私たちの普段の生活を考えてみると、様々なものに囲まれて生活をしているということは紛れもない事実ですよね。

そして、私たちの身の回りにあるものの種類を考えてみると、数え切れないくらいのものに囲まれているといえます。

そんな身の回りのものを考えてみたときに、今や日常生活に必須の存在だと考えられるのが、紙の存在です。

日常生活の中で紙を使う場面は非常に多いといえ、紙がなかった場合を想像してみると、困ってしまうような場面が数多く存在しているといえます。

つまり、私たちの生活にとって紙は非常に重要な存在であり、欠かすことができないものであると考えることができるのです。

そして、私たちの身近にある紙を考えてみると非常に様々な大きさの紙に囲まれていると言えますよね。

あまり深く気にしているという方が多くはいないと思いますが、紙の大きさを考えてみると様々なことがわかるようになります。

特に、社会人として生活をしている方に関しては、紙の大きさをきちんと理解していないと、間違った選択をしてしまう結果につながる可能性もあります。

そこで、今回は紙の大きさをテーマにして、B4サイズの紙の大きさの具体的なサイズや、よく使う場所などについても併せてご紹介していきたいと思います。

紙の大きさなどを意識したことがないという方に関しては、今回ご紹介する内容を踏まえて、どのような大きさであり、どのような用途に用いられるのかチェックしてみましょう。

b4サイズってどれくらい?

私たちの生活にとって紙は非常に密接な存在にあるものであると言えます。

例えば、子供の頃に絵を書いたり学校で勉強したりするときも、紙は絶対に必要な存在ですよね。

紙がなければノートもできませんし、ノートがなければ必要なことなどを記入したりすることもできません。

さらに、よくよく考えてみれば、私たちが普段用いている紙に関しては、様々なサイズが存在しています。

大きいサイズの紙や小さいサイズの紙など、紙によって大きさなどは異なりますし、どのような場面で用いるのかということでも大きさは別れるようになります。

しかし、数ある紙の大きさの中でも、特に一般的に用いられている紙のサイズとして、b4サイズが挙げられます。

b4サイズの紙は、私たち日本人にとっては非常に慣れ親しまている紙のサイズであり、様々な場面で用いられているといえます。

では、b4サイズの紙はどのくらいの大きさなのかと言われると、具体的に説明することができる人はあまり多くはいないといえます。

ただ、様々な場面で用いられる大きさの紙でもありますので、b4サイズくらいの大きさは把握しておいて損になることはありません。

なので、まずはb4サイズの紙がどれくらいの大きさなのか、具体的にご紹介していきたいと思います。

b4サイズの大きさ!

b4サイズの紙の大きさを考えてみたときに、明確に何センチなのかということがわかる人はあまりいないと思います。

ある程度の大きさで覚えている人が圧倒的に多く、具体的なセンチまでは覚えていないという場合がほとんどだからです。

もちろん日常生活の中で細いセンチ数を聞かれたりすることはあまりないといえます。

しかし、ある程度の大きさなどを理解していたり、具体的な大きさを覚えておかないと、業務などの面で困ってしまう可能性があるかもしれません。

例えば、業務などで一般的にb4サイズで作らなければいけない資料などを別の大きさの紙で作ってしまうと面倒なことになってしまいますよね。

なので、ある程度どのような場面で用いられるのか、そしてどのような大きさなのかということが理解してお区必要性があるのです。

では、b4サイズの紙の大きさはどれくらいなのか、ご紹介していきますのでチェックしてみましょう。

大きさは「257㎜×364㎜」

b4サイズの紙の大きさを考えた時に、該当する大きさとしては「257㎜×364㎜」の大きさであるといえます。

おそらく数字だけを言われてもなかなかパッと想像することは難しいかもしれませんね。

しかしながら私たちの身近にある紙の大きさに関しては、b4サイズで作られているものはかなり多いといえます。

例えば、新聞などを取っている家庭であればある程度馴染みがあるかもしれませんが、新聞の中には折り込みチラシなどが織り込まれていることが多いですよね。

新聞の中に開いている折込チラシを考えてみると、その大きさはb4サイズであることがとても多いです。

なので、私たちの生活の中でもよく見かける大きさであるということはすぐにわかるはずです。

もちろん紙の大きさは様々なものがありますので、それぞれの用途によって分けられていますが、いまだb4サイズのものは非常に多いのが現実です。

b4サイズをよく使う場所は?

b4サイズの紙の大きさについてご紹介していきました。

ある程度b4サイズの紙の大きさについて理解いただけたところで、ここからはb4サイズの紙を使う場所についてご紹介していきたいと思います。

b4サイズの紙は様々な場所で用いられる可能性の高い大きさであると言えます。

しかしながら毎回紙のサイズなどを確認しているという方はあまり多くはいないと思いますので、具体的にどのような場面で用いられるのか理解していない方も多いはずです。

ただ、先ほどもご紹介したように、業務などで使用したりすることも多い紙の大きさなのである程度どのような場面で用いられるのか理解しておく必要性があります。

では具体的にどのような場面で用いられるのかチェックしてきましょう。

資料の郵送


まずはじめにご紹介するb4サイズの大きさの紙が用いられる場所としては「資料の郵送」などの場面が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、今の時代では様々な資料などをインターネット上で取り寄せたりすることが一般的になっているといえます。

そしてその資料などお取り寄せたりする際に送ってもらえる資料の大きさなどがb4サイズで用いられているということになります。

全ての大きさがb4サイズになっているということはありませんが、大体の場合はb4サイズで送付されることが多いといえます。

また先ほどご紹介したように新聞の折り込みチラシなどに関してもb4サイズで送付されているので、郵送する際に適している大きさでであるということが多いです。

なぜかと言うと新聞に関してはb4サイズのちょうど二倍の大きさであるb3の大きさで作成されています。

なので、新聞に折り込むということを考えてみるとちょうど半分の大きさであるほうが都合が良いというメリットもあります。

もしも新聞に折って入れなければいけない場合は、紙を折る手間賃のがかかってしまうので相対的に費用が高くなってしまいます。

なので、一般的にはb4サイズで用いられることなどが多くなるので、結果的にb4サイズが送付される際の大きさとして採用されやすいという結果につながっています。

ファイル

次にご紹介するb4サイズの大きさの紙が用いられる場所としては「ファイル」などの場面が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、先ほどご紹介したように何かしらの資料などを記載する用紙としてb4サイズが多く取り入れられています。

つまり、企業などにおいて資料を作成する際にはb4の用紙が多く用いられるので、結果的にファイルのサイズなどもb4になりやすいということになるからです。

会社員として働いている方に関してはすぐにピンとくると思いますが、当然社会人として働いていると様々な資料などを準備したり作ったりすることが多くなります。

顧客に対して渡さなければいけない資料であったり、社内で何かしらの資料を作ったりすることも当然ありますよね。

その際には先ほどご紹介したように、b4サイズで作られたりすることなどが多くなるので、結果的にファイルもb4を用いなければいけないのです。

もちろん、資料などによっては大きさなどは異なるようになりますので、大きいサイズのものになったりすることもあります。

ただ、一般的にはb4のものが多く使われるということを覚えておきましょう。

バックを購入する時


次にご紹介するb4サイズの大きさが用いられる場所としては「バックを購入する時」などの場面が挙げられます。

日常生活を送る上で絶対に必要不可欠なものがバックだと言えますが、バッグを購入するときもb4の大きさは関係してきます。

どういうことかと言いますと、バッグの大きさなどの中には、b4を基準としているようなバッグなども多く存在しているからです。

例えば通販などでバッグを購入しようと思う際には、当然バッグの大きさなどがいまいち想像しにくかったりすることもあると思います。

想像よりも小さければ使えませんし、あまりにも大きすぎてしまうと持ち運びするのに不便に感じてしまうので適度な大きさのものが求められますよね。

その際に表記されたりする際にはb4サイズのものが収納可能かどうかという表記があるかどうかということです。

もしもb4サイズの収納がか可能であると記載されているのであれば、b4サイズの用紙を収めたファイルなどがきっちりと入る大きさであるということになります。

これでバッグの大きさなどをある程度想像することもできますし、資料などを持ち運んだりするのに適しているかどうかということも一目で確認することができます。

なのでバッグを購入する時にはb4サイズの大きさが用いられる場面であると考えることができます。

これからバッグを購入しようと思っている方で大きさや寸法などがよくわからないと感じている方は、b4などの表記をしっかりと確認してみてください。

b4サイズに関する豆知識

ここまではb4サイズの表記を用いる場所について詳しくご紹介していきました。

ある程度どのような場面でb4サイズの大きさを用いるのかという言葉をお分かりいただけたところで、ここからはb4サイズに関する豆知識をご紹介していきます。

ある程度紙の大きさに関する豆知識を理解しておく事によって、様々な場面において役に立つ可能性があります。

例えば、資料作成するときにどのようなサイズのものがどのような表記になるのかということを理解することにもつながります。

また、紙の大きさに対する考え方を養う上で非常に重要であるともいえますので、この機会にb4の大きさに関する豆知識をチェックしましょう。

a版は世界共通

まずはじめにご紹介する紙に関する豆知識を一つとして「a版は世界共通」であるということが挙げられます。

そもそも紙の大きさについて考えた時にaから始まるものとbから始まるものに分けることができるといえます。

例えば、これまでご紹介してきたb4のものは頭にbがついているので、b版として表記することができます。

そして、紙の大きさにはaから始まるものなども多く存在しており、それらのものはa版の用紙であるといえます。

私たちにとって考えてみるとbから始まるものも非常に慣れ親しまれていますので、世界的にみるとa版は共通の認識のものであるということが知られています。

つまり、世界的に考えてa版の紙の大きさは共通した認識のもと使用されているということになります。

などでアメリカに行ってもa版の用紙を同じような認識を持っているということになります。

もともとa版は19世紀末にドイツの物理学してあるオズワルドによって提案された規格として知られています。

これに関しては面積が1平方メートルのルート長方形をa0として作られており、そこから決まった形のものがいくつかに分かれているということになります。

実際に紙の寸法などを考えてみればわかりやすいのですが、a〇の用紙の大きさは「1:√2」で表記されています。

なので、どんどん大きさが半分になっていくような形になっており、その大きさは同じ形なので美しいということが大きなメリットとして掲げられています。

古来より美しい形として好まれていたことが今現在でもa版が使われており、なおかつ世界共通で用いられている所以にになっているといえます。

b版サイズは国内共通

次にご紹介する紙に関する豆知識を一つとして「b版サイズは国内共通」であるということが挙げられます。

先ほどご紹介したa版サイズに関しては、世界で共通されている認識であるとご紹介しました。

それに対してb版サイズは日本国内で共通した認識を持たれているサイズであると考えることができます。

知らない人からするとビックリするかもしれませんが、外国の人からしてみるとb版サイズは一般的ではないということになります。

しかしながら私たち日本人からしてみるとなれ親しまれているサイズであり、今でも様々な場面で用いられている紙の大きさと考えることができます。

具体的にどのような違いがあるのかと言うと、b0サイズで考えてみるとb版サイズの方が大きさとしては若干大きいということがわかります。

違いとしてはそれぐらいで特に大幅な対比の違いは存在しておらず、同じ比率である「1:√2」で作られています。

なので、単純に大きさが若干大きいという違いが存在してるということを理解しておけば問題はありません。

元々作られた由来としては、日本では紙は美濃紙と呼ばれる紙が多く普及されており、これをもとにして面積が1.5平方メートルのもので作られていました。

なので、もともとの平方メートルの大きさの違いなどによって全体的な紙の大きさなども比例して変化しているということになります。

ただ、考え方としてはa版サイズとほぼ同じ考え方になりますので半分にしても同じ形であり綺麗な長方形になるので美しい形の紙として古来から用いられていました。

しかしながら外国では通用しない規格になりますので、その点は事前に理解しておきましょう。