皆さんは猫舌ですか?著者は、割と猫舌の方だと思います。

とはいっても、特に支障が出るほどではないと思っています。

皆さんはいかがでしょうか?

この猫舌ですが、生まれつきのものかと思ってしまいますが案外そうでもありません。

いろいろな原因もありまし、いろいろな対処法があるようです。

では、猫舌と付き合っていくにはどうしたら良いのかということや、猫舌の原因などいろいろ見ていきましょう。

猫舌な人の5個の原因

では、猫舌の人の間にはどのようなものがあるのでしょうか?

いろいろな原因がありますので、一つ一つ見ていきましょう。

1.舌の厚さ

やはり、人間はそれぞれみんな個性があるものです。

ですので、舌の厚さにも個性があると言えるでしょう。

とは言っても、この舌の厚さにはそこまでの大きな個性は無いそうです。

確かによく考えてみると、いろいろな人の舌を見てもそこまで厚いとか薄いとか感じる事はあまりないですよね。

皆の舌を見たわけではないので定かではありませんが、また何ミリ単位と言うような感じなのではないのでしょうか?

ですが、この舌というのはこんなに小さい臓器ながらもいろいろな機能を兼ね備えています。

まず舌の機能ですが、何かが触れたときの感触もしっかりとわかることから触覚もあります。

そして、料理を食べるときに欠かせない味覚もありますね。

そして食べ物が暑いとか冷たいと言うのを感じ取る温度感知する機能もあります。

そのように考えると、舌には本当に様々な機能があるのですね。

薄いと熱さを感じやすい

この舌が薄いと厚さを感じやすい傾向にあります。

それは何も舌だけではありません。

著者は手が荒れやすく手の皮が薄い自覚があります。

ですので、著者の母と比較して熱い鍋の取っ手を掴むと、うちの母はすんなりと持つことができるのですが私は待つことができません。

ですので、どうしても布巾を巻き付けて持つようにしたりするところがあります。

皮が薄い、それだけ神経にすぐ到達するところがあるので、熱さを感じやすいと言えるでしょう。

それは舌についても同じなのですね。

とはいっても先ほども触れたように基本的に舌にそこまで大きな差は無いようです。

2.神経の数


あと神経の数も関係すると言われています。

やはり、神経の数も個性があるのですね。

こちらも舌の話とは少々反れるのですが、生まれた環境によって、汗腺の育ち方が違うと言われています。

ですので、3歳までの幼少期にどんな環境で育っていたのかというのが非常に関係します。

もちろん3歳までに暑い環境で育って、汗腺がしっかりと発達する方が暑さに強くなります。

それに対し、雪国や夏で寒いところで育つとあまり汗腺が育たないところがあります。

著者の義姉がいわゆる雪国に近いような育ちの方です。

彼女は非常に朝に曰く、著者のところは中国地方なのですが夏が非常に暑いところなのですが、そこの夏は非常に暑いと言っています。

生まれも育ちも雪国ですので、そのように汗腺があまり育っていないからこそそうなのかもしれません。

舌についてはそんなふうに神経がその環境によって育つと言う事は無いようですが、汗腺のように一人一人個性があると言えるでしょう。

多いと熱さを感じる

そしてこの舌の神経は多いほどに熱さを感じると言われています。

それは暑いと感じるような神経が多い方がより脳に伝達しやすいと言うのは非常に納得がいくところがありますね。

3.舌の使い方

上記のように、舌の構造の違いについていろいろと見ていきましたが、それでもその個性はあまりそんなに差はないようです。

確かに、非常に舌が厚いとか薄いというのは見た目では見ることができませんので、本当にその個性差は微々たるものなのでしょう。

そして神経の数も一理はあるのかもしれませんが、人間の構造的に何百本も神経が多いとかそういう事は非常に考えにくいところがあります。

ですので、そのような舌の構造についてはそこまで差がないといえます。

ではなぜそんなに猫舌である人とそうでない人がさがはっきりしているのかと言うと、この舌の使い方こそがその差なのだそうです。

とあるテレビ番組でも、猫舌はそのような舌の構造はそんなに関係がないということが言われていました。

では、この差が大きく出てしまうのは何故かと言うと、それは舌の使い方です。

この舌の使い方は上手にできる人が猫舌ではない状態になり、うまくできない人が猫舌と言うことになります。

下手な人は猫舌に

舌の使い方が苦手な人は猫舌になりやすいと言われています。

確かに、幼少期からのことなのでかなり訓練を要するのかもしれません。

ですが、これは自然と習得できる人が多く、そんなに猫舌を克服しようと特訓をしたわけではない人も多いことでしょう。

ですので、裏を返せばうまく舌を使うことができれば猫舌を克服できるのかもしれません。

ただやはりそんなに大きな差がないとは言えそこそこの身体的な構造もあります。

ですので、無理のない程度に徐々に特訓をすることで舌の使い方をうまくできるようになる人もいる事でしょう。

4.熱さに敏感な舌先につけてしまう

では、具体的な舌の使い方がどのようなものなのかと言うと、舌にはそのような温度を感じやすいところがあると言われています。

ですが舌の部分によってその熱さを感じやすい部分があります。

ですので、必然的にそこまで神経が多くない所に食べ物が来るようにすると猫舌ではなく熱いものを美味しく食べれるようになります。

では、この熱さに敏感なところはどこなのかと言うと、それは舌先です。

食べ物左の手前に入れる人は熱いと感じやすいところがあります。

そんなに熱々のものを食べるのは嫌いではなく、そこまで猫舌で不自由はしていない著者ですが、確かに熱いものを食べるときは意識すると舌先につけて食べる事はあまりないなと思いました。

ですので、この熱さに敏感な舌先に熱い食べ物がつかないように気をつけて食べるというのは大変理にかなっていると思います。

真ん中や奥は神経が多くない

舌先より、舌の真ん中や奥のほうはそこまで神経が多くないので、あまり熱さを感じにくいところがあります。

確かに著者は食べる時を意識すると、舌先ではなく真ん中のほうに食べ物入れるところがあるなと思いました。

人によっては下の奥のほうに食べ物入れる人もいるかもしれませんね。

猫舌にある人はまず舌の真ん中に食べ物を入れることを意識した方がいいかもしれません。

著者は舌の奥のほうに入れて食べる得をすると、誤って飲み込んでしまいそうですので、あまり試してみたくないなと思ってしまいます。

ですので、ついつい舌先に入れて食べてしまうことであれば、まずは下の真ん中あたりに食べ物を入れることを意識しましょう。

5.環境

そしてやはり1番大きいのは環境の問題です。

熱いものをそこまで食べる習慣がないと、やはり熱いものを食べるなどがうまくできないところがあります。

確かに、著者もそのような傾向があるなと思いました。

上の子が猫舌だと自分で言ってるように熱いものがあまり得意ではありません。

確かにそんなに熱い食べ物を小さい頃に食べさせていなかったなと思います。

やはりそれはどうしても小さい子が火傷するのを防ぎたいという気持ちが出てしまうところがありました。

とは言っても、著者は大雑把ですのでときに熱いものを出してしまったこともあります。

やはりなんだか熱いものを出してしまうと小さい子に対して配慮がないような気がして、ついつい「あー、やってしまった…。」と思い、極力冷ますようにしてしまいますね。

そのような環境も猫舌を育てているところがあるのかもしれません。

親が猫舌だと熱いものを避ける傾向が

確かに親が猫舌だと熱いものを避ける傾向にあります。

例えばですが、好き嫌いについても同じことが言えます。

親が嫌いなものっていうのはそんなに出てきませんよね。

著者宅も小さい頃は基本的にレバーが出てきませんでした。

それは何故かと言うとうちの母が嫌いだったからのようです。

ですので、著者はレバーを食べることができません。

とはいっても著者の兄は意外とレバーも好んで食べていましたね。

ですので、育ちが必ずそのような影響が出るとは言い難いようです。

ですので、親が猫舌だからと言って子供も猫舌というのは100%当てはまるものでもないようです。

このように、親が猫舌だと必然的に熱いものを避けるところがあります。

自分が食べにくいものをあまり出さないと言うことから、どうしてもぬるい料理とか冷たい料理に偏るところがあるのですね。

熱いものが食卓に並ばない

先ほども触れたように、親が苦手なものというのは基本的にあまり食卓に出ないところがあります。

特に食事は母親が担当することが多いので、母親の好みが強く反映されるところがあります。

ですので母親が猫舌だと必然的に熱いものが食卓に並ばないようになります。

とはいってもこのお母さんにも悪気はありません。

それは、自分も食べにくいような熱いものを子供に出してはいけないと思い、良かれと思って熱いものをあえて冷まして料理を出しているのです。

子供の頃に熱いものを食べるトレーニングが積めない

熱いものを避けた食卓が並べられていると、必然的に子供の頃に熱いものを食べる機会は激減します。

とはいっても先ほども触れたように親御さんには悪気はなく、良かれと思ってやっているところがあります。

ですがたとえ子供の時に少々熱い思いをしてでも、熱いものを上手に食べるトレーニングをつまないと猫舌を克服することができません。

ですので、まだ小さいお子さんがいる方でしたら敢えて少々熱い料理を出してみるというのも猫舌にさせないためのコツです。

ただコツとしては少し熱いなと感じる程度にするなど、極度に激アツのものを食べさせないようにしましょう。

小さいお子さんだとほんとに火傷してしまうかもしれません。

それは小さいお子さんでなくても火傷するほどの料理をいきなり食べさせる必要はなく、少し熱いかなと感じる程度のものから始めてみるのがコツです。

猫舌を治す方法


とは言っても、幼少期に戻ることができません。

そこそこの年齢になってから猫舌克服する方法あるのでしょうか?

もしその方法があるのであれば試してみたいですね。

そして、先ほど向けたように舌の構造自体の問題ではなく、舌の使い方という事ですので、それがうまくできるようになれば、必然的に猫舌を克服することができるかもしれません。

1.正しい知識を身に着ける

まず大事なことは正しい知識を見つけることです。

先ほど触れたように、舌の構造にはそこまで大きな問題がないということがわかりますね。

ですので、体質だと思って諦めたりせず、どのようにしたら猫舌を克服できるのかということをしっかりと調べましょう。

いろいろなサイト調べていると、猫舌を克服した人のブログなども多くヒットしています。

ですので実際に猫舌だった人の体験談をしっかりと見るのも良いでしょう。

個人差はあるが体質的な問題ではない

何度も上記で触れているように、基本的に体質な問題ではありません。

ですので、体質的な問題では無いので特訓することでうまく猫舌を克服することができます。

ですので、少々の個人差は問題ではなく食べ方の問題であると言うことを認識し、自分の体質に合うような食べ方を見つけ出すことが重要です。

そのためには、何とか少々暑く感じるものにトライしないといけないかもしれません。

著者もこの記事を書くにあたって猫舌を克服した方のブログを見ましたが、中には10秒であっさりと克服してしまったような人もいるようです。

ですので、いろいろなものを参考にしながら自分に合う食べ方を研究していきましょう。

食べ方を変えること

体質の問題がではないとすると、大切なのはやはり食べ方を変えることです。

先ほども触れたように舌の真ん中を使うことを意識して食べるようにしましょう。

コーヒーの飲み方なども舌の使い方がものを言うようです。

先ほどコーヒーの飲み方での猫舌の克服方法を見ていると、とあるテレビ放送でも熱さを感じにくい舌先を舌の歯の裏につけておき舌の真ん中あたりにコーヒーが当たるようにすることで猫舌を克服できたと言うのものもありました。

そのようなサイトやブログには図解がありますので、それを見ると非常にわかりやすいですよ。

確かに、このような図解を見てさらにコーヒーを飲む瞬間をシミレーションしてみましたが、確かに熱いと感じやすい舌先を歯の裏側につけているということがわかりました。

著者は本当に無意識にやっていたので、これを見るまでは具体的な熱いコーヒーの飲み方についてレクチャーすることができないと思っていました。

それほどに生まれついての克服している人は、無意識にやっているのです。

このように、図解が書かれているものを調べて克服する方法についてしっかりと学んだ後は実践あるのみです。

始めは少し慣れなくて大変かもしれませんがどんどんとそれをやっていくことでだんだんと習慣付くことができます。

幼少期からの習慣は無意識にできますが、大人になってから身に付いた習慣を習慣化する事は容易いことではありません。

だからこそ、いろいろな良い習慣はしつけと言う形で色々とやるものだなと思いましたね。

今回は猫舌の話ですのでしつけとは関係ありませんが、それほど新たなことを習慣化するのはたやすいことでは無いのです。