就職や転職をする際に必ず行われるのが面接です。

面接が苦手だと思っている人もかなり多いと思いますが、面接は採用試験において非常に重要な意味が込められています。

なぜならば、面接を行うことでその人がどのような人なのか、どのような考え方をしているのかということが分かるようになっています。

それは面接時の言動であったり、会話などである程度読み取ったりすることができるからです。

しかし、たくさんの人間が面接を受ける場合は、あまり長い時間一人の人間と話をしたりすることはできません。

なので、面接の時間だけでは相手の性格や考え方を十分に判断することが困難な場合もあります。

そこで、最近よく利用されているのが性格診断テストであり、これを行うことで性格をさらに細かく確認しようとする流れがあります。

ただ、面接を受ける側の人間は性格診断テストを書く際に複雑な心境になったりする人も多いと思います。

なぜならば試験に受かるために本来の自分を偽って理想の自分を演じなければいけないと感じている人も多いからです。

そこで、今回は性格診断テストをテーマにして採用試験でやるときの注意点や人事が何を見ているのかというポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

今現在就職活動を行っていたり、転職活動を行っている人は理想の会社に就職するためのポイントとしてチェックしてみてください。

性格診断テストを採用試験でやるときの6個の注意点!

そもそも性格診断テストとはどのようなものなのかと言いますと、その名前の通り性格を診断するためのテストとして各企業で用いられているものです。

例えば、様々な質問が用意されておりその質問に対してどのような答えをするのかということをひとつひとつ回答していく形式のものが多いです。

いわゆるSPIと呼ばれるものや、玉手箱と呼ばれるようなものが該当しており、これらはリクルート社や日本SHLという会社の適性検査です。

主にこの二つが利用されていますが、質問の内容なのも様々な種類がありますので全てを網羅することは不可能です。

そして、この性格診断テストによって試験の合否が決まるという状況も残念ながらよく存在しています。

例えば同じようなレベルの人間がいたとして、片方の人間が性格診断テストで優れていた場合その人間を選ばれる可能性があるからです。

なので、性格診断テストで良い印象を残すことがその企業に就職するために必要であると考えることができます。

だからこそ、性格診断テストを受ける際にはいくつかの注意点に則った上でテストを受けることが求められます。

では注意点とはどのようなものが存在するのか、具体的にご紹介していきたいと思います。

1.嘘をつかない

まずはじめにご紹介する性格診断テストを採用試験でやるときに注意してほしいポイントとして「嘘をつかない」ということが挙げられます。

なぜ嘘をつかないことが性格診断テストを行う上で注意しなければいけないポイントになるのかと言うと、嘘をついてしまうことによってそれが見抜かれてしまう可能性があります。

どういうことかと言いますと、性格診断テストはその名前の通りその人がどのような性格をしているのかということを的確に判断するためのテストです。

なので相手の性格を診断するために非常に様々な角度からの質問をぶつけている場合がほとんどです。

シンプルな質問もあれば、少しひねったような質問などもあり、明確な考え方を持っていないと質問に答えるのが難しくなったりすることもあります。

つまり、偽った自分を演じて回答している場合、質問によっては返答に困ったり、逆に矛盾した考え方の回答をしてしまいがちになってしまうのです。

なので、性格診断テストにおいては嘘をつかないことが非常に重要であるといえます。

嘘をついてしまうということは、違う自分を演じるということであり、その企業にとっても自分にとってもマイナスなことになってしまいます。

なので、性格診断テストを受ける際にはなるべく本来の自分が考えていることやイメージしていることに近い回答をするように心がけてください。

整合性もみられている

性格診断テストを受ける際にはなるべく嘘をつかないようにしなければいけないとご紹介しました。

この理由の一つとしてテストの回答の中には整合性も見られている可能性が考えられるからです。

どういうことかと言いますと、きちんと整合性がとれている回答であれば、その人の性格がきちんと映し出された回答であると考えられます。

しかし、整合性が取れていない回答であった場合、当然偽りの内容などを記載している可能性があるととらえられるからです。

例えば、一般的に考えておとなしい性格をしている人は行動や考え方などもおとなしい場合がほとんどですよね。

それなのに、おとなしい自分だと魅力を感じてもらえないと思い、情熱的な考え方をしている自分を演じて回答したとします。

しかし、テストを受けていく内に捻った質問などに対して本来の自分の考え方で回答を行った場合、当然矛盾した箇所などが出てくるようになるはずです。

そうなってしまうと、考え方に大きな違いが生まれるようになり、整合性がとれない回答になってしまうということになります。

少しでもそのような箇所があった場合、本来の自分ではなく理想の自分を演じているのではないかと疑われてしまってもしょうがないのです。

偽りの自分を演じたということは、本来の性格ではないということになりますし、面接や試験などにおいてはあまり良い印象にはなりません。

その結果、採用が見送りになってしまう可能性などもありますので、必ず本来の自分にあった回答を選ぶようにしなければいけません。

2.直感で答える


次にご紹介する性格診断テストを採用試験でやるときに注意してほしいポイントとして「直感で答える」ということが挙げられます。

なぜ性格診断テストを直感で答えなければいけないのかと言うと、そもそも性格診断テストので自分の直感で答えなければいけないものに該当しています。

性格診断テストを自分の直感で受けた場合、回答を書くのにそこまで時間がかかるものではありませんよね。

性格診断テストを受けて長い時間がかかってしまう人は、大多数の方が理想の自分を演じて答えを書いている場合がほとんどです。

しかしながら先ほどもお伝えしており、理想の自分を演じるということは本来の自分ではなく、偽りの自分を演じているということになります。

なので、そこからさまざまな疑問点が浮かび上がってくる可能性もありますので、十分注意しなければいけません。

また、直感で答えないとそれに伴って、そのほかにも問題点が浮上してくる可能性があります。

では、その問題点とはどのようなものがあるのか、ご紹介していきます。

時間をかけない

性格診断テストにおいて直感で答えなければいけない理由の一つとして、時間がかかってしまう可能性があるからと言えます。

そもそも性格診断テストにおいては時間をかけるということは良いこととして見られていない可能性が高いです。

なぜかと言いますと、性格診断テストにおいて時間をかけてしまうと質問に対して回答することができない状況が生まれてしまいます。

そもそも性格診断テストにおいては200文以上の質問で構成されていることがほとんどで、回答するにはスピード感をもって回答しなければ追いつかない場合が多いです。

つまり、考えながら行ってしまうと全ての質問に対して回答することができなくなり、考えて質問を答えたのではないかと懸念されてしまうのです。

それは偽りの自分を演じたのではないかと思われるきっかけになる場合があります。

また、性格診断テストは与えられた簡単な仕事を的確に素早くこなせることができるかどうかという側面も見られています。

もしも性格診断テストの質問に対して多く答えられていなかった場合は、細かい仕事ができない人間だと判断されてしまう可能性もあります。

つまり、質問に全く答えられなかったり、あまり時間をかけてしまうとそれだけでマイナスな要素に繋がってしまう可能性があるということです。

マイナスの要素に繋がってしまうと、当然面接を突破することができない可能性が高まってしまいますので自分にとって負担になってしまいます。

だからこそ、性格診断テストを受ける際にはなるべく時間をかけずに自分の直感で回答書くように心がけなければいけないということです。

3.自分をよくみせようとしない


次にご紹介する性格診断テストを採用試験でやるときに注意してほしいポイントとして「自分をよくみせようとしない」ということが挙げられます。

性格診断テストを受ける際についやってしまいがちなのが自分を良く見せようとして偽りの回答を行ってしまうという行為です。

例えば、一般的に考えて魅力的な人材は情熱的な性格をしていて、仕事にやる気を持った、仕事が大好きな人間のイメージを持っている人が多いと思います。

みんなの前で意見を堂々と述べて、強いリーダーシップを発揮して…とパーフェクトな人間性を持った人を必要としているととらえられがちです。

当然このような強い積極性を持った人間が魅力的だと思っている企業は多いのは否めません。

しかしながら、だからといって本来の自分とかけ離れた自分を演じたり、自分を良く見せようと思って偽りの回答をすることはあまりお勧めできることではありません。

先ほどもご紹介したように矛盾した回答してしまうことによって、逆に懸念されてしまったりする可能性もあります。

なので必ず性格診断テストを受ける際には自分を良く見せようとしたりする考え方は持たないように意識しておかなければいけません。

それに伴って様々な問題が発生する可能性もあります。

なので、改めてここからはそれに伴った問題をいくつかご紹介していきますので参考にしてください。

意識しすぎて、やる気をだした答えを選ばない

自分を良く見せようとして性格診断テストを受けた場合、それを意識しすぎるあまりにやる気を出した答えを選択してしまいがちになります。

確かにやる気に満ち溢れた答えが書かれていると企業としては魅力的に感じる場合もあるかもしれません。

しかしながら、それを意識しすぎて本来の自分の性格とはかけ離れた返答した場合は回答の歪曲が起こってしまう可能性があります。

回答の歪曲が起こってしまうと、本来の性格はどっちなんだろう?と相手から思われてしまいます。

面接という状況の上で考えるのであれば、当然理想の自分を演じたんだろうなとしか思われないので、結局自分にとってマイナスなことになってしまいます。

それよりも、理想ではなかったにしても、性格がしっかりと診断されて、まじめにコツコツ仕事をしてくれそうな人が採用される可能性などもあります。

つまり、偽りの自分を演じても、必ずぼろが出ますし、それはその場しのぎにしか過ぎないということになります。

それならば、最初から本来の自分で回答を行ったほうがはるかに魅力的なので、理想の自分を演じることはなるべく避けるようにしてください。

4.面接との矛盾はないか

次にご紹介する性格診断テストを採用試験でやるときに注意してほしいポイントとして「面接との矛盾はないか」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、性格診断テストの内容と面接時の受け答えの内容が照らし合わされる可能性があるということです。

例えば、性格診断テストの解答と面接時の回答が大きくかけ離れていた場合、それは偽りの自分を演じてしまっているという可能性を生んでしまいますよね。

それが相手に露見してしまうと、相手は魅力的な人材ではないと思い、そこで試験が終了してしまう可能性もあります。

なので、必ず性格診断テストを受ける際にはその質問を面接でされた場合に自分がどのような回答をするのかということを考えた上で記入する必要性があります。

性格診断テストで理想の自分を演じたとしても、いざ対面で相手から聞かれた時にその答えを言えないのであれば、その答えは記入するべきではありません。

性格診断テストに書かれている質問がすべて面接で聞かれた場合ということを想定しながら記入するようにしてください。

面接での発言と見比べる企業も

性格診断テストの内容面接の場面と照らし合わせて、チェックする企業は非常に多いです。

なので、必ず一貫性のある回答を心がける必要性があると言えます。

しかしながら、矛盾しているかもしれませんが、必ずしも本来の自分そのままの回答をするべきではない場合もあります。

どういうことかと言いますと、明らかにこの回答した方が相手の印象が良いなと思う質問などをいくつか用意されているはずです。

つまり、極端な場面においては理想の自分を演じた方が相手にとっても好感触ですし、自分のためにもなる場合もあるということです。

そのような質問をひとつひとつ見切ることは難しいかもしれませんが、明らかなものに関しては偽りの自分を演じても問題はないはずです。

むしろ、そこでマイナスな回答をしてしまうとそこで悪い印象になってしまい、試験が終了してしまう可能性もあります。

なので、質問の内容によってはプラスの答えを意識することが求められる場合もあるということを意識して返答を心がけてください。

5.求められる人物像の把握

次にご紹介する性格診断テストを採用試験でやるときに注意してほしいポイントとして「求められる人物像の把握」ということが挙げられます。

これはどういうことかと思いますと、相手が求めている人物像をある程度を把握して試験に臨む必要性があるということです。

その会社が行っている業務内容なのによってその会社が求める性格などは著しく変化する可能性があります。

例えば、いわゆる体育会系と呼ばれてるような営業の会社に就職したいと思うのであれば、当然情熱的な性格の人間が好まれる傾向にあります。

なぜならば、営業は断られて当たり前の職業なので、ある程度の情熱さがなければ仕事を継続して行うことはできません。

打たれ強い人間でなければすぐに辞めてしまうので、結果を出す前に退職してしまう可能性がとても高くなってしまうからです。

つまり、情熱的な性格で簡単にへこたれたりしないような人間が欲しいと思っている可能性がとても高いと予想することができるわけです。

このように、自分が就職したいと思ってる会社がどのような人物像を求めているのかということを自分自身で先に把握しておくことが重要だと思います。

全てを理想の自分で演じる必要性はありませんが、質問の中には要所要所でその企業が好んでいる人間かどうか判断する質問が用意されています。

例えば、上記の例であれば、精神的に強いと思いますか?という質問があった場合には、当然強いという回答を企業は欲しているのです。

すべてを演じる必要はありませんが、強いと答えたほうが魅力的だと思われるのは目に見えていますので、この点は強気で自分を信じて回答するように心がけてください。

このように、求められる人物像を考慮したうえで質問に答えるテクニックもそれなりに要求されるということを理解してください。

すべて合わせるという意味ではない

本来の自分に合わせて回答しなければいけないのに、求められる人物像を把握してテストに臨むということも多少矛盾していると感じるかもしれません。

それは否定できることではありませんが、極端な場合のみに回答をそれなりに整える必要性があるという意味合いになります。

質問の中には明らかに本来の自分のまま回答してしまうとその企業にとってふさわしくない人材だと思われるような場合もよくあります。

例えば、仕事はお金を稼ぐための手段であると思っており、そもそも仕事自体はあまり好きではないと思ってる人がいたとします。

その人が質問の中に仕事が好きかどうかという欄で仕事が好きではないと答えてしまうと、悪い印象になってしまうのは目に見えていますよね。

つまり、明らかにマイナスなイメージになってしまうという箇所や、明らかに相手の会社から魅力的ではないと思われる箇所がある場合には、多少操作が必要であるということです。

器用にうまくこなすのは難しいかもしれませんが、明らかにおかしい箇所に関しては多少の操作を行って回答するようにすることも重要なポイントであると言えます。

6.希望の職種がある場合は適正を意識

次にご紹介する性格診断テストを採用試験でやるときに注意してほしいポイントとして「希望の職種がある場合は適正を意識」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、そもそも会社によっては同じ会社でも様々な職種のポジションが存在している場合があります。

例えば契約をとってくる営業もあれば、内勤でコツコツと仕事を行うような事務職なども存在していますよね。

このように、その会社の中でも様々なポジションが用意されているということになります。

そして、性格診断テストを行う理由の一つとしては自社のどのポジションがその人にとって適正なのかということを見極める意味合いも込められています。

例えば内気な性格でコミュニケーションをとるのが下手な人間であれば、営業よりもコツコツと仕事を行う事務職の方が向いていると判断できますよね。

このように、その人の性格から様々な適性を判断して、その人が仕事が向いている箇所に配属することも考えられているのです。

なので、逆を言えば営業に配属されたいのであれば情熱的な性格を意識する必要性がありますし、事務職ならば真面目でコツコツした性格を演じる必要があります。

それらを意識した上で性格診断テストに回答することで、自分が理想としている職種に配属してもらえる可能性が高くなるということです。

実際に働いているところを想像しよう

希望の職種によって適正を意識して回答するということは簡単なようでとても難しいことでもあります。

自分が理想としている場所に関しては自分の性格と比例している可能性もあるので、全てを工夫したり操作したりする必要性はありません。

しかし、それでも適正を意識すると多少の工夫が必要になるので、簡単ではないといえます。

なので、より職種を意識して回答するのであれば、実際に自分が働いている姿を想像しながらテストに回答することをお勧めします。

自分が働いてる姿をイメージすることで、どのような回答がふさわしいのかということはある程度導き出すことができるようになります。

また、イメージすることでその会社がどのような能力を求めているのか、どのような価値観を求めているのかということをある程度考えることができるになります。

後はそれに沿って質問の内容を自分自身の性格と融合しながら回答していくと魅力的な回答ができるので、テストを受ける際には意識してください。

性格診断テストを実施する理由

ここまでは性格診断テストを行う際に注意してほしいポイントいくつかご紹介していきました。

ある程度性格診断テストを行う際の注意事項が理解いただけたところで、ここからは性格診断テストを実施する理由について触れていきたいと思います。

なぜ数を多くの企業が性格診断テストを取り入れているのか不思議に感じたことはありませんか?

性格診断テストを試験の中に取り入れるには大きな理由が存在しています。

その理由を知ることで、性格診断テストを受ける際の心構えを理解することにもつながりますし、性格診断テストの本質を理解することができます。

ただどんな人間なのか知りたいという表面的な理由以外にも、隠された裏の理由なども数多く存在していますので、この機会に裏側の理由もチェックしていきましょう。

1.適性のある人材を採用したい

性格診断テストを実施する理由の一つとして「適性のある人材を採用したい」ということが理由として挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、性格診断テストを通して自社に適正のある人材かどうかということを把握する材料にしているということです。

当然人の性格は様々な性格が存在しており、それぞれの性格によってある程度考え方が異なるようになっています。

例えば情熱的な性格をしている人は物事に対して熱心な考え方を持っている場合が多いですよね。

それに対して、消極的な性格をしている人はあまり人との付き合いやコミュニケーションなどが苦手としている場合があります。

このように性格によって様々なタイプに分けることができます。

そして、企業ごとに自社に適性がある人間、言い換えてみればほしい人材というものは全く異なっています。

例えば、先ほどもご紹介したように体育会系の営業会社などは消極的な考えを持っている人材はあまり魅力的ではないと言えます。

なぜならば、コミュニケーションが苦手な人は営業という仕事があまり向いていない場合が多いからです。

つまり、性格診断テストを行うことによってその人の性格が自社の適性に合っているかどうか判断できるということになります。

これが企業が性格診断テストを実施している大きな理由であると言えます。

2.判断後の裏付け材料として

次にご紹介する性格診断テストを実施する理由の一つとして「判断後の裏付け材料として」ということが理由として挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、面接後の話になりますが、面接後に本当に魅力的な人材かどうか判断する材料にできるということです。

人によっては面接の時に魅力的な自分を取り繕って、本来の自分を隠すような人間がいます。

一見すると魅力的な人物に見えても、蓋を開けてみるとあまり魅力的ではないような人間性を持っていたということはよくある話です。

しかしながらそのような人物を採用してしまうと企業にとってしてみると大きな痛手になってしまうことが予想されます。

なので、性格診断テストを一つの材料として持っておく事によって、本当にその人間が魅力的かどうかということを判断することができるようになります。

例えば、面接では魅力的だったとしても性格診断テストの内容がボロボロだった場合、その人間は面接の時だけ愛想をよくしていた可能性があると考えられます。

また、その逆に魅力的な人物でなおかつ性格診断テストも魅力的な内容だった場合は本当に自社に適性がある素晴らしい人材であると裏付けることもできます。

なので、性格診断テストは面接後の裏付けの材料としても用いる目的が存在していると考えられます。

3.面接官の好みや主観の影響を排除する

次にご紹介する性格診断テストを実施する理由の一つとして「面接官の好みや主観の影響を排除する」ということが理由として挙げられます。

どのような会社においても面接を行う場合、人事の人間が面接を行ったりすることが多いです。

また、そのほかにも幹部の人間や特定の役職についた人間なども面接を行う場合がありますが、基本的には面接担当がコロコロ変わることはありません。

つまり、大体の場合がいつも同じ人間が面接を担当するということになります。

ある程度面接に慣れている人間の方が人を見る目も養われると考えられますが、これに関しては逆にデメリットになってしまう可能性もあります。

なぜならば、いつも同じ人間が面接を行う場合、その人間の主観や好みなどによって人材が絞られてしまう可能性があるからです。

そうなってしまうと、いつも同じような人間ばかりが採用されてしまい、魅力的な人材を取りこぼしてしまう可能性もあります。

しかし、性格診断テストの結果があれば、面接官の好みは主観の影響を排除した公正な考え方で魅力的な人材を選ぶこともできます。

そうすることによって面接官の主観の考え方で人材が決まる心配もなくなりますので、企業にとって大きなメリットになりえるといえます。

性格診断テストは、主観の影響を排除する一つの要素としての役割も持っているといえ、これも企業が性格診断テストを行う理由になりえるといえます。

対策

ここまでは性格診断テストを実施する理由について触れていきましたが、ここからは性格診断テストを行う際の対策についてご紹介します。

たかが性格診断と思っている方もいるかもしれませんが、この結果によって面接の合格不合格が決まる可能性は十分考えられます。

それぐらい企業にとって適正というものは重要視されており、その人物の性格は重要な要因になり得ると考えられています。

なので、なるべく性格診断テストは事前に対策を考えておき、良い結果を出す必要性があると言えます。

しかしながら、どのような部分に注意すればいいのかわからないと感じてる方もとても多いと思います。

そこで、ここからは性格診断テストの対策について詳しくご紹介していきますので、面接を控えている方や転職を考えている方はチェックしてみてください。

1.練習問題で慣れておく

まずはじめにご紹介する性格診断テストの対策方法として「練習問題で慣れておく」ということが挙げられます。

性格診断テストにおいてはインターネットで検索すると様々な練習問題を確認することができます。

いきなりぶっつけ本番でテストを行うよりも、事前に練習問題を解いておくことによってある程度問題の傾向を予測することができます。

そうすることによって魅力的な答えはどのような答えなのかということをある程度把握することができるようになります。

その企業にとって魅力的だと思われる性格をイメージしながら問題を解いていくことによって、今晩でも良い結果が出せるはずです。

なので事前に面接を控えてる方は練習問題を積極的に行って、ある程度問題になれる工夫を行ってみてください。

2.明らかにNOとなる質問を抑える

次にご紹介する性格診断テストの対策方法として「明らかにNOとなる質問を抑える」ということが挙げられます。

性格診断テストの質問の中には、明らかにある答えを選択すると落とされてしまうという問題がいくつか用意されています。

例えば、協調性がある性格をしているかという質問があったとして、協調性がないと答えた場合をイメージしてみてください。

そもそも企業とは様々な人間が集まって同じ目的に沿って社会活動を行う場です。

つまり、協調性がない人間は和を乱す可能性もありますし、会社の目的に沿って行動することができない人間だと思われる可能性があります。

つまり協調性があるかどうかという質問に対して、ないと答えるのは明らかに企業からしてみるとNOとなる質問だといえます。

意外とこのような質問が数多く用意されているので、事前にこのような質問をピックアップして答える際には注意をするように練習してみてください。

そうすることによって性格診断テストで落とされる可能性を低くすることができます。

正直であること(まとめ)

今回は性格診断テストをテーマにして、性格診断テストを行う際の注意点や、行う理由、対策などについてご紹介していきました。

性格診断テストを採用している企業はとても多く、非常に重要視している企業も数多く存在しています。

今回ご紹介した注意事項やポイントなどを踏まえながら、どうすれば魅力的な答えを書くことができるか意識して臨んでみてください。

しかし、あまりにも自分自身の性格を誇張しすぎるのも墓穴を掘ってしまう可能性がありますので、正直な気持ちを持ちながら望むことも重要だということを忘れないでください。