身近に植物がある人は一体どれほどいるでしょうか。

植物は私たち自身に癒しや安らぎを与えてくれる存在です。

だからこそ、是非生活の一部に取り入れて欲しいもののひとつです。

しかし、日々を忙しく過ごしている現代人にとって、花をめでる時間を持つ事は意外と大変な事なのかもしれません。

お花を見ている時間などないと思う人ももちろんいるでしょう。

けれど、実際にはお花がある方が仕事も効率的にこなすことが出来る事が分かっています。

このように、花を買ったり育てたりすることには多くのメリットが隠されています。

ただ、育てる大変さや面倒さを感じてそれらを遠ざけていると本当に大切な事が見えなくなってしまう事もあります。

先入観をすて、改めてお花の良さを見直す事によってあなたの生活は大きな変化を持つ事が出来るでしょう。

そこで今回は、最近お花から遠ざかった生活をしている人も改めてお花と一緒に生活したくなるような情報を多くご紹介させていただきます。

是非参考にしてみてください。

花を買う・育てるメリットがすごかった!

日常の生活の中でお花を買ったり育てたりする事を日常的に行っている人はどれほどいるでしょうか。

勿論、お花が好きな人であれば当然の行為なのかもしれません。

家でガーデニングをする事が趣味だという人も居るでしょう。

そんな人たちからすれば、生活の中にお花がある事が当たり前です。

ですが、そうでは無い人も世の中には沢山いるでしょう。

例えば、お花を買うには当然の事ながらお金がかかります。

だからこそそのお金をお花にかける事が勿体無いと感じる人も居るかもしれません。

お花を買うくらいならおいしいものを食べたいと思う人だっている事でしょう。

また、買ったとしても鉢植えなどの場合には、置く場所も必要となります。

庭が無く、ベランダもスペースが無いという人にはなかなか難しい部分もあるでしょう。

更に言えば、綺麗に咲かせる為にはきちんとお手入れをしなければなりません。

手入れをしなければ、花を買ったとしても咲かせる事はできないのです。

だからこそ、ついついお花から遠のいてしまうという事もあるかもしれません。

ですが、お花を買ったり育てたりする事には高いメリットがあります。

だからこそ、いろいろ頭で難しく考えるのではなくとにかく思い切って身近にお花を置いてみてください。

そうする事によって、メリットを実際感じる事が出来るようになるでしょう。

そうする事によって、自分の生活をより良いものにする事が出来るようになるかもしれません。

自分の生活に変化をもたらす事は意外と難しく、大人になればなるほど出来ない部分も多々出来てきます。

そんな中で、生活の中にお花を入れる事によって変化を感じ事が出来るようになるかもしれないのです。

お花を育てたり購入する事に対してデメリットを感じる人も居るでしょう。

けれど、それ以上に良い生活を感じる事が出来れば、そのデメリットにも目が向かなくなるかもしれません。

花を買うメリットとは?

物事には必ず2つの面があります。

例え同じ出来事を体験したとしても、それをいい経験として捉える人も居れば、嫌な経験として学習する人も居るでしょう。

だからこそ、多くの情報を知る事が大切なのです。

一つの考え方しか知らないと、偏った決断となってしまいます。

つい自分の都合の良い方ばかりに目を向けてしまう事になる場合もあります。

もし、お花が身近にない生活を送ってきた人であればお花を身近に置く事の方が大変だと思う事だってあるかもしれません。

けれどそれは、お花に対するデメリットの部分しか見ていないからではないでしょうか。

確かに、お花を生活に取り入れる事にはデメリットもあります。

お金がかかる場合はもちろん、世話あをする手間が増える事だってあるでしょう。

けれど、お花を生活に居れる事はそれ以上にメリット感じさせてくれる行為です。

その事に気が付かないでいると、いつまで経っても今の生活を変える事はできないでしょう。

今のまま、全く成長を望まないのであれば、そのままで居てもいいのかもしれません。

それもまた生き方の一つでしょう。

けれど、もしより良い日々を目指すのであれば、多少のデメリットには目をつぶるべきではないでしょか。

メリットを知れば、今まで全く興味のなかった人も自然と興味を持つ事が出来るようになるかもしれません。

一度メリットを感じる事が出来れば、それを継続する事に対して大きな抵抗を感じずに自然と行う事が出来るようになる事でしょう。

自分の気持ちに変化を感じる事が出来れば、必ずやお花のある生活に魅力を感じる事が出来るはずです。

是非実践してみる事をお勧めします。

成長する喜びを学べる

お花を生活の中に取り入れるには、いくつかの方法があります。

一番簡単な方法は切り花を購入してくる事です。

切り花とはそのまま絵だ一つ一つが切ってあり、花瓶などに挿す状況の花の事を指します。

水の入った器の中に入れるだけなので、誰でも簡単に行う事ができるでしょう。

その一方で、切り花の寿命は長くはありません。

元々、植物が成長する為には栄養を摂取するする為の根っ子が必要となります。

けれど切り花の場合には、それらから切り離してしまっています。

だからこそ、これ以上栄養を摂る事が出来ないのです。

その為、簡単に生活に取り入れる事ができる分、どうしても寿命は短くなります。

お花を、より長く楽しみたい場合にはやはり「育てる」という事が大切になります。

育てることによって、お花をより長く楽しむことが出来るようになるのです。

また、育てる事によって得られる事はそれだけではありません。

成長する楽しみを得る事が出来ます。

手をかければかける程お花は美しく咲いてくれる事でしょう。

自分の愛情が素直に反映される事など、実生活では、そう感じる事が出来るものではありません。

例え子供を育てている人でさえ、時に自分のやっている事に対して虚しさを感じる事もあるかもしれません。

ですが、お花は違います。

お花は、手をかければかける程美しく綺麗に育ってくれる事でしょう。

何の裏切りも無く、ただただ美しい姿を楽しませてくれるのです。

そんな姿に心を癒され、より豊かな日々を過ごす事が出来るようになる事でしょう。

美的感覚が身に付く

お花を育てる事によって得る事が出来る事は沢山あります。

その一つに美的感覚があります。

美的感覚とは、そのままで美しいものを見る力の事を指します。

美的感覚が優れている人は、美しいものを見極める力があります。

だからこそ、洋服やメイクなどのセンスがいい人になる事が出来ようになるのです。

センスが良いと言う事は、それだけで素晴らしい人と言うことが言える場合もあります。

人から尊敬されたり、それを仕事として活躍する事だって出来るかもしれないのです。

だからこそ、美的感覚を磨く事はとても大切な事です。

美的感覚は、磨こうと思ってもそう簡単に磨く事事が出来るものではありません。

ですが、生活の中に花を取り入れる事によって、常に美しいものを意識していれば自然と美的感覚を刺激して生活する事が出来ます。

だからこそ、今よりは高い美的感覚を手にする事が出来るようになるのです。

美的感覚を意識して生活する事はそう多くは無いかもしれないかもしれません。

けれど、無意識のうちにもお花を見る生活をする事によって知らず知らずのうちに成長を、促す事が出来るはずです。

自分自身を成長する為のきっかけとなってくれるはずです。

感性が研ぎ澄まされ心が豊かになる


お花のある生活は、心を豊かにし色々な完成を研ぎ澄まてくれる事でしょう。

感性が研ぎ澄まされる事によって、日々の暮らしをより豊かな物にしてくれる事でしょう。

普段、自分の感性を感じて生活することなどそう多い事ではありません。

例え家が汚かったとしても、生死に関わる事へ無いでしょう。

人によっては、何ら不自由無く過ごす事が出来るはずです。

ですが、その生活では本当の意味で心が満たされる事は無いでしょう。

けれど、花のある生活は違います。

自分の感性が研ぎ澄まされ、より素晴らしい日々を過ごす事が出来るようになるのです。

本当の豊かさは、お金などで決める事が出来る物ではありません。

心の豊かさこそが本当の豊かさに繋がっているのです。

だからこそ、心を豊かにする事が出来る花のある生活は、とても素晴らしい生活だと言えるでしょう。

優しさ、喜び、感動を体感

人間関係は、時にドロドロし心をすり減らしてしまう事もあるでしょう。

自分の人格を否定されて、もう外に出たく無いと、思うことさえあるかもしれません。

だからこそ、その繋がりをすべて絶ってしまいたいたいとさえ思う事もあるかもしれません。

ですが植物との繋がりはもっと純粋なものです。

植物に、裏も表も裏ありません。

手をかけ大事に育てれば育てるほどその姿はより美しく綺麗な物になってくれる事でしょう。

その姿を見る事によって心は癒され喜びを感じたりする事が出来るようになります。

また、育てる事によって美しく育ってくれる姿を楽しむ事が出来ます。

自分の愛情を素直に表してくれる植物を見る事によって、より優しく穏やかな心を感じさせれくれる事でしょう。

自分の行動によって、花が咲いたり育ったりする姿を見る事は想像以上に嬉しい物です。

手がかかり、儚いからこそその姿によって心が癒されたり前向きな気持ちになる事が出来るでは無いでしょうか。

そんな心の安定こそが私達を支えてくれる事でしょう。

人と人との交流を図ることができる

植物を育てていると言うと、一人でひっそりと行なっているように感じる事でしょう。

確かに、スポーツなどとは違い家の中や家の周りのみでひっそりと行う事が出来る物ではあります。

けれど、だからと言って人との交流がまるで無いわけではありません。

花を通して、人との交流をはかる事が出来る場合もあります。

例えば、家にある美しい花に対して興味を持ってくれる人が出るかもしれません。

その人が世話をしている貴方に対して話しかけてくる事もあるかもしれません。

また、花屋さんやホームセンターなどでよく会う常連の人と顔見知りになり仲良くなる事が出来る事もあるかもしれません。

そんな些細な交流でも、人と人との関わりを持つ事によってより楽しく豊かな日々にする事が出来る事もあるかもしれません。

難しい事は全てすて、ただ自分が好きなもの同じように共感できる人と話をする時間を持つ事は何事にも変えがたい幸せな時間にする事が出来るのではないでしょうか。

人間関係に疲れてしまった方も、難しい事を考える必要が無い気軽に付き合う事が出来る友人が出来れば気持ちもまた変わるのでは無いでしょうか。

色彩感覚も身につく

色彩感覚は、美的感覚に似ている部分があります。

美的感覚は、それぞれの形などに対して適応されるものですが色彩感覚の場合には色に特化したものを指します。

どの色を合わせると、より素敵な姿になるのか。

インテリアとして合わせるならどんなか色がいいのか。

形だけでは分からない部分があるので、それらをより美しく見せる事が出来るようにする為にも色彩感覚を磨く事は素晴らしい事なのです。

色彩感覚は、成長させようと思わなければ生まれ持ったものが大半です。

そのまま何の変化も遂げずに終わってしまう事もあるでしょう。

けれど、それだけではありません。

成長したを目指すのであれば、誰もが成長する事が出来ます。

気持ちさえあれば、自分の生活の中から得られる物が沢山あるはずです。

お花は、自然界にありながらまるで計算されたかのような美しさがあります。

それらは、人間が簡単に真似できるものではありません。

だからこそ、その花を見て生活する事によって知らず知らずのうちに美しい花の姿が記憶に残り、それがいつのまにか自分の色彩感覚を育てる事につながるのです。

安らぎを与える


美しいお花を見ていると、自分でも気が付かないうちに心に安らぎを感じる事が出来るようになっているものです。

美しい姿は勿論、香りや成長していく過程などありとあらゆるものが私たちにの心に安らぎを与えてくれる事でしょう。

その変化する姿を日々間近で見る事によって、生命力の素晴らしさを感じさせれくれるはずです。

また、忙しく殺伐とした生活の中でも机の上にお花が一つ置いてあるだけで、リラクックスする事が出来るようになります。

張り詰めていた緊張が解けてホッと一息つく事が出来るようになるかもし」ません。

そんな些細な出来事が、心の安定を保ちより良い日々へとつなげてくれるのでは無いでしょうか。

ストレスを全く感じずに生きることは、そう簡単に出来る事ではありません。

けれど、それを軽減する事は誰もが出来る可能性があります。

リラクゼーション効果がある

今の世の中は、多くの人がストレスを抱えて生きています。

そのせいで心の病気になってしまう人が多くなっています。

昔もきっと今のようにストレスを感じる事はあったのでしょう。

けれど、今よりも発散する機会が多かったのかもしれません。

人間関係が、複雑では無く人々が支え合って生活する事が出来ていたのかもしれません。

そのおかげで、例えストレスを感じたとしてもそこまで大きな影響を感じずに過ごす事が出来たのでしょう。

けれど現在は違います。

ストレスを発散する事が出来ず苦しい日々を過ごしてある方が沢山いるのです。

無心を作る

植物との対話に言葉はいりません。

自分の気持ちさえあればいいのです。

だからこそ、無駄な事を考えずただひたすらに植物に向かう気持ちを持つ事が大切であり、そうする事によって無心の心を作る事が出来るようになるのです。

日々生きていればいろいろな事があります。

時には嫌な事に巻き込まれたりストレスを感じる事もあるかもしれません。

けれど、私たちはそんな中でも生きていかなければならないのです。

だからこそ、心の負担を減らすきっかけを持つ事が大切です。

植物と一緒に生活する事によって、日々の暮らしを忘れる事が出来る時間が出来るでしょう。

その時間が例え一瞬だったとしてもその一瞬さえあれば、また頑張って生きていく事が出来るようになるのではないでしょうか。

頭でいろいろ考えてしまうと、何が正しくて何が間違っているのか分からないなってしまいます。

考えれば考えるほど、前が見えなくなってしまう事もあるでしょう。

けれど、一度頭の中を整理する事によって見えてくるものがあるはずです。

是非その時間を大切にしてみてはいかがでしょうか。

収穫して生活に活かせる

お花を自分で育てていれば、それを増やして活用する事が出来るようになる事もあります。

常にお花にお金をかける事が難しい場合でも、一度購入する事によって何度も楽しむ事が出来るものがあれば、それだけで美しい花を楽しむ事が出来るようになるのではないでしょうか。

自分の生活の中にお花を入れようと思ったとしても、なかなか継続して行う事が出来る物ではありません。

けれど、切り花ではなく育てる事をメインとする花なのであれば、比較的簡単にそれを実現する事が出来るかもしれません。

お花を生活の中に入れる事は、難しくみえて意外と簡単です。

そのきっかけさえつかむ事が出来れば誰でも可能となる事でしょう。

プレゼントすると喜ばれる

女性にお花をプレゼントする事は少々恥ずかしいと感じる人も居るでしょう。

今更お花など喜ばれないと思う人もいるかもしれません。

けれど、意外にも女性はお花に対して好意的な考えを持つ人が多くいます。

自分ではお花を買おうと思う人は少ないかもしれません。

忙しさにかまけて、お花にまで気持ちを向ける事が出来ない時もあります。

だからと言って、お花がいらないと言うことにはなりません。

自分で買わなかっとしても、貰ったら嬉しいと言う人は多々いるものなのです。

自分で購入する機会がないからと言っていらないという事ではありません。

自分が購入しないからこそ、他の人から貰う事が出来ると嬉しいと思う事もあります。

また、お花をプレゼントされる事は、女性としての醍醐味を感じる事が出来る場合もあるでしょう。

女性だからこそのプレゼントだからこそ、他のプレゼントとはまた違った喜びを感じる事が出来るかもしれません。

ドライフラワーにもなる

生花はもちが悪いと思われています。

だからこそ、プレゼントにしたとしても直ぐに枯れて無くなってしまうと。

せっかくのプレゼントがなくなってしまったら勿体無い様な気持ちになる事も分かります。

もっと形に残るものにしたいと思う気持ちも分からないではありません。

ですが、お花だとしても長持ちさせる事が出来る場合があります。

お花をインテリアとして長持ちさせる方法の一つとして、ドライフラワーがあります。

ドライフラワーとは、切り花の水分を飛ばしカラカラな状態にする事によってその状況を、長持ちさせる事を指します。

勿論、生花のような華やかな色味はありません。

けれどドライフラワーにはドライフラワーなりの美しさがあります。

最近ではその色味こそがオシャレだと言う考え方もあります。

だからこそ、お花をプレゼントしたとしても直ぐに捨てられない場合もあるのです。

花をプレゼントするシチュエーション

プレゼントを贈るタイミングは、人によって様々です。

何かの記念として贈る人も居れば何でもない日に贈る人だっているでしょう。

どんな時にプレゼントをするかは、贈る人が決める事であり周りが決める事ではありません。

しかし、いつでもプレゼントをしても良いと言われていても、実際その場になってみるとどんなタイミングでお花のプレゼントをしたらいいのか分からない場合もあります。

プレゼントを贈ってみたいけれど、いつなのかが分からずに迷ってしまう事もあるかもしれません。

そこでここからはお花をプレゼントしやすいシチュエーションについてご紹介させていただきます。

なかなかイメージを掴む事が出来なかった人も、改めてそのシーンを知る事によって自分の中の選択肢を増やす事が出来るきっかけをつかむ事が出来るようになる事でしょう。

記念日や誕生日に

お花をプレゼントする際、最も多くの人が思い出すシチュエーションが記念日や誕生日です。

何かお祝いをしてもらう際にも、誰もが経験している事が高いのが記念日や誕生日なのでそれをイメージしやすいのも納得です。

記念日や誕生日は、忘れる事が許されない大切な日です。

もし恋人どうしてその事を忘れてしまえば、別れ話にも発展してしまうような大問題となてしまう事もあるかもしれません。

だからこそ、そうならないようにする為にもお花を贈ってみましょう。

本来、誕生日や記念日はお花ではなく物でも一向に構いません。

けれど何度も経験する事によって何を渡したら良いのか分からなくなってしまうものです。

何を贈ったらいいのか悩んでいる間についうっかりとしてしまう事もあるかもしれません。

だからこそ、悩んだらすぐにお花を用意しておいてしまうのも一つの方法です。

お祝い事に

お花はそれだけで華やかな存在となります。

だからこそ、花をプレゼントする際にはイメージとしてお祝いごとの際に渡してみてはいかがでしょうか。

お祝いという華やかな時間に花を添える事によって、より嬉しく楽しい日々を彩るようにしてくれるのかもしれません。

入学・卒業に

お花を贈る場合には、何かおめでたいことがあった場合が多くなります。

その一つとして入学や卒業があります。

誕生日などの場合には、プレゼントに多くの選択肢があります。

わざわざお花をあげなくとも、多くのアイディアを出す事が出来るかもしれません。

ですが、入学の時や卒業の時などは違います。

何かものをプレゼントする程の事でもないけれど、とてもめでたい事だからこそ、お祝いの気持ちを形にしたいと思うものです。

そんな時におすすめなのがお花です。

入学も卒業も、人としての成長をする大切な時期です。

その経験を踏まえ、人は大人になっていくのです。

だからこそ、入学や卒業はとてもめでたいものなのです。

そのめでたい日を、より豊かに華やかにしてくれる存在がお花です。

気持ちを伝えやすく、人生の門出に本当の意味で花を添える事によて、より素晴らし日々にする事が出来るようになるのでしょう。

開店祝いに

良く、新しく開店するお店の前には花輪が飾られています。

これは、開店という特別な時間をより華やかにする為に置かれています。

また、特別であるめでたい日をより特別なものにし、お祝いの気持ちを相手に伝える為にも使われます。

思っている事は、声に出したり行動に移さなければ相手には伝わりません。

開店を祝う気持ちがあるのであれば、それを花輪という形に変化させてみましょう。

そうする事によって、貰った人も嬉しくなりより良い人間関係を作る事が出来るようになる事でしょう。

インテリアとしても

花をプレゼントする際には、何も特別な日に渡すだけのものではありません。

何も無い日にプレゼントをしたとしてもいいのです。

また「プレゼント」としての特別な物としてのプレゼントではなくインテリアの一つとしてプレゼントを考える事もおすすめです。

部屋の中に花がある事によって、心が穏やかになったり晴れやかな気持ちになる事が出来ます。

色彩感覚や美的センスが磨かれる事によって自分自身の成長につなげる事が出来るようになるかもしれません。

だからこそ、生活の中にお花を入れる事はとても意味のある事です。

お花を購入する事は、どうしても特別の事のように感じてしまいます。

だからこそ、何かない時には購入する事に躊躇してしまう人もいるかもしれません。

しかしながら、そこまで難しく考えずにお花を生活に取り入れる事を意識してみてはいかがでしょうか。

そうする事によって自分自身はもちろん贈る相手にも豊かな時間をプレゼントする事が出来るかもしれません。

おすすめの花

お花をプレゼントにしようと決めたとき、悩むのが花の種類です。

当然ながら、お花には沢山の種類があります。

だからこそ、どの花を選ぶかによって相手の印象も変わってくるものです。

何も考えずにただ何となく選んだお花では、その適当な気持ちが相手に伝わってしまうものです。

贈る相手の事をきちんと考え、その人が一番喜びそうなものを意識し用意する事が大切です。

例えばそれは、切り花か鉢の花なのかによっても違います。

短期間で楽しむものが良い場合には切り花がおすすめですし、長く楽しみたいというのであれば鉢植えの方がおすすめです。

また、手入れは苦手だけれど長い時間楽しみたいという人にはサボテンという方法もあります。

このように選ぶお花によって、用途も扱い方も大きく変わってくるものなのです。

だからこそ、簡単にこのお花がお勧めですという事は言えません。

おすすめの花は、その人それぞれによって違ってくるでしょう。

インテリアに、プレゼントに花を贈ろう

いかがだったでしょうか。

お花のある生活のメリットを感じる事が出来たでしょうか。

最初は面倒だと思っていた方や、お金がかかると言って嫌煙していた方も、その魅力を知る事によってお花のある生活に興味を持ったのではないでしょうか。

お花のある生活は、人間の心を豊かにします。

日々のストレスを忘れらせよりリラックスした時間を感じさせてくれる事でしょう。

そうする事によって、仕事に集中して取り組む事が出来るようになったり日々を明るく楽しく過ごす事が出来るようになります。

人に対してストレスを感じている場合には、自分の心の内をなかなか他人に見せる事が出来ないでしょう。

けれど、植物であれば何も言わずにそっとそばに居てくれます。

手をかければ手をかけた分だけ、美しい姿となって私たちを楽しませてくれる事でしょう。

だからこそ、心を癒してくれる素晴らしい存在になってくれるはずです。

プレゼントンにお花を選ぶ事は、ハードルが高いように感じる人も多くいるでしょう。

迷惑になっってしまうのではないかと躊躇する人も多くいるはずです。

けれど、お花のある生活のメリットを考えれば、その心配は無用のはずです。

その花を贈る事によってもらった人はとても幸せで満ち足りた日々を感じる事が出来るかもしれません。

また、植物と一言で言ってもその種類は様々です。

値段がピンキリなのはもちろん、育てる事に対して手間がかかるものもあればかからないものもあります。

だからこそ、もし世話をする事に対して苦手意識のある方やプレゼントする相手に迷惑をかけたくないという気持ちがあるのであれば、出来るだけ手間のかからないものを選ぶ事がおすすめです。

プレゼントする方法を少し考える事によって、嫌煙されがちなお花のプレゼントもより喜んでもらえるものに変える事が出来るでしょう。

すぐに選択肢からなくしてしまうのではなく、メリットを考えながらより喜ばれる方法を探してみてはいかがでしょうか。