旦那様が転勤を命じられて、慣れ親しんだ土地から離れ、見知らぬ土地で生活をすることになった。

そんなとき、妻はどんなことを感じるでしょうか?

仕事をしている人は、自分の仕事のキャリアのことを考えてしまうでしょうし、子どもが小さい場合は子育てのことに対して不安を覚える人も多いでしょう。

転勤と聞いて喜ぶ人よりも、今後の生活に対して心配をする奥様が多いかと思います。

大抵の場合、旦那様が転勤になったとき、妻は仕事を辞めて旦那様についていく生活と余儀なくされます。

一度は二度の転勤ならまだしも、世の中には「転勤族」と呼ばれる人たちがおり、定期的なスパンで転勤が命じられ、慣れ親しんだ街から離れ、見知らぬ土地で1から生活を送らなくてはいけないというのは、相当なストレスだと思います。

転勤というのは本当に大変。

引っ越しから、新しい人間関係の構築や仕事探しの大変さ、また子どもがいる人は子育ての苦労や親元を離れての生活など、かなりの負担がかかるものです。

会社の命令というのは断るのは難しく、転勤を断る=転職といっても過言ではありません。

また、会社によっては転勤というのは出世をするのには必要不可欠な場合も多いとされております。

また、日本国内ならまだしも、仕事によっては海外への転勤も命じられることもあります。

海外への転勤となると、言葉が通じない、文化が異なる、食事が合わない、治安が悪い場合は命に関わる危険もでてくる等、国内以上に不安がつきまとうもので、ストレスも計り知れないものがあるでしょう。

今回のテーマは転勤族の妻について。

転勤族の妻の悩みや苦労をお伝えするとともに、転勤をしたときの苦労の解消法についてお伝えしていきたいと思います。

転勤族の妻は大変!その苦労を解析

転勤族の妻は、想像以上に大変なものです。

長く親しんだ土地を離れて、全く見知らぬ土地や人で、1から生活をしていく寂しさというのは、かなり辛く孤独を感じてしまうものです。

転勤族の妻というのは孤独に陥りやすく、鬱になりやすいと言われています。

転勤族の妻がとても悩むのが人間関係。

旦那さんは、職場の人間関係などから、人との繋がりというのを作りやすいですが、妻は自分から人間関係を構築していく必要が出てきます。

子どもがいれば、子どもの繋がりから、人間関係が広がっていくこともあるかもしれませんが、子どもが小さかったり、子どもがいなかったりする場合は、親しい人を見つけるのはひと苦労するはずです。

そもそも、大人になると、他人と仲良くなるというのは本当に難しくなります。

学生時代であれば、同じ時間を共にし、共通の趣味や話題などもすぐに見つかり、自然と仲良くなりますが、大人になると共通の話題を見つけるのもひと苦労。

自然と仲良くなるというのはなかなか難しくなります。

近所の人が親切なら良いですが、トラブルメーカーだったり、人の噂が好きで根掘り葉掘り聞かれて他人に言いふらされたりなど、人間関係のトラブルにぶち当たってしまう事もたくさんあります。

転勤は、子育ての問題などにぶち当たる人も多いとされています。

転勤をする前は、育児などを親に手伝ってもらっていたりした人が、転勤により親元を離れたことにより、子育てを自分1人で行わなくてはいけなくなってしまい、不安やストレスを感じてしまうことも…。

また、子どもが新しい土地に馴染めなかったり、友達を作れなかったり、いじめにあってしまうというトラブルに見舞われることもあります。

孤独を感じたり、辛い気持ちになったときに、旦那さんに相談をしたいと思う奥様も多いはず。

しかし、旦那さんも新しい環境での仕事や人間関係の構築に一生懸命になっているときで、仕事に慣れるのが精一杯になっているときで、家庭を顧みないで仕事をしてしまう時でもあります。

転勤後の、旦那様の対応に不満を感じてしまう妻も多く、夫婦の関係が悪くなってしまうなんてことも…。

転勤族の旦那さんと結婚をした人であれば、誰もが共感してしまうその大変さ。

土地が変わることで、今までと同じような生活を送ることは難しくなり、新しい生活に慣れるまでに時間がかかるもの。

そして、慣れたころにはまた新しい土地への転勤が命じられるという繰り返し…。

自分の人生はこれで良いのかと疑問を感じてしまう妻も多いとされています。

転勤族はストレスが多い!

転勤族はストレスが多いとされています。

新しい環境や人間関係というのは慣れるまでには時間がかかりますし、気を使うことも多いはず。

特に引っ越し前後というのは、今までのような暮らしができなくなります。

大量の荷物を片付ける必要もあり、日常生活を送るためのスーパー、病院などの開拓、また区役所での手続きなどやることもたくさん。

そして、転勤族の辛いところが、引っ越しをしてすぐに旦那さんの仕事がはじまるということ。

引っ越しをするのだから、引っ越しが落ち着くまで休暇が欲しいと思う奥様は少なくないはず。

しかし、旦那さんの仕事はすぐに始まるため、片付けや区役所などでの手続きは奥さんが対応せざるを得ません。

引っ越し前後というのは、片付けなどをしつつ、日常生活の育児家事も行わなくていけないため、疲労がたまりやすいもの。

旦那さんに手伝ってほしいと心底思いますが、旦那さんも仕事の引継ぎなどでバタバタしており、どうしても家庭をおざなりにしてしまう状況となります。

ストレス耐性がない人には試練

ストレス耐性がない人にとっては、転勤というのは試練の連続です。

人には自分のペースというものがあり、そのペースを乱されてしまうとストレスを感じてしまうもの。

しかし、転勤というのは、そのペースをお構いなしにかき乱してきます。

ましては、転勤族というのは先の読めない生活を余儀なくされ、いつ転勤が命じられるかもわからないので、人生設計が立てづらいとされています。

せめて次に行く土地が分かっていれば、安心して計画を立てて暮らせるのですが、転勤命令というのは急に訪れるもの。

今の生活を捨てて、新しい土地での生活を送らなくてはいけないため、ストレス耐性がない人にとっては、非常にストレスを感じてしまう事となり、体調に異変が出てしまう人も多くいます。

好奇心旺盛な人には刺激的な人生

一方で、転勤をするたびに、新しい土地や人間関係も広がります。

全国に知り合いができて、それぞれの土地を楽しむことができるという利点もあります。

そのため、好奇心旺盛な人にとっては刺激的な人生だと感じることができるでしょう。

また、転勤のたびに人間関係のリセットができたり、家の中のものの断捨離ができてスッキリするという強者も中にはいます。

新しい環境への適応能力が高い人にとっては、様々な土地で過ごすことができるのは転勤族の利点だと感じる人もいるでしょう。

転勤族妻の9個の苦労

転勤族の妻の苦労というのは、転勤を経験していない人にとって、想像し得ない苦労があります。

そもそも、人は慣れ親しんだ環境から離れ、新しい環境での生活を送ることに対して、非常にストレスを感じる生き物です。

転勤族の妻というのは、そのストレスを押し殺して、新しい環境に順応するよう努力をしなくてはいけません。

では実際に、転勤族の妻が抱えている苦労についてお伝えしていきたいと思います。

引っ越しや荷物整理が大変


転勤で一番大変なのは、引っ越し。

荷造りももちろんそうですが、新しいお家で、家具や配線などの配置が思い通りにいかず苦労をしていたり、手配していた家具や電化製品が、思っていた日に手配が出来ず、通常の日常生活に戻るまで時間がかっかったりなど、引っ越し後も苦労が続きます。

また、荷造りというのは計画的に進めないと、引っ越しの期日までに間に合わないなんてことも。

徹夜で荷造りをしたなんて人もいるくらい荷造りというのは、時間がかかるものです。

しかし、転勤命令というのは急に訪れるため、急な引っ越しを余儀なくされ、てんわわんやということも。

特に整理整頓が苦手な人にとっては、苦痛と感じてしまうことでしょう。

引っ越しをするときの心構えとしては、必要ないと感じるものは捨てていくこと。

新しい土地でも、荷物はどんどん増えていきます。

いるかいらないかと考えるよりも、いるかいらないかと疑問を抱くものは、捨てて行ってしまう方が効率的だといえるでしょう。

また荷物の梱包が進んでいくと、家の中は居場所がないくらい段ボールの山となっていきます。

そのため、段ボールの置き場所はしっかり考えて梱包をしていくことが大切。

オススメなのは、引っ越しまでに使わない部屋を決め、そこに段ボールを集めておくこと。

そうすることで段ボールが日常生活の邪魔をするということは皆無となります。

転勤の度に役所での各種手続きが必要


また、転勤の度に出てくるのが役所での各種手続き。

これが本当に時間と労力がかかります。

まず役所でかなりの時間待たせられますし、また手続きのミスによっては、再訪をしなくてはいけないということも。

インターネットなどを利用して、自宅でサクッと手続き出来てしまえば手間にもならないのですが、役所の各種手続きというのは、まだまだ非効率なことも多く、手間と時間がかかってしまいます。

妻は安定的な仕事に就きづらい

昨今、共働きの家庭が増え、結婚をした後でも女性が働き続けるケースが増えてきていると言えます。

女性もキャリアに対しては貪欲になってきていますし、女性の管理職というのは増え続ける一方にあります。

しかし、転勤族となってしまうと、どうしても旦那さんの転勤と共に仕事を辞めざるを得なくなり、キャリアを築くのが難しいという現状があります。

会社によっては、旦那の転勤が相次いでいることを知ると「旦那の転勤によって、すぐに仕事を辞めてしまうのでは。」と懸念して、なかなか採用をしてくれないということもあります。

転勤族の妻というのは安定的な仕事に就きづらいというデメリットがあるでしょう。

同じ会社にずっと勤めるのが難しくなるため、手に職をつけたり、ライターやデザイナーなどインターネットがあればどこでも働けるという仕事を見つけるなどの努力が必要となってきます。

子供がいじめや勉強の遅れで悩むことも

また、子どものいじめや勉強の遅れで悩むことも多くあります。

転校生というのは非常に注目されやすく、いじめの対象になりやすいとされています。

引っ込み思案だったり、人見知りだったりする場合、友達を見つけるのも一苦労し、環境に馴染めないというケースもしばしば。

子どもというのは時として、非常に残酷で、見ず知らずの人間を受け入れるのは時間がかかるとされています。

そのため、転勤族の妻は、子どもの人間関係で悩むケースが多いとされています。

更に、勉強の進み具合というのは、各学校によって異なります。

引っ越しが、期の途中になっており、授業が前の学校よりも進んでしまっている場合、子どもが勉強の遅れで悩むこともしばしば。

限られた時間で、勉強を叩きこまないと、授業に追いつくことが出来ず苦労してしまいます。

また、教科書などが前の学校と異なる場合、勉強道具に馴染むまでも時間がかかります。

そのため、勉強に対して挫折してしまう子どもも少なくありません。

勉強に追いつけず子どもが悩んでいる場合は、家庭教師などをつけて、子どもの勉強のフォローをしてあげることが大切。

勉強ができないと、劣等感を抱えてしまう子どもも多いため、早めのフォローが必要となっていきます。

見知らぬ土地で孤独を感じる

見知らぬ土地というのは、人間関係の構築を1から行わなくてはいけませんし、慣れ親しんだスーパーや美容院などもなく、1から開拓していかなくてはいけません。

そのため、非常に孤独を感じてしまうケースが多いとされています。

見知らぬ土地での開拓を楽しめれば良いのですが、利便性などが悪くなってしまたり、なかなか良い場所が見つからないと、どうしても前の方が良かったと感じてしまいます。

場所によっては、移動も不便となり、車での移動が余儀なくされてしまうことも。

昨今では、インターネットで食材等も頼めるようになっているため、身近な場所で探そうとはせず、インターネットを利用して、無理ない生活を送ることを心掛けることで、ストレスも感じずに済むはずです。

またワンクリックで購入もできるため、買い物に時間を費やすこともなくなるので、非常に便利。

是非活用していきましょう。

人生設計が難しい

転勤が多いと、自分のキャリアや子どもが通う学校などの人生設計を立てるのが難しく、将来を見据えた生活というのが出来なくなってしまいます。

旦那さんの転勤が決まったことにより、仕事を辞めなくてはいけなくなるため、どうしてもキャリアを築きづらくなりますし、子どもの学校もどこに住んでいるか分からないのでは、なかなか決めづらくなってしまいます。

家を買えない

自分のマイホームを持つのを夢見ている人たちは多いはず。

しかし、転勤族になってしまうと、引っ越しが余儀なくされるため、賃貸という選択しかなく、マイホームをもつ夢は諦めざるを得ません。

賃貸となってしまうと、壁紙を変えたりすることもできませんし、壁や床を傷つけることもできないため、自分の思い通りのインテリアにすることが出来ないという懸念も…。

また、マイホームを持つというのは、ローンを組む必要があり、老後までにローンを返すためには、若いうちに家を借りる必要が出てきます。

そのため、転勤族の人達は、家を買うという選択をとることが出来ないというデメリットがあります。

人間関係がすぐリセットされる

転勤族の妻というのは、転勤のたびに人間関係がリセットされ、新しい人間関係の構築が余技なくされます。

社交的な人であれば、新しい人間関係の構築にストレスは感じませんが、引っ込み思案だったり、なかなか人に話しかけられない人にとっては、新しい人間関係を構築することにストレスを感じてしまう人も…。

ましてや、世の中には良い人だけではなく、噂話が好きな人や人を陥れる人もたくさんいます。

そのため、良い人かどうかを見極めるということも重要となってきます。

両親の面倒を見られない

年齢を重ねると、両親の介護の問題というのが出てきます。

しかし、転勤が多い家庭にとっては、両親の面倒が見られず、介護が必要となった両親は、介護施設で面倒を見てもらえざるを得ません。

転勤を余儀なくされているため、仕方がないことなのですが、両親の面倒が見られないことで、親孝行ができていないのではないかと感じてしまう人も多くいます。

年末年始や夏休みは、自分の両親のもとに帰ることを優先したいですが、旦那さんの両親の元に帰らなくてはいけないため、どうしても長時間一緒にいる時間がとれなくなってしまいます。

両親が離れた場所にいる場合の帰省については、旦那さんとしっかりと話し合っておくことが大切です。

バラバラに帰るのでも良いですし、年によってどっちに帰るのか決めて置くのでもよいでしょう。

転勤族の苦労の解消法とは?

転勤族の苦労は、本当にたくさんあります。

だからこそ、その苦労を早めに解消したいと思う人も多いはず。

では、具体的に苦労の解消方法についてお伝えしていきたいと思います。

没頭できる趣味を見つける

まず大切なのは、没頭できる趣味を見つけること。

趣味であれば、場所は選びませんし、ポピュラーなものであれば、どの土地でも習い事に通う事が可能です。

また、習い事に通うことによって、人間関係を構築することができます。

共通の趣味があるということは、共通の話題もあり、仲良くなるきっかけもたくさんあります。

習い事やスポーツなど

没頭できる趣味を見つけたいけど何をしたらいいか分からないという人は、個人レッスンではなく、大勢の人が同時に受講する習い事をおすすめします。

料理教室やお花などの教室などであれば、先生1人に対して、複数人の生徒がおり、且つみんなで会話をしながら、学ぶこともできるため、親しくなりやすいといえるでしょう。

また、テニスやヨガなどのスポーツも受講している人は多いですし、同じ曜日や時間帯に通う事によって、顔を合わせる機会が増えるため、親しくなりやすいといえるでしょう。

SNSで転勤人生記を綴って有名になる

昨今、SNSというのは世の中に非常に浸透してきています。

そのため、転勤の人生期を綴ってみるというのも1つの手段。

世の中には転勤族の人も多いため、その人達に向けての参考記事も良いですし、その土地に住んでみて気づいたことを綴るのも良いでしょう。

SNSを行なう時に大切なのは、根気強さ。

最初から爆発的に人気がでるということはあり得ません。

コツコツ続けることによって読者が増えていったり、毎回購読してくれる人がでてきます。

またブログは広告などを掲載することで、収入が見込まれることも。

読者がどういう記事を求めているのか、またどういう記事が人気でるのかなどを研究して、収入目的としてブログをはじめるのもよいでしょう。

その土地を独自の視点で探検する

引っ越しをしてきたからこそ気づく、その街の特徴というのは必ずあります。

方言であったり、文化であったりなど、その土地の特徴というのを独自の視点で探検することで、その土地をより好きになることができるはず。

そして、そのことをSNSなどに記載することで、様々な土地のことを知ってもらうことができます。

また、これからその土地に引っ越す人にとっては、前もってその土地のことを知る事ができ、良い情報源となるでしょう。

クラウドで仕事を見つける

最近では、「クラウド」で仕事を見つけるようになりました。

クラウドでの仕事のメリットは、働く場所を選ばないこと。

仕事に依頼などが、全てWeb上となるため、どこでも働くことが出来るのです。

クラウドでの仕事の多くは、エンジニアやWebデザイナー、またライターなどのPCを使ったもの。

経験があるに越したことがないですが、中には初心者でも対応可能な仕事も準備されています。

最初は、お小遣い程度のお値段かもしれませんが、経験を重ねることで、値段の交渉も可能です。

何よりも、働く場所を選ばないため、継続的な仕事が可能。

転勤をした後であっても、継続的に仕事が出来るのが利点だといえるでしょう。

【自宅でできる仕事を見つけたいなら、こちらの記事もチェック!】

家で好きな時に仕事ができる

クラウドの仕事の特徴は、PCさえあれば家で好きなときに仕事ができること。

会社勤めであれば、働く時間や場所などの制限がでてきますが、クラウドであれば空いている時間に、家で仕事が可能ですので、気楽な気持ちで始めることができます。

また、面接などは必要なく、全てWeb上で完結するため、気楽な気持ちで始めることができるのでオススメですよ

転勤が多いのはどういう人?

転勤が多い人との結婚というのは、それなりの覚悟が必要となります。

慣れ親しんだ土地から離れ、仕事も辞めざるを得ず、お互いに助け合うことが出来なければ、夫婦関係も悪化してしまうことも。

そのため、転勤の可能性が多い人との結婚というのは、転勤の可能性があるという覚悟を決めた上で、結婚をする必要があります。

では、具体的に転勤が多いのはどういう人なのでしょうか?

自衛官

転勤を避けて通れないのが自衛官との結婚です。

その頻度は1年という人もあれば、10年という人もおり、いつ転勤が命じられるか分からない職業だといえます。

また、全ての自衛官が、様々な経験を積むために、必ず転勤が命じられるとされ、若いうちであれば尚更、転勤の頻度が高くなっていきます。

子どもが小さく身動きがとりやすい時期は転勤の頻度も多く、子どもが大きくなると単身赴任という選択を選ぶケースも少なくありません。

また、幹部自衛官になると官舎というものがあり、住む場所にも困りません。

転勤の頻度が多いため、人によっては、地元に家を購入しておき、旦那は単身赴任という生活を選ぶ家庭も多くありません。

単身赴任であれば、住む場所は営内となるため、無駄な出費もありません。

商社マン

商社マンも転勤が多い仕事であり、転勤先は国内から海外まで幅広いとされます。

商社マンが給与が高いのは、転勤の頻度や海外出張などによる精神的な負担があるからだといえるでしょう。

海外転勤ともなれば、いつ日本に帰国できるかもわかりません。

また治安が良い国であればよいですが、治安が悪い国への転勤となってしまうと、自由に外出すらすることもできず、命の危険と隣合わせの生活になることも。

また、海外生活というのは、言葉も食事も生活スタイルも何もかも違うため、国内での転勤以上にストレスがたまるものです。

商社マンの妻となるのであれば、英語の習得は必要不可欠。

英語ができれば、無理なく過ごせる国も増えてきます。

海外の生活で一番大変なのが、言語の違いによって意思疎通ができないこと。

そのため、最低限でも英語を身に着けておくことが大切でしょう。

銀行員

銀行員も転勤がつきもののお仕事。

銀行員の転勤は本当に頻度が高く、また転勤の告知がされるのは直前がほとんど。

1カ月前に言われればいい方で、2週間前にいきなり転勤を命じられるというのもしばしばあります。

メガバンクであれば、日本全国どこでも店舗があるため、引っ越し先も読めないことが多いのが銀行員。

また、社宅に住むケースが多いため、旦那さんの上司の奥様と仲良くしなくてはいけません。

銀行員は、人間関係が他の仕事以上に気を使う必要がでてきてしまいます。

銀行員の転勤が多いのは、お金を扱う仕事のため、不正を防ぐこと。

顧客との取引や会社のお金を不正に利用したりなどを防ぐため、転勤が多いとされています。

また、40代になっても転勤はあり、単身赴任となるケースが多く見受けられます。

派遣社員ですら転勤する時代に

また昨今、派遣社員ですら「長期出張」という名の転勤をする時代となってきました。

派遣というのは異動がないとされていましたが、昨今では派遣先の事情によって、派遣社員に対しても異動命令をするケースも出てきました。

人手不足の深刻化

派遣社員ですら転勤をする時代になっているのは、人手不足の深刻化にあります。

働く人は首都圏に集中しがちであり、一方で地方は人手不足が進んでいる状態。

そのため、派遣であっても、転勤する時代となってきています。

地域限定社員制度が人気

昨今では、地域限定社員制度が人気となってきています。

地域限定社員は、勤務地を限定した働き方で、転勤などが発令されない社員となります。

デメリットとしては、転居のリスクがない分、給与が少なくなるケースも。

しかし、昨今では同様の給与を支払う会社も増えてきており、通常の正社員と変わりない待遇で働くことも可能となってきています。

転勤にもメリットがある

さて、転勤についての苦労について伝えてきましたが、転勤にはデメリットもあれば、メリットもあります。

新しい土地で過ごすことによって、気分転換にもなりますし、人間関係をリセットできるということは、良いことに繋がることも。

やはり住む土地というのは、人に与える影響も大きいとされており、新しい価値観や考え方を身につける良い機会ともなります。

そのため、転勤と聞いてナイーブになるのではなく、転勤を良い機会を与えられたと捉え、プラス思考で楽しむことも大切です。

では、具体的に転勤のメリットについてお伝えしていきたいと思います。

人間関係が広がる

まず転勤のメリットとしてあげられるのが、人間関係が広がること。

また、全国に知り合いができるため、様々な情報交換もできますし、気軽に旅行などにもいくことができます。

また、最近ではSNSが浸透してきるため、インターネットを利用した交流などもできるようになりました。

そのため、離れていても身近に感じられることができますし、気軽に相談などもできます。

転勤先で万が一、良好な人間関係が築けなかったとしても、全国に友達がいると思えば心強いのではないでしょうか。

海外なら外国語が習得できる

また、海外への転勤であれば、外国語が習得できます。

言語を身に着けることによって、通訳の仕事ができるようになったり、翻訳の仕事も出来るようになるため、今後のキャリアに大いに役立つはずです。

また、子どもも一緒に海外に行くのであれば、子どもにも外国語を身に着けさせることもできます。

言語というのは、子どもの方が覚えるのが早く、また日本人学校ではなく、現地校やアメリカンスクールなどに通わせることによって、言語の習得をさらに早めることができます。

幼少期に海外生活を送った経験というのは、将来とても役立ちますし、価値観や考え方というのも広げるきっかけとなります。

また、日本と違う文化と触れ合うことによって、幅広い視点で物事を考えることができ、良い教育になることも。

慣れない海外生活というのは大変ですが、それ以上に人生において良い経験になるはずです。

まとめ

頻繁な転勤は、肉体的にも身体的にもストレスを感じてしまいがち。

そのストレスから、時には、夫婦関係にもヒビが入ってしまうくらいの大喧嘩に発展をしてしまうことも…。

転勤族の旦那さんと結婚した時に大切なのは、ストレスを感じることなく過ごせる環境を、2人で助け合いながら作り上げていくことが大切です。

最近では、インターネットの普及などにより、離れていてもPCやTV電話を使って会話ができるため、身近に感じることが出来るコミュニケーションをとれるようになってきました。

そのため、転勤に無理についていくのではなく、子どものことを考え、単身赴任という選択をとる家族も増えてきています。

大切なのは、より良い家族関係を築きあげるために、どのような生活を送るべきなのかを話し合う事。

お互いに助け合うことができたら、今までよりも、より良い夫婦関係が築き上げていけるはずですよ♪