皆さんはどの様なところで出会いというものを求めていたりしますか?

例えば季節によっては夏であれば海で出会いを求めるというような人や、祭りで出会いを求めるというような人も多いのではないかと思います。

また様々な場所で出会いというようなものは多くあるのではないかと思いますが、皆さんは書店で出会うというような事はありましたか?

書店と聞くと普通に本を売っているようなところというようなイメージをするのではないかと思いますが、実は図書館などの出会いというよりも書店での出会いというのは多くあるのです!

特に書店での出会いというのは、いわゆる本が好きな人が多いという事でもありますよね。

よく明るい人や落ち着いている人というような人が好きだというような人もいると思いますが、いわゆる文系の人というのはよく書店を出入りしているようなイメージがあるのではないかと思います。

皆さんはどの様な人が好きですか?

様々なイメージを考えるような人も多いかもしれませんが、今回はそんな書店での出会いについてお話をしたいと思います!

特に先ほども言ったように書店で出会うという事は、基本的に本などに抵抗がないというような人であったり、本が好きだというような人も多いですよね。

書店ではなく図書館での出会いはどうなのだろうか?というような人もいるかもしれませんが、図書館と書店では様々な違いがありますよね。

何より大きな違いというのは、気軽に話すことができるという事であったり、書店の場合は気軽に行くことができるので、本好きな人と出会い易いというような事もあるのではないかと思います。

図書館での出会いというのもよくあると思いますが、少しハードルが高く、自分の理想とは違うというような事もあるかもしれません。

そんな人のために今回は書店での出会いについて詳しくお話をしたいと思います!特に出会いを求めている人で書店や図書館というような読書が好きな異性を出会いとして求めるのであればとてもオススメな場所です!

そんな人と出会える8個の方法についてもお話をしたいと思います!

書店で出会いが本当にあるのかと不安になる人もいるかもしれませんが、図書館よりハードルが低いので出会い易い場所という事だけは頭に入れておきましょう!

ではどの様な方法を取ることで出会えるのか詳しく見てみたいと思います。

書店では出会いもある?

実は書店の方が出会いが多いという事はご存知でしょうか?

書店での出会いというのは基本的に出入りが激しいので、どうしても様々な人で多いからあまり出会いなども少ないのではないかとも思われがちです。

しかしながら書店での出会いというのは実は、図書館などのようなところよりも可能性というものが高くなっているのではないかと思います。

特に書店というのは図書館よりも出会いがあるというのには様々な理由があるのです。

1.書店は図書館よりも出会いに優れている


書店は図書館よりも出会いに優れているというような事をお話しましたが、例えば図書館の場合はどうしてもパーソナルスペースが形成されるので、話しかけにくいというような事もあるかもしれません。

他にも物静かなので声がかけにくいというような事があるでしょう。

図書館での出会いというのは基本的にはすれ違うというような事などがあっても、気軽に話しかけるというような事ができないのでハードルが高いとも思われる場所なのではないかと思います。

実際に図書館での出会いというのもあるかもしれませんが、実は書店での出会いも多くあり、その多くの人が読書好きな異性というような事もあるのではないかと思います。

では図書館よりも優れている理由について詳しく見てみたいと思います。

皆さんは書店と図書館の違いというようなもので、どの様なものが思いつきますか?

図書館はパーソナルスペースが形成される

例えば図書館というのは基本的にパーソナルスペースが形成されることが多いです。

パーソナルスペースというのは簡単に言えば、他の人が入ると不快に思ってしまう環境という事になります。

よく自分自身が集中して作業をしている中に、他の人が入ってしまうと不快に思ったりするような事ってありませんか?折角今集中をしているにも関わらず、そのスペースに入られてしまい警戒をしたり、嫌な気持ちになるというような事が多いのではないかと思います。

特に図書館では自習室のようなものもあり、そこで勉強をする学生というのも多いですよね。

その空間にいきなり入られたりすると、どうしても集中力が途切れてしまい、嫌な気持ちになるというような事もあるのではないかと思います。

ここで大事なことは図書館というものはそのスペースが自然と形成されやすいのですが、書店の場合はこのスペースが比較的に無いという事なのです。

どういう事かというと、いわゆる集中するような環境ではないので、そのスペースがどんどん小さくなるという事です。

常にこのパーソナルスペースを広めている場合では、誰に対しても警戒心を持ったりしてしまい、不快に思うというような事になってしまいますよね。

すれ違う人に対してもこの様な気持ちになるという事は先ずありえないと思います。

しかしながら書店の場合は、そのスペースが比較的に狭いので、気軽に声をかけやすく、相手も警戒などをするかもしれませんが、嫌な気持ちというようなものが基本的には無いのではないかと思います。

静かで声がかけにくい

図書館の場合になると静かで声がかけにくいというような事もあるのではないかと思います。

図書館では静かにというような事はどこでも同じですが、気になる人に声をかけるというような事があると、どうしてもその行為なども目立ってしまい、周りの人達から煩いとも思われてしまう可能性が高くなるという事です。

特に静かな場所というのは、ヒソヒソと喋るときに余計に耳に入ってしまうので、周囲の集中であったり、折角本を読んでいるのにと思われてしまいかねません。

なので静かで声がかけにくいというような事があるのではないかと思います。

基本的に気になる人や声をかけたい人がいるとなった場合でも、声をかけずらいという事になり、どうしても気軽にというような事ができないのも特徴的かもしれません。

声をかけるというようなものではなく、紙に書くというような方法もあるかもしれませんが、その方法になると余計に警戒をされてしまったりすることも多いのではないかと思うので、図書館で声をかけるというのはどうしてもハードルが高くなってしまうのではないかと思います。

書店は気軽に訪れる場所

図書館の場合はどうしても理由があって行くような人が多いですよね。

例えば参考にする資料が欲しいから図書館に行くというような事や、自宅で勉強などができないから図書館で勉強をするというような事、静かに本を読みたいので図書館に行くというような様々な理由で図書館には行くことが多いのではないかと思います。

遊びに行くというような感覚では決してないですよね。

基本的に理由が無い限りは図書館に行くというような事が滅多にないのではないかと思います。

しかし、書店の場合はその様なことがなく、なんとなく立ち寄るといった気軽に訪れる場所なのではないかと思います。

基本的に読書が好きな人というのはどうしても本を読むために本の仕入れをすると思いますが、その様な人であったり、何か良い本はないかと探しにくるというような人であったり、時間を潰すために書店に行くというような人もいるでしょう。

図書館とは違い、明確な理由というものが無いにしても、気軽に訪れる場所であるため、様々な人が出入りをしますが、出会いも同時に求めるような人もいるのではないかと思います。

声をかけるハードルは低い

また書店の利点とういうのは、図書館とは違い気軽に話しかけることができるという事です。

いわゆる図書館というのは明確な目的で行くような人達が多いので、どうしても集中をするような環境が多く、館内も静かにするというような事が大前提になりますよね。

しかしながら書店というのは、デパートの中であったり商店街の中というような、基本的に静かだから話しかけ辛いというような図書館とは違い、ガヤガヤとしているような環境になるので声をかけるハードルは低いという事になるのではないかと思います。

読書好きな人に出会う8個の方法

ではそんな図書館と書店の違いをお話ししましたが、出会いを求めるという人というのは、基本的に読書好きな人に出会いたいからというような事があるのではないかと思います。

例えば読書好きな人が誰と付き合いたいとなった時に、同じ読書が好きな人を求めるような人が多いのではないかと思います。

特に一緒の趣味の人とめぐり合うというような事は、あまり無いので、書店での出会いなどを求めるというような人は基本的に読書好きな人と出会いたいというような人が多いのではないかと思います。

そんな読書好きな人と出会うためには様々な方法があります。

言うのであれば自分のジャンルの知識を極めたり、興味がある本が置いてあるコーナーにいたりと、様々な方法で出会うことができるのではないかと思います!

今回はそんな8個の方法について詳しく見てみたいと思いますが、皆さんはどの様にして読書好きな人と出会いますか?

では詳しく見てみたいと思います。

1.自分が詳しいジャンルの知識を極める


自分が詳しいジャンルの知識を極めることで読書好きな異性と出会うというような方法もあります。

読書が好きだという事は、どの様な本が好きかというのは人それぞれになりますよね。

どうしても本というのは自分好みのものがあるのではないかと思うので、基本的にジャンルが相手と合うというようなことが無いようにも思えます。

しかしながら自分が詳しいジャンルの知識があるのであれば、それを極めることで相手との会話を弾ませることもできるのではないかと思います。

特に知識を極めることで話が弾むようにもなり、声をかけられてもしっかり説明できるというような事もあるので、そこから話を盛り上げて仲良くなるというような事もあるのではないかと思います。

読書好きな人であれば、誰しも得意で詳しいジャンルがあるのではないかと思います。

そのジャンルを是非極めてみると良いのではないでしょうか?

話が弾むように

話しが弾むようになるというような事になれば、お互いが仲良くなったり知り合えるチャンスにもなるのではないかと思います。

自分が詳しいジャンルを極めることで、その事に関して詳しく話しをしたり、その話題から更に広げるといったこともあるのではないかと思います。

話しが弾むことというのは基本的にないことが多いですが、同じ読書好きだからこそできるような話というのを、初対面から話せるというような事もあるのではないかと思います。

特に話が弾むことがあれば、連絡先などを聞いたりするというような事もあるのではないかと思うので、出会える可能性というのも高くなるのではないかと思います。

声をかけられてもしっかり説明できる

声をかけられてもしっかり説明できるというような事もあるのではないかと思います。

例えばこちらかではなく、相手側から声をかけてくるというような事もあるのではないでしょうか?

その様な時に大事なことというのは、声をかけられても説明をすることができるようになるという事です。

これは印象のアップにも繋がるのではないかと思います。

例えば相手が気になってこちらを声かけた場合、声をかけられてもしっかりと説明をすることができるのであれば、相手から頼れる人だとも思われますよね。

よく雰囲気などで店員さんと間違えるというような事も聞きますが、その様なことにもなるかもしれません。

なので声をかけられても説明ができるようにすることが大切になるのではないかと思います。

2.興味がある本が置いてあるコーナーにいる

興味がある本が置いてあるコーナーにいることでも書店での出会いというものがあるのではないかと思います。

特に重要なのは、興味がある本が置いてあるコーナーにいることで、その共通の話題をすることができるというような事もあるのではないかと思います。

また知らないことについて教えてもらうというような利点もあるのではないかと思います。

興味のあるような分野というのは基本的にまだ自分が知らないような事もあるので、その事について教えてもらうというような事もあるのではないかと思うのです。

書店での出会いとなると、相手も読書好きな人が多いので、自分の趣味だけではなく、相手の事も何が好きなのかという事を把握できるようになるのではないかと思います。

興味がある本が置いてあるコーナーにいることで、相手のこともわかるという様なこともあるということです!

共通の話題で盛り上がれる

例えば同じような趣味であるのであれば共通の話題で盛り上がることは間違いないでしょう!

話題というのはどうしてもお互いが興味のあるものであったり、気になるようなもので話すことでお互いが盛り上がるというような事があるのではないかと思います。

ここで大事なことは、知っていることに関しても知らないことに関しても、お互いの共通の「読書」について話を盛り上げるということです。

言うのであれば他の話題などをしても盛り上がらないことが多いのは、お互いが共通の趣味や好きなことについて話をしないからなのではないかと思います。

そんな共通の話題で盛り上がることができるのであれば、とても嬉しいと思いますよね。

共通の話題を探しつつ、お互いがどの様なジャンルで話すことが多いのか探るというのも1つの方法かと思います。

知らないことを教えてもらえる

知らないことについて教えてもらえるというのは、自分の知識も深めることができます。

相手とただ出会いたいからではなく、お互いの趣味を理解し合える人と出会うことで、知らないことにも興味を持ち始めるのではないかと思います。

よくあるのが恋人同士になって、お互いの好きなことを共有し始めるというような事もありますよね。

基本的に知らないことについてはどうしても気になってしまうというような人も多いです。

そして、その事について調べていたり、趣味としてハマるというような事もあるので、知らないことを教えてもらうというのはとてもお互いにとって、嬉しいことなのです。

読書好きな人と出会いを求めて書店に行くというような人は基本的に知らないことをどんどん相手から聞くようにすることで、様々なことを知ることができるのではないかと思います。

3.声をかけたり、かけられたりすることが多いジャンル

声をかけたり、かけられたりすることが多いジャンルについて学んだり、その付近にいるというような事もあるでしょう。

基本的に書店でその場所にいるという事は、その本について興味があるからという事になりますよね。

例えばマンガに興味があるのであればマンガに、小説でもどの様な小説に興味があるのかで、置いてある場所が違いますよね。

ライトノベルであればマンガ付近にある書店もあったり、ビジネス関連のものであれば別の場所に置いてあったりと、書店によって様々な置く場所というものが決まっていると思います。

そこで声をかけたり、かけられたりすることで、お互いのことを聞いたり、話で盛り上がるというような事があるかもしれません!

特に多いのはTOEICなどの英語関連のものであったり、習い事系というのも特殊でしょう。

ジャンルが決まっているものに関しては、その関連に興味がある人しか見ないと思うので、声をかけやすくもなるという事です。

ではどの様なジャンルに多いのか詳しく見てみたいと思います。

投資

投資というのもあるでしょう。

最近では男女共に投資をするような人が増えてきていますよね。

副業として稼いでいたり、興味があって投資をするというような人も多いです。

読書好きでもビジネス関連のものを読むのが好きだから投資の本も読んでいるというような人もいるでしょう。

興味本位で知識だけ得るというような人も、読書好きの中では多いのではないかと思います。

TOEIC

皆さんがよく本として立ち止まったり、手に取ってみる中にはTOEICなどがあるのではないかと思います。

特にTOEICでは、毎年のように受験をする人も多いので、様々な問題集を手に取り確認をしたり、購入をしたりするというような人が多いです。

他のジャンルなどに比べると読書好きというようなものではなく、その事について勉強をするために立ち寄るというような人が多いので、少し読書好きとは離れているような人もいるかもしれません。

しかしながら人の出入りの中では一番多いようなジャンルでもあるので、自分自身もTOEICなどを受けているのであれば、その事から話題を広めるというような事もできるのではないかと思います。

習い事系

習い事系というような事もあるでしょう。

習い事というのは、その人によっては特定のジャンルとして絞ることができます。

仮に本が好きで他のものも手にしている状態であれば、共通の趣味、そして習い事というような事で話を盛り上げることもできるのではないかと思います。

習い事系の特徴としては、そのジャンルで絞ることができるという事です。

例えばですが、茶道について学んでいる人というのは少ないですよね。

誰もが習い事をしてきた中で茶道について習っているというような人は少ないと思います。

逆を言えば、その茶道に関する内容に手を取ったりしたのであれば、実際に習っているような人か、もしくは気になっている人という事になるので、その習い事を限定的に絞り話題をすることができるという利点もあるという事です。

資格系

資格系というようなものもあるでしょう。

皆さんがよく受けるものでは英検などがあると思いますが、その資格に関するジャンルにいることで声をかけられたり、かけることができるチャンスというようなものが増えます。

誰でも幅広く、多くの資格を取ろうとするので、どんな人も出入りをしているのが資格系の特徴でしょう。

なので気兼ねなく話しかける難易度としては比較的に低いのではないかと思います。

ハードルとして何故低いのかというと、どの様な人でもその場所を見たりすることがあるので、いろいろな人と話しをすることができるというのもあるでしょう。

4.アドバイスっぽく声をかける

よくドラマなどでアドバイスっぽく声をかけるというようなシーンを見たことはありませんか?

例えば「この本はこうなので、こちらもオススメですよ」というような、ドラマの展開では意中の人になるきっかけ、出会いのきっかけというようなもので使われることが多いかもしれません。

アドバイスっぽく声をかけるというのは、相手もそのアドバイスを聞き入れる確率がとても多いので、そこから仲良くなるというような事も多いのではないかと思います。

特に読書好きであり、相手も読書好きなのであれば様々な話題をすることができるでしょう。

お互いがお互いのアドバイスをすることができるという利点もあるので、その関連のことについて詳しく見ることができるというのもあるかもしれません。

この本お勧めですよ

この本お勧めですよ、と気兼ねなく声をかけることが重要になります。

真剣に言ったりするとどうしても相手もビックリしてしまいますよね。

なのでこの本お勧めですよ、と気兼ねなく声をかけることが重要になるのではないかと思います。

5.共通の趣味をアピールしながら声をかける

共通の趣味をアピールしながら声をかけるという方法もあるでしょう。

例えば相手がその気になるジャンルを手に取っているのであれば、その事について話をしたり、面白いですよねと声をかけるのも1つの方法なのではないかと思います。

この本私も持っています

この本私も持っていますというような事を言うことで、相手もどの様な本だったのか気になり「どうでしたか?」というような事を聞かれる場合も多いです。

なのでそこから話を広げて読書好きな人と出会うというような事もあるのではないかと思います。

この本、面白いですよね

この本面白いですよね、と声をかける方法もあるでしょう。

言うのであれば相手はその本を気にしていたり、1度見たという事で手に取る可能性が高いです。

なので「この本面白いですよね」と声をかけることで、相手の反応をうかがうことができるのではないかと思います。

そしてそこから話を盛り上げるというような事もできるので、基本的には相手の反応を見てこちらも言うというような事が大切になるのではないかと思います。

6.顔なじみに

実は書店で顔なじみになるというような事もあるのです。

言うのであれば毎月この日に行くとこの人はいるなというような事が、店員さんではよく分かると言われています。

どうしても店員さんというのは、週に何日も書店で働くので、お客さんの中では特徴的な人を覚えているというような事もあるのではないかと思うのです。

なので、例えば毎週月曜日に行くと必ずこの人がいるというような事もあるのではないかと思います。

週刊誌などを買うというような人は、その曜日になるといつも買いに行くというような事が多いのではないかと思います。

常連の本屋ならいつも会う人も

常連の本屋ならいつも会うというような人もいるかもしれませんね。

それは大きな書店であったり、小さな書店でも同じことが言えるのではないかと思います。

最近では中古本というような形で、安く売っている場所も多く、そこで出入りをするというような人達も多いので、常連の本屋ならいつも会う人もいるのではないかと思います。

7.お客だけではない

実はこの様なことというのはお客さんだけではありません。

言うのであれば店員さんと仲良くなれるという可能性もあるという事を覚えておくようにしましょう。

特に店員さんとの出会いというのも、よくある話なので、お客さんだけではなく、店員さんに声をかけるというような事もあるのではないかと思います。

店員さんとの出会いもあり

店員さんとの出会いもありますが、ここで注意をすることがあります。

それは店員さんに迷惑を絶対にかけないという事です。

もちろん本を買いにくる人にも同じことが言えますが、迷惑をかけてまで出会いを求めるというような事になってしまうと、いけないことになりますし、相手も不快に思う可能性が非常に高いです。

なので店員さんとの出会いなどもありますが、基本的に邪魔にならないようにというのが大前提になるのではないかと思います。

8.警戒心が解かれている

警戒心が解かれているので話しかけやすいというような事もあるかもしれません。

例えば警戒心というのは、図書館であればパーソナルスペースが出てきてしまうものの、書店ではそのスペースが狭いので、警戒をすることが非常に少ないです。

しかしながらも常に警戒心を出しているというような人も多いです。

基本的にプライベートのことになってしまうので、警戒心が完全にないというような人は先ずいないでしょう。

中には話しかけてこないで欲しいというような人もいるので、話かける際にはその見極めなどをすることも大切になるのではないかと思います。

目的は本だから

その理由というのは、書店に行く目的です。

あくまで本を買いに行く、気になる本があるか確認するといった目的で書店に行くような人が多いので、そこで声をかけるというような人も多いのではないかと思います。

同じ読書好きの人と仲良くなりたいから声をかけるというような人もいるでしょう。

しかしながら相手に迷惑のかける行為だけはしないようにすることが必須になります。

好きな本を探しながら(まとめ)

いかがでしたか?同じ読書好きな人と出会うことができるというのは、実は図書館などより書店の方が確率が高いのです。

そして何より好きな本を探しながら、同じ共通の趣味の人を探すことができるという事もあるので、仲間を増やしたいというような気持ちのある人も、書店での声をかけるというような事をお勧めします。

仮に気になる人がいるのであれば、気兼ねなく声をかけるという事が必須になるでしょう。

しつこいようですと、相手を不快にさせたりすることも多いので、適度な声かけをして、反応が良い人に更に話しを盛り上げるというようなことをすれば良いのではないかと思います。