富裕層という言葉はよく聞いた事があるかもしれませんが、お金持ちと富裕層は異なるものです。

お金を持っている点では一緒かしれませんが、精神的な部分では違いが出ます。

富裕層は一般人とは大きな差があると思って下さいませ。

場所によって富裕層が住む場所って何となく決まっているものなんですよね。

一般人から見れば天上人のような富裕層の人達、どんな人達なのか、またどういう特徴であるかを見ていきましょう。

富裕層って一体どんな人達?

富裕層とは一定以上の経済力や資金を持っている人間の事を指し示します。

同じようにお金を持っているお金持ちという言葉の違いですが、お金持ちはその言葉は通りお金を持っている人間です。

富裕層はお金だけではなく経済力や何かしらの地位などを持っている人間で、お金持ちは単純にお金を持っているだけの人だと思って下さいませ。

基本的に富裕層に分類される人間というのは、年収1億円以上稼いでいる人間です。

芸能人でいうと東MAXことtake2の東貴博さん、有村昆さんや森泉さん達となります。

芸能人だからという理由ではなく、元々親が富裕層であったという事ですね。

俗にいうセレブリティな方々でしょう。

富裕層な人の11個の特徴

昔一世風靡をしまくったテニスの王子様という漫画をご存知でしょうか?

その漫画に登場する主人公よりも物凄く人気がある、氷帝学園の跡部さまというキャラクターが中学生とは思えぬ富裕層の人間です。

漫画やドラマの中でも富裕層の人間はたくさん出てきますが、彼ほど富裕層のイメージとしてふさわしい人間はいないでしょう。

本当にお金を持っているような人間ほど、無駄遣いや下らない遊びをする人はいないんですよ。

富裕層の特徴は外見的なものではありません。

精神的な部分が重要になります。

無駄遣いしない

成金と富裕層の違いって何となくイメージ出来そうな気がするかもしれませんが、富裕層は無駄遣いをしません。

1個の買い物は確かにお高いものではあるのですが、余計な事にお金を使うことはないんですよ。

お金持ちで無駄遣いをしているような人間は、キャバクラなどで豪遊しまくっているという感じでしょうか。

パーっとお金を使っているような感じですね。

同じようにお金を使うにしても、ちゃんと理性を持ってお金を使っているのであほみたいに豪遊する事はまずありません。

本当の贅沢を理解しているからこそ、無駄遣いする必要がないんですよ。

貯金よりも投資

投資というと一般人からすれば縁のないものでしょう。

言葉は理解できるけど、意味がよく分からないという方の方がまず多いでしょうね。

投資とは会社の株を購入して、その利益を自分のものとする事になります。

最近では株以外にも人間や馬やそれ以外にも投資している方々増えているようです。

あえて言いますが頭のいい人でも株や外貨の投資に手を出すのは危険とされています。

リーマンショック事件があり、株が一気に暴落した事があるのですが、あの事件のように突然株価が下がるという事があるんですよ。

投資するにしても株のようなものに手を出すのは、宝くじ以上にハイリスクとも言えます。

富裕層で株を買っているような人は少なく、人間や他のことへの投資が多いと思って下さい。

これは利益というよりも自己満足のようなものに近いのですが、昔から才能のある若者へ融資をする富裕層の人間はいました。

いわゆるパトロンというものですね。

パトロンというと悪い印象に聞こえるかも知れませんが、何も肉体関係だけを目的とした投資ではありません。

才能があるからこそ、自分の手で良いものにしたいと考えている方もいるのです。

利益は考えない

利益を考えるような人間はクソ以下だと思って下さい。

これは成金や一般人関係なく、同じ事です。

利益を考えてしまうと良い仕事なんか出来ないんですよ。

ただ利益がないから赤字覚悟で商売をすると言うわけではありません。

全部が全部、利益で考えていたら何もかも上手くいかないです。

利益関係なく、自分が単純にやりたいと思ったという直感的な感覚によって動かされるものですね。

嫌な言い方をしますが、利益を求めすぎるような人間は浅ましいといっても過言ではありません。

ただこれはお金に余裕があるからこそできることです。

タイム・イズ・マネーの徹底

タイムイズマネーとは、日本語に直すと時は金なりとなります。

この時は金なりという言葉ですが、何故時間は金なりなのか?

お金で買えないものはいくつかありますが、その中でも代表的なものと言えば時間ですね。

人間の時間はお金では買えません。

人の人生や物はお金では買うことは出来ますが、時間だけは唯一平等なんですよ。

全員同じように年をとり、老いて死んでいきます。

よくファンタジー映画や漫画などで不老不死を題材としているものがありますが、人間の憧れと言えば憧れにはなるのでしょう。

ただ不老不死を手に入れたとしても、時間を有効に使っていない人間は一緒ですけどね。

時間の使い方というのは人それぞれです。

その時の自分の行動によって、唯一良いようにも悪いようにも結果が見えてきます。

富裕層の人間は時間を無駄にはしていません。

競争原理をうまく利用している

競争原理というのは何となく理解出来るかもしれませんが、個人が他者と競い合い勝者が獲得出来るという根本的な原理の事を指します。

世の中には当たり前のように競争は多いのですが、この原理を理解していない人物は非常に多いです。

競争に勝てば物事は優位に進むのは当然で、その勝者こそが更に地位や名誉やお金などを得る事が出来ます。

その昔では誰もが当たり前のように競争原理を身体で理解していた人が多かったのですが、今はゆとり教育の影響もあってか、競争原理以前の問題になってしまってりいると言っても過言ではないでしょう。

世間的に他者と競争は良くないとかほざいている人間もたくさんいますからね。

確かに競争には必ず優劣がつくものであり、弱いものが強いものを汚い手を使って蹴落とすような事はあります。

俗に言う裏口入学やゲームでいうチートでしょうか。

富裕層の人間というのは醜く愚かな争いなど致しません。

人をもてなす趣味を持っている

人をもてなすというのは良い趣味ですよ。

自分のためだけにやるのはつまらない事ですからね。

富裕層の人間ほど、人を大切にしています。

一般人からすれば自慢したいのでは?と思っているかもしれませんが、人をもてなすというのが何が大切か理解していないような人間はそのような考え方しかできません。

人をもてなすというのは、贅をかければ出来るものではないんですよ。

本質としてはその人が喜ぶであろうもてなし方をするというのが重要になってきます。

ドラえもんに登場するスネ夫は、一見人をもてなしているように見えますが、あれは単なる成金の自慢しいです。

最新のものを見せびらかして自慢し、良い気持ちになりたいという気持ちがあります。

富裕層の人間はスネ夫みたいに自慢したがりだと思っているかもしれませんが、あんなものはおもてなしではなく独りよがりにすぎません。

おもてなしというのは第三者の事を考えてやらないといけないので、意外と難しいんですよ。

その人物にとって何が喜ばれるか、余裕がないと出来ませんし思いやりもなければ出来ません。

健康に投資する


健康に投資するというのは富裕層だからこそ出来るものでしょうね。

普通の人はお金がかかってしまうのでとても出来ません。

本来ならば富裕層関係なくしなければいけない事ではあります。

しかしお金や時間が莫大にかかってしまうものもあるので、そう簡単な話ではないんですよ。

スポーツジムに行ったり、病院に通ったり、エステやなんやかんやしていたら一気にお金は飛んでしまいます。

健康に投資するというのは莫大なお金がかかるんです。

しかし一般人はお金をかけている余裕がないため、自分の健康を顧みないような人間はたくさんいます。

何にお金をかけるか、本当のお金の使い方を理解しているかなんでしょうね。

物は高く、長く使う

さてここでよく間違われる事が多いのですが、富裕層=物を大切にしないという訳ではありません。

テレビで見るような富裕層の人間は、本当に富裕層ではなく成金が大半だと思って下さい。

富裕層の人間ほど高いものを購入するのですが、長く使用するため物持ちは一般人よりも良いかもしれませんね。

別に長く使うのが良いという訳ではありませんが、新品同様に綺麗に使っている人が多いです。

一般人の考えとして安いものを使い、使えなくなってしまったら新しい物を変えば良いという概念を持っているため、物を大切にしていない所かスマートフォンの画面がバッキバキになっても修理に出さないような人間はたくさんいます。

人によっては物を高く買うのが当たり前という概念を持っている人物もいますが、実際はそうでもありません。

高い物が良いというような概念は、現在は化石にしか過ぎないからです。

高いものは悪いとは言いませんが、本質を見抜いていない人間ほど馬鹿なんですよね。

旅行好き


富裕層の人間ほど旅行好きというイメージがありませんか?

国内旅行ではなく海外が多いイメージがあり、優雅なおやすみを過ごしているような感じです。

お金があるからこそ出来る事なんですよね。

旅行好きというのは一般人からすれば、単純にお金持ちの趣味のように思えるかもしれませんが、いい趣味だったります。

何故かと申しますと、旅行というのはいい刺激をもらえたり出来、ストレスがフリーになれるものだからです。

旅行へ行った方ならご理解は出来ると思いますが、どの場所も新鮮で見るもの全てが新しくそして楽しいという思い出が多くありませんでしたか?

一般人からすれば旅行に行くというのはそんなに出来るような事ではないでしょう。

しかしだからこそ楽しむ事が出来る富裕層は、精神的も余裕がありイライラしたりしない人物がたくさんいるとも言えます。

慈善活動や地域貢献に力を入れる

意外と慈善活動や地域貢献したりしている人たちもいるんです。

心の貧しい人間からしてみれば、富裕層の人間がするのは当たり前だと思っているかもしれませんが、ノブレス・オブリージュの精神を自然と持っている人もいます。

このノブレス・オブリージュというのは外国語で、高貴さは強制するという意味があるのです。

富裕層の人間のように権力や財力などを持っている人間には、そのような責任や義務を負うというものでしょうか。

一般人が自分の生活を顧みずに慈善活動や地域貢献をしているようでは、結局の所本末転倒なんですよ。

自分の出来る範囲でなら良いかもしれませんが、街で見かけるような募金活動なども愚かとしか言いようがありません。

募金活動をしている当人にお金がないからこそ募金活動をしていると言っても過言ではないでしょうが、そんなに他者のためを思うのであれば、他者から募金活動をしている暇があればバイトでも何でもしてそのお金を稼げば良いだけの話だとは思いませんか?

富裕層の人間はそんな無駄な労力を使わず、自分の出来る範囲の事をしてくれますよ。

近年災害があまりにも多く、困っている人達に食べ物や毛布などを恵んでくれたりする人も増えてきています。

本当の慈善活動を理解されているような方は一体どのくらい居るのでしょうね。

意外と地味な生活

言っておきますがテレビで見るような億万長者や芸能人などの暮らしは、成金の生活なのであんなものはアテになりませんよ。

意外とシンプルで質素な生活を送られています。

確かに物自体は高級な物が多いのですが、訳のわからない彫像やグラスなんかおいているような人間はまずいません。

あくまでも使える物を購入しているだけですね。

意外と地味というよりも、派手な生活をしていないだけです。

車に乗って隣に美女をはべらしブイブイ言わせているような人間はそうそういないんですよ。

富裕層の人間はそういう勘違いしている人間の事を何とも思っていないどころか、アホとしか思っていないでしょう。

全員が全員ゴージャスではなく、センスが良い方が多いのでわかりやすいですよ。

富裕層のあれこれ

富裕層とはどんなエリアに住んでいるのか?
地域によって差は出るかと思いますが、何となくご理解はできるでしょう。

自分の地元やとある場所にて、あそこは富裕層やお金持ちが住んでいるエリアであるという事は知っているはずです。

私は関西県民ですが、地方によって住んでいる場所にも差が出てくるんですよ。

お金持ちと富裕層が住んでいるエリアというのがあり、他市民から見てもちょっとした事でここの住民は成金や調子乗っている人はいます。

本当の富裕層が住むエリアはかなり限定されていますからね。

富裕層が住むエリア

富裕層が住む県は実際そんなに多い訳ではありません。

東京都、神奈川県、兵庫県というイメージが大きいでしょう。

何故に兵庫県?と思う方々もいらっしゃるかも知れませんが、芦屋や御影や神戸や六甲などは耳にした事がありますよね。

今現在は成金の住む町となってしまっていますが、芦屋は昔社長クラスの人間や有名芸能人などが住んでいるような場所でした。

昔はあそこがという事もありましたが、今では住みやすさなどの関係によって変化してきています。

愛知県も富裕層が住んでいる事は住んでいるのですが、ブス伝説があるため微妙なようです。

他県でも誰もがしっている場所をご紹介致しましょう。

東京都

東京都と言えばやはり港区、世田谷区、渋谷区や六本木などがあげられます。

そもそも東京都は他の県に比べると、物価もお家も何もかもが高すぎるのです。

小さいアパートですら借りるのに月10万とか当たり前ですからね。

あんな所は余程の用事がない限り、普通の人間が住むような場所ではありません!
芸能人やセレブリティな方々が住んでいるのは、お金に余裕があるからです。

他には東京でやらなければいけない事があるからとも言えます。

一般人は観光に行くのであれば良いと思いますが、わざわざ東京都に憧れて住むようなメリットはないですよ。

東京都は下町でも有名な場所は多いため、気軽に住もうなんて出来ません。

市区町村

どの市区町村であるかどうかという事なのですが、その地方の住民であれば間違いなく理解出来るでしょうね。

他県の印象とその県民の印象は大きく変化しています。

例えば兵庫県で有名なセレブの街といえば芦屋ですが、今現在芦屋はそこまで大した事はありません。

実際の所大した事はあるのはあるのですが、住んでいる住民が成金になっていると言われています。

何故なら車で芦屋の町を通った時、通行人がかなり成金っぽい人が増えてきているからです。

確かに昔は富豪が住む街と言われていましたが、今ではそれに憧れている方が多く、ある程度地位と権力とお金を手に入れた人間が住むようになっています。

もちろん富裕層の方もいますが、ごく一部の人間となってしまっているようです。

現在では芦屋は住みたい町ランキングが下位の方になり、御影や六甲辺りが上位に来ているとテレビで見ました。

富裕層が住む家って大体は子供優先ですからね。

学校区や子供が住みやすい町を優先されて出来ているため、今では大きく逆転してしまっているんですよ。

少子化ではあるのですが、子供優先で出来ているのが面白いですね。

こればかりは他県の人間ではなく、その土地に住んでいる人間ではないと本質は理解出来ないでしょう。

超富裕層になるには?

超富裕層になるには、社長クラスの年収という考えを持っておいて下さいませ。

昔は難しいと言われていましたが、現在では色んな可能性があり、どんな人でも億万長者になる事は出来ます。

億万長者から転落しやすいのは、その二代なんですけどね。

現在社畜になってしまっているような方には、到底富裕層は愚か大した成功もせずに終わってしまうという事は理解しておいて下さいませ。

超富裕層になるというか、仕事や人生を成功させるコツというのはとても単純な事ですよ。

人のために働く、健康を大切にする、無駄遣いはしない、お金の為に働かない、ほんとうに好きな事で生きていくという考えがあれば成功は可能です。

ざっくりとは書きましたが、こんなのだけで成功なんかしないだろうと思っている方、そこが大きな穴ですよ!

人のために働く

人のために働くというのは、偽善者になれと言っている訳ではありません。

自分の為に働くなという事を言っているのです。

何故かともうしますと自分優先に行動をしてしまうと、独りよがりなやり方でしかなくなるからですね。

よく会社の経営者の二代目が働くとかあるのですが、そんなに使えない人材が多く他のメンバーの足を引っ張る人間が多いんですよ。

自分の事を優先してしまう人間は、誰の役にも立つ事が出来ません。

お客さんや仕事の仲間、誰でも良いのです。

誰かの為に一緒に働くという事が、自分の糧となります。

自分を必要としてくれているという考えではなく、あくまでも自分の好きな人やその人の為に尽くそうと思える人間がいれば気力というのは湧いてくるものです。

そうしなければ自分のためにやっていると、何もやる気なんておきないんですよ。

自分のために頑張るというのは所詮大した目的にはなりません。

まさしくニートがいい例とも言えます。

ニートなんて親に甘えている寄生虫のような存在であり、自分の為に働くという事すら出来ない人間なので転落した人生を送っているといってもいいくらいですからね!

富裕層の人間ほど良い上司が多く、人の事を大切にしている人がたくさんいます。

健康を大事にする

健康を大切にするというのは人間にとって至極当たり前の事になります。

当然の事ながら何言ってんの?と疑問に思うでしょうが、あなたは自分の体には気を使っていますかね?
健康を大切にする、これは無理をしないというのも含まれているんですよ。

現在社畜になってしまっているような人間は、肉体もですが精神的にも健康と言えるような状態ではありません。

以前電通の社員さんが過労死された事がありましたし、肉体的な疲労は精神的な疲労として現れてくるものです。

健康を大事にするというのは、ストレスフリーでもある状態だと考えて下さいませ。

ストレスもたまってしまうと、精神的な病気になりやすくなってしまいます。

ちょっとでもしんどい時は絶対に無理をしない事、そして休みは必ず休んで下さいませ。

富裕層の方は自分の限界を理解しており、無理のないペースで行動でき自制も出来るため、長寿の方が多いとも言えます。

健康を大切にしないような人間は、貧乏人に多く短命でもあるものです。

無駄遣いはしない

お金の使い方というのは人によって性格でるものなんですよ。

無駄遣いというのは女性でよくあるような衝動買い、コミック読みたさにやってしまう大人買いなんかも含まれます。

現在自分にとって本当にいるものであるかどうかを購入するという頭は、もっておかなければいけません。

無駄遣いをする人間ほど、断捨離が下手くそだからです。

断捨離というのは要らないものを捨てるという定義になるのですが、実際仕事が出来ない人間ほど、部屋の中はぐしゃぐしゃで無駄なものが溢れかえっています。

部屋が汚い人ほど無駄遣いをしたりする事が多く、無駄に人生を過ごしているような方ばかりです。

たまにであれば無駄遣いも良いかもしれませんが、頻繁に無駄遣いしているような方はある程度自粛しておく必要があります。

無駄に生きているような生活を送っている人間は、健康面や性格面などでぼろが出てくるからです。

体に悪いタバコや添加物たっぷりのご飯を食べ、必要以上の食事を取ってしまっている人間は数多くいます。

無駄遣いをするというのは、結果的に自分の身を滅ぼす事に繋がりますからね。

お金のために働かない

人は何の為に働くの?という概念をいつも持っているかとは思いますが、大体は自分の為になります。

お金の為に働くのが当たり前だろうという考えを持っている方、失敗するので止めて下さい。

お金の為に働くのは悪いことではないです。

あくまでも夏休み期間だけとかいうのであればの話ですよ。

長期間でお金のためだけに職を探して働く場合は、失敗率が高くなります。

嫌な事を無理やりやっていても精神的にしんどくなるだけです。

仕事が楽しければ例え給料が安くても関係ないんですよ!

そういう意味では好きな仕事をするというのは、とても重要な意味を持ちます。

私も昔はお金の為に働いていた時期がありました。

しかし人間関係が嫌、仕事がつまらない、お金だけが良いという状況だと精神的にしんどかったです。

そういうものなんですよ。

お金の為に働くというのは確かに大切な事かもしれません。

しかし目的があればそれは別です。

例えば留学したい、何かを購入したいという強い目的があればしんどくて辛い仕事であっても乗り越える事は可能でしょう。

残念ながらそのような目的が1つもなければ続ける事は不可能です。

お金のためだけに働いていたら、精神的に後々ガタがきますからね。

特に風俗系などの場合は精神的に来るでしょう。

風俗全般がだめという訳ではないのですが、お金がほしいやある程度割り切っていたり楽しんでいたりすれば問題はありません。

しかし大半は精神的に苦痛になってしまう方も多いのです。

自分が嫌なことをしていると思っている時は、自分は何でこんな事をやっているんだろうという自問自答に苛まれる事になります。

そうなってくると精神的にも肉体的にも崩壊してしまうんですよ。

お金のためではなく、誰かのためにと考えればまた別なんです。

本当に好きなことで生きていく

私の旦那は本当に好きなことをしていきている人間です。

今はまだ富裕層ではありませんが、富裕層の人間に近い価値観を持っています。

好きな事をして生きており、やりたくない事はやらない人間とも言えるかもしれません。

本当に好きな事をして生きていくというのは、間違いなく理想的な話でしょう。

特に仕事なんかはそうです。

今の自分の仕事は本当にやりたいものだったかどうか考えると、大体の人はみんなそうではないと否定される事が多いでしょうね。

好きな事を仕事にする、プライベートを充実させるというのはそこまで難しい話ではありません。

もし今の自分の境遇がしんどかったら、1回見直すべきですよ!

富裕層の人間はお金的に余裕があるからこそ本当に好きな事をしていると思っているかもしれませんが、自分自身にとって本当に好きな事というのは何でしょうか?

本当に好きな事であれば、多少なりともしんどくても給料が安くても充実してくるものです。

ただ現時点で本当に好きなことというのはやってみなければ分からないんですよね。

私自身も今やっと好きな事がみつかりました。

好きな事をして生きていくというのは富裕層だけではなく、当たり前の概念として成り立っているのです。

超富裕層の人達は意外と地味な生活を送っている!

超富裕層の人間はバブリーな生活を送っている訳ではありません。

お金持ちだからといってみんながみんな豪遊しているわけではないんですよ。

そんな生活ばっかりだとしんどいでしょう?

本当に富裕層の人間ほどパーリーピーポーではないんですよね。

質素でもないのですが、地味めな生活を送っているというのも本当な話です。

お金の豊かさは確かに持ち主を豊かにはしてくれる事でしょう。

しかし本当のお金の使い方というのは、大体みんな転落してしまう方が多いです。

昔話で悪者が富を手に入れた途端、悪い目にあったというのは現実でもある話ですからね。

私の親友の旦那さんが富裕層の人間なのですが、誠に申し訳ありませんがとても富裕層の人間とは思えないほど地味めな方でした。

どちらかというと私の親友の方が富裕層の人間に見えるくらいです。

その旦那さんに聞いた事があるのですが、一応セレブではあるもののお金は援助してもらっているわけではないと話していました。

自分たちでやりくりをしているため、やりたい事をとことんやってはいるそうです。

旦那さん自身実際やりたい事を仕事にしており、またストイックな部分もあるため本当の富裕層の人間というのはスネ夫のような人間ではない事はいえるでしょう。