昔の日本ではご近所付き合いは当たり前のものでした。

だからこそ、おかしな人が居ると直ぐに気がつく事が出来、高い防犯性を感じる事が出来ました。

ですが、その反面繋がりが強いからこそ面倒だと感じる事もあったはずです。

噂話はすぐに広がり、自分が話しても居ない人にまで伝わってしまうなどという煩わしい部分もあるはずです。

だからこそ、良い部分も悪い部分もありました。

近年では、近所との繋がりは殆どなくなりつつあります。

昔から同じ土地に住んで居る人ならともかくそれ以外の人の場合には、隣に誰が住んで居るか分からないなんて事も珍しい事ではありません。

その為ご近所同士の煩わしい部分は感じる事が少なくなった事でしょう。

けれど、お互いが相手に対して遠慮が無くなってしまったせいで別の問題が発生しています。

それが「ご近所トラブル」です。

そのトラブルのせいで心を病んでしまう事もあるほど、怖いものだということを知っていますでしょうか。

ご近所トラブルで悩んでいる人は多い!

住めば都ということわざがある通り、どんな環境だと、しても自分が落ち着く家であれば人は幸せを感じる事が出来ます。

アパートは勿論、持ち家であればそれは尚更です。

何年も長い期間をかけて住宅ローンを払うのですから、それだけ気に入った物を購入して居るはずです。

だからこそ、皆んなその環境で幸せに暮らしていきたいと思っています。

けれど、場合によっては、近所の人と上手くいかずにご近所トラブルに発展してしまう場合もあります。

ご近所トラブルは、一度発生すると何年にもに渡って続いてしまうケースがあります。

場合によってはどちらかが引越しをしなければならない事もあるでしょう。

ですが、そう簡単に引っ越しは出来るものではありません。

ローンの関係は勿論、子供の学校の問題や仕事の都合などあれば、さらに引っ越しは難しくなる事でしょう。

だからこそ、引っ越しをしたいけれど引っ越す事が出来ずにご近所トラブルに悩まされて居る人は少なくありません。

隣にどんな人が住んでいるのかわからない世の中

昔からずっと同じ地域に住んでいる人は、近所の人の顔を知っているはずです。

勿論、隣にどんな人が住んでいるのかをしっかり把握しているはずです。

けれど、新たな土地に引っ越した人の中には隣にどんな人が住んでいるのか知らないケースも多々あります。

持ち家の場合には、一応引っ越しの際に両隣にはご挨拶をするはずですりけれど、一人暮らしやアパートなどの場合には挨拶をしない事も珍しくはありません。

その為、どんな人が周りに住んでいるのかわからない人も沢山いるのです。

お互い顔見知りであれば、互いに気を使う事によって良い関係を気付く事も出来る事でしょう。

しかし、そうでない場合には、トラブルの原因となる場合もあります。

ご近所トラブルでよくある7個の原因

ここらかは、ご近所トラブルの原因となりやすい8つ原因についてご紹介させて頂きます。

自分では悪気なく生活しているだけだとしても周りの人は迷惑に思っている場合もあります。

たとえわざとでは無かったとしても、一度関係がこじれてしまうとなかなか穏やかな解決をする事が出来なくなってしまう場合もあります。

相手が何をしても全てが気に入らないなんて事もあるでしょう。

だからこそ、まずご近所トラブルにならないように行動する事が大切です。

1.騒音


騒音被害は誰しもが加害者になる可能性のある住民トラブルです。

というのも、人は意外と自分が出している音に対して無頓着な所があります。

その為、実際には自分が思っている以上に大きな音が出てしまっている可能性もあるのです。

また、ものの考え方は人それぞれです。

あなたが「この基準なら大丈夫だろう」と思う程度の音だったとしてもそれをうるさいと感じる人も居るのです。

その際に、お互い納得出来ないとトラブルに発展してしまう恐れもあります。

ご近所トラブルを避ける際には、まず自分を客観的にみる事が出来るようにしておく事が大切です。

他人から見るとどうなのか。

周りの人はどう思っているのか。

その根本的な部分をしっかりと自分で見極める事が出来るようにしておく事が大切なポイントです。

話し声

騒音トラブルと聞くと子供が原因ではないかと思われています。

だからこそ、既に子供が大きくなった場合や、大人だけの世帯の人の場合には騒音トラブルとは無縁なのではないかと思っている人も少なくありません。

ですが、騒音トラブルはどの世帯にも起こり得るトラブルなのです。

というのも、騒音トラブルとしてあげられるものの中には『話し声』と言った誰もが当たり前の行っている会話も含まれる可能性があるからです。

自分では普通に話をしているだけであったとしても周りからするととても大きな声の場合もあります。

また夜中に窓を開けて話をしていれば、例え普通の声であったとしてもうるさく感じる事もあるでしょう。

更には、お年寄りの場合には無意識に声が大きくなっている事もあります。

だからこそ、そういった意味で話し声は立派な騒音トラブルとして認識されているのです。

生活音を小さくする事は意外と難しく、ついうっかりとしてしまう事もあるかもしれません。

けれど、話し声の場合には時間帯を気にしたり出来るだけ窓を閉めておくようい意識する事によって大きな改善を図る事が出来るのではないでしょうか。

楽器

趣味は人生を豊かにします。

だからこそ、自分が好きだと思う事を続ける事はいい事です。

スポーツなどの場合には、年齢によって自然と出来なくなってしまう事もあるかもしれません。

ですが、楽器などの場合にはいくつになっても続ける事が可能です。

その為、とてもよい趣味だと言えるでしょう。

ですが、全ての人が楽器が好きなわけではありません。

その音を聞いて癒される人も居れば同時に不快を感じる人もいるのです。

不快を感じる人にとってはその音が常に聞こえている状態はストレスが溜まります。

結果的に騒音だと感じトラブルに発展する事にもなりかねません。

だからこそ、楽器を演奏される方は嫌いな人もいるという事実を忘れてはいけません。

自分が好きなものがすべての人が好きだとは言い切れないのですから。

上の階の足音

マンションやアパートなどに住んでいる方の中には、上の階の人の生活音が気になる場合もあります。

生活の時間帯が違ったりすると、それはより気になる事でしょう。

特に足音は自分で意識して小さくしようと思わない限りついつい無意識に歩いてしまうものです。

だからこそ、つい足音の大きい日人が上に住んでいる音が気になる事でしょう。

また、子供が居る場合にはきちんとしつけを行う必要があります。

飛んだり跳ねたりする行為は下の階にとても響きます。

『まだ小さいから仕方がない』『子供はこんなもの』などと思うのは、あくまでもこちらの意見です。

下の階に住む人にとっては騒音以外の何物でもなくそれが例え子供だとしても簡単に納得する事はできないでしょう。

100パーセント騒音をカットする事が出来ないかもしれません。

努力しても結果が出ずに文句を言われてしまう恐れもあります。

けれど、何もせずに過ごしているのではなく少なくとも努力をしている事・相手に悪いと思ている事が伝われば大抵の場合にはそれほど大きな騒音トラブルになる事なく解決する事が出来るはずです。

2.ペット

ペットは、家族も同然です。

目に入れても痛くないほど溺愛している人が居たとしてもおかしくはないでしょう。

けれど、そんなかわいい家族のペットであったとしてもマナーをきちんと守らなければトラブルの原因となってしまいます。

子供同等、ペットもまた好きな人も居れば嫌いな人も居るのです。

だからこそ、あなたが許す事の出来る範囲と周りの人の範囲は違うかもしれません。

自分では全く迷惑をかけていないと思っている相手も実はストレスを抱えているかもしれないのです。

だからこそ冷静に判断する事が大切です。

排泄物の放置

排泄物の処理は、ペットを飼う人に当然の事です。

誰でも家の前に排泄物を置かれていたら嫌な気持ちになる事でしょう。

だからこそ、ペットを飼う際には、排泄物の処理も含めてしっかりと世話をしなければなりません。

鳴き声

生き物の中には鳴き声を出すものも居ます。

それは人間にとっての会話と同じ事なのでしょう。

だからこそ、それは自然の行為です。

けれど、犬などの場合にはその声が大きく周りの家の人からすると騒音だと感じるレベルになってしまっている場合もあります。

犬の中には、遊んで欲しい時や餌が欲しいときなど自分の欲求を相手に伝えたいときにすぐに鳴く子が居ます。

また人が来ると大きな声を出す事もあるでしょう。

これらは『無駄吠え』と呼ばれある程度しつけで軽減する事が出来ると言われています。

その為、ペットを購入した際はきちんとしつけを行う事も飼い主の務めです。

それでもどうしても鳴く事を止めさせる事が出来ない場合には、出来るだけ音が響かないように窓を閉めるなどの対策を行う事も必要でしょう。

犬の場合にはストレスがたまるとより大きな声で鳴くという事もありますので、こまめに散歩に連れて行ってあげるなども、大切な改善方法と言えるでしょう。

3.ゴミ出し


ゴミ出しのルールは地域によって全く違います。

その為、そのルールを知らずに自分の思ったままの通りに行動してしまうと、周りの人から白い目で見られてしまう事もあるでしょう。

ルールは理由があるからこそ作られているのです。

一人がルールを守らなくなってしまうと、それに続いて守らない人が出てきてしまうかもしれません。

例え面倒であったとしてもきちんと決められたルールは守るべきなのです。

頻繁なルール違反によるトラブル

余りにも悪質なルール違反には、罰則が与えられる場合もあります。

ごみを持って行かれないだけではなく、残されたごみが家の前に戻ってくる事もあるでしょう。

中には誰のごみかを特定する為に中身を確認される事もあるかもしれません。

それは決して気持ちのいことではありません。

ですが、自業自得でもあるのです。

自分がルールを守らなかった事によって、結果的に嫌な思いをしたとしても誰もかばってくれる事はないでしょう。

自分に非を作らないように改めて考えて行動する事が大切です。

4.駐車場

駐車場では、多くの見知らぬ人同士が一緒になります。

例え近所だとしてもあまり交流が無ければ話をする事も無いでしょう。

だからこそ、その微妙な距離感がトラブルの原因になってしまう恐れもあります。

相手の気持ちを考え、お互いがお互いの事をキチンと考えて行動する事が何よりも大切なポイントとなるでしょう。

5.悪口など

悪口はいいものではありません。

言われればどんな人だってちょっと心に残ってるはずです。

普通通りに過ごしているつもりなのに他の人から文句を言われているなら嫌な気持ちになってしまったとしても不思議ではないはずです。

悪口を言ってしまうと自分自身も嫌な女になってしまう事でしょう。

色々な事を検索で探す事が出来るので、例え本人に全く関係のない場所での悪口も結果的に相手に伝わってしまう恐れもあります。

そうなってしまうと、本格的に話を合わせる事が出来なくなってしまう場合もあります。

何処に目が付いているか分かりません。

全く関係のない人だと思って話をしたのに実は古くからの友人なんて事もあるかもしれません。

一番いい方法は口に出して言わない事です。

口にすらしなければ何を言っても問題はありません。

6.共有スペース

マンションなどの中には共有スペースが確保されているところもあります。

これはまさにその名の通りみんなが共有して使用する場所の事です。

だからこそ、ルールを守らなければなりません。

そのルールを守ることが出来ないのであれば、そこを利用するべきではないのです。

自分の家であれば何をしても問題はありません。

けれど共有スペースの場合にはそうはいきません。

相手の事を考え、互いに迷惑にならないように多少の遠慮を入れながら使用する事が対背tうなのです。

普段なかなか出会う事が出来ないような人と共有スペースを使って話を楽しむ事が出来るようjになります。

また、お子様が居る場合にはおうちとは違った時間を使って楽しむ事が出来ます。

そんな素敵な場所ですが、ルールを守る事が出来ないと使えなくなってしまう恐れもあるのです。

もし共有スペースで迷惑な行為をしているような人を見かけたら、管理会社の人に相談しましょう。

直接解決しようとすると、より問題が大きくなってしまう恐れもあります。

素直に他人に任せる事が解決のポイントとなる事でしょう。