皆さんは菓子折りを持っていく機会はあるでしょうか?

菓子折りと言うとなんとなくお礼や謝罪の意味があるような感じがしますよね。

例えばよくありがちなのが、お子さん同士のトラブルで、いじめた側のお母さんが謝罪の気持ちを込めて菓子折りを持っていくと言うようなことから、謝罪のイメージも強いのではないかと思われます。

若しくは何かをしてもらったことに対するお礼で渡すイメージもありますね。

ですが、菓子折りはそれらばかりではありません。

様々な場面で菓子折りは用いられます。

では、菓子折りにはどのような種類があるのかということや、どのような菓子折りがあるのが望ましいかということをいろいろと見ていきましょう。

菓子折りに気を遣おう!

菓子折りを持っていけば良いと思いがちですが、やはり様々な場面によって、気遣いを感じさせるものにしたいものです。

やはり、その方が受け取って嬉しいと思うものや、様々な場面で食べやすいとか日持ちがするような感じの気遣いがあるものの方が望ましいです。

やはり、謝罪や感謝の気持ちなど様々な気持ちを表せるのが菓子折りです。

押しつけにならないように、相手の気持ちを思いやったものである方が良いのは言うまでもありません。

そこで、どのようなものを選んだらいいかでの悩んでしまいますね。

このようなお菓子であれば間違いないであろうと言う商品もいくつかあります。

ですので、そもそもの菓子折りの意味や、これを選びは間違いないという定番の菓子折りなどなど様々なポイントを見ていきましょう。

菓子折りって何?


何かにつけ菓子折りを持っていくような習慣があることから、何気なく使っているところがあります。

では、そもそもこの菓子折りというのはどのようなものでしょうか?

そもそもの菓子折りについていろいろと見ていきましょう。

もともとの意味は、外箱

そもそもの菓子折りというのはお菓子の中身ではなく、外箱のことだけを指すところがありました。

昔は、そのようなお菓子などを折り箱に詰めていたと言うことで、菓子折りと言われるようになったと言う説が1番有効だと言われています。

そもそも、この箱というのが木を薄く削っている状態のものを折り曲げて作ると言う形態の箱だったのです。

今は、発泡スチロールなどにとって変わられたところはありますが、昔はそのようなことから、菓子折りというと薄く削られている木箱にしたものを指したのです。

そもそも菓子折りと言われていますが、その中身は何も菓子だけではなかったようです。

中身は寿司であったり弁当であることもあったようですよ。

ですが、この菓子折りと言う言葉についても時代の変化とともに言葉が変わってきます。

現在は贈答用のお菓子全体を指す

昔は外の箱だけのことを指して菓子折りですが、現在は贈答用のお菓子全体を指します。

様々な理由で菓子折りを準備するということがありますが、当然箱だけ準備するのではなく、中身もしっかりと準備した上で、きちんとした外箱を準備するとような意味合いになってきています。

やはり時代とともに言葉の意味合いが変わってくることはよくあることです。

よく、最近の若いものは言葉の使いがなっていないと言われたりしますね。

本来の意味とは全く違う意味合いで使っているのはよく聞く話です。

例えば「ら抜き」言葉っていうのは大変有名ですよね。

「食べられない」を「食べれない」と言うなどです。

これに目くじらを立てている我々世代(40代以降)も結構いるのです。

よく、「最近の若いものはと言い始めたら時代の流れについていけなくなってきている証拠だ。

おじさんもしくはおばさんに差し掛かっている。」なんて言われています。

やはり言葉も生き物です。

常に変化していくところがあるのです。

ですので、この菓子折りと言うのも、本来は外箱だけだったけれど、多くの世代で既にお菓子全体のことを指すと言う認識がなされています。

今を生きている方の多くの方は、そのような外箱だけと言う認識をしている人も結構少なくなっているのではないのでしょうか?

これを選べばOK!定番でおすすめの菓子折り


とは言っても、相手の立場に立ってと言われてもその相手によって様々な立場があるので、何が良いのかと言うのに頭を悩ませる人も少なくありません。

自分だったらこれやったら嬉しいというのは皆あるのかもしれませんが、相手もそれを喜ぶかというと大変微妙なところがあります。

もし、そのようなことに悩みがあるのであれば、もう定番といったものを選んでしまった方が良いところがあります。

なぜ定番になっているのかと言うと、大多数の方に喜ばれるからというのもあります。

もしどうしても決められないと言うことであれば、大多数の人が選んでいる定番のものを選べばハズレはないでしょう。

ですので、ここで、定番と言われている菓子折りについて見ていきましょう。

HARADAラスクスイーツガトーフェスタハラダグーテデロワ

青、白、赤の館のストライプの個別に入っているラスクを見たことがある人も多いのではないのでしょうか?

こちらも菓子折りとして非常に定番で、1度は食べたことがあるのでは?と思われるような商品だと思われます。

こちらは36枚入りで、とあるネットショップの値段によると2650円(条件付きで送料無料)があります。

また、もし一人暮らしの方とか少人数しか食べられないであろう家庭であれば、14個入りも売っています。

14個入りは、とあるネットショップで1100円となっています。

色々なお店もありますので、もしネット上で購入されるのであれば、いろいろな価格比較サイトなどを参考にすると良いでしょう。

気になる口コミですが、やはり人気商品だけあって、贈り物として買ったら喜ばれたと言う声が多数寄せられています。

大体ネットショップのもので賞味期限が1ヵ月ぐらいとされているケースが多いようです。

もちろん、個人の方の意見ですので、もうちょっと違いがある可能性もなきにしもあらずです。

ただ複数の意見を見たところによると、ネット通販で頼むより、店頭で買った方が賞味期限が長いものを手に入れることができたり、もう少し量の多いものを入れる手に入れることができるとの声も寄せられています。

ですので基本的には買う時間があるのであれば検討で、お近くにお店がないとか時間がないと言うことであればネット通販で買うと良いでしょう。

ヨックモック シガール

こちらも非常に定番中の定番といったおやつです。

あの葉巻のような感じの焼き菓子を一度は食べたことがある人も多いのではないのでしょうか?

この商品は20本入りと30本入りがあります。

20本入りの方が、価格が1458円+送料、30本入りが3979円と言うところもありますが、ネットショップですので様々なお店があり、その他の値段が違ってきます。

詳しくは価格比較サイトで調べてみると良いでしょう。

このヨックモックですが、いろいろな口コミもありますが、ネットショップだと配送時に割れやすいと言う声が多数寄せられていました。

やはり多くの荷物の中で運ばれるもので、なおかつこの商品が割れやすいことから、そのような壊れやすいという声も多数寄せられているのでしょう。

このような贈答品を頼むのであれば、やはり店頭で買うことの方が強くお勧めされるようです。

ただネットショップだとそのような理由であまり評判がよくなく見えるかもしれませんが、味に関しては特にそのようなマイナス評価はありませんでした。

むしろ味がおいしいらしく、贈答品ではなく自分が食べるように買う人もいるようです。

ですので、ネットショップの評判が良くなかったと言うことで避けられがちかもしれませんが、味の事ではなく、割れ易いので届いたときには粉々だったと言うようなことからマイナス評価が寄せられているようですね。

六花亭 マルセイバターサンド

このバターサンドも非常に定番で一度は食べたことがある人も多いのではないのでしょうか?

このバターサンドですが、様々な商品があり5個入りと言う非常に少ない枚数から、ともすれば30個入りと言うようなものもあります。

5個入りで650円税込+送料、10個入りで1300円税込+送料、16個入りで2080円税込+送料、20個入りで2600円税込+送料、30個入りで税込3870円+送料となっています。

もちろん、いろいろなネットショップがあるので参考として捉えてください。

もちろん、店頭で買うことも可能です。

やはり味については良い評判を。

1番数の多い30個入りを2人でペロっと食べてしまったと言うの口コミも多くあります。

プレゼントとしても大変よく喜ばれるところがあるようですね。

お値段も菓子折りとしては非常に手が届きやすい所です。

また、最近は一人暮らしの方も多くたくさんの手土産をもらっても消費しきれない人もいます。

そのような人は6個入り程度の少ないものの方が喜ばれるところがあるので、そのように数が色々とあるのは良い所です。

(ア・ラ・カンパーニュ)焼き菓子詰め合わせ

上記のおやつは非常においしいと評判で、こちらも間違いないですか色々と種類を多く渡したいと言うことであれば、こちらの焼き菓子セット大変オススメです。

クッキーもありますが、様々な種類の焼き菓子もありますので、種類の多さにおいてはこちらも大変喜んでもらえる商品かと思われます。

こちらも大変種類が豊富で、送料はそのネットショップによって様々なので何とも言い難いところがありますが、目安の価格として6個入りで1515円、8個入りで1947円、12個入りで2703円、18個入りで3783円となっています。

大体の賞味期限は1ヵ月位と言われており、ネットショップ上の商品を注文すると、15日以上のものが届けられるケースも多いようです。

ですので、賞味期限は長くと思うと店頭で買ったほうが間違いないのは言うまでもないでしょう。

様々な口コミがありますが、やはり菓子折りとして最も最適なズシリと重みのある外箱が非常に贈り物として人気であるようです。

味もおいしいと言う声があり、その点では大変間違いない商品であると言えるでしょう。

やはりこの商品もクッキーであることが多く、配送の段階で壊れてしまうと言うような声もあるようです。

ですので、こちらの焼き菓子を注文して贈答用として使用するのであれば店頭で買ったほうが間違いないかもしれません。

神戸風月堂デセールショアジ10B

このお菓子はクッキーの詰め合わせです。

こちらも様々な種類のクッキーがあり、種類の多さからいろいろな人に喜ばれています。

こちらも、この10Bが1番値段が安く、数量も少ない商品となります。

様々なネットショップがあるのであくまでも目安ですが、こちらは、税込みで1080円、そして送料は別と言う商品です。

もう少し量が欲しいと言うことであれば、20Bという税込2160円の商品、30Bと言う税込3240円の商品もあります。

こちらも麻生田タイプと言うことで、喜ばれる商品であると言うような口コミも多く寄せられていました。

ただやはりこちらのクッキーの詰め合わせと言うこともあり、ネットショップから取り寄せると言うことになると、配送途中で割れているようなケースも多々あるようです。

ですので、もし贈答用として送るのであれば、店頭で買った方が良いです。

中山製菓ロシアケーキ

こちらは、8個入りの物、15個入り、32個入り、36個入りとあります。

8個入りはちょっとした菓子折りとしていいですね。

参考のために言うととあるネット通販サイトでは8個入り価格が1058円+送料、15個入りで1071円+送料、32個入りで2240円+送料となっています。

こちらも様々なサイズがあり、用途に合わせて選ぶことができるのは大変便利です。

気になる口コミですが、やはり味に関する保証は天下一品のようです。

おいしいと言う声が多かったです。

ケーキとは言っても、サクサクとしたクッキー状のものであって、ネット通販で頼むと、たまに割れているものもあるようです。

ですのでもし贈答品として購入するのであれば、店頭で買ったほうが間違いないでしょう。

菓子折りを選ぶ時のポイント

では、定番のものを買うのは間違いないのは確かですが、やはり定番ばかりを買うと言うわけにはいかないシチュエーションもあるでしょう。

いろいろな取引先と言うことであればまだしも、同じ取引先に渡す菓子折りとしてはちょっと変化がある方が良い場合もあります。

ですので、少し定番から外れても、菓子折りを選ぶポイントを外さなければ、喜んでいただけるケースが多いです。

では、菓子折りを選ぶ際のポイントについて見ていきましょう。

個装がオススメ!

基本的には個装であることがお勧めです。

たとえ、その職場にたくさんの人数の人がいるとは言えど、やはり配るときには、ひとつひとつ包装されている方が良いのは言うまでもありません。

もちろん、衛生面の面ではそうです。

口に入れるものですので、食べるものに直接手で触るよりかは、パッケージの上から触ると言う方がまだ衛生的に問題はないと思われます。

そして職場だとたいていは職場のデスクに1個ずつ配ると言うようなこともあります。

ですのでこそであるほうが都合が良いのは言うまでもありません。

それは何も職場だけではありません。

家庭においても、家庭だと別に個装にこだわる必要ないのかもしれませんが、やはりその感覚が家庭それぞれ違います。

ですので、個装にしておいた方が無難です。