街を歩けばたくさんのカップルが街を歩いており、みんな幸せそうに二人の時間を過ごしています。

そんな中、一緒に居たいのに遠く離れていて寂しい思いをしているカップルもたくさんいます。

寂しいと思いながらも頑張って関係を続けようとしているのです。

遠距離恋愛というのは、一般的には良好な関係を築くのが難しいと言われており、遠距離恋愛が決定するともはや別れたも同然と考えてしまう人々も少なくないようです。

実際に、遠距離恋愛で上手くいかなくなってしまい別の道を選ぶカップルもたくさんいます。

しかし一方で、遠距離恋愛でもとってもラブラブで仲良しなカップルも同じ数ほどいるのをご存知でしょうか?

遠距離なんて離れていて寂しいだけで、良いことなんて何もない!そう思ってはいませんか?

遠距離恋愛には、経験した人にしかわからない素敵な面があり、お互いの絆を一層深めることのできる素晴らしいチャンスなのです。

もし今遠距離で辛いという人、これから遠距離になってしまうという人は、是非これを読んで遠距離をうまく楽しみながらラブラブな関係を作っていってくださいね!

遠距離恋愛って辛いですよね

遠距離恋愛って辛いことがたくさんありますよね。

今まで近くで自分を支えてくれていた人が、突然遠くにいってしまってすぐに会えなくなるのです。

声を聞けば聞くほど会いたくなってしまいますし、相手が今何をしているいか、誰と会っていて何を考えているかなどが全く分からない状態です。

どれほどラブラブだった二人でも、相手のことを考えて不安になったり寂しくてつい喧嘩をふっかけてしまったりというのはよくあることです。

さて、そんな辛い遠距離恋愛ですが、遠距離だからこそ楽しめる魅力もあるのです。

相手とずっと会っていない分、自分のことに時間をつかうこともできますし、次会える時が普段よりもぐんと楽しみになっていつまでもラブラブでいることもできます。

遠距離恋愛は辛いだけだとばかり思っていると、せっかく上手くいくはずの二人でも上手くいかなくなってしまいます。

遠距離恋愛ではまず前向きに考えることが大切です。

前向きに考えるようにすれば、きっと自分たちが上手くやっていく方法が見つけられるはずです。

遠距離恋愛を乗り越える方法8個!

辛くて仕方ない遠距離を乗る超えるには、どんなことをすればいいのでしょうか?

遠距離恋愛ときくと、それだけで希望がないように思ってしまう人がとても多いです。

でも実際は、遠距離恋愛はただ距離が離れるだけであって、心の持ちようさえ変えれば辛さも乗り越えて楽しむことさえできてしまうのです。

遠距離恋愛を乗り越えてきた先輩カップルたちは、一体どうやって辛い遠距離を打破したのでしょうか?

一つずつその方法を見ていきましょう。

自分に向いていそうなものがあれば、是非試してみてくださいね。

次会える日を決める


遠距離恋愛で大切なのは、次会える日が決まっているかどうかということです。

遠距離で一番破局に繋がりやすいのが、遠距離の終わりが見えずに疲れ果ててしまうからです。

遠距離の寂しさを我慢して自分のことに集中できるのは、いつまで我慢すればいいのか、次はいつ会えるのかということが分かっているからこそです。

次会える日が分からない、いつまで遠距離が続くか分からないとなれば、この日まで頑張ろうという目標がないままずっと辛い遠距離を続けなければいけません。

もし、遠距離で今辛いという人は、次に会える日程をちゃんと相手と決めていないのではないでしょうか?

デートできた日は、次のデートの日程を決めるぐらいの勢いで、しっかりと二人の時間を作る姿勢を取るようにしましょう。

そうすれば、次に会える日まで一生懸命他のことを頑張って、当時は思いっきり幸せを感じることが出来ます。

連絡はまめに取る

遠距離恋愛でもっとも大切なこと、それは連絡をまめに取るということです。

相手の行動が見えずに不安になってしまう遠距離では、連絡だけが二人をつなぐツールとなります。

いつでも会える距離にいるときよりも、もっとマメに連絡を取り合う必要があります。

相手が今何をしているのか、誰と仲良くしているのかなどが分かれば、自分自身も不安になって喧嘩をしてしまうことも減るはずです。

逆に、相手にしっかりと自分の現状を伝えてあげて、相手のことを安心させてあげるのも大切なことです。

連絡をマメにとることで、お互いが不安になることなく過ごすことが出来るので、余計な喧嘩をしたり疑いを向けてしまうこともありません。

不安や疑いが遠距離恋愛を難しくさせます。

連絡をしっかり取ることで、悪の根源を無くしておくようにしましょう。

忙しくても相手を放置しない

マメに連絡すると決めた後は、どんなに忙しくても相手を放置しないようにしましょう。

相手を放置するというのは、二人の関係をないがしろにしているのと同じことです。

忙しいからと言って連絡を怠れば、相手は自分を大切にしてくれないと傷ついてしまいます。

忙しくて放置されている側は、最初こそ寂しくて辛いと感じますが、徐々に自分を大切にしてくれない相手に対して愛想が尽きてきて、気づいた時には向こうから別れを告げられていたなんてことにもなり得るのです。

もし本当に忙しくて連絡がなかなか取れない時期があるのであれば、事前に相手にそのことを伝えておいて、少しでも時間が取れた時には一言でも必ず連絡を取るようにしましょう。

連絡を取ろうという気持ちさえ相手に伝わればそれで大丈夫です。

二人でしっかりと理解し合うことが大切なのです。

ビデオ通話をする

連絡を取り合う際には、ビデオ通話の頻度を多くすることがおすすめです。

普段近くに住んでいるカップルであれば、ビデオ通話をすることなんてあまりありませんよね。

電話で連絡事項を話すことはあっても、ゆっくりとビデオ通話越しに話すなんて経験はあまりできません。

離れているとラインやメールばかりのやり取りになってしまいがちですが、文章だけだとどうしても相手へ気持ちが伝わらないことがあります。

電話で声を聞くのはもちろん、顔を見て話をすることで、一気に不安や疑いの気持ちがなくなってしまうこともよくあることです。

二人で話し合ってどのぐらいの頻度でビデオ通話をするか決めておくのもいいでしょう。

そうすると、その日を楽しみに仕事や他のことを頑張ることもできますからね。

今何をしているか伝える

マメに連絡を取ると言っても、何を話せばいいか分からないなんて人もいるでしょう。

連絡をするときは、ただ自分が今何をしているのかを伝えてあげればいいのです。

逐一報告する必要はありませんが、例えば遊びに行く時やいつもとは違う行動をするとき、仕事が長引いているときなどは、報告しておいて損はありません。

遠距離恋愛はお互いの信頼関係があるかどうかでほぼその運命が決まります。

信頼関係というのは、それまでいくらラブラブだとしても、遠距離が始まった時点からゼロになると考えた方が良いです。

自分は信頼されていないと思うぐらいでいる方が、相手にちゃんと連絡して自分のことを伝えようという気持ちがわくはずです。

離れているからこそ、どれだけ相手に信用してもらおうと頑張れるか、ここが遠距離恋愛の信頼関係を左右する分かれ目になるのです。

共有カレンダーを使用する

遠距離恋愛のカップルにおすすめなのが、共有のカレンダーを使用してお互いの予定を把握しておくという方法です。

なんとなく束縛している、されているような感じがしますが、そこまで詳しく書く必要はありません。

お互いが今日何をしているのかをパッと見るだけで分かれば、変に不安になることもないですし、返事が来なくても安心して気長に待つことが出来ます。

今は色々なカップル専用アプリで共有カレンダーを使うことが出来ます。

二人の記念日や次のデートの日程などはもちろんのこと、その日自分は何の予定があるのか、この時間なら電話が出来るなど詳しいことを入れてあげると、より相手も安心することが出来ておすすめですよ。

相手を信頼する

遠距離恋愛では、まずは相手を信頼することが絶対に必要になります。

初めての遠距離恋愛となれば、不安になってしまったり相手を疑ってしまうのは当たり前のことです。

少し連絡が取れなかったり、ちょっと冷たい雰囲気を感じたりすると、すぐに「冷めたのかな?」「他に好きな人できたかな?」なんて考えてしまうものです。

しかし、こんなマイナスなことは考えても仕方ありません。

相手の心の中は相手にしかわかりませんし、どれだけ考えてもマイナスなことしか浮かばなくなってしまいます。

そして、こうして悩んでいるときは、大抵相手は何も考えていないことが多いです。

相手を信頼するということは、相手との関係どうこうというよりも自分との戦いです。

自分がどれだけ不安を信用に変えられるか、どれだけ自分の中で消化できるかということなのです。

相手に信用させてくれと迫る前に、自分が出来る限り信用するようになること、そして自分の中で不安な気持ちを消化できるようになることがとても大切なのです。

言葉にしてちゃんと伝える

遠距離恋愛では、何事も言葉にしてちゃんと伝えるということがとても重要になってきます。

遠距離恋愛中は、いつも顔をみて話せるわけではありません。

電話できる時間も限られてきますし、だいたいの連絡はラインやメールなどの文章になってしまいます。

声を聞いたり顔を見れば分かることも、文章では上手く伝わらないことがたくさんあります。

底で大切なのが、ちゃんと自分の気持ちをはっきりと言葉にするということです。

嫌だと思ったことは嫌だという、好きだという気持ちはちゃんと言葉にするなど、普段は意識してなかったようなこともしっかりと伝えるようにしましょう。

遠距離ではもやもやした気持ちを会うことでスッキリさせるということが出来ず、永遠にもやもやが溜まっていってしまいます。

それが限界になると、どちらかが爆発してしまって遠距離恋愛が終わってしまいます。

遠距離ですぐには会えないからこそ、毎回相手と真剣に向き合って、二人の気持ちを消化していく必要があるのです。

自分磨きをする


遠距離恋愛を楽しめるおすすめの一つが、自分磨きをするということです。

遠距離では、デートのたびにお互いを久しぶりに見ることになります。

毎回新鮮な気分になり、デートごとに初々しい気持ちを感じることが出来ます。

久しぶりに会うからこそ、デートがもっと楽しみになって一日を心から楽しもうと思えるのです。

そんな遠距離ならではの素敵なポイントをもっと素敵にするために、自分磨きをして次のデートまでに相手が驚くように努力してみましょう。

自分磨きというのは、普段から頑張っていてもずっと一緒にいるとなかなかその変化に気づかないものです。

ずっと会っていないからこそ変化にも気づきやすくなりますので、自分磨きのしがいもあるということです。

相手と一緒に目標を決めるというのもありです。

お互い筋トレをたくさんしておく、体を引き締めるなどなんでもいいので、一緒に頑張れるような目標を設定すると、よりやる気が出て会えない時間を楽しむことが出来るかもしれません。

相手に依存し過ぎない

遠距離恋愛で注意しなければいけないのが、相手に依存しすぎてはいけないということです。

遠距離であろうとなかろうと、恋人に依存するのは良くないことです。

他のことに一切手が付かなくなってしまうどころか、自分自身も不安や束縛で頭がいっぱいになってしまいとても幸せだとは言い難い関係になってしまいます。

特に、遠距離となると相手が何をしているかわからない、誰かに目移りするかもしれないという不安から、相手のことを監視して自分だけのものだと縛り付けてしまう人がいます。

ちょっと連絡がこなければすぐに喧嘩、相手を疑って自分だけを優先するように迫ってしまうのです。

こんなことを続けていれば、いくら心の広い相手だったとしても、気持ちが冷めてしまったり徐々に付き合っていることが面倒になってしまったりします。

依存は相手に冷められてしまうだけではなく、自分も心から幸せを感じることが出来ません。

本当に幸せな遠距離恋愛を成功させたいなら、自立して恋人と一定の距離を保つ必要があるのです。

夢中になれるものを見つける

恋人に依存しないためには、自分で夢中になれるものを探しましょう。

仕事でもいいですし、趣味でもなんでも、とにかく自分が夢中になれて集中できることを見つける努力をしましょう。

趣味であれば、自分が楽しいと思えることを探して恋人のことなんて考える隙もないぐらい集中してしまいましょう。

そのためには、少しお金を奮発して趣味に無理やり没頭するというのもアリかもしれません。

仕事を一生懸命頑張るというのも、夢中になれることの一つなのでおすすめです。

恋人に依存している暇がないほど忙しくしていれば、そのうちそれが当たり前になって心にも余裕ができてくるはずですよ。

友達と遊ぶ

遠距離恋愛で恋人と離れていて辛い時は、やはり友達とたくさん遊んで気を紛らわすということが一番効果的です。

ずっと恋人からの連絡を待って、万が一電話できると言われたときのために家でじっとしている、そんな毎日を過ごしていたら、そのうちしんどくなってしまいます。

恋人との連絡も大事ですが、離れている人よりも近くにいる人と毎日を楽しむということも大切なことです。

友達と色々な話をすることで視野も開けて、遠距離恋愛に対する考え方も変わっていくはずです。

また、遠距離で本当に辛くなってしまった時や、連絡を待っているのがしんどくなるときが必ず来ます。

そんなときは、友達に会ってちょっとでも気を逸らすことが大切です。

友達であれば心から励ましてくれるはずですし、それで元気が出ることもたくさんあるでしょう。

離れている恋人ばかりに心を乱されるより、近くに居る友達をもっと大切にして時間を有効的に楽しむということも大事なのではないでしょうか。

お揃いの物を持つ

遠距離恋愛では、徐々にお互いのことを考える時間が減っていきます。

それが限度を過ぎてしまうと、全く感情がなくなってしまって他の人に目移りしてしまうのです。

ですので、離れているからこそお互いを思い出すようなものが身近にあれば、いつも相手のことを考える時間ができて、心移りすることもなくなります。

そこでおすすめなのが、おそろいのものを持つということです。

お揃いのコップやキーケースなど、普段から使うものをおそろいにすることで、恋人のことを思い出すタイミングが増えます。

思い出すことが増えれば、ふとした瞬間に相手のことを思って気持ちが冷めずにすむのです。

また、一緒に作った何かを常に持っておくことで、一緒に作ったという思い出を思い出すことができるので、こちらも遠距離カップルにはおすすめです。

二人で幸せだった頃のことを忘れないこと、それが一番大切なことなのです。

記念日は毎月祝う

記念日は毎月しっかり祝うことが、遠距離で飽きてしまわないポイントの一つです。

記念日は一緒にいれば祝う人も多いですが、離れてしまうとお互い自分の生活が大事になってしまって二人の記念日すら忘れてしまいがちです。

しかし遠距離だからこそ、記念日という二人の特別な日をお祝いするべきなのです。

記念日が来るたびに、相手の存在がいかに自分にとって大切か、そして相手がどれほど思ってくれているかを再認識することができます。

記念日は遠距離カップルにとって関係を維持する大切な日です。

適当にしてしまわずに、毎月ちゃんと顔を見てお祝いするようにしましょう。

遠距離恋愛あるある!?

遠距離恋愛は辛いことも多いですが、その分他の人が経験できないような幸せを知ることもできます。

近くにいないからこそ、相手のことを心から大切にできるというのも素敵なことです。

そんな遠距離恋愛ですが、実際に遠距離をしているカップルは普段どんな生活をしているのでしょうか?遠距離恋愛カップルにあるあるなことをご紹介していきますよ!

他のカップルが羨ましい

遠距離恋愛カップルに一番あるあるなこと、そらは他のカップルが羨ましいということです。

他のカップルが一緒にデートしたり記念日を一緒に過ごしたりしている横で、遠距離中の人は寂しく一人で過ごさなければいけません。

嬉しい時も悲しい時もすきな人がすぐ近くにいてくれるというのはやはり羨ましいものです。

どうしても友達カップルを見ると寂しさがこみ上げてきてしまうのです。

遠距離恋愛の歌を聞きまくる

遠距離恋愛カップルあるある、それは遠距離恋愛の歌を聴きまくって、どっぷりと寂しさに浸ったり遠距離を実感したりすることです。

遠距離恋愛の歌なんて聞いたら余計に寂しくなるんじゃ?と思う人も多いでしょう。

実際は、遠距離恋愛の歌というのは励ましてくれるようなものが割と多く、切ないけれども大丈夫だと思わせてくれる歌詞が多いです。

自分の他にも遠距離で頑張っているカップルがいるということ、それは遠距離カップルにとっては大きな励みになります。

歌に共感して自分だけじゃないと感じることで、勇気が出てまた頑張ろうと思えるのですね。

交通費が高い

遠距離恋愛カップルの悩みのタネ、それは交通費が高いということです。

頑張って会おうと思えば会える距離でも、交通費が高くてなかなか会えないというカップルはかなり多いでしょう。

例えば東京と名古屋の遠距離だとすると、距離にするとそこまで遠くはありませんが、新幹線を買うと往復2万弱してしまいます。

交通費が大金となると、足取りも重くなってしまうのが現実です。

なんとかお金を貯めていっぱい会いたいところですが、金欠になると会いたい気持ちも減ってしまうのが遠距離恋愛の怖いところですね。

不安が募る

遠距離恋愛カップルの悩み、もう一つは不安が募ってしまうということです。

近くにいると喧嘩したり言い合いしても会って仲直りということができます。

遠距離ではもちろんそれはできません。

一度喧嘩してどちらかが素直にならないとどんどん疎遠になってしまうだけです。

また、相手の周りにどんな異性がいるかなんてわかりません。

いつ冷められてしまうかわからないという不安、浮気されるかもという疑いから、どんどんしんどくなってしまうこともあります。

遠距離はどれだけお互いを信用できるかということに懸かっているのでしょう。

強くなれる

遠距離恋愛をしていて上手くいっているカップル、その二人は確実に精神的に強くなります。

遠距離恋愛とは相手との関係でもあり、自分の心との戦いでもあります。

自分がどれだけ相手を信用できるか、どれだけ不安な気持ちを自分の中で消化できるかということがポイントになってきます。

相手のことを考えて自分の気持ちばかりをぶつけない、そんな風に考えながら付き合っていく中で、精神的に以前より強くなるのは間違いありませんね。

何しているのか気になる

遠距離恋愛をしていると、やっぱり相手が何をしているのかは気になってしまいます。

自分の時間を楽しんでいても、ふとした時に相手が何をしているのかとんでもなく気になってしまいます。

遠距離をすると、必ずこの壁にぶつかる時が来ます。

相手のことを疑っていなくても、どんなにお互い信用していても、やっぱり好きな人が何をしているかは気になってしまうものなのです。

この気になる気持ちをうまくコントロールできるかどうかが、遠距離を成功させる鍵となってきます。

相手に気持ちをぶつけるだけでは、どんどん心をはすれ違ってしまいます。

お互いがお互いのために予定や行動を報告したりするその態度がまずは必要なのかもしれません。

会えた時は写真を撮りまくる

遠距離恋愛カップルは、会えた時にたくさん写真を撮りたくなってしまいます。

普段会えない分、会えた時の喜びは普通のカップルよりも倍以上です。

一緒にいれるのが嬉しくて、なんでもない瞬間でもいっぱい写真を撮ってしまいます。

ですので、遠距離している時の方が写真が増えたなんていうカップルもいるほどです。

写真は二人の関係をつなぐ大切な思い出です。

これからもいっぱい写真を撮って思い出をたくさん作っていきましょう!

遠距離恋愛が上手くいかないわけとは?

遠距離恋愛を楽しむということ、これはやはり全てのカップルができることではありません。

遠距離恋愛は成功しないことももちろん多く、離れてしまって心も離れてしまうカップルはたくさんいます。

さて、遠距離恋愛がうまくいくカップルとうまくいかないカップルにはどんな違いがあるのでしょうか?
遠距離恋愛がうまくいかない原因を見ていきましょう。

浮気

遠距離恋愛で一番やってはいけないこと、それは浮気です。

もちろん遠距離であろうとなかろうと浮気をすればすぐに別れにつながることがほとんどでしょう。

遠距離恋愛では、近くにいるときよりも浮気してしまう可能性がかなり高くなります。

遠距離の程度にもよりますが、例えば片方が海外に行くなんて時は要注意。

行く側はつい羽目を外してしまい浮気してしまうなんてことはよくあります。

また、遠距離で寂しさが募ってつい浮気してしまうなんてこともよくあります。

寂しくて辛い時に、近くにいる異性に優しくされるとついそっちに目が眩んでしまうものです。

相手に浮気されるのはもちろん、自分がしてしまうことだってあるのです。

喧嘩が増えた

遠距離になると相手のことが見えなくなってしまうことがよくあります。

相手の気持ちを思いやるということができず、自分の不安や寂しさばかりをぶつけてしまうようになります。

そうやって喧嘩が増えていくと、どんどん心がすれ違ってしまいます。

喧嘩は関係を強くするのに必要なことではありますが、遠距離中の喧嘩は命取りになることがあります。

喧嘩をしないでいいときは、極力冷静に話し合うことを心がけましょう。

一度別れてしまうと、元に戻ることができないのも遠距離恋愛の辛いところですよ。

相手の優先順位が下がった

遠距離になると相手の優先順位が下がってしまうこともよくあります。

一緒にいるときは恋人が一番で、暇な時間や空いたときはすぐに恋人に報告して二人の時間を作っていたカップル。

離れてしまうとどうしても自分の目の前のことに集中してしまい、他のものや人を優先するようになります。

そうして他の人の方が徐々に大切になってしまい、最後には恋人の大切がわからなくなってしまうのです。

しかし、この場合ほとんどが恋人を失ってから後悔することでしょう。

一度失ってしまうと元には戻せないのが遠距離恋愛です。

よく考えながら、自分の優先順位を考えるようにしましょう。

会えなくて冷めてしまった

遠距離恋愛でよくあるのが、相手に会っていないうちに気持ちが冷めてしまうというパターンです。

恋人ができると毎日一緒にいたいと思いますよね。

一緒にいる間は相手も生活の一部ですので、そこから気持ちが冷めるということはあまりありません。

しかし、自分の生活圏内から恋人がいなくなってなかなか会う機会がなくなれば、徐々に相手のことを考えることが減っていき、ついには気持ちさえもなくなってしまうのです。

相手に冷められるのはとても辛いことですが、遠距離では自分が冷めてしまう可能性も十分にあります。

大好きな恋人のことが徐々にどうでもよくなっていく、それもまた寂しくて辛いものです。

音信不通になった

遠距離恋愛で一番最悪なパターン、それは音信不通になって自然消滅してしまうことです。

近くにいる間は、連絡を一切取らないとなると、周りの友達などを辿ってすぐに何をしているかなどがバレてしまうので、まず自然消滅を狙う人はあまりいません。

しかし、遠距離となると相手がどんな人と仲良くてどんな人と何をしているかなどが全くわかりません。

言ってしまえば、音信不通になってしまったらもう連絡を取る術がないということです。

それを理由に、遠距離では急に音信不通になって別れてしまうパターンがかなり多いのです。

相手が音信不通になればもうチャンスはほとんどないです。

しかし、自分が別れたいと思ったときは、音信不通にしてうやむやにするのではなく、必ずちゃんと話し合って別れるようにしましょう。

離れている時間が愛を育てるのです

遠距離恋愛では大好きな人と離れた場所で別々に過ごさなければいけません。

不安にもなれば寂しくてたまらないときもあります。

しかし、遠距離は辛いことだけでは決してありません。

次に会えた時の嬉しさや、気持ちをはっきりと言葉にできる喜びなどは、遠距離でしか感じることができません。

そしてなにより、遠距離を乗り越えた時に二人の関係は確実に強いものとなっています。

恋愛としてだけでなく人として成長することができる遠距離恋愛。

会えない時間が二人の愛を強くするのです。

前向きに遠距離を楽しめるよう、一歩ずつ頑張ってくださいね!