仕事を辞めてしまったら、給料がもらえなくなり、今まで通りの生活が送れなくなります。

お金がなくなった時の不便さをしっかりと想像することで、『もう少しお金が貯まるまで頑張って仕事を続けよう』と考え直せるかもしれません。

嫌な時間は必ず終わると考える


人は嫌な事が続くと、その状況が一生続くのではないかと思ってしまいます。

しかし、ずっと続く事などありえないのです。

日々時間が過ぎて行く中で様々な変化があり人の気持ちも変わって行きます

その為、何か一つ嫌な事があったとしてもそこで仕事に見切りを付けてしまうのは早すぎるのかもしれません。

本当にその仕事は自分に向いていないのか。

本当はもっと楽しい事があるのではないか。

しっかりと考え、吟味してから辞める決断をしたとしても遅くはありません。

仕事は基本的に辛く大変なものです。

その為、どんなに楽しそうに仕事をしている人でも必ず辞めたくなる事が一度や二度は必ずあります。

その時に、チョットの間だけでも辛抱する事が出来るかどうかが、長い社会人人生を続けて行く事ができるかどうかのポイントとなる事でしょう。

自分の中では許す事が出来ないと思うようなショックな出来事が起こる事もあるかもしれません。

しかしながら、そんな怒りも時間が経てば自然と消え過去の懐かしい思い出年て過ごす事が出来るようになるかもしれません。

人の気持ちは日々進化し、変わって行くものです。

意地悪を言われたと思ったとしても、年月が経つ事によって実は相手の人の優しさに気が付く事が出来る場合もあるでしょう。

転職をする際は、早い方が良いとも言われています。

しかしながら、物事をしっかりと見極める事が出来る前に転職してしまっては、本当に良いと感じる事が出来る仕事にはいつまで経っても出会う事が出来ないかもしれません。

その為、嫌な事もいつか時間が解決してくれるという気持ちを忘れる事無く行動してみてはいかがでしょうか。

永遠に続く嫌な時間は無い

どんなに嫌なことでも、それが永遠に続くことなどありません。

職場に嫌いな人がいたとしても、その人もいずれは会社を退職していきます。

また、苦手なプレゼンをしなければいけなくなり、気持ちが落ち込んでいる時でも、そのプレゼンさえ終わらせれば憂鬱な気持ちもなくなります。

どんなに嫌な時間でも、それが永遠に続くことはないのです。

それが理解出来れば、少しは気持ちが晴れるかもしれません。

仕事が自分に合わない場合は転職を考える

嫌な時間はいずれ必ず終わりますが、それまでどうしても待てない場合には、いっそのこと転職を考えてもいいでしょう。

この先何十年と嫌な時間を過ごすくらいならば、心機一転して新しい職場で頑張った方が自分のためになります。

ただし転職する場合には、転職が決まってから今の職場を辞めるようにしましょう。

仕事後のご褒美をつくる


仕事をなかなか続ける事が出来ない人は、全ての生活を仕事に捧げてしまって居るのかもしれません。

例えば、多くの時間を仕事で使う事によってプライベートの時間が全く無く、息抜きをする事も出来ないとしましょう。

そうすると、どうしても人は前向きな気持ちになる事は出来ません。

ついつい後ろ向きに考えがちになり、仕事事態が嫌だと感じてしまう事もあるでしょう。

仕事はあくまでも生きていく為にする事であり、人生を捨ててまでする事ではありません。

その為、仕事を頑張る為にもプライベートは是非充実させて行きましょう。

プライベートが充実していれば『今頑張れば、週末には〇〇が買える』『好きなところ出かけたり、美味しい物を食べる事が出来る』と前向きに考える事が出来るようになるでしょう。

日々の中に小さな目標を立て、それが成功する毎に自分にご褒美をあげて見てはいかがでしょうか。

ご褒美をあげる事によって、頑張る力が湧いてきたり仕事に対する気持ちが大きく変わる事もあるでしょう。

ご褒美は、どんなものだって構いません。

自分にあったご褒美を見つけそれを楽しみに日々を過ごして見てはいかがでしょうか。

1日単位や週単位、月単位で自分へのご褒美

やる気が長続きしない人は1日単位で、長く我慢出来る人は月単位で自分へのご褒美をつくるようにしましょう。

1日単位なら、仕事終わりに一杯飲んだり、コンビニで好きなお菓子を買ったりと、ささやかなご褒美がおすすめです。

また月単位の場合には、ご褒美も旅行や買い物など、それなりにストレス発散出来るものにすると良いでしょう。

報酬効果を上手く利用する

人は報酬があるから頑張ることが出来ます。

ゴールした先で何らかのご褒美があるからこそ、今の辛さに耐えることが出来るのです。

そのため、仕事が大変だったり辛かったりする人は、報酬効果を上手く利用しましょう。

辛くても頑張った分、ご褒美があれば次も頑張ろうと思うことが出来るでしょう。

辛くなったら吐き出す


どんなにいい仕事と周りからは言われたとしても、働いてる人にとっては時にストレスを感じる事もある事でしょう。

そんな時は、思い切り吐き出す事をお勧めします。

と言うのも、自分の心の中だけで多くの事をため込もうと思うと、いつかどうしても爆発してしまう時がきます。

その為、辛い気持ちは爆発する前に徐々に吐き出して行く事が大事なのです。

また、自分の中ではとても辛い状態だと思って居たとしても、人と話をする事で冷静になれる事もあるでしょう。

冷静になる事で、自分の状況を客観的に見つめ前向きに捉える事が出来る事だってあるでしょう。

人間には、言霊という考え方があり日々良い事を話している人はいい環境に自分を導いてくれると言う考え方があります。

しかしながら、ストレスを無理やり我慢し続ける事は、精神的に良い事とは言えません。

ネガティブな発言ばかりを繰り返す事は良い事とは言えません。

しかしながらこまめに吐き出す事も、また大切なポイントです。

何事もバランスが重要です。

そのバランスを崩す事の無いように、自分の中で調整しながら行動してみてはいかがでしょうか。

身内や友人など吐き出せる人を作る

愚痴を零そうにも、相手がいなければ誰にも話すことが出来ませんよね。

自分が時には辛い気持ちを吐き出して気持ちを切り替えるためにも、愚痴を言い合えるような相手を作りましょう。

身内なら遠慮なく愚痴を零せますし、信頼出来る友人が出来れば、その人に話を聞いてもらい、時にはアドバイスをもらうのも良いでしょう。

誰かに話を聞いてもらえれば、きっと辛い気持ちも緩和することが出来るでしょう。

仕事が続かない原因は?


仕事が続かない原因は様々な事が考えられます。

それは一つの理由ではなく、人によって様々です。

自分自身の理由をきちんと明確にする事が出来れば、仕事を続けるヒントにする事が出来るかもしれません。

自分の中に全く思い当たる理由が無かったとしても、これから紹介させて頂く原因を見る事で、それに気が付く事が出来るかもしれません。

めんどくさがり


自分自身が好き好んで行う事と違い、仕事はほぼ義務として行います。

その為、時に『めんどくさい』『行きたくない』と感じる事もあるでしょう。

そんな時は、いっそ仕事を休んでしまおうかとも思ってしまいます。

しかしながら、一度休んでしまうと次に行く時に行きにくくなってしまうものです。

本当に病欠なのであれば、それを理由に正々堂々休む事も出来まずが、それ以外の場合は罪悪感もあり、結局次も休んでしまおうと思ってしまうかもしれません。

仕事を毎日行く事がめんどくさいと感じる事も分かります。

出来る事なら、毎日家でゴロゴロ過ごして居たいと思う事でしょう。

しかしながら、それでは人生の中で張りを持たせる事が出来ません。

しっかり働く事が出来るからこそ、仕事も楽しむ事が出来るのです。

その事をしっかり頭の中に入れておきましょう。

落ちこみやすい


仕事は遊びではありません。

その為、時に厳しい意見を言われたりする事もあるでしょう。

通常はそれをばねに頑張る事が出来まずが、人によってはそれをきっかけに仕事に対する気持ちが落ち込み全てに対して嫌だなと感じてしまう事があるでしょう。

しかし、嫌な事はどんな仕事でもおこります。

その為、嫌だと感じた次点ですぐに仕事を変えてしまって居てはどんな仕事でも続ける事は出来ないでしょう。

一度嫌な事があったとしても、それを乗り越える事で新たな仕事の面白さを発見する事が出来るかもしれません。

気持ちが後ろ向きになってしまう事も分かりますが、まずは前向きに行動出来る様に気持ちをポディティブにして行きましょう。

嫌な事だって、いつか改善する時がやってきます。

その為仕事に見切りを付けるのは、それが終わってからにしてはいかがでしょうか。

お金にゆとりがある


仕事をする理由として、最も大きな理由はお金です。

生きていく為にはお金がかかります。

その為、そのお金を稼ぐ為に仕事をしているという方が殆どなのでは無いでしょうか。

しかしながら、その理由が無い方にとっては仕事はただ大変なだけであり、する意味を見出す事が出来ないものになってしまうかもしれません。

世の中には、お金が有り余っている人というものが居るものです。

そんな人々は、働く必要が無いのかもしれません。

生まれ時からお金持ちの人は、ずっと一生そうして生きていくのでしょう。

しかし、誰しもその環境になれる訳ではありません。

例えどんなに羨ましいと感じたとしても、自分の境遇を変える事は出来ません。

変える事が出来るとすれば、それは自分の努力があってこそです。

一生遊んで暮らせるだけのお金がある方はいいかもしれませんが、お金はいつか底をつきます。

自分が良いとしても、子供たちの時代はどうなるのでしょうか。

全てを吸いつくしてしまっては、その後に残された人たちが困る事にもなりかねません。

その事をよく考え行動する事をお勧めします。

やめグセがついている


初めて仕事を止める時は、誰しも緊張し多くの事を悩む事でしょう。

しかし、一度経験してしまうと人は大抵の事に慣れる事が出来ます。

その為、次ぎに退職する時は前よりももっと軽い気持ちで辞める事が出来る様になります。

それを繰り返していると、いつしか辞め癖がつき辞める事に対して何の抵抗も無くなってしまいます。

1.2回の転職であれば、何ら問題はありませんが何度も何度も転職を繰り返して居ると面接官に対しての印象が余り良くない物になってしまいます。

その為、本当に働きたい会社にであったとしも採用して貰う事が出来ない可能性だってあるのです。

何度も何度も転職を繰り返してしまう方は『辞め癖がついている』とも言われ、良い事でないと言われています。

どんな会社にしろ、一つの場所にとどまり活動する事が出来る事はそれだけ価値のある事なのです。

自分自身の価値を下げる事がないように、転職をする際は自分自身のこれからの人生がかかっているのだという事をしっかりと考え、決断する必要があるでしょう。

それを考える事が出来るのであれば、無駄な転職を繰り返す事無く生活して行く事が出来るのでは無いでしょうか。

▼【関連記事】あなたが「仕事をしたくない」と思う原因は何?こちらの記事をチェック!
仕事したくないと思う11個の原因と解決方法を教えます! →

続けていけば楽しさも増えてくる!


仕事が続か無い人の特徴としては、すぐに仕事に対して見切りを付けてしまうと言う事が挙げられます。

もう少し我慢すれば、仕事の楽しさを感じる事が出来たのにも関わらず、何か少しでも嫌な事があるとすぐに止めてしまうのです。

これではいくら転職したとしてもいい仕事に出会うことは出来ないでしょう。

人生の中で、仕事が占める割合はとても大きなものがあります。

その為、多くの方が楽しみながら仕事をしたいと考える事でしょう。

しかしながら、楽しいばかりの仕事と言うものは存在しません。

どんなに楽しそうに見えても、どんな職業であっても大変な仕事は必ずあるからです。

その為、楽しくないからという理由で転職を考える人は、きっとどの仕事に付いたとしても続ける事は出来ないでしょう。

多くの事がある仕事の中で、自分の中でやりがいを見つける事で『楽しい』と感じる事も増えて行くはずです。

その為、仕事の本当のおもしろさは続けなければ気が付く事が出来ないでしょう。

楽しい仕事がしたいと考えて居る人は、まず仕事を続けて見てはいかがでしょうか。

そうする事で、まったく楽しくないと感じていた仕事にも、楽しさを見つける事が出来るかもしれません。

仕事を楽しいものにできるかどうかは、あなた次第です。

自分の人生ですので、是非前向きに考え行動してみてはいかがでしょうか。