誰でも夢見る幸せな夫婦生活。

しかし、現実問題、どうしても起きてしまうのが夫婦喧嘩。

付き合っているときは、喧嘩をした後はお互いの家に帰り、1人で冷静になることができたけど、夫婦ともなれば喧嘩をしても、住んでいる家は同じ。

毎日顔を合わせざるを得ないという状況。

顔を見ると怒りが増幅してしまい、なかなか仲直りができないということにも陥りがち。

喧嘩をすることを望む人は誰1人いません。

しかし、夫婦といえども赤の他人。

考え方や価値観が100%一緒なんて人はいるはずもなく、喧嘩というのは夫婦生活を送る上で避けざるを得ない行為だといえるでしょう。

とはいえ、喧嘩をすることでお互いの価値観や考え方を知る事ができたり、自分の改善すべき点に気づけたりすることも事実。

「上手に」喧嘩をすることができれば、夫婦の仲もより深めることができます。

今回のテーマは、どの家庭でも起こりがちな夫婦喧嘩について。

避けざるを得ない夫婦喧嘩だからこそ、上手に喧嘩することが、より良い夫婦関係を作り上げることに繋がります。

最近、喧嘩が増えてきたなと感じる人は、旦那と喧嘩したときの対処法そ知って、上手な喧嘩をするための参考にしてみてください♪

喧嘩するほど仲が良い?!旦那と上手に喧嘩しよう

昔からよく言われる「喧嘩するほど仲が良い。」

しかし、これは一概にそうとは言い切れないと思います。

顔を合わせるたびに、お互いに対して嫌味を言い合ったり、はたまた会話することすら億劫となり、話すらしなくなっている夫婦も世の中にはおり、このような状態は仲が良いとは言えないのではないでしょうか。

喧嘩するほど仲が良いといえる夫婦は、上手に喧嘩をしている夫婦。

喧嘩をすることで、お互いに対しての理解を深めることが出来る夫婦であり、喧嘩した時はお互いが納得するまで話し合うことができ、その後引きずることもなく、しっかりと仲直りができている夫婦だといえます。

一方で、お互い言いたい事を言い合い、理解を示さない喧嘩というのは、夫婦の関係性を悪くするだけ。

喧嘩をすればするほど、関係性が悪化していき、「離婚」という二文字がちらつくようになっていきます。

喧嘩しない夫婦なんていない

世の中には喧嘩をしない夫婦なんていません。

喧嘩をしないと豪語している夫婦もいますが、それはどちらかが相当我慢をしているか、相手が怒っていることに気づいていない鈍感なケースと言わざるを得ません。

むしろ、喧嘩をしない夫婦の方が、どちらかが怒りを溜め込んでいることが多く、爆発したときは離婚せざるを得ない状況になっているという取り返しがつかない状況になっていることも。

夫婦円満でいるためには、お互いのことを知る事が大切。

そして、お互いのことを知るためには、喧嘩は必要不可欠な行為なのです。

喧嘩してより互いのことが分かるようになる

喧嘩をするということは、マイナスだと捉えがちですが、実はお互いのことを理解しあうきっかけにもなります。

喧嘩というのは、お互いの価値観や考え方が一致しないとき、また相手の価値観や考え方が許容できない時に起こります。

そして、このような時はとことんまで話し合って、お互いのことを知り合って解決するしか方法はありません。

話し合うということで、相手の考え方を知る事もできますし、自分が相手に対して失礼なことをしていたり、知らぬ間に傷つけていたことを知るきっかけにもなります。

順調にいっていると自分では思っていても、知らない間に相手が不満を感じていることはあります。

そして、喧嘩をしない限りは、相手の不満を知ることはできません。

喧嘩をすることで、相手の事を理解し、より良い関係を築きあげるきっかけにもなるのです。

すぐに喧嘩になるのは性格の不一致かも?!

とはいえ、顔を合わせるたびに喧嘩をしてしまう。

顔を見るだけで、イラっとしてしまう。

相手の言動がいちいち気に食わない。

同じ空間にいるのも嫌だという状態にまで陥ってしまっているのは問題。

すぐに喧嘩になるのは性格の不一致と言わざるを得ません。

夫婦とはいえ、赤の他人。

価値観や考え方が100%合致することはなく、譲り合いの精神というのは、より良い夫婦生活を送る上で必要となってきます。

しかし、どうしても相手の考え方が理解できなかったり、許容できないという状態が続く場合は問題。

どちらかが考えを改めない限りは、穏やかな夫婦生活を送るのは難しい状態にまで陥っています。

本来であれば、お付き合いをしているときに、互いの価値観や考え方の違いを認識しておくもの。

とはいえ、一緒に生活してみないと分からないことはたくさんあることも事実。

付き合っていたときには我慢ができたことも、毎日一緒にいると我慢できなくなってくることもありますし、付き合っているときは隠していたことや抑えていたことが、結婚した後に徐々に現れてくることも…。

性格の不一致というのは、なかなか簡単に改善できる問題ではありません。

結婚をする前に判断をするためには、同棲をしたり、海外旅行に行ったりなど、互いに良い顔ばかりしていられない状況を作り出し、そこで本性を知っておくというのが大事だといえるでしょう。

仲直りするまでの時間がポイントになる


上手な喧嘩というのは、仲直りするまでの時間がポイントになります。

喧嘩が長引いてしまうと、その時間の分だけ、相手に対しての怒りや憎しみを増幅させてしまい、夫婦関係に亀裂が走ります。

喧嘩をしたときには、出来る限り早く仲直りをすることが、夫婦関係円満の秘訣。

もちろん、仲直りするためには、お互い思っていることを吐き出すことが重要です。

そして、吐き出したあとは、自分の考えを認めてもらうことだけに固執せず、相手の事を理解する事にも努めること。

そして、どうしたら今後同じことで喧嘩をしないようになるのかを話し合うことが大切です。

もちろん、喧嘩の内容によっては、お互いの頭を冷やす時間が要するものもあります。

時間が必要だと感じる場合は、時間をしっかりと区切ることが大切。

喧嘩が長時間続くことで、夫婦関係に良い効果をもたらすことはありません。

仲直りまでには時間をかけないことが重要だといえるでしょう。

喧嘩ばかりしてしまう原因とは?

夫婦喧嘩が多くなってきている夫婦は、夫婦喧嘩が起きてしまう原因を探ることが大切です。

喧嘩が頻繁に起きてしまう理由の1つとしては、喧嘩をしたときに、納得をせずに無理やり仲直りしてしまうこと。

喧嘩をしたときに、お互いの何が不満で、何を改善しなくてはいけないのかということが話し合えれば、同じ理由で喧嘩が起きることはありません。

夫婦喧嘩の多くが、きちんと話し合いができていなかったり、改善点を見つけることを疎かにしてしまいがち。

結果、同じ理由での喧嘩を繰り返してしまうということに繋がます。

同じ理由で喧嘩を続けると、相手に対して「あの人はこういう人だから仕方がない。」という諦めの気持ちが生まれてきます。

相手に対して諦める気持ちを持つという事は、相手に対しての愛情を半減することにも繋がります。

諦めるのではなく、理解をすること。

そして理解が出来ないのであれば、改善してほしいことをしっかりと伝えること。

結果、喧嘩をする回数というのは減っていくはずです。

夫婦喧嘩を減らすためには、夫婦喧嘩が起きている原因を知る事が大切。

喧嘩をしているときは、何に対して怒っているのか、腹を立てているのかというのをきちんと言語化すること重要だといえるでしょう。

特に女性は、イライラしたときは、感情に流されがちになってしまい、考えるということに到達しないことが多い生き物だと言えます。

しかし、感情に負けてしまい、相手に感情的に伝えてしまっては、伝わるものも伝わらなくなってしまうので注意が必要です。

では、夫婦喧嘩が起きる原因とはどのようなものがあるのか。

実際にお伝えしていきましょう。

自分中心の言動をしてしまうから

喧嘩の原因の多くが、自分中心の言動をしてしまうケースだと言えます。

自分中心の言動というのは、相手に対して、「こうしてほしい。」という気持ちがあったり、また「こうしてくれるのが当たり前だ。」という強い感情から生まれがちだといえます。

多少なりとも、人間は自分中心の言動をしてしまう生き物です。

しかし、その数が多くなると、相手からは「ワガママ」にしか映らなくなってしまい、あなたに対して不満を抱くようになってしまいます。

相手を思い遣る気持ちが足りない

自分中心の言動をしてしまう人の多くが、相手を思い遣る気持ちが足りてないと言えます。

仕事で疲れて帰ってきたときに、気遣う様子もなく、自分がしてほしいことをストレートに伝えてしまったり、育児で疲れているのにも関わらず、何も手伝わず放置してしまっては、不満が溜まってしまうのは当たり前。

自分の気持ちを伝えるときは、相手の状況を考えてあげることが重要。

相手が疲れているのであれば、しっかり休ませてあげて、コンディションが良さそうなときに改めて頼むこと。

また、その時に頼まざるを得ないのであれば、「疲れているときにごめんね。」とねぎらいの言葉をきちんとかけてから依頼をすることが大切です。

「どうしてこれをやってくれないの!」とヒステリックになってしまっても無意味です。

ヒステリックになることで、プラスになることは何もありません。

ヒステリックになることで、相手があなたの願いを叶えてくれたとしても、それは感情で動いているのではなく、(ヒステリックな感情が収まるのなら…。)という惰性で動いているのです。

そのため、相手はあなたに対する不満を貯めていってしまい、あなたに対しての愛情が冷めてしまう原因にもつながるので注意が必要だといえるでしょう。

互いに平等であるという認識が薄い

男女平等といわれている昨今では、男性は働き、女性は家事育児を行なうという考え方はなくなり、男女共に働き、男女共に家事育児を行なうという考え方に変わってきています。

しかし、世の中には、互いに平等であるという認識が薄い人達が、まだまだたくさんいます。

「俺が稼いでいるのだから、女性が家事育児をやるのが当たり前。」と、仕事しかせず、家事育児を手伝わない男性というのも数多くいます。

一方で「男性が稼ぐのが当たり前。」という考え方から、男性が働くことを望んでいるにも関わらず、専業主婦を選ぶという女性もいます。

夫婦生活を円満に送るためには、助け合うという姿勢が大切。

家事育児に関しては任せきりにせず、お互いにできることを行なうことが大切ですし、収入面においても、家計をフォローしていくためには、働くという選択肢も必要になっていきます。

昨今、夫婦のあり方は変わってきています。

「男性だから。」「女性だから。」ではなく、お互いにフォローしあうことが大切だといえるでしょう。

相手を見下すと溝が生まれる

相手を見下すことは、夫婦関係の溝を生み出します。

夫婦関係は平等であり、主従関係などはないということを肝に銘じておく必要があります。

相手を見下すという気持ちは、相手に対して「やってもらって当たり前。

」という気持ちが生まれがちになりがち。

感謝の気持ちを伝えることもできず、偉そうな態度で居続けるようでは、より良い夫婦関係が築けるわけがありません。

感謝の気持ちが薄い


感謝の気持ちを伝えられて、嫌な気持ちになる人なんていないですよね(笑)

「ありがとう。」と感謝の気持ちを伝えることは、相手とのより良い関係性を築き上げることでとても大切。

夫婦関係が長くなると、どうしても感謝の気持ちを忘れがち。

あれやって、これやってと、相手に対して命令ばかりになってしまうのは良くありません。

人を動かすときは、「命令」ではなく「感謝」で動かすこと。

「あなたがいてよかった。」「いつもありがとう。」という気持ちが伝われば、自然に相手もあなたが望むことをやってくれるようになりますよ♪

生活リズムや態度に我慢ならない

生活リズムというのは、人によってバラバラ。

夫婦生活を送る上でも、生活リズムの違いは、不満を感じやすく、喧嘩に発展しがちだと言われています。

深夜まで起きてゲームをしていたり、遅くにスナック菓子を食べる不摂生な生活を送っていたり。

はたまた、脱いだ服を散らかしたままだったり、だらしない生活態度を見てしまい、我慢の限界に来てしまう人も多くいるでしょう。

洗濯ものや睡眠など、生活リズムというのは人によって異なるため、どうしても不満が溜まりやすいと言われています。

改善するためには、2人でルールをしっかりと決めて、生活の中に浸透させていくことが大切だといえるでしょう。

ルールがない中、できないことを叱ると、どうしても相手は不満を抱きがち。

ルールをしっかり決めて置き、守れなかったときに叱れば、相手もできなかったことがきちんと分かり、腹に落ちます。

ガサツさや不誠実さは嫌われるもと

とはいえ、ガサツさや不誠実さは嫌われるもとになります。

脱いだ服は脱ぎっぱなし、ご飯を食べたあとに食器を片さないなどは、夫婦生活を送る上ではNGと言わざるを得ない行為。

時にはダラダラ生きたいときは人間誰しもあります。

しかし、ダラダラするのは、やることをやってから。

洋服を片付けるのも、食器類を片付けるのも、少しの時間でできること。

やることをやっていれば誰も文句を言いません。

きちんと片づけてから、ダラダラした時間を過ごしましょうね。

経済観念の違い

経済観念の違いというのは、どうしても夫婦間に溝を生みがち。

どちらか一方が浪費家であり、どちらか一方が節約家だと、お互いに対して不満を抱きがちになります。

お金の使い方というのは人によって千差万別。

貯金をすることが大切だと思う人もいれば、趣味に対して浪費することが人生の楽しみだと思う人もいますし、美味しい料理やお酒を楽しむことに喜びを覚える人もいます。

互いのお金の使い方にケチをつける

お互いのお金の使い方にケチをつけあうようになると、どうしても夫婦間に溝が生まれがちになります。

例えば、相手が趣味に対してお金を使うのが理解できなかったり、ファッションやメイクなどにお金をかけるのに対して我慢ができなかったり、ギャンブルなどに浪費する等、お金の使いかたというのは、どうしても理解しあえないケースも…。

大切なのは自由に使えるお金の額をきちんと決めること。

そして、その使い方に対して、互いに文句を言わないことが大切です。

もちろん、自由に使えるお金の額をオーバーしてまで、趣味に費やすようであれば、それは改めてもらう必要があります。

しかし、決められた額で楽しんでいるのであれば、きちんと許容してあげましょう。

お金の使い方にケチをつけてしまうと、相手の人生の楽しみを奪いかねません。

人生の楽しみを奪ってしまうことは、関係性にも溝が生まれてしまうので、注意が必要ですよ。

家事や育児を手伝わない

いまや男性も家事や育児に参加するのは当たり前の時代となってきていますが、まだまだ、家事や育児は女性の仕事だと考え、手伝わない男性はいます。

仕事であれば、終わりが見えるものですが、家事や育児は終わりがみえず、責任も大きく、とても大変な仕事です。

共働きの世帯が増えている昨今、家事や育児を手伝うのは当たり前の時代。

家事や育児を何もしていないと感じるのであれば、ごみ捨てや洗い物など、出来ることから少しずつ始めることが大切です。

最近では育休を取る男性も増えてきており、率先的に男性が育児に参加するようになってきました。

男性が育児に参加するのが当たり前だとされる今だからこそ、家事や育児を手伝わない男性に対しては、より不満が増してしまう傾向にあるので、注意が必要ですよ!

秘密が多くすぐ嘘をつく

秘密が多くすぐ嘘をつく人の場合、どうしても相手は不満を抱きがちになります。

まず、嘘をつく人というのは、嘘をつくことが当たり前となっているため、咄嗟に口から嘘が出てしまいます。

やましい気持ちがあると、どうしても人は嘘を言いがち。

まずは、やましい気持ちを持たないことが大切ですが、嘘をつくくらいなら、正直に伝えて反省をすること。

万が一伝えられないことなのであれば、一生バレない覚悟で貫き通すことが大切です。

バレる嘘をつくから問題になるのだから、嘘をつかないか、もしくはばれない嘘をつくという心構えが必要だといえるでしょう。

相手を傷つけないための嘘ならいいですが、嘘というのは人を傷つける行為。

嘘が重なると、相手からの信用もなくなってしまうので、注意が必要だといえるでしょう。

旦那と喧嘩した時の6個の対処法

夫婦喧嘩というのは、どの夫婦でも起きるもの。

円満な夫婦生活を送る上では、夫婦喧嘩をしたときに、きちんと対処できる方法を定めておくことがとても大切になります。

喧嘩を放置したままにしたり、お互い言いたい事だけ言って、解決方法を見出さないままにいると、夫婦関係は悪化する一方となってしまいます。

長い時間一緒に過ごしていく相手だからこそ、理解を深めることが大切。

そしてそのためには、喧嘩をしたときにはより良い関係を築き上げられるよう、対処方法を考えておくことが大切です。

では具体的に、喧嘩をしたときの対処法についてお伝えしていきましょう。

引きずらないルールを予め決めておく

まず大切なのは、喧嘩をしたときは引きずらないことが大切。

そのためには、引きずらないルールというのを、夫婦の間で、予め決めておくことが大切です。

例えば、喧嘩をしたときは、1時間で解決するなど時間を区切るのも良いですし、言い争いではなく、解決方法を見つけるなどの決め事を作っておくのもよいでしょう。

また、喧嘩をした後は必ずハグをするなどのルール作っておくことで、喧嘩を区切るのも良い方法ですよ♪

次の日まで持ち越さないなど

喧嘩は長引かせないことが大切。

長引けば長引いた分だけ、相手に対しての嫌悪感やイライラが増していってしまいます。

喧嘩をしたときは、必ずその日に解決することを目指し、次の日まで持ち越さないことを心掛けましょう。

喧嘩の時間が短いほど、後にも引きずらないですよ。

自分の話ばかりせず相手の話も聞くようにする

また女性にありがちなのが、自分の感情ばかりを伝えて、相手に理解してもらおうとすること。

しかし、相手の話もきちんと聞かない限りは、理解しあえる関係というのは作り出せません。

「私はこう思うのだけど、どう思う?」と必ず相手の話も聞くことを心掛けましょう。

相手の話を聞くことで、相手の事を理解できますし、お互いの問題点にも気づくことができます。

すれ違っている気持ちというのは、考え方の違いから来ているため、一方的に話して理解してもらうことは難しい問題です。

まずはお互いの話をきちんと聞くことから始まらないと、解決ができません。

クールダウンにもつながる

自分の話ばかりしてしまうと、どうしても感情的になりがち。

そして、イライラも留まる事がなく、増す一方となってしまいます。

自分の感情のクールダウンのためにも、相手の話を聞くことは非常に重要な時間だといえるでしょう。

また相手の話を聞くときは、「それは違う。」とすぐに否定しないことも大切。

人は否定をされると、自分の気持ちを伝えることを避けるようになります。

そのため、相手の意見をまずは受け入れることを心掛けましょう。

「〇〇はそう思っているんだ。

私はこう思うのだけど、どうやったらお互いに納得できるようになると思う?」と、お互いの思いを尊重できるような解決方法を見つけるのが大切です。

話合うことで勘違いに気付くことも

また、勘違いから起きる喧嘩というのも、数多くあります。

相手が良かれと思ってやっていたことだったり、思い違いから喧嘩に発展しているというケースも数多くあります。

しかし、勘違いをしているか否かに気づくためには、まずは話し合うことが大切です。

話し合わない限りは、お互いのすれ違いにも気づくことができませんよ。

家では絶対にしない

夫婦生活を送る上で、家というのは居心地の良い空間にしておく必要があります。

人生の中でも、家にいる時間というのは一番多く、その家が居心地の悪い状態になってしまっては、心が落ち着ける場所がなくなってしまいます。

自制できない人は愛想を尽かされる

そもそも、感情の自制が出来ない人というのは、いつか愛想をつかされてしまいます。

喜怒哀楽というは、人間誰しも持っている感情ですが、それがあまりにも強すぎると、相手に対して嫌悪感を与えてしまいます。

自分の感情をコントロールできるのが大人な対応。

自分の感情に振り回されてしまっては、見えなくなってしまうものがたくさん出てきてしまうので、注意が必要です

過去の話は持ちださない

女性にありがちなのが、過去の話を持ち出して、相手を罵るという行為。

「あの時もあなたはこうだった。」と、ここぞとばかりに過去のことを持ち出して攻撃をしがちですが、過去に起きた出来事は変えることができません。

過去の話をいくら持ち出しても、会話に発展性はなく、お互いの溝を深めるばかりになってしまいます。

特に喧嘩のたびに、過去の浮気話を持ち出したり、傷ついた時のことを持ち出す女性がいます。

あの時とても傷ついたのだから、私の事を理解してほしいということを伝えたいのかもしれませんが、男性からしてみると、「なぜ今あの時の話を…。」という疑問しか生まれてきません。

過去の話は過去の話。

もう終わっていることを持ち出しても、解決することなどありません。

怒っている感情と共に、過去の許せなかったことが思い返され、言葉として発してしまうのかもしれませんが、そこは我慢が必要。

過去の話を持ち出しても何も解決することはないというのを自覚しましょうね。

特に男性はそれを嫌う

男性は変えることができない過去のことを持ち出され、延々に怒られ続けることを嫌います。

解決できる糸口がない会話や結論が出ない話をされることを男性は好まないためです。

そもそも、あなたは過去の話をして相手を追い詰めたいのではなく、改善してほしいから過去の話を持ち出しているはずです。

そのため、過去の話ばかりにフィーチャーするのではなく、改善してほしい点を重点的に伝えることが大切。

「こういうことをされると、こういう気持ちになるから、こう改善してほしい。」と分かりやすく伝えることが大切ですよ。

女性は察する能力に長けていますが、男性は察するという気持ちに疎い生き物だとされています。

そのため、改善してほしいことをストレートに伝えない限りは、男性が理解してくれることはないのだということをきちんと認識しましょう。

無視をしないこと

喧嘩をした後に、相手を無視する人が多くいますが、相手を無視しても何も解決しません。

むしろ、相手に嫌な印象を与えるだけです。

喧嘩をした後に大切なのは、話し合いをすること。

何が不満で、何を改善してほしいのかを伝えることで、同じ喧嘩を繰り返さないということが重要です。

無視をすることで、あなたの怒りは相手に伝わるかもしれませんが、相手はあなたに対して嫌な印象しか抱かないはずです。

そもそも、話し合いができなければ、根本的な解決に繋がりません。

喧嘩をするということは、相手に改善をしてほしいことがあったからのはずです。

あなたの怒りを伝えるために喧嘩をしたわけではありません。

相手に直してほしいことや、あなたの気持ちを伝えなければ、喧嘩をした行為が全く無意味になってしまいます。

無視をしても関係性は変わらないということを肝に銘じておきましょうね。

「離婚」の2文字は絶対に出さない

喧嘩をするたびに「離婚」という言葉を口に出す人がいます。

軽々しく離婚という単語を使う人は、本当に離婚をしようと思っていないケースが多く、離婚という単語を出すことで、相手に自分の気持ちを理解させようと思って使っていることが多いといえるでしょう。

しかし、相手からしてみると、離婚という言葉を言われたことにより、そこまで考えているのであれば、関係性を改善することは難しいかもしれないと感じてしまいます。

また、離婚を引き合いに出されてまで、自分の意志を貫こうとすることに、嫌気がさしてしまうはずです。

これを言ったらおしまい

離婚という言葉は、口に出すことで、現実的になってしまいます。

つまり離婚という言葉を口に出すことで、2人の関係性はおしまいとなってしまうのです。

離婚という言語を発することで、2人の関係性が改善することはなく、むしろ悪化する一方となってしまいます。

離婚という言語を発するのは、本当に離婚を考えたときのみ。

この人とはもうやっていけないと心の底から思った時以外は、絶対に口に出さないようにしましょう。

まとめ

夫婦喧嘩は、どの夫婦でも起きること。

大切なのは、喧嘩をすることではなく、喧嘩をしたあとにどう二人寄り添っていくかになります。

喧嘩というのは、相手に対して許せないことがあるから起きてしまうもの。

だからこそ、相手に改善をしてほしいことを、きちんと伝えない限りは、無意味な喧嘩に終わってしまうので注意が必要だといえるでしょう。

特に女性は、喧嘩をしたときに、感情に流されてしまい、どうしてもヒステリックになりがち。

しかし、本当に伝えたいのは、あなたが怒っていることではないですよね(笑)

改善してほしいことを伝えない限りは、あなたの怒りも収まりません。

そのため、どうやったら相手に変わってほしいことが伝えられるかを考えることが、上手な喧嘩だと言えます。

喧嘩というのは、喧嘩した後にどう解決するかによって、夫婦関係をより深い関係にしていくことにも、深い溝を作ることにも繋がります。

将来共に生きると決めた相手だからこそ、より深い関係にできるよう、上手な喧嘩をすることが大切。

そのためには、相手の気持ちを考えること、感情的にならず冷静になること、そして二人で解決方法を探る事が重要です。

より良い夫婦関係になれるよう応援しています♪