女性であれば、綺麗な二重に一度は憧れてしまうものですよね。

色々な化粧を試したり、二重になるテクニックをとにかく真似したりして何度も綺麗な二重を手に入れようと努力した女性が数え切れないほどいます。

雑誌を見れば綺麗な二重のモデルさんたちが顔をそろえており、一重や奥二重の人はほとんど載っていないですよね。

女優さんやタレントさんなんかも二重の人が多く、今ではユーチューバーが二重の作り方を伝授する動画を乗せるなど、今や二重ブームは最高潮に達していると言えます。

さて、芸能人であれば二重切開手術を受けてプチ整形で二重を手に入れるなんてことはもう当たり前になってきています。

しかし、プチとは言ってもかかるお金はかなりの額です。

一般人がポンポン出せる額ではありません。

そんな悩める女性の皆さんに、メイクだけで綺麗な二重を作れちゃう二重メイク方法をご紹介していきますよ!

一重、二重さん必見!二重メイクを紹介します

一重に生まれた女性の中には、「なんで女性なのに一重に生まれてしまったんだろう」とものすごく悩んでしまう人がたくさんいます。

男性からすると一重か二重かはそこまで気にすることではないだろうと思うでしょう。

しかし、女性にとっては一重か二重かで人生が変わってしまうこともあるほど重要なことなのです。

一重の女性も優雅で上品な雰囲気があり、一重でも綺麗な女性はたくさんいます。

一重でも可愛い人もたくさんいますし、一重の人だってモデルや女優に多くいます。

しかし、いまの世の中はやはりくっきりとした二重が重宝されがちですよね。

たとえ二重でも、くっきりしていなければみんな二重幅を広げようとする時代です。

そんな時代についていくために、プチ整形などの需要がどんどん上がってきているのです。

さて、そんな一重さんや奥二重さんのために、整形なんてしなくとも綺麗な二重になれる魔法メイクをご紹介していきます!

整形してしまうとなると、その後のメンテナンスや親への罪悪感などが邪魔して、心から二重を楽しめない時もあります。

メイクなら、毎朝ちょっと頑張るだけで思い通りの可愛いぱっちり二重になることができるのです!

二重メイクとは?

二重メイクとはそもそもどんなものをいうのでしょうか?整形で作った二重はもちろん二重メイクとは言いません。

二重メイクとは、その名の通りメイクアップだけで二重を作り出すテクニックです。

今は二重になりたい女性が世の中に有り余るほどいますので、それに伴ってどんどん二重メイク用の商品も発売されてきています。

昔はアイプチというノリでまぶたをくっつける商品が主流で、100円で買えるということもあり中高生に絶大な人気がありました。

今は技術も進み、多くの二重メイク用品が世に出回っています。

また、普通のメイク道具で二重を作る方法も日々紹介されているのです。

自分に合う二重メイクを見つけて、毎日鏡を見て幸せになれる人生を送りましょう!

誰でもカンタンにできる二重メイク方法


二重メイクはほとんどが簡単にできてしまうものばかりです。

それにかかるメイク道具の費用もそんなに高くなく、一度買ってしまえば長く使えるものが多いのも素敵なポイントですね。

二重メイクは道具で選ぶパターンと、方法で選ぶパターンの二つがあります。

アイプチやメザイクなど二重用の道具を買ってもいいですし、元々持っているメイク用品で二重を演出するのもアリです。

今回は、より多くの女性に二重になる方法を見つけてもらうべく、両方の面から二重になる方法をご紹介していきますよ!

アイプチを使って二重にする方法

まずは定番の「アイプチ」を使って二重にするという方法です。

アイプチとは二重にするためだけに発明された女性のための最強のコスメです。

一番最初のアイプチが発売されたのは、今から約50年も前だそうです。

その時のものがどんなものだったかは定かではありませんが、昔から女性はヨーロピアン風の綺麗な二重に憧れてきたということですね。

元祖とも言えるノリで付けるアイプチは2000年の初め頃から爆発的に売れ始め、どこにいってもアイプチが売っている時代が始まったのもこの頃です。

まぶたにノリをつけて二重を作るということで、まぶたが伸びてしまったりかぶれてしまうということが度々あったようで、合わない女性も多かったこの商品。

これを受けて、今はそれ以外にも多くのアイプチの種類が発売されています。

詳しい種類は後ほどご紹介致しますよ!

アイシャドウを使って二重にする方法


肌が弱い人や、アイプチにはちょっと抵抗があるという人におすすめなのが、アイシャドウを使って二重にするという方法です。

アイシャドウはほとんどの女性の皆さんが持っている化粧道具ですよね。

初めてお化粧をするとき、最初に手を伸ばすのがアイシャドウだという人も多いでしょう。

それほどアイシャドウは女性にとって大切なもので、目の印象を左右している重要な部分です。

このアイシャドウ、目の印象を変えるだけでなくなんと二重に見せるのにも使えるんです。

少しテクニックがいりますが、慣れてしまえば簡単です。

毎朝のちょっとした工夫ですぐに素敵な二重の顔を作ることができますよ。

グラデーションを利用して

アイシャドウで二重を作るには、グラデーションを利用してみると良いでしょう。

一つのアイシャドウを買うと、たいていは一色ではなく何色かセットでそのパレットに入っているはずです。

その色合いは統一されていることがほとんどで、茶色系なら濃い茶色から白に近い茶色まで入っており、赤系、緑系などアイシャドウによってその配色も変わってきます。

二重を作るときに、この色合いを利用してまぶたをグラデーションにすると良いのです。

アイホール全体に同じ濃い茶色を入れてしまうと、二重幅が見えなくなってしまい平坦なぼってりしたまぶたに見えてしまいます。

目の際から眉毛の方に向かって徐々に色を薄くしていくことで、自然な奥行きを作ることができて二重に見せることができます。

グラデーションは難しいように思えて意外と簡単に作れます。

手で塗ると少し固まってしまうので、必ずブラシを使って自然に色を混ぜ合わせるようにしましょう。

影を作って二重にみせる

アイシャドウで二重を作る方法として、影を作って二重を作るというパターンもあります。

メイクをするときは自分の顔をアートだと思って、風景画を描くように自分の顔を作り出していくことが大切です。

影を使って二重にするときも、自分の目のどこまでを影にすれば二重に見えるのか、どこを明るくすればくっきり見えるのかということをしっかり研究して、自分の顔に合ったアイシャドウの乗せ方を見つけ出しましょう。

特に、アイシャドウの暗めの色を二重幅辺りに乗せる事で、もともとの二重幅の奥行きが強調されて、普段より彫りが深く見えて綺麗な二重に見せることができますよ。

アイラインで二重をかく

アイシャドウで毎朝グラデーションなどを作るのは少しめんどくさいし自信がない、そんな人はアイラインで直接二重を書いてしまいましょう。

これは一重の人がやってしまうと非常に不自然になるので、二重だけど目が平たいという人限定でおすすめします。

自分のもともとの二重の線を、アイラインで上からなぞってあげましょう。

アイラインは通常目元や目のキワを囲んで黒目の強調や目尻の印象を変えるのに使います。

そのため、肌になじむ色であり且つくっきりと描くことができるようになっています。

これをそのまま二重の線に使えば、特に不自然になることなく二重を強調することができるのです。

薄く線を引く

もちろん、アイラインをがっつり二重の線に書いてしまったら、眉毛が二つあるかのような変な顔になってしまいます。

アイラインで二重の線を強調するときは、薄く細く、できるだけアイラインだとバレないように引くのが特徴です。

リキッドタイプのアイラインであればほんの筆の先を使う程度、鉛筆タイプのアイラインならぼかしながら書いていくとうまくいきます。

アイラインで二重の線を強調した後は、周りのアイシャドウとなじませるように再度アイシャドウを上塗りするとより自然な雰囲気に仕上がります。

アイラインがあまりにもくっきりしすぎるというときは、線を引いた後に綿棒で軽く伸ばしてあげるといい具合に影のようになって自然な二重に見せることができますよ。

つけまつげを使った二重メイク方法

意外と多い二重の作る方法として、つけまつげを使ったパターンも紹介しておきましょう。

まつげとは二重の次に女性が気にしている重要な部分です。

まつげが上向きでカールしている女性は、それだけで女性らしく可愛い印象を与えることができます。

まつげが下がっていると、いくらアイメイクを頑張ってもなんだかしっくりこないのです。

そんなまつげを強調するためのつけまつげ、これが二重を作るのに重要な役割を果たすことがあります。

まずはつけまつげのタイプ。

これは、ベースのノリをつける部分が太いつけまつげを選ぶようにしましょう。

細いものでは二重はなかなか作れません。

そして、太いつけまつげを目の際につけてまぶたを上に押し上げるのです。

これで多くの人は二重を作ることができます。

ぽってりしたまぶたの人でも例外ではなく、つけまつげによって押し上げられたまぶたがうまく二重を作ってくれます。

自分のまぶたが二重になる一番いいつけまつげを見つけて、まつげも二重も綺麗な女性を目指しましょう!

無難はやっぱり二重アイプチ!おすすめはこれ!

今や簡単に二重にすることができるようになり、その種類や方法もどんどん増えていく一方です。

上で紹介した二重の作り方はほんの一部であり、もっと独自の方法で二重を作っている女性はたくさんいます。

しかし、ここまで方法が増えると一体自分に何が合っているのか分からなくなってしまいますよね。

テープがいいのか化粧がいいのか、つけまつげをつけるべきなのかメザイクか、、、そんな風に色々試しているうちに、まぶたがよれよれになってしまうことだってあります。

そんな風にどれがいいか悩んでしまっている女性には、やっぱり王道の「アイプチ」をおすすめしたいと思います!

アイプチは昔からそのやり方はあまり変わることはなく、且つ需要とともに安全性や機能性がぐんとアップしています。

今や選び放題のアイプチの種類の中から、今回はおすすめのものを8個ご紹介致しますよ!

種類

アイプチには大きく分けて二つの種類があります。

従来のノリで付けるタイプと、ノリを使わないタイプの二つです。

どちらにも良い点とリスクがあり、どちらが合うかは女性によって様々です。

従来のタイプを試したことがない人は、まずはそちらを試してからもう片方を試してみるのも良いかもしれません。

では、二つのタイプのどこがどう違うのかを詳しく見ていきましょう。

粘着式

一番オーソドックスである粘着式のアイプチは、使ったことがある人も多いのではないでしょうか。

粘着式のアイプチは、専用のノリと専用の棒で二重を作るというなんとも原始的なものです。

通常蓋の裏に細い刷毛がついており、それでまぶたに専用ののりをのせていきます。

そして、ノリが乾くか乾かないかの頃合いを見計らって専用の棒でまぶたを押し込みます。

そうすることで、押し込まれたまぶた同士がくっついて下のまぶたが上に引っ張られ、自然に二重になってくれるのです。

その簡単さと安さから、中高生に絶大な人気を誇っており、10年以上経っても愛用しているという人が絶えない商品です。

ただし、目のかぶれやなかなか二重が安定しないということもあり、慣れない人は諦めて使うのをやめることも多いようですね。

また、瞬きをしたときにまぶたが完全に閉じることがないので、目が引っ張られて不自然になったり、目が乾いてしまうということもあるようです。

非粘着式

一方で、比較的新しい二重用アイプチとして、非粘着式のものがあります。

その名の通り、ノリでまぶたをくっつけずに二重を作れるアイプチということです。

この非粘着式のアイプチの使用方法は、簡単に言うとまぶたを折り込んで二重を作ると折り込み式というものです。

まず二重の線を作りたい部分を決めて、その後に二重線から下の部分のまぶたに専用の液体を塗ります。

そして目を閉じたまま乾くまで待ち、乾いた後に目を開けばもう二重になっているというものです。

液体を塗った部分が固まることで、自然とその上の柔らかいまぶたが上に乗っかって二重になるということですね。

ノリを塗ってまぶたが引っ張られることがないので、通常の粘着式よりも自然な二重を作ることができます。

一方で、重たいまぶたの人には効果がなかったり、使い方が難しい、時間が経つと白くなってくるという難点もあります。

ナイトアイボーテ

おすすめのアイプチその1、ナイトアイボーテ。

ナイトと付くことからお分かりの方もいるかもしれませんが、これは夜寝ている間に付けるアイプチです。

寝ている間にまぶたに二重の線を癖付けて、起きている間はアイプチをつけずに過ごすことができると言うわけです。

これなら、毎朝アイプチで上手くいかずに時間ギリギリになることもなく、目が引っ張られて不自然に見られることもありません。

また、寝ている間ということで、極力体に負担をかけない成分が配合されており、美容効果も高いためまぶたがかぶれることもあまりありません。

寝る前に付けるため接着力はかなり高いもので、最初は違和感があるかもしれませんが、慣れてくると昼にアイプチをしなくていい開放感に感動するはずですよ!

アイプチS

オーソドックスなタイプの中でもオススメなのがこのアイプチSです。

従来の粘着式アイプチでノリとプッシャーを使うなんの変哲も無いアイプチです。

このアイプチSの魅力は、まずその乾きの早さにあります。

安物のアイプチは、一度ノリを塗るとなかなか乾かずに二重の線が全然くっきりついてくれないことがかなり多いです。

そして、やっと乾き始めたと思ったら変なところに線がついてしまってやり直し、、なんてことも多々。

そんな悩みを吹き飛ばす即効性は、使い始めたらやめられません。

また、アロエなど肌に優しい成分を配合しているため、荒れることもあまりありません。

ノリを落とす時は、こすらずとも水ですぐに落とすことができます。

ですので、もし失敗したとしてもすぐに落としてやり直すことができるので、朝の時間がない時でも女性の味方になってくれるのです。

オートマティックビューティーダブルアイリキッド

同じくオーソドックスなタイプのアイプチでおすすめなもの、それはオートマティックビューティーダブルアイリキッドというなんとも長い名前のアイプチです。

これも従来と同じ、ノリとプッシャーがついていて粘着式のアイプチとなっています。

このビューティーダブルの魅力の一つは、ノリが完全に透明であり、つけた後も全く目立つことなく自然な二重を作れるという点です。

多くのアイプチはノリが白色になっており、乾くと透明になるのですが部分的に白くなってしまったりします。

また、乾いた後にアイプチをしているというのがわかってしまうものが多いです。

一方で、ビューティーダブルは完全な透明且つ全く目立たないので、アイプチをしていることも気づかれないことがほとんどです。

そのつけ心地も非常に軽く、一日中まぶたに違和感を感じながら過ごす必要もありません。

アイビューティーフィクサーWP

粘着式のアイプチの中でも、頑固な一重や腫れぼったいまぶたに悩む女性に人気なものが、このアイビューティーフィクサーWPです。

このアイプチの最大の魅力、それはなんといってもその強い粘着力にあります。

通常のアイプチは数時間すると粘着力がなくなってきて一重に戻ってしまったり、重たい一重だと二重を作ることすらできなかったりします。

その点、このアイビューティーフィクサーWPはどんなに重たい一重だとしても、その強い粘着力で二重を作ることができるのです。

頑固な奥二重もへっちゃらで、奥二重の線を消してくっきりとした二重線を実現できてしまいます。

時間が経ってもとにかくくっついたまま、逆に言えば失敗してしまうと取るのが厄介だとも言えます。

絶対に二重をキープしたい!そんな人にはぴったりのアイプチです。

メジカライナーナイト&ハード

メジカライナーナイト&ハードという名前のこのアイプチは、粘着式という点は従来と変わらないのですが、プッシャーを使わずに塗っただけで二重にできるというのが特徴です。

プッシャーを使って二重を作ると、結構な確率で失敗してしまいますよね。

ノリは綺麗に塗れたのにプッシャーで失敗してしまう人は多いです。

さらに、通常は刷毛でノリを塗るのに対して、このメジカライナーはアイラインのようにダイアルで使う分だけのノリの量を調整することができます。

これなら、ノリを塗りすぎてしまうこともなく、まぶたの変なところがくっついてしまう心配もありません。

この調節可能なノリだけで二重を作れるので、初心者の方でも簡単に使えるということで、アイプチビギナーさんにはかなり人気のある商品です。

アイリストシリーズローヤルプチアイム

粘着式とは違うタイプの非粘着式でオススメなアイテム、それはこのローヤルプチアイムです。

ローヤルプチアイムはそのパッケージや見た目の可愛さから中高生にかなり人気なのですが、その使いやすさやお手軽な感じも魅力の一つのようです。

このローヤルプチアイムは、軽いつけ心地なのにそのキープ力は抜群であり、一度つけると一日中しっかりとキープしてくれるという優れものです。

アイテープや粘着式のアイプチが取れてしまったりするのに対して、このローヤルプチアイムなら途中で化粧直しする必要もなく一日を存分に楽しむことができるのです。

アイトーク

今でこそ色々なアイプチが発売されて、新しい種類や使い方などたくさん選ぶことができるようになりました。

そんな中、昔から多くの女性に愛用され続け今でもその人気をキープしている商品がこのアイトークです。

きっとこのパッケージは女性なら一度は見たことがあるかもしれません。

どこにいってもこのアイトークが売っており、アイプチと言えばコレ!と言うほど有名な商品です。

これは従来のノリの粘着式アイプチであり、液は白色が乾くと透明になるタイプのごく簡単なものです。

乾く直前に専用のプッシャーで二重幅を作れば、あっという間に綺麗な二重になることができます。

昔からアイプチを使っていたけど今のものはよく分からない、そんな人にはこのアイトークがとても人気です。

シンプルかつ効果抜群ですので、他のどんなアイプチよりも使いやすいと言えるでしょう。

アイプチリキッドテープN

非粘着式で20代〜の女性に人気を誇っているのが、このアイプチリキッドテープNです。

見た目のシンプルさや高級感が大人の女性の心を掴んでいるようです。

このアイプチリキッドテープNは非粘着式であり、リキッドを塗ったところを乾かして二重を折り込むというタイプです。

このアイプチの魅力は、液を塗った後のテカリがほとんど気にならず、その上から化粧をすることも可能だという点でしょう。

非粘着式はアイテープと方法が似ており、アイテープが光ったりテカってしまって目立つことがあるのと同様、液体を塗った部分がテカってしまうことがあります。

しかし、このアイプチリキッドテープNは透明で自然に肌色に溶け込む且つ、その上からシャドウを塗ることも可能ですので、二重メイクをしているとバレることなく自然な二重を作れるのです。

二重メイクの注意点

二重にするには色々な方法がありますが、やはりアイプチが一番定番でオススメできるやり方です。

その種類の豊富さからも、自分に合ったアイプチを選ぶことができるので、毎回メイク選びを楽しむこともできますね。

こんな簡単に作れてしまう二重ですが、二重メイクには気をつけなければいけない点もいくつかあります。

簡単にできるからこそ、注意点をしっかり理解してステキな目元を手に入れましょう。

ナチュラルを心がける

まず、二重メイクに欠かせないことといえば、ナチュラルを心がけることです。

もともとの目の形を変えるというのはプチ整形と同じことです。

整形が違和感があるのと同様に、二重メイクも一歩間違えればとても不自然な感じになってしまいます。

せっかく綺麗な二重にできるのに、ナチュラルじゃなくなってしまい周りから引かれてしまっては意味がありませんよね。

自分の目の形に合わせた欲張らない二重を研究して、ごく自然な目元を演出できるように気をつけましょう。

化粧直しは頻繁に

二重メイクをしているとき、特にアイシャドウやラインなどで二重を作っているという場合は、頻繁に化粧直しすることを心がけてください。

化粧直しは意外とめんどくさくてやらない女性が多いのですが、アイシャドウなんかは時間が経つとすぐに薄くなってしまいます。

アイシャドウが薄くなると、せっかく作った二重もみるみる見えなくなってしまって、ただの化粧の濃い一重の顔になってしまいます。

アイシャドウやラインは毎日持ち歩いて、鏡を見るタイミングがあれば必ずチェックするようにしておきましょう。

できれば二重のクセをつける

二重メイクをするときにきをつけておくと良いのが、二重のクセをつける意識をするということです。

毎日アイプチをするときに、いつも違う二重を作っているという人。

これはまぶたに負担をかけるだけで将来的に二重になれることはまずありません。

せっかくアイプチをするのであれば、早い段階で自分のなりたい二重幅を見つけておき、そこに毎日クセをつけることで永久的な二重に仕上げる方がいいですよね。

うまくいけば、3ヶ月ほどでクセづいてもうアイプチが必要ないという女性もたくさんいます。

まぶたの重さや目の形にもよりますが、クセづけを意識していれば必ず自然に二重になる時が来ます。

そのときを目指して、毎日二重がクセになるように意識してアイプチや二重メイクを施すようにしましょう。

アイプチをしてることがわからないようにする

アイプチをするときに気をつけるべきこと、それはできるだけアイプチがバレないようにするということです。

二重幅を広げすぎて不自然になることと同じぐらい、アイプチが見えているのはとてもカッコ悪いです。

本人は感覚が麻痺してきて気にならなくなってきますが、周りからみるとアイプチが見えたら全く可愛くはみえないのです。

とくに粘着式のアイプチは目が引きつってしまうのでバレることがよくあります。

非粘着式のタイプであれば、粘着式よりもバレにくいということで人気が高いようですね。

アイプチにしろアイテープにしろ、自然な二重を作れるように毎朝新鮮な気持ちで自分の顔を見るようにしましょう。

毎日継続すること

二重メイクをするのに大切なこと、それは毎日継続するということです。

毎日二重メイクをしていれば、徐々に感覚も分かってきてメイクの時間も大幅に短縮できるようになります。

また、毎日継続することで確実に二重幅を作ることができますので、ゆくゆくアイプチに頼る必要がなくなる可能性もあるのです。

逆に毎日二重メイクをしていないという場合、二重のクセも付かなければ慣れてもいないので化粧に時間がかかります。

その上、毎日顔が違うとなれば周りからも変な目で見られてしまいます。

二重にするなら毎日する覚悟を持って、ステキな女性になるための努力をしましょう。

二重幅を大きく取りすぎない

二重メイク、とくにアイプチをするときにきをつけないといけないこと、それは二重幅を大きく取りすぎないということです。

これは奥二重の人なんかに多いのですが、二重幅を異常に大きく取ってしまって逆に不自然になってしまうというパターンです。

日本人には日本人に合う二重というものがあります。

生粋の日本人顔なのに、外国人のような二重を作ろうとしても不自然でしかありません。

自分の目に合った二重が一番可愛く見えるのです。

二重幅を広げたい気持ちは山々ですが、二重の大きさよりも自分の顔が一番可愛く見える目というのを意識して、毎日アイプチをするようにしましょう。

やりすぎの二重メイクはNG!気をつけて!(まとめ)

綺麗なパッチリとした二重、女性なら誰でも憧れてしまいますよね。

二重はメイクやアイプチで簡単に作れるものであり、今では綺麗な二重は憧れの中ではなく手の届くものとなりました。

だからこそ、自分で上手く調整して自分に一番合う二重の形を決める必要があるのです。

可愛いは作れるというのは本当です。

しっかりと二重テクニックを身につけて、自分に自信のある素敵な女性になれるよう頑張ってくださいね!