人は誰だっておしゃれになりたいと思っているのではないでしょうか。

おしゃれになりたいのであれば、おしゃれになりたいですよね。

しかし、おしゃれというのは、曖昧ですし人それぞれでいて、一歩間違えれば逆にダサいと思われてしまいかねません。

そんな難しいオシャレですが、いくつかのポイントを押さえれば簡単におしゃれになれる可能性だってあると思います。

今回はそんなおしゃれになりたい人のために、「おしゃれコーデ」のポイントや注意点をご紹介していきます。

おしゃれコーデを始めるときの注意点とテクニックを紹介!

おしゃれになりたい!おしゃれコーデを身に着けたい!とは思っていても、何をどうしたらいいのか分からなかったりしますよね。

おしゃれコーデになるには、いくつかの注意点とテクニックがあるのです。

そのポイントさえ押さえれば、おしゃれコーデを始めることができるかもしれません。

そして、それは意外と簡単なことばかりだったりもするんです。

簡単なことを一つ一つ気を付けるだけで、おしゃれコーデが手に入ったりします。

そんな方法、どんなものか気になりますね?

それをここからまとめていきますので、ぜひ参考にしておしゃれコーデを手に入れてください。

おしゃれコーデを作る時の注意点


おしゃれコーデを手に入れるために、まずは注意点から説明していこうと思います。

おしゃれになりたいとそればかりに固執してしまうと、つい周りが見えなくなってしまったり、突っ走ってしまったりしてしまいがちです。

しかし、おしゃれとはやりすぎてしまうと、おしゃれではなくなってしまったりするんです。

一つ一つのアイテムは良かったとしても、その組み合わせ次第ではオシャレにもダサくもなってしまうのがこわいところでもあるかもしれません。

そのため、この注意点をしっかり頭においておくことは、おしゃれコーデを手に入れるためには、意外と重要なことだったりします。

しかし、逆にこの注意点をしっかり押さえておけば、おしゃれコーデが近づくということにもなるでしょう。

そんなところも頭におきながら、見ていくことをおすすめします。

トレンドを意識しすぎる

トレンドを意識することは大切です。

しかし、あまりにも意識しすぎてしまうと、おしゃれコーデではなく、どこにでもいるありきたりなスタイルになってしまうともいえます。

一見すると、それでもおしゃれコーデに見えるかもしれませんが、それでは個性がなくて面白くなくなってしまうでしょう。

そのため、トレンドをおさえつつ、自分の個性や好きなものを取り入れることもおしゃれには必要になってきます。

また、様々なトレンドが同時に流行しているため、それを全部取り入れていたら、訳の分からないコーデになってしまうでしょう。

なので、数多くあるトレンドから自分が取り入れたいトレンドを選ぶこと、全てをそのトレンドに沿ってしまわないようにすることなどの注意が必要になってくるんです。

とはいえ、そんなに難しいことではありません。

トレンドとは、アイテム一つで出来るものや、組み合わせのトレンドなどもあるので、その何か一点を組み込めばいいと思っておくと、意識しすぎて組み込み過ぎてしまう失敗はなくなるかもしれませんね。

トレンドを意識しつつ、かといって意識しすぎないような程度がおしゃれコーデに近づくポイントなのです。

トレンドが古い

世の中のトレンドというのは、常に新しいものが生まれ、変化していきますよね。

新しいものが生まれるということは、それまでのものがだんだんと古くなっていくということです。

そのため、定期的にトレンドをチェックしておかないと、気が付いたらあなたの知っているトレンドが古くなってしまう可能性があるのです。

いくらトレンドを押さえていたとしても、それが古ければオシャレとは程遠いものになってしまいます。

常にトレンドをチェックしておく必要はありませんが、季節ごとなど定期的に雑誌やネットで情報を収集しておくほうがいいかもしれません。

しかし、ショッピングセンターなどに洋服を買い物に行くだけでも、そのときのトレンドが前面にでているショップが多いので、参考になるのではないでしょうか。

トレンドは古い情報になってしまわないように、かつトレンドに惑わされてしまいすぎないようにすることが大切になってくると思います。

バランスが悪い

一つ一つのアイテムはおかしくないのに、なんだかオシャレじゃない…なんてことありませんか?
そんなときは全体のバランスが悪いのかもしれません。

いくらアイテムは良くてもそのアイテムの組み合わせ次第では、オシャレにもダサくなってしまうこともあるんです。

もし、なんだかおかしいなと思ったら、どのアイテムをメインにおくかを一番に考え、そのアイテムを中心にコーディネートを組み立てていくといいと思います。

また、それでもいまいちピンとこないときには、メインに決めたアイテムを着ている人を探したり、画像などで調べたりして、似合うデザインや形、組み合わせを参考にしてみるのもいいのではないでしょうか。

その中で気に入ったコーディネートがあれば、はじめはそのまま真似してしまうのもアリだと思います。

配色のバランスがアウト

おしゃれコーデになるには、他にも気を付けなくてはいけないことがあります。

それは色のバランスです。

トレンドの中には、季節ごとに今シーズンのトレンド色などもありますよね。

そのトレンド色を入れるのは、もちろんおしゃれコーデに近づくポイントだと思います。

しかし、そのトレンド色と相性の悪い色を持ってきてしまうと、一気にセンスなく見えてしまうんです。

そのため、アイテムごとの色の組み合わせもきちんと考えなくてはいけません。

トップスとボトムス一つ一つはおしゃれだったとしても、その二つのアイテムの色が合わなければ、おしゃれだと思ってもらうことができなくなってしまうんです。

ただ、中にはそのちぐはぐな色味が流行ることもあるので、そういった部分はトレンドを逐一チェックしないといけないかもしれませんね。

また、人それぞれ合う色と合わない色もありますよね。

そういった自分とのバランスも気を付けないと、どこかちぐはぐなスタイルになってしまうことも。

TPOに合ってない

いくらいつでもおしゃれでいたかったとしても、TPOに合わせることは、切っても切れません。

自由におしゃれを楽しむ場面と、きちんと基本をわきまえなくてはいけない場面があると思います。

それを見誤ってしまうと、おしゃれコーデではなく、非常識や場に適さないコーデとして見られてしまうことも。

おしゃれを楽しむことも大事ですが、それ以上にTPOをわきまえることが大切です。

その場、そのタイミングに合った服装を心掛け、自由に洋服を楽しむときに思いっきり楽しむようにしましょう。

露出しすぎ

おしゃれコーデに気を取られすぎて、どんどん肌の露出が増えていってしまう人もいたりします。

夏場などは特に、露出の高い洋服がトレンドだったりしますよね。

肩を出したオフショルダーやお腹や背中などが見えている洋服が毎年のように流行したりしていると思います。

また、ミニスカートやショートパンツを履いている人が増える時期でもあるので、自然と露出が多くなってしまうはずです。

しかし、その中でもあまりにもどんどん露出をしすぎてしまうと、おしゃれコーデではなくなってしまうかもしれません。

そのため、過度な露出は控え、どこかワンポイント程度にしておくといいと思います。

季節感に合ってない

夏や冬で気温が違うように、洋服にも夏服や冬服がありますよね。

おしゃれコーデをする上で、季節感を考えることは、必ず注意しないといけません。

トレンドでその季節に流行しているのであれば別ですが、自分がそのコーデやアイテムを気に入っているからという理由だけで、季節関係なく身に着けていても、それはおしゃれではなくなってしまうのです。

夏にはなるにふさわしい格好をするのが一番です。

たとえばサンダルやTシャツ、マリンスタイルなどが挙げられると思います。

夏にいくらお気に入りだからといって、ブーツやトレーナーなど着ていたら、厚いですしおかしいと思われてしまうはずです。

夏場は暑いからそんな格好していられないかもしれませんが、逆に冬に夏っぽい柄の洋服を着ていると、それはそれで季節感がなくておしゃれではなくなってしまいます。

しかし、中には夏にぴったりのかごバッグも、冬用にファーなどをつけるなどして使っても違和感がなかったりなど、例外もあるので注意が必要になってきます。

また、サンダルにファーがついているものなど、時期が難しくなかなか初心者には使いこなせないものもあったりするようです。

毛玉やシワが目立つ

おしゃれに気を遣う以前の問題ですが、洋服に毛玉がたくさんついていたり、シワや変な折り目がついたまま着ているのは、だらしなく見えてしまいます。

お気に入りでたくさん着ていたり、タンスから出したばかりのもの、洗濯したばかりのものなどって、そのままだと変なシワがついてしまっていたり、ちょっとヨレてしまっていたりしますよね。

もし、そういったものがあれば、毛玉に関しては毛玉取りである程度はなくすことができると思います。

シワや折り目に関しては、アイロンで元に戻すことができるでしょう。

最近ではハンガーにかけたままかけられるアイロンもあるので、比較的取り入れやすいかもしれませんね。

それでも、もし自分でシワや折り目をとることができないという人は、クリーニング屋さんに持っていくといいと思います。

そうやって毛玉やシワなど、新品のときと変わってしまったと感じるようになったら、なるべく新品に近い状態を維持するようにしないと、だらしないやダサいと思われてしまったりするようです。

おしゃれコーデに取り入れたいテクニック♪


おしゃれコーデをする上で気を付けるべき注意点は分かったでしょうか。

トレンドは大事ですが、トレンドを追いすぎてもおしゃれからは外れてしまいますし、関心を持たないと古いコーデと思われてしまうし、なかなか難しいですよね。

そして、バランスや色の組み合わせ、シワなどにも注意しなくてはいけないので、はじめはなかなか見るところが多いと感じるかもしれません。

しかし、周りからどう見られているかを頭においてみると、少し簡単だと思えるようです。

その注意点をふまえて、ここからはコーディネートに加えることで、おしゃれコーデに近づくテクニックをご紹介していきます。

おしゃれコーデをしようと闇雲に目指すよりも、いくつかテクニックを頭にいれておくだけで、ぐっとおしゃれコーデに近づけるはずです。

また、このテクニックを取り入れるだけでファッションがもっと楽しく思えるかもしれませんね。

全体のバランスを考える

まずおしゃれコーデに近づくためのテクニックは、全体のバランスを考えながら合わせていくことです。

注意点でもお話しましたが、一つ一つのアイテムは良かったとしても、全体のバランスを考えられていなければ、おしゃれコーデではなくなってしまうんです。

たとえば、全体的にふわっとしたコーデだと、太って見えてしまうこともあるでしょう。

逆に全体的にぴたっとしすぎてしまうと、ボリュームが足りなくなってしまったり。

そんな全体のバランスを考えながら、コーディネートを考えていくことで、おしゃれコーデは完成していくんです。

想像するだけだと難しく感じてしまうかもしれませんが、実際に手持ちの洋服を合わせてみたりすると、分かりやすいかもしれません。

また、周りのおしゃれな人をよく観察してみると、気が付いたりもするでしょう。

上はゆるっと、下はきっちり

もしなかなかピンとないなんて場合は、まず上をふんわりとしたシルエットのものを選び、下はタイトなジーンズやスカートなどを選んでみるといいかもしれません。

そうすることで、ボリュームもタイトも同時にコーディネートの中に入るので、全体のバランスが簡単によくなります。

また、逆も同じように言えます。

上をぴったりしたシルエットになるトップスを着て、それにふんわりとしたシルエットのボリュームパンツやスカートを合わせてみてください。

それでも同様に柔らかさと細さを強調することができるので、おしゃれコーデに見えやすいカンタンテクニックだったりするのです。