異性からモテモテの女性ってとってもうらやましいですよね。

どうやったらそんなにモテるの!?と思うほど、男性から告白されまくっている女性や、常に彼氏がいて途切れないような女性。

心当たりありますよね?こういった女性はどんなところにも一人はいます。

常に周りに男の影があり、男性の目を引いて離さない魅惑の女性。

同じ女性から見ると、なんとも羨ましい限りですよね。

しかし、そんな一見モテモテの女性も実は男性から見ると必死すぎて痛い女性に映っているかもしれないのです。

男性からモテるのは確かですが、一方で他の人からは痛い女だと思われてしまっているのです。

モテるのに必死すぎて引かれてしまう女性、今回はそんな女性にフォーカスを当てていこうと思います!

なぜモテるのに残念女子に認定されてしまうのか?モテる女性の痛い言動とはどのようなものなのか?一つずつ分析していきますよ!

もし自分に心当たりがある女性は、もしかすると周りからは必死すぎると思われているかもしれません。

くれぐれも気を付けてくださいね~!

人はモテようとするとモテない

異性からモテたいとは誰しもが思ったことがあるはずです。

モテモテになれば恋愛で苦労することもありませんし、タイプの男性とも付き合えて人生がハッピーになりそうですよね!

でも、モテたくてモテれたらみんな幸せになっているはずです。

世の中には、片思いしかしたことがない人や、好きな人に振られてばかりの人、友達に先を越された人、、、色んな人がいます。

モテたくても上手くいかずに失恋してしまう女性がたくさんいるのです。

なぜかというと、モテようとすると人はモテないようにできているからです。

モテようとすればするほど、必死な痛い女になってしまうのです。

モテようとしているのがバレバレで、周りから引かれてしまっているのです。

では、なぜモテようとすると逆にモテない女性になってしまうのでしょうか。

モテようとする女性の特徴と共に、その理由を見ていきましょう。

モテようとするとモテない理由とは?

女性が男性にモテようとすればするほどモテなくなってしまう理由。

女性から見るモテる女性と男性から見るモテる女性は確実に違います。

男女で可愛いと思う女性の基準が違うように、モテるだろうなと思う女性の特徴も全く違うのです。

男性は鈍感で単純だと言われていますが、実際は以外にも女性より的確に女性のことをよく見ています。

特に、男に媚びている女性やモテようと必死な女性の行動や言動なんかにはとても敏感で、男性の間でそうした女性は話のネタにされていることも少なくありません。

しかし、モテようとしていても可愛ければいいのでは?と思いますよね。

なぜモテようとする女性が実際はモテない悲しい女になってしまうのか、一つずつ見ていきましょう。

男のことばかりを考えていて軽い女性だと思われる


モテようとしている女性は、見るからに男のことばかりを考えていて軽い女だと思われてしまいます。

男好き、男たらしなんてよく言われますが、こうした女性は男性が女性に求める「純粋さ」「まじめさ」「奥ゆかしさ」というものが全くありません。

隠しても隠しきれないような男性への興味は、男性からするとバレバレなのです。

この女性はモテたいんだな~というのが分かってしまうと、いくら顔が可愛くてもどうしても引いてしまいます。

女性の中には、男性の気を引きたいがために友達をないがしろにする人もいます。

そうした様子も男性からは丸見えになっているのです。

男のために友達を適当にあしらう女性なんてモテるわけがありませんよね。

着飾りすぎてケバい

モテようとしている女性は、基本的に自分をよく見せようと完璧な化粧や髪形、服装で常に鏡を持ち歩いているような人が多いです。

男性にモテるにはまずは見た目!と思っている女性が多いため、外見から着飾って他の女性と差をつけようと考えているのですね。

こんな魂胆も、男性からは見え見えです。

めちゃくちゃ時間かけて化粧しましたというのがわかるような濃いメイク、そして必要以上に巻かれた髪の毛は男性からすると全然可愛くありません。

むしろ、キャバ嬢みたいだな~なんて思われてしまっているかもしれません。

ケバい女性のことを好きな男性はごくわずかです。

ケバいメイクが流行っていた時代ですら、可愛いと思っていた男性は少ないです。

モテたいがために気合い十分のおめかしをしてしまうと、逆に引かれてしまうことになるでしょう。

本性を隠していることが多い

モテたい女性が男性に持たれる第一印象、それは「本性が見えない」ということです。

モテたい女性は自分では制御できないぐらいにあからさまに媚びを売ります。

本人は気づいていないことが多いですが、そのアピールはかなり分かりやすいです。

そうなると、本性を隠していると男性はすぐに感づきます。

男である自分に好印象を持ってもらうために演じているのだと考えるのです。

本性を隠して良い顔をして近寄ってくるような女性は、男性から警戒されてしまいます。

そして、演じていると思うと男性はどんどん疑いの目でその女性を見るようになり、とても彼女候補として見ることはできなくなってしまうのです。

自己中すぎる言動が目立つ

モテたい女性は、比較的自己中な性格をしている人が多いです。

自己中すぎる言動がかなり目立ってしまい、男性からはモテるどころか引かれてしまうのです。

モテたい女性がなぜ自己中なのかというと、可愛くて男性からモテる女性はわがままだと考えている女性が多いからです。

少しわがままを言うような女性は男性からモテると信じている女性たちは、自分もわがままで可愛いと思われようとして、自己中のような言動をしてしまうのです。

しかし、わざとらしい自己中言動は男性にとって本当に目障りなだけです。

輪を乱すし可愛くないしで男性は心からドン引きしてしまいます。

女性のわがままというのは、好きな人だからこそ可愛いと思えるのです。

モテようという魂胆が見え見えの女性が自己中でいるのは、迷惑でしかないということです。

人の話を聞かないで自分アピールばかり

モテたい女性はとにかく自分のアピールがすごいです。

自分のことをとにかく話したくて仕方ない彼女たちは、人の話を聞かずに自分の話ばかりに集中してしまいます。

相手の話に興味がないわけではないのですが、とにかくモテたいということに頭が集中してしまっているのです。

なので、人が話をしていても話題をすぐに変えてしまったり、自分がその話を横取りして自分の話に変えてしまったりするのです。

よくマウントを取る女性は嫌われると言われていますが、モテたい女性はこのタイプが多いです。

自分のアピールのために相手に対して知らず知らずのうちにマウントを取ってしまっているのです。

自分より素敵な女性を目の敵にする

モテたい女性が必死すぎて痛く見えてしまう瞬間、それは自分より素敵な女性を目の敵にしている姿です。

直接ではなくとも、綺麗な女性のことを悪く言ったりあからさまに嫌いだという態度を取ったりするのです。

男性が特に「必死だな」と感じるのは、綺麗な女性の悪口を言っているときです。

男性とモテたい女性が話しているときに綺麗な女性の話になった場合、彼女たちはその綺麗な女性を自分よりも評価を下げようとします。

性格が悪い、よく見たら可愛くないなどと言って、自分の方が女として上だと遠回しにアピールしているのです。

しかし、男性からするとそんな女性は痛い女性でしかありません。

悪口を言うような女性だと軽蔑され、自分の価値を上げるどころか完全に下げてしまっていることに気づかなければいけません。

ミーハーで芸能人などの真似ばかりしている

女性がモテようとするとき、とりあえず有名で人気の芸能人の真似をして注目を集めようとする人がいます。

インスタグラムにまるで芸能人かのような写真をたくさん載せたり、モデル気取りの写真をたくさん載せたり高級な服ばかりを身に付けたりしようとします。

芸能人の真似をすると、女性同士からは羨ましがられたり憧れられることがあるかもしれませんが、男性からは全くの不評です。

芸能人ぶっている女性は高くつきそうな印象がありますし、自分のことが大好きだということが表に出すぎて引いてしまうのです。

また、芸能人のまねごとをする女性を彼女にしたいとは思いません。

芸能人はテレビを通して遠い存在だからこそ素敵なのであって、一般人がモテるために必要な要素とはまた違う魅力なのです。

すぐ自画自賛する

モテたい女性はとにかく自分が素敵だというアピールがすごいです。

自分を見てほしい、自分が一番という気持がとにかく強いので、すぐに自画自賛する傾向にあります。

普通の女性はいくら自分のことを可愛いと思っていても、それを口にすることはないですよね。

しかし、モテたい女性は周りが見えていない人が非常に多いです。

なので、どんな話題でもすぐに自分の自慢話など自画自賛をしてしまうのです。

女性からしても、自慢ばかりの男性と一緒に居たら疲れてしまいますよね。

それと同じことです。

男性からしても、自慢話が多い自分大好きな女性は一緒に居て疲れてしまうのです。

男に媚びて依存しがち


モテたいと思っている女性に共通していることとして、男に媚びるのはもちろんですが、その上男性に依存してしまうということが挙げられます。

誰か一人の男性に依存するというわけではなく、とにかく男性が近くに居て自分の存在価値を感じられないと嫌なのです。

彼女たちの頭の中は、男性からモテたい、認められたいという承認欲求でいっぱいです。

なので、友達のことや家族のことよりも、男性からモテるということが何よりも大切な事なのです。

そんな理由から、こういったモテたい女性は彼氏が途切れない事も多く、彼氏や好きな人がいない時期が耐えられないのです。

ずっと男性から興味を引き続けるために、男性に媚びたり他の女性を無下にして一人にならないようにしているのです。

客観性がないので自分がモテない理由がいつまでも分かっていないのが痛い

こうしたモテたい女性は、基本的に客観的に自分を見るということが出来ません。

それ故、自分がなぜモテないのかということが分からずにかなり痛い女性と思われてしまうのです。

もちろん、女性の多くは心の中でモテたいと思っているか、もしくはモテたら嬉しいと思っているはずです。

それは男性も同じことで、これは人間として普通のことでしょう。

しかし、そこで自分のことをよくわかっているか、それとも自分に酔って周りも自分自身も見れていないかで、男性に魅了的かどうかは変わってくるのです。

自分にある程度自信がある

自分のことを客観的に見れない理由の一つとして、自分にある程度の自身があるからだと言えるでしょう。

確かに、モテたいと思っている痛い女性の中には、以外にも顔が可愛かったりスタイルが良い人が多いように感じます。

きっとそうした外見の良さを今まで褒められたことがあって、自分に自信を付けたのでしょう。

自分はみんなより可愛いんだと考えて疑わない彼女たちは、自分が周りからどう見られているかに意識が行かないのです。

実際は痛いと思われているのに、頭の中ではみんなから憧れられている、モテていると思っているのでしょう。

自分さえ良ければいいというのが見え見え

また、自分さえ良ければいいという考えは、こうした女性の言動から滲み出しています。

モテたいから他の女性のことを悪く言う、モテるためには友達のことも無下にすると言った態度は、隠しているつもりでも男性にはバレバレです。

男性は普段は鈍感でも、こうした女性のあざとい考えや行動にはとても敏感な生き物です。

時には女性よりも敏感であり、こうしたモテたい女性の勘違いが、実際はモテないという事実を作ってしまうのです。

モテたい女性がまずやらなければいけないことは、自分を客観的に見て周りからどう思われているのかをしっかり理解することでしょう。

モテるのに必死な女性の残念な7個の言動

女として生まれたからには、人生で一度は男性からモテモテになってみたいですよね。

しかし、モテるのにあまりに必死になりすぎると、男性からは痛い女性だと思われてしまいます。

ここからは、せっかくモテるのに男性に気に入られることに必死で痛い女性の言動をご紹介していきます。

彼氏が途切れたことはないけど、周りからは痛いと思われている女性には、どんな特徴があるのでしょうか。

当てはまってしまったら、よく自分の子を見つめなおしてみましょう。