季節が冬へと移り変わり、街中はあっという間にクリスマスカラー一色に染められていきます。

家族でパーティをしたり恋人とロマンティックな時間を過ごすクリスマス。

そんなリア充イベントを1人で過ごす事を「クリぼっち」という事をご存知ですか?

世間一般では比リア充とされるクリぼっちですが、どうせなら開き直ってリア充よりも充実したクリぼっちを過ごしてみませんか?

この記事ではクリスマスを1人でも120%楽しむためのおすすめな過ごし方を紹介します。

後半ではどうしてもクリぼっちを回避したい人に送る厳選クリぼっち回避方法もこっそり解説していきますね。

クリぼっちって何?

「クリぼっち」とは1人ぼっちの「ぼっち」とクリスマスを掛け合わせた造語で2012年頃から発生したネットスラングの若者言葉で「クリスマスに1人ぼっちで過ごす人」を指します。

日本人の認識ではクリスマスは恋人と過ごすイベントという意味合いが強いですが、近頃では友人とパーティなどをして過ごす事も一般化されてきているので「クリぼっち」は恋人が居ない人だけを指すのではなく、クリスマスに一緒に過ごす友人も居ない人の事を指すようです。

実は多い?クリぼっち

クリぼっちは若者が生み出した造語であるものの、幅広く使われるようになりNHKでクリぼっちの特集を組まれた事もあるようです。

案外クリぼっちの人は多く、NHKで特集された番組内のアンケートによるとその年のクリスマスには男性では約70%、女性では約50%の人がクリぼっちだったそうです。

クリぼっちは本当に寂しいの?

クリスマスというイベントを一人きりで過ごすと聞けば、無条件に「かわいそう」「寂しそう」と思う人の方が圧倒的に多い事でしょう。

しかし、クリぼっちは本当に寂しいものでしょうか?

近年では、そもそも恋人を作らない若者も増えてきている事からクリぼっちを寂しいと思わない人が増えてきており、一人暮らしをしている20代30代を対象にアンケートを取った所約7割の人が「クリスマスに1人でも寂しいとは思わない」と回答しています。

クリぼっちのおすすめの過ごし方

恋人同士や家族連れが賑わうイベントであるクリスマスを敢えて1人で満喫してみましょう。

「リア充爆発しろ!」という気持ちを込めてリア充以上に充実したクリぼっちの過ごし方をご紹介していきます。

平常通りに過ごす

クリスマスと言っても、元々日本には無い外国の文化であり無信仰者からすれば関係の無いものです。

ハロウィーンと同じく、経済効果が高く見られる事で社会的に盛り上げられているイベントだと言っても過言でhないでしょう。

その為「クリスマスって言っても、ただの12月24日(25日)なだけだし」と割り切って平常通りに過ごすのも一つの方法ですね。

無駄な出費や体力を使わないで済む

クリスマスを平常通りに過ごす事でイベントに参加するよりも、無駄な出費や体力を使わないで済む事にメリットを感じる人も少なくはありません。

特に12月に繁忙期を迎える職種であれば年末休みに向けて怒涛の業務をこなす中で体力気力共に大幅に削られている事でしょう。

平常通り過ごす事で残りのラストスパートに向けて体力を温存する事も出来ますね。

自分に尽くす


世間が浮足立つ特別な日だからこそ、自分に尽くす1日にしてみてはいかがでしょうか?

普段しないような事や、我慢している事を解放して後先考えずに自分に尽くす事で充実したクリスマスを過ごす事ができますよ。

好きなご飯をたくさん食べる

クリスマスと言えば、ケーキやチキン、シャンパンなど美味しい料理を囲む日でもありますよね。

そんな日だからこそカロリーなんて存在を忘れて好きなご飯は好きなだけ食べてみてはいかがでしょう?

中にはクリスマスの定番であるケンタッキーのクリスマスバーレルを1人で満喫するという猛者も居ます。

「こんなに買っても食べきれないしなぁ…」なんて後々の事は置いておいて、その日の事だけ考えて好きなものを好きなだけ用意するのが満足感をアップさせるコツです。

我慢していたものを自分へプレゼントする

クリスマスと言えば、プレゼントですよね。

子どもの頃は、眠っていいれば枕元に用意されていたプレゼントが大人になると恋人や家族から贈られる物へと変わっていきますからクリぼっちな人は自分で自分に用意する他ありません。

幸いにもクリスマスは世間一般的に冬のボーナスが支給された後に訪れます。

1年間頑張った自分へのご褒美として、今まで我慢していたものを自分へプレゼントするのがおすすめです。

ネットショッピングをしてクリスマス当日の指定日配達にすれば、サンタクロースからの贈り物感も演出できますよ。

前もって注文しておく事で、クリスマスの訪れが楽しみになりますね。

美容院やエステなどに行く

12月ともなるとクリスマスや年末年始に向けて、身支度を整える人も多いですよね。

美容院やエステサロン、ネイルサロンなどは大抵22日頃まで大混雑で予約が取れない事もしばしばあります。

しかし、意外と穴場なのがクリスマス当日である24日25日なのです。

特に祝日でも無い為に大抵のサロンは営業しているのですが予約はガラガラである事も多いので、12月にも関らず静かでゆったりとした時間を過ごせる事間違い無しです。

特別な日に自分を綺麗に磨くのも良いものですよ。

普段エステやネイルにいかない人でも、自分へのクリスマスプレゼントとして特別なメニューを楽しんでみるのもおすすめです。

お家でのんびりクリスマスを感じる


クリぼっちなのにも関らず、敢えて恋人達で溢れる外の世界へ足を運ぶ人も少ないでしょう。

楽しそうな人の姿を見ていると惨めになってしまうので、当日はお家でのんびりクリスマスを感じるのがおすすめです。

クリスマスソングを流す

定番のクリスマスソングを流して、お家でクリスマスムードを演出してみるのもおすすめです。

邦楽なら桑田圭祐の「白い恋人達」や竹内まりやの「素敵なホリデイ」広瀬公美の「ロマンスの神様」などは、年代が違っても誰もが耳にした事のある定番クリスマスソングとしておすすめです。

洋楽ならマライアキャリーの「AllIWantForChristmasIsYou」や、クリスブラウンの「ThisChristmas」もおすすめですよ。

レンタルショップなどで、クリスマスオムニバスなどをレンタルするのも良いかもしれませんね。

キャンドルをつけたりツリーを飾ったりする

クリぼっちだからこそ、本気で楽しもうと思うならキャンドルをつけたりクリスマスツリーを飾ったりと部屋のインテリアにも拘って気分を盛り上げましょう。

クリぼっちを満喫する為には「1人だからここまでやる必要は無い」という気持ちは絶対に禁物です。

1人だからこそ、徹底的に準備をして本気で楽しむ事が重要なのです。

部屋を暗くして、キャンドルに灯りを灯せばそれだけでもクリスマス感が出ますよ。

クリスマス関連の映画を見る

お家でのんびり過ごすからこそ、クリスマス当日にクリスマス関連の映画を見るのもおすすめです。

定番の洋画ならロバートムーニ監督の「クリスマスキャロル」、ディズニーの「ナイトメアビフォアクリスマス」マコーレカルキン主演の「ホームアローン」などがクリスマスの定番映画ですよね。

海外ではクリスマスと言えば家族で楽しむイベントとして認識されている為、ヒューマンドラマやコメディ映画の題材に使われる事も多いですよね。

クリぼっちで過ごすなら、恋愛ものよりかはヒューマンドラマやコメディ映画を楽しむ方が良いかもしれません。

ペットとクリスマスパーティ

犬や猫など大切なペットと一緒に生活している人は、ペットにクリスマスコスチュームを着て貰ってお家でクリスマスパーティをするのもおすすめです。

特に12月は忙しなくなりがちなので、いつも一匹でお留守番しているペットとコミュニケーションを取りながらまったり過ごすのも良いですね。

普段よりも高級なペットフードを用意して特別な1日を大切なペットと一緒に過ごしましょう。

オンラインゲームをする

ゲーム好きな人ならば、オンラインゲームで同じくクリぼっちとして過ごしている仲間たちと共に過ごすのもおすすめです。

クリスマス限定イベントなどもあり、普通にゲームをしているだけでも楽しいものですがオンラインチャットで雑談をしながら仲間たちと過ごしていると、クリスマスパーティをしているような気分にもなれますよ。

手の込んだ料理を作ってみる

料理が得意だったり、趣味で様々な料理を作るという人は丸一日かかってしまうような手の込んだ料理を作ってクリぼっちを過ごしてみるのもおすすめです。

ローストビーフやじっくりと調理したビーフストロガノフなどクリスマスっぽい料理を一から全て丁寧に作り上げてみればあっという間に時間は過ぎてしまう事でしょう。

しかも、最終的にはその美味しい料理を食べて満足な一日を過ごす事ができます。

下準備などは一切せずに朝から時間をかけてじっくり作り上げるのがクリスマスという特別な一日を無心で過ごすためのポイントです。

ホールケーキを1人で食べてみる

普段ケーキを食べる事はあってもホールケーキを丸々1人で1つ食べる事なんて無いのではないでしょうか?

クリスマスムードに乗って、数々のケーキ屋さんから発売されている美味しそうなケーキ達を独り占めして食べるのもテンションが上がるのでおすすめです。

1人でも4号サイズ位なら何とか食べきる事ができますし、アイスケーキなどを選べば日持ちもしますよ。

ただし、クリスマス当日の購入は難しいかもしれないので事前にクリスマスケーキを予約しておくのを忘れないようにしましょう。

年末の準備をはじめる

クリぼっちが決定した時点で、「クリスマス」という概念を無くしてその先にある年越しに向けて動き出すというのも有りですね。

実際、クリスマスの数日後には大晦日になるのでどうせ予定が無いなら年越し準備をしてしまった方が有意義な時間を過ごせると言えるでしょう。

大掃除をする

年末にゆっくりと過ごす為に、クリぼっちを利用して大掃除をしましょう。

大掃除やしっかりと事前準備をして掃除を始めれば時間を忘れて没頭できるものです。

夢中で隅々まで掃除していた結果「気が付いたらクリスマスが終わっていた」なんて事も少なくありません。

有意義な時間を過ごしつつ、クリぼっちの寂しさも感じないので一石二鳥と言えますね。

断捨離をする

特別な日だからこそ、一切の煩悩を捨てて断捨離をしてみるのはいかがでしょうか?

今、身の回りにあるものが「本当に自分にとって必要かどうか」を見極めるのにクリスマスは持ってこいの日です。

過去に付き合っていた恋人との思い出の品など、今現在クリぼっちならば絶対的に必要無い物です。

来年は脱クリぼっちを目指して、これを機に一切の煩悩を断ち切って不必要なものを断捨離して前に進みましょう。

年末年始の計画を立てる

クリスマス当日には世間はクリスマスムード一色に染まりあがりますが、翌日ともなるとガラっとお正月ムードに早変わりするものです。

クリスマスが終わればあっという間にその名残もなく年末年始に突入するのですから、外国の習慣に囚われる事なく黙々と年末年始の計画を立てるのも良いでしょう。

年末年始に旅行や帰省をするならその準備をしたり、年末年始の休み中にやりたい事をリストアップするなど事前に準備しておけば余裕を持って年末年始を迎える事ができますよ。

お泊りをする

実家住まいでクリスマスに家族の視線が痛い人や、かなりポジティブにクリぼっちを満喫できる強メンタルな人なら敢えてお泊りをして過ごすのも良いかもしれません。

クリスマスというイベントを特別な1日として満喫する事ができますよ。

贅沢にホテルでお泊り

街を彩るイルミネーションなどを望めるホテルで夜景を見ながら贅沢なクリぼっちを満喫してみるのもおすすめです。

ホテルなら部屋に入ってしまえばプライベートルームで他人の目も気になりませんし普段とは違うシチュエーションでテンションも上がりますね。

温泉旅行にいくのもおすすめ

都会の喧騒から離れて温泉旅行に行くのもおすすめです。

恋人達が街中で浮かれているのを尻目に、温泉でまったりと心と体を癒すのも乙なものですよ。

和の雰囲気溢れる温泉街などで、クリスマスという事を忘れてリラックスした1日を過ごしてみてはいかがでしょうか?

クリスマスライブに行く

アーティストによっては、毎年クリスマスに必ずクリスマスライブを行う場合もありますよね。

好きなアーティストがクリスマスライブを開催するのならば、それに参加するのもおすすめです。

1人で行っても、周りには同じアーティストを応援するファンがいて、何よより大好きなアーティストと共にクリスマスを過ごせるという事でとても充実した1日を過ごす事が出来ますよ。

行きつけのバー等に行く

1人でも呑めるような行きつけのバーなどがあるなら、そこに行くのも良いかもしれません。

世間は恋人同士や友人同士で過ごしている事の方が多いので、マスターなどは仕事は忙しいながらも接客面ではそうそう負担も無い事でしょう。

1人で家に居るよりも誰かと会話をしていたいならマスターに話相手をして貰いつつ一人酒をするのも良いかもしれません。

【ひとり飲みするなら、こちらの記事もチェック!】

チェーン店や居酒屋は選ばない

行きつけのバーはなるべく個人店の小さなお店の方が良いでしょう。

大きなチェーン店や居酒屋などは、クリスマスデートやクリスマスパーティの団体客でてんてこ舞いになりゆっくりと過ごす事は出来ないかもしれません。

ちょっと敷居の高い小規模の個人店に行くのが良いですね。

教会に行く

キリスト教は西洋の文化ではキリストの生誕を祝うものとされています。

その為、日本にあるキリスト教の教会でも大抵クリスマスの日は教会を解放していたりイベントを行ったりしているものです。

特に宗教的に興味がなくとも、本場のクリスマスを体験するような気持ちで足を運んでみてはいかがでしょうか?

聖歌隊による讃美歌などは信仰が無くとも何故だか感動を覚えるものです。

実は教会は身近にある

「そんな事言っても教会ってどこにあるの?」と思う方も少なくないかもしれませんが日本のキリスト教信者の数は約190万人以上と言われており、特に西日本に多く存在しています。

映画などで見るような大規模な教会などは中々ありませんが、街中にも小さな教会であれば意外とあるものです。

家の近くの教会をネットなどで調べてみると今まで知らなかった意外な場所に教会があったりしますよ。

クリぼっちを楽しむための心構え

周りが複数人でイベントを満喫している中でクリぼっちを120%楽しむためには、事前の心構えが重要です、クリぼっちを楽しむためには以下のような心構えを持つ様にしましょう。

ケチらない

クリぼっちを満喫する為には、複数人で過ごすよりももっと大胆に行動できる行動力が必要です。

「これだけ用意してもどうせ1人だし…」なんて考えを持ってしまうと、どうしても中途半端で虚しくなってしまいます。

クリぼっちにかけるお金はケチらずに自分が120%満足するように準備をしましょう。

普段より豪勢に

食事においてもプレゼントにおいても、普段よりも奮発する気持ちが大切です。

もし、一緒に過ごす恋人が居たならば1人で過ごす時よりもっとお金がかかっていた筈です。

そう思えば、クリぼっちを楽しむ為にお金を使うのも恋人と過ごす為にお金を使うのも同じ事ですよね。

開き直って、存分に自分を甘やかせながら豪勢にいきましょう。

嫉妬しない

ネガティブな感情を持ってしまうと、いくら環境を整えた所で心から楽しむ事は出来なくなってしまいます。

クリスマスというイベントを1人で過ごす事に対してしっかりと割り切り、複数人で楽しんでいる人に対して嫉妬をせずにポジティブな感情をキープするように心がけましょう。

カップルに嫉妬しない

日本ではクリスマスは恋人達のイベントという認識が強いですが、海外では家族で過ごすイベントであったり、神に祈りを捧げる日であったりと認識は様々なのです。

クリスマス気分で浮かれているカップルを見ても嫉妬せずに平常心を保つようにしましょう。

周りを気にしない

周りが複数人で過ごしているからといって、必ずしもその輪の中に居なくてはいけない訳ではありません。

周りは周り、自分は自分であると割り切ってクリぼっちを楽しむようにしましょう。

SNSを見ない

クリスマスにSNSを更新していている人は大抵「リア充自慢」と思っても良いでしょう。

わざわざそんなものを見て寂しい気持ちになる必要はありません。

普段頻繁にSNSをチェックしている人でも、その日だけはSNSを見ないで自分なりのクリスマスに没頭するのがおすすめです。

楽しむことを忘れない

何事も「楽しもう」という気持ちさえあればテンションが上がってくるものです。

クリスマスを1人で過ごすからこそ「1人でどうやって楽しもう?」という事に全力を注いでみましょう。

自虐的にならない

1人で過ごしているとフと冷静になって客観的に自分を見てしまう事もありますが、この日だけはそんな思考になっても直ぐに切り替えて自虐的にならないようにしましょう。

クリぼっちを120%楽しむ為には冷静になっては負けなのです。

自分なりに全力で楽しむ

クリぼっちが120%クリスマスというイベントを楽しむ為にはガムシャラに全力で楽しむ気持ちが大切です。

楽しい事だけを考えて全力でイベントを満喫する事で知らず知らずの内にクリスマスという1日が終わっていきます。

後で思い出した時に「何でこんなにテンション高かったんだろう?」と思える位に我を忘れて楽しむ位の度量が必要ですね。

クリぼっち回避方法

ここからは「どうしてもクリぼっちにはなりたくない!」と1人きりのクリスマスに怯える人の為に厳選したクリぼっち回避方法をご紹介していきます。

クリぼっちを回避するには、事前の根回しが絶対不可欠になります。

どうしてもクリぼっちになりたくないのであれば、こんな方法を使ってクリぼっちを回避していきましょう。

実家に帰る

どうしてもクリぼっちを回避したい1人暮らしの人なら、実家に帰るのも一つの方法ですね。

元々日本以外の諸外国ではクリスマスは恋人と過ごすよりも家族で過ごすイベントとして認識されているものです。

ケーキを持って自宅に帰れば、親や兄弟など誰かしらと過ごす事もできますよ。

「クリスマスなのに一緒に過ごす人居ないの?」という親からの痛い詮索は受けるかもしれませんが、開き直って子どもの頃のように親と一緒にクリスマスを過ごすのも良いかもしれませんね。

親が兄妹と同居しているなら甥姪にプレゼントを届ける

もし、実家で既婚者の兄妹と同居をしているのならサンタクロース気分で甥や姪にクリスマスプレゼントを届けに行くのも良いですね。

子ども達と過ごしていると時間はあっという間に過ぎてしまうものです。

お互いに楽しい思い出になる事でしょう。

仲間を見つける

自分がクリぼっちになる事がほぼ確定してしまった段階で、周りを見渡してみましょう。

大抵、他にもクリぼっち予定の人はいる筈です。

そんなひとり者同士集まってクリスマスを過ごすのがおすすめです。

クリスマスは必ずしも恋人同士で過ごさなければいけないものではありません。

気の合う仲間と楽しいひと時を過ごせるように仲間集めに励みましょう。

同性の仲間を見つける

同性のクリぼっち仲間を見つける事が出来たなら、クリスマスの男子会・女子会としてひとり者同士盛り上がれる事間違い無しです。

近頃は同性同士でクリスマスを過ごす人も増えているので、レストランや居酒屋の男子会・女子会のクリスマスパーティプランを予約するのもおすすめですよ。

正直に「クリスマス1人なら一緒に過ごそう!」と誘う

恋人が居るからと言って、必ずしも恋人同士でクリスマスを過ごすという確証はありません。

恋人が仕事だったりなどどうしても外せない用事があり不本意ながらもクリぼっちになっている人も意外と多いものです。

「あの人は恋人が居るから」と最初からスルーせずに正直に自分がクリぼっちである事を打ち明けてみれば「実は自分も…」と仲間が現れる事があります。

遠回しに相手の予定を詮索するよりかはストレートに誘った方が、クリぼっち仲間を見つけやすいと言えます。

バイトや仕事を入れる

既にクリぼっちが確定して回避不可能なら、クリスマス当日にバイトや仕事などの予定を入れてしまうのも一つの方法です。

世間はイベントムード一色で浮かれ気味ですが、それも働いてくれている人が居るからこそ成り立つものです。

クリぼっちで過ごす位なら、社会に貢献しつつお金を稼ぐのも良いかもしれませんね。

バイトや仕事を入れて寂しさを紛らわす

バイトや仕事に行けば、クリスマスムードが無いながらも1人で過ごすという事は無いですし、同じくバイトや仕事をしている人とクリスマスを楽しめなかったもの同士寂しさを紛らわす事ができます。

何ならバイトや仕事終わりに一緒に食事や飲みに行くのも有りかもしれませんね。

クリスマス限定の日雇いバイト

普段のバイト先や仕事先の人にすら「クリぼっちだと思われたくない」という人は、クリスマス限定の日雇いアルバイトを探してみてはいかがでしょうか?

サンタクロースのコスプレをして仕事をしたりするクリスマス関連の日雇いバイトは意外にもたくさん求人があるのです。

アルバイト情報誌でクリスマス限定の日雇いバイトをチェックしてみましょう。

クリスマス前に急いで恋人を作る

どうしてもクリぼっちを回避したいし、恋人と特別な1日を過ごしたいという人はクリスマス前に急いで恋人を作る必要があります。

「クリスマスの為に恋人が欲しい」と言ってしまうと、人間性を疑われてしまいますが実はそんな気持ちを心の片隅に持っている人は少なくありません。

表面上は「クリスマスの為ではないけれど」と言いながらも特別な日を特別な人と過ごしたいという人は多いので、実はクリスマス前は新たなカップルが誕生しやすい時期でもあるのです。

早めに行動を始める

クリスマスに恋人が欲しいからと言って、12月に入って慌てて恋人探しをしても中々クリスマスまでに恋人を作るのは難しいでしょう。

恋愛において相手と付き合えるかどうかは出会ってから3ヵ月が勝負だと言われています。

出会ってから、お互いの事をよく知り合うのに必要な時間が平均すると3ヵ月程であるという事です。

つまり、12月後半に訪れるクリスマスを恋人と過ごす為には9月後半には既に恋人候補となる異性と出会っている必要があるのです。

秋口になれば夏の暑さも和らぎデートなどにも出かけやすくなります。

この時点で恋人の居ない人は積極的に出会いを求めて行動を起こしましょう。

アプリなどを使う

出逢い系アプリなどを使って、恋人候補を探してみるのもおすすめです。

近頃は様々なアプリがあり、それらを使った出逢いも一般的になってきつつあります。

現在フリーでちょっと寂しい者同士クリスマス前は出逢いを求める人も増えるので、アプリを使ってみれば思わぬ出逢いと巡り合えるかもしれません。

【アプリで恋人を作るなら、こちらの記事もチェック!】

街コンに参加する

クリスマス目前となるとカップルの出来る確率が上がる事から、街コンなどのイベントもクリスマスに向けて頻繁に行われるようになります。

そんな街コンに参加してみれば、自分と同じくフリーの人にたくさん出会う事ができるのでクリスマス前に急いで恋人を作りたいという人にとてもおすすめですよ。

合コンをひらいてもらう

正直に「クリスマスまでに恋人を作りたい」と友人などに打ち明けて合コンを開いて貰うのも良いですね。

自分好みの相手を呼んで貰ったり、友人間での連携プレーで自分が気になる相手と親密になれるように事を運んで貰ったりと合コンで恋人候補を見つける事ができますよ。

忘年会に参加する

年末は仕事やプライベートが忙しいという事で11月後半や12月後半に忘年会をする人も多いですよね。

様々なグループの忘年会に参加する事によって、知り合いだったけどお互いに今フリーである者同士で意識し合う可能性も多いにあります。

知り合いの中に出逢いは無いなんて決めつけずに人の集まる場所に積極的に参加してみましょう。

クリぼっちだって楽しみ方次第!

クリぼっちと聞くとどうしても「寂しい」というイメージを抱きがちですが、そんなもの自分の楽しみ方次第でどうにでもなるものです。

クリぼっちを満喫するのも良いですし、何とかクリぼっちを回避する為に行動するのも良いでしょう。

1年に1度の聖なる夜だからこそ、どんな状況でも笑顔で過ごせると良いですね。