LINEで好きな人と会話をしたいけどなかなか会話を長続きさせることができない…。

今回は、そんな大好きな人とLINEで楽しい会話や、楽しくなるような内容をご紹介していきます。

片思いの人や、両想いの人、またお付き合いしている彼氏や彼女など、LINEで楽しく会話をすることができれば、きっと2人の仲も深まり、楽しい時間を過ごすことができるようになります。

ぜひ、こちらの記事を参考に、大好きな人とLINEで会話を盛り上げていきましょう。

好きな人とのLINE…会話がなかなか続かない

片思いの人であれば、好きな人とLINEで会話を盛り上げたいと考えていたり、LINEでの会話を楽しいものにしたいと思う気持ちは当たり前ですよね。

しかし、好きな気持ちが強すぎて、なかなか好きな人に自分の自然体な気持ちのまま、会話をすることができなかったり、また緊張しすぎてLINEでの会話がなかなか続かなかったりすることも考えられます。

好きな人とのLINEでの会話が盛り上がるように、また盛り上がらなくても会話が続くようになるための秘訣をご紹介していきます。

こちらの記事をじっくり読み進め、実践するようにしていきましょう。

こちらの記事をじっくり読み進めただけで実践できなければ、成功することができません。

必ず、インプットすればアウトプットするようにしてください。

もっと距離を縮めるにはどうすれば…?

大好きな人と、もっともっと距離を縮めたい気持ちはよくわかります。

確かに、2人の会話が盛り上がれば、さらにお互いの心の距離がぐんと縮まることでしょう。

しかし、心の距離を縮めたい気持ちが強いばかりに店から回ってしまったり、距離を縮めたいのになかなか思うように会話を進めることができない場合も考えられます。

好きな人とのLINEでのやりとりや、会話をさらに距離の近いものにするためには、やはりある程度のテクニックを覚えておかなければなりません。

2人の距離が縮まるように、会話を長続きさせるためのテクニックをしっかりと頭に叩き込んでいきましょう!

LINEで好きな人との会話を長続きさせる9個のテクニック!

それではここからは、LINEで好きな人との会話を長続きさせるテクニックについてご紹介していきます。

こちらのテクニックは、全部で9つになります。

「9つのテクニックは多すぎて覚えられない!」なんて言う人は、1つずつでもいいので、これまでのLINEでの会話に取り入れて行ってみてはいかがでしょうか?

1.時間帯を考える

LINEでの会話を続かせるためには、時間帯をよく考え、相手が忙しくない時を狙うようにしましょう。

仕事中の連絡はもってのほかです。

朝の忙しい時間に連絡することもやめておきましょう。

特に朝の忙しい時間体に連絡が来ることで、イライラしてしまうこともあります。

また、仕事中に連絡してしまうことで、忙しい時にみてはいても、連絡することを忘れてしまうことがあります。

そうなると、既読スルーされてしまうことが考えられます。

やはり、相手が落ち着いて話のできる時間帯をよく考え、それに合った行動していくことがお勧めです。

ベストは就寝前


相手にとってベストな時間帯は、就寝前がお勧めです。

就寝前は、すべてのことが終わり、後は寝るだけと言う状況になります。

そのため、他のことで時間を取られることもなく、また焦らされることもありません。

ただ、睡眠時間が減ってしまうことがあります。

そのデメリットさえ忘れなければ、2人の会話を楽しいものにできるのではないでしょうか。

また、就寝前に会話することでお互いの気持ちも盛り上がり、会いたい気持ちが芽生えやすくなる事が考えられます。

夕方の帰宅時間もお勧め

夕方の帰宅時間もお勧めです。

特に、相手が電車通勤の場合、夕方の帰宅時間に連絡することで暇な時間を潰すこともできます。

また、夕方の帰宅時間に連絡して電車から降りるまで、2人の時間を楽しむことができそうです。

相手が夜早く寝るタイプの人であれば、夕方の帰宅時間に連絡することで、お互いに落ち着いて会話を楽しむことができるのかもしれません。

相手が電車に乗っている場合、話をすることができなくても、LINEのメッセージでやり取りすることができます。

相手が興味ありそうな内容や、会話の内容などを考えておくと良いかもしれません。

ランチタイムもOK

あまりベストな時間帯!とは言い切れませんが、案外ランチタイムも連絡の取りやすい時間帯になります。

しかし、相手の仕事状況によりランチタイムがない場合もあります。

さらに、ランチタイムがずれてしまう仕事の場合、なかなか落ち着いてあなたとの会話を楽しむことができません。

LINEメッセージでのやりとりだけになることも考えられます。

やはり、相手がじっくりと落ち着いてあなたのメッセージに集中できる時を狙う方が、2人の心の距離は縮まりやすいのかもしれません。

朝の忙しい時間帯は避けること

これまでにもお伝えしてきましたように、朝の忙しい時間帯におはようメールや、頼まれてもいないのにおはよう電話等をするのはやめておきましょう。

相手からは、「こんな忙しい時間に!」などと思われてしまうだけでなく、あなたは相手から好かれるためにしたことでも、相手から不快に感じる行動になってしまっていれば、当然相手との心の距離が縮まることもありません。

相手の行動範囲や、行動パターンが分かっていればなおさらのことです。

朝は出勤時間ギリギリまで眠りたい時もあります。

朝の忙しい時間はなるべく避けるようにして、相手の余裕のある時間帯を狙って連絡するようにしてみてくださいね。

2.その日におきた出来事を気軽に送信

まずは、堅苦しい内容や予定を取り付けるメールを送り続けるのはやめておきましょう。

さらに、くどくならない程度にその日に起きた出来事などを簡単に送信してみてはいかがでしょうか?その日に起きた出来事を気軽に送信することで、相手からの気軽なLINEのないように、相手も返信しやすいことでしょう。

ここは、ガチガチに相手に送る内容を考えすぎるのではなく、その日に起きたような簡単な出来事を気軽に送信する気持ちで、LINEのやり取りの内容考えていきましょう。

話題がないと思う前に一日を振り返ろう

話題がないので、何も話す事は無い。

などと思うのではなく、話題がないけど、今日1日を振り返り、相手と軽い気持ちで話せる内容について少し考えてみてはいかがでしょう。

考えに考え抜いた内容では、あなたも、相手に送る内容としてもぎこちない内容になっていることも考えられます。

話題は考えればいくらでも案を出すことができます。

「話題がない」と嘆く前に、今日1日を振り返り、話せる内容がなかったかなど思い出すことも大切です。

深く考えず、気楽に送ってみよう

各考えすぎることで、行動することが嫌になり、また行動ができてもぎこちない伝え方になってしまうことがあります。

まずは、深く考えず相手からの返信がなくても「まあいいか。」などと気軽な気持ちで送るようにしてみましょう。

たとえ、本当に相手から連絡がなくても、深く考えずまた気楽にLINEをしてみてはいかがでしょうか。

そんな気軽に連絡をしてくる相手に対して、いつか「自分のことを気にかけているんだな。」と思う日がくることでしょう。

3.相手がのりやすい話題を

相手の趣味や、行動などがわかっている場合、相手が好きな話や、相手が乗りやすい話題を考えておく必要があります。

何も考えずに会話を始めるより、相手が興味を持ちやすい話を用意しておくことで、2人の会話を盛り上げることができます。

趣味の話

特に、あなたと相手の趣味が同じ場合、共通の話題で盛り上がることができます。

もし、相手の趣味を知っていてあなたが、その趣味をあまり知らない場合、会話が盛り上がらないと思っていませんか?実は、趣味の話は、相手に話をさせると言う点では、あなたが知らない方が良い場合もあるのです。

知識がない場合は質問するのも

相手が好きな趣味に対して、あなたに知識がない場合、相手に質問することで、相手もあなたとの会話が楽しいものになるかもしれません。

しかし、相手の雰囲気を読み取り、あまり話したくなさそうな態度であれば、あなたの態度を改めなければなりません。

しかし、相手があなたが趣味に対して質問することで、好意的に答えてくれるのであれば、その趣味の内容で会話を盛り上げることができます。

4.恋話で盛り上がろう

相手を好きな場合、恋の話をしてみてはいかがでしょうか?

恋の話をすることで、相手を好きなことを匂わせる会話もいいですね。

男女問わず、相手から「好きだ。」と言われた相手に対してなかなか嫌いになることはできません。

その心理をうまく利用して、LINEの会話を盛り上げてみてはいかがでしょうか?

これまでの恋愛を聞いてみる

あなたが好きな相手に対して、これまでの恋愛歴を聞いてみてはいかがでしょうか?

「そんな勇気はない!」と、思わずにまずは、相手がどんな恋愛をしてきたのか気になりませんか?

当然相手のことが好きであればどんな恋愛をしてきて、どのような相手と恋に落ちたのか、非常に気になるところです。

また、どんな恋愛感があるのか聞いてみることで、あなたとの価値観がわかるかもしれません。

このように、好きな人に対してこれまでの恋愛を聞いてみることでどのようなタイプなのかわかることもあります。

ぜひ、会話で盛り上がらないと思った場合相手にこれまでの恋愛を聞いてみてはいかがでしょうか?

理想のタイプを質問

相手がどのような人が好きなのか、また理想のタイプを質問してみましょう。

もし、理想がない相手であれば、芸能人に例えてみたり、これまでお付き合いしてきた彼氏や彼女はどのようなタイプだったのか聞いてみることもいいですね。

さらに、理想のタイプを聞くことで、あなたも相手にふさわしい人になるための努力ができます。

相手に対して理想のタイプを質問する事は非常に勇気が要ることですが、理想のタイプを聞き出すことができれば、これまで以上に2人の仲も深まるかもしれません。

5.仕事の話


こちらの会話内容は、めちゃくちゃオススメ!と言うわけではありませんが、もし話す内容がなければ仕事の話をしてみてください。

仕事の話であれば、会話が途切れたときに使えることもあります。

しかし、男性も女性も仕事の話で盛り上がる事は少ない場合もあります。

プライベートの時にまで仕事の話をしたくないと言う人もいますので、相手の性格などもよく見極め判断するようにしてください。

アドバイスしたり、されたり

仕事の話をしたときに、アドバイスをされることがあるかもしれません。

しかし、仕事の話をあなたから振った以上、きちんと相手からのアドバイスを聞き入れるようにしてくださいね。

それを聞き入れずに反発ばかりしていれば、たちまち2人の仲が悪くなってしまいます。

また、アドバイスされるばかりではなく、相手に対してアドバイスをすることもあります。

その時には、強い口調にならないよう気をつけなければなりません。

愚痴を聞いてあげよう

もし、相手が愚痴をこぼすようであれば、その愚痴をじっくり聞いてあげることも大切です。

相槌を打ち、相手の話に耳を傾け、相手の愚痴を最後までしっかりと聞いてあげることで、相手から信頼される存在になることもあります。

お互いに信頼関係ができることで、より2人の心の距離もぐっと縮まります。

相手があなたに対して何を求めているのかをよく考え、それに見合う行動ができるようになれば、相手はあなたのことを気になりだしたり、すでに好きになっていることがあるかもしれません。

話すことでストレス発散にも

互いに、仕事の話をすることで、ストレス発散につながっていることがあります。

また、仕事上でのアドバイスを受けたり、またあなたがアドバイスをすることで、うまくいけば2人の信頼関係につながることも考えられます。

もし、話す内容に困っていたり会話がうまく思うように続かないと感じるのであれば、仕事の話を通してお互いの愚痴を聞きあったり、アドバイスし合うことでより深い関係を築けることができるかもしれません。

6.長文にしない

もし、相手にたくさん言いたいことがあっても長文にならないように気をつけておきましょう。

長文になることで、その内容を読む気持ちが失せることもあります。

人は、興味のあるものに対しては長文でも読みたい気持ちが強まりますが、特に興味はあるものの忙しい時間などの長文にはうんざりしてしまうことでしょう。

さらに、その長文に対してきちんと答えを返さなければならないため、どこからどのように返事をしていていいのかわからない場合もあります。

できるだけ長文にせず、一つ一つの話を短くまとめ、会話のキャッチボールをしやすくすることを心がけ、相手にメッセージを送るようにしてください。

読みやすい長さと内容で

特に、長文になることで読みにくいメッセージになってしまいます。

また何よりどのように返事をすればいいのかわからなくなってしまうことが決定になります。

まずは、相手の読みやすいと思える分の長さと、内容で会話を楽しむよう心がけていきましょう。

さらに、あなたが相手にLINEを送る場合、自分がこの内容を受け取ったらどのような返事をするだろう?などと言うことを想定しながら読みやすい文の内容を考えていきましょう。

相手が返したくなるような構成で

さらに、相手に興味があるような内容で、返信したくなるような構成を考えていくことで、会話のキャッチボールをうまく続けることができます。

相手のことを考えず、自分の気持ちばかりを一方的に綴った内容のLINEや、相手がどのように返事をしていいのかわからなくなるような内容のLINEは既読スルーされやすいので気をつけておきましょう。

7.スタンプを多用しすぎない

LINEの場合、スタンプを連打して送ったり、気づいてもらいたいからといってスタンプを多用しすぎるところがあります。

スタンプを多用しすぎることで、相手からあなたの印象が悪くなることもあります。

たとえ一言でもきちんと文章にしてメッセージすることで、相手の信頼や安心感につながるところもあります。

たとえ相手がスタンプで返してきても、丁寧に返すことを心がけていきましょう。

きちんと言葉でやり取りを

スタンプばかりでなく、きちんと言葉でやりとりをするように心がけてください。

先ほどと内容が同じになってしまいますが、たとえ、短い返信文でもきちんとあなたの言葉としてメッセージするようにしてください。

LINEのスタンプを1つだけポンと送ってしまうだけでは、冷たい印象になることもあります。

相手の気持ちも考慮しつつ丁寧にやりとりを行うようにしていってくださいね。

8.しっかりキャッチボールすること

きちんと会話のキャッチボールを出来るように、やりとりできることを考えていきましょう。

やりとりのできない内容であれば、相手の一方通行になってしまったり、あなたの一方通行になってしまうことが考えられます。

一方通行になっていないか

特に、あなた自身一方通行な会話にならないよう気をつけなければなりません。

相手を巻き込んでいけるような会話を心がけるだけでなく、疑問文で終わるようなないようにしてみたり、相手が興味を持ちやすいような内容で会話を盛り上げるよう心がけていく必要があります。

9.やりとりの終わりはしっかり見極めて

いつまでもダラダラとやりとりを繰り返していては、お互い疲れてしまいます。

また、ダラダラと意味のないやりとりは、相手もあなたいの返信がめんどくさいと思う原因になってしまいます。

きちんとやりとりの終わりを見極め、程良いところで会話を終わらせるようにしてください。

相手もあなたに気を使いなかなか終わらさないと言うところもあります。

やりとりの終わりをしっかりと見極め、程良いところで会話を切り上げるようにしてくださいね。

相手の言葉をしっかり受け止めて

相手の言葉を一つ一つ丁寧に受け止めていきましょう。

相手の言葉をしっかりと受け止めることで、相手もあなたからの信頼や安心感を受け取ることができます。

中途半端に見聞きして返信していては、いずれその姿や態度も相手に伝わってしまいます。

相手の言葉をしっかりと受け止めて、一つ一つ丁寧に答えていくよう心がけていきましょう。

そんなやりとりが増えていけば、きっと相手もあなたに対して心を開きやすくなることでしょう。

しつこくせず、終わりも気持ちよく

あまり同じような内容で会話を続ける事はやめておきましょう。

しつこくする事はせず、終わりも気持ちよくさっぱりと切り上げるようにしてください。

しかし、さっぱりとした終わり方にしすぎることで、冷たく感じられることもあります。

しつこくしない事はもちろんのこと、終わりも丁寧に気持ちよく爽やかに切り上げることを心がけていきましょう。

次に繋がる終わり方で

その場その場で、完結するのではなく、次につながるような終わり方を心がけていきましょう。

「また、空いてる時間を教えてね。」と一言添えてみたり、「また、連絡するからね。」などと言うかわいい降り方でもいいですね。

まだLINEをゲットしてない人必見!好きな人とLINEをするきっかけ作り

もし、相手のLINEIDをゲットしていないのであれば、まずは相手のLINEIDをゲットして、LINEでやりとりできるようにならなければなりません。

LINE以外でのやりとりは、通信料等のお金がかかる場合もあります。

LINEを使用することにより、お金の心配をすることなく使用することもでき、あなたの近況報告もしやすいのではないでしょうか?

さらに、LINEでやり取りすることで楽しいLINEスタンプを送り会えるだけでなく、うまくLINEを使いこなすことでたくさんの楽しいことを共有することもできます。

もし、まだ相手からのLINEIDをゲットしていないのであれば、ここからは、そんな相手に対してLINEIDをゲットするきっかけをいくつかご紹介していきます。

【LINEの連絡先を交換するときのテクニックは、こちらの記事もチェック!】

1.直接LINE教えてと聞く

まずは、LINEIDを教えて欲しい場合、相手に直接聞いてみてはいかがでしょうか?

「まだ、そんなに知り合って間もないのに、LINEIDを教えてなんてとても言えない…。」なんて言う人は、ちょっと見方を考えてみると良いかもしれません。

「LINEIDを聞き出さなければ!」と言う気持ちが強ければ強いほど、気持ちが億劫になってしまったり、自分に自信が持てない人であればなかなか思うように聞くことができないかもしれません。

もし、直接LINEIDを教えてほしいと聞きたい場合、何か理由をつけてLINEIDを教えてもらうといいですね。

何か、LINEIDが必要になることを考えてみましょう。

「友達伝いに、何かを聞きたいので、あなたのLINEIDを教えて欲しい。」など、相手との共通点からLINEIDを聞き出すこともできそうですよ。

直接聞けるのは好印象だが、ハードルが高い場合も

LINEIDを直接聞けるのはとても相手にとって好印象に移ります。

また、直接LINEIDを聞くことで相手があなたにLINEIDを教えることを逃すこともありません。

もし、相手にLINEIDを聞いて教えてくれないなどと不安になる場合、以下のようなことが考えられます。

まず、1つ目はあなた自身に自信がないことが原因になります。

あなた自身に自信がない事は、相手から見ても伝わります。

まずは、好きな気持ちが強くなりすぎていないか、相手の気持ちや考えを理解できる余裕があるのかどうかを、自分自身に問いただしてみましょう。

あなたの気持ちがあまりに強いと、相手にそれも伝わります。

程良い距離を心がけ、相手に対してLINEIDを聞けることができれば、少々ハードルが高いと感じても、堂々と相手からのLINEIDを聞き出すことができるのかもしれません。

ここでのアクションは、相手に自分を意識させることができる

もし、あなたがLINEIDを好きな人に聞いた場合、ここであなたが好きな人にLINEIDを聞いた事は、相手にとって自分と言う人間を意識させることのできるアクションになります。

こちらの記事の冒頭にお伝えしたように、あなたが相手を気になるのであれば、相手はあなたの態度にうすうす気づくかもしれません。

ましてや、LINEIDを聞かれた時点で、相手は自分に気持ちがあるのかも?などと思うこともあります。

中には、とても鈍感な人もいますので、友達として聞きたいと思ったのかな?などと考える人もいます。

しかし、ほとんどの場合あなたがLINEIDを聞いた時点で、相手のことが気になっている事が、バレてしまう事は肝に銘じておきましょう。

2.よかったら連絡してと連絡先を渡す

もし、LINEIDを聞いて断られるのが怖いと思っているのであれば、あらかじめあなたのLINEIDを書いたメモを用意しておき、好きな人に会ったときに「これ、私のLINEID。よかったら連絡して。」と渡しておくといいですね。

そのLINEIDの書かれたメモを用意し、相手に渡すことで、相手のことを気になっている気持ちがばれてしまいますが、そのアクションを起こしたことで、相手もあなたに対して好意的な印象に変わることもあります。

あなたが連絡先を渡すことで、連絡するかしないかは相手に委ねることができますので、それも1つの方法かもしれません。

3.一緒に撮った写真を送ると連絡先を聞く

もし、友達同士でどこかへ出かけたり、何かイベント事で一緒だった場合、必ず一緒に写真を撮っておきましょう。

その撮った写真を送ることを口実に、相手のLINEIDを聞き出すことができるかもしれません。

もし、相手の連絡先を聞き出すきっかけがない場合、このように一緒に写真を撮ることもいいですね。

一緒に写真を撮ることで、あなたも大好きな相手の顔をいつでも見ることができるだけでなく、LINEでのやりとりができる環境が整えば、最高ですよね。

4.集団はグループを作る

たくさんの友達と遊ぶ場合、その中に好きな人がいるのであれば、集団でグループLINEを組んでみてはいかがでしょうか?グループLINEを組むことで、ピンポイントにLINEIDを聞き出す必要もありません。

周りの人たちのLINEIDを聞きつつ、気になる人のLINEIDをゲットすることもできます。

ここは、思い切ってたくさんの友達を誘い、その中に気になる相手を誘うようにしてみてはいかがでしょうか?さらに、グループLINEを組むことで、好きな人のIDを知ることもできますのでオススメです。

作ってすぐ友達申請をしておく(時間経過と共にやりづらくなる)

グループLINEのIDをゲットすることができれば、周りの人たちに内緒で「内緒にしなくても良いのですが…。」好きな人に友達申請しておくといいですね。

時間が経つにつれて、後で友達申請をすることが億劫になってしまうこともあります。

できるだけグループLINEを組んですぐ後にでも友達申請をしておくと、行く行く2人でやりとりしやすい環境が整いますので非常におすすめです。

また、グループLINEのやりとりはあっても、まだ好きな人とのやりとりができていない、または環境が整っていないと言う場合、今からでも友達申請をおすすめします。

楽しいことが一番大切(まとめ)

いかがでしたか?好きな人とLINEの会話を楽しみたい場合、相手の状況をよく把握し、相手の気持ちを考えながら行動するようにしていきましょう。

また、あなた自身が好きな気持ちが強すぎることにより、あなたの会話が一方通行になってしまわないよう気をつけなければなりません。

あなたの会話が一方通行になることで、相手に対してあなたの気持ちがバレるだけでなく、あなたのことが「重たい。」と思われることにつながりかねません。

LINEで会話を楽しむのであれば、お互いが楽しめる内容で考えておく必要があります。

楽しいことが1番大切なので、あなたのことを押し付けたような内容になってしまわないよう気をつけましょう。

さらに、楽しい会話ができることを中心に考えてやりとりをしていくよう心がけていくことが大切です。

楽しくない会話は、つまらない会話になってしまいます。

楽しく思えるような内容を盛り込み、考え、あなたなりのアレンジをくわえて見ていてはいかがでしょうか?