最近、禁煙と一緒に禁酒も騒がれている世の中ですが、なかなか禁酒を成功させている人が少ないです。

しかし、今の世の中が禁酒に向かっているということは、禁酒ができないことは、もしかしたら時代遅れの習慣になってしまっているのかもしれません。

禁酒になると、居酒屋とか困るのでは?という人もいますが、そんなことはありません。

また、禁酒ができない人ほど、酒癖がとんでもない人が多いです。

つまり、禁酒が騒がれだしたのは、酒癖の悪い人が目立ちすぎたからと言われています。

とばっちりを食らっているのは、酒癖が悪くなく、お酒などのアルコールが好きな人です。

また、酒癖の悪い人ほど、毎日、安いお酒などのアルコールを飲んでいるのです。

つまり、禁酒ができない人は、お酒などのアルコールの価値をわかっていない方が多いのです。

日本を代表する日本酒や希少なワインなどはちょびちょび飲むから価値があるのであって、一気に飲んでは何も価値を味わえていないのと一緒です。

つまり、酒癖の悪い人はお酒などのアルコールの価値を下げているのです。

ある意味、お酒などのアルコールが好きな人とお酒などのアルコール類を製造されている方からしてもはた迷惑な存在です。

そんな人こそ、禁酒をしていただきたいですね。

そこで今回こちらの記事では、禁酒に関する情報をまとめた記事にしています。

つまり、この記事を参考にしていただきまして、少しでも禁酒を考えて頂ければと思います。

何度も言いますが、世の中は禁酒に向かっているのです。

つまり、禁酒を実行できなくても、禁酒のことを頭にいれておかないと、時代遅れな存在になってしまいますよ。

時代に乗れなくてもいいという人もいらっしゃるかもしれませんが、そんなこといってインターネット、携帯電話などを手にしないで、時代に乗り遅れてしまった人がいっぱいいたことをご存知でしょうか。

つまり、あなたがよくても周囲が良くないという感じにもなってしまうのです。

あなたにとって必要かどうかはどうでもいいのです。

そんなの関係なしに時代は進んでいくのですから!

故に他人の意見や自分の世界だけで判断するのではなく、しっかり広い視野で世界を見ながら判断しないといけないのです。

アメリカで起きたことが約5年後に日本の東京で起きて、東京で起きたことが約5年後に地方で起きると言われています。

ある意味、まだ、この情報の格差に気づいていないのです。

これからの世の中を生きるのに、必要なのは、学歴でも、スキルでも、ありません。

情報力です。

情報をキャッチして正しいのかどうか判断できるようにしないといけないのです。

時代に乗り送るから、最先端の詐欺にあってしまうのです。

ぜひ、自分には関係ないと思わず、禁酒に関して少しは目を向けてみましょう。

今度こそ!禁酒をする前におさえるポイント

実は、過去に何回か禁酒にチャレンジしたことがあるという方は意外と多くいらっしゃるかもしれませんが、なかなかうまく禁酒を成功させたという人は少ないと思います。

なぜかと言いますと、禁酒を成功させるためにどんなに努力しても周囲に流されてしまったという方が多いのではないでしょうか。

ほとんどの禁酒を目指す人は、周囲や友人関係にお酒を飲むことが好きな方が多いと思います。

つまりご自身では禁酒をするぞ!と決めても、周囲に影響を受けてなかなか禁酒に進めないといった状況に陥ってしまうことがあるのです。

なぜなら、人間は他人から最も、影響を受けやすい動物なのです。

特に日本人は、「みんなが」といったコミュニティ意識が強いので、そのコミュニティで自分だけ違った動きをするのが苦手なのです。

自分だけ違う動きをするとハブかれたりなどの村八分的な損害を受けるのではないかと恐怖心を持ってしまっているのです。

そんなことはないという人もいらっしゃるかもしれませんが、昔とある実験で、10人いる中で赤の旗を上げてくださいと言ったのに、9人が青の旗を上げたときに、残りの一人もあわてて青の旗に上げなおすといった行為に走ったことがありました。

このように、日本人はたとえ間違っていたとしても仲間外れになることを恐れてしまうのです。

そのためにキーマンなどと言う人が多く存在するようになってしまったのです。

キーマンはどこの国にも存在しますが、日本のキーマンは、そのグループを統括するような人を言います。

しかし、本当のキーマンとは、その中で異質な人のことを言う場合もあります。

このようにいくら自分が禁酒を目指すと言っても、周囲に禁酒を目指せない人が多くいらっしゃる場合は禁酒を目指すことが難しい状況と言えます。

そのため、まずここからはあなたが本気で禁酒を目指すのであれば、まずは本気で目指すためのポイントをご紹介します。

そのポイントをしっかり覚えて、自分自身に合うものをしっかり押さえて、禁酒を目指しましょう。

周囲の影響を受けてはいけません。

もしくは、周囲の影響を受けやすいというのであれば、禁酒を目指している人が集まる場所に行きましょう!

そこで禁酒を目指す人の影響を受けて、禁酒になればいいのです。

ある意味、自分の特徴をしっかり把握さえすればどのように禁酒を目指せばいいのかわかりますよ。

「できない」と見るのではなく、「できる」方法をあらゆる角度から見ていくことが大切です。

禁酒に成功するのはなかなか難しい


前文でも説明したように、禁酒を成功させることはなかなか難しいものなのです。

他人から影響を受けてしまうことに加えて、一度お酒などのアルコールの味や楽しい気分になる効果を味わってしまうと、なかなかそこから抜け出せなくなってしまうのが本音です。

ある意味、お酒などのアルコールも麻薬に近いような感じがあります。

麻薬に近い感じなので、なかなか抜け出せないのです。

禁煙は、達成できる人が多くいらっしゃいますが、なぜか、禁酒はなかなか成功しないのです。

なぜかと言いますと、タバコを嫌う人とお酒などのアルコールを嫌う人では、圧倒的に、タバコを嫌う人の方が多いからです。

また、タバコは、年々、値段が上がっていることもあるので、タバコから離れていく人が意外と多いのです。

では、お酒はというと、高いものから安いものなどあって、ある意味、タバコとは違った感じになっています。

そこのあたりの違いが禁酒と禁煙で差ができてしまった要因ともいわれています。

また、この成功している人が少ないという事実こそがもっとも禁酒を成功させない理由になっているのです。

禁酒を成功させられないことが、当然のようになっているような感じになっているので、成功できなくても恥ずかしいことではないとみているのです。

要は、周囲の目を気にする日本人ですから、成功できないと恥ずかしいと思うのですが、この禁酒に限っては、成功していない人もいるという事実があるために、成功できなくても恥ずかしくないことだと思っているのです。

おそらく、本気で目指していないと、途中で、まあ、いいかという感じに見てしまっている危険性が高いのです。

禁酒を目指すのであれば、本気にならないといけないのです。

本気で目指せば禁酒でなくても、なんでも成功します。

成功しない人は、本気でないからです。

このような言葉が存在します。

「夢は叶えることよりも、持つことの方が難しい。

なぜなら、持ってしまえば叶うから」つまり、本気で夢を持っていないからかなわないのです。

本気で持てば禁酒ぐらいちょろいのです。

難しく考えすぎている節があります。

何かを目指すにあたり、目指す先のことを難しく考えてしまう癖が強い人が、日本人には極端に多すぎるのです。

柔軟に考えることが少ないから、成功者は一握りというように見えてしまっているだけです。

つまり、本気で目指す。

柔軟に考える。

など、このような部分を補うことができれば、禁酒なんて簡単ですよ。

どれくらいの割合が成功するの?

では、どれくらいの割合で成功しているのかと言いますと、統計的に見ると実は50%ぐらいは禁酒に成功していると言われています。

この結果を聞くと、結構多いなと思う方がいらっしゃるかもしれません。

そう実は知らないだけなのです。

なぜなら、ニュースや雑誌などの紹介では、禁酒を目指すのが難しいという感じの記事にしているからそんなに成功していないと思っているのです。

ある意味、あのようなメディア媒体は、お酒などのアルコールの会社をスポンサーにしているために、大きく禁酒を取り上げることができないのです。

ただ、それでも約50%の割合で禁酒に成功することはできるのです。

この50%だからできると思う人もいらっしゃれば、できないと思う方もいらっしゃるのです。

ある意味、明確な数字を知らないからできないと思ってしまうのと、50%だからできないと思ってしまう人がいるので、できると思うきっかけが少ないのが禁酒を成功させるのが難しいと思わせてしまっているのです。

アル中の人はどれくらいいるの?

では、世の中に禁酒を妨げているアルコール中毒の人、いわゆるアル中の人はどのくらいいらっしゃるのかと言いますと、これはそんなに多くありません。

全国民の2割ほどと言われています。

しかし、なぜ目立つのかと言いますと、アル中の人は目立ってしまうので、多くいると思われてしまうのです。

影響力の強さが印象を大きくしてしまっているのです。

特に日本は世界で唯一、アルコール商品の自販機が存在する国なのです。

つまり、他の国に比べてお酒などのアルコール類を入手しやすい環境なのです。

また、ヨーロッパなどの先進諸国では、すでにアルコールのCMなどを禁止するなどして、アルコール中毒の防止を国を上げて行っているのです。

日本の場合、法律で整備したり、酒税などでお酒などのアルコール類の値段を上げるなどして、対策をしていますが、効果があるかどうかは怪しい部分があります。

ビールの値段を上げても、麦酒などを出してくるなど、アルコールの飲料業界が対応してくるので、イタチごっこみたいな感じになってしまっているのです。

おそらく日本からアルコール中毒の人が完全になくなるのは先が長いことなのかもしれません。

禁酒の方法は皆様々

それでは、禁酒を目指している人は、どのような方法で禁酒を目指しているのかと言いますと、実は方法はいっぱいあるのです。

どれがあなたにあっているのかは、あなたが見つけるしかないのです。

なぜなら、どの方法があなたに会っているかは他人がわかる部分ではないからです。

禁酒を目指して、いろいろな方法を見つけては実行しようとしますが、なかなか、うまく行きません。

なぜなら、一撃必殺技と思い込んでいる人が多すぎるのです。

方法に一撃必殺技などないのです。

つまり、そんなに甘くないのです。

方法ばかり求めて、しっかり実践しない人が多すぎるのです。

禁酒を目指す方法はいっぱいありますが、どれがあなたに会っているのかはあなたが見つけるしかありません。

他人がその方法で成功していても、あなたが成功するとは限りません。

日本人の場合、相手が成功しているどうかをすごく気にしますが、他人の効果がそのままあなたに現れるわけではありません。

つまり、方法だけを知ることが禁酒を成功させる手段になっているわけではないのです。

病院に通ってプログラムをこなす人も


禁酒を目指す人の中には、自分自身では無理だと思い、病院に通って禁酒のプログラムを受けるなどして、禁酒を目指している人もいます。

そんな大げさなと思う方もいらっしゃいますが、ある意味、自分自身をしっかり見ていると言えます。

自分自身をしっかり見れていないから、自分であらゆる方法を使って禁酒を目指せると思って、中途半端に終わってしまう人がほとんどです。

病院に行く利点としては、禁酒に関する専門家がいらっしゃるので、的確なアドバイスを受けることができるのと、その病院に来ている方々も禁酒を目指してる方々ばかりなので、禁酒を目指せる環境下に自分を置くことができるのです。

つまり、余計な雑念や邪念、また、禁酒を目指せない人たちの悪影響を受けないのです。

前文から何度も言っていますが、人間は他人から受ける影響を強く受けてしまう動物なのです。

自分を変えたければ環境を変えろとは言いますが、まさにその通りなのです。

目標ができたら、同じ目標を持つ人たちがいる環境に自分を置くことが大切になってきますよ。

また、その目標を達成した人と一緒にいることが、もっとも目標を達成させる手段の1つだと思います。

つまり、禁酒を目指すために病院へ行くことは、恥ずかしいことではないのです。

そんなんで病院に行くとなると周囲の目を気にされてしまう人はいらっしゃいますが、そんな目を気にしていては、先へ進めませんよ。

恥ずかしいことではありません。

あなたと同じ考えの人たちにあえて、同じ目標を目指す環境下に身を置くことができるので、目標を達成させやくなるのです。

スポーツで全国優勝をするような高校などにはセンスのいい選手がそろっているから優勝すると思っている人が多くいらっしゃいますが、そうではないのです。

また、すごくチームがまとまっていると思っているでしょうが、そうでもないのです。

何が違うのかと言いますと、選手から補欠、ベンチに入れない部員まで、みんなが「全国優勝」を目指しているからです。

そのような人たちが集まっているから、優勝を目指せるのです。

優勝を目指す環境下を自分たちで作っているのです。

つまり、禁酒を目指しても、禁酒を目指そうと思っている人が周囲に少ないと禁酒を成功させることが難しいのです。

つまり、自分で無理だと思ったら、病院に行くことは恥ずかしいことではありませんよ。

自信をもって病院に行きましょう。