皆さんは自分の性格をどの様に考えていますか?

例えば自分は積極的であるという人や消極的であるという人、寂しがり屋だという人や一人が良いというような人もいますよね。

皆が同じような考えではないのでどうしても性格というのも人それぞれになってしまいます。

また似たような人もいますよね。

同じような人が集まることを「類は友を呼ぶ」というような意味もありますが、まさにその通りだと思います。

よく学校などのグループ化でも同じような人が集まったりしますよね。

その集まるような人達でイメージを決めていたり、どれだけ充実した生活を送っているのだろうかとか様々な考えをするような人が多いと思います。

そんな中、皆さんは自分の性格をどの様に考えていますか?

仮にマイナスに捉えているものであれば、それを克服することで新しい自分などが見えるようにもなるかもしれないですよね?

あまり想像がつかないという人もいるかもしれませんが、どういう自分になってみたいのか、という事が重要になるのではないかと思います。

そこで今回はよく皆さんが挙がる治したい性格でもある「引っ込み思案」な人を中心にお話しをしたいと思います。

引っ込み思案な人と聞くとどの様なことを思い浮かべますか?

例えば人見知りをしてしまう人であったり、恥ずかしがり屋であったり、ネガティブ思考というような人の前にはあまり出ずに自分を抑えてしまうような人のことを引っ込み思案と言います。

皆さんも引っ込み思案になっていませんか?

そんな状態というのは必ず治らないというような訳ではありません!

気をつけるべきところがあり、そこを重点的に考えることで、次第に意識をしなくても引っ込み思案のような行動を抑えることができます。

また、引っ込み思案な人というのは基本的にネガティブに考えることも多いので、変われないと思ったりするかもしれませんが「塵も積もれば山となる」というように直ぐに変わることはできないでしょう。

しかしながら少しずつ性格を克服することができると思うのです。

引っ込み思案ではない人も様々な悩みを抱えて自分を変えようとしていますよね。

その1人になってみませんか?

今回は引っ込み思案な人の6個の特徴と自分を変える3つの方法についてお話をしたいと思います。

皆さんは引っ込み思案をどの様にして捉えていますか?

引っ込み思案な人の6個の特徴

ではそんな引っ込み思案な人の6個の特徴というのはどの様なものがあるのでしょうか?

例えば人見知りであったり恥ずかしがり屋というような事もあるでしょう。

引っ込み思案な人というのは基本的にマイナスな特徴を多く持っており、ネガティブな考えをしてしまうというのも特徴の1つになるのではないかと思います。

そしてコミュニケーションを取ることが苦手なので、相手の目を見て話すことができないという事や、会話が苦手であるというような事もあるでしょう。

どうしてもマイナスな方向に考えてしまうために、行動をする際にもマイナスになってしまうという特徴があるともいえるのではないかと思います。

引っ込み思案な人というのはその特徴を知っておきながらも、改善をしようとしますが、また直ぐにマイナスに考えてしまうという欠点があるので、どうしても同じことを繰り返してしまうというような事も多くあるのではないかと思います。

ここで大事なことは、今から離す6個の特徴を十分に理解をして、その特徴と向き合い、克服するという事が必要になるのではないかと思います。

ではどの様な特徴があるのか、その6個の特徴について詳しく見てみたいと思います。

1.人見知り


人見知りというような特徴があるでしょう。

引っ込み思案な人というのは、よほど仲の良い人というような事ではない限り、他の人と話すというような機会がありません。

なので人見知りの状態になってしまうことが多く、相手と会話をするというような機会が少なくなるのではないかと思います。

人見知りな人というのは基本的に自分から行動をするというような事も少なく、どうしても相手と話をする際には最低限の会話というもので終わってしまうことが多いです。

特に見知らぬ人に話しかけるというような事を苦手とするので、どうしても相手を見てから知るというような考えをしてしまうのも特徴の1つなのではないかと思います。

この様な人の共通する特徴というのは、引っ込み思案なところもありますが、ネガティブな人が多いという点です。

ネガティブな思考をしてしまうと行動をするにしてもマイナスな印象を与えてしまうので、そこをどの様に捉えるのかという事が重要になるでしょう。

コミュニケーションが苦手

引っ込み思案というのは基本的に自分を抑えてしまい、自分から行動をすることができないというような特徴がありますが、その特徴というのは多くが人見知りであるからです。

そしてその人見知りがある事により、コミュニケーションを取ることが少なくなってしまうので、コミュニケーションが苦手というような事も多くあるのではないかと思います。

コミュニケーションが苦手というのは簡単に言えば話すことが苦手という事になります。

皆さんは普段家族の人であったり友達と話すという事をしてコミュニケーションを取ることができるのです。

しかしながらその話すという事が苦手ということは、家族とも話すということが少ないのではないでしょうか?

友達とも話すというような事がなければ、普段話すということがどんどん少なくなってしまうというのもコミュニケーションをどんどん苦手にするのではないかと思います。

相手の目を見られない

相手の目を見られないということもあるでしょう。

例えばですが、話をする時に顔を見て話せる人と恥ずかしくて顔を見て話せないという人がいます。

しかしながら相手の目を見られないというのは、簡単に言えば恥ずかしさというものではなく、コミュニケーションをするのが苦手になってしまっています。

どうしても面と向かって話すという行為ができなくなってきてしまっているということがあるのではないかと思います。

皆さんが1回は経験をしたことがあるもので「面接」というものがあると思います。

面接をする際には相手の顔を見たり目を見たりして「入りたい!」という意思が強くなっているのではないかと思います。

そのため目力が入ったり、顔が緊張をしたりと顔を上げているのでどの様な様子かという事が分かります。

しかし、相手の目を見られない状態という事は、常に顔を下向いて話をしてしまうという事になるのではないかと思います。

なので常に顔が下を向いているので暗いというようなイメージをつけてしまうのではないかと思います。

2.恥ずかしがり屋


恥ずかしがり屋というような事も引っ込み思案な人に多い特徴の1つです。

自分から積極的に行動ができないという事は、常に何かに対して抑えているという事になるのではないでしょうか。

例えば恥ずかしがり屋な人というのは人前に出れないような人が多いですよね。

自分ではなく他の人がというような事を考えることが多いので、どうしても恥ずかしがり屋な人は自分が表に出るという事や、何かをするという行動に対して恥ずかしいというような気持ちで一杯になるのではないかと思います。

また恥ずかしがり屋な人の特徴としては顔が赤くなるというような事もあるでしょう。

どうしても緊張をしてしまうので、その影響により顔が赤くなるのではないかと思います。

顔が赤くなる

顔が赤くなるというような事が多い人は、恥ずかしがり屋であり、かつ引っ込み思案な人が多いです。

顔というのはその人の状態を表すものなので、暗い表情であれば暗く、明るい表情であれば明るいというようなその人の印象を与えるものが多いです。

なので顔が赤くなるというのは基本的に恥ずかしいというような印象を与えることが多いので、顔が赤くなるというのは直ぐに分かりやすいものの1つになります。

引っ込み思案な人がこの特徴が多いというのは、自分は大丈夫というような安心があるので、そこから不意に自分に話かけられたりするというような事があると何も喋れないというような事も多いのではないかと思います。

よく緊張をして言おうと思っていたことを忘れるというような人が多いですよね。

会議で言おうとしていたことをふと忘れてしまうというようなタイプの人は、顔が赤くなることも多いのではないかと思います。

人前に出られない

人前に出られないというような事もあるでしょう。

基本的に人前に出るような事というのは少ないとも思います。

しかしながら大人になるとどんどん人前に出ることが多いので、どうしてもその様な状況になることが多いです。

昔から人前に出られないというような人は、基本的に面接といった1対1での話すことや、会議での発表等、少人数の場合でも人前に出ることができないというような事が多いのではないかと思います。

引っ込み思案な人のほとんどの人というのが人前に出られないことが多いのですが、そのほとんどの理由というのが恥ずかしいからというのと、人前に出ることを拒むからなのではないかと思います。

どうしても恥ずかしい人にとっては辛い特徴の1つですよね。

3.自信がない

引っ込み思案な人はほとんどがマイナスな行動になってしまうというような話をしました。

行動に対して自信がなくなってしまったり、言動に対しても自信がないというような人も多いのではないかと思います。

基本的に積極的な人や、ポジティブな人というのは自信があるからこそ行動に起こせるような人が多いです。

例えば自信がないというような人は基本的に行動に起こすことも少ないので、自分から行動をするというような事がないのではないかと思います。

先頭に立たない

先頭に立つというような事が滅多にないというのもあるでしょう。

先頭に立つような行動というのは基本的にどういう状況を思い浮かべますか?例えば会社でまとめている人であれば社長になりますし、その中でも小さい規模で上の人というのはたくさんいますよね。

課長や部長、様々な役職の人が部下をまとめるのではないかと思います。

ではそれ以外で先頭に立つことがあるというのはどの様な状況なのでしょうか?友達と行動をする際に、率先して提案をしたりする人がいると思いますが、実はこれも先頭に立つという行動の1つになるのではないかと思います。

この様な率先した行動や引っ張っていくというような事を苦手とするような人が多いので、引っ込み思案な人は控えめな行動をすることも多いのではないかと思います。

4.消極的である

引っ込み思案な人がよく取ってしまう行動の1つには消極的であるというような事があるのではないかと思います。

消極的な人というのは基本的に自分から動くというような事がありません。

全てが受け身であったり、発言が苦手というような事が多いのではないかと思います。

消極的な人と積極的な人の大きな違いというのは、まさにこの引っ込み思案であるかどうかという点であったり、自分から進んで物事をすることができるのかどうかという点なのではないかと思います。

消極的であるとどうしても自分に自信が持てないですよね。

ですが積極的な人というのは、自分ができるかどうかは置いておいて物事を進めるような人が多いです。

怖いもの知らずというのとは少し違い、何事も挑戦するというような考えを持つ人という事になります。

一方で消極的な人というのはどうしてもその様な傾向がなく、何事も他の人に任せてしまったり、自分から動くというような事をしません。

引っ込み思案な人で多いのは人見知りなところもありますが、消極的すぎる人が多いという点なのではないかとも思います。

発言が苦手

発言が苦手というような事もあるでしょう。

発言が苦手な人というのは基本的に喋るという事をあまりしない人です。

簡単に言えば会話をする機会がなく、1人でいるような人に多い傾向があり、1人でいることを好むというような人もいるでしょう。

消極的な人というのは話すということも嫌に思うような人が多く、極力他の人と接したくないというような気持ちで一杯です。

しかしながら親しい仲であったり、家族という事になれば多く話すものの、他の人や会社の人となると極端に喋らなくなるというような事もあるので、消極的になってしまうというような人もいるのではないでしょうか?

受け身である

消極的であるという事はイコールで言うと受け身でもあるという事です。

どういう事かと言うと引っ込み思案な人というのは基本的に自分から動くことが少ないというお話をしていますが、それは同時に指示があるまで動かないという事でもあるという事になります。

よく指示待ちな人ということを会社でも聞くと思いますが、どんな事に対しても受け身の態勢になってしまうので、控えめな行動をすることが多いのではないかと思います。

受け身な人というのは相手の意見を聞けるような人ではありますが、自分の意見を相手に言うことができないような人が多く、どうしてもネガティブな考えにもなってしまうのではないでしょうか?

5.ネガティブ

ネガティブな人も多いのが引っ込み思案な人の特徴です。

ネガティブな人というのは基本的に物事を全て悪い方向に考えてしまったりするような癖があります。

仕事をするにしても、自分に何かおこってしまうのではないか?というような不安が主となってしまいます。

そして、物事に身が入らなくなるというような事や、気力などがどんどんなくなってしまうというような事にもなります。

このネガティブな特徴というのは、一回考えてしまうとどうしてもマイナス思考になってしまいがちになるというような事があるので、どんどん体調などにも影響をしてしまったり、心身共に疲れるというようなこともあるのではないかと思います。

引っ込み思案な人というのは行動をおこす際にも、人見知りなどになってしまったり、誰かが行動をしてから行動をするというような事が多いです。

会社で働いているという人や学校に通うというような人も、この様な光景はよく見ると思います。

ネガティブな感情というのは全てをマイナスにしてしまうので、引っ込み思案にもなってしまう原因の1つになっているのではないかと思います。

失敗を考えてしまう

失敗を考えてしまうというのは、後に対策を立て易くもなりますが、ネガティブな思考をしてしまうので、後々のことを対策しても更に不安が広がるというような事が多くあるのです。

仕事などでも自分から進んでするというような事が少ないのは、後々の失敗を考えてしまうので仕事などができないというような人も多いのではないかと思います。

引っ込み思案な人に限らず失敗を考えてしまう人は多いです。

ですが、失敗をしてどの様になるのかという事を考えてしまうので、どうしても悪い方向に考えてしまうというような人が多いのではないかと思います。

失敗を考えないようにするというのは対策の1つにもなりますが、考え方を変えるというような事が重要になるのではないかと思います。

マイナス思考

マイナス思考になってしまうというのもあるでしょう。

どんな事でもマイナスに考えてしまい心身共に疲れるというような状況や、最悪の場合は欝などになってしまうというような事もあります。

基本的にネガティブ思考な人とポジティブ思考な人の違いというのは、その考え方をどの様に捉えているのかという点にあります。

例えばポジティブ思考な人というのは「失敗をしても良いや」というような簡易的な考えで物事をこなし、失敗をしたらそれを活かして行動をするというような人が多いです。

対してネガティブな人というのはマイナス思考になってしまうので、どうしても「失敗をすると怒られる、辞めさせられる」というような考えをしてしまいがちです。

簡単に言えばマイナス思考な人というのは自分にとって嫌なことをどんどん考えてしまうので、その考え方を変えるということが重要になるのではないかと思います。

6.会話が苦手

会話が苦手というような事もあるでしょう。

会話が苦手な人というのは基本的に受け身のような人が多く、自分から話すというような事も少ないです。

また言葉が出てこないというような事もあり、会話をする際に詰まってしまったり、無言の状態が続いてしまうというような事もあるのではないかと思います。

例えばですが会話をする、話をするのが好きだという人はどんどん相手に対して様々な言葉が出てくるのが普通だと思います。

しかしながら会話が苦手な人というのはその言葉が出てこず、直ぐに終わらせようとするので、どうしても聞かれたことに対して答えるというような形になってしまいます。

言葉がでてこない

言葉がでてこないというような事は、基本的に相手に興味がないということや、自分自身があまり話すことが好きではないという事になります。

どういう事かと言うと、言葉が出てこないということは、話すことがないという事になりますよね。

どんな事でも会話をするというのは相手に言うことがあるからこそ言葉というものが出てくると思います。

しかしながら言葉が出てこないということは、相手に対してそれほど興味を持っていないという事にもなるということなのです。

聞かれたことだけ答える

聞かれたことだけ答えるというような人は多くいると思います。

しかしながらこの聞かれたことだけ答えるというのはどうしても受け身の状態になってしまいますよね。

仕事などをしている際にも聞かれたことだけを答えるということや、言われたことだけをするというような人も多いでしょう。

自分から進んでするというような事、自分から話すというような事ができなくなってしまうので、どうしても会話などにも続かない影響にもなるのではないかと思います。

引っ込み思案を克服して自分を変える3個の方法

ではそんな引っ込み思案を克服するにはどの様にすれば良いと思いますか?引っ込み思案な人というのはとても多くいます。

しかしながらマイナスな方向に考えてしまったり、ネガティブな思考にもなってしまうので、どうしても引っ込み思案な状態というのは悪い方向に考えてしまいます。

なので先ずは自分自身を受け入れることを大事にすることがベストなのではないかと思います。

引っ込み思案を克服するには様々な方法がありますが、どれも無理だと諦めるのではなく、引っ込み思案だからこそ前向きに捉えるようにするのも大事なことなのです。

克服をするという行動は実はとても難しいことで、直ぐに変えることができないとも思います。

しかしながら引っ込み思案を克服することで自分を変えることができれば、また今とは違ったものが見えてくるかもしれませんね。

ではそんな自分を変える3個の方法を教えたいと思います。

皆さんはどの様な方法で克服をしたいですか?様々ありますが、今回はその代表的な3つの方法についてお教えしたいと思います。

1.自分を褒める

自分を褒めるという事が重要になります。

これはどういう事かと言うと、普段からマイナス思考になってしまうと自分をどんどん傷つけてしまうような考え方をしてしまうので、そのマイナスな思考をプラスに変えようという考え方です。

その1つとして自分を褒めるというのはとても重要なことです。

言うのであれば自分を褒めるというのは、基本的に自分を受け入れるという事になります。

こういう自分が嫌だと思う人や、自分には無理だと思うようなことも受け入れて少しでもできたことに対して目を向けるというような事が、とても大事なことになるのです。

よくマイナス思考になってしまうような人の原因の1つには、自分を受け入れることができないからというものがあります。

では何故自分を褒めることで克服することができるのか、更に詳しく見てみましょう。

少しでもできたことに目を向ける

例えば物事というのは大きなものから小さなものまで様々あると思います。

朝起きることができるのかどうか、という事であったり、直ぐに寝ることができたのか、というような事も実はこの様な行動も「できた」のか「できない」のかで変わってくるのです。

言うのであれば、この様なことを当たり前と思っていたり、できて当たり前というような思考だと、できたとしても達成感というようなものや、プラスに捉えることができないのではないかと思います。

そこで大事なことは、少しでもその様な出来事に対して少しでも目を向けるという事です。

例えば仕事などや普段の生活でも、当たり前と思っていたことというのは実はとても凄いことであり、その事に関して目を向けなければどんどん前へと進めないのではないかと思います。

当たり前に捉われすぎないという事が重要になります。

ありのままの自分を受け入れる

ありのままの自分を受け入れるという事も重要になります。

どうしても引っ込み思案な人というのは今の自分を嫌います。

自分をいかに受け入れることができるのか、いわゆる自分はこういう人間なんだ、というような気持ちを持つことが大事になるということです。

引っ込み思案な人の特徴として、人見知りやネガティブな特徴があるという話をしましたが、いわゆるこれは「自分より他の人の方が優れているから」というような考えをしてしまっているからです。

人というのは個性があるので、どうしても自分にはできて相手にはできないもの、相手にはできて自分にはできないものというのがたくさんあります。

それをいかに理解をして自分を受け入れることができるのか、失敗などがあっても良いというような考えや、自分を受け入れて行動をすることで、また違った世界が見えるかもしれません。

2.人と前向きに関わる

人と前向きに関わることも大事な克服方法の1つです。

人と接しないで生きるというような事は絶対に無理ですよね。

例えば買い物をするというような事でも、店員さんと必ず接しているという事になります。

人と前向きに関わるというような事は、基本的に自分から話しかけるというようなイメージを持つかもしれませんが、自分から進んで行動をするというような事が大事になるのです。

自分から接してみる

自分から接してみるというような事も大事なことです。

これはいわゆる自分が常に受け身だったというような事から抜け出すためにはとても良い克服方法です。

自分から動くというような事はポジティブな考えにもしてくれるので、自分にどんどん自信というようなものがついてきます。

そして相手に対しての接し方も学ぶことができるのではないかと思います。

立ち振る舞いが変わってくる

立ち振る舞いも変わってくるというようなこともあるでしょう。

人と前向きに接するというのは相手との接し方も学ぶという事になります。

よくアパレルであったり、人と接客をするような人達というのは、立ち振る舞いがキレイであったり、自然な人達が多いと思いませんか?

立ち振る舞いというのは、皆が最初はぎこちない状態だったのですが、様々な人と前向きに接することでその接し方を学んだという事になります。

何事も挑戦をするというような事は成長をさせるきっかけにもなるので、この様な方法も大事なことになるのです。

3.できないことを恐れない

できないことを恐れないということが最も重要なことになります。

人というのはどうしても失敗などを恐れて行動をしてしまうというような人が多いです。

しかしながらできない事を恐れてしまうと、挑戦をするというようなことを一切しなくなり、何もできなくなってしまいます。

なのでできないと思っていても挑戦をするという心がけというものが大事になるのです。

恥をかいてもいい

恥をかいてもいいという考えはとても大事な事になります。

恥をかいても評価をする人は評価をしますし、その人があなたの事をどう見るのかというより、自分自身がどの様にしたかったのかという挑戦を相手に魅せることが大事になるのです。

失敗しても前向きに

失敗をしても良いので前向きに考えることが重要になります。

失敗をしてからこそ人というのは成長をすることができます。

失敗をしないで成功をするというような人は基本いません。

仮にその様な人がいるのであれば、皆の知らないどこかで失敗をしているという事になります。

失敗をしないで成長をするというような事もあるかもしれませんが、失敗をしても前向きに考えることが重要になるのです。

ポジティブに考える

ポジティブに考えることも重要になるでしょう。

言うのであれば引っ込み思案な人というのは基本的にネガティブに考えてしまうので、その考えを根本的に変えるという事が必要になるのではないかと思います。

【ポジティブに考えるには、こちらの記事もチェック!】

少しずつ挑戦

いかがでしたか?

引っ込み思案な人というのは基本的に前に出るというような事を嫌ったり、失敗をしてしまうとネガティブになってしまうというような事が多いと思います。

しかしながらその考え方を少しでも変えるだけで、考え方や相手に対しての接し方、前向きに捉えるというような事ができるのではないかと思います。

そのためにも先ずは恥ずかしがるというようなことを捨てて挑戦をするというような事が必要になるのではないかと思います。