メディアの世界には様々な美しい人々がいます。

その中で、それぞれ自分の趣味に合った人のっファンになって行く事でしょう。

どの方も素晴らしく、とても美しい方々ばかりなので比べること自体が失礼な話なのかもしれません。

しかしながら、それは視聴者ならではの特権とも言えます。

遠く、雲の上のような存在だからこそ、あーだこーだと自由に言う事が出来るのかもしれません。

多くの人々が所属している『芸能界』という世界にはなんとなくは知っていても深くは知らない方々が大勢います。

自分より年上だと思っていた方が年下であったと言う話は良く聞く話です。

TVの中に居るだけで、まるで存在しない架空のような人の気持ちになってしまうのです。

そこで今回は、多くの芸能人の中から宮崎あおいさんについてご紹介させて頂きます。

透明感抜群の彼女ですが、映画やCMなどで拝見する機会はあってもバラエティにはなかなかその姿を表す機会がありません。

その為、素の彼女を知る機会は他の女優さんと比べても各段に少ないのでは無いでしょうか。

そんなミステリアスで、魅力溢れる彼女に迫って見たいと思います。

基本情報

それではまず、宮崎あおいさんのプロフィールに迫ってみたいと思います。

普段、バラエティなどに出演する機会が無い事もあり、なかなか本当の姿を感じる機会が少ない彼女。

その為、実際の年齢や血液型など、意外と知られていない部分が数多くあります。

年齢不詳とも言えるような、独特の雰囲気を持っている彼女なので実際の年齢を聞いて驚かれる事も珍しい事では無いのかもしれません。

先入観無しで、彼女が演じる作品そのものを楽しみながら見るのもいいかもしれませんが、

実際のプロフィールを知る事で、また今までとは違った観点から、彼女の魅力を発見する事が出来るかもしれません。

1. 生年月日

宮崎あおいさんは、1985年の11月30日生まれです。

つまり、2017年の今年は31歳になる訳ですね。

彼女の活躍の長さから考えれば、妥当な年齢なのかもしれません。

しかしながら、余りにも透明感があり、今でも高校生役が出来そうな雰囲気を考えれば、三十路を過ぎていると言うのはかなりの驚きです。

因みに、同じく女優である満島ひかりさんと全く同じ生年月日だそうです。

二人とも演技は女優年て知られて居ますが、自然体である姿は変わりないものの雰囲気がどこか違います。

どちらかと言うと、満島ひかりさんの方が大人の印象が強いでしょうか。

その為、彼女と同い年と聞くと驚かれる方も多く居るでしょう。

自分より年下だと思っていたのにと、驚く一般の方も多くいます。

二人とも、実はバツイチ同士。

三十路を過ぎたアラサー同士だけあり、人生は色々ですね。

様々な経験を積み、年齢を重ねた事によって手に入れる事が出来る縁起の幅と言うものがあるのかもしれません。

彼女のように、年齢に大きく抗うのではなく素の自分のまま素敵な雰囲気を維持する事が出来たらどれだけ幸せな事でしょうか。

それが出来ないからこそ、多くの方が彼女の透明感に惹かれて行くのでしょう。

2. 出身地

彼女の出身地は東京です。

都会で育ったからこそ、あの独特のどこにも染まっていないような姿が出来上がったのかもしれません。

小中高と一貫の明星学園という名の学校を卒業しています。

こちらの学校は進学率も高く、自由な校風である事でも知られています。

服装や頭髪などにもそこまでうるさく無いと言う事もあり、こちらの学校出身の芸能人の方も多く居るそうです。

明星学園を卒業した後は、その後進学はせずに女優としての日々を邁進して行きます。

彼女は若くして大河ドラマの主役などに抜擢されています。

その為、例え入学していたとしても留年せずに卒業するのは難しかったのでは無いでしょうか。

自分の生きる世界をしっかりと確率している彼女だからこそ進学などに囚われる事無く、自分の好きな世界に思い切り飛び込む事が出来たのでは無いでしょうか。

3. 血液型

彼女の血液型は、O型だそうです。

彼女の独特なふんわりとした雰囲気を考えれば想像通りと言えなくもありません。

ただし、血液型にこだわるには日本だけとも言われています。

その為、他の国々では日本の様に占いに血液型を使用したりする機会がとても少ないようです。

イメージ通りと感じた血液型も実は単なる思い込みの可能性も大いにあると言う訳です。

自分の血液型を好きになる事が出来ないという方は、これからあまり意識せずに過ごして見てはいかがでしょうか。

そうする事で、自分の中のイメージを払拭する事が出来るかもしれません。

人の性格は、血液型だけで決まるものではありません。

様々な経験をふまえて作られて行くのです。

つまり、例え同じ生年月日・血液型であったとしても同じ性格になる事はありえません。

育った環境やその後の人生経験によって様々な性格へと変化して行くのです。

4. 本名は?

彼女の『宮崎あおい』という名前は本名だそうです。

芸能人の中には、芸名で活動している方も多いので、本名かどうか分からなくなってしまう事もあります。

彼女の場合は、子役から活動していた事もあり、そのまま本名で活動を続けて居るのでしょう。

彼女が活躍しだした時に、時を同じくして『蒼井優』さんが登場しました。

その為、二人の『あおい』が登場した事により、TVに詳しくない方々の中には混乱が生じました。

また、二人ともとても可愛らしく透明感があり、まさに理想の女性のような姿をしていました。

その為、そんな彼女達の姿に自分の子供の将来を重ね『あおい』という名前を子供に付ける方が多く登場しました。

彼女たちが活動する様になり、月日は流れましたが今でも『あおい』という名前は、人気の名前として男女共にトップクラスの人気を誇っています。

大事な子供に付ける名前なので、そうそう変わった名前を付ける事はありません。

まして、芸能人を連想する事が出来る名前なのであれば、それだけ印象の良い名前にするに違いありません。

その観点からも、宮崎あおいさんの人気の高さを感じる事が出来るでしょう。

5. 「宮崎」?「宮﨑」?

日本には様々な苗字の方がいます。

その中には、同じ読み方なのにも関わらず漢字が違うと言う人も居る事でしょう。

特にその違いが多く出るのが『崎』の字です。

山崎や宮崎など、苗字に多く使用されて居る感じですが、実は『﨑』という感じを使用する場合もあります。

実際、女優の宮崎あおいさんもデビュー当時は『﨑』の漢字を使用していたそうです。

しかし、2005年ころから、今の形である『崎』を利用するようになったと言われています。

変更の理由は特に公表されてはいませんが、pcなどによっては『﨑』の字が表示されない場合があります。

その為、分かりやすくする為に、変更下のでは無いかと言われています。

本人は、以前の取材で漢字に特にこだわりは無いと話していました。

つまり、漢字が変わろうとなんだろうと、特に興味は無いと言う事なのでしょう。

とはいえ、皆が皆そうとは限りません。

中には、自分の漢字にとても強いこだわりを持っている方もいます。

その為、そんな方々に取って見れば、その漢字を間違われると言う行為は屈辱的なものなのかもしれません。

どんな行為が、相手の怒りに触れてしまうかは、なってみなければ分かりません。

その為、相手と接する為には極力問題が起きないように、慎重に行動する必要があるでしょう。

今まで何気なく書いていた名前が実は間違って居る事も考えられます。

怪しい漢字の持ち主の方には、後日ひっそりと確認をしておく事も大事かもしれません。

6. 兄弟姉妹について

彼女には2歳差のお兄さんがいます。

彼女と同じように俳優さんとして活躍されています。

顏もやはり兄弟と言う事もあり、宮崎あおいさんに似た雰囲気を持っています。

しかし、それはあくまでも似ていると言う事だけであり同じではありません。

つまりやはり彼女の存在感には叶わないかもしれません。

映画など大きな作品を多く妹に対して、兄はコツコツと仕事をこなしていると言う事でしょうか。

しかし、兄弟の中は良いようで二人で旅に出る様子などが放送された事もありました。

家族の繋がりは強い事は以前の離婚報道でも取り上げられていた事なので、家族として今も変わらない関係を築いて居るのではないでしょうか。

兄弟が同じ業界の中に居ると言う人は、意外と珍しい事ではありません。

顔立ちが似ているので仕事が似てしまいそうな気もしますが、そこは上手く住み分けが出来て居るのでしょう。

私たちの社会出も、家族が同じ仕事に付くと言う事は珍しい事ではありません。

その為、芸能人になると言うととても特別のような気持ちにもなりますが、彼らからすればごくごく当たり前の事なのかもしれませんね。

一家が芸能人家計なのであれば、それこそが普通の選択肢として考えられるのではないでしょうか。

デビュー関連

多くの芸能人の方が最も聞かれる質問のなかの一つに『デビューのきっかけ』と言うものがあります。

その中には、誰もが羨むようなシンデレラストーリーを叶えた人も居れば、コツコツと努力を重ねて行かれた方もいます。

デビューしてしまえっば、両者に力の差は無いのかもしれません。

しかしながら、このデビューするまでの時間が長く誰でも気軽になる事が出来る事では無いので、

多くの方は芸能人に憧れどうやったらそんな風になる事が出来るのかと聞きたくなるのでしょう。

実力派女優としても人気の高い宮崎あおいさんも、どうやって芸能界の世界に飛び込んだのかを知りたがっている方は意外と多いのでは無いでしょうか。

どこか世間から離れて生活しているような雰囲気のある彼女にとって、芸能界という世界は余り似つかわしくない世界かもしれません。

そんな彼女が、芸能界に入り活躍するきっかけとなったのはどんな事だったのでしょうか。

その秘密について調べて行きたいと思います。

1. デビューのきっかけ

ご存知無い方も多く居るかと思いますが、宮崎あおいさんは子役出身の女優さんです。

その為、デビューは子供の頃に既に行われています。

芸能界に入ったきっかけは、本人の意思では無くお母さんの『何か思い出に残る事をして欲しい』と言う願いからだった用です。

当時4歳だった宮崎あおいさんはそのまま芸能界に足を踏み入れる事となりました。

その後、ティーン向けの雑誌のモデルなどを行っていましたが、

小学校5年生の頃に本格的な女優さんになりたいと思い自分の意思でこの仕事を続けて行く事を決めたそうです。

今年31歳の彼女ですが、4歳から仕事をしていると言う事は芸歴はなんと27年にもなるそうです。

もはやベテランと言っても過言では無いでしょう。

同年代の女優さん達と比べてもどこか違う独特の雰囲気を持っている彼女ですが、どれはひとえに芸歴の長さから来るものだったのかもしれません。

このように、芸能界には幼い頃から仕事をしている方々が沢山存在しています。

その為、自分と同い年と言っても、全く違った経験を積んでいる

2. 所属事務所

宮崎あおいさんが所属している事務所は、株式会社ヒラタオフィスと言う事務所です。

彼女の場合は、個人事務所に所属しているという話も良く耳にしましたが実際には大手の事務所に所属していた用です。

事務所は、東京都港区に本社があります。

創立が1979年5月18日と歴史が長く、これまでにも多くの芸能人が所属していました。

社長は桜井良樹さん。

ヒラタという名前は、平田崑プロモーションのモデル部門として設立された事から取られて用です。

こちらには、子役部門もあるので元々子役として活躍していた彼女がそのまま在籍していたとしても不思議はないのでは無いでしょうか。

その他にも、事務所のトップに名を連ねて居るのは工藤夕貴さん。

彼女は最近あまり見かける事はありませんが映画やNHKなどの限られて作品で活躍しているようです。

その他にも、女優の多部未華子さんや俳優で最近主演ドラマも開始した長谷川博己サンなどが所属しています。

どの方も独特の雰囲気があり、透明感のある演技を楽しむ事が出来る部分が魅力の方々ばかりです。

お笑いの方が、事務所によってそれぞれの派閥や雰囲気がある様に俳優業であってもそれは同じことが言えるのかもしれません。

ドラマやバラエティなどに多く登場する方々に比べ、こちらの事務所は『演技派』と呼ばれる方々が多いような印象です。

人間的魅力

人には、様々な魅力があります。

その中には外観だけでは無く内面の魅力も勿論含まれています。

実際に話をしたりする事が出来るような相手であれば、自分の感覚で相手の印象を決める事が出来るでしょう。

しかし、メディアの中に住む芸能人の方々は違います。

どんなにプライベートの話をしてくれた所で、それは断片的なイメージでしか無く、その人自身の全てを知る事は出来ません。

その為、芸能人の人に対する印象はあくまでも想像の中だけでしか考える事が出来ません。

その結果、勘違いをしてしまうケースも珍しい事ではないでしょう。

多くの情報がある中で、自分が正しいと思う情報を元に、話す機会の無い芸能人の方々の印象を自分なりにまとめて行く必要があるのです。

自分が好きな相手であればある程、いい印象の話ばかりが耳に入って来て反対に嫌いな相手であれば、嫌な部分ばかりが目立つ事もあるでしょう。

人の印象を決めつけてかかってしまっては、視野を狭くして多くの事を見えなくしてしまう事にも繋がるかもしれません。

一つの印象に囚われる事無く、多くの情報を一つ一つ加味しながら考えてみてはいかがでしょうか。

1. 性格

宮崎あおいさんの性格は、様々な説が唱えられています。

最も多いのは『性格が悪い』との噂。

これは共演した女優さんとの不仲説であったり、スタッフに対する態度だったりと様々な説が出ています。

しかし、それらは全てが噂話。

本当かどうかは分かりません。

共演者の方々の印象をまとめると、多くの方が『一人でぽつんとしている』『暗い』などと言った内向的な印象が多く聞かれます。

自分からは話しかけない物の、話しかけられれば素直にオープンにっ返答してくれるとの回答もあり、一人が好きなものの人間嫌いでは無いようです。

一人が好きな方は、大抵暗いという印象を持たれてしまいます。

性格が悪いという印象もそれだけ仕事に対してストイックなだけかもしれません。

その為、一つの意見だけでは彼女の性格の全てを語る事は出来ないでしょう。

独特の雰囲気のある彼女だからこそ、一人が好きと言う事はイメージ通りかもしれません。

撮影現場は仕事場と言う事もあり、それだけ仕事に集中していると考える事が出来ます。

その為、プライベートではまた違った彼女が居るでしょうし、一般の我々にはなかなかはかり知る事は出来ないのかもしれません。

2. 特技

宮崎あおいさんの特技はネイルアートだそうです。

普段余りネイルをやってる印象が無いので、以外に思われた方も多いのでは無いでしょうか。

女優さんの場合は、役によって化粧や服装などを変える必要があります。

その為、普段は出来るだけシンプルな装いを心がけて居るのでしょう。

その為、彼女のネイルを見る機会は少ないかもしれません。

今度何かの授賞式があった際には、彼女の手元に注目してみてはいかがでしょうか。

また、もう一つの特技としてはリンゴの皮むきがあるそうです。

小学校の頃、友達とどれだけ長く皮を剝く事が出来るかと言う競争をし、この特技を身に付けたそうです。

元々家庭的な印象がある彼女なので、皮むきが得意と聞いても格段驚く事は無いかもしれません。

日本の中でも人気の高いトップクラスの女優さんの特技がリンゴの皮むきだと聞くと、なんとも愛らしく感じてしまいます。

ネイルアートや皮むきなど、基本的に手先を使う作業を得意としている事から、彼女の器用さを垣間見る事が出来るでしょう。

一人黙々と何かに向き合う事で、日々のストレスから解放されスッキリとした気持ちで過ごす事が出来るのではないでしょうか。

3. 趣味

宮崎あおいさんの趣味は編み物だそうです。

現場でも待ち時間の間は、とにかく編み物をしているそうです。

共演者の方は、静かに編み物をしている彼女を見ると、なんとも話しかけにくいそうです。

確かに、一人の世界に没頭している人に対して話しかける事は意外と勇気の居る物です。

彼女の場合は、人嫌いというわけではないようなので単に編み物が好きなのでしょう。

編み物をする事で精神を集中させる事も出来るので、本番前の集中には編み物は持ってこいのものなのかもしれません。

街中にも冬になると編み物をしている方を良く見かけます。

冬であれば珍しい事ではありませんが、彼女の場合は季節に関係なく行われて居るようです。

それだけの時間をかけて、一体どんな物を作成しているのか。

是非機会があれば、どこかのタイミングでお披露目して欲しいと思います。

また、彼女の趣味は他にもあります。

CMでも使用している、カメラです。

カメラを持って世界各国様々な国々に出かけています。

以前は、お兄さんと海外ロケに出かけた事もありその際も美しい写真を多く掲載していました。

写真や編み物など、基本的に一人で楽しむ事が好きな宮崎あおいさん。

イメージ通り、皆とワイワイ過ごすのでは無く、自分の好きな事に集中死ながらじっくりと地に足を付けた生活がしたいのかもしれません。

子供の頃から芸能界と言う特殊な環境で育ってきたからこその性格なのかもしれません。

4. 恋愛

宮崎あおいさんは、これまでに熱愛報道が出た事があまりありません。

共演した男性とは一度は噂になるようなところもあるようですが、それも番組や映画の宣伝と言った見方が強いようです。

一般人の私たちからすると、噂になるくらいだから多少の関係性はあるのでは無いかと思ってしまいがちです。

しかし、全く関係のない面識すら無い人との熱愛報道が出てしまうのが芸能界の恐ろしい所なのかもしれません。

私たち視聴者は、そんなおもしろおかしく紹介されたスクープを、興味深々で見てしまう所があります。

人の色恋沙汰程楽しい事はありません。

意外なカップルが登場すればするほど、楽しく感じる事でしょう。

それらはあくまでも、仮説として考えあまり振り回される事の無いようにして行かなければなりません。

自分の意見をしっかりと持ちつつ様々な情報を楽しむ事が重要でしょう。

5. 結婚歴

宮崎あおいさんは一度結婚し、離婚を経験しています。

結婚相手である高岡蒼佑さんとは、10代の頃から交際しており、長い交際期間を経ての結婚だったようです。

結婚当初、結婚指輪を付け家事の話を幸せそうにする彼女の笑顔が印象的でした。

幸せな二人でしたが、結婚生活は四年半で幕を閉じる事になってしまいました。

きっかけは、元旦那さんである高岡蒼佑さんが、SNSを通じてあるテレビ局を批判した事にありました。

その意見に対し、自分の気持ちは違うと宮崎あおいさんが発信した事により彼らの関係は急速に冷え切ったと言われています。

この出来事をきっかけに、高岡蒼佑さんをTVで見る機会はめっきり少なくなってしまいました。

今後も仕事を続けていこうと宮崎あおいさんがおもっていたのであれば、その出来事に巻き込まれる事は迷惑以外の何事でも無かったのかもしれません。

また、この時期に宮崎あおいさんには不倫報道が出ていました。

お相手は国民的人気グループのV6の岡田准一さんです。

当時、高岡蒼佑さんがバーに呼び出して問い詰めたとの報道もあり、これが離婚の真の理由だと言われる事も少なくありません。

彼らは元々共演経験があり、友人同士であった事は間違いありません。

更に、近年では彼らの結婚報道が度々出るなどしており、写真も何度も撮られています。

その為、交際している事は間違いないようです。

問題は交際の時期。

離婚前から交際しているのであれば、それは不倫です。

最近では芸能人の不倫が度々撮りだたされており、もはや珍しい事では無くなりつつあります。

しかしながら、国民的アイドルの不倫ともなればイメージダウンはさけられません。

その為、何度も結婚報道が出る彼らですが、周りからの反発も大きいらしく、なかなか具体的な話までは進んでいないんのが現状です。

6. 芸能界の交友関係

宮崎あおいさんは、基本的には一人が好きで自ら多くの方と交流を取るタイプの方ではありません。

その為、芸能人の友達がいないのでは無いかと噂される事もあります。

実際、彼女はインタビューの中で、自分に友達がいない事を認めています。

そのうえで『自分が好きだと思う友人が数人居ればそれで良い』と答えています。

彼らとは、例え頻繁に会う事が出来なかったとしても心のどこかで繋がりがあるので、問題ないそうです。

最近では、友達が多い事がリア充の象徴であるかのように言われています。

その為、SNSを通じていかに多くの人々と楽しい毎日を過ごしているかを印象づける方も少なくありません。

しかしながら、友人は数では無く質です。

本当に心を開く事が出来る友人が数人いてくれさえすれば人生において困る事は無いのかもしれません。

その事に対し、潔く自分の考えを伝える事が出来る宮崎あおいさんはやはり素敵な女性です。

彼女が唯一友達と話した方々は『リアルシスターメンバー』だけだそうです。

これは、あるドラマに登場した女の子たちの総称です。

この中に、宮崎あおいさんを含め5人の女優さんが登場します。

ベッキーさん・栗山千明さん・松本まりかさん・須藤温子さんです。

彼らは、一緒に苦労を乗り越えた経験がある事もあり、友達の少ない宮崎あおいさんにとって、10年以上続く大事な友達だそうです。

CMも引っ張りだこ

宮崎あおいさんと言えば、女優さんとしての映像作品での活躍は勿論ですがCMの印象がとても強い女優さんの一人でもあります。

CMはイメージがとても大事なお仕事です。

そのお仕事を多くしていると言う事は、それだけ高い好感度を誇って居ると言えるのでは無いでしょうか。

最近ですと、アパレルメーカーのCMの中で披露した歌の印象がとても強く話題となりました。

アカペラで歌うブルーハーツの曲が耳に残り、メッセージ性の高い歌詞だからこそ多くの人の心に届いたのでは無いでしょうか。

その他にも、彼女の独特な透明感を生かしたCM作品が数多く発表されています。

それらはシリーズ化している物もあり、展開を楽しみながら見る事も出来ます。

是非今後の展開に注目しながら楽しんでみてはいかがでしょうか。

2017年4月現在契約中のCMは以下の物があります。

ネイチャーラボ『ダイアンボタニカル』
キリン『杏露酒 ひんやりあんず』
アサヒグループ食品『クリーム玄米ブラン』
はごろもフーズ
ロート製薬『SUGAO』
ストライプインターナショナル『earth music&ecology』
オリンパス

輝かしい受賞歴

宮崎あおいさんは、本格的に女優に転身後目覚ましい活躍を数多くなさっています。

今から16年前の新人賞をかわきりに様々な賞を総なめにしていると言っても過言出は無いでしょう。

一つ一つ実実績を積み上げて行く事で、今の実力派としての地位を確率して言ったのでしょう。

受賞歴を見るだけでも、彼女がどれだけ多くの話題作に出演しその実力を磨いてきたかどうかを見てとる事が出来ます。

日本映画の最も権威ある賞としても知られて居る、日本アカデミー賞にはコンスタントにノミネートされています。

それだけでも日本の中でのトップクラスの女優さんであることが分かるでしょう。

これか、年齢を重ね更なる深みのある演技を楽しむ事が出来るのでは無いでしょうか。

今後も彼女の活躍から目が離せません。

2001年
第16回高崎映画祭 最優秀新人女優賞『EUREKA ユリイカ』
第11回日本映画プロフェッショナル大賞 新人奨励賞『EUREKA ユリイカ』

2002年
第23回ナント三大陸映画祭 主演女優賞『害虫』
第15回日刊スポーツ映画大賞 新人賞映画『害虫』

2006年
第50回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞『純情きらり』
第44回ゴールデンアロー賞 放送賞『純情きらり』
第15回橋田賞『純情きらり』
第41回演劇新人賞受賞『星の王子さま』

2008年
第59回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞『篤姫』
第45回ギャラクシー賞 個人賞『篤姫』

2009年
2009年エランドール賞 新人賞
第33回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞『少年メリケンサック』

2011年
第24回日刊スポーツ映画大賞 主演女優賞『ツレがうつになりまして。』『神様のカルテ』
第35回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞『ツレがうつになりまして。』

2012年
第36回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞『わが母の記』

2013年
第37回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞『舟を編む』[19]

2016年
第40回山路ふみ子映画賞 山路ふみ子女優賞『怒り』[20] 第29回日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞・助演女優賞『怒り』『バースデーカード』
第40回日本アカデミー賞
優秀主演女優賞『怒り』
優秀助演女優賞『バースデーカード』