女性であれば誰しも、「男性から可愛く思われたい!」という気持ちを持っているものです。

すべての男性に可愛く思われたいという気持ちはなくても、自分の好きな男性や気になる相手には、少なからず自分を可愛く見せたいと思うものでしょう。

しかし、可愛く思われたいという気持ちはあっても、なかなか素直にそれを行動に出すことができない女性もいます。

思ったことと反対の行動を取ってしまったり、好きな相手にはつい冷たく接してしまったりと、自分の気持ちに振り回されてしまう女性も少なくはないでしょう。

しかし表面上は冷たい女性も、本心では可愛く思われたいという気持ちを少なからず持っているものです。

この記事では、男性に可愛くない女と思われてしまう人の特徴や行動を紹介していきます。

可愛くないと男性に思われてしまう女の特徴とは!?

男性は可愛い女性を好みます。

外見はもちろん、性格的な部分も含めて総合的に可愛い女性であることが多いですが、そうした自分にとって理想の女性に出会えた時、男性は少なからずその女性のことを恋愛対象として意識するでしょう。

一方で、まったく「可愛げがない」と思えてしまう女性に対しては、男性はその相手を異性として認識することすらしないでしょう。

また、可愛げがない女性に対しては印象が悪くなりやすいですし、そうなった場合には相手を自分から遠ざけようとすることもありますので、女性からすればますます恋愛のチャンスは遠ざかってしまいます。

では、具体的にはどのようなタイプの女性が男性にとっては「可愛くない」のでしょうか?男性から可愛くないと思われてしまいやすい女性の特徴をご紹介していきます。

外見

人は他人の第一印象を外見で決めることがとても多いです。

初対面の相手が爽やかで、服装も清潔感に溢れていたのなら、ほとんどの人が良い第一印象を抱くでしょう。

また、パリッとしたスーツを着こんで身なりが整っていれば、「仕事が出来そうだな」「頭が良さそうだな」と内面も含めて良い第一印象を抱く人が多いです。

これが女性の場合には、おしゃれな服を着て髪型やメイクもばっちり決まっているのなら、多くの男性は初対面の女性に対して好意的な印象を抱くことでしょう。

さらに服装がキャリアウーマン風で格好良く決まっているのなら自然と美人のイメージがつきやすいですし、可愛らしいワンピースのような格好をしていれば、美人よりは可愛いといった印象を男性は抱きやすいです。

このように、外見の服装や髪型、メイクなどで男性からの印象の良し悪しが決まることは多いです。

しかし服装以外にも、男性は外見で女性の印象を判断するポイントがあります。

それを以下に挙げていきます。

不愛想


いくら外見を整えていても、不愛想な女性は男性から「可愛くない」と思われてしまいやすいです。

むすっとしている表情がクールで格好いいのは、そうした表情をポーズとして見せているモデルくらいのものでしょう。

一般女性が不愛想な表情をしていれば、それに対して好意よりも嫌悪感を抱く男性の方が多いです。

不愛想な表情をしていると、誰でも不機嫌に見えてしまいます。

せっかく男性が話しかけようと思っても、「不機嫌そうだな」「怒っているのかな」と気にしてしまってなかなか話しかけることも出来ないでしょう。

ひょっとしたら女性は緊張からそのような不愛想な顔つきになってしまっているのかもしれませんが、事情はどうあれ不愛想では自ら出会いのチャンスを逃してしまうことが多いです。

女性は男性よりも演技派だと言われていますが、一方で男性よりも感情が顔に出てしまいやすいこともあるため、ちょっとした気持ちのもやもやが顔に出てしまって、それが男性に「可愛くないなぁ」と思わせてしまうこともあるでしょう。

笑顔がない

笑顔がないと、人間としても女性としても魅力に欠けます。

楽しくもないのににこにこと笑顔を取り繕う必要はありませんが、人とコミュニケーションをはかる時に笑顔でいるように努めれば、それだけで周りからは好印象を持ってもらうことが出来ます。

恋愛に関しても同様で、どの男性にも笑顔を振りまくことはしなくても、自分の意中の相手にはできるだけ笑顔で接するようにすれば、その相手はこちらに対して少なからず興味や好意を抱いてくれる可能性があります。

しかし笑顔がない女性は、そうしたチャンスを自ら潰してしまっていることになります。

引っ込み思案な性格の女性や、緊張すると口ごもってしまう女性の場合、気になる男性の前では笑うことも恥ずかしくて出来ないことがあります。

しかしまったく笑顔を見せなければ、自分の女性としての魅力を相手にアピールすることも出来ず、それどころから意中の相手から
「可愛くないな」と思われてしまうこともあるでしょう。

いつも不機嫌

いつも不機嫌な女性は、男性からも女性からも「可愛くない」と思われてしまうでしょう。

男性が女性に対して「可愛いなぁ」と感じるのは、笑顔やふとした仕草、気遣いなどです。

ぶすっとして不機嫌な様子の女性に対しては、可愛さの欠片も感じることはないでしょう。

女性が自ら不機嫌を装っているのか、それとも無意識に不機嫌さが出てしまっているのかは分かりませんが、女性が不機嫌になってしまう事情など男性には関係ありません。

男性の多くは不機嫌な女性に対しては可愛くないと感じてしまいますし、また積極的に声をかけていこうとも思わないでしょう。

今まさに不機嫌になっている女性自身も、そんな状態では冷静に周囲からの自分に対する感情に気付くことは出来ないでしょう。

不機嫌になってしまうことは誰にでもありますが、それを不特定多数の人の前でも平気で出してしまう女性は、同性からも異性からも嫌がられてしまうことが多いです。

見た目に全く気を使わない

いくら男性に対する気遣いが出来て、また立ち振舞いが上品であっても、見た目に全く気を遣っていない女性はその時点で男性の恋愛対象から外されてしまうことが多いです。

「見た目で判断されるのが嫌」という考えを持っている女性ほど、まったく飾らない自分を正当化して、そんな自分でも好きになってくれる男性を探そうとします。

しかしそれは飾らない自分にこだわりを持っているのではなく、単に自分磨きを怠っているだけであり、その言い訳として見た目で判断されるのが嫌だと主張しているだけのことです。

他人から好印象を持たれたいと思っている人ほど、好印象を持たれるための努力をきちんと行っています。

外見を磨くのもそうですし、立ち振る舞いに気を遣うのもそうです。

何の努力もせずに異性に声をかけてもらおうと思うこと自体が、間違った考えなのです。

もしも本当に他人からの印象など気にかけない性格ならば、見た目に気を遣う必要などないでしょう。

しかし見た目に全く気を遣わなければ、周りの男性から「可愛くない」と思われても仕方がないでしょう。

目つきが悪い

目つきが悪い女性は、男性から「可愛くない」と思われてしまいやすいです。

目つきや顔つきは生まれ持ったものですので、どうしようもないこともあります。

しかし視力が悪いため何かにつけて目つきが悪くなってしまう場合には、眼鏡やコンタクトにするだけで目つきの悪さを改善することが出来ます。

また、スッピンでは目つきが悪い印象になってしまう女性でも、メイクをすれば可愛くすることも可能でしょう。

努力してもどうしようもなければ、男性から「可愛くない」と思われることは女性にとっては辛いかもしれません。

しかし努力すれば変わることが出来るのに、それをせずに可愛くないと思われることを嘆いている女性は、いつまで経っても男性から可愛いと思われることはないでしょう。

性格

男性が女性に対して「可愛くないなぁ」と感じる場合、それは外見ではなく中身に対して感じていることが多いです。

どんなに外見が美人でも可愛らしくても、性格に可愛げがなければ男性は魅力を感じません。

もしも「中身はどうでもいいけどとにかく外見が重要!」という価値観の男性がいるとしたら、性格がどれだけ可愛くなくても外見さえ良ければ付き合うことは可能でしょう。

けれども外見だけで全てを判断されるため、いつでも気を抜くことは出来ませんし、少しでも肌が荒れたり体型が崩れたりすれば、途端に相手の気持ちは自分から離れてしまうでしょう。

外見だけに重きを置くような男性との関係はどのみち長続きはしませんので、外見よりも中身をきちんと見てくれる男性の方が重要です。

しかし、そうなると今度はこちらの中身が魅力的でなければ、男性から好かれることは出来ません。

無理して上品ぶる必要はありませんが、男性から見て「可愛げがない」と思えてしまう性格をしていると、やはり男性から好かれることは難しいでしょう。

具体的にはどのような性格の女性が、男性から「可愛くない」と思われてしまうのでしょうか?以下に挙げていきます。

素直じゃない


素直じゃない女性は、男性には可愛げがなく思えてしまいます。

何でもかんでも素直過ぎるのも男性から引かれてしまうことがありますが、だからといってあまりに強情でも男性が魅力を感じることは少ないでしょう。

男性には女性よりも、少なからず力や能力で優れていたいという気持ちがあります。

そしてまた、女性に出来ないことがあり、自分にそれが出来るのなら、女性から頼られたいという気持ちも少なからずあるでしょう。

男性の中には女性にいい格好をすることで自信を得ている人もいますので、男性が頼って欲しいと思う時に素直に頼ることが出来る女性は、男性からは可愛げがあるように思えるでしょう。

しかしどんなに男性が頼って欲しいと思っても、意地を張って素直にならずに、自分だけでなんとかしようとする女性が時々います。

女性からすれば「男に頼らなくても自分だけでなんとか強く生きていきたい」という強い気持ちがあるのかもしれませんが、それは男性からすれば、「自分(男)なんて必要ない」と言われているように思えてしまうでしょう。

自分(男)を頼らないような女性に対しては、男性もあまり積極的にアプローチをしようとはしませんので、男性には可愛げなく思えてしまうでしょう。

強がり

素直じゃない女性と同様に、強がりをする女性も男性からは可愛げなく見えてしまうでしょう。

強がりとは、「他人に頼らずに自分で何とかしよう」という気持ちが行動や言動に表れたものです。

例えば職場で重たい荷物を何個も抱えて歩いている女性がいれば、同僚男性であれば自然と「手伝うよ」と気を遣って声をかけることでしょう。

そこでにこっと笑って「ありがとう」と頼ることが出来れば、その女性は男性から見て魅力的な存在と言えるでしょう。

しかし「大丈夫だから!」と断って、よろよろと一人で歩いて行こうとすれば、その強がる後ろ姿は男性から見た時には、「素直に甘えればいいのに・・」と呆れに映ってしまうことでしょう。

普段から男性に頼ることに抵抗がある女性の場合、こうした強がりが多いです。

しかしこうした強がる姿は「しっかりしているなぁ」ではなく、「そんなに強がらなくてもいいのに、可愛げがないなぁ」と男性には思えてしまっているでしょう。

平気でうそをつく

平気でうそをつく男性は、女性からすればとても信用ならず、軽薄に思えるでしょう。

一方で平気でうそをつく女性も、男性からすればとても信用ならず、同時に可愛げもなく思えることでしょう。

性別に関係なく、うそつきな人は周りの人から信用を得ることは出来ません。

女性の場合には女としての魅力も薄れてしまい、最初は自分に近づいてきた男性も、うそをつくことに気付いた時点で少しずつ離れていってしまうでしょう。

平気でうそをつく女性の場合、そのうそを自分の都合のいいようにつくことがほとんどです。

遊びたいから仕事をサボるために、身内が危篤になったと平気でうそをつき、また意中の相手を手に入れるためにライバルを蹴落とすようなうそも平気でつきます。

そうして自分の存在をうそで塗り固めて都合のいいように作り上げますが、うそはいずれ露見しますので、気付いた男性は皆どこかへ行ってしまうことでしょう。

甘えない

男性に一切甘えない女性も、男性からすれば可愛げがなく思えてしまうでしょう。

甘えるといっても、同性である女性が引くほどに男性にベタベタと甘える必要はありません。

ただ力が必要な時には男性に助けて欲しいと甘えたり、自分一人では大変な状況の時には、手を貸そうとする男性の好意を素直に受け取って甘えたりするだけでも、男性からすれば素直で可愛げのある女性に思えることでしょう。

男性に甘えることは、女性にとっては弱みでも何でもありません。

男性には男性の得意分野がありますので、そうした時には素直に男性の力を借りた方が、女性自身のためにもなるでしょう。

「男に甘えるなんてみっともない」「自分で何とかしてみせる」と考える女性ほど、男性に甘えることに抵抗がありますが、だからといって必要以上に男性の手を借りようとしないのも、男性からすれば「可愛げがないなぁ」と思えてしまうでしょう。

やや狡猾なほどに、男性に甘えて上手く利用した方が男性からも好印象に思われることはありますが、それが一切出来ない女性は男性から可愛く思われることは少ないでしょう。

負けず嫌い

女性の中には、性別を超えた負けず嫌いの人がいます。

仕事で男性に負けじと張り合ったり、力が必要な場面でも男性に負けまいとして必死になったりする女性が時々いますが、そうした女性は男性に頼ることを非常に嫌がる傾向があります。

男女の性別の差による違いを認めたがらず、普通では男性に頼るような場面でも素直に甘えることが出来ないため、剥きになっているようなその姿に、可愛げがないと感じる男性は多いでしょう。

女性当人からすれば、男性に舐められないようにと必死になっているかもしれませんが、男性から見た時には呆れや滑稽に思えてしまうこともあるでしょう。

負けず嫌いの女性は、何かと男性にも剥きになって張り合うことが多く、またそれがあからさまに言動や態度に出ることも多いため、男性が引いてしまって近づかないこともよくあります。

「可愛くない」と思われてしまう行動7選!

男性は女性とは違う性別ですので、女性に対して抱く「女らしさ」の理想は、少々現実とは異なっていることもあります。

しかし女性に対して感じる「可愛らしさ」は、女性の言動や仕草などを直接見た時に心にドキッと感じるものです。

そのため、男性の心をときめかせる可愛らしさを一つでも持っていれば、男性から恋愛対象として見られることは大いにあるでしょう。

一方で、男性から「可愛くない」と思われる仕草や言動を連発してしまうと、異性としてまともに見てもらえなくなってしまうこともあります。

ではどのような言動が、男性からは「可愛くない」と思われてしまうのでしょうか?男性受けの悪い行動について以下に挙げていきます。

喧嘩しても謝らない

男性でも女性でも、喧嘩をしても謝らない人っていますよね。

喧嘩の原因は例え相手にあったとしても、喧嘩になったということは、自分も相手に対してきついことを言ったりしたりしたということです。

原因については意見を譲らなくても、喧嘩になったこと自体はお互い様ですので、どちらも謝った方が当然気持ちはスッキリしますし、仲直りもしやすくなるでしょう。

しかし、「自分は絶対に間違っていない」という気持ちがあると強情になってしまって、いつも相手が折れて謝るのを待ったり、相手が謝っても自分は決して謝らなかったりする女性がいます。

仲直りをしようにも、女性が決して謝らないのでは、渋々折れて謝った男性の気持ちはもやもやとしたままですし、そんな強情な女性の姿に可愛げがないと感じることでしょう。

喜ばせようとしたのに全然喜ばない

男性が少なからず気がある女性に対して贈り物をする時には、相手に「喜んでもらいたい」という気持ちが強いです。

「贈り物をしたのだから喜べよ」という押しつけがましい気持ちまでは抱かなくても、「せっかく贈り物をしたのだから、どうせならば喜んで欲しいなぁ」という気持ちは男性ならば誰もが持つでしょう。

そして、例え贈られたものが嬉しくなくても、男性の気持ちを汲むことが出来る女性ならば、表面上は喜んで男性の気持ちを満足させることが出来るでしょう。

しかし、贈られたものが嬉しいと思えず、その態度をそのまま表に出してしまう女性の場合、大いに男性のプライドを傷つけますので、男性からは「なんて可愛げがない女だ!」と思われてしまうことがあるでしょう。

もちろんもらって嫌なものに、無理矢理に嬉しそうな顔をする必要はどこにもありません。

しかし、それをそのまま表に出してしまう女性は、男性からの受けはかなり悪くなってしまいますし、二度とその後贈り物をされることもなくなるでしょう。

周りに合わせようとしない

周りに合わせようとせず、常に自分勝手な行動ばかりとる女性は、男性からも女性からも可愛げがなく思えてしまいます。

いつでも周りに合わせる必要はありませんが、集団の中にいれば必然的に協調性が求められる場面があるでしょう。

その場面で素直に周りに合わせることが出来る女性は、周りの人と上手く人間関係を築くことが出来ますし、周りに人も集まりやすいため、男性からも可愛いと思われるような機会が巡ってきやすいでしょう。

しかし一方で、必要な場面でも周りに協調せず、自分勝手に好きなことをしている女性は、男性からは可愛げなく思えてしまうでしょう。

周りと協調性がとれない姿からは、将来もしその女性と付き合うことになっても、自分が苦労する姿しか想像は出来ないでしょうから、最初から恋愛対象として見ようとしない男性も多いです。

空気が読めない

その場の空気が読めない女性は、男性からも女性からも疎ましく思われてしまいやすいです。

皆がシリアスな空気になっている時に、一人だけ場違いに明るく振舞ったり、人が話しているのにいきなり自分の話を割り込ませたりと、とにかくその場の空気が読めない人っていますよね。

女性の場合にはそれに加えておしゃべりな人も多いため、空気を読まずにベラベラとおしゃべりをしている女性は、可愛げがないどころか憎々しく思えてしまうこともあるかもしれません。

また、そんな風に空気の読めない女性とは男性もお近づきになりたいとは思いませんので、自分の振舞いによって最初から男性に避けられてしまうことも少なくはないでしょう。

人の話を聞かない

人の話を聞かない女性も、男女どちらからも嫌われてしまう傾向にあります。

女性はもちろん、男性も基本的に自分の話をしっかりと聞いてくれる女性を好みます。

男性の中には口数が少ない人もいますが、こちらが話し始めるまで辛抱強く待ってくれる女性や、相槌を打つことに徹してくれる女性に対しては、男性も心を開きやすいですし、真剣に話を聞いてくれる女性の健気な姿には可愛らしさも覚えることでしょう。

一方で、こちらの話を聞かずに一方的に話しまくる女性や、余所事をして真剣に話を聞いてくれない女性の場合は、どんな男性でも可愛げを感じることはありません。

「どうせ何を言っても話をちゃんと聞いてくれないんだろうな・・」という諦めの感情を覚えてしまって、その女性とはまともにコミュニケーションをとるのも止めてしまうでしょう。

自分に否定的でネガティブ

謙遜する女性には可愛げがありますが、自分に否定的でネガティブな女性には可愛げがありません。

褒められて謙遜する女性の場合、相手が褒めてくれたことに対しては否定をせずに、やんわりとお礼を含めて「それほどでもない」と謙遜をします。

その姿には可愛らしさを覚える男性も多いでしょう。

しかしあまりに自分に否定的でネガティブな女性の場合、せっかくこちらが褒めたこともすべて否定してしまいますし、その上でさらに自分を貶すような発言をしますので、聞いていても気持ちが良くありませんし、「そこまで否定しなくても・・」と呆れてしまう男性も多いでしょう。

例えば男性が女性のファッションを褒めた時に、「全然そんなことないよ!センスも悪いし服だって安物だし・・」と否定をされたら、男性からしたら「間接的に自分のセンスも悪いって言いたいのか?」と思えてしまいますし、こちらの言葉を否定されるのも単純に不快に思えてしまうでしょう。

過剰に否定的でネガティブな女性は、男性からすれば可愛げがなく思えてしまいます。

困っているのに助けを求めてこない

何かあれば直ぐに助けを求めてくる女性にも呆れる男性は少なくありませんが、どんなに大変な状況でも頑なに助けを求めようとしない女性にも、男性は可愛げがないと感じてしまいます。

ちょっと頑張れば自分でどうにか出来る状況であれば、直ぐに助けを求めずに一生懸命に頑張る女性の姿には、健気さを感じる男性は多いでしょう。

しかし、「流石にそれは一人では無理だろう」という状況でも、頑なに助けを求めようとしない女性の場合には、健気さよりも意地っ張りや頑固さを感じてしまい、思わず可愛げがないと感じてしまう男性は少なくないでしょう。

あまり意7地を張る女性の場合、せっかく男性が好意から自分をアピールしようとしているのに、それを台無しにしてしまうこともありますので、意地を張り過ぎるのは自分のためにもよくないでしょう。

男性に可愛いと思わせるにはどうしたらいいか?

気になる異性がいる人や、男性に可愛く思われたいと思っている女性は、普段どのようにして自分の女としての可愛らしさをアピールしているのでしょうか?

男性経験の豊富な女性や、本能的に男性に自分の魅力の伝え方を心得ている女性であれば、難なく自分の可愛らしさを男性にアピールすることが出来るでしょう。

けれど、普段はそんなことを意識したことがない女性の場合には、どうすればいいのか分からずに悩んでしまう人もいるでしょう。

そんな女性のために、自分の可愛らしさを男性に伝えるコツを以下にご紹介していきます。

素直になる

普段はついつい意地を張ってしまう自覚がある女性は、意地を張りそうになったらぐっとこらえて、素直になるように心がけましょう。

例えば困っている時に男性から「手伝おうか?」と声をかけられたなら、「わざわざ助けてもらうなんて」「自分で何とか出来る」という気持ちを抑えて、一言笑顔で「ありがとう」とお礼を言って素直に助けてもらいましょう。

たったそれだけのことで自分は楽に事が運びますし、また素直で可愛げのある自分の姿を違和感なく男性にアピールすることも出来ます。

男性からしても、素直に厚意を受け取ってもらえたことで自尊心が満足出来ますので、どちらにとっても良い結果に繋がるでしょう。

困った時には自分一人で解決しようとせず、男性からの厚意は素直に受け取るように意識しましょう。

【素直な人になるためのポイントは、こちらの記事もチェック!】

悪いと思ったら謝る

意地っ張りな女性の場合、喧嘩になっても頑なに相手に謝ろうとしないことがあります。

しかしそれでは円満に仲直りをすることが出来ませんし、相手からも「可愛げがない」と思われてしまうでしょう。

もしも喧嘩の原因が相手にあるのなら、自分からは謝りたくないという気持ちは強いでしょう。

その場合は相手が謝ってきた時には、こちらも素直に謝れるように心構えをきちんとしておきましょう。

また、自分にも非がある場合には、相手を責めるのではなく自分の悪かったところを思い浮かべて反省するように努め、相手に悪いと思う気持ちを素直に口にするよう心がけましょう。

常にニコニコする

常にニコニコと笑顔で過ごしていると、周りには自然と人が集まってきますし、同性からも異性からも好かれやすくなります。

笑顔は最大の防御であり、また武器でもあります。

ニコニコ笑顔の人には嫌味や敵意を向けにくくなるものですし、反対に信用や好意は抱きやすくなります。

男性から可愛いと思われたいという気持ちが少なからずあるのなら、人といる時には常に笑顔でいるように努めましょう。

また、その際には男性にのみ笑顔で接するのではなく、男女どちらにもニコニコと笑顔で接しましょう。

そうすることで「分け隔てなく笑顔で接することの出来る女性」として、さらに魅力的な自分をアピール出来るでしょう。

「可愛くない女」とは顔の事ではありません!

男性が言う「可愛くない女」というのは、大抵の場合外見の事ではありません。

外見に対しては男性も気を遣いますので、ストレートに「可愛くない」「ブスだ」などと口にすることはほとんどないでしょう。

しかし一方で、内面に関してはストレートに女性に対して伝えることがあります。

とくに男性が良かれと思って手を貸そうとしたり、助けようとしたりしたことを女性が頑なに拒んだ場合に、思わず「可愛くないなぁ」とポロッと零してしまうことがあります。

男性は内面の可愛い女性を好ましく思い、積極的に親しくなろうとしますので、少しでも男性に可愛く思われる自分になるために、できることから努力していきましょう!