小顔になりたい!そのように考えている女性…いや、男性も含めて小顔になりたくて日々、試行錯誤している方って多いのではないでしょうか。

とはいえ、小顔になるためにいろいろなことを試してもなかなか小顔になることができていないのは、あなたの今の髪型に原因があるのかもしれません。

髪型…ヘアスタイルってその人の雰囲気を決定する重要な要素であり、そのヘアスタイルによっては、顔が大きくもなってしまうこともあれば、逆に小さくなってしまうこともあるんです。

あなたは、いま自分の顔の形にあっているヘアスタイルにすることができているのでしょうか?

ということで、この記事では「ヘアスタイルと小顔の関連性」について特集しています。

あらゆる顔の輪郭別に似合うヘアスタイルやそのアドバイスをしています!

それだけではなく、もっと小顔を極めたいという人のために、小顔になるためのプラスアルファのアドバイスもしております♪

ぜひ、この記事を参考にして、あなたが求めている”小顔髪型“を手に入れてくださいね!もっと自分を大好きになってみませんか?

髪型を変えるだけで小顔に見える?!輪郭別に紹介!

あなたは、街中を歩いていて、電車やバスに乗っていてとても不思議に感じたことがあるかもしれません。

ものすごく顔が大きく見える人もいれば、逆にとても顔が小さくてまるで子供の顔の大きさなのではないか!?と思うような人がいるということを。

とはいえ、多くの方はその答えとして「顔の大きさというのは、生まれつきで今更変えることができないに違いない!」なんて決めつけていることが多いですよね。

そんなことないって知っていますか?たしかに生まれつきや遺伝的なものもあるかもしれませんが、それをどう活かすかによって小顔にもなるし、大きすぎる顔になってしまうかもしれないのです。

ずばり、どういうことかといいますと、たくさんある顔の形である輪郭をしっかりと知り、それぞれに似合うヘアスタイルにすることによって、だれでも小顔に変身することができるってことなんです!

あなたは、自分の顔の輪郭はどのような形をしているのか知っていますか?

おそらく多くの方がそれを知らずに、自分のなりたい姿になれそうなヘアスタイルをオーダーしているのではないでしょうか。

小顔になれるヘアスタイルでも、必ずあなたのなりたい姿に近づけるものです!

輪郭別に、似あうヘアスタイルを知り、さらにそこにプラスアルファで小顔に見えるヘアカラーなどにすることによって、今すぐにでもあなたも小顔の仲間入りを果たしてしまいましょう☆

顔の輪郭の特徴から知ろう!


では、最初に質問をさせてください!あなたは、いったいどのような顔の形をしていますか?また、これまでの人生の中でどんな輪郭をしていると指摘されたことがあるでしょうか。

おそらくこの質問に答えることができるの人ってあまりいないと思うんです。

なぜかといいますと、そこまで自分の顔の形に注目する人っていないからなんですよね。

顔の輪郭を知ることによって、その輪郭に似あう小顔ヘアスタイルだけではなく、女性の方であれば“小顔にみせることのできるメイク術”だったり、若々しく見せる動作なんていうのまで知ることができるようになります。

すべてをあなたにお伝えしたいのですが、すべてをお伝えするとかなりのあなたの時間を要してしまいますから、今回は“小顔になれるヘアスタイル”に集中してお伝えしていくこととなりました。

とはいっても、顔の輪郭にはどのようなものがあるのか、自分自身はいったいどこの輪郭にあてはまるのかがわからないという人が多いことでしょう。

ということで、さっそく顔の輪郭のそれぞれの特徴を知っていきましょう。

そして、あなたがいったいどの顔の輪郭をしているのかを把握してください。

小顔街道マッシグラになるためには、まずご自身の顔の輪郭をしっかり知ることから始まります。

ここでケチると、まったく似合わないヘアスタイルにしてしまって、小顔どころか本来の顔の大きさよりもさらに大きく見せてしまうことになるかもしれません。

丸顔の特徴

とてもチャーミングでかわいらしい雰囲気の人は、だいたいが“丸顔”をしています。

丸顔はどんな顔の形をしているかといえば、文字通りでまん丸い顔をしています。

それだけではなく、顔全体の肉付きもよくふんわりとした女性らしい雰囲気を持っていることが多いです。

それに目の大きさにかかわらず、どこか童顔的要素を持っているので、年齢よりも若く見られることが多いですね。

【丸顔な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

面長の特徴

面長顔の特徴といえば、丸顔に比べるとどこか冷たいイメージにみられることでしょう。

それそれのパーツに関していいますと、両目の間隔は狭くなっていることが多いですね。

ちなみに目の間隔が狭い人というのは、大人になっても実家に近い所に住むといわれていますよ。

また、顔の縦幅が横幅よりも長めです。

そのため、長い顔をしているイメージを他者に与えることになります。

シャープなあごをもっているだけではなく、顔全体の肉付きも少ないので、やせ形さんに多い顔の形になります。

優しい雰囲気というよりかは、どこか“クール”な印象を与えがちになっています。

ベース顔の特徴

ベース顔というのは、野球のホームベースの形にみたててそのような名前がついているんです。

ずばり、顔全体の形は四角いような雰囲気を持っていることになります。

要するに、おでこがかなり広いんですね。

とはいっても、ゴツゴツしたようなものではなく、ふんわりとした丸みをおびた優しい形になっています。

顔の横幅もかなり広めなので、顔が平らになっているように見えることも…。

ホームベースって、四角と三角を合わせたような形をしていますよね。

そのため、アゴのラインはエラ張りになっているものです。

あごはかなりちいさめです。

人によっては、エラ張りをしていることをコンプレックスに感じて、髪の毛で隠していることも。

あなたはどうでしょうか?

【ホームベース顔の特徴は、こちらの記事もチェック!】

逆三角形顔の特徴

最後にご紹介するのは“逆三角形の顔の輪郭”になります。

逆三角形顔とは、ずばりそのままで三角形を逆にした形をしていることになります。

顔を全体的に見ると、顔の上部分というのは下の部分に比べると大きくなっています。

ほっぺもふんわりして丸みを帯びていますが、逆三角形であるためにほっぺの骨がかなり張っています。

アゴも鋭い形をしているので、面長顔さんと同様にかっこいい印象、洗練されている印象を与えいます。

また、一番のポイントとしてハチまわりが張っているのも特徴のひとつになります。

痩せていればいるほどに、この逆三角形の顔の形が主張される形になります。

輪郭別!小顔に見える髪型を紹介

これまでにそれぞれの輪郭がどのような特徴を持っているのか、その顔の形をしている人の雰囲気などをお伝えしてきました!

ご自身の顔の輪郭はどのタイプであるのかをはっきりさせることができたでしょうか?

ちなみに筆者は、面長顔ですね。

それぞれの輪郭タイプを知ったことによって、その情報をもとにしてあなたが知っていくべき情報は“小顔に見えるヘアスタイル”になります。

小顔になりたいですよね!すぐにでも小顔になって、やってみたいファッションにチャレンジしたり、大好きなあの人に愛の告白をしたり。

小顔になることによって、必ずあなたは、今以上に自分自身に自信をもつことができるようになるはずです。

だって、この記事を開いてくださったということは、少なからず顔の大きさを心のどこかでコンプレックスに感じているからなんですよね。

では、さっそくそんなあなたの気持ちをかなえるために、輪郭別に小顔に見えるヘアスタイルをご紹介していきましょう☆

読むだけではなく、すぐにでも実践してみてくださいね。

丸顔

何をしなくても童顔で、どこか子供っぽい印象をもたせてしまう丸顔さん。

おそらく、丸顔さんの悩みは「もっと大人っぽくなりたいのに、何をしても子供っぽくなってしまう」ことであったり、「どこか背伸びをしているように見えてしまう」ということなのではないでしょうか。

それって、あなたのヘアスタイルがさらにその要素を強めてしまっているんですよね。

その要素をはぶくために!そしてまあるい顔を生かして、小顔にみせることができれば、いつでもフレッシュで若々しい小顔さんに大変身することができます。

さっそくどのようなヘアスタイルにしていけばいいのかを学んでいくことにしましょう。

トップにボリュームを出す

丸顔さんは、丸い顔をしているからこそ顔が大きくなってしまっています。

なんて、当たり前のことのようなことをお伝えしたのは、その要素をいかにしてぼかすかが重要だということを伝えたいからなんですね。

丸いからこそ、さらに大きな顔を主張してしまっているので“丸い”要素をなくすことが重要になってきます。

そのために、トップにボリュームを出しましょう!これは美容室でヘアをカットしなくても、すぐにでもだれでもできるアレンジ方法になります。

どのようにするかといいますと、お風呂あがりのドライヤーにカギがあります。

トップの髪の毛を絶たせるように持ち、そしてドライヤーを髪の毛の根元の横のあたりからあてるようにします。

そうすることによって、ふんわりとしたトップができあがるんです!もしも、トップのボリュームが減ってしまっていると感じる方でも、この方法はピッタリですのでぜひおこなってみて。

朝のセットでトップにボリュームを出させるためには、髪の毛の根元をしっかりと濡らすこと。

それから、ドライヤーでふんわりとトップを出しましょう。

そんなひと手間加えるのが面倒くさい方は、マジックカーラーでまくのもいいです!

サイドヘアで顔の横幅をボリュームダウン

丸顔をなくしていくには、頭のトップをふんわりさせるだけではなく、サイドにでこぼこ感を出すのもおすすめ!

では、サイドヘアで顔の横幅をボリュームダウンするにはどうしたたいいのでしょうか?
サイドをふんわりさせてしまうと、どうしても丸顔を強調してしまうことになるので、“耳を出す”ヘアスタイルにしてみましょう。

耳横はふんわりさせず、毛先で遊ぶようにしましょう。

そうすると、トップはふんわりとしているので“まるで面長さんちっく”な輪郭に変身することができ、さらに丸顔の要素をなくすことができるので今よりも小顔にみせることができるんです!

面長顔

では、縦に伸びているかのように見える面長顔さんはいったいどのようなヘアスタイルにしていけばいいのでしょうか。

この場合、さきほどお伝えした”丸顔“さんのヘアスタイルアレンジを基本にして考えます。

面長顔さんがトップにボリュームを出してしまいますと、どうしても顔の縦のラインを主張することになりかねません。

というか、かならず顔の縦のラインを主張することになります。

そのことを踏まえて、面長顔さんはいったいどのようなアレンジをしていけばいいのかを学んでいきましょう。

サイドにボリュームを出す

面長顔さんは、輪郭として顔の縦の長さが強調されてしまっています。

そのため、その縦の長さを緩和するようなヘアスタイルにするのが重要ポイントになります。

そのためには、縦のラインを少しでも目立たなくさせるために、サイドのボリュームを出すことになります。

顔の横のラインを強調することによって、縦のラインを緩和することができるんですね。

これは、丸顔さんの横の長さを緩和するためのトップにボリュームを出させるのとほぼ同じようなスタイルになりますね。

耳サイドあたりをヘアアイロンなどで巻いてふんわりとさせてみたり、パーマをかけることでサイドにボリュームを出すことができますよ!

前髪を作る


前髪を長くして、横に流すのってとてもおしゃれで洗練されたイメージを作ることができますよね。

しかし、そのヘアスタイルを面長顔さんがやってしまうと、どうしても顔の面長の輪郭を主張してしまうことになります。

それっておでこが出てしまうから、縦のラインを余計に目立たせることになるんですね。

そのため、そのようなおでこを隠すようなヘアスタイルがおすすめ!

どんなヘアスタイルかといいますと、簡単にできるのが“前髪を作る”ことになります。

前髪とはいっても長めに作ることもできるので、子供っぽい印象でとどまることはないですし、縦のラインを減らすことができます。

しかし、注意点として前髪をかなり後ろの髪の毛からもってくるのはやめましょう。

そうすると前髪の長さが強調されて、前髪を作っても縦のラインを緩和することができません。

ベース顔

どこか男性っぽい印象を与えてしまうだけではなく、すべての顔の輪郭のなかでは一番に顔が大きく見えてしまいがちなベース型の顔の輪郭をしている人は、いったいどのようなヘアスタイルをしていけばいいというのでしょうか?

おそらくベース型の顔の輪郭の方は、ほかの顔の輪郭の方よりもいかに小顔にみせるかについて向き合ってきたはずです。

それでもなかなか納得ができるような結果を得ることができなかったのであれば、ぜひとも以下の方法を試してみてください。

男性らしい雰囲気なんて出すことなく、一気にあか抜けてどこからともなく“女性らしい”雰囲気になることができるはずです☆

顔周りの髪に動きを出させる

ベース顔の方は、全体的に顔が大きいです。

そのため、全体的に顔の面積が減ったかのように錯覚を覚えさせる必要があります。

要するにこれまでにお伝えしてきた丸顔さんや面長顔さんのヘアスタイルアレンジだけでは、不十分であり、反対に顔の大きさを目立たせてしまうかもしれないということになります。

ずばり、どうすればいいのかといいますと“顔周りの髪の毛に動きを出す”ようにしましょう。

全体的に顔周りをぼかすことによって、小顔効果を得ることができるんです。

では、動きを出すにはどうしたらいいのか?ワックスで躍らせてみたり、ヘアアイロンを持っている方であれば、全体的にラフに巻くだけでOK。

時間とお金に余裕がある方は、お風呂に入った後でもふんわりさを持続させるために、美容室でパーマをかけるのもいいですね!

バックをふんわりさせる

顔回り全体をふんわえりさせるだけではなく、後頭部もしっかりとふんわりさせる必要があります。

なぜかといいますと、先ほども少しご説明しているかと思いますがベース顔の方というのは、どうしても“平たい顔”の印象を与えてしまいがちなんです。

それって横顔で特に感じさせてしまうんですね。

それを避けるために、後頭部をふんわりさせておくことによって、横から見た時にまあるいイメージの頭を作り出すことができるんです。

それで横顔の小顔効果を得ることができます。

逆三角形顔

最後にお伝えするのは、逆三角形の顔の形をしている人のヘアアレンジ方法になります。

逆三角形の方は、すべての顔の輪郭の方よりもいちばんに鋭い印象を与えてしまいがち。

どんなにやさしい性格をしている人でも、顔が大きく見えるだけではなく、きつい性格をしているかのように見せてしまうんですね。

それを防ぐためには、もっとかわいく、そして子顔に見せるためにはいったいどのようなアレンジをしていけばいいのでしょうか?

最後にお待たせした逆三角形顔さんのヘアアレンジをみていきましょう。

アゴ周りにボリュームを出させる

逆三角形型の顔の形の方は、アゴ周りがとても鋭く…シャープな印象を持っていることが多いです。

そのため、アゴ周りに髪の毛のボリュームを持たせることによって、そのポイントを緩和することができるんですね。

髪の毛を思いっきり巻いてみたりするのがおすすめ!

もしも髪の毛でアレンジをしたくないとか、ボリュームアップしている髪の毛がアゴに当たるのがうっとうしいと考えているのであれば、ストールやマフラーなどで隠す作戦をしてみて。

それらを取った時には大きな顔が主張されてしまうかもしれませんが、少しの間だけでも小顔効果をえることができちゃうんです。

トップに高さをプラスする

逆三角形さんは、顔の上部分が大きいもののどうしても三角形を逆にしたような形をしているので、顔の面積が顔の真ん中に集中してしまいがち。

それが原因で顔がおっきくみえてしまうんですね。

そうしないために、トップに高さをプラスしてみましょう!髪の毛を乾かすときにトップの髪の毛をたたせてもち、根本をしっかりドライヤーするのは基本中の基本。

それだけではなく、お団子スタイルにしてみたり、ポニーテールなどにしてトップの高さを出すようにしてみましょう。

【番外編】小顔にオススメのヘアカラー

これまでに顔の輪郭別におすすめの小顔スタイルについてお伝えしてきました!

とはいえ、そのようなヘアスタイルにするだけでもかなりの小顔効果を得ることはできますが、それ以上にもっと小顔になりたいと思う人もいるはず。

プラスアルファのことをしてまでも、自分を小顔にするために行動することができたら、それだけでも自分に自信を持つことができるはずです。

では、どういうことをすればいいのか?それはずばり“ヘアカラー”を変えることになります。

これまでに髪の毛を染めることをしなかったとしても、これを機会にしてヘアカラーをチャレンジしてみるのもいいですね!

そのカラーをふたつだけご紹介します。

ダークブラウン

小顔に見せることができるのは、暗めのヘアカラーになります。

とはいえ、ブラックに近づくにつれて、顔の印象を重たくしてしまうので小顔の印象を与えることができません。

そのため、少しだけでも茶色を入れたほうがいいんですね。

とはいえ、あまりにも明るすぎる茶色ですと顔がぼけてしまい、余計に大きな顔に見せてしまうことも。

その間をとっておすすめするのが“ダークブラウン”のお色になります。

こげ茶色ですね。

ビターチョコレートの色合いといえばわかりやすいでしょうか。

ほんの少しの茶色、そして暗い茶色が顔の印象を引き締めてくれるんです!

また、これまでに髪の毛を染めたことがない人であっても、なじみやすいお色になります。

ダークアッシュ

ダークアッシュとは、まるで黒髪のようなヘアカラーになります。

光の当たる角度によっては、茶色にも変わることもあれば、真っ黒い髪の毛に代わることも。

そのように色合いが変わることによって、顔の引きしめが促進されます。

さきほどもお伝えしたように、黒色だけですと顔の印象が暗くなってしまいがち。

しかし、そこにアッシュカラーが加わることによって、落ち着いた印象を与えつつ、さらに小顔効果を見込めるんです。

こちらのお色もダークブラウンと同じく、これまでにヘアカラーをしたことがない人でも髪の毛になじみやすいので、チャレンジしやすいお色になりますよ!

小顔アレンジのポイント

小顔になるためであれば、できることはなんだってしたい!と考えている方もいることでしょう。

美容整形まではいかないものの、今できることであればすべてを知りたいと考えるはず。

これまでにお伝えしてきた小顔効果を見込める情報だけでも、十分に今のあなたからでは考えることができないほどの小顔さんに変身することができるでしょう。

そんな貪欲なあなたのために、ここでは最後に小顔になるためのヘアアレンジをするときにぜひとも気を付けてほしいこと、気に留めておいてほしいことをポイントとしてお伝えいたします!

ぜひこちらの情報も参考にして、あなたの小顔アレンジに加えていってくださいね!

トップをふんわりさせる

丸顔さんのおすすめヘアスタイルの箇所でもご紹介しましたが、小顔にみせるためには“トップをふんわりさせる”ことが重要になります。

とはいっても、顔の形によっては、トップをふんわりとさせることによって、小顔に見せるどころか余計に大きな顔に見せてしまうこともあるのでご注意をしてくださいね。

トップをふんわりさせることによって、顔周りの面積を増やすことができ、目の錯覚であたかも顔が小さくなっているかのように見せることができちゃうんです。

そのやり方を活用することで、サイドのボリュームを出すことによって、それでも小顔に見せる効果があるということなんですね!

サイドに後れ毛を出す

髪の毛をピシッと結んだり、まとめるのは気持ちが引き締まるかもしれません。

しかし、本当に小顔効果を狙っているのであれば、髪の毛をまとめたりするとき、もしくは通常時であっても“まとめすぎない”ように気を付けましょう。

髪の毛をぴっちりとまとめるということは、それだけ顔の大きさを主張することになります。

なぜならば、顔の周りをかこってくれるものの面積が減ってしまうので必然的に顔の大きさを主張することになるんですよね。

このため、サイドにおくれ毛を出してみるのもよい方法ということができます。

おくれ毛は出し方によっては、だらしない印象を与えるのですがおしゃれにおくれ毛を出すことによって、顔周りの面積を増やすことができるので小顔効果をのぞめます。

特に面長顔さんにおすすめのアレンジポイントになりますね。

アクセサリーで視線を外す

あなたは、ヘアアレンジをするときなどにヘアアクセサリーなどを使用しているでしょうか?実は、そのようなヘアアクセサリーというのは、大きな顔から視線をそらすにはもってこいのものになるんですね。

これといってアクセサリーにおすすめのサイズというのもありません。

あなたのファッションにあっている形や大きさのものを選ぶといいでしょう。

とはいっても、あまりにも大振りすぎるサイズのものを使用すると、かえって幼く見せてしまいちぐはぐな印象を相手に与えてしまうこともあるので注意が必要になります。

顔の真正面からみてアクセサリーが見えるようになると、より一層小顔効果を得ることができるでしょう。

アクセサリーにはいろいろなタイプのものがありますから、あなたのなりたい姿を想像しながら選ぶのも楽しいかもしれないですね!

しかし、ここで注意点としてカチューシャなどの頭の形をそのままモロだししてしまうようなアクセサリーは選ばないようにしましょう。

とても便利なアイテムですが、小顔効果を得たいのであれば検討して。

前髪を作って小顔UP

前髪というのは、顔全体の面積を減らすことができるのでどの顔の輪郭をしている方であっても、小顔効果をんぞめます。

とはいっても、パッツン前髪のようなあからさまな前髪はおすすめしません。

なぜかといいますと前髪あたりに直線ラインを出すことによって、アゴのラインでかおのおおきさを主張してしまうからです。

そのため、美容室などで前髪を作るオーダーを出すときには“自然”に仕上がるようにお願いしておきましょう。

前髪を作ることで小顔効果アップできるなんて、とても簡単ですよね!

サイドに髪の毛を垂らす

これまでに何度もお伝えしていますが、小顔に見せるためにはとにかく顔の面積が減っているかのように見せかけることが重要になってきます。

前髪を作ることも顔の面積を減らすために行うことでした。

そのほかにできることといえば、顔の両サイドに髪の毛をたらすことなんですね。

この垂らした髪の毛のことをファッショ女御では“触覚”なんていったりします。

両耳と両眉尻の間に少し長めの髪の毛をたらしておくのがこのスタイルになります。

そうすると、エラ張りさんであればエラも隠すことができますし、顔の見える面積を減らすことができるので小顔効果を得ることができるんですね!

何もしないでそのまま髪の毛を垂らすのもいいですが、さらにそのたらす髪の毛を少しヘアアイロンで巻くことによって、より一層おしゃれで小顔効果をのぞめますよ♪

ふんわりさをだすのか小顔効果を得るためにはとても重要なことなのです!

小顔に見える髪型はたくさんあります!輪郭別に見てみて(まとめ)

今回は、小顔に見せたいと考えている人のために小顔になるヘアアレンジ方法をご紹介してきました!

まずは、あなたがどのような顔の輪郭をしているのかを知っていただくために、顔の輪郭についてご紹介しましたね。

しして、誰もが気にしている顔の輪郭別に小顔に見せる方法までもご紹介してきました。

あなたは、これからどのように行動すればいいのかを知ることができたのではないでしょうか。

今回お伝えしてきたヘアアレンジ方法というのは、ほんの一部にすぎません。

あなたに似合う小顔に見せてくれるヘアスタイルってほかにもあるんです。

今回ご紹介してきたものにチャレンジしながら、試行錯誤しつつあなたの顔を小顔にみせてくれるヘアスタイルに出会っていきましょう!

ぜひ、その際には今回のこの記事を参考にしてみてくださいね。