人というのは毎日が同じような気持ちであったりポテンシャルを保つというような事は難しいですよね。

例えば楽しいと思った気持ちをそのまま継続させるというのは先ず不可能に近いと思いませんか?

どんな事でもそうですが、辛いことや楽しいことがあるからこその人生だと思います。

よくポジティブな人やネガティブな人とありますが、ポジティブな人がずっとポジティブな考えや気持ちを保てるのかと言われるとそうではありませんよね。

悲しいことがあれば泣く、楽しいと思えば笑うといった喜怒哀楽というものが誰しもあると思います。

そんな気持ちをずっと保ち続けたら良いと考えるような人も少なくはないことでしょう。

そんな毎日を送っているなか、ほとんどの皆さんがやる気が出ないというような状況がくる時ってありますよね。

それは仕事です。

仕事というのは同じことの繰り返しであったり、何か忙しい時期や大変な繁忙期などになると、常にやる気を出せと言われても難しいのではないかと思います。

特に仕事のやる気が無いのに仕事に行くというのは人によっては苦痛に感じることも多いはずです。

嫌なことをしないといけない、辛いことをしないといけないという時はあると思いますが、特に感じられることが多いのはこの「仕事」というものなのではないかと思うのです。

今回はそんな仕事にやる気が出ない人のために、その日の時間の潰し方や対策方法などをお教えできたら良いなと思います。

特に大事な事といのは、仕事にやる気が出ないからこそ考え方を変えたり、何か目標をつけたりするという事が大事になるのです。

人というのは行動に移す際にはどうしてもその行動の源となるものが必要になるでしょう。

例えば好きな物を買いたい!となればどうしてもお金を稼ぐことが必要になりますよね?

そこでそのお金を稼ぐには今の仕事を頑張らなくてはいけない、貯金をしないといけないと様々な考えが出てくるのではないかと思います。

その考えを実行しなければ好きな物はいつまでたっても買えない状態になってしまうので、どうしても欲しいと思うような人というのは、その目標を決めてひたすらに頑張っているのではないかと思うのです。

もちろん、常に仕事にやる気がある訳ではないですよね。

その目標があってからこそ仕事をする!という気持ちにさせてくれるという事になります。

今回はそれと少し似ている箇所があるかもしれません。

皆さんは仕事にやる気が出ない日というのはどの様にして時間を過ごしていますか?

またどの様にして考えていますか?様々な考え方や時間の潰し方というようなものがあると思いますが、今回はその代表的な8個の対策についてお話をしたいと思います。

普段皆さんがやる気の無いときというのは、どの様にして時間を潰したりしていますか?

仕事にやる気が出ない日の8個の時間の潰し方や対策

仕事にやる気が出ない日の8個の時間の潰し方や対策について紹介をしたいと思います。

例えば未来のことを考えるというような事もあるでしょう。

目的意識を持って行動をすることで、やる気が出ないと思っても、再びやる気をおこさせることができるのではないかと思います。

他にも後輩の指導をするというような事も1つあるのではないでしょうか?実は会社でのやる気というのは、自分自身の気持ちの問題ではなく、相手からどの様に思われているのかでも変わってくるものです。

例えば仕事の後輩が「先輩を目標にしています!」というような事を言っているのであれば、こちらは悪い気はしませんよね。

その後輩に応えるべく、仕事を頑張るのではないかと思います。

この様に人からの影響でやる気を出すというような対策を取ることができるのです。

他にも積極的になったり、新たな目標を立てるというような事もあるでしょう。

仕事の整理をして時間を潰すというような人もいるかもしれません。

仕事の時間というのは限られた時間でするものなので、その中でできる事が全て終わってしまったのであれば、新たなものを探したり、今までの仕事を整理したりと様々な使い方があるのではないかと思うのです。

仕事にやる気が出ないから何もしない、というような事もあるかもしれませんが、そうではなく、仕事にやる気が出ないからこそ、頑張れるような事も見つかるかもしれません。

今回はそんな8個のことについて詳しく見てみたいと思います。

皆さんはどの様なことがありますか?

1.未来のことを考える


未来のことを考えるというような事で仕事のやる気が出ない時に乗り切るというような方法があります。

これはどの様なことかと言うと簡単に言えば目標を立てるという事です。

目標というのはそれを達成するために努力をするというようなものであり、例えば「今日は仕事を早めに終わらせて暇な時間を作る」というような目標を立てるとします。

そうする事で人というのは「その早めに終わらせて暇な時間を作りたい」という目的意識が出てくるので、その事に関して努力をしたり頑張ったりするというような事があるのです。

他にもよく子供がプロのスポーツ選手になりたいというような事を言って、ずっと小さい頃からスポーツを習い学校に入る際にも部活でその部に入るというような事をしますが、好きだからするというようなものではなく、この場合はプロになりたいから小さい頃から頑張るという目的意識があるからこそだとも思うのです。

その様な人というのは基本的にどんどん成長をしていくにつれてその技量を高めることができるので、自分が成長をしている姿などを思い浮かべることができるのではないかと思います。

他にも様々な利点というものがありますが、未来のことを考えるというのは、すなわち目標を明確にするというような事でもあるという事を覚えておくようにしましょう。

目的意識を芽生えさせる

目的意識を芽生えさせることはとても重要な事になります。

例えば目的意識を芽生えさせるという事は、明確にするという事であり、その目的に向かって人は頑張れるというようなものなのです。

特に大事な事は、目標を上すぎてしまうと、その目標に手が届かなくなってしまうという事です。

目標というのは届きそうで届かないからこそ頑張れるようなものなので、段階を組んで目標を組み立てると良いかもしれません。

例えば「近い将来は課長になりたい、部長になりたい」というような事を考えているのであれば、そうなるために日頃の仕事をもっと頑張らないといけないと思ったりしますよね。

基本的に会社での仕事というのは、先ずは社員で入り、そこからどんどん位が高くなっていくものですよね。

キャリアを積むというのはこの様なことを言い、どんどんキャリアを積んで成長をして、上の位につくというような事になると思うのです。

その際にいきなり「社長になりたい」というような考えをしては、その目標がどんどん遠ざかってしまう一方になってしまいます。

何故なら努力などをするにしても、先ずその社長に近付くためには様々な事が必要になるからです。

例えば副社長になる、というような事が必須にもなってきますよね。

目的意識を芽生えさせるというのは、大きいければ大きいほどより遠くの存在にもなってしまいますので、先ずは近くから、そして少しずつ大きくしていけば良いのではないかと思います。

自分が成長していく姿を思い浮かべる

その際に大事な事は自分が成長していく姿を思い浮かべるという事です。

どの様なことかと言うと、例えば「自分がこの様に成長をすると良いだろうな」というような事って皆さんあると思います。

よくあるのがダイエットをしたりする女性、筋肉をつけたい男性にあると思いますが、自分のスタイルというのをこの様にしたいと思う人は多いはずです。

その際にその成長をどんどん記録していく人はいませんか?実はこれはとても効果的な方法の1つなのです。

いわゆる成長をしているという実感を沸くことができるので、よく写真を撮ったりすると思いますが、自分がいかに成長をしているのかを見ることができるという事になります。

この様な方法を取ることで、やる気が出ない時でも、時間を有意義に使うことができたり、対策をすることができるのではないかと思うのです。

責任あるポジションを任される近い将来を夢見る

責任あるポジションを任される近い将来を夢見るというのも良いでしょう。

これは先ほど説明した目的意識を芽生えさせるというようなものに少し似ていますよね。

近い将来はこうなっているだろう、という意識を持つことで今の仕事を取り組むことができるようになるのではないかと思います。

またどうしてもやる気が出ないというときこそ、この将来を夢見るというのはとても効果的になります。

やる気が出ないのであれば、その先のことを考えて行動をするという事で、人というのは動くようになるのです。

「責任あるポジションを任される近い将来」という事は、それほど遠くはないという事になりますよね。

仕事というのはその会社にもよりますが、責任が重大な仕事というのもあると思います。

それをやりがいに感じる人も中にはいると思いますが、その様なことを考えると、よりやる気が出ない日を乗り越えさせてくれるのではないかと思うのです。

2.後輩の指導をする


後輩の指導をするというのも1つの方法です。

実はやる気が出ないという原因の1つには、目標が無いというのもそうですが、やる事が見つからないからというのもあるのではないかと思います。

例えば入社をして数年になり後輩ができた人というのは、今の自分の仕事が終わってしまえばやる事というのはどんどん少なくなってきますよね。

その時にどうしても暇という時間であったり、体調によってやる気が出ないというような事もあるのではないかと思います。

そんな時に後輩の指導をすることによって、自分がやってきたことを振り返ったり、また目標にされることでやる気をアップさせることができるのではないかと思うのです。

特に後輩を持っているという人は慕われている証拠でもあるのではないでしょうか?

自分より他の人を目標にした方が良いという人もいるかもしれませんが、それほど目標にされるという事は魅力のある人だという事なのです。

例え入社したての頃は失敗ばかりしていても、後々で評価をされることはとても多いと思います。

その事を見つめ直す時間も作ってみると、やる気が出ない日も乗り切ることができるかもしれません。

今までやってきたことの振り返りができる

ここで大事なことは今までやってきたことの振り返りができるという事です。

後輩に教えるという事は、その後輩が今やっている事というのは自分自身が当時経験をしたものという事になりますよね。

それが例えば失敗をしたことであっても後輩はもしかすると成功をしているかもしれません。

またその逆もありえることでしょう。

その様な振り返りができる時間というのは、実際に後輩に教えているときか、普段仕事をしている際に過去のことを意識しないと考えることができない事ですよね。

特に今までやってきたことの振り返りというのは今の自分にとってはとても良い経験ともなっているのではないかと思います。

やる気が出ない日だからこそ、過去を振り返ってみても面白いかもしれませんよ?

自分がやってきたことを認めてもらえる

自分がやってきたこを認めてもらえるというような事もあるでしょう。

例えば後輩に教える際に、自分がしてきたことを教えていくことで、後輩から「すごい!」と思われることも多いかもしれません。

またその成果というものが上司や他の上の人達にも認められるというような事が多いのではないかと思います。

自分がやってきたことを認めてもらえるというのは誰でも嬉しいことであり、時には涙を流すほど嬉しいこともあるのではないかと思うのです。

特にこの様なことというのは、普段努力をしている人こそ認めてもらえることが多いです。

影ながら努力をしてきて、それが実ったときの達成感というのは他では味わえないものになってくるのではないかとも思います。

目標にされることでやる気がアップする

目標にされることでやる気がアップするというような事もあるでしょう。

例えば目標にされるというのは誰しも悪い気持ちにはなりませんよね。

逆に言えば尚更燃え上げるのではないかとも思います。

よくスポーツ選手などが目標にしている子たちに対して教えたりするというような事もありますが、自分自身のモチベーションもあげているという事になるのです。

特に目標にされるという事は、やる気がない日であったとしても、目標にしてくれている後輩がいるというだけでもやる気がアップするようになります。

よく上司と後輩で仲の良い人たちもいますが、目標にしつつされつつというような関係というのはお互いの関係を良くし、そしてお互いが成長することができるようにもなるのです。

なので目標にされることでやる気がアップするというような事はとても良い効果なので、ぜひやる気が出ないときこそ後輩などの指導をして関係を深めてください!

3.同年代の仕事のあり方について調べてみる

同年代の仕事のあり方について調べてみるというのも良いかもしれません。

普段は考えないような事でも、違うような考え方や、どの様な形になっているのかという事を知れる機会にもなります。

普通仕事というのは自分自身だけのことであり、周りは関係ないというような人もいるかもしれませんが、同業者という人は必ずいますよね。

同じような人であったり、同年代の人も必ずいるはずです。

その人達はどの様な仕事のあり方をしているのか、どの様な挫折であったり、成功や失敗を味わっているのか、共感をすることができるのかというような事を調べると良いかもしれません。

やる気が出ないときこそ、同じような境遇の人というのはたくさんいると思います。

そこで大事なことはその同年代の仕事のあり方について調べるというような事なのです。

どんな挫折を味わっているのか

どんな挫折を味わっているのかを調べるというような事も良いでしょう。

言うのであれば、自分も同じような経験をしたことがあると思う人もいるかもしれませんし、同じような失敗はしないようにしようという反面教師にもすることができるのではないかと思います。

ここで大事なことは挫折をしている際に、どの様にしてそこかた立ち直るのかという事です。

やる気が出ない日だからこそ、この様なことを調べてみることで、今後の対策であったり、意識をして行動をすることができるのではないかと思います。

失敗や成功はどういうものなのか

失敗や成功はどういうものなのかというのもあるでしょう。

例えば失敗をした時というのはどの様な時なのか、取引先とのトラブルであったり、上手く連絡が伝わっていないというような事もあるかもしれませんよね。

この様な経験をまだしたことが無いという人はもしかすると今後この様なことがおこってしまう可能性もあるかもしれないという事です。

そこでその体験談などを参考にしてこうならないようにするには、というような対策を立てることができるようになります。

やる気がでない時だからこそ、失敗の体験談を聞き、今後に役立てるべきなのです。

そして失敗だけではなく成功も大事な事です。

特に成功なことというのは、吸収できるものであればどんどん吸収していくのも1つの方法なのではないかと思います。

失敗や成功というのはどの様なものなのか、今一度見直してみても良いかもしれませんね。

共感できることは何か

共感できることは何かという事も調べると良いでしょう。

もしかすると現に共感できるような事をたくさんしてきた人も多いかもしれません。

誰しもが通る道というような言葉をよく耳にしますが、共感できる事は何なのか、そして共感をしてどの様にするのかという事が大事になってくるのではないかと思います。

4.自分の仕事を整理してみる

自分の仕事を整理してみるというのもやる気が出ない時だからこそ時間を潰してできることなのではないかと思います。

自分の仕事というのは終わったらそのまま終わりではなく、その記録というものがあったりもしますよね。

昔はこの様なことをやったというような資料を取っている人も多いかもしれません。

そんな時にその過去の仕事を整理したりすると面白い発見などをすることができるかもしれません。

昔の自分にはないような事が今の自分にはあったり、逆に昔の自分にはあったものが今の自分にはないというような発見もできるのではないかと思います。

ここで大事なことは仕事を整理している時に、ただ整理をするのではなく、達成感が得られている部分を見つけることが大切になります。

失敗ではなく成功をした部分を見つけることで、やる気というものを再び出すことが可能になるでしょう。

楽しさが見いだせるかも

楽しさが見出せる可能性も高くなります。

特に楽しさというのは人によって違うので、自分は自分の楽しさというものが必ずあります。

それは仕事を通じてでも同じことが言えるのではないでしょうか?

例えばアパレルなどの仕事をしている際に接客が楽しいという人とオシャレをしながら仕事をできるから楽しいという人と、様々な楽しみ方というものがあると思うのです。

特にこの様な仕事の場合はそれぞれがその仕事での楽しさを見出しているのではないかと思うのです。

どの仕事でも同じことが言えるのではないかと思います。

企画をたちあげるのが楽しいという人や、ひたすら事務処理をするのが楽しいという人もいるかもしれませんね。

やる気がでない時こそこの様な仕事の整理をすることで、楽しさというものを再び感じることができるのかもしれません。

達成感が得られる部分を見つける

やる気がない時というのは何に対しても感情が出てこなかったりすることが多いです。

そこで大事なことは達成感が得られる部分を見つけることが大事になります。

いわゆる過去の事で失敗をしたものだけではなく、成功をしたものを主に整理をつけるというのが良い方法なのです。

5.数をこなしてみる

やる気が出ないという理由の中には今の仕事が早く終わってしまったからというような事もあるでしょう。

特に午前中には仕事を終わらせてしまったという人や時間に猶予をもって行動をしているというような人も多くいると思います。

そんな時に大事なのは、数をこなしてみることです。

例えば数をこなすという事は、自分の仕事だけではなく他の人の仕事もするという事です。

言うのであれば忙しくしてみるという事であったり、他の人の手伝いもしたりというような、暇を作るという時間を無くすという事も1つの対策になるのではないかと思います。

仕事のやる気が出ないという人の中には、仕事が無さ過ぎてやる気が出ないというような事もあるのではないかと思います。

しかしながら数をこなすことで、その暇をなくし、やる気を出すというような方法もあることを覚えておくようにしましょう!

忙しくしてみる

忙しくしてみるというのも1つの方法です。

例えば忙しくするという事は、暇の時間を無くすというような事を言います。

忙しいほどやる気なども出てきて仕事に熱心に打ち込める人もいますよね。

忙しいからこそやりがいを感じるというような人も多いと思います。

この様に忙しくしてみるというのも1つの方法になるのではないかと思います。

周囲の仕事もどんどん引き受けよう

周囲の仕事もどんどん引き受けても良いでしょう。

例えば自分の仕事が早めに終わったのであれば、後輩や同僚の子に声をかけてみるという事をしても良いかもしれません。

また周囲の仕事というのは基本的にどんどん引き受けることで、周りとのコミュニケーションも多く取ることができます。

関係があまりなかったような人達とも関係を作ることができるので、多くの利点があることでしょう。

しかしながらデメリットを言うのであれば、仕事が多くなるので忙しさというものが思いっきり増してしまうという事です。

やる気が出ない時だからこそ仕事を引き受けるというのも1つの方法ですが、仕事を引き受けすぎないようにすることも大切になるのではないかと思います。

新たな仕事を任せてもらえるかも

新たな仕事を任せてもらえるかもというような事もあるでしょう。

例えば普段やっている仕事と追加で新たな仕事を任せてもらえるようにもなるかもしれないという事です。

これは、数をこなすということは、様々なことができるようになるという事でもあるのです。

1つの分野に対しても仕事というのは何十万とあると思いますが、その数が1日2個や3個だったのが、4個5個と新たに増えるというような可能性が出てくるという事になります。

6.積極的になる

仕事でやる気が出ない日というのは時々きてしまうものですよね。

普段はそんな事ないけれどどうしても身に入らないことや、気になることがあって仕事にやる気が出ないというような事もあるでしょう。

そんな時に大事なことは積極的になり、いろいろな仕事を自分から関わるというような事が必要になります。

時間というのは何もしない時でもどんどん経っていきますが、何もしないときこそ無駄な時間というものはありません!ここで大事なのは積極的になるという事です。

いろんな仕事に自ら関わり合ってみる

いろんな仕事に自ら関わり合ってみるというのはとても大事なことです。

特に仕事などに関して言えることは、自分から動く人ほど仕事というのは成功しやすく出世などもしやすいです。

それほど意欲的だとも思われたり、成長をしたいという気持ちが周りにも伝わるからなのではないかと思います。

いろんな仕事に関わることで、様々な経験や知識を吸収することができるのではないかと思うので、この様な時間の使い方も1つあるという事を覚えておくようにしましょう。

主体的になって、意見をしてみる

主体的になって意見をしてみるというような事も良いかもしれません。

例えば会議などもそうですが、基本的に意見を言うような人というのは上司の人達しかいないですよね。

そんな時に自らが主体的になって、意見をするというような事も大事になってくるのではないかと思います。

7.効率化アップにチャレンジ

効率化アップにチャレンジをするというような事も良い対策方法の1つになります。

これはゲーム感覚でするような人が多いですが、ゲーム感覚で仕事をするのと、ゲーム感覚と思わないで仕事をするのでは、ゲーム感覚で仕事をする方が効率化をアップすることができるのです。

基本的にゲームというようなものは競争心であったり、楽しさというようなものがあるので、仕事にもそれを取り入れるようにして考えているというような人はとても効果を発揮しているのではないかと思います。

残業なしでいかに早く帰れるか試す

その例として残業なしでいかに早く帰れるか試すというような方法もあるでしょう。

基本的に残業というようなものは理由があってするようなものであり、雰囲気で残るというような事は先ずないですよね。

そこで残業をいかに無くすことができるか、いかに早く帰ることができるのかを試すというような事も面白いかもしれません。

例えば定時が17時なのであれば17時に帰るというような事をゲーム感覚でこなすことで、実際にその様になるという確率が高くなるのではないかと思います。

質の高い仕事を癖づけて、スキルアップする

質の高い仕事を癖付けてスキルアップをするというような方法もあるでしょう。

よくあるRPGゲームというのはどんどん経験値を積んでレベルを上げていきますよね。

レベルを上げることで新しいスキルや技を覚えたりもしますが、それを会社でも同じ考えをするという事です。

例えば「今の仕事が終わればレベルが上がり何かを覚える」というような考えを持つとやる気が出ない日を乗り切ることができるかもしれません。

8.新たな目標を立てる

新たな目標を立てるというような事もあるでしょう。

新たな目標というのは既にある目標とは違い、他の目標を立ててみるというような事をすることで、新しくやる気などを出してくれるのではないかと思います。

資格取得

よくあるのが資格取得です。

基本的に資格というのは勉強をせずとも取れるというような人が多いですが、勉強をしなければいけないものが大半ですよね。

なので資格を取りにいき、新しく目標を決めるというような事も1つの方法なのではないかと思います。

【使える資格については、こちらの記事もチェック!】

手当がアップするにはどのようなことをすればいいか

また、手当てがアップするというような事もあるでしょう。

会社によって額の支給などが違うかもしれませんが、手当をアップするにはどの様なことをすれば良いのかと考えることもまた1つの時間つぶしになることでしょう。

気持ちをコントロールしていこう(まとめ)

いかがでしたか?

気持ちをコントロールをして、やる気が出ない日でもやる気を出したり、考え方を変えるだけでその日を乗り切るというような事は簡単にできるのです!

特に考え方を変えたり、気持ちをコントロールするというような事は、難しいと思いますが、慣れると直ぐにできるものですよ?

あまり気のりしないというような日でも楽しく過ごし、自分なりの目標を立てて1日を乗り切りましょう!

そうする事で、楽しい日々が待っていると思いますよ?