血液型のO型は日本ではA型に次いで多いです。

O型男性と聞くとなんとなく男っぽい感じを受けませんか?実際はどうなのでしょうか。

O型男性の性格や恋愛の特徴を細かく書いてみたいなと思うのですが、

その根底に流れるものというのは、O型というのは食べる、寝る、や安全の確保や人に認められたい、自分の能力を発揮したいなど、

人間が本来持っている欲求を他のどの血液型の人よりも多く持っているといえるということです。

もしかしたら他の血液型のひとも同じくらいの欲求を持ってはいてもそれを表現したり求めたりすることを抑え隠しているのかもしれません。

O型はそれを表現することを恥ずかしがらないのかなとも思います。

ひと言でいうと単純明快な人柄ですね。

人間らしいのです。

それがよくわかる例といえば、日本人はA型が4割と一番多く、アメリカ人はO型が一番多いという事だと思います。

O型男性の基本的な性格

O型男性の基本的な性格を書いてみます。

おおまかなイメージを単語に表すと、親分、単純、情熱、現実、ロマン・・・・・かな。

血液型で人間の性格なんてわからないという人もいますが、確かに科学的根拠に乏しいかもしれませんが、

そこには血液型によるカラーがはっきりと見て取れると思いませんか?

自信家

O型男性はとにかく自信家です。

自分の意見や目標をしっかりともっています。

もし今現在確固たる目標がなかったとしてもなんとか探し出し自覚したいと望んでいるようですね。

自分の能力に自信があり、よい結果を得るために自分なりの努力もできるし前進していこうという前向きさがあります。

いきあたりばったりなところもあり、危なっかしいところもありますが上手く乗り切っていく生命力のようなものがあります。

ガッツという言葉が似合いますね。

ただ自分の能力を過信するあまり知らず知らずのうちに人に厳しくなる部分があり、まわりがついていけないなんてことになる場合があるので注意が必要です。

そのくせ自分には甘いとこともあったりします。

人は人、それぞれのペースや生き方があるということを忘れないようにしたいですね。

負けず嫌い

自信家なだけあって負けず嫌いです。

勝ち負けにとてもこだわります。

えっ?!そんなところでも勝とうとする?と思うようなところでもです。

経過より結果重視といえます。

とにかく人に負けることが大嫌いです。

色んな手をつかってでも勝とうとするでしょう。

その気持ちは自分自身にも向かうので、よりよい自分に挑戦するといった向上心があります。

そういうところは自分の目標が決まりさえすれば大きな強みになるでしょう。

最後までやり遂げようと努力ができます。

ただ、自信家で負けず嫌いの人がどうしても勝てないシチュエーションに出くわした場合の落ち込み具合は相当なものです。

それでもなんとか立ち直り、そういったことを繰り返しながら勝ち負けから卒業していくのかもしれませんね。

親分肌

O型の男性は基本的に陽気で人間好きです。

人生を楽しみたいという欲求が強いので人間関係も大切にします。

困っている人や弱いものを放っておけない面倒見の良さがあり親分肌ですから人もO型男性のところに自然と集まってくることでしょう。

そして、俺に任せておけ!という感じです。

ただし自分の弱みは人に見られるのを嫌うので、やせ我慢をすることが多く、でも人間味があるのでそのやせ我慢がチラッチラと見え隠れするところもご愛嬌ですね。

人によって傾向は違いますが、独立心がとても旺盛であるにも関わらず、

ある人は社会と、ある人は家族と、またある人は友人と、など自分の居心地のよい場所や人との強いつながりを持つことが多いです。

O型男性はグループの中心的存在、ムードメーカーになることが多いですが、それもこれも親分肌なので、集まってきた人を大切にするからなのです。

おおざっぱ

O型といえばおおざっぱといわれがちです。

たとえオフィスで机の上がきれいに片付いている人対しては、「 あなたA型? 」なんて聞いたり、

反対にあまりきれいでなかったり、物を乱雑に扱う人には「 あなたB型かO型? 」なんていう会話が出たりしますが、

ほんとうは几帳面とかきれい好きなどということはもう少し微妙な問題なのですが・・・・でもO型は基本、性格自体がおおざっぱです。

おおざっぱといってもどの分野でおおざっぱなのかは、人によって多少違いがあるようです。

几帳面かどうかではなく、生き方そのものに細かいところのないおおざっぱであったり、考え方がおおざっぱであったり、または両方であったりします。

なるようになる式に生きているため細かいことにこだわることをしないのでしょうか?

おおらか

おおざっぱというと聞こえが悪いですがおおらかといえばほめ言葉ですね。

O型男性はコセコセしたことが好きではなく性格がおおらかです。

人間関係もきびしいことや重苦しい状況を避けて楽しみたいという思いが強いようですね。

細かいことを処理することはあまり得意ではないので、苦手分野はできる人にまかせておきましょう。

O型男性のまわりにはどこかおおらかでホッとする空気がただよいます。

ムードメーカーのような存在になる人がとても多いのはこのおおらかさのせいだと思います。

面倒見がいい

親分肌なので周りの人、親しい人の面倒見がよいです。

私の周りのO型男性Aさんの例をご紹介します。

ある人、仮にCさんが交通事故を起こしました。

事故といっても車の後部をこすった程度の軽いものだったのですが、

そのときAさんの友人のBさんの夫がたまたま自動車修理の仕事に携わっていたのでBさんに修理の仲介をお願いすることになりました。

それとは別にいろいろな業務連絡などBさん夫妻にお願いすることもあり、

またBさんの夫は知り合いのためと思い金額を安くしてもらう交渉などにも立ち合ってくれることになたのですが、

妻であるBさんが自分の夫が人の世話に奔走するのをみて気分を害しはじめたのです。

その一連の様子を見ていたO型Aさんは、どうして気分を害するのかわからない。

人のためになることをしている夫のことをどうして認めないのか理解できないといって首をかしげていました。

見返りを求めずに、困っている人の面倒をみるということはO型男性にとってはあたりまえのことなのです。

常に全力

小細工や手加減は苦手です。

本人は小細工や手加減をしているつもりなのかもしれませんが、周りにはミエミエなこともあります。

常に全力ということのほうが性に合っているのです。

ときとしてまわりから眉をひそめられるような猪突猛進てきなときもあるでしょうがどこか憎めない人です。

単純といえば単純です。

やや自己中心的

自分のすることに自信があって常に全力投球ということは自己中心的ともいえますね。

自分中心に回らないと気に入らないタイプです。

だからといって自分が目立つことだけを望んでいるというのでもないのです。

自分の欲求と違うことで世界や周囲が回っていくということに耐えられないという意味の自己中心的です。

ガッツはあるのですが、自分がこだわっている部分にをいて妥協するのを嫌うためわがままととられることもあるでしょうね。

守りたいものを守ろうとする

親分肌で面倒見がいいというのは言葉をかえれば守りたいものを守ろうとする保護本能が強いということですね。

家庭、職場、グループなどひとたび自分のテリトリーに入る人物だと認識したら全力で守ろうとします。

自己中心的という性格は自分のテリトリー内全体に対しても適用されます。

自分が大切にしている個人、組織そのもの中心に考えたり行動したりして、それらが侵害されそうになると全力で防御、攻撃しようとさえします。

それが悪い方へ出れば、いわゆる身びいき、エコひいきなどをあたりまえにしてしまって、公平性を欠いてしまいそれがもとのトラブルも発生するということも考えられます。

特に自分を慕ってくる人や弱いものを守ろうという気持ちが強いようです。

最も男らしい

単純明快、自己中心的、親分肌で守る意識も強いO型男性は他のどの血液型の男性より男らしい性格だといえます。

女性にとっても頼りになるけれど愛嬌もあって魅力的な男性です。

ここに書いているO型の性格や気質というのはどれもこれも主語を「 男性は~~ 」としても通用するようなことが多いですよね。

いい意味でも男らしいですが、男性の欠点といわれている部分も多く持っているともいえます。

でもどんな良いことでも裏を返せば欠点であったりマイナスに転じることがあるものですから、O型男性に欠点が多いということではないのですが。

何事にも一途

自分が決めた目標や標的を一途に追い求めるタイプです。

たとえば日々の生活の中でも、自分のパターンを一途に守るというように、小さなことでさえ一途さが見てとれるでしょう。

要領がよくないということの裏返しともいえますね。

他にあれこれ考えられないのかもしれませんね。

もちろん目的や標的が人間である場合もあるし、仕事という場合もあります。

あるO型男性は自分が20代のときからの行きつけの飲み屋さんに40年通い続けているといいます。

その飲み屋さんでの飲み会も2週間に1度、40年続いているそうで周囲の人はよく飽きもせずとからかいますが、気に入ればお店でも習慣でも一途です。

喜怒哀楽が激しい

感情的というのとは少し違うのですが喜怒哀楽が激しいです。

自分の欲求に素直なので、自分の中から出てきた気持ちにも素直に表現するだけなのだろうなと思います。

今日怒っていたかと思ったら明日にはもう機嫌を直して笑っていたり、とにかく単純です。

ちょっとしたことで怒るけれどもちょっとしたことで笑いもします。

男性でも涙もろい人が多いです。

ちょっと困るのは人の好き嫌いも激しいところがあるところですね。

O型男性が泣いたり怒ったりしても周りはあまり気にしなくても大丈夫でしょう。

ほっておけばいいのです。

O型男性の恋愛傾向

そんな愛すべき資質を持ったO型男性の恋愛傾向はどういったものでしょうか?

相手に対しても一途

気にいったお店や習慣にでさえ一途なのですから相手の女性にも一途です。

とくに自分のものにするまではまるで獲物をねらう獣のようなところがあります。

単純明快に近寄ってきてあれやこれや気を引こうとしますし、

自分のそういう姿を相手の女性や周囲の人にどう思われるだろうなどという気遣いもせず想いを遂げようとがんばります。

そんな男らしい姿に女性も感激してO型男性に気持ちを許すことも多いでしょう。

「女性を守りたい」という欲求がある

自分より弱いものを守りたいという保護本能に長けているO型男性は女性を守りたいという気持ちを本能的に持っています。

自分は男だ!という自覚と、恋愛においては女性を守るということを前提で進んで行くのでとても頼りになりますし安心できるでしょう。

自分は守られている愛されているという気持ちを持てるということは女性も女性性を発揮しやすいですね。

彼女には甘えん坊

ところがどっこい、2人きりになったとたんとても甘えん坊になったりします。

どんなに強い人間でも誰かにすがりたい甘えたいという欲求は本来持っているものです。

O型男性は基本は弱いものを守りたいという性格が強いので社会的にはそちらが前面に出ていますが、愛する人には正直に甘えん坊の態度を出します。

男性は本来甘えん坊ですが、男らしいO型男性はなおのこと甘えん坊気質を強く持っているのです。

でも2人きりになったとたんに甘えん坊になる男性ってほんとうに女性から見ればかわいいです。

普段は強い男性が自分にだけは弱みを見せてくれるなんて女性冥利に尽きると思いませんか?

嫉妬心が強い

甘えん坊気質に通じるかもしれませんが、嫉妬心が強いです。

自分の欲求に素直で自己中心的なので自分以外のものに目を向けていると感じることに耐えられません。

自分の好きな人には自分だけを見ていてほしいという独占欲がとても強く、まるで母親の愛情を独り占めしたいこどものように駄々をこねるようなところがあります。

人は自分がすることというのは基本的に自分がされたいことだということが多いそうです。

O型男性がとても保護本能がつよくて守りたいものを守ろうとする性格だということは自分も守ってほしいという欲求もとても強くもっているということなのでしょうね。

フレンドリーな性格に似合わず、自分のテリトリーを侵害されるとことを嫌うので彼氏や夫という自分の立場を侵害されると猛然と攻撃するでしょう。

甘えん坊で後悔することも

甘えん坊で後悔することもあるようです。

自分の気持ちに素直になり過ぎてわがままが過ぎたり、自分の言うことをなんでも聞いてもらわなくては機嫌が悪くなるので周りに気をつかわせてしまうということもあります。

子供のような感情表現をしてしまいひんしゅくを買うこともあるようです。

最初はたしかに周りも気をつかってくれるかもしれませんがそのうち疲れてくるということにもなりかねないので注意が必要ですね。

ストレートな愛情表現


O型男性はストレートな愛情表現をします。

本人にも周囲にもまるわかり。

自分がアプローチしていることを周囲には悟られないようになんてこともしたくてもできないタイプです。

相手に少々嫌がられても気づかず、それでも気にせず気持ちを言葉に態度に表します。

これっと思った女性へは一直線です。

様子を見るとか躊躇するということもなくガンガン行きたいのがO型男性です。

それもストレートな表現で、へんな小細工などしないです。

たとえ小細工をしようとしても不器用なところがあるので失敗するかもしれませんね。

まあ、失敗してもめげることなくチャレンジするので心配はいらないのですが。

とにかくかっこつけない人なのですね。

恋愛に関してはとっても頼もしい

恋愛に関してはとっても頼もしい男性です。

こちらが愛情を示せば応えようと努力してくれますし、自分の方からも出し惜しみせず表現してくれます。

弱い者の味方であるO型男性は愛する女性を守ることに使命を持っているので自分は守られている~~と思えて一緒にいる女性は安心できますね。

O型男性攻略法は女性としてのかわいらしさを隠すことなく甘えてみるということですね。

甘えるといってもあくまで人間としてしっかりと生きていける強さや大人としてのわきまえを持たなくてはいけませんが。

冷めた一面も持っている

ただ、冷めた一面も持っています。

自分のテリトリーを侵害するものに対しては拒絶と攻撃をするO型ですが、

自分のテリトリーがひとたび脅かされる存在だと思う相手に対してはとても冷淡に接したりします。

それと、以前は自分のテリトリー内の人間であったのにそうでなくなると思った場合も冷ややかに離れていくでしょう。

損得勘定に長けているのでビジネスライクも得意なO型男性はエコひいきというのが基本姿勢にあります。

気にいった人にはとても熱くて親切にも関わらず、そうでない人には極端に冷淡になったりできるのです。

また最初から興味のない分野や人には、とても冷ややかに見る目を持っています。

だれにでも優しいとかだれにでも親切な人ではないのです。

だからこそ信頼できるという面もあるのではないでしょうか?

O型には現実性とロマンという相反する匂いがするのですが、男気のある情熱がほとばしるような半面、冷徹さやクールさも持っているかなと思います。

自分に冷たい女性にはとたんに冷たくあしらったり、飽きてしまうととたんに冷たくあしらったりする男性もいます。

基本は熱しやすく冷めやすいですね。

O型男性が気になる人へ♡


O型男性は女性からみてとても魅力的だと思います。

もし私の友人がO型男性が気になると言った場合、アドバイスできることをちょっと考えてみました。

特に職場においてO型男性の気質や性格はどう出るのか?など。

O型男性の仕事ぶりは?

O型男性の仕事ぶりはどういったものなのでしょうか?

一匹狼

基本的に一匹狼的要素が強いなと思います。

親分肌で自分の周りの人を大切にするO型が一匹狼?と思われそうですが、

人間大好きで周りの人や仲間を大切にしていても、自分が親分で在る以上、弱みは見せられないし、あくまでも精神面では一匹狼です。

仲間大好き人間であっても独立心が旺盛で自分より強いものや大きなものに飲み込まれるのはまっぴらごめんというような強がり精神もあるからなのでしょうか。

O型男性を見ていると一匹狼てき要素と仲間意識をいう相反する2つの要素を持ちあわせているなと感じます。

人に迎合することを一番嫌うのかもしれませんね。

実力主義

仕事面においてはとくに実力主義です。

実力あってこそ言いたいことも言えるし、やりたいこともやれるとおもっているので何をおいても実力が大切だと思っているんですね。

O型がいちばん多い国といって思い浮かぶのはアメリカです。

まさに実力主義ですね。

外資系企業では成果が上げられなければ、はいクビ!なのでA型がいちばん多い日本とは大違いです。

あの割り切りようはすごいなと思います。

公明正大かと思えば、たとえばちょっとしたズルなども上手くすることも実力だ、みたいなところがあって、O型男性をみているとけっこうおもしろいです。

仕事ではリーダー気質を発揮!


もともと親分肌なので仕事面でもリーダー気質を発揮できます。

立場上リーダーになれなくても気持ちはリーダー!みたいな感じですね。

みんなから持ちあげられるのも大好き、放っておかれるのは大嫌い、でも一匹狼と、なんとも単純で可愛げがあります。

なのでリーダーにさせておけば機嫌よく働くのでわりと扱いやすいかもしれません。

男性だけでなく女性もO型というのはついつい人に意見をしてしまう、ひと言多い性格をしているそうです。

たとえそれが自分より目上の人であっても言ってしまうのですが、反面、目上の人にゴマすりやおべっかも上手にできるという特技も持っています。

単純明快のくせに妙に二面性を発揮できるO型男性は、なんだかんだといって可愛がられリーダーになってしまうようなところがあります。

O型男性の経済性もチェック!

O型男性の経済性はどんなでしょうか?チェックしてみます!

お金儲けにロマンを感じている

現実主義の実力主義で、お金大好き。

お金を儲けることに罪悪感など感じません。

お金儲けはまさにロマンなのです。

儲かれば儲かるほどよいと思っています。

まあ誰でもそうにちがいないですが、そこに熱さを感じさせるのがO型男性の大きな特徴です。

女性からみれば頼もしいですね。

現実主義のくせにそこにのめり込み過ぎて、甘い夢を見過ぎて女性を困らせるタイプもいます。

そうなると困ったものですが。

お金が好きという面もありますが、お金を儲けることそのものに自分の実力を発揮できたという達成感や喜びを感じるようです。

なんとなくふわふわ生きるということが嫌いなのでしょうか?お金儲けだけでなく人生は常にロマンを感じていたいんですね。

お金があれば豪快にふるまう

親分肌でええかっこしい(みえみえのええかっこしいです)なので、お金があれば豪快にふるまってしまいます。

ケチケチしているところを見られたくないというええかっこしいですね。

だからといって決していやいやふるまっているわけではなく、やはりそうしたいからしてしまうのです。

弱いものを助けたいという気持ちが強いですから、自分より立場の弱い人に奢ってあげるということをひんぱんにしてしまいます。

お金が無くて困っている部下が飲み会に誘われたとき、こっそりとお金を立て替えて出席させているO型男性を2人も知っています。

かわいそうで見ていられないと言っています。

O型男性のそばにいたら奢ってもらえそうですね。

男性もO型男性を見方につけていたら心強いかもしれません。

O型男性自身が敵味方のような考え方をするので、味方だと思われたらよく奢ってもらえるでしょう。

O型男性と結婚すると?

O型男性と結婚するとどうなるのでしょうか?

強引にゴールインする傾向がある

自分本位、自分中心に世界が回ってほしいO型男性は、自分がコレっと決めたら強引にゴールインする傾向があります。

独占欲も強いので自分のものにしたいという気持ちから結婚を考える場合も多いようです。

自分に自信があるので上手くいくと思えるのでしょうね。

そういうところも頼もしい男性です。

また、自分のそういう気持ちに応えてくれることを喜びと考えています。

家庭を第一に考える

思いのほか家庭を第一に考えます。

社会に出ると親分肌で虚勢をはって生きているようなところがあるので家庭こそ心の支えなのでしょうか?

O型男性は血縁のつながりをとても重視するようなところがありますから。

一匹狼でありながらもO型男性には「つながり」というキーワードがとても似合うのはどうしてなんでしょう?

心の奥にあるつながりなのか、実際のつながりなのかはよくわからないですが。

家庭が大好きといったO型男性を何人も知っています。

他の血液型は同じように家庭を大切に考えていても第一という感じではなく、

並列で大切にしているようなところがあるのにO型男性ははっきり、きっぱり第一だと言い切れるようです。

たとえ言いきれないと言っていても、その行動はどう見ても家庭第一にしているように思える人がとても多いです。

亭主関白になりがち

私の知り合いのO型男性の場合は、とても優しい夫ではあるのですが、食事の好みなど、自分に合わせてくれなかったり、

妻側のちょっとした不注意でいつも通りでなかったときは、とたんに不機嫌になってしまうと言っています。

家に帰った時に思った通りのリアクションをしてくれなかった、炊き込みご飯の具が希望通りでなかった、

話しているときにため息をついた、下着の準備をしてくれなかった等、聞いていると笑ってしまいそうなくらい子どもじみたことで怒ったりしています。

怒るといっても相手にダメージを与えるようなものではないのですが。

おおらかで太っ腹なO型男性に似合わず亭主関白ぶりを発揮するときには細かいなと思います。

さだまさしの「関白宣言」のような男性でしょうか。

O型男性は男前!最も人間らしい素敵な男性である♪

親分肌で自分の周囲で困った人を放っておけない人情があり、現実をわきまえていながらも、

ロマンを感じていたいのだけれど一匹狼としての実力を持っているO型男性はとても男前!

そして人間としての欲を否定することなく求め、表現できるという意味において最も人間らしい素敵な男性です。

血液型でたとえばA型といってもAOとAA型があるそうです。

AA型とAO型の間にはAA型とAO型のどちらのA型も生まれる可能性があります。

つまりAO型というのはA型といえどもO型気質も隠し持っているという考え方があります。

AB型というのはO型を隠し持っている可能性はゼロですね。

O型というのは人間としての欲望などをとてもたくさんもっていて表現できる血液型、つまりとても人間らしい人だそうですが、

そのO型をまったく隠し持っていないAB型に一番、世捨て人のような生活をおくっている人が多いそうです。

なんとなくわかるような気がしますね。