「友達の結婚式に招待されたけど、式当日の髪型はどうしよう…?」なんて迷った経験はありませんか?

そういう改まった場での装いって、意外と気を付けるべき点も多くて、スタイルを決めるのも一苦労ですよね。

そこで今回は、“結婚式の髪型のオススメ”をご紹介しちゃいます!

近々、結婚式に出席する予定のある人は必見ですよ。

セルフでもできる!結婚式のおすすめ髪型

結婚式の髪型というと、美容院に行ってセットして貰うのが一般的だと思いますが、実はセルフでも十分可愛く素敵なヘアスタイルを作る事が出来るのです!

今回はそんなセルフで出来る、オススメの結婚式スタイルを髪の長さ別にご紹介していくので、ロングヘアの人もショートヘアの人も是非最後まで目を通してみて下さいね。

結婚式の髪型で注意すべきことは?


結婚式にピッタリなオススメの髪型をご紹介していく前に、ここで“結婚式の髪型で注意すべきこと”を説明していきたいと思います。

どんな形であれ、結婚式は改まった場なので、髪型にもそれなりに気を配る必要があるのです。

それに、マナーを身につけていないと自分が恥をかくだけでなく、結婚式の主役である友人にまで恥をかかせてしまう恐れもあります!

では、結婚式の髪型はどんな事に気をつければ良いのか、早速見ていきましょう!

派手になりすぎないこと

「結婚式は華やかな場所だから、装いも派手にしなくちゃ!」と思われるかもしれませんが、お呼ばれする側は派手になりなり過ぎない様に注意しなければなりません。

なので、トップにボリュームを持たせた盛り髮や、目立ち過ぎる装飾品を付けるのも基本的にはNGです。

さらに、ヘアアクセサリーに関しては素材やモチーフにも気を付ける必要があります。

例えば、結婚式はフォーマルなお祝いの場なので、ヘアアクセサリーもドレッシーなものを選ぶのが基本です。

プラスチックやシュシュなど、普段使いのヘアアクセサリーはカジュアル過ぎるので避けた方が良いでしょう。

また、昼間の結婚式でゴールド・ダイヤ・ビジューなどの輝きの強いヘアアクセサリーは写真撮影の際に、カメラのフラッシュに反射して邪魔になってしまうので、避けた方がベターです。

ただし、小粒で控えめのものならOKですし、夜なら輝きが強いものでも良いでしょう。

それから、ファーやブラックパール、大きいモチーフのついた物は結婚式には向きません!

ファー素材は、動物の毛皮を使っている事から殺生をイメージさせ、結婚式では相応しくないとされています。(同様の理由でワニ革やヘビ革もNG)

フェイクファーだったとしても、食事の席で毛が飛んでしまう恐れがあるのでダメです。

ブラックパールは、フォーマルな印象で一見すると特に問題なさそうですが、年配の人からは「縁起が悪い」と思われる事があるので、避けたほうが無難になります。

大きめのヘアアクセサリーは目立ち過ぎて、周りの迷惑になる恐れもあるのでNGです。

結婚式につけていくヘアアクセサリーには、ブラック以外のパールモチーフのものがオススメ。

パールなら結婚式の服装にもピッタリですし、色もピンク系・ホワイト系・クリーム系・ブルー系・ゴールド系、中にはグリーンがかった物もあり、ヘアスタイルだけでなく自分の肌色にも合わせやすいと思います。

他にはリボンもオススメです。

ただし、素材によってはカジュアル過ぎる印象を与えてしまう恐れがあるので、フォーマルな服装に合うサテンやゴログラン素材が無難。

季節感を取り入れたいなら、春夏はレースやシフォン素材、秋冬ならベロアやスエード素材も良いかもしれませんね。

髪型を凝ったスタイルにするならヘアアクセサリーをわざわざ付けなくても良いのですが、付けるのであれば、控えめだけど存在感のあるものをチョイスするのが理想です。

花嫁より目立たないように

結婚式に招かれる側は花嫁より目立たない様にするのがマナーです!
結婚式の主役は花嫁なので、花嫁よりも派手な装いにならない様に気を付けて下さい。

よく「白い服は花嫁が着るウエディングドレスと被るので、結婚式に着て行くのに相応しくない」と言われる様に、花嫁と被る様なスタイルは避けるのが基本になります。

また、上ではあえて省きましたが、「”花”は花嫁だけのもの」という考えがあるので、花モチーフのヘアアクセサリーはNG。

花嫁と被る花モチーフをゲストが髪などに飾るのはマナー違反なのです。

どうしても花モチーフを使いたい場合は大きく目立つ様なものではなく、小さくて目立たない造花で作られたものを、まとめ髪の下の方に添える程度にしておきましょう。

しかし、基本的に花は避けた方が無難と考えた方が良いと思います。

アレンジをなにもしない

結婚式の髪型はある程度の長さがある場合、アップかまとめ髪が一般的です。

アレンジも何もしていないダウンスタイルは、以下の理由から悪印象を与えてしまうのでNGになります。

・食事をする時に髪が邪魔になり衛生的にも良くない
・ご両親や親族にお辞儀をして挨拶する時、ダウンスタイルだと髪がバサバサと落ちてきてしまう
・スタイルによってはだらしなく見えたり、清潔感が感じられない

どうしてもダウンスタイルにしたい場合は、ハーフアップで髪が顔にかからない様にすればOKです。

そもそも正式なお祝いの場なのに、身だしなみに気を使っていない様に見えるスタイルは、結婚式に招いてくれた相手にも失礼ですよね。

全体のバランスを大切に


定番のヘアスタイルやトレンドヘアも、ただ真似をすれば良いというものではありません!
当日着て行くドレスのデザインや自分の顔の形など、全体のバランスを考慮しながらヘアスタイルを決めるべきです。

特にヘアスタイル決めにおいて、顔の輪郭や髪の長さは重要。

そこでここから、顔の輪郭別に合うヘアスタイルのポイントを紹介していきたいと思います。

みなさんも、自分の顔の形を改めて確認してからチェックしてみて下さいね。

丸顔

あごが丸く頬がふっくらしていて童顔に見えてしまう丸顔さんは、低い位置で髪をまとめて大人っぽく見せるのがオススメ。

卵型

卵型さんは、どんなヘアスタイルでも似合う理想の顔型です。

なので、髪の長さからスタイルを見つけると良いでしょう。

四角形型

四角形型さんは、ほお骨が張っていて顔の横幅が目立ってしまうので、盛り過ぎない程度にトップに高さを出すヘアスタイルがオススメ。

トップに高さを出す事で縦幅を強調します。

ベース型

エラやハチが張っているベース型さんはボーイッシュに見られがちなので、顔周りの毛を残し後れ毛で隙を演出する事で、女性らしい印象になるでしょう。

逆三角形型

逆三角形型さんは、顎のラインがシャープでクールな印象があるので、あご周りの髪に柔らかめのカールを入れて動きを出すのがオススメです。

控えめカールで、女の子特有のふんわりとした優しい雰囲気になるでしょう。

面長

面長さんは、目からあご先までの距離が長く、縦幅が目立ってしまいがちなので、サイドにボリュームを出すスタイルがオススメ。

サイドにボリュームを持たせ、横幅を強調すれば顔全体のバランスも整います。

結婚式のおすすめ髪型(ロング)

それではここから、みなさんお待ちかねの“結婚式にオススメな髪型”を髪の長さ別にご紹介していきたいと思います。

まずはロングから!
髪が長い分、アレンジ次第ではボリュームが出るので、華やかなヘアスタイルが作りやすいと言えます。

それでは見ていきましょう。

低めお団子

まとめ髪の定番とも言えるお団子は、一見控えめ過ぎる様にも見えるかもしれませんが、ヘアアクセサリーを使用すれば見た目も十分華やかになります。

それに、ドレススタイルや着物スタイルにも合わせやすいので、フォーマルな装いにはピッタリな髪型なのです。

お団子はトップではなく低い位置に作るのもポイントで、低めのお団子は落ち着いた大人な雰囲気を演出する事が出来るでしょう。

ロングヘアでお団子を作ると、大きめのゴージャスなスタイルをイメージするかもしれませんが、コンパクトに纏めれば可愛らしさが感じられるスタイルにもなりますし、少しルーズにまとめれば気取らない程良いラフ感を感じさせるスタイルにもなります。

髪を結んでいるゴムを隠す様にヘアアクセサリーを付けたり髪を巻いて隠した後、トップの髪を引き出して凹凸を出せば、地味できっちりとした印象になり過ぎずに、素敵なお団子ヘアが作れるはずです。

低めポニーテールのアップスタイル

低めポニーテールのアップスタイルは、髪を巻いて低めの位置にポニーテールを作った後、束ねた髪をねじりながら結んだゴムに巻きつけ、ピンで留めるだけの簡単アレンジです。

巻きつける髪の量を多めにすると、お団子ヘアに近くなります。

毛先の部分を少し長めに残して崩せばフワッとした見た目で華やかになるでしょう。

こなれ感&セクシーさを感じさせる夜の結婚式にはピッタリのヘアスタイルですね。

ねじりアップスタイル

ねじりアップスタイルは、どちらか片方の耳の下で束ねた髪をねじりながら反対側に持っていき耳の下で毛先をピンで留めた、ロングヘアだからこそ出来るアレンジです!

長さに余裕があれば、束ねた側にさらにねじりながら戻り、毛先をゴムの近くにピンで留めると、より華やかな印象になりますよ。

さらに、後ろの髪と一緒に前髪もくるくるとねじってサイドに流した、アップスタイルとオールインワンのこなれ上品スタイルもオススメ!

後ろはボリュームがある分、少しほつれやすくなっていると思うので、ところどころをピンで補強しつつ、バレッタなどのヘアアクセサリーを使って飾りながら留めれば、結婚式にピッタリなパーティースタイルの出来上がりです。

三つ編みアップスタイル

三つ編みアップスタイルは、トップとサイドに三つ編みを作り、毛先を反対側の耳上にピンで留めたアレンジになります。

それぞれの編み目が重ならない様にまとめるのがポイントで、三つ編みのガーリーな雰囲気とアップの大人上品な雰囲気が共存する、結婚式にもオススメな華やかなスタイルです。

毛量が多い場合は、きっちりと編み込む事でコンパクトになり髪もしっかりまとめてくれるでしょう。

逆に髪の量が少ない人は、三つ編みを作る際に少し緩めに編み込んだり、三つ編みを少し崩すなどするとボリュームアップが狙えますよ。

ダウンポニーテール

ダウンポニーテールは毛先を巻いた後、後ろの髪を上下左右で4等分に分け、下の2つの束でローポニーテールを作ります。

次に上の2つの束をねじりながら下のポニーテールのところまで持っていき、結び目を隠す様に少し巻いたらピンを使って留めて出来上がり!

低い位置でポニーテールを作っただけだと結婚式にはラフ過ぎてしまうので、ねじりアレンジを加え華やかさを演出すれば、結婚式の様なきちんとした場にもピッタリです。

ねじりんぱ

特に髪をただまとめるよりも、ねじりんぱを加えてまとめた方がフェミニンな印象になるのでオススメ。

毛先を巻けばさらにフェミニンさが増すでしょう。

ねじりんぱを取り入れるだけで、アレンジの幅もグッと広がるはずです。

毛束をいくつかに分けてねじりんぱをして留めるだけで、簡単に華やかに仕上げる事が出来ます。

ねじりんぱした部分を少し崩すと、こなれ感も出てさらに素敵になりますよ。

くるりんぱのダウンポニーテール

くるりんぱのダウンポニーテールは、一度低めの位置でポニーテールに束ねた髪を緩め、内側から毛束を出す逆くるりんぱをします。

さらに、結んだ髪から少し毛束をとり、束ねた部分を隠す様に巻きつけて、飾りのついたピンなどで留めて出来上がりです。

ダウンスタイルのローポニーテールは、ねじりんぱだけでなく、くるりんぱアレンジでも華のあるスタイルに仕上げる事が出来ます。

ねじりんぱに続き、くるりんぱもアレンジの幅を広げるテクニックの1つですよね。

低め三つ編みを使ったアレンジスタイル

低め三つ編みを使ったアレンジスタイルは、まとめ髪を華やか&可愛く仕上げる事が出来ます。

例えば、先程のくるりんぱダウンポニーテールに低め三つ編みアレンジを加えるなら、低めのサイドに作った三つ編みの毛先をポニーテールの根元に巻きつけて留めれば完成です!
さらに三つ編み部分を崩せば、ボリュームも出ますしふわふわとした見た目になって、フェミニンさを演出する事も出来るでしょう。

三つ編みが入ると、くるりんぱダウンポニーテールの上品さにフェミニンな雰囲気が加わって、華やかさもさらにアップしますね。

くるりんぱ+ねじりんぱ+三つ編み

ロングヘアにオススメな結婚式の髪型の最後は、くるりんぱ+ねじりんぱ+三つ編みの特盛スタイルです!

まずはこめかみ辺りのサイドの髪でくるりんぱを作り、次に耳の上の辺りの髪をサイドから取りねじりんぱをします。

最後に全ての髪を束ねて三つ編みをし、その三つ編を解してゆるめな感じにすれば完成です!

テクニックを組み合わせてアレンジする事で、セルフとは思えない凝った仕上がりになります。

三つ編み部分にリボンを編み込んだり、小粒のパールヘアアクセを散りばめても素敵ですよ。

結婚式のおすすめ髪型(セミロング)

続いてはセミロング編です。

セミロングもそれなりに長さがある分、アレンジの幅は広いと言えます。

それから上で言い忘れていましたが、ここで紹介する髪型は、結婚式や披露宴の様なフォーマルな場にも、二次会の様な少しカジュアルな場にも合うと思うので、是非参考にしてみて下さいね。

それではセミロングのオススメスタイルを見ていきましょう!

くるりんぱのサイドアップ

くるりんぱのサイドアップアレンジの例としては、低めの位置にサイドテールを作り、束ねた部分でくるりんぱを加えるスタイルなどが挙げられます。

アシンメトリーとなるので、後ろで束ねてくるりんぱするのとは違った雰囲気のヘアスタイルに仕上がるでしょう。

ローサイドテールという事もあり、大人で上品な雰囲気が出て結婚式の様なフォーマルな場にもピッタリです。

もう1つのオススメアレンジは、両サイドの耳上の髪を数回くるりんぱしてまとめ、毛先と共に後ろ髪を下す清楚系スタイル。

後ろの髪を下すスタイルはロングヘアだと見様によっては野暮ったくなってしまいがちですが、セミロングなら重くなり過ぎず可愛く仕上げる事が出来ます。

くるりんぱは定番と言える分マンネリ化しがちですが、束ねる位置を変えてくるりんぱを取り入れれば印象もガラリと変わるはずですよ。

くるりんぱのハーフアップ

くるりんぱのハーフアップは、耳上の髪を両サイドから取り、くるりんぱをしたシンプルなハーフアップアレンジになります。

くるりんぱを1つだけでなく2つ3つと繰り返すとさらに華やかなスタイルに仕上がるでしょう。

単にハーフアップを作るより、くるりんぱでまとめる事で上品で女性らしい印象を与える事が出来ます。

セルフでも簡単に短時間で出来るのも、このスタイルの魅力です。

これなら万が一結婚式の途中で髪型が崩れてきてしまっても、自分でサッと直す事も出来ますね。

ねじねじをプラスしたダウンポニーテール

ねじねじをプラスしたダウンポニーテールは、まず両サイドの耳上の髪を少しずつ残しておき、それ以外の後ろ髪を使ってローポニーテールを作った後、残しておいた髪をねじりながらポニーテールの根元のところにグルグルと巻き付けて、バレッタなどのヘアアクセサリーで留めれば完成です。

ねじった髪を髪ゴムを隠す様に巻きつけていくのがポイントで、単にダウンスタイルのポニーテールを作るよりも、ねじねじを入れた方がヘアスタイルが立体的になり、オシャレさもアップします!

ラフながらきちんと感もあるヘアスタイルなので、結婚式にもオススメです。

2つのくるりんぱ

2つのくるりんぱアレンジとは、その名の通り2回くるりんぱをしたハーフアップ作り、その毛先を下の髪と一緒にローポニーテールで束ねただけのスタイルになります。

くるりんぱをした後に毛束を少し崩して動きを出すのがポイント!
ルーズ感が出過ぎない様に、ところどころをピンで留め、きちんと感を出すと良いでしょう。

アレンジ自体はすごく簡単なのに、手が込んだ風のアレンジに見えます。

くるりんぱ&ねじりのアップスタイル

アップスタイルは結婚式のお呼ばれ時のヘアアレンジの代表とも言えますし、そこにくるりんぱとねじりんぱのアレンジを加えれば、より華やかなスタイルになるのは間違いありませんね。

くるりんぱでハーフアップを作ったら、下の髪と一緒に1本に束ね、束ねた髪をねじりながら結んだところを隠す様に巻きつけてピンで留めれば完成です。

髪が少なめの人は、くるりんぱを2回するとねじれが綺麗に見えるでしょう。

また、上級者にはくるりんぱとねじりんぱのアレンジに加え、編み込みを施しながら全体の髪をアップに纏めるスタイルもオススメです。

なるべく編み目が見える様にすると、きちんと感が出て良いでしょう。

クリップを使ったダウンポニーテール

クリップを使ったダウンポニーテールは、ヘアアクセサリーがメーンのスタイルになります。

ポニーテールを使ったダウンスタイルは、髪留めにバリエーションを持たせると、全く違った印象が楽しめるでしょう。

クリップは色々なデザインの物が売られていると思うのでドレスに合わせて、全体に統一感を持たせるのとオシャレさが増します。

セミロングならダウンポニーテールでも重たくならないのもポイントです。

くるりんぱ&ゆるめ三つ編み

くるりんぱ&ゆるめ三つ編みは、ダウンポニーテールをくるりんぱしてから、束ねた部分をゆるい三つ編みにし、結び目を隠す様に三つ編みを巻きつけたアレンジです。

髪が少ない場合は三つ編みをさらにほぐしてボリュームを出しても良いですし、逆に量が多い場合はゆるめの三つ編みだけにしてきちんとまとめる事で上品さが出るでしょう。

最後はヘアアクセサリーで留めると素敵ですね。

ルーズな三つ編みにより、ふんわり感が出て優しい印象を与える事が出来るはずです。

さらに、トップの髪を少しず摘んで凹凸を作ると自然な仕上がりになりますよ。

ゆるめ編み込み

編み込みスタイルはきちんと感も出ますが、あえてゆるめに編み込み事で程良いルーズ感が出て、ちょっと色気のあるヘアスタイルに仕上がります。

大人っぽさが出るので、夜の結婚式にピッタリです。

分け目をジグザグと左右2つに分け、髪をランダムに編み込んでいくと素敵になりますよ。

髪と一緒にリボンを編み込んだり、パールや小さめのヘアアクセをところどころに飾っていくと清楚な雰囲気もプラス出来るでしょう。

1本編み込みのアレンジ

1本編み込みのアレンジは、こめかみ辺りの高さから髪を編み込んで行き、下の方で髪を1本にまとめて流すガーリーで外国人風な印象も感じさせるスタイルになります。

うなじの部分で束ねたら、その下はストレートでも良いし、ゆるめの三つ編みにしても可愛いでしょう。

結婚式のおすすめ髪型(ミディアム)

続いてはミディアム編です。

ミディアムの場合はアレンジで華やかさを目指すよりも、ナチュラルな綺麗目スタイルや可愛いスタイルを作るのがオススメ!

では、どんなアレンジが良いのか、見てみましょう。

複数くるりんぱのハーフアップ

ミディアムヘアにオススメな結婚式スタイルの1つは、複数くるりんぱのハーフアップです。

くるりんぱを何回か使う事で、編み込みを入れたかの様に手の込んだアレンジに見えますし、ねじれた部分がまるでリボンの様なフォルムになり、大人可愛い雰囲気も演出する事が出来ます。

さらに、くるりんぱした毛束を少しずつ引き出して崩す事で、こなれた印象とボリュームアップの両方を狙えるでしょう。

ハーフアップはお嬢様スタイルとしても人気ですが、シンプルに結ぶよりもくるりんぱを入れて結んだ方が、より清楚さと上品さが感じられるスタイルになります。

ハーフアップお団子

ハーフアップのお団子は、ミディアムヘアならではのアレンジとも言えます。

ロングヘアだと少し重たい印象になってしまいますし、ショートヘアだと少し子供っぽくなってしまいがちなので、ミディアムヘアだからこそ似合うスタイルでしょう。

毛先にカールを加えお団子を崩せば髪に動きが出て華やかさを引き立たせてくれます。

お団子の大きさでも雰囲気がガラリと変わるので、全体のバランスを見ながらセットしてみて下さいね。

三つ編み&ねじりのまとめ髪

三つ編み&ねじりのまとめ髪もミディアムヘアにオススメ!

トップの髪をゆるい三つ編みにし、サイドをねじりながら1つにまとめ、そこからさらに三つ編みをしてまとめたアレンジです。

三つ編みは崩す事で、こなれ感のある大人っぽい雰囲気も演出する事が出来ます。

毛先をバレッタで留めたり、三つ編み部分にリボンを編み込んだり、小粒のパールを散りばめるなどして、さらに華やかかつゴージャスにすれば、結婚式にもピッタリですね。

くるりんぱ+ねじり+三つ編み

くるりんぱ+ねじり+三つ編みの3つのテクニックを取り入れた、スタイルもオススメです。

どのテクニックも1つずつは簡単ですが、重ねる事で素敵で凝ったスタイルに見えるでしょう。

アレンジのやり方は、まずこめかみ辺りの両サイドから毛束を取りくるりんぱを作り、耳元の両サイドの毛束でもくるりんぱを作ります。

これで、上下2段にくるりんぱの束が出来ている状態です。

次に上下に作ったくるりんぱの毛先をそれぞれねじって行き、下の残った髪の根元にぐるぐると巻きつけピンで留めます。

最後に下の残った髪を三つ編みにすれば完成!
下の毛束は毛先にカールやウェーブをつけるだけでもOKです。

どちらも華やかでガーリーな印象になりますよ。

ヘアアクセサリーにはバレッタやリボンなどを付けて上品さやフェミニンさを演出するのも良いですが、バックカチューシャを付けて華やかさを狙うのも良いでしょう。

結婚式のおすすめ髪型(ショート)

最後はショートです!

ショートというと、「短い分アレンジの幅が少ない」とか、「(元のスタイルによっては)クールな印象が強過ぎて、フォーマルや可愛い雰囲気にならない…」などのお悩みもあるかもしれませんね。

しかし、ショートにも結婚式にピッタリなアレンジは結構ありますし、髪飾りなどの小物を使えば、ショートでも華やかかつ可愛い髪型が作れます。

それに髪が短いからこそ、ヘアアクセやピアス・イヤリングやネックレスなどのアクセサリーが映えるとも言えるので、ヘアスタイルやドレスに合わせて、そういった小物を活用していくのも良いでしょう。

サイドのねじり

少し上の方からサイドの髪をねじって行き、毛先を耳の上で留めるだけでも可愛くなります。

より華やかに仕上げるポイントとしては、ねじらないトップの髪をペタンコにならない様にセットしておく事です。

ボブヘアで長さに少し余裕があるなら、同じ手順でハーフアップアレンジにしても素敵ですね。

毛先を留めた部分にヘアアクセサリーをつければ、さらに結婚式向けのスタイルになるでしょう。

くるりんぱ&ねじりんぱ

ショートヘアでも、くるりんぱ&ねじりんぱアレンジは可能!

くるりんぱとねじりんぱを合わせたアレンジなら凝った印象になりますし、小さなパールのヘアアクセサリーなどを髪に沢山飾っていけばゴージャスな雰囲気を演出する事が出来ます。

定番のくるりんぱ+ねじりんぱを使ったアレンジも、髪の長さによって印象も違って見えるのではないでしょうか?

ショートのくるりんぱ+ねじりんぱアレンジは、ガーリーな雰囲気が強いかもしれませんね。

三つ編みのハーフアップ

ショートなら三つ編みのハーフアップもオススメ!
サイドの毛束を使って三つ編みを作ったら、それをハーフアップの形にまとめて仕上げます。

編み終わりをピンやバレッタで留めれば、ゴムが見えなくて完成度が高くなるでしょう。

三つ編みを上下に2本作ったり、三つ編みを編み込みに変えても、素敵に仕上がりますよ。

下ろした部分の毛先にカールを入れて動きを出すのも可愛いですが、編み目を強調したいなら下の髪をストレートに流すのもアリです。

そちらの方が清楚で上品な印象になるでしょう。

結婚式の髪型で悩んだら参考にしてみて!(まとめ)

今回は結婚式にオススメな髪型をご紹介してきましたが、気になるスタイルはあったでしょうか?

どれも比較的簡単に出来るスタイルだと思うので、当日に向けて色々と試し、自分に合う髪型を研究してみると良いかもしれませんね。

みなさんも結婚式の髪型で悩んだら、今回紹介した髪型を参考にしてみて下さい!