「仕事でストレスが溜まる」

「人間関係で疲れてしまった」

「公私ともに忙し過ぎて余裕がない」

そんな悩みを抱える人は多いでしょう。

誰でも悩みを抱えている時や気持ちに余裕がない時には、一度ゆっくりとリラックスをする時間が必要です。

リラックスをすることで気持ちに余裕が生まれますし、体調も良くなります。

リラックスをするためにはさまざまな方法がありますので、今回はその中でもおすすめのリラックス方法をご紹介します。

日々の生活に疲れてしまった人は、この機会にリラックスをして一息入れましょう!

日々生活しているとストレスが溜まる

日々生活していて、まったく何のストレスも溜まらないという人はいないでしょう。

ストレスは自分らしく振舞っていれば感じることは少ないですが、社会の中で生活している以上、常に自分の思うままに振舞えることはありません。

信号が赤になれば止まらなければなりませんし、集団の中にいる時には協調性も求められます。

他人を気遣ったり、社会のルールを守って生活したりしていれば、誰でも少なからずストレスは溜まるものです。

ましてや仕事や人間関係はストレスが溜まりやすく、毎日のようにストレスで落ち込んだり、イライラしたりする人もいるでしょう。

体に溜まったストレスは、定期的に発散させなければどんどん心身に悪影響を及ぼしてしまいます。

だからこそ誰もが休日にはどこかへ出かけたり、旅行に行ったり、友人や恋人と楽しい時間を過ごしたりして、自分なりのストレス発散をしています。

ストレスは心身がリラックスしている状態で発散させやすいため、まずはリラックス出来る環境に自分を置くことが大切です。

ではどのようにして心身をリラックスさせればいいのでしょうか?

これからその方法をご紹介していきます。

簡単にできるリラックス方法16選

心身をリラックスさせるには、何も特別なことをする必要はありません。

わざわざ遠出をして温泉に浸かりに行ったり、マイナスイオンの出ている滝のところまで出かけたりしなくても、家にいても簡単に自分をリラックスさせることは出来ます。

自分でその方法を知っている人は、わざわざ調べるまでもなく、日頃から自分にとって最も効果的なリラックス方法を行っているでしょう。

しかしその方法を知らない人は、どうすれば自分がリラックス出来るか分からないと思います。

そんな人のために、以下に試して欲しいリラックス方法をご紹介していきます。

ぜひ試してみて、自分に合うリラックス方法を探していきましょう。

1.アロマの香りを嗅ぐ


アロマの香りは心を落ち着けてくれます。

イライラしてささくれ立った心を鎮めて、気持ちをリラックスさせてくれますので、ストレスを感じた時にはアロマの香りを嗅ぐのがおすすめです。

どんな香りが自分に合うのかは、実際に試して自分で見つけていきましょう。

専門店や大型のデパートなどに入っているお店で探すことが出来ます。

就寝前に嗅いで心を落ち着けて、そのまま安らかな眠りに落ちるのも良いでしょう。

また、香り袋のようなものを用意しておき、気持ちを落ち着けたい時にその香りを嗅ぐのもおすすめです。

2.深呼吸をする

ただの深呼吸でリラックス出来るわけないと思っている人は、実際に深呼吸を何度か繰り返してみて下さい。

深く息を吸って、全身の息をすべて出し切って、ゆっくりと深呼吸を何度か繰り返せば、不思議なことに頭はスッキリとして、気分が少し変化することでしょう。

頭がスッキリとする感覚は、脳にまで酸素がしっかりと行き渡っているのを感じるからです。

それだけでなく、全身の指先や足先まで酸素や血液がまんべんなくしっかりと行き渡りますので、体にかかっていた余計な力が抜けて、心身がリラックス出来ます。

よく「緊張した時や気持ちが焦る時には深呼吸をしなさい」と言われますが、深呼吸をすることで全身の力を抜き、気持ちを落ち着けることが出来るからそう言われているのです。

深呼吸はどこにいても直ぐに出来ます。

座った姿勢でも立った姿勢でも出来ますし、両手を少し広げられる範囲さえあれば、場所も問いません。

いつでもどこでも、一人だけで何も要らずに手軽にやれますので、まずは深呼吸で気持ちを落ち着けて、リラックスする方法を試してみてください。

溜息でもOK

大きく深呼吸をすることでリラックス効果が得られますが、仕事中や周りに人がいる時にいちいち深呼吸をしていると目立ってしまいますし、やりにくい時もありますよね。

そんな時には、深呼吸ではなく溜息をするだけでもOKです。

「溜息をつくと幸せが逃げる」なんて言われることもありますが、それはあくまでも見ている側が溜息をついている人に対してそう感じるだけであって、実際に幸せが逃げるとは限らないでしょう。

それどころか、溜息は体の中にストレスやもやもやが溜まっている状態ですので、それを外に逃がしてあげなければ、ますます気持ちは落ち込みやすくなってしまいます。

ストレスも溜まって幸せは遠のいてしまうでしょう。

ストレスを発散させたいのなら、体内の溜まったストレスを息と一緒に吐き出す必要がありますので、小さくでも良いので小まめに溜息を零しましょう。

何かの動作の拍子に溜息を零せば周りからも自然に見えます。

小まめに溜息をつくことで、少しずつ体内のストレスを外に吐き出すことが出来ます。

ストレスが溜まっている時には、むしろ体内に溜まった息を吐き出すことが大切です。

3.全身の力を抜く

脱力している時には、自然と気も抜けますのでリラックスしやすくなります。

深呼吸や一度伸びをした後で、ゆっくりと全身の力を抜きましょう。

脱力している時には思考もあまり働きませんので、嫌でもあれこれと考えずに済みます。

全身の力を抜いたらそのまま暫くの間だらけて過ごしましょう。

そうすることで少なからずリラックスした状態になることが出来ます。

もしも全身の力を抜くのが上手く出来ないという人は、お風呂に浸かったり、マッサージを受けていたりする時に、脱力する感覚を覚えておきましょう。

それを普段でもやれるようになれば、これまでよりもいくらかリラックスすることが出来るようになります。

とはいえ、脱力しているさまは周りから見た時にはだらしない印象に映ってしまいますので、あまり仕事中や人目につく場所では控えた方が良いかもしれませんね。

会社でも休憩中であれば誰もおかしくは思わないでしょうが、仕事中にリラックスするためとは言えやってしまうと、「サボっている」と誤解されてしまうかもしれませんので気をつけましょう。

4.一点を見つめる

酔った時にはよく遠くの一点を見つめなさいと言われますが、一点を見つめることで実はリラックス効果を得ることが出来ます。

一点をぼーっと見つめていると、「一点を見つめる」ということだけに集中していますので、他のことがあまり考えられなくなります。

どこか一点を見つめているようで、頭であれこれと考え事をしている時には、目を見ればどこか焦点が合っていないでしょう。

それは目の前のものを見ているのではなく、頭の方に意識が集中しているためです。

しかしそれではリラックスすることは出来ませんので、頭を動かすのではなく、「一点を見つめる」ということにひたすら集中します。

そうすることで余計なことを考えずに済みますので、その分リラックスしやすくなるでしょう。

無害の物や壁を見つめる

一点を見つめる時には、出来るだけ無害のものや何もない壁を見つめるようにしましょう。

例えば忙しなく動き回っている人や動物などを見ていると、その分視線も動いて集中出来ません。

またその動きに対して「何やっているんだろう?」や「あれはちょっと変だな」など頭であれこれと考えごとをしてしまいます。

また、壁を見つめる時にも、壁に何かの絵や写真が飾ってあると、それに対する意見や考えが脳裏に浮かんでしまいます。

無害なものや何もない壁を一点集中して見つめるようにしましょう。

5.ハンドマッサージをする

手には足と同じように、たくさんのツボが存在しています。

そのためリラックスしたい時にはハンドマッサージをすることで、いくらか気持ちをリラックスさせることが出来ます。

どこにどのツボがあるのかを調べた上でハンドマッサージをするのも良いですが、何も調べずに適当にぐにぐにと手を揉みほぐすだけでも、不思議と少しは心身が楽になります。

マッサージは頭や肩、背中や足など、どこを揉みほぐしても心地よく、気分がスッキリとしてリラックス出来ます。

毎回のようにマッサージ屋に行く暇やお金がなくても、手や足などは自分でも時間がある時にマッサージ出来ます。

しっかり揉みほぐして心身をリラックスさせましょう。

自分でやっても良いですし、友人や恋人など、人にやってもらうのもとても気持ち良いでしょう。

6.親指を吸う

赤ちゃんは自分の親指を吸うことで、気持ちに安心感を得ています。

おしゃぶりを付けているのも、おっぱいの代わりというだけでなく、それで安心感を得ているという心理的な部分が大きいでしょう。

大人になってからは親指を吸う癖はほとんどなくなりますが、人によってはいつまでも親指を吸う癖が抜けなかったり、ストレスが溜まった時にこっそりと親指を吸ったりすることがあります。

親指を吸うことで気持ちに安心感を得るのは赤ちゃんだけでなく、大人になってからも一定の効果があるとされています。

そのためストレスが溜まった時やリラックスしたい時には、そっと親指を吸ってみてください。

それで気持ちが落ち着けば、リラックス効果があるということですので、親指を吸う行為は効果的な行為であると言えるでしょう。

ただし大人になってからも親指を吸う姿というのは、見た人が引いてしまったり、誤解を与えてしまったりしますので、誰も見ていない時にこっそりと吸うようにしましょう。

冷たい空気を親指にかけるだけでも

周りに人がいる時には、とてもではありませんが親指を吸うことは出来ませんよね。

しかし、ストレスが溜まって仕方がなかったり、今すぐリラックスしたかったりする時もあります。

そんな時には親指を吸うまではいかずとも、親指に冷たい空気を吹きかけてみて下さい。

それだけでも多少は気持ちをリラックスさせることが出来ます。

親指に通っている脈に冷たい息を吹きかけることで、その脈の動きが少し遅くなります。

それによってイライラやストレスが収まりやすくなると言われています。

直接自分の息を吹きかけても良いですし、うちわのようなもので仰いで風を送っても良いでしょう。

自由なやり方で親指に息を吹きかけて、リラックス効果を実感してみてください。

7.額に手を当てて目を閉じる

イライラした時やストレスを感じた時には、額に手を当てて目を閉じると良いとされています。

その理由は、手が額に触れることで血流が増加して、脳の前頭葉の働きが活性化しますので、それによりストレスが軽減されると言われているからです。

確かに額に手を乗せると、じんわりと熱を帯びて心地よく、何となく気持ちが落ち着くような気がしますよね。

また血流に関係なく、額に適度な温かい重みを感じることでも、気持ちが落ち着いてリラックス出来ることが多いです。

出来れば顔を上向きにして、手のひら全体で額を覆うようにして優しく額を包んであげましょう。

そうすることで、少しはリラックス効果を得ることが出来るでしょう。

周りがうるさくても自分の世界に入れるという人は、場所に関係なくこの方法でリラックスすることが出来ますが、静かな空間でないとリラックス出来ないという人は、一人になった時にこの方法を試してみて下さい。

8.音楽を聴く


音楽を聴くことでも、リラックス効果を得ることが出来ます。

音楽が人に与える影響はとても大きいため、暗い曲を聴けば自然と気持ちが落ち込んでしまいやすいです。

一方で明るく元気な曲を聴けば、自らのテンションをあげることも出来ます。

学校などでも、例えば給食や掃除の時間にはクラシックや落ち着いた雰囲気の曲を流すことが多く、また運動会のような競技の時には激しい曲を流すことで、生徒たちのやる気を促しています。

私たちは普段あまり意識していませんが、それだけ音楽から受ける心理的な影響というのは大きいです。

ストレスが溜まっている時や、リラックスしたい時には、自分の好きな音楽を聴いて気分転換をしたり、落ち着いたテンポの曲を聴いて気持ちを落ち着けましょう。

イヤホンを付けて直接耳に音を流すと、それだけ音楽に集中出来ますので、周りがうるさい環境でもリラックスすることは出来るでしょう。

ゆっくりした曲やクラシック

気持ちをリラックスさせたい時には、ゆっくりした曲やクラシックを聴くのがおすすめです。

クラシックは脳に良い刺激を与え、気持ちを落ち着かせる効果があることが分かっていますので、集中したい時やリラックスしたい時には積極的にクラシックを聴くようにしましょう。

また、バラードやゆっくりしたテンポの曲を聴いてもリラックスすることは出来ます。

ただしバラードには悲しい曲もありますので、リラックスを通り越して気持ちが落ち込んでしまう可能性もありますので、あまり悲しい曲を聴くのは避けましょう。

音楽だけでなく、鳥のさえずりや波の音など、自然のBGMを聴くのも効果的です。

スマホやアイフォンに予め曲を入れておけば、気持ちを落ち着けたい時には直ぐに聴くことが出来ますのでおすすめです。