生きていると、日々様々な事が起こりますよね。

しかし、それを楽天的に受け取るのか悲観的に受け取るのかで自分自身の感じ方は大きく変わってくると言えます。

何事にも緻密に計画を立てて慎重に行う人も居れば、何の根拠もなく「何とかなるだろう」と楽天的に行動する人もいるという訳です。

この記事では、そんな楽天的な考え方を持つ人の特徴と、自分自身が楽天的な考え方になるための方法をご紹介していきます。

いつも慎重に物事を行ったり、ついつい悲観的に物事を受け取ってしまいがちな人は是非参考にしてみて下さい。

楽天的な人って人生楽しそう!!

いつでも「何とかなるよ」「大丈夫」と楽天的な人を見ていると「人生、楽しそうだな」と思う事がありませんか?

何の悩みもなく常に笑顔で楽しい事に囲まれて生きている、そんなイメージすら湧いてきますよね。

楽天的な人に幸せが多く訪れているのか?

幸せが多く訪れるからこそ楽天的になれるのか?

どちらが正しいと言えるのでしょうか?

不幸を不幸と受け取らない

楽天的な人が幸せそうに見える最も大きな要因は、不幸を不幸と受け取らないポジティブな性格にあります。

傍目から見れば大変な境遇にあったとしても、当の本人がそれを不幸だと思っていないのならば不幸ではないという事です。

いつだってポジティブに物事を受け止められるからこそ、楽天的な人の人生は楽しそうに見えるのでしょう。

楽天的な人の6個の特徴

ここからは楽天的な人の特徴をご紹介していきます。

身近に居る楽天的な人を思い浮かべると、こんな特徴を持っている事が少なくないのではないでしょうか?

1.ミスを許せる


楽天的な人は他人のミスに固執せず許せる人が多いと言えます。

ミスを責める事は誰にでも出来ますが、そのミスを責めた所で事態は何も変わりません。

つまり長々と責める事程無駄な時間はないのです、他人のミスすらも受け止めて事態を良い方向に展開させようと考えられる人だからこそ根拠がなくとも何とかなってしまうのでしょう。

人の過ちに寛大

楽天的な人は楽しく争いなく過ごしたいと思っている人が多いため、人の過ちに寛大なタイプがほとんどです。

「誰にでも間違える事はあるよね」と相手を許す事で、相手も自分も嫌な気持ちを引きずる事の無いように対処する事ができるのです。

勿論、怒っていない訳ではないですが、過ちを責め続ける間嫌な気持ちが続く事を考えれば、さっさと許してしまってまた楽しく過ごそうという考え方もあると言えます。

収穫もあったと捉えられる

ポジティブな思考を持ち合わせている楽天的な人は、ミスすらもプラスに捉える事が出来ます。

そのミスすら、今後の糧になるからとマイナスな感情を引きずらない姿勢こそが周りの目から見た時に「人生楽しそうだな」と思わせるポイントなのではないでしょうか?

アクシデントさえも楽しむ事ができる

楽天的な人はアクシデントさえも、まるでアトラクションのように楽しむ事のできる人が多いのが特徴です。

大きな壁が現れば、それを乗り越える為にどうすれば良いのか考え行動できるので、ピンチに強く結果として良い方向に事を進める力のある人も少なくありませんね。

アクシデントに狼狽えて悲観的になるのではなく、まずは「どうにかなる」「だからこそ、この事態をどう乗り越えるか」を真っ先に考える事ができるのは楽天的な人を強みと言えます。

2.小さなことにこだわらない

楽天的な人は、言い換えれば器の大きな人であるとも言えます。

何事に対しても広い心で受け止める事ができる大きな器を持っているので、小さなことにこだわらない気質だと言えます。

他人に対しても自分に対しても寛容であるからこそ、常に気持ちを楽にポジティブな感情の中で生きていけるのでしょう。

常に楽しもうとしている

ポジティブな思考の持ち主である楽天的な人は、どんな境遇でも常に楽しもうとする姿勢を持っているのが特徴です。

皆が嫌がるような事でも、その中に楽しみや収穫できる事えお見つける能力が高いからこそ何においても楽しんで取り組む事が出来るのです。

意識的にネガティブな感情を排除できるという事は実はとてもすごい事なのです。

他人の視線を気にしない

いつでも自分の欲求のままに「なんとかなるだろう」という漠然とした自信の中で生きている楽天的な人は周りから見れば「幸せそうな人」「何も考えていなさそうな人」「無計画な人」と三者三様の捉えられ方をするタイプでもあります。

しかし、「自分が良いと思っているならばそれで良い」と確固たる意思を持っている人が多く、他人の視線を気にしない人が多いのも楽天的な人の特徴です。

3.切り替えが早い

どんな人でも、立ち止まってしまう事や悲しい事、落ち込むような事もあります、それは楽天的な人にも言える事です。

しかし、楽天的な人はそれらの感情を長く引きずる事がなく気持ちの切り替えを出来る人が多いのが特徴です。

どれだけ落ち込んでも、自分なりに気持ちを切り替えて翌日にはまたいつも通り笑顔で過ごせるという人が多いですね。

すぐ立ち直ることができる

楽天的だからといってネガティブな感情が湧かない訳ではありません。

しかし、それを意図的に断ち切る能力を持っている事は確かです。

悲観的な人はネガティブな感情に対して「また繰り返してしまったらどうしよう」とますます落ち込んでしまうのに対して、楽天的な人は「次はミスをしないようにすれば良い」と前向きな思考で切り変える事が出来ます。

この前向きな思考こそが楽天的な人がネガティブな感情からすぐに立ち直る事のできる理由なのです。

4.ポジティブ

ポジティブで前向きな思考である事は楽天的な人に必ず共通する特徴であると言えます。

常に楽しい事を考えて、楽しい方向に状況を勧める力があるからこそ楽天的な人は他人の目から見た時に幸せそうに見えるのです。

ポジティブである事は楽天的な人の最低条件であるとも言えますね。

愚痴、悪口を言わない

愚痴や悪口を言う人は、ネガティブで悲観的な人である事が少なくありません。

自分自身は愚痴や悪口を言う事でストレスを発散している気でいますが、実際は自分の納得いかない事を納得いかないまま消化できずにいる上に周りからの評価も下げてしまっているのです。

楽天的でポジティブな人は愚痴や悪口は言わず、自分の中で全て消化してしまいます。

それが最も早く気持ちを切り替える事のできる方法だと分かっているからです。

不満が無い訳ではないけれど、それを言葉にした所で自分もそれを聞いている他人も嫌な気持ちになるだけで何もメリットが無いと無意識に分かっているからこそ楽天的な人は愚痴や悪口を言わないのです。

人のいいところを見ている

楽天的でポジティブな人は人のいいところを見つけるのがとても上手である事が多く、それが人に好かれるポイントでもあると言えます。

周りの事を事細かくみている訳ではないけれども自然と人と接する中で相手のいいところを見つけ、褒める事ができるのです。

特に現代では褒められる事が少なく自己肯定感の薄い人が多い為、自分でも気付かないような些細な事でも自分を褒めてくれる人というのは好感を持ちやすく好まれやすいのです。

素直に人を褒める事ができる

楽天的な人の中には、直感的な感覚を持つ人が多いのも特徴の一つです。

その為、他人の良い所を見つければ素直にそれを言葉にして相手に伝え褒める事が出来ます。

そこには「誉めてあげた」や「褒められれば嬉しい筈」なんていう打算が無く、素直に「凄いと思ったから口にした」という事が相手にも伝わる事から、誉め言葉がお世辞や嫌味なく相手に響くのでしょう。

5.友達が多い

楽天的な人は、友達を多く持っている人が多いのも特徴の一つと言えます。

それは、楽天的な人の持つ性質が人に好まれやすい事が理由の一つと言えます。

多くの人に囲まれて笑顔の絶えない環境に居られるからこそ、楽天的な伸び伸びとした日々を過ごせるのかもしれませんね。

交友関係が広い

人好きされやすい楽天的な人は、交友関係が広いのも特徴です。

どんな人でも「取り敢えず会ってみれば仲良くなれるかな!」と気負う事なく接する事ができるので、幅広い交友関係を築いていけると言えます。

どちらかと言えば広く浅い付き合いにはなりがちですが、様々なジャンルの友人が居る事で周りから「何でこの業界に友人が居るの?」と驚かれる事も少なくないでしょう。

フットワークが軽い

楽天的な人にはフットワークの軽い行動派の人が多いと言えます。

その為、自分が足を運ぶ事を苦に思わず、呼ばれればどこにでも行ける行動力があります。

付き合いが良い人でもあるので、友人からの連絡が途絶えず自然と友達の輪を広げていける人が多いのです。

逆に慎重派の人はインドア派な人が少なくなく、行動力は楽天的な人が圧倒的に高いと言えます。

たくさんのコミュニティを持っている

人は自分と似たタイプの人と集まりやすいものですが、楽天的な人が楽天的な人と集まるかと言えばそうではありません。

似たタイプ同士で集まりたいというのは「仲間はずれにされたくない」という心理の裏返しであるとも言えます。

楽天的な人はそのような心配をする事がなく、「この人達と仲良くしてみたい」という単純な動機で入る事が出来る為、様々なコミュニティに所属している事が少なくありません。

「このコミュニティが合わないなら違うコミュニティに入ればいいか」といった思考を持っていて、一つのコミュニティに固執する事がないのも特徴的です。

6.好奇心旺盛


楽天的な人は「とりあえず、やってみよう」の精神が強く好奇心旺盛な人が多いと言えます。

それは友達を多く作る事への行動力に通じる部分も大きくあります。

「できるか?できないか?」より「やるか?やらないか?」という直感的な選択をする事が多い為、自分の知らない事や未経験の事に対する恐怖心や不安感を感じにくく、行動に移せる人が多いのです。

なんでもやってみる

とにかくなんでもやってみるという、楽天的な人の思考を気持ち良い性格だと感じる人は少なくないでしょう。

不安感や恐怖心よりも先に、好奇心が勝る性格である為、誘う方も誘い甲斐があると言えますよね。

やってみた事に対して。

失敗してもネガティブな感情を持ちにくく「これも良い経験だった」とポジティブに受け入れる事ができるので行動する事に対してマイナスの要素を全く持たないのも楽天的な人の特徴で特技とも言えます。

いろんなことに興味をもつ

好奇心旺盛なためにいろんなことに興味を持つのも楽天的な人の特徴と言えます。

人に聞いた話や、テレビで見た事など、様々な情報に興味を持って飛び込んでいく行動力のある人が多いですね。

いろんなことに興味を持つ反面、飽きやすい一面もありますが浅くとも幅広い経験を持っている事は楽天的な人の大きな強みであるとも言えます。

楽天的な自分になるための5個の方法

楽天的な人の特徴を見ていると「こんなに自由に生きてみたいな」と思う方も少なくないのではないでしょうか?

慎重派だったり臆病だったりして、色々な事を気にしながら居心地悪く日々を送っている位ならば思い切って楽天的な自分に変身してみてはどうでしょうか?

ここからは楽天的な自分になるための方法をご紹介していきます。

1.深刻に考えすぎない

物事を申告に考えすぎると、どうしても行動に起こしにくくなってしまいます。

特に慎重派の人は「これをやってみても失敗したらどうしよう」とはじめる前からネガティブな結末を想像してしまう事も少なくないですよね。

どんな事にも結果はあります。

しかし、その結果を良いものとするのか悪いものとするのかは結局自分自身の受け取り方次第だという事を覚えておきましょう。

なんとかなると思うこと

とにかく不安でどうしようもない人はまず「なんとかなる」という思考を身に付けましょう。

どれだけの大博打を打っても人生をやり直せない程の痛手を負う事はそうそうありません。

それがささいな選択であるなら尚更です。

「どうしよう」と悩んだ時には、その思考をそのまま「なんとかなる」「やってみよう」に切り替えてみましょう。

今までとは違った世界が見えてきますよ。

後悔しない思考を身に付ける

友人に誘われて習い事を始めてみたけど、すぐに辞めてしまった。

そんな状況があった時、あなたならどう感じますか?慎重派や臆病な人は真っ先に「無駄な時間を過ごしてしまった」「お金が勿体なかった」と後悔する事でしょう。

しかし、楽天的な人は違います。

「自分にはこの習い事が向いていない事が分かって良かった」と失敗さえも経験に変えてしまうのです。

そんなポジティブな思考を持っているからこそ、物怖じせずにどんな状況にも飛び込んでいけるのでしょう。

ポジティブな思考は簡単に身に付くものではありませんが、習慣にすれば必ずいつか身に付くものです。

最初はついつい後悔してしまいがちかもしれませんが、後悔してしまった後でもポジティブな考え方に切り替える練習をしてみましょう。

2.笑顔でいる

楽天的な人に限らず、人に愛され好かれる人というのは笑顔でいる人です。

心からの笑顔でいるからこそ、周りの人も笑顔になりネガティブな考えを持つ人が近づいてこないのです。

逆を言えば、常に笑顔がなく仏頂面をしている人に、人は集まらず孤立しがちです。

折角誰かが来たかと思っても、ネガティブな感情を共有したいいだけの人であるパターンも珍しくありません。

楽天的な人のように常に楽しそうに幸せそうに過ごしたいのであれば、まず口角を上げて常に笑顔でいる事から始めてみましょう。

笑声も意識して

笑顔と共に、笑声も意識する事でより一層人から愛される人物になる事ができます。

笑声とは、笑っている時に出るようなやや高めの声で、意識すれば笑顔ではない時にも自然に出す事ができます。

電話対応をする際に自然と声が高くなるのと同じようなものです。

人は視覚だけでなく聴覚でも相手の感情を読みとろうとします。

笑顔と共に笑声でいる事で、あなたにより一層ポジティブで明るいイメージがつく事でしょう。

些細なことでも楽しくなるように

常に笑顔でいる事を意識できるようになってきたら、今度は些細な事でも楽しくなれるポジティブな考え方を意識しましょう。

どんな事柄に対しても結果として「成功」と「失敗」があります。

それでも常に「成功する」と思いながら行動するのと「失敗するかも」と思いながら行動するのでは、その過程での楽しさが全く違ってきます。

ポジティブな感情に身を任せて過程を楽しむ事で、些細な事でさえも今までより一層楽しく幸せを感じる事ができるでしょう。

3.どうしたいのかを優先する

慎重派や臆病な人に共通するのが「自分の意思を貫くのが苦手である事」です。

周りの状況や、空気を読む事に長けすぎている事で自分の意思を尊重できなくなってしまっている人が多いと言えます。

勿論、周りに迷惑をかけない為に配慮する事も必要ですが、自分を蔑ろにし過ぎてしまうと何事も楽しめなくなってしまうものです。

まずは「自分がやりたいかどうか」という事を優先して行動を選んでみてはどうでしょう?

今まで周りに気を使って自己主張を出来なかった人でも、思い切って自分の意思を尊重した答えを出してみれば周りはすんなりと受け入れてくれるものですよ。

ワクワクすることを選ぶ

自分自身を尊重できるかどうかという点こそが、楽天的な人とそうでない人との最も大きな違いと言えます、楽天的な人は常に「どうにかなる」の精神で自分の楽しい事やワクワクすることを選んで行動しています。

自分のやりたい事をやっている訳ですから、それは楽しいに決まっているしポジティブに取り組める事でしょう。

あまりにも配慮に欠けてしまうと「勝手な人」と思われてしまうかもしれませんが、たまには自分本位な選択をしてみるのも良いのではないでしょうか。

やりたい事を7:3の割合で選ぶ

好きな事ややりたい事だけを選んで円満に生きていけるならそんな楽な人生はありませんよね。

いくら楽天的な人でも、楽しい事やわくわくすることだけを選んで生きている程人生甘くはありません。

勿論、嫌な選択をしないといけない時もあるでしょう。

そんな時は全ての事柄に対して7:3の割合でやりたい事や好きな事を7割選び、やりたくない事を3割選ぶ精神を持つのがおすすめです。

例えば旅行の計画を立てる際に、7割自分のやりたい事を提案して3割は同行者のやりたそうな事を提案します。

そこから、意見を擦り合わせてプランを練っていけば大抵半分以上は自分のやりたい事の提案が通る事でしょう。

楽天的な人はそんな細かい事まで考えている事はないでしょうが、そうして自然と自分の楽しめる状況を作っている事は間違いありません。

そんなテクニックも使って自分の楽しめる状況作りに挑戦してみましょう。

4.どんな環境でも楽しむように心がける

他人から見たらどんなに辛い状況でも、当の本人が「辛い」と感じていなければそれは不幸な状況でもなければ辛い状況でもなくなってしまうものです。

楽天的な人はどんな環境でも楽しむ事のできる強い精神力を持っている人が多く、それは慎重派や臆病な人も真似するべき特徴です。

どんな環境や状況も自分の気持ちの持ちようで天国にも地獄にも変わる事を常に頭に置いておきましょう。

何かプラスはないかと探す

自分自身にとって大変な状況であっても、その中から何かプラスになる事はないか探してみましょう。

たくさんの仕事を押し付けられてしまって夜も眠れないような日々が続いてしまったとしても、その仕事を終えた先に自分のスキルアップや上司からの評価があると思えば頑張れるものです。

マイナスな状況を悲観しているだけでなく、その中に僅かにでもあるプラスを見つける努力をしてみましょう。

他人の視線を受け入れる

楽天的な人はあまり他人の視線を気にしません。

同情されても憐れみの目で見られても、自分がポジティブであるからこそ気にも留めないのです。

しかし、そうでな人は違いますよね。

同情されれば屈辱的だったり恥ずかしいと感じる人も少なくありません。

それらの視線を気にするなというのはとても難しい話です。

ですから、まずは自分がそういった目線で人から見られているという事を受け入れましょう。

怒りや悲しみ、羞恥心の中からポジティブな感情は中々生まれません。

周りにそう見られている事を意識した上で「ただそれだけの事」と流してしまうのがおすすめです。

そして、自分の気持ちを一度ニュートラルな状態にしてからポジティブな思考を持つ事で、スムーズに意識を切り替える事ができるでしょう。

5.ピンチはチャンスの精神で

ピンチの時こそ人間性が強く表に現れるものです。

成功するか、失敗するか、ギリギリの時こそ楽天的な人のように前向きに最後まで取り組める心の強さを持ちたいものですよね。

何より、結果がでるまで成功する事を信じ続ける事が大切です。

それを疑ってしまえば、どうしてもネガティブな感情に支配されてネガティブな結果に引き寄せられてしまいます。

最後までポジティブな精神を継続する心の強さが重要と言えます。

ネガティブな言葉を発しない

慎重派や臆病な人はピンチの時に「失敗するかもしれない」「このままでは上手くいかない」「もうだめだ」などネガティブな言葉を口にしがちです。

しかし、このネガティブな言葉というのが厄介で、自分の口からネガティブな言葉を発する事で、その言葉を耳から脳へと聞き入れ思考をよりネガティブにしていくという負の連鎖を引き起こします。

これは最もしてはいけない事の1つでもあります。

ピンチの時こそ「なんとかなる」「うまくいくよ」と不安であってもポジティブな言葉を発するからこそ、自分自身に「ポジティブであれ」という暗示をかける事ができるのです。

失敗も勉強

楽天的な人も時には失敗する事があるでしょう。

しかし、それで終わらず失敗の中から学びを発見できるからこそ、次への成長に繋がるのです。

失敗したからといっていつまでも落ち込んでばかりいると、その先の成長は見込めません。

まずは失敗したという事実を受け入れて「何故失敗したのか?」「どうすれば成功していたのか?」と失敗というマイナスの中から自分にとってもプラスになる要素を探す努力をしましょう。

ここに注意!楽天的な人が苦手な事

今を存分に楽しんでいる楽天的な人にも短所や苦手な所は勿論あります。

あなたの周りの楽天的な人と付き合っていく際には、こんな事に苦手であるという事を知っておけば対処がしやすくなります。

また、楽天的な思考になりたいと思う人は短所まで真似してしまわないように注意しましょう。

計画を立てるのが苦手

「何とかなる」「とりあえずやってみよう」など動物的な直観で動く楽天的な人は、細かく計画を立てるのが苦手です。

勢いでどうにかなると思っている部分も多い為に、出掛ける計画などを楽天的な人に任せてしまうと「予約をしてなかった」「定休日を調べていなかった」など初歩的なミスをしてしまう事も少なくありません。

本人は「じゃぁ、違う所に行こう!」と簡単に切り替えられるかもしれませんが、期待していた周りの人はたまったものじゃないですね。

計画があるのか確認し、補助する

グループで行動するなら、楽天的な人に計画を立てるのを任せない方が良いでしょうがどうしてもそれが避けられない状況なのであれば事前に確認をしましょう。

「予約はした?」「その日は営業している?」「行き方は調べてある?」など足りない所を補い合いつつ付き合っていきたいものですね。

理想主義になりがち

常に自分の楽しいことやわくわくすることを優先させて生きている楽天的な人は理想主義な人が少なくありません。

「自分は自由でありたい」「楽しい事を選んで生きて居たい」などと現実主義な人からすれば、ぼんやりとして理論も無い主張をされては苛々してしまう事もあるでしょう。

「なんとかなる」では収拾がつかない事も世の中には存在します。

自分自身が楽天的だと自覚している人には頭に置いておいて欲しいものですね。

シリアスな話が苦手

楽天的な人にシリアスな相談をすると、「なんとかなるよ」「大丈夫だよ」と具体的な解決案が出ずにぼんやりとした話で終わってしまう事も多いでしょう。

理想主義な楽天的な人は「流れに身を任せれば何とかなるだろう」と思っている部分が大きい為に具体的な解決案を出す事は苦手で、それが答えの無い人間関係などの問題であれば尚更苦手であると言えます。

楽天的な人に相談する際には、具体的な答えを求めず「話を聞いて貰う」位の気持ちでいるのが良いのかもしれませんね。

自分に甘い

他人のミスに寛大である楽天的な人は、自分のミスにも同じ様に寛大であります。

それはひとえに自分に甘いという事にも言い換えられますね。

ミスした事を素早く切り替えて、次に進める事は素晴らしい事ですが、それ以前に「ミスを起こさないように対処する」という事も同じ位重要であると言えます。

ミスした事を重く受け止めない楽天的な人は、ミスに対する具体案を考えるのが苦手な事も多いです。

いくら失敗から何かを学べたとしても失敗したという事実は変わりません。

それをしっかりと受け止める事も時には重要なのです。

誰のミスであるのかを明確に伝える

過程に重きを置かず、結果だけを考えるのが楽天的な人の思考です。

だからこそ、「誰がミスを犯したのか」を明確にする事で意識を改めてもらうのが一番良い方法でしょう。

1人のミスは全員のミス、なんて聞こえは良いですが守ってばかりでは成長もありません。

ミスをしたのが誰なのか?

そのミスを再び起こさない為にはどうすれば良いのか?

それらを考える事も自分自身のプラスになる事をしっかり説明して話し合うのが良いでしょう。

怒るのが苦手

争いを嫌い楽しい事を好む楽天的な人は怒るのが苦手である事が多いです。

誰かに何か嫌な対応をされたとしても「まぁいいか」でスルーしてしまうからこそ怒り慣れていないという面もあります。

普段はそれでも問題ありませんが、怒らないからストレスを感じないという事はありません。

楽天的な人の多くは無意識にストレスを感じて、無意識に発散しているのです。

あまりにもストレスがかかり過ぎると爆発してしまう事もあるので自分のマイナスな感情に鈍感になってしまわないように注意が必要ですね。

今を楽しもう

楽天的な人というのは、周りの目から見ても今現在を生き生きと自分らしく楽しんでいる人という認識が強い事もご理解頂けましたか?

楽天的な考え方を持つ事で、あなたの伸び伸びと人生を過ごし、あなた自身の知らなかった魅力が見えてくるかもしれません。

是非、楽天的な人に倣って自由で楽しい生き方を実践してみましょう。