スペックが高くてお金持ちの男性に愛してもらう。

女性なら誰だってそんな玉の輿にのる夢に憧れるのではないでしょうか?

でも実際そんな理想的な男性に出会えるチャンスなんてなかなかないですし、どうやって知り合ったらいいのかなんて分かりませんよね?

やっぱり自分もそれなりにハイクラスの女性にならなきゃ無理なのかしら……?

いえいえ、そんなことはありません!

実はスペックが高い男性に出会える場所というのは色々ありますし、知り合えるとっておきの方法もあったりするんですよ!

ということで今回は女性の皆さんにそんな玉の輿にのるためのとっておきの戦略を特別に教えてあげたいと思います。

玉の輿に乗れる人とそうでない人の違い

「そもそも玉の輿に乗れる人と自分との違いはなんなんだろう?」そんな風に感じたこともありませんか?

仕事や家柄に恵まれたハイクラスな女性じゃないとダメなのかな?なんて思ったりもしたけど…

でも中には仕事や家柄が自分と変わらないような普通の女性なのに、素敵な男性と巡り会えたという人もいたりしますよね。

実は玉の輿に乗れる女性には本当に意外なある共通する特徴があったんですよ。

マナーや常識が身についているかどうか

仕事や家柄がすごいわけでもないのに、どうして素敵な男性をゲットすることができたのか?

実はそういう女性は皆さん、マナーや常識をしっかり身につけているという共通点があるんです。

男性というのは女性の顔や性格以外に、もう1つマナーや常識がしっかりしている礼儀正しい人かというのを見ていたりします。

例え家柄などが立派でなくても、そういう礼儀正しい女性は上品で美しく見えたりしますからね。

逆にどんなにお金持ちのお嬢様だったとしても、マナーがなっていなければ上品には見えず、男性に幻滅されてしまうというわけなんです。

しかもマナーや常識というのは普通の一般家庭でも教わることができますし、大人になってからでも直すことが十分可能です。

つまりきちんと学んで礼儀正しい女性になれば、誰にでも玉の輿に乗るチャンスは十分あるということなんです。

がっつりと玉の輿を狙っているか狙っていないか

玉の輿に乗る女性なんて欲深くてみっともない、なんて思う人もいるかもしれませんが…

でも現実に玉の輿に乗るためにはそういう野望も必要だったりするんです。

なぜならきちんとした目標を持ってそれに向かう人というのは実際の行動力もすごいから。

そういう人は目標に対してしっかり計画を立てて積極的に行動するから、少しずつ実現に近付いていけるんですね。

反対に「どうせ私なんて無理…」と最初から諦めている人は計画も行動もまったくせず、ただただ玉の輿に憧れているだけではありませんか?

けれども何も行動しなければチャンスなんて1mmもあるはずありませんよね。

そう、例え一見無理そうな目標でもまずはがっつり野望を持って、本当に実現させたい!という強い決意をすることが大事なんです。

実際に狙って動ける力があるか、そこが玉の輿に乗れるか乗れないかの違いでもあるんです。

男性に対する気遣いができているかどうか

男性は色々と気遣いをしてくれる女性にも好感を持つものです。

例えば食事の際に料理を取り分けてくれたり、ちょっと疲れを見せただけで体調を気にしてくれたりと。

そんな些細な気遣いでも男性にとってはとても嬉しかったりするんです。

また特に何かをするわけじゃなくても、会話の途中途中で気遣うような発言ができたり、男性を褒めたり立てたりできるような女性も魅力的に見えるものですね。

とにかく男性は結婚しても自分を気遣って優しくしてくれる奥さんに憧れるので、そんな奥さんになれそうな女性には自然と惹かれてしまうんです。

そして玉の輿に乗れる女性は実際にそういう気遣いがちゃんとできているので、男性の目に留まることができるんですよ。

玉の輿の一般的な定義

「玉の輿に乗る」というのは女性みんなの憧れとしてすっかり知られている言葉ではありますが、ではそもそも玉の輿の一般的な定義とは一体なんなんでしょうか?

どうして素敵な男性をゲットすることが「玉の輿に乗る」という言葉になったんでしょう?

その意味や語源についてご紹介していきたいと思います。

意味

「玉の輿」というのは皆さんもうご存知のとおり、女性がお金持ちの男性と結婚して自分も裕福な立場になることを指します。

逆に男性がお金持ちの女性と結婚することは俗に「逆玉」なんて言われたりもしていますね。

語源

「玉」は美しいものを総称する言葉で昔は宝石を意味していて、「輿」は貴人を乗せて運ぶ乗り物を意味する言葉でもありました。

つまり「玉の輿」とは貴人の乗る美しい立派な輿という意味があり、

女性がそんな立派な輿に乗れるくらい裕福な立場になるという様子から、「玉の輿に乗る」という言葉が生まれたんです。

お玉説

また「玉の輿」という言葉は、徳川綱吉の生母・桂昌院の名である「お玉」からきているという説もあります。

お玉は元は京都の西陣の身分の低い八百屋の娘として生まれましたが、

三代将軍徳川家光に見初められたことで大奥に入り、そして家光の側室となり、五代将軍となる綱吉も出産しました。

さらに綱吉が将軍になった後は女性としては最高位である官位、従一位にもなりました。

このお玉の将軍の嫁・母になるまで登りつめた様子が玉の輿の語源になったと考えられているんです。

また別の説では、お玉が江戸まで輿に乗って嫁いだことから玉の輿ということわざが生まれ、そこから由来されたとも考えられています。

玉の輿の条件

お金持ちの男性と結婚する、これが玉の輿に乗るということになりますが、では女性にとって玉の輿の詳しい条件とはなんなんでしょうか?

女性にとってどんな男性と結婚することが真の玉の輿になるのでしょうか?

玉の輿の条件年収は「3000万円以上」

ある調査で女性の皆さんに「玉の輿と聞いてイメージする年収とは?」という質問をしたところ、最も多かった答えが「年収3000万以上」という意見でした。

年収3000万以上というのは月収にすると250万以上になるので、かなり裕福なレベルになりますね。

ただ2015年の民間給与実態調査によると、年収2500万を超えている人は全体の0.2%だけという結果が出ているので、

実際に3000万以上の年収の人と出会い結婚するというのはかなり厳しいと言えるでしょう。

ちなみに調査の答えで次に多かったのが「年収2000万以上」、その次が「年収1000万以上」という意見でした。

3000万に比べるとかなり裕福度は下がってしまいますが、現実的に出会える可能性が高いとしたらやはり年収1000万以上の男性になるのでしょうね。

社長、もしくは会長

女性に「玉の輿に乗るための理想的な職業は?」と聞くと、やはり社長という意見が多く聞かれますね。

ただし皆さん漠然と社長という意見を持っているだけで、どんな会社の社長が良いか、など細かいところまでは実際に考えていないようです。

正直、年収の良い社長ならどんな職種でも良いという意見なんでしょうね。

また中には会長という意見もありましたが、会長とは一般的に社長を退いた後の名誉職になります。

なので相当年上の方や年配の方が多くなってくるでしょう。

年齢を気にしないという方や年上の方でも構わないという人なら良いかもしれませんが、

現実的に考えるとやはり社長の方が年齢も若いですし、結婚相手としては理想的なのかもしれませんね。

安定するなら医者

玉の輿に乗るための理想の職業として社長と答える女性が多いとお話しましたが、で

も実際どこかの会社の社長と出会うチャンスなんて滅多にないですし、出会えたとしても結婚できるかどうかなんて分かりませんよね。

そこでもっと現実的に出会える相手として、「医者」も多くの女性から人気を集めています。

調査によっては社長よりも医者の方が人気という結果が出ているものもあったりするほどです。

確かに医者も相当安定した職業ですし、社長などに比べるとかなり出会えるチャンスが多いですからね。

病院の近くの飲食店などにいることも多いですし、趣味や習い事の場で出会えることだってあります。

医者は年収も1000万以上という人が多かったりしますし、まさに理想的な職業と言えますね。

玉の輿でイメージする職業ランキングTOP3

玉の輿の条件の項目で理想の職業の話も出てきましたが、もっと詳しく見てみましょう。

果たしてランキングで見てみた時TOP3に入る職業とはどんなものになるのでしょうか?人気の医者や社長などは何位に入っているのでしょう?

1位:医者

やはり安定の職業である医者は1番人気となっているようです。

先程もお話しましたが、現実的に出会えるチャンスも多いですし、平均年収も1000万以上とかなり裕福と言えますからね。

ちなみに開業医になって病院経営が軌道に乗れば、年商2000~3000万稼げることもあるようです。

ただ病院の設備というのは何かとお金がかかるので、実際手元に残るのは半分くらいになってしまうようですが、

それでも市中病院などに勤務している医者に比べたらすごい稼ぎになるでしょう。

もちろんその分忙しい仕事ではありますし妻として支えるのも色々大変かもしれませんが、人を救う仕事をしている夫というのは大変な誇りにもなります。

また家族の中に医者がいるというのは将来自分や子供に何かあった時にも安心ですし、とても心強くなりますよね。

2位:経営者

ここで言う経営者とは要するに社長や会長といった職業になります。

やはり会社経営者というのは稼ぎが大変良いですから、玉の輿を夢見る女性にとっては憧れの職業なんですね。

ただし憧れはあくまで憧れで、現実に社長と結婚なんていうのは不可能そうに思えます。

だからランキングでも2位という結果になっているのでしょう。

先程も説明しましたが、実際経営者と出会えるチャンスというのはなかなかないものですし、どこかの大きな会社の跡継ぎなどになると出会える場は余計に限られてきますし。

もし出会えたとしてもハードルはかなり高いし、結婚まで行きつくのもとても難しそうですからね。

だったらもっとリアルに出会えて結婚できそうな医者などが良いと女性の皆さんは考えるのではないでしょうか。

3位:弁護士

弁護士、これも医者と並んで年収が高く昔から女性に人気の高い職業となっています。

平均年収も医者と同じ1000万以上。

ステータスも高いし、頭も良い。

職業柄「真面目」「女遊びをしなそう」という誠実なイメージを持つことができますし、何より人を守る仕事をしているというところに女性はグッときてしまいます。

ただ弁護士も実は出会える機会がそうそうなかったりするんですよね。

弁護士って本当にかなり忙しい仕事らしいので、お店などで出会えるチャンスというのも少ないですし、婚活パーティーなどに出席する人もあまりいないんだそうです。

実際弁護士と結婚した人というのも学生時代からの知り合いだったり、職場で出会った人というのが多いみたいですね。

なので弁護士と結婚して玉の輿を狙いたいという場合は、完全プライベートの場ではなく、弁護士が仕事で集まるような場所を狙った方が確実なのかもしれません。

玉の輿の人に出会える場所

ここまで玉の輿の条件や理想の職業などについてお話してきましたが、ではそんな玉の輿に乗れそうな理想的な相手にはどこで出会えるんでしょうか?

出会える可能性のある様々な場所についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

高級パブ

ドラマや映画などを見てみると、お金持ちの男性というのはやはり高級パブにいるイメージが強くありませんか?実際高級パブにはいろんな男性が集まってきます。

プライベートはもちろん仕事の接待などで利用することも多いですからね。

ただし出会い目的なら仕事帰りに1人で飲みに行く男性が多い、平日の夕方や夜あたりを狙ってみましょう。

場所もオフィス街の近くなど、仕事帰りに立ち寄りやすそうなところに行ってみるのがオススメですよ。

もしも女性1人で入りにくいという場合はまず最初に友人などを連れて行って、徐々に慣れていってみてはいかがでしょうか?

何回か通って顔を覚えてもらえば、1人でも気軽に入れるようになりますよ。

ゴルフクラブ

ゴルフクラブも接待に使ったり取引の場にしたりと、ビジネスマン達が集まる格好の場と言えるでしょう。

また最近ゴルフは人気のスポーツでもあるので、休みの日にも多くの男性が遊びにやってきたりしていますよ。

しかもゴルフはお金がかかるスポーツなので、良い職業に就いている人や金銭的に余裕がある人も多いはずです。

なのでゴルフを趣味にして通えば、玉の輿に乗れるような素敵な男性と巡り会えるかもしれませんね。

ただまったく下手な状態でいきなり行くと一緒にホールを回るということもできないので、未経験者の人は打ちっぱなしにいくなどして少し練習してから行くと良いかも。

共通の話題も増えるので、ゴルフの知識などもある程度勉強しておくと良いかもしれませんね。

オークション会場

本格的なオークション会場にはアート作品やアンティークの物がたくさん出品されるので、リッチな男性たちもたくさん集まってきます。