女性の皆さん、「つまらない女」についてどう思われますか?

やはりつまらないよりかは面白いとか不愉快な思いをさせない人間になりたいと思いますね。

皆さんはいかがでしょうか?

もしご自身がつまらない女に当てはまったらどうしようかと思いますよね。

ですが、心がけ次第で簡単にクリアできる問題もあります。

つまらない女を卒業するべく、どのような女性がつまらない女性に当てはまるのかを取り上げていきますよ。

著者自身、面白い男かと言われるとそれは否で、自分があれこれ言うのは難ですが…。

では、つまらない女についてみていきましょう。

つまらない女の共通点15個

では、具体的に「つまらない女」とはどのような女性のことを言うのでしょうか?

こうしてみていると「そうそう!」と思う部分もあります。

そして、結構心がけ次第で簡単に直せそうな部分もあります。

そして、少し練習やスキルが必要になることもあるかもしれませんが、だんだんと練習をしていくことで改善されることもあります。

ですので、つまらない女を卒業するためにもまずはその特徴を抑えましょう。

15個ありますので、それを見ていき皆さんに当てはまるところがないか確認していきましょう。

1.話しが続かない

こちらはおとなしい女性に多い傾向にありますね。

男性としてもこちらから話を振ったことに対するリアクションが少し返ってくるだけですぐに「シーン」となってしまうと何だか話しにくいんですよね。

確かに少しリアクションが返ってくるので全く壁に向かって話しているようには感じないのですが、それでも話が続かないので一方的にこちらから話す形になり、だんだんとその話をふるのに疲れてくるのです。

やはり話を振る側もいろいろと考えながら話をしています。

「この話をするとまずいかな?」などというのは考えていることが多いですね。

具体例を挙げると、例えば40代が近いくらいの独身女性に結婚の話を振るのは少し勇気がいります。

敢えて結婚しないのか、結婚したいのにできないのかというのが分からない限りは結婚の話題は話しにくいですね。

もし結婚ができない女性の方にその話を振って泣かれでもしたらどうしようかと思ってしまうのです。

このように話す側も意外と考えながら話していることが多いです。

(よく考えずに話をして失言が多い人もいますが…^^;。)

そうは言っても話が苦手な人はついそのようになりがちです。

話が苦手という人はその話しかけてもらえた内容について掘り下げるように質問をするのはいかがでしょうか?

男性もそのように質問をされると興味を持ってもらえたと話続けてくれるかもしれません。

女性は話したい人が多いので女性の場合は、聞き上手になることでうまくいくことが多いですが、男性も話が苦手な人でない限りは喜んで話してくれるでしょう。

2.もじもじとしていてはっきり話さない

こちらもおとなしい人に多いですね。

人見知りタイプの方でしたらついついおどおどもじもじしてしまうかもしれません。

ですが、やはり残念ながらそのような人もイライラされたり、つまらない女と思われがちです。

うちの子がある習い事に通っていますが、その先生にもじもじしがちな女性の方がいますね。

悪い人ではないのです。

優しい感じの人ですし、子どもも先生のことについては決して悪口は言いません。

習い事の先生としては全く問題はないのですが、友達とか恋人となると少し難しそうかな?と勝手に思ってしまっています。

性格もあるのでこちらはすぐには治らないかもしれません。

ですが、心がけ次第でまた違ってくるところがあります。

そして、そのようになりがちな人は自信が持てない人が多いです。

ですので、何か自信が持てることにチャレンジしましょう。

出来れば「これならできそう!」とか「楽しそう!」と思えることがいいですね。

ありがちなのは体力がないにも関わらず「自信をつけるために富士山に登る!」などと壮大な目標を立ててしまうことですね。

よく母親が「いじめられてよく泣かされる息子を強くするために空手教室に通わせる」と思いつくような感じです。

もちろん、空手にはまって本当に強くなる子もいますが、その一方でそのような教室でますます自信喪失する子もいます。

ですので、どちらに転ぶかわからないので、もし自信をつけるために何かをするとしたらできそうな事ややりたい事にして、それができたらどんどんとチャレンジの枠を進めましょう。

3.好きなものやことがない

多趣味な人は話が楽しい人が多いです。

そして趣味の話をするにしても本当に楽しいと思っているから話ぶりも楽しくなりますし、話題も豊富です。

それとは逆に好きなことがないと必然的に話はつまらなくなります。

物事を面白いと思って取り組んでいないので、話し方も単調になりますし、話が広がらないところがあります。

とはいっても「好きなことさがし」というのはもしかしたら簡単ではないかもしれません。

あくまで私見で全く心理学的な根拠などはなく子育てをしていて思いますが、こちらは成育歴にも関係してくるのではないかと思っています。

好きなことを否定されて育っていくとそのようになってしまうところはあるのかもしれません。

もしくは勉強をすることばかりを強要されて好きなものを選び取る経験が少ないとそうなるかもしれませんね。

趣味といっても「ギターを弾かなきゃ!」とか「絵をかかなきゃ!」と固定概念であれこれと始めようとしてもうまくいきません。

始めはゲームとか読書のような始めやすいところで良いのではないでしょうか?

そしてゲームが好きだと思ったら次は作るほうを趣味にすることでゲームという趣味も進化していきます。

4.ネガティブ


こちらはわかりやすくつまらない女ですね。

ネガティブな人は女性のみならず男性もつまらないと思われがちです。

どこかに遊びに行こうと提案しても「暑いから嫌だ。」「行列に並ぶことが多くて疲れるから嫌だ。」とネガティブな理由で断られたら「じゃあ、自分で計画しろよ!」と思ってしまいますね。

著者も女性とのお付き合いは決して多くなくても女友達がいた事はありますので、それなりに女性を見てきました。

やはりいいところを見て楽しんでくれる女性のほうが楽しくていいのは言うまでもありませんね。

では、ついついネガティブになってしまう人はどうしたらいいのかというと、いいこと探しをしてみてはいかがでしょうか。

道を間違えると当然移動時間は増えます。

車を使っていれば燃費も悪くなりますね^^;。

時間もかかります。

あまりいいことがないように思いますが、見ようによってはいいところもあります。

例えば、もしかしたら行ったこともないお店を見つけることができるかもしれません。

長く景色を楽しめるかもしれません。

もっと壮大な人生の話で行くと、失敗や挫折もいい経験になることもあります。

このように悪いことばかりにとらわれ過ぎず良い一面も見出すようにするとだんだんとネガティブな一面も改善されていくのではないのでしょうか?

5.リアクションがない

話をしていてもリアクションがないと非常に話しにくいところがあります。

これは子供たちがまだ乳児の頃に体験しました。

もちろん生まれたばかりであったり数か月程度だとこちらのアクションに対するリアクションがないこともあります。

ですが、子どもは言葉を話しかけることで覚えていくので話しかけていく必要があります。

ですので、話をするのですが、もちろん赤ちゃんにリアクションはなく非常に話しにくかったです。

何と言うのか、自分が変なおじさんになったような気がしましたね^^;。

こちらは赤ちゃんでしたので仕方ないと思えましたが、リアクションができて当然の年齢の女性にリアクションがないとつまらない女性と思われがちです。

確かに中にはリアクションに困る話題を振るような男性もいるかもしれません。

そんなときは素直に「どうリアクションしたらいいか分からないです~。」と明るく言ってしまうのもアリです。

6.人の陰口や悪口が多い

やはり人の陰口や悪口は聞いていても気持ちいいものではありません。

例えそのような話を好むような人であっても、やはり「裏では自分のことも言われているのではないか。」と不信感を抱きあう関係になるようで、ギスギスする一面もあるようです。

ですので、どのような人であっても人の陰口や悪口が多い人は好まれません。

ちょっと愚痴ってすっきりというつもりでいてもそればかりになるとやはりだんだんと「この人と話したくないな」と思うものです。

ですので、例え心を開いている人であっても人の陰口や悪口は慎みましょう。

どうしても愚痴りたいという事であれば同じようなことに不満を抱きあっている人であれば話は合うでしょう。

そればかりになるのは良くないですけれど、時にはそれを話すことですっきりすることもありますよね。

そして、その愚痴を言いたい人とは関係のない人にはそのような話はなるべくせず、愚痴りあいをするときもその話題にばかりならないように気を付けましょう。

その上でなるべく楽しくなる話題をチョイスするようにしましょう。

7.いつも無表情で笑顔がない


表情が出にくい人もまたつまらないと言われがちです。

とはいっても表情を豊かにするのが不得手な人もいるでしょう。

そのような人は鏡の前で練習をしましょう。

やはり自然にできないとなると、表情についても特訓が必要です。

笑顔で「そうなんだー。」「へえー。」と相槌を打つ、「〇〇なんだね?」と復唱するときも表情を付けるようにしましょう。

確かに一人鏡の前で練習となると気恥ずかしいかもしれませんが、やはり豊かな表情も特訓が必要です。

しっかりと練習をしたら、なるべく自然にできるように緊張をし過ぎないようにしましょう。

ですが、初めはぎこちなくても問題ありません。

何かの書籍で読んだことがありますが、例え表情が出にくい人でも、初めに笑顔で挨拶をすると気を付けるだけでも決して悪い印象や不安な印象を受けないところがあるようです。

その後その表情が硬い方に「表情を豊かにするように気を付けている」という趣旨のことを言われて、その著者の方はますますその方が好きになったと言っていました。

ですので、例え少々表情が硬くても努力する一面を見せることで、好印象を抱くことはあります。

ですので、緊張をしないようにとは言ってもうまくいかないからダメだという事はありません。

8.会話の内容がいつも同じ

また、会話の内容がいつも同じような感じだと、つまらない人と思われがちです。

これは女性ばかりではありません。

男性にもありがちです。

そのように会話が一辺倒になってしまう人は、特に趣味もなく、楽しみがない人とか結構多いです。

著者の妻が言っていましたが著者の妻は昔営業先勤めていましたが、その営業所は男性が多く、単身赴任できていることから、ついつい職場と家の往復になってしまうような人たちでした。

そのような人たちは、たいていはパチンコに行って暇つぶしをしたり、若い女の子がいるお店に飲みに行くと言うようなことが大半だったようです。

そうなると、仕事の話、パチンコの話、若い女の子がいる飲み屋さんの話と言うふうに話題が3つしかないのだそうです。

著者の妻は、会話の内容がいつも同じであまり楽しそうではないなと思ってしまったようです。

もしかしたら、彼らも自宅があるホームポジションにいたらもしかしたらもうちょっと他の趣味を増やしたりすることもできたのかもしれません。

ですが、いろいろなところから切り離されている状態でそのようになってしまったようですね。

それは何も単身赴任できた男性の話ばかりではありません。

そのような事は特にない男性であっても、女性であっても単調な生活をしていて、色々なことに興味を失なっている人はそのようになりがちです。

まずは、少しでも興味がありそうなことにアンテナを張っていきましょう。

そして、慣れていったら少し興味がないようなことにもアンテナを張り、会話のバリエーションを増やしていきましょう。

9.人の話しを聞かない

人の話はあまり聞かないような人もつまらない人と言われがちです。

人の話を聞かないとはどのような感じかと言うと、生返事をしているうちはまだ良い方なのですが、全く違う方向性で話をもっていくような人は人の話をあまり聞かずつまらない人だと思われがちです。

これはおしゃべりな女性にありがちです。

例えば、話し手の人が話した内容をいつの間にか、自分の話にもっていくような人がそのような傾向にあります。

そして結果的に、自分の話にもっていくようなことが増え、その人ばかりが話すようになるとだんだんとつまらなくなっていくのです。

やはり、話すとしたらある程度相槌を打ってもらいたいですし、きちんと話を聞いてほしいと思うものです。

ですが気がついたらその話題を奪われいつの間にか相手の人ばかりが話していると、あまり楽しくないですよね。

これは、他の掲示板を見ていても思いますが女性同士でもそのような事はあるようです。

10.語彙力がなさすぎる

特に日常会話においてはそこまでことの語彙力が必要と言うわけではありません。

ですが、語彙力がなさすぎるのもまた問題です。

「すごい。」とか「マジで!?」と言うような単調な会話ばかりを繰り返されると、だんだんと返事が単調で話していてもあまり面白くないなと思ってしまいがちです。

ですので、できればいろいろな本を読むなどして、語彙力を増やしていきましょう。

とはいってもいきなりは難しいかもしれません。

基本的に人の話を聞いてほしいと思う人の方が多いので、「〇〇なのですね。」とその人の話を復唱したり、その話についていろいろと質問する形で、話を引き出していきましょう。

話下手な人が必ずしも、そのような友達ができにくいとか会話が面白くないわけではありません。

そのような人は、聞き上手になることで充分魅力的な人になります。

11.人の話しを遮る

ついつい人の話を遮りがちな人はいませんか?

特に、否定的な感じで人の話を遮る人は、あまり好まれない傾向にあります。

そうではなくても、先取りして色々と言う人もまたイライラされがちです。

その先取りが正しいのであれば良いのですが、正しくないと「人の話をちゃんと聞け!」と言うことになります。

ですので、人の話を遮り勝ちな人は、落ち着いて人の話を聞くようにしましょう。

12.スマホばかり見ている

この「スマホばかり見ている」ことは、仲の良い友達同士でも不満を抱きやすいです。

話をしているときにスマホばかりを見ていると、本当にこの人は自分といて楽しいのだろうか?と思ってしまいます。

メールを見るついでについついって言うこともあるのかもしれません。

ですが、人と話をするときはスマホを見ないと決めておきましょう。

とは言ってもどうしてもスマホ見ないといけないような事態もありますよね。

最近は、スマホを持っているからと腕時計を持っていない人もいます。

そして、電話がなったり、突発的に何かスマホを見ないといけない事態になることもあるでしょう。

そのような時は、「ちょっとごめんね。」と断ってから用事が済んだらスマホすぐにしまうようにするとそこまで印象は悪くありません。

13.眠い・ダルいが口癖

こちらは、よく若い子がそのように言いがちなところがありますよね。

結構十代な時は、この「眠い」「だるい」が口癖の人は結構いたのではないのでしょうか?

年頃は確かに眠い時期かもしれませんが、20歳を過ぎて社会人になってもそれが口癖と言うのは少々考えものです。

実際に社会人生活をするにあたって、不慣れな仕事をしているので疲れて眠かったりだるかったりと言うのもあるのかもしれません。

ですが、それをなるべく口に出さず、態度にも出さないようにするのが大人です。

確かにそのように思っても極力口に出さないことから始めてみましょう。

そして目の前のことを楽しめるように努力するのです。

もしかしたら、若い方にはよくありがちですが、夜型の生活で睡眠不足ではありませんか?

若い頃は色々と楽しいこともありまし、ついつい睡眠期間が短くなってしまって人もいるでしょう。

ですが、この「眠い」とか「だるい」が口癖になるほどに疲れているのであれば、それは体がSOSを発信しているのかもしれません。

なるべく、早寝早起きをして、その眠さやだるさを解消する努力しましょう。

14.意見を出さない

どこかに遊びに行ったりする時、意見を出さない人は男女問わず非常に困るところがあります。

特に女性は、そのような傾向が強いように思います。

「どこに行きたい?」と聞いても、「どこでもいい、任せるよ。」で意見を出さない人もいます。

それで、本当に意見を出さず納得してくれるのだったらまだしも、もし何か思うのと違うのがあると、終わってから「あれがよかった。」とか「これがよかった。」と言うような人もいます。

よく、ネットで調べてみると女性の「どっちでもいいよ。」とか「何でもいいよ。」というのは「自分が気にいればどっちでもいい。」とか「自分が気にいれば何でも良い。」と言うような意味でもあると言われています。

とはいっても、男性もエスパーではありませんので、何も言わないのに自分に気に入るものを持ってくるのはまず無理なことです。

ですので、そのような一面がある人はなるべく意見を出すということを意識してみましょう。

例えば「ご飯食べに行きたい」とか、「映画を見たい」というざっくりとした要望でも大分やりたいことの範囲は狭まります。

15.いつも周りに流されている

こちらは、自分にあまり自信のない人に多いように思います。

いつも周りに流され、主体性がないのは、やはりつまらない人と思ありがちです。

それは女性同士の友情でもそうなようですね。

著者は、このような仕事をするにあたり、色々と掲示板をチェックするのを趣味としています。

ですので、女性がそのような掲示板を使うことが多いので見ることがあるのですが、やはりあまり意見も出さず、周りに流されているような人はつまらない人と言う認識があり、嫌いでは無いけれど積極的に誘いたいと思えないと言うような意見も多数ありました。

やはり、つまらない女性と言うのは、女性同士であってもあまり友達付き合いしたいと思えないところがあるようです。

確かに、自己主張ばかりするっていうのはがままで良くないです。

ですが自分の意見を引っ込めてばっかりもつまらないです。

ですので、少しずつ、自分が後がいいなと思うことを主張する練習しましょう。

男性を飽きさせない女になるために気を付けること

では、男性を飽きさせない女になるにはどうしたら良いのでしょうか?

いろいろと、つまらない女性に当てはまってしてしまった人も落ち込まないでください。

下記のようなことを心がけるだけでずいぶんとそのようなつまらない女性から卒業することができます。

では一つ一つ見ていきましょう。

色々な表情を見せる

自分に自信がない人は、ついついいつもへらへら笑ってしまうと言うような感じ表情が一辺倒になりがちです。

ですが、いつも笑っているといい感じがするかもしれませんが、やはり「この人は心の奥底で何を考えているのだろう?」と不審がられるところがあります。

ですので、ときには怒っても良いですし、泣いてもいいのです。

確かにいつも笑顔でいるのは良い事ですが、起こった出来事に関して適度に表情を出すのは決して悪いことではありません。

好きな人のジョークでは沢山笑う

ジョークを言う人も「白けたらどうしよう」などという不安を抱えています。

ですので、そのジョークが受けたのはその人にとって自信になります。

実際に、教師でもそのようなところがあるようですね。

ジョークを言って、生徒に白けたられたらどうしようと言うような不安があるときに、生徒が笑ってくれると安心すると言うのです。

ですので、好きな人がジョークを言った時は、たくさん笑いましょう。

なかなか表情が出にくい人が笑うと言うのも大変嬉しいものです。

それほどに、笑うというのは強い力があります。

さみしい時や悲しい時も表情に出す

寂しいと言う時、悲しいとき、そのような感情ネガティブな時に出すのは良くないと思いがちで、ついつい封じてしまうところがあるかもしれません。

ですが、そのような時も表情に出すことで、男性を飽きさせない魅力になります。

いろいろな男性がいるので一概には言えませんが、ときにはそのような表情するのかどうか試すような人もいます。

その時に、へらへらと笑顔でいるような感じになると、もしかしたら自分が必要のない人間なのではないか?と思ってしまうこともあります。

ですので、寂しい時や悲しい時も表情に出し、何を考えているのかがわかりやすいようにするのも大切です。

すねている表情を見せる

そして、すねている表情を見せるのも決して悪いことではありません。

常に笑顔でいなきゃとか、そのような表情出したら嫌われてしまうのでは?と思ってしまうかもしれないけれど、やはり、そのような表情も見せてくれることで、いろいろな表情が見ることができ、飽きないのです。

少し謎なところがある

男性というのは勝手なところがあり、全てわかってしまう女性はあまり面白くないのです。

ある程度謎なところがあることでもっと知りたいと思いますし、もっと近づきたいと思うのです。

ですので、すべてオープンにせず、所々謎なところを見せるというのもコツです。

上記の全ての表情を出すと言うのとは正反対に思えるかもしれないけれど、そのような事と合わせて行動することで、より不思議な女性、飽きない女性になることができます。

連絡をすぐに返さない

女性は、連絡が遅いと、自分をないがしろにされてしまうと思う人も多いようですね。

そのようなことから返事がすぐに返さないとと思っている人も多いことでしょう。

ですが、あえて連絡をすぐに返さないと言うのも、謎めいていて良いのです。

すぐに返事を返すばかりになると、男性の中にはそのような女性を「便利な女性」に格下げしてしまうような人もいます。

ですので、そのように、便利な女性化しているのではないかと思った時にも、すぐに返事を返さないのは大変有効です。

「こいつは簡単だ」と思っていたのに、そのような行動に出られると「あれ?」と焦ってしまうところがあります。

非常に勝手なものだけれど、男性にはそのような取引も良いスパイスになる部分があるのです。

先の読めない行動をする

「こいつはこうなんだろうな」と言うような決めつけっていうのは、接することが多いとどうしてもあります。

ですが、その決めつけとは全く違う行動することでまた新鮮味が待つのも事実です。

ですので、先の読めない行動をあえてやってみるのも悪いことではありません。

自分磨きをする

女性はいくつになっても女性です。

やはり、いつも美しくようと努力している人は違います。

服選びも違いますし、化粧の仕方も違います。

確かに、年相応にはなります。

そこそこの年齢を重ねているのにいつまでも若い格好するというのも考えものです。

ですが年相応のおしゃれがありますので、それで自分磨きをしていきましょう。

メイクの勉強をする

まずオススメなのはメイクの勉強することです。

確かに、男性もこのメイクで言うとナチュラルメイクの傾向にあります。

モード系メイクは、女性のみがかわいいと思うところがあり、老若男女が対象だと、少々気が悪いところがあります。

ですが、このナチュラルメイクもかなり奥が深いです。

最近メイク前とメイク後の写真や動画などがありますよね。

化粧をとった時は、本当に別人になり驚くところがあります。

でも逆に言うとメイクだけで人間はこんなに変わることができるのです。

ですので、容姿をコンプレックスやるところも、隠したりうまく生かすことができるようになります。

色々な服のテイストを楽しむ

ついつい服装も一辺倒になっていませんか?

いろいろな服のテイストを楽しむのも手です。

とは言っても、皆が皆ファッションが好きとは限りませんし、うまくコーディネートできるとは限りません。

もしそういうことでしたら、いっそのこと月額料金を支払い、その都度服を貸し出してくれるようなサービスを使ってみるのはいかがでしょうか?

とあるテレビ番組で見たのですが、最近はそのような定額を支払うことで服を貸し出してくれて都度新しい服を着ることができるサービスがあるのです。

これならいろいろなテイストの洋服を試すことができますね。

様々な分野の知識を増やす

また、知識面においてもやはり人間ですので好きなことに偏る傾向にあります。

あることにはすごく詳しいけれど、他のことになるとさっぱりな人も多いのではないのでしょうか?

ですので、まずはこれだったら得意と言う事から少々近いところを攻略してみましょう。

そして、そこからなんなんといろいろな知識を広げていき、様々な分野の知識を増やすようにしていきましょう。

ヘアスタイルのバリエーションを増やす

ヘアスタイルもついつい一辺倒になりがちです。

自分がこの髪型がいいんだ!とこだわりもある人がいるかもしれませんね。

ただ、ときには違うヘアスタイルを楽しんでみませんか?

例えばロングだった人が思いっきりバッサリ髪を切ってしまうというのも面白いかもしれませんね。

逆に、短い髪型であれば、伸ばしてみるのもいいかもしれません。

そしてヘアアレンジなどで、いろいろな髪型にチャレンジしてみましょう。

今は、「ヘアアレンジ」と調べるだけでたくさんのネット動画を見ることができます。

もしかしたら、これがいいと思い込んでいた髪型からもっと良い髪型が見つかるかもしれませんね。

【ヘアスタイルを変えたいなら、こちらの記事もチェック!】

つまらない女から卒業しよう!

つまらない女性の特徴や、卒業方法についていろいろと見てきましたがいかがでしたでしょうか?

とはいっても、いきなり一気に改善していくというのはちょっと大変なものがあります。

ですので、少しずつできそうなことをどんどんと増やしていくことで、だんだんとつまらない女性から卒業することができます。

もし、残念ながらそのような女性に該当してしまった方は、少しずつ改善していきましょう。