いつの時代も大きな関心が寄せられるのはやはり恋愛ですよね。

昔も今も、恋愛をすることに対してやはり誰もがどきどきした気持ちになりますし、魅力的に感じる時間であるといえるはずです。

それは自分が恋愛をしている時も、自分の身近な人が恋愛をしているときも全く同様であるといえます。

実際に、恋愛をテーマにしたテレビ番組などが数多く存在しており、一例を挙げるとすればあいのりなどは非常に反響が大きかったテレビ番組であると言えます。

芸能人ではなく、一般人をメインにして恋愛模様を放送したりしてるので、身近に恋愛を感じさせてくれるのも人気の理由であるといえます。

そして、現代において恋愛模様を写した番組でとても人気なのがバチェラーという番組です。

バチュラーはかなり反響が多かった恋愛番組であり、現在ではバチェラー2が放送されていることでも話題になっています。

そこで、今回はバチェラー2をテーマにして、バチェラー2の魅力や見どころなどをご紹介していきたいと思います。

恋愛を見るのもするのも好きな方には、絶対にはまっていただける内容なので、この機会にバチェラー2の魅力をぜひ感じてみてください。

バチェラー2にはまる女子が急増中!

今、バチェラー2にはまっている女性が急増していることが話題になっています。

もともと男性と比べると、女性のほうが恋愛話などでは盛り上がりやすいですし、大きな関心を寄せている人が多いですよね。

また、バチェラー2は見ているだけでも楽しいですし、見ることによって様々な刺激を受けて恋愛をしたいと感じさせてくれるようなとても魅力的な番組であると言えます。

しかしながら、まだバチェラーを見たことがない方からしてみると、どのような番組でどのような内容なのかまったくわからないと感じている人も多いと思います。

そこで、今回はバチェラーとはどのような番組なのかということをまずご紹介していきたいと思います。

バチェラーがどのような番組なのか知り、どのような魅力があるのか、チェックしてみましょう。

バチェラーとは?


そもそもバチェラーとはどのような番組なのか気になる方も多いと思います。

元々バチェラーという番組は日本で生まれた番組ではなく、海外が発祥の番組として知られています。

2002年に全米にて放送が開始されており、恋愛リアリティ番組として長く放送されており、現在では幅広い地域で放送されている番組でもあります。

現在では全世界225カ国以上で放送されており、アメリカではすでに20シーズンが製作されていると言われています。

それだけ続いているということもやはりバチェラーという番組がとても面白い内容であるということが理由になっているといえます。

では、バチェラーとは具体的にどのような番組内容なのかということについて触れていきます。

元々バチェラーという言葉は独身男性のことを意味しており、放送内容としては独身男性をたくさんの女性が奪い合うという内容になっています。

実際に日本で放送されたバチェラーシーズン1に関しては、女性参加者が25名に対して男性が1名という内容となっています。

魅力あふれる肩書きの男性をめぐってたくさんの女性が様々な工夫や努力を行って男性にアピールをする姿が放送されているのです。

それまでの過程であったり最終的な結果などが非常に驚きの内容となっているのでたくさんの方が関心を寄せている番組であると言えます。

日本版はアマゾンプライムで放映

バチェラーは世界的に有名な番組であり、先ほどご紹介したように様々な地域で放送されていることでも知られています。

もちろん日本においてもバチェラーは放送されており、日本版に関してはAmazonプライムで放送されています。

日本版に関しては2017年2月17日よりシーズン1の配信がスタートしており、2018年5月25日売りシーズン2の配信がスタートされています。

すでに放送自体は終了していますが、まだ見ていない人や途中の人は恋の行方が気になるということで、たくさんの方が関心を寄せているのが事実です。

司会は?

バチェラーは現在Amazonプライムで放映されているとこ紹介しましたが、司会を務めているのが今田耕司さん、藤森慎吾さん、指原莉乃さんです。

藤森慎吾さんは公私にわたって数多くの恋愛を経験しており、指原莉乃さんに関しても恋愛系の番組などには数多く出演しています。

今田耕司さんは日本を代表する司会者なので、司会進行などにおいても、非常に魅力的で楽しい内容にあふれています。

バチェラーに関しては独身男性をめぐってたくさんの女性が駆け引きを行うような番組でもあります。

なので、そのやり取りなどに対して様々な面白いコメントが飛び交ったりすることも一つの見所でもあります。

今回ご紹介した司会の芸能人などはコメント力にあふれている芸能人ばかりなので、どのシーンでも退屈しない楽しい内容になっているといえます。

若い女性や芸能人からも大人気

バチェラーは芸能人が登場するわけではなく、あくまで一般人の男性と女性が主役になって放送されている番組です。

なので、若い女性を中心にたくさんの方が関心をしている番組でもあります。

しかしながら、恋愛模様を映し出す番組ではありますので芸能人の中にも数多くのファンが存在しているのが事実です。

実際にナインティナインや柳原可奈子、横澤夏子や高橋真麻、きゃりーぱみゅぱみゅなども視聴していることを公言しています。

数多くの芸能人が関心をしているということからもバチェラーがとても面白い番組であるということは明白ですよね。

特に若い女性に関しては絶対に外さない内容であると言えますので、一度見ていただければ必ずはまっていただけるはずです。

いろいろなイベントがある

ここまではバチェラーがどのような番組なのかという基本的な内容をご紹介していきました。

ある程度バチェラーがどのような番組内容なのかということが、おわかりいただけたところでここからはバチェラーの更に深い内容についてご紹介します。

バチェラーには実は様々なイベントが存在しており、そのイベントがまた視聴者を楽しませているひとつの理由になっていると考えられます。

ただ男性と女性の恋愛模様を映し出しているわけではなく、様々なイベントなどを活用することによってたくさんの見所を放送しています。

では具体的にどのようなイベントがあり、そのイベントの内容はどのようなものなのかということを簡単に触れていきたいと思います。

ローズセレモニー

バチェラーを面白くしているイベントのひとつに「ローズセレモニー」というイベントが挙げられます。

ローズセレモニーとはバチェラーの中でも非常に重要なイベントの一つとして考えられています。

どういうことかと言いますと、バチェラーの番組進行においてはいきなり複数名の女性の中から一人を選ぶということはありません。

最初はたくさんの女性が存在していますが、番組が進行していくうちに次第にその女性の人数が減少していくようになっています。

つまり魅力的ではないと考えられた女性は次第に脱落していき、最終的に魅力的に思われた女性だけが残っていくという風な内容となっています。

それを踏まえた上でローズセレモニーとはどのようなイベントなのかと言うと、ローズセレモニーとは各エピソードの最後に行われるイベントとして知られています。

ローズセレモニーが開かれる段階で一定数のバラが用意されており、そのバラの本数は存在している女性の数よりも少ない数となっています。

そして、ローズセレモニーが開催されるとバチェラーが残って欲しいと思った女性の名前を一人一人呼んでバラを手渡しするようになります。

つまりそのバラを受け取ることができなかった女性に関しては、その場でバチェラーや残ったメンバーに対して別れを告げなければいけません。

なので、生き残るか去るかということが判明する重要なイベントになるということになります。

バチェラーから恋愛対象ではないと判断をされてしまう少し冷たいイベントになるかもしれませんが、バチェラーの中でも非常に盛り上がるイベントのひとつだといえます。

サプライズローズ

次にご紹介するバチェラーを面白くしているイベントのひとつに「サプライズローズ」というイベントが挙げられます。

サプライズローズとはどのようなイベントなのかというとその名前の通りサプライズで相手にバラを渡すことを意味しています。

一見するとただ花をプレゼントしているようにうつるかもしれませんが、バチェラーにとってはこれは非常に重要なイベントとして考えられています。

なぜかというと、サプライズローズを受け取った女性に関してはそのエピソードの終わりに行われるローズセレモニーで競り勝つ必要性がなくなるからです。

どういうことかといいますと、ローズセレモニーでは今後も関わりを持ちたいと思った女性に対してバラを渡すようになりますよね。

つまり、事前にサプライズローズを渡してもらっている女性に関してはローズセレモニーで既にバラをもらっている状態であると考えることができます。

つまり元々勝ち抜けできる状態が確約された状態と考えることができます。

なので、サプライズローズをもらうということは勝利が約束された状態になるということになるので、女性達からしてみると非常に大きなイベントと考えられます。

また、エピソード1で開かれているパーティーの舞台においてはバチェラーが初対面で最も気に入った女性にバラを渡すと言うイベントも存在しています。

ファーストインプレッションローズという名前のイベントですが、これも言い換えてみればサプライズローズと全く同様であると考えることができます。

これもバチェラーの番組進行の中で非常に重要なイベントであり、とても気になる内容であるといえます。

2on1デート

次にご紹介するバチェラーを面白くしているイベントのひとつに「2on1デート」というイベントが挙げられます。

2on1デートとはどのようなイベントなのかというと、簡単に言えば二人の女性とバチェラーがデートをするというイベントになります。

一見するとただ二人の女性とデートをするだけなのでとても楽しいイベントのように感じるかもしれません。

しかしながら、実際はかなり過酷なイベントとして知られており、場合によっては辛辣なシーンに発展する可能性もあります。

なぜかというと、2on1デートをした場合、二人の女性のどちらかを最終的に選ばなければいけません。

デートを行っていく中でバチェラーが好みだと判断した女性の方を選択するようになるのですが、残酷なのは選ばれなかった女性に待ち受けてる未来です。

選ばれなかった女性に関してはその場で即帰宅をしなければいけないというルールが課されています。

つまり、魅力的なデートを行うことができなかった女性はその場で帰宅しなければいけないので番組には参加することがもうできなくなってしまうということです。

当然二人の女性を目の前にした状態でバチェラーは選ばなければいけませんので、バチェラーからしてみてもかなり苦渋の決断を迫られる場面もあります。

しかしながらこのような状況でどっちの女性を選ぶのかということが非常にドキドキさせてくれることもあり、バチェラーの中でも見応えのあるイベントとして知られています。

非常に残酷なルールではありますが、これもバチェラーが面白いといわれる大きな所以であるといえます。

カクテルパーティー


次にご紹介するバチェラーを面白くしているイベントのひとつに「カクテルパーティー」というイベントが挙げられます。

カクテルパーティーとはどのようなイベントなのかというと、各エピソードの最後に参加女性達とバチェラーが一緒に過ごすパーティーのことを意味しています。

このパーティーをバチェラーにとっては非常に重要なイベントであり、注目のイベントになっていると言われています。

なぜかと言いますと、カクテルパーティーの時間の中にはパーティー中に二人っきりで会話をすることができるシチュエーションを盛り込まれているからです。

ツーショットタイムにおいてはどちらと二人きりの時間を過ごして親密な時間を過ごすことができるようになっています。

なので普段は話をすることができないようなことも話すことができますので、かなり濃い内容の話を聞くことができるようになります。

なかなか現実の世界で親密な男女の会話を聞いたりするということはあまりないですし、たくさんの女性が一人の男性を奪い合っている中という状況もありません。

なので、どのような会話をするのか、はたまたどのような駆け引きをするのかということにたくさんの方の注目が集まる場面であるということです。

また、ツーショットタイムにおいてはどちらが自ら女性を選ぶ場合はありますし、女性がバチェラーに対して声をかけたりすることもあります。

なのでどのような流れでツーショットタイムに移行したのかということも心理描写を表すひとつの重要な場面になり得ると考えられます。

また、女性同士がバチェラーと話すために互いの邪魔をしやったり牽制をしあったりするところもこの番組の一つの見所でもあると考えることができます。

女性特有のドロドロとした関係性もやはり番組を面白くしているひとつの理由になっているので、カクテルパーティーは非常に見所のあるイベントであると考えられます。

レッドカーペット

次にご紹介するバチェラーを面白くしているイベントのひとつに「レッドカーペット」というイベントが挙げられます。

レッドカーペットとはどのようなイベントのかっていうとシーズンが開始される最初のエピソードで行われるイベントとして知られています。

一番最初の始まりのイベントでもありますので、バチェラーのイベントの中でも非常に重要なイベントであると考えられています。

レッドカーペットのイベントの流れとしては参加女性達がリムジンで移動し、リムジンから降りて、バチェラーと初めて対面する瞬間となります。

人間は初対面の印象が大きく残ると言われており、相手と良い関係性を築く上で非常に重要な時間であると考えられています。

つまり初対面でどのような印象を与えるのか、初対面でどのような行動を取るのかということがとても重要になります。

参加女性たちが一人一人どのようなアプローチを仕掛けるのかということも一つの見所として考えられているので、レッドカーペットは非常に重要なイベントだと言います。

また、先ほどご紹介したファーストインプレッションローズの兼ね合いもあるので、初対面でよい印象を残すことは今後につながる大きなメリットになります。

なので、参加者女性がどのような工夫をこらすのかということも非常に大事なので、どちらの中でもかなり重要なイベントシーンであると捉えることができます。

バチェラー2の概要

ここまではバチェラーで盛り込まれているイベントについて詳しくご紹介していきました。

様々なイベントが存在しており、バチェラーがいかに面白い内容になっているのかということがお分かりいただけたと思います。

では、ここからはバチェラー2の概要についてご紹介していきたいと思います。

バチェラーが放送終了され、そのあとバチェラー2が放送され、つい最近放送は終了しました。

しかし、これからバチェラーを見ようと思っている方や、今現在バチェラーを見ているという方もかなり多いと思います。

そこで、バチェラー2ではどのような内容になっており、どのような出演者がいるのか、ご紹介していきたいと思います。

バチェラーは誰?

バチェラー2の概要を語るうえで、絶対に外せないのがバチェラーはどのような人なのかということです。

バチェラー2における主人公は小柳津林太郎さんであり、小柳津林太郎さんは非常にハイスペックな男性であるといわれています。

まず実業家という肩書きを持っており、さらには6歳から14歳までニューヨークで過ごし、慶応義塾大学卒業という経歴もあります。

なので英語がかなり堪能であり、さらには2006年にサイバーエージェントに入社をするという華々しい経歴も持ち合わせています。

そこからは子会社の代表となり、英語が堪能な才能を生かしてアメリカの小会社の立ち上げにも参加していると言われています。

現在ではAbemaTVに勤務先を変更しており、アナウンス部部長や、サイバーエージェントSGE統括室室長という肩書も持っています。

なので、まさにハイスペックすぎる男性として、バチェラー2を盛り上げているといえます。

20名の独身女性たちはどんな人達?

バチェラーを盛り上げてくれるひとつの要素の中には参加する独身女性も非常に重要であると言えます。

参加する独身女性たちがどのような工夫をしてバチェラーを振り向かせるのか、そしてどのような駆け引きを行うのかということが見どころになります。

また、出演する女性達の肩書などは全く異なるので、それも一つの大きな魅力になっています。

例えばスマホケースデザイナーを行なっている人もいれば、幼稚園の教諭を行っている女性もいますし、劇団を主宰している人もいます。

このように様々な肩書きが存在しているので個性あふれる面々の恋愛模様を見れることはとても魅力的に感じられます。

また、それぞれの経歴なども面白く、いつもダメ男としか付き合えないような人だったり、失恋してしまったばかりの人など様々なエピソードもあります。

現実離れしている人達ではなく、あくまで一般的な人たちが出演するからこそ非常に内容も身近に感じることができるようになります。

それもたくさんの視聴者が楽しいと思えるひとつの理由になっていると考えることができますので、登場する独身女性達も非常に魅力豊かな人物ばかりであると言います。

バチェラー2の6つの見どころ

ここまではバチェラー2の概要についてご紹介していきました。

ある程度バチェラー2の概要を理解いただけたところで、ここからはバチェラー2の見どころについてご紹介していきます。

バチェラー2には様々な見どころがありますが、その中でも絶対に注目しておきたい部分がいくつか存在しています。

事前に注目するべき所を理解してみると、さらに内容が面白く感じられるようになります。

なので、これからバチェラー2を見ようと思っている方は、ぜひバチェラー2の見どころを先にチェックしてみてください。

女性同士の激しい嫉妬や騙し合いの様子

まずはじめにご紹介するバチェラー2の見どころとして「女性同士の激しい嫉妬や騙し合いの様子」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、結局はたくさんの女性が一人の男性を取り合っているというような内容となっています。

つまり、当然男性を振り向かせるために様々な試行錯誤を行ったりするということが予想されますよね。

出演している女性の中にはほかの女性が親密そうにしている姿を見て激しい嫉妬を見せたりする場面を当然あります。

また、場合によっては男性を振り向かせるために周りの人を騙したりするような手段を使ったりする人も存在しています。

一般的に考えるとそのような姿を見たりするのはあまり気分がよいものではありませんよね。

しかしながらテレビを通してみたりするとなると、やはり若干のドロドロとした部分を見ることは一つの楽しみにも感じるようになります。

バチェラーにおいてはこのように激しい嫉妬や騙し合いを行ったりすることはよくあることでもあります。

実際の恋愛の中でもドロドロとした恋愛を送ってきたという方もかなり多いと思いますので、自分の体験と活かしながら見ることで非常に楽しみを見出すことができます。

これこそがバチェラーの大きな見所として考えることができます。

小柳津氏のイケメンぶり

次にご紹介するバチェラー2の見どころとして「小柳津氏のイケメンぶり」ということが挙げられます。

バチェラーを見る上で一番重要なのはやはり出演する主人公の男性の経歴や立ち振る舞いと言っても過言ではありません。

複数の女性が登場した一人の男性を追い求めるわけなので、当然出演する男性は魅力的な男性であることが前提とされています。

実際にバチェラーに登場する男性はとても魅力的な男性が多く、華々しい経歴を持ってる男性ばかりです。

シーズン2に登場する小柳津氏に関しても、華々しい経歴を持っており、女性の扱いに慣れている男性でもあります。

社会的な立場も有しており、なおかつ女性の扱いもうまいと来れば本当に欠点のひとつもないような男性でもあります。

バチェラーを視聴する人の中には主人公の男性に対してどきどきさせられるという理由から見ている方もとても多いです。

自分だったら…と自分を出演者の立場で考えて、疑似恋愛を楽しんだりしている人も多いので、小柳津氏のイケメンぶりもバチェラーの見どころであるといえます。

小柳津氏が誰を選ぶのか

次にご紹介するバチェラー2の見どころとして「小柳津氏が誰を選ぶのか」ということが挙げられます。

やはりバチェラーの見所の中でも一番重要なのはバチェラーが誰を選ぶのかということだと言えます。

人によっては結局彼親見た目などを重視して人を選んでいると考えている人も多いと思います。

しかしながら、バチェラーを見ていただければわかりますが見た目だけで選んでいるというわけではありません。

そもそもバチェラー2に登場する小柳津氏はサイバーエージェントに勤めている男性でもあります。

サイバーエージェントでは顔を採用すると公言しているほど見た目を重要視している会社なので、見た目が美しい女性はたくさん触れ合っているはずですよね。

つまり言い換えてみればバチェラーに出演する以前の段階でも美しい女性と触れ合うことは十分あり得るような状況だったということです。

その中でバチェラーに出演してたくさんの女性と触れ合っているということになるので、どちらかといえば内面で判断をしていると考えられます。

先ほどご紹介したようにバチェラーに登場する女性達は経歴も全く異なり、一般人の方が多いので誰を選ぶのかということが全く予想がつきません。

それも含めてバチェラーが誰を選ぶのかということを考えると非常に面白味があり、魅力的な内容であるといえます。

女性たちの小柳津氏の惑わせ方

次にご紹介するバチェラー2の見どころとして「女性たちの小柳津氏の惑わせ方」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、当然出演者の女性はどちらをいかにして自分に注目させるかということを考えています。

最終的な目的はバチェラーを落とすことになるので、バチェラーに振り向いてもらうためには様々な誘惑を行ったりすることがあります。

バチェラーを通してそれを見ていると、場合によっては現実の恋愛の中でいかせるテクニックを見たりすることもできますよね。

そうすることによって恋愛のテクニックを身に付けられるだけではなく、生々しい恋愛模様も見ることができるので非常に面白みがあると言えます。

女性達が男性をどのようにして誘惑するのか、その過程を垣間見えたりすることは通常ではなかなかありえないことでもあります。

なので、これもバチェラーならではの大きな魅力であると考えられます。

携帯使用NGの不便さ

次にご紹介するバチェラー2の見どころとして「携帯使用NGの不便さ」ということが挙げられます。

今の時代にとって携帯電話を使用するということは当たり前のことであり、すでになくてはならないような存在になっているといえます。

現実の世界で携帯電話を使うことができないとなると様々な不便が生じるようになりますので、絶対にありえないようなことですよね。

しかしながらバチェラーの世界においては携帯電話を使用することが原則NGとなっています。

携帯電話を使用することができないということは今の時代にとってはコミュニケーションが一部制限されてしまうようなものでもあります。

恋愛を行う上で携帯電話が使えないとなると様々な不都合も生じてくるため、より細い恋愛のテクニックの求められるようになります。

携帯電話が使えない状況の中でどのようなテクニックを駆使してコミュニケーションを行うのかということも一つの見所のポイントであると考えられます。

感動のラストシーン

次にご紹介するバチェラー2の見どころとして「感動のラストシーン」ということが挙げられます。

やはりバチェラーの中で一番の見所が感動のラストシーンであると言えます。

様々な経験をしているバチェラーが選ぶ女性は、私たちの予想を裏切る結果になることも多いです。

実際に、なぜ?と思われるような場面や、予想を裏切られるような場面などはたくさん存在しています。

なので、ラストシーンにはどのような感動が待ち受けており、誰が選ばれるのか?ということがとても大きな見どころになるといえます。

まとめ

今回はバチェラー2をテーマにして、バチェラーの概要やバチェラー2の見どころなどをご紹介していきました。

とてもリアルな恋愛内容を見ることができるので、バチェラーを見ることによって恋愛の刺激を受けることもできるようになります。

単純に番組としてのコンテンツの面白さもありますが、自分自身の恋愛に対する活力を生み出すきっかけにもなりますので非常に有意義な番組だと言えます。

最近恋愛をしていないという人や、恋愛に対する活力が失われていた人はバチェラーを見ることによって、必ず活力を取り戻すことができるようになります。

バチェラーに対して興味を持っている人は、ぜひこの機会にバチェラーをチェックしてみてください。