昔は女性は家で家事を行ったりすることが一般的でしたが、現在では男女平等が掲げられ、女性が社会で大きく活躍している時代へ変化しているといえます。

実際に女性が管理職として仕事を行っていたりすることも珍しいことではありませんし、キャリアウーマンとしてバリバリ仕事を行っている女性もとても多いです。

しかしながら、女性は男性とは違い、場合によっては出産を行わなければいけない時期がやってくる可能性があります。

昔は女性は家で家事を行うことが一般的でしたので、出産を機に仕事を辞めたりする人もとても多いですよね。

しかしながら、今の時代は共働きの家庭もとても多く、男性の収入だけでは生活が苦しくなってしまうという場合も多く存在しています。

そこで、非常に役に立ち制度が産休制度です。

産休制度とは、産前産後休業という言葉の略称された言葉であり、労働基準法で定められた休業期間のことです。

しかし、労働基準法で定められてると言っても産休取得することがしにくい職場も残念ながら存在しています。

そこで、今回は産休をテーマにして、産休を取っている人はどれくらいいるのか、そして産休を取得する際の周りの賛否両論の反応についてご紹介します。

これから産休を取得しようとしている方や、これから産休を控えている方は産休制度を利用する上でのポイントや過ごし方をチェックしてみてください。

産休をとりたい!でも、会社のみんなは実際どう思ってる?

先ほどもご紹介した通り産休を取得するということは、労働基準法で定められている権利なので、誰でも取得することが可能です。

しかしながら、残念なことに産休を取得するということを会社側に伝える際に、会社側が嫌な反応を見せることもよくあります。

本来はあってはならないことなのですが、現実としてこのようなことが起こり得ているということは明白です。

企業からしてみると働き手がいなくなってしまうということを考えれば、確かにデメリットになってしまうという見方も存在します。

しかし、実際に産休を取得しようと思っている方からしてみれば、産休を取得することに対して、周りがどういう反応をするのかとても気になることでもありますよね。

そこで、まずは産休を取得するということに対して、周りがどのような思っているのか、様々な意見をご紹介していきます。

賛成派


まずは産休取得することに対しての賛成意見についてご紹介していきたいと思います。

産休制度を利用する上で、どのような賛成意見があり、どういう見方が存在しているのか、チェックしてみましょう。

産休は女性には絶対必要!

まずはじめにご紹介する産休を取得することに対しての賛成意見として「産休は女性には絶対必要!」ということが挙げられます。

必要だという意見もとても多く、必要な理由に関しては人によって様々な意見が存在しています。

例えばまず大前提として育児はとても大変なことであり、仕事と両立させながら行うことはまず難しいという考え方が存在します。

少し考えてみればわかると思いますが、自分のおなかの中に命を宿しながら生活をするということは細心の注意を払っておかなければいけません。

また、子供が大きくなってくるとお腹も次第に大きくなり、その分生活もしにくくなってしまいます。

ちょっとした動作でも細心の注意を払わないといけないので、当然普通の状態と比べると機敏な動きが出来なくなってしまいます。

会社に通勤する時も、会社で仕事をしている時も、会社から家に帰るときも常に気を使っておかなければいけません。

そのような状態の中で産休を取得することができないとなると、非常に大変な状況になってしまいます。

産休制度があるからこそ、安心して生活を送ることができるという方は非常に多いので、うやはり女性にとって産休制度はとても重要な存在であるということになります。

なので、産休を取得することは賛成だと考えている人がとても多いといえます。

育児は大変!慣れるまではゆっくり休んでほしい

次にご紹介する産休を取得することに対しての賛成意見として「育児は大変!慣れるまではゆっくり休んでほしい」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、その意味の通り育児がとても大変なので、仕事と両立することができないという考え方だといえます。

実際に育児を行った経験がある方ならばわかると思いますが、育児とは想像以上に大変だといえます。

もちろん出産自体もとても大変なことであり、場合によっては命にかかわるケースもあります。

出産を終えた後も、子育てをするのはとても大変で、これまでに育児を経験したことがない人であれば最初は様々なことが手間取ってしまいます。

子供が泣いたりしてあやすのに寝不足になってしまうこともありますし、面倒を見たりすることも最初は子供が何を要求しているのかわからない状態から始まります。

育児に限らず、自分自身がこれまで初めて経験してきたことを最初からうまくできたという経験を持っている人はとても少ないと思います。

また、初めて物事を行ったりする時には余計に疲労感を感じてしまいますし、場合によっては大きなストレスを抱えてしまうこともあります。

そのような状況の中で慣れるまでは当然しっかりと休息が必要ですし、時間的な余裕がある中で育児に専念したほうがストレスも余計にかからないですよね。

子供に付き添うことで、子供も親からの愛情を感じ取ったり、安心できるといえますので、やはり育児は大変だということから育休を取得するのには賛成の意見が多いのも事実です。

産休がなかったら女性は出産を機に辞めないといけなくなる!

次にご紹介する産休を取得することに対しての賛成意見として「産休がなかったら女性は出産を機に辞めないといけなくなる!」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、もしも産休制度がなかった場合のことを考えてみてください。

産休制度がなくなってしまうと、女性は子供を出産する際に会社を辞めてしまい、その会社に戻ることができなくなってしまうと言えます。

つまり、産休制度がなくなってしまうと女性は出産を機に仕事を辞めないといけなくなってしまうということになるのです。

確かに現実としてたくさんの仕事は存在していますが、これまでに経験してきた仕事を続けるのか続けないのかそれは非常に大きな違いが存在します。

当然元々働いていた職場に戻った方が仕事も行いやすいですし、また新たな環境に身を置いたりする必要性もなくなります。

安定した仕事を行うこともできますので、元いた職場に戻ることができるということは非常に大きなメリットがあります。

しかしながら産休がなくなってしまうと、仕事を辞めないといけないので、また新しい仕事を探したりしなければいけません。

なので、産休は女性にとって必要であり、取得することは賛成だという意見も非常に多いといえます。

反対派

ここまでは産休を取得することに対しての賛成意見についてご紹介していきました。

ある程度賛成意見の理由を理解いただけたところで、ここからは産休に対して反対の意見を持っている理由についてご紹介していきます。

そもそも大前提として産休は誰でも利用することができる制度であり、できないという理由はありません。

しかし、その上で産休を取得することに対して快く思っていない意見があるのも事実です。

では、反対意見にはどのような理由があるのか、この機会にチェックしていきましょう。

産休中、周囲に負担がかかる

まずはじめにご紹介する産休を取得する反対意見として「産休中、周囲に負担がかかる」という意見が挙げられます。

産休を取得することに対して反対している人の中には、周りの人に対して大きな負担がかかってしまうことを反対意見として掲げている人が多いです。

これはなぜかと言いますと、産休を取得することによって、当然人員が不足してしまいますので、残された人の負担が増えてしまいますよね。

その人がいなくなる代わりに周りの人がその人の仕事をカバーしなければいけなくなりますし、考え方によっては余計に仕事を増やされてしまったと感じる人もいます。

なので、産休を取得するということは周りの人に対してある程度の負担をかけてしまう行為につながるという考え方から反対意見に結びついていると言えます。

気にしないという人も多く存在しているかもしれませんが、人によっては負担を増やされてしまったということで苦い顔する人もいます。

そのような考え方が存在しているということが産休を取得することに対する反対意見として考えられることを理解しておきましょう。

もちろん産休を取得することがダメというわけではありませんが、周りの人に対する負担が大きくなるということを考慮してしっかりと礼儀を尽くすようにしなければいけません。

復帰したとしても、子育てしながら今まで通り働ける…?

次にご紹介する産休を取得する反対意見として「復帰したとしても、子育てしながら今まで通り働ける…?」という意見が挙げられます。

先ほどもご紹介したように子育てというのは想像以上にとても大変なことでもあります。

子供を自分のおなかの中に宿すだけでもとても大変ですが、子供を産んだ後も面倒を見なければいけないので想像を絶する大変さがあります。

それを踏まえて考えてみると、ある程度落ち着いて仕事に復帰したと言っても当然家に帰れば育児などをしなければいけませんので、とても大変な毎日が続きます。

全てはパーフェクトにこなせるような人間であれば問題ないかもしれませんが、現実的に考えると全てを完璧に行うことは難しいといえます。

場合によっては育児が大変だという理由から、業務に支障をきたしてしまう可能性が増えるかもしれません。

例えば、育児をすることによって寝不足になってしまい毎日の業務に支障が出てしまったり、育児を理由に業務を休んだりする可能性なども生まれます。

その点を考慮して考えてみると、復帰した後も大変な状況が続き、周りの負担が増える可能性も十分考えられます。

人によってはそれを不平等だと感じる人もいるかもしれませんし、なぜ自分の負担が増えなければいけないのかということを納得できない人もいるかもしれません。

なので復帰した後のことも考えてみると、産休自体に賛成できないという意見も存在することを理解してください。

正直辞めてもらいたいという厳しい意見も…

次にご紹介する産休を取得する反対意見として「正直辞めてもらいたい…」という厳しい意見も挙げられます。

なぜかと言いますと、まず育休を取得すること自体が納得できないと感じている人がとても多いことが現実です。

理由としては先ほどご紹介したように周りの人の負担が増えてしまうということが大きな原因に考えられています。

産休を取得することに対して一定の理解を示している人もいれば、反対の意見を持つ人もいるので、反対意見の人からしてみればきっぱりやめてほしいという考えもあります。

もちろん育休は取得することができる権利なので、会社を辞める必要性はありません。

しかしながら本音としては周りに迷惑をかけるぐらいならきっぱりやめて、もっと働ける人を採用してほしいと考えている人もいるということです。

会社に産休という制度があるなら使うべき!

ここまでは育休を取得することに対する賛成意見や反対意見についてご紹介してきました。

様々な意見が存在しているということがお分かりいただけたと思いますが、あくまでここまでご紹介したのは個人個人の意見です。

明確に断言することができるのが、育休を取得することは一つの権利であり、それを断られる理由は存在していないということです。

なので、産休という制度が会社にある以上、使わないのは非常にもったいないですし、利用するべきであると考えられます。

周りの人も支えてあげよう


産休制度があるのであれば必ず利用するべきであるとご紹介しましたが、産休制度を利用するのであればそれなりに配慮することも重要です。

産休制度があるから利用して当然だというような態度を取ってしまうと、周りの人からすると嫌な印象に受け取られる可能性があります。

もちろん必要以上に謝る必要性はないのですが、先ほどもご紹介したように産休制度を利用するという言葉は周りの人の負担が大きくなるということになります。

負担が大きくなるということは、周りの人に対して迷惑をかけてしまうという考え方にもつながります。

なので産休を利用することに対して、周りの人に負担をかけてしまうことを一言でもきちんとお詫びの言葉として伝えなければいけません。

そうすることによって周りの人もあるけど理解を示してくれるようになりますし、助けてあげようという気持ちも湧いてくるはずです。

当然その言葉がなかったとしても周りの人達は支えてあげなければいけませんが、人間なのでその一言があるかないかで大きな気持ちの変化があります。

産休制度を利用する前に、まずは自分が産休を取ることによって会社としてどのような負担がかかるのかということも考慮するようにしてください。