よく皆さんは人が困っている時に手助けをしたりすることが多いのではないかと思います。

そんな時に手助けをして「ありがとう」と言われるととても嬉しい気持ちになりますよね。

助けたかいがあったというような考えをすることができるのではないかと思います。

また、基本的にこの様な事というのは、それだけで終わりというのが普通ですよね。

助けてお礼を言って貰って嫌な気持ちになるというような人はいません。

しかしながら中にはお礼もなくそのままというような事もありますよね。

助けてもらって「ありがとう」という事を言えない状況というのもあるのではないかと思います。

例えば別に助けを求めていないのに、何故か無理に協力をしてもらったというような事であったり、あるのではないでしょうか?

よくその様な人もいますよね。

簡単に言えばお節介をするような人というのは、この様な状況になりやすいです。

助けを求めているわけでもなく、手伝い、そして何も言わなかった際に「折角助けてあげたのにお礼の1つも言わない」というようなことを言う人っていませんか?

その様な人というのは基本的に、相手を見下したり、自分と相手を比べたりと、目立ったり見返りを求めるような人に多い傾向があると思います。

この様な人を一般的には「恩着せがましい」という表現をするのですが、皆さんはこの様な人達が周りにいたりしませんか?

いわゆるやってあげた、というような考えをする人であったり、損得勘定で動く人というのは特にこの様な傾向が強いようにも思えます。

恩着せがましい人というのは、基本的にマイナスな印象が多く、できれば付き合いたくないと思う人が多いですよね。

向こうからこちらにその様なことを言ってくるというような人や、自分は関わりたくないのに相手から来るというような事も多いのではないかと思います。

今回はそんな恩着せがましい人について詳しく見てみたいと思います。

特にこの様な人というのは特徴も多くあるのですが、どのようなことを考えているのか、17個の特徴と心理についてもお話したいと思います。

そしてどの様な対処をすれば良いのかも考えてみると良いでしょう。

今現にこの様な人と接することが多いという人は、今回の対処法を是非参考にしてみてください。

そうすることで、少しでも距離を離すというような事ができるのではないかと思います。

恩着せがましい人を分析してみよう!

ではそんな恩着せがましい人のことについて分析をしてみたいと思います。

この様な人と接したことがないというような人は先ずいませんよね。

必ず人生の中で1度はこの様な人と接する機会というものがあると思います。

人というのは様々な考えや思考を持っていることが多いので、どうしても皆が同じような考えということがありません。

ですが一般的な考えや思考というものがありますよね。

そこから外れてしまうと、どうしても目立ったりしますが、マイナスな方向に目立つというような性格が多いようにも思えます。

今回の恩着せがましい人というのもマイナスなイメージが強いですよね?

そもそも恩着せがましいというのは具体的にはどの様な人のことを言うのか、そしてこの類義語というのはどの様なものがあるのかという事についても詳しく見てみたいと思います。

皆さんこの様な人と接する際には、どの様にして会話をしていますか?

あなたの周りにもいませんか?

あなたの周りにもいるかもしれないです。

基本的に恩着せがましい人というのは、どんな事に対してもその人に対して「ありがとう」という気持ちを仕向けさせるような事を言います。

簡単に言えば、無理やり謝辞をもらっているという事になりますよね。

この関係性の良い例というのは、いわゆるコンビニの店員さんとお客さんという関係性です。

簡単に言えばコンビニの店員さんは買ってくれて「ありがとう」というような言葉を、どんな人に対しても言わなくてはいけませんよね。

例えそれが苦手な相手に対しても謝辞をしなくてはいけないという環境がコンビニです。

それと同じく、どんな事に対しても「助けてあげたのだから礼の1つでも言ったらどうだい?」というような無理に相手を手伝い、その様なことを言わせるような人というのが恩着せがましい人という事になります。

この様な人というのは最近でも多くいるのではないかと思います。

恩着せがましいとは?

ではそもそも恩着せがましいというのは具体的にはどの様な意味なのでしょうか?

先ほども説明をしたように恩着せがましいという意味は、相手にありがたいと思うように仕向けることを言います。

いわゆる「感謝をしてね」というような態度を取ったり、無理やりそのような言葉を言わせたりするというような人のことを恩着せがましいという風に言うのです。

先ほどから例でもあげたように「感謝してね」というようなことを無理やり言わせようとするような人は多く、この様な人と付き合いたくないというような人もいますよね。

なのでその様な人と接する場合は要注意するようにしましょう。

恩着せがましいの類義語

恩着せがましいの類義語というのはどの様なものがあると思いますか?

例えば横風というような言葉はまさに類義語と言えるのではないかと思います。

横風というのは偉そうな態度をして人を見下すというような態度を取ること言い、恩着せがましいという意味と似ている語ですよね。

特にこの人を見下すような態度というのは恩着せがましい人にも多い傾向があります。

なのでこの様な態度を取る人というのは基本的に、恩着せがましい人であるという可能性が高いという事を覚えておくようにしましょう。

自分では気づいていないところがイタい

ここで厄介なことは、自分では気付いていないということです。

どういう事かと言うと、基本的にこの様な人達というのは、自分で恩着せがましい人だと思いこんでいないことが多いです。

相手のことは批判などをしたり、比べて見下すというような行為をするのですが、自分自身がその様な人だという自覚がないような人達が多いのも特徴の1つなのではないかと思います。

この様な人と接する場合は、なるべく立ち去るようにすることも大切になることでしょう。

恩着せがましい人の17個の特徴と心理

ではそんな恩着せがましい人の特徴というのはどの様なものがあると思いますか?

人を見下すというような事はもちろんのこと、客観性がないというような事であったり、自分の都合ばかり考えているような人も多いです。

いわゆる自己中心的な考えをしているので、自分が善行をしたと思い込んでいるような人も多いのではないでしょうか?

また、この様な人というのは基本的に好かれていると思い込んでいるというような事もあるのではないかと思います。

簡単に言えば、良い人ぶって周りから支持を得たいというような人も多いので、その様な考えを持つような人もいるという事を覚えておくようにしましょう。

では他にもどの様な特徴や心理というものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

人を見下している


人を見下しているというような事が多いのが恩着せがましい人の特徴です。

特に無理に謝辞を求めようとするような行動をして、自分が上だというようなことを周りにも示すような行動が多く、相手とにかく自分より下としてみることが多いです。

なのでこの様な行動だけではなく、相手が仮に下だと思うと相手をコキ使うというような事もあるので、十分に注意をすることが必要になるのではないかと思います。

恩着せがましい人というのは、無理に接しようとするので、どうしても自分より低いと思うような相手と接することが多いです。

よくいじめをする人が自分より下だと思うような人を集中的にいじめるというような、その感覚に近いものだと思っていてください。

自分と他人をすぐ比べる

またこの様な人というのは自分と他人をすぐ比べるような傾向があります。

特に自分と相手を比べて、相手の方が下だと思った人には恩着せがましい態度を取り、上だと思った人に対しては、丁寧に接するというようなことをすることが多いです。

よく小学生たちがするような、先生の前ではちゃんとした態度をしてというような事をする傾向も強いので、どうしても自分と相手を比べて、恩着せがましいことをするターゲットを決めるのではないかと思います。

自尊心と優越感が強い

この様な行動を取るということは、自尊心と優越感が強いからというのもあるのではないかと思います。

特に自尊心と優越感というのは、基本的に自己満足に繋がるようなものが多いですよね。

自尊心というのは自分がこうでありたいという気持ちやプライド、そして優越感というものは、自分自身が他人より優れていることであるという事になります。

なので恩着せがましい人の特徴というのは、他人より優れているというプライドが高いという事になりますよね。

この様な傾向があるので、どうしても恩着せがましい行動を取ったりするような事が多いのではないかと思います。

もちろんこの様なことをされたという人もいるかもしれませんが、しっかりとした対策もあるので、その対策を是非実行してみてください!

ケチ


この様な人は基本ケチである可能性も高いです。

このような人というのは基本的にお金を溜め込んだりして、必要以上に使わないというような考えをする人が多いです。

ケチな人というのはどうしても、勿体無いと感じてしまうことが多いのでマイナスな考えをすることが多いですよね。

もちろん恩着せがましい人も同じで、プライドが高い分、様々な考えなどもするのが特徴的です。

その表れとして出てくるのがこのケチな特徴という事になります。

自意識過剰気味

自意識過剰気味なところもあるでしょう。

これはどういう事かというと、自分は他の人に見られているという意識がとても強いという事です。

よく「誰かに見られている」というようなことがあると思いますが、実際にその人のことを見ているというような人はまずいません。

逆に言えば、その様に思い込んでしまっているので、どうしても目立ちたいというような気持ちから自意識過剰気味にさせてしまうのではないかと思います。

直ぐにアピールなどをして、自分は凄いというようなことを周りに示すようなことも多いので、この様な考え方もしてしまうのが特徴的なのではないかと思います。

客観性がない

客観性がないというのも恩着せがましい人の特徴tです。

どんな事でも主観的に、いわゆる自分の視点から見たことに関して考えるので、相手のことを考えたりするというような事が無いのも特徴的なのではないでしょうか?

特に客観性というようなものは、どうしても意見が自分が正しいと思わせてしまうので、主観的な意見しか言えなくなってしまいますよね。

第三者から見ると、それは違うのではないか?と思うような人も多いですが、どうしても自分が正しいということや、良い人ぶりたいがために、目立つような行動をとったり、自分の都合ばかりを考えてしまうというような事もあるのではないかと思います。

自分の都合ばかり考えている

自分の都合ばかり考えてしまうと相手のことを考えなくなってしまいますよね。

自分ばかりという事はいわゆる自己中心的な考え方をしてしまうという事になります。

何よりこの様な考え方というのは、自分が好き放題にしたいからという欲求であったり、目立ちたいというような気持ちから自分のことしか考えなくなってしまうのです。

これはいわゆる、会社などで様々な人材がいるなか、自分だけを見て欲しいというような行動をするという事になります。

自分の都合ばかり考えて他のことを考えないでいると、後先に問題になったりすることが多いですよね。

その様なことも頻繁になるというのが恩着せがましい人の特徴とも言えるのではないかと思います。

目立ちたがり

目立ちたがりというような事もあるでしょう。

例えばどうしても人というのは、自分を見て欲しいということでアピールをしたりすると思います。

また一部の人では、皆同じというようなことを思ったり、個性を重視するというような考えの人もいますよね。

特に面接などでは目立つような人ほど印象に残りやすいと思います。

実は恩着せがましい人も目立ちたがりなので、この様な状況の際にはアピールを欠かせません。

特に自分はこういう人だ、というアピールが多く良い人ぶりたいような事をするので、裏を返せば寂しいというような気持ちもあるのかもしれませんね。

人を利用するのが好き

人を利用するのが好きだというような特徴もあるでしょう。

人を見下すような人というのは基本的に人を利用するのも好きだというような人が多いです。

特に恩着せがましい人というのは、人を利用して、自分を上に立たせるというような事をしてしまうので、マイナスな印象がどんどん強まるのではないかと思います。

見返りをすぐ求める

そして恩着せがましい人の特徴でもあるのが、見返りをすぐ求めるという事です。

先ほど説明をしたと思いますが、基本的に恩着せがましい人の特徴には「何かをしてあげたから礼の1つでも」というような、何かをしたから何か見返りがあるのではないかという考えを持つような人が多いです。

言うのであれば「助けてあげたから何かお礼を頂戴」と言っているようなことと同じということになります。

また後々になって「あの時助けてあげたよね?」というような事にも使われたりすることが多いので、どうしても直ぐに見返りを求めたりするような人が多いのではないかと思います。

この様な人というのは基本的にどうしても損得勘定で動いてしまうような人なので、恩着せがましい人にはこの様な特徴が多いという事を覚えておくようにしましょう。

良い人ぶりたい

周りからは良い人ぶりたいというような気持ちが強く、この様な人というのは基本的にどの様なところからでも、良い人と思われたい気持ちが強いです。

会社などの場合は評価が高ければ高いほど、より上の位につくことができますよね。

良い人だけではなく、自分はこの様なことをしたという実績を残すことができれば、尚更上に上がることができるでしょう。

しかしながらそれは同時に他の人と比較をされるのが嫌いだという表れでもあります。

基本的に他の人と比較をされるのが苦手なので、どうしても自分だけを見て欲しいというような気持ちが強く、良い人ぶるために行動をするという人もいるのではないかと思います。

厚かましい

厚かましいというような特徴もあるでしょう。

どういう事かというと行動などが図々しく遠慮がないというような事も多いのが特徴的です。

この様な人というのは基本的に、自分が一番だというような考え方もしているので、行動の1つ1つも正しいと思い行動をするような人が多いのではないかと思います。

自分の話ばかりする

恩着せがましい人に多い特徴の中には自分の話ばかりしてしまうというような事があるでしょう。

先ほどもあった良い人ぶりたい、というような事や、目立ちたいというような事があったように、基本的に自分の話ばかりをして、周りにアピールをするような傾向も強いのではないかと思います。

人の気持ちを察することができない

人の気持ちを察することができないというような特徴もあるでしょう。

これはいわゆる空気を読めないというような事にも繋がります。

基本的に空気の読めない人の特徴というのは、自分勝手にしているような人であり、その場の空気を乱したり、自分だけで他は関係ないというようなことを考えたりするような人も多いです。

また、人の気持ちを察することができないという事は、相手のことを何も考えておらず、人をコキ使ったり、人を見下して利用をするというようなことをするのではないかと思います。

この様な特徴を持つ人はたくさんいると思いますが、その人とどの様にして向き合うのか、という事が重要になるのではないかと思います。

特に会社でこの様な人と会うという事になれば、是非対処法をしっかりと学んで、対処をするようにしましょう。

褒められるのが大好き

この様な人というのは、周りにアピールをする分褒められると嬉しいというような気持ちがとても強いです。

なのでどうしても、自分のしている行動に疑問を持たず、褒められたらそれを続けるというような事をします。

子供のように純粋な考え方をするような人であれば良いですが、どうしてもその褒められるのが好きだからといって周りを見下したりするような事もあるので、褒められるのが好きだからこの様な行動をしているというような人もいるかもしれないですよね。

特にこの恩着せがましい行動というのは、基本的に相手からお礼を言われる環境を無理やり作るというような事になるので、その時にお礼を言われると悪い気がせず、満足をしてしまうというような事にもなるのではないかと思います。

損得勘定で生きている

恩着せがましい人がこの様なことを言うというのは、お礼などを言われないという事に「損をしている」という風に感じていることもあるのではないかと思います。

言うのであれば損得勘定で常に生きているので、自分が損をしている事に関してはとても粘着質であるという特徴もあるのです。

今回の場合は、相手からお礼がないという事に対して損を感じているので、その様な発言をするのではないかと思います。

損得勘定というのは基本的に誰でもあるものですが、相手に無理を言ってするまでのものでもないですよね。

恩着せがましい人というのは、特に相手から何も無いという事にとても嫌な気持ちになってしまうので、どうしても嫉みのような発言としてこの様なことを言うのではないかと思います。

自分は好かれていると思っている

自分は好かれていると思っているという特徴もあるでしょう。

これはいわゆる勘違いに関わるようなものになりますが、基本的に自分は好かれていると思っているので、相手にアピールなどをしたりするというような事もあるのではないかと思います。

特にこの様な傾向があるというのは、「周りは私に謝辞を入れるのにあなたは入れないの?」というような、自分は周りからも親しまれていて、良いことをしているというようなことをしているので、どうしても周りから好かれていると勘違いを起こしてしまうこともあるでしょう。

恩着せがましい人がうっとうしい時の対処法

ではそんな恩着せがましい人と一緒にいる際には、うっとうしいと感じることは多くあるのではないかと思います。

仕事で一緒にいないといけないという事や、プライベートで遭遇したというような事もあると思いますが、その人と時間を一緒に取りたくない、無駄にしたくないというような人も多いですよね。

そんな時のために対処法というものがいくつかあるので、皆さんもこの対処法を試してみてはいかがでしょうか?

例えば長話をしないというのは大前提になりますよね。

その場から直ぐに立ち去るというような事が大事になってくるのではないかと思います。

また頼みごとをしないというのも大事です。

仮に頼みごとをしてしまうと、恩を売られるだけになってしまい、恩着せがましいことをしてくる可能性が高いです。

また、話に同調をしないことも大切です。

いわゆる話をしている際に、同調をしないことでこの人はダメだと思わせることができますよね?それを相手に与えることで、ダメな人だと思わせて近寄らせないというような方法もあるのです。

この3つの方法を重点的に今回はお話をしたいと思いますが、他にもまだまだ対処法というものがあると思います。

皆さんは普段どの様にして恩着せがましい人と話しをしていますか?鬱陶しいと感じた場合はどの様にして対処をしていますか?では詳しく見てみたいと思います。

長話をしないですぐ立ち去る

長話をしないですぐに立ち去るというような事は実は効果的な方法の1つになります。

特にこの様な方法というのは、基本的に相手との距離を直ぐに離したいというような時に役立つ対処法の1つです。

長話をしてしまうとどうしても、その分相手のことを聞くことになりますよね。

こちらから話すというような事は良いかもしれませんが、相手が話をしていると、相手の自慢話になったり嫉みの話など、常に相手から話をしてくるので聞かされるだけの環境にもなってしまうのではないかと思います。

そこですぐに「用事があるからまたね」と言って立ち去るというような事をすれば、相手もそれを理解してその場から立ち去るのではないかと思います。

話を聞かされるだけ

長話をするとどうしても話をして、話を聞いてというような関係になると思います。

しかしながら恩着せがましい人の特徴というのは話を聞かされるだけになることがほとんどという事になるのです。

それほど話題が豊富という意味でもあるので、一見良いようにも見えますが、どうしても鬱陶しいと感じるような人がいるのであれば、この様な方法を取ることで直ぐに切り上げることができるのではないかと思います。

恩着せがましい人の特徴の中には、知り合いを見つけると直ぐに話に行くというような事もあるので、話を聞かされるだけの関係にならないように注意をすることが必要になるでしょう。

頼みごとをしない

頼みごとをしないというのも1つの対処法になります。

この場合は相手が恩着せがましいことをしてくるというような人に対して有効な方法です。

言うのであれば、その様なことをしない人に頼みごとを任すだけです。

間違ってもその人にしないようにすることが大切になります。

何故なら恩着せがましい人というのは、その1度きりの頼みごとを聞いただけでも、「こういう事したのに」というような嫉みで言ったりすることが多いです。

なのでその様な人には最初から頼みごとをしないというのが対策方法になるのではないかと思います。

恩を売られるだけ

恩を売られるだけの可能性が非常に高くなるというのもあるでしょう。

言うのであれば相手はそのために頼みごとを聞くという事になるので、どうしても損得関係になってしまうことがほとんどです。

普通の友人や親しい仲であればこの様なことはありませんよね。

しかしながら恩着せがましい人というのはどうしてもこの様な感情を持ってしまっているので、どんな事に対しても恩を売られるだけというような事になるのではないかと思います。

話に同調しない

話に同調をしないという事も大切です。

言うのであれば、相手は同意する相手を探したりして、自慢話や自分のことしか話さなくなってしまいます。

それを防ぐには、とりあえず相手が言うことに対して同調をしないという事が大切になるのではないかと思います。

特にこの様なことは、どんな人に対しても利く対処法になります。

また、話に同調をしないことで相手から離すというような事もできるので、是非とも実践をしてみてください。

「この人に話してもダメだ」と思わせる

この人に話しをしてもダメだ、と相手に思わせることが重要になるのではないかと思います。

特にこの様なことというのは、どんな人に対しても使える対処法の1つになります。

言うのであれば相手との会話を合わせないということや、相手の話を否定するというような事をすることで、相手も諦めて他の人に話しをしにいくという事になるのではないかと思います。

この方法というのは直ぐにでも使える方法だと思うので、恩着せがましい人と接することが多く困るというような人は、是非この方法を試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?恩着せがましい人の特徴やその心理、そして対処法についてお話をしました。

特に大事な事というのは恩着せがましい人と接することが多い場合は、話を直ぐに切り上げるということ、そしてその人に物事を頼まないという事です。

特に物を頼んでしまうと恩を売られる可能性が非常に高くなってしまうので、この様な人と接する際には、先ずその様なことを頼まないということが重要になります。

何より恩着せがましい人というのは、その様な行動を取る人のことを考えておらず、基本的に見下しているような人が多いです。

なのでこちらが何かをしても、相手は何も無いというような状況にもなってしまうので、この様な人と接する際には、先ず距離を取るという事から始め、どうしても会社で付き合うことになるという事であれば、あしらうというような事も大事になるのではないかと思います。

上手く付き合うというのには苦労をするというような人もいるかもしれませんが、是非乗り切ってみてはいかがでしょうか?