生きている間に一度は行ってみたいと思える世界一周の旅行ですが、ほとんどの方は現実感が持てないでいると思います。

なぜなら、本当にそのようなツアーがあるのかさえ怪しいと思っている人が多いからです。

また、日本人は極端にお金持ちを嫌う傾向にあるので、世界一周のようなものをお金持ちの娯楽と思ってしまっている人も結構多くいらっしゃるのです。

そのため、世界一周と言われてもピンとこないの現実なのです。

確かにお金はかかるかもしれませんが、世界一周の旅行ツアーはありますし、ご自身で移動手段や宿泊手段などを確保して世界一周をしている人もいらっしゃいます。

つまりは、世界一周と聞いたときにピンと来て、どうすれば世界一周ができるのかを考えることができると、意外とあっさりと世界一周をすることができるケースもあります。

要は現実感を持てるかどうかです。

お金持ちの娯楽と思って、自分には関係ないという感じに思ってしまうことから世界一周に関してシャットダウンしてしまっているのです。

では、どうすれば世界一周など大きなことを言われたときにピンとくることができるのでしょうか。

それは、そのような大きなことが飛んできたときに「それ面白そうやん」と思えることです。

面白そうと思うことが現実感につながります。

では、そうするにはどうしたらいいのかと言いますと、ご自身の考えに固執しないことです。

ほとんどの人は、ご自身の考えに固執しすぎて、自分の枠の中でしか、物事を考えないのです。

つまり、自分の枠の中に世界一周がない場合は、現実的にとらえることができないのです。

これは仕方がありませんが、いくつになっても自分の枠の中で生きていることほど、怖いものはありません。

また、日本人の場合、周囲の人間関係などが大きく影響を及ぼすこともあり、世界一周と口に出したとたんに、この人頭大丈夫?と言った感じに見られてしまうなどの恐怖感をもってしまっているので、なかなか口に出せないのです。

特に田舎で生まれ育った人はそのような傾向が強いです。

高校生の時などに、スポーツに打ち込んだ人で、「全国制覇」などと言ったときに周囲から無理だとか、夢見てんじゃないよとか言われて、砕けてしまった方が多くいらっしゃると思います。

そのようなことを口にする自分が悪いみたいな感じに思えてしまいますが、そんなことはありません。

その地域では「全国制覇」ということに対して現実感を持てないだけです。

そう考えると、世界一周など大きな目標を持つには、周囲に世界がせまい人が多いとそれが一番の障壁になってしまう可能性があるのです。

そこで今回は少しでも世界一周に関して現実感をもって頂くためにも、世界一周に行くために必要なことなどの情報をまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、世界一周を目指しましょう。

この記事を読み終わるころには、世界一周の旅行などに行きたくなっているかもしれませんよ。

世界一周をするあなたに伝えておきたいこと

まずは世界一周をしたいと考えている人に伝えたいこととしては、行きたいと考えたら叶うまで持ち続けることが大切です。

おそらく、その世界一周が叶うまでにあなたのその目標や夢をぶち壊す、ドリームキラーがいくつも存在します。

そのドリームキラーに打ち勝つことができれば世界一周に限らず、あなたが持った目標や夢は簡単に叶いますよ。

では、そのドリームキラーとはどのようなものなのかと言いますと、意外と身近にいらっしゃいますよ。

もしかしたら気づいていないだけかもしれませんが、あなたの友人や親がドリームキラーになっている可能性があるのです。

なぜなら、あなたの身のまわりにいる人ほどあなたに変化してほしくないと思っているのです。

つまり、あなたの考えなどに変化が起きることを恐れて、あなたの夢達成の阻止に走るのです。

本来なら、相手の夢を応援するのが友人や親のはずなのですが、実はそのような行動に走る人が少ないのが現状です。

要は、相手に依存している人が多すぎるのです。

相手に依存しているので、相手が変化することを極端に嫌うのです。

そのため、ドリームキラーになってしまうのです。

まず、世界一周を目指すのであれば、このドリームキラーからの攻撃に耐えないといけないのです。

特にこの世界一周などのような現実感がわかないことなどを言われると、友人や親がドリームキラーになってしまう危険性が非常に高いのです。

特に親の場合は、子どもが自分を超えることに関してすごくコンプレックスを抱いてしまうのです。

なぜなら、子どもはいくつになっても子どもなので、親からすれば自分を越えてしまうと制御が効かなくなってしまうので、そのことを恐れているのです。

また、友人なども結局自分より大きくなってしまうことをすごく恐れているのです。

しかし、相手の成功を喜ぶことができない人で、成功を成し遂げた人は聞いたことがありません。

つまり、ドリームキラーになっている人は、相手の夢だけでなく、自分自身の夢をも壊してしまっている危険性もあるのです。

ある意味、このドリームキラーは、非常に厄介で、自分だけでなく、相手をも破壊してしまうこともあるのです。

できれば近くにいてほしくない存在ではありますが、いつ友人や親がドリームキラーになってしまうかわからないのです。

ある意味、ドリームキラーは身近にいると思って過ごしたほうがいいかもしれませんね。

もしくは、あなた自身がドリームキラーにならないようにするように気を付けましょう。

世界一周を始める前にやっておきたいこと


それでは実際に世界一周をすると決めた際に何をすればいいのかわからない方が多くいらっしゃると思います。

そこでここからはお待ちかねの世界一周を始める前にやっておきたいことをご紹介します。

要は世界一周をしたいと思っても何からすればいいのかわからないので、なかなか実行に移せないのです。

何からすればいいのかわからずにてんぱってしまい、足踏みしてしまうので、先へ進めず、結局、挫折してしまうのです。

そうならないためにもここではしっかりやっておくべきことのように説明いたしますので、ぜひ、参考にしていただきまして、実践していただけましたらと思います。

ほとんどの人は、参考書などを読むだけで、実践まではしていないケースがあるのです。

ある方曰くですが、参考書を読むことは縦を編んでいること、実践することで横に編むので、布ができるとおしゃってます。

つまり、読むだけでは、完成しないのです。

読んで実践しないことには形にならないということです。

故に、この記事を読んで実践していただくことが何よりもあなたのためになるのです。

主に大きくピックアップして12個ありますので、まずはしっかり覚えましょう。

世界一周に限らず海外旅行をする際にも基本になるものになりますよ。

いきなりすべてを覚えようとしなくても大丈夫です。

むしろ、いきなりすべてを覚えようとすることの方が難しいです。

まずは焦らずにゆっくり1つ1つ確実に覚えていきましょう。

何から覚えていったらわからないという人は、この記事の順番に覚えていくことも良いですし、もしくは、あなたにとって身近なものから覚えていくことも大切です。

または、読んでいてビビットきたものから読むのもありかと思いますよ。

これらを覚えて実践することによってあなたも世界一周を叶えることができますよ。

ぜひ、読んで覚えて、実践してみてください。

おそらく今までは、世界一周をしたいと考えたことがあってもなかなか先へは進めなかったと思います。

しかし、それはいろいろと知らなかっただけと、周囲のドリームキラーにやられていただけです。

要は自分自身の気持ちさえしっかりしていればなにも問題はないのです。

読んで覚えて実践していくうちにドリームキラーが現れるかもしれませんが、それを乗り越えて叶えていかないといけないのです。

ぜひ、粘り強く、ドリームキラーに負けないように先へ進んでいきましょう。

先へ進めない人はドリームキラーになってしまいますよ。

そうなりたくないですよね。

ぜひ、夢を壊すのではなく、叶える存在になりましょう。

海外旅行保険加入

渡航先で何かあった場合にも備える感じで保険に加入しておくべきです。

よくツアーなどには、ツアー代の中に含まれていることもありますが、含まれていないケースもあるので、改題旅行保険にはしっかり加入しておくべきことをおススメします。

主に大手旅行会社のグループ会社などがこのような保険を用意してはいますが、大手旅行会社のグループ会社の保険の場合、その大手旅行会社のツアーにしか適用されないといったケースもありますので、確認が必要です。

実際に一度海外旅行などを経験された方などに、海外旅行保険の話などを聞いて参考にするのがベストだと思います。

よく保険レディやセールスマンなどの人が営業トークを駆使して保険を進めてきますが、この手の場合、実際に自分が加入していないのに、良いものだといった感じに進めてくるので、実体験がない保険と言えます。

つまり、本当に良いものなのかどうか怪しいのです。

海外旅行保険に限らず、保険はどれも怪しいと思った方が良いと思いますよ。

実体験がないまま保険をパックのような感じに進めてくるのです。

保険レディやセールスマンには、ノルマというものがあるからです。

そのノルマのためにとにかくいいものと言った感じに売ってくるのです。

ある意味押し売りのようなものですが、引っかかってはいけません。

このように海外旅行保険もしっかり選ばないといけないのです。

そのために必要なのは、しっかり保険レディやセールスマンのお話を聞いて、自分で判断するような癖を身に付けるべきです。

要は自分で判断できないから押し売りなどに負けてしまうのです。

自分で判断することであなたにあった海外旅行保険にたどり着くことができますよ。

セールスなどは聞いたら買わないといけないと思われるでしょうが、そんなことはございません。

買う買わないか判断されるのはあなた自身です。

ぜひ、しっかり話を聞いて判断していただきたく思います。

わからないのであればこちら側から聞くこともありだと思いますよ。

退職&社会保険喪失届けを受け取る


世界一周にでるので、当然しばらくは働けないので、退職したことを証明することと、社会保険喪失届を受け取って所定の市役所に手続して国民保険を受け取るようにしましょう。

この期間でも、しっかり振り込むことができますし、いざと言うときの証明書のかわりにもなります。

また、出国手続きなどの時にも必要になってくるので、しっかり保持しておくことをおススメします。

これがないとあなたがあなただという証拠がないと言っても過言ではありません。

また、国民保険などの支払いや、会社で何か不備があった場合などによっては出国を拒否されてしまう危険性もあるのです。

最近は何かとセキュリティが厳しい世の中になっていますので、そのまま海外に逃亡といったケースもあり得るらしいの、しっかり所定の手続きは済ませましょう。

この辺りに不備があると不利になってしまうのは何を隠そうあなた自身ですよ。

国から疑われたまま出国するのもなんだか嫌ですよね。

要は海外に行くことに関してはいろいろと面倒なことが多いのです。

しかし、面倒だからと言って逃げていては何も始まりません。

ここはしっかり、所定の手続きを踏んであなた自身が疑われないようにしましょう。

海外転出届(住民票を抜くこと)

仮に1年以上の世界一周旅行に行くとなった場合、法律で海外転出届を提出する必要があります。

要は住民票によってその年の所得税や住民税などの税金に影響を及ぼすからです。

つまり公的手続きが必要になるので、面倒くさいと思ってしまう方も多くいらっしゃるかもしれませんが、手続きをすることでいろいろとメリットがあります。

メンタルの面も安心させて世界一周旅行ができると言うことです。

では、そのメリットと言いますと、まずは税金の面ですが、1月1日の時点で海外にいることになれば、その年の住民税が免除されるのです。

世界一周をしている最中は現地での買い物などでいろいろとお金がかかってしまうこともあるので、余計な負担を減らすためにも税金の免除は意外と懐に響きますよ。

また、何かとお支払いで負担になっている国民年金が免除されるのです。

この場合は、期間など関係なく海外転出届を提出してれば免除の対象になります。

つまり、しっかり手続きをすればそれなりにメリットを受けられるので、安心して世界一周旅行に臨むことができるのです。

法律では1年以上海外に行く人を決まりにしていますが、1年以内の人でもこの手続きをしっかりしておくと何かと便利です。

不都合で1年以上になってしまうなどのトラブルに巻き込まれても問題ないですよ。

国民保険の医療負担が効かないと思われていらっしゃるかもしれませんが、海外旅行保険やクレジットカードの付帯保険などでそれは賄えるので心配ないですよ。

何よりも世界一周などの海外旅行は安心していけることに問題はありません。