女性も30歳に近づくと、ボチボチ真剣に結婚を考えるようです。

早い娘さんなら、20歳前後で結婚して、しかもすぐに出産なんてこともあるようです。

その子供が成人する時には、まだ40歳そこそこの母親なのです。

最近は晩婚化が進んでいるようなので、そんな女性が恋愛をして結婚、出産という時には、若い時に結婚・出産した女性では、もう子育ても完了していて子供は大学生だという場合もあるのです。

ところで、これから結婚のお相手を探そうとする若者なら、結婚相手をどのようにして決めるのでしょうか?

生涯のパートナーを決めるのは、何を基準に決めるのでしょうか?

結婚して何年か経った頃に、「こんなはずじゃあなかったのに」と後悔しないためには、どこを抑えていおけば良いのでしょうか?

ひと昔前のバブル景気全盛期の頃には、女性が求める男性の条件は「三高」でした。

すなわち、「高学歴」、「高収入」、「高身長」の男性が理想でした。

安定して高収入を得るためには、良い大学を卒業して大手の企業に就職し、スーツにネクタイをビシット決めた背の高い男性のことです。

まずは身なりの「見た目」で相手を選んできたようなのです。

しかし、時代も変わってきて、営業に回らなくてもオフィスの中でPCで仕事ができるようになってきたのです。

ICの発展と共に、コンピューターを駆使するビジネスが急成長してきたのです。

辺ぴな場所でも、ネットで仕事を完結させることができるようになってきたのです。

ラフな格好で十分に仕事ができるのです。

アップル社でiPod・iPhone・iPadなどの商品を世に送り出して莫大な財産を築き上げたスティーブ・ジョブズ氏も、ほとんどラフな格好で仕事をしていました。

彼がマスコミやバイヤーを集めて、新商品のプレゼンを行った時のニュースを見たことがあるはずです。

彼がその時の格好で、原宿や新宿を歩いていても、一般の人はただの旅行者だと思うだけで、注目しないはずです。

そうです、今や人は見た目では判断できなくなってしまったのです。

そこで、若い人の間では、生涯のパートナーを選ぶ時には外面(見た目)と内面(性格)のどちらを重要視するかということが話題になったのです。

昔からの格言で、「美人は3日で飽きる」というのがあります。

美しい容姿の女性と結婚しても、その魅力はすぐに感じられなくなってしまう、という意味です。

さらにその後に続く言葉が、「ブスは三日で慣れる」です。

しかし、この言葉は美人を嫁にもらえなかった男性の強がりだと言われています。

ともあれ、やはり「見た目」(美人)は大事なことなのです。

女性から見ても、ハンサムな男性は魅力的なので、やはり容姿(見た目)で相手を選ぶようなのです。

しかし、イケメンであるが言動、性格、趣味嗜好などに魅力がない男性は、今や「残念なイケメン」と呼ばれて捨てられてしまうご時世なのです。

見た目だけでなく、内面と収入(財産)が重要だと気が付いたようです。

しかし、相手を惹きつけるのはやはり「見た目」であるので、性格が良くても「見た目」が悪ければ、損をしてしまうことも多いようです。

ここでは、まずは見た目で損をしないようにするための方法について考えてみたいと思います。

見た目で損をしていませんか?

男性でも女性でも、何かの時に一同に壇上に並んで立つと、背が高い男性、スラッとしてウエストがキュッとしまった女性は目立ってしまいます。

やはり背が低かったり肥えていたりすると、壇上に出ていくのも恥ずかしい気がします。

「おれも180cmくらいあれば、人生も変わったろうに」とか、「脚もウエストも細くて、メリハリのある体型ならタレントになりたかったのに」などと、自分の体型に内心不満を持っている人も多いはずです。

しかし、これは生まれながらの遺伝的なこともあるので、両親を恨むことなどできません。

確かに、見た目で損をしている時もあるようです。

世の中では、見た目も性格も素晴らしい人もいますが、見た目も性格も悪い人もいるのです。

性格は良いと自負している人なら、見た目をよくすることを覚えれば、十分対抗できるはずです。

自分では気が付かないところで、見た目で損をしてることがあるようです。

そこをちゃんと自覚して対応すれば、見た目でスルーされることもないのです。

どうして見た目で損をする?

世の中は、非常に悩ましいことや不条理だと思われることも多いようです。

企業の広告塔の役割で採用されるキャンペーンガールというのは、いつも美人でスタイルが良い女性が多いのはご存知の通りです。

ほとんど、見た目で判断されるようです。

原宿を歩いている時に、芸能プロダクションの人から声をかけられて芸能界入りした人達も、見た目で声をかけられたようです。

就活の時にも、美人の学生は書類選考では落とされないという噂が流れたり、最終面接のときにも見た目が良ければ有利になるとも言われたものです。

女性を採用する側も、資格の無い美人と何かの資格を持っている普通の女性とどちらかを採用しなければならない場合には、見た目が良い美人の方を採用すると言う面接官もいるようです。

資格は仕事に役に直接役立つかどうかが分からないし、社員教育でも対応できると考えているので、美人の女性を採用しておきたいという気持ちがあるためなのです。

美人が社内にいると、独身男性もワクワクして一生懸命仕事をしてくれそうだし、お客様にも受けが良いのではと思ったに違いありません。

明るい・暗いイメージがついてしまうため


見た目が良くない人は、第一印象でその人のイメージが作られてしまうようです。

「人の第一印象は3秒で決まる」と言われています。

初めて会った人でも、3秒くらいでその人の性格を決めてしまうようです。

「無口で頑固そうな人だ」とか「優しそうだが口が上手そうで騙されないようにしよう」などと勝手に決めてしまうのです。

顔の表情から、明るい人、暗い人、良い人や悪い人などとイメージを作ってしまうようです。

このように、見た目でその人のイメージを作ってしまうのです。

人を見た目で判断をしてしまう考えになっているため

若い男女に聞いたアンケートでは、初めて会った人ともう一回会ってデートしたいと思う確率についての調査でしたが、また会いたいと思う確率はやはり見た目(外見的な魅力)が良い人の方が高かったそうです。

見た目ともう一回会いたいという気持ちには、相関関係があるそうです。

しかし、これが恋愛まで発展して、さらに結婚まで到達するかは別の条件が必要だそうです。

つまりは、性格的なことや考え方、趣味などでの共感が得られるかどうかも重要になってきます。

最初の頃のデートでは、できるだけ相手に合わせようと努力をしているのですが、慣れてくると自分の意思が現れてきて、考え方が異なっていれば意見が衝突してしまうことになるからです。

最初の頃には、人を見た目で判断してしまう考えになっているからなのです。

内面を見ないため

初めて会った人は、その人の服装や態度、顔つきなどの見た目でイメージを作ってしまうようです。

俗に言う「人は見た目が9割」というやつです。

その人の信用度を測る重要なファクターでもあります。

しかし、その人としばらくの間付き合いを深めていく内に、見た目と違った印象を受ける時があるのです。

「あれ、この人はこんな人だったのか」という驚きで、第一印象がすっかり変わってしまう人もいるのです。

第一印象の時には、その人の内面などは知らなかったからです。

付き合っているうちに、その内面に触れる機会が多くなったからです。

「見た目だけで人を判断することは良くない」などと、考え方が変わってくるのです。

恋愛の時、集団で何かを行う時、仕事を依頼した時など、見た目とは違うギャップに驚かされてしまいます。

自分の考えていたものと違っていて、むしろ良い方に変化した時などは、嬉しくなってきて相手を信用することにもなるのです。

逆に、第一印象が良くて期待していたけれど、結果は全くの逆であったら、さぞかし悔しがることでしょう。

内面を見ないで見た目だけで判断することは、危険でもあるようです。

どうしても見た目で誰もが見てしまう

見た目だけで人を判断するのは良くないと言われていても、現実的に目のまえにいる人を見た時の第一印象は無下にできないのです。

もしも第一印象が違っていたら、どれだけ驚くかという様子を見て楽しむ番組「ニンゲン観察バラエティモニタリング」があります。

オリンピックに出場したような選手が、お年寄りに変装して若者のグループに混じり、ドッキリをし掛けるという内容です。

ご存知の方も多いと思いますが、し掛けられた若者たちが第一印象と実態とのギャップに驚くという内容です。

もちろん最後には身分を明かして「なあ~んだ、そうだったのか」という驚きと感動を与えるのです。

し掛けられた方は、どうしても見た目で相手を見てしまうようです。

よぼよぼと歩くのが精いっぱいと思えるのに、100メートルダッシュをさせると、圧倒的な速さでみんなを追い抜いていくのですから、ビックリするのです。

このように、どうしても見た目で誰もが見てしまうようです。

しかし、これは素直に相手を見ているということで、常に他人を疑って見るような懐疑的な人ならば、通用しないかも知れません。

見た目を大事にする人は、言い換えると素直な性格とも言えます。

見た目で損をすることとは?

見た目で損をすることや誤解を受けることはよくあるようです。

私の友人の男性は、腕や脚、胸に毛がしっかりと生えていて、夏に半袖半パンで外に出ると、みんなにジロジロと視線を浴びせられるのです。

身長は1801センチくらいで体格も良いのです。

学生時代はラグビーの選手で鳴らしたものでした。

しかし、かなり無口な人間なので、ニコニコと喋るというよりはギョロッと睨みつける感じで相手を見るので、初めての女性は後ずさりしてしまいます。

しかし、彼は非常に繊細で感性が強く、実は料理が抜群に得意なのです。

太い指で器用に野菜を切って味付けして、それはまさしく料理人のような腕前なのです。

なんでも、実家が料理屋を経営していて、板前であるお父さんに教えてもらったそうです。

そんな噂を聞いた仲間が、男女6人でホームパーティーを行った時です。

彼に料理を作ってくれるように要望したのでした。

彼は快く引き受けて、30分もすると美味しい料理がテーブルに並んだのです。

仲間がワイワイ言いながらその料理を食べたところ、その美味いこと美味いこと。

誰も文句を言うやつはいなかったそうです。

それを境に、彼は女性の人気の的になったのは言うまでもありません。

見た目だけでは分からないことが多いようです。

あの時に手料理を作らなければ、見た目で損をしていたところです。

見た目で損をしていると思ったら、コミュニケーションを活発にして積極的に会話をしてみることです。

しかし、初対面では、見た目が重要であることは覚えておくべきで、それの対策もしておくべきなのです。

友達が少なくなった


見た目が暗かったり何か陰がありそうな人には、なかなか近寄っていくことができないようです。

そんな人は、何かしら暗いイメージがあるからです。

明るく朗らかなイメージとは正反対で、暗くて陰湿な感じがするからです。

友達も、明るくて何でも打ち解けて話ができる仲間を大事にします。

自分達の苦しみや悩みを共通して持つことができ、何事も相談して解決できると思うからです。

しかし、見た目が良くないと、誰も近づかないようになってしまうのです。

知らず知らずのうちに、見た目が良くないと、段々と友達が少なくなっていくのです。

関りを持ちたくないと考えるのです。

それでも頑張って付き合っていると、「おまえ、何であんなやつと親しくするの?キモイだろう」などとこちらを攻撃するようになってくるのです。

自分のことを心配してくれているのに、おせっかいものだと感じてしまいます。

見た目が悪いと、いつのまにか友達も離れていくことを覚えておいてください。

暗いイメージを持たれてしまう

見た目が良くないと、社交性も低いので気安く談笑できるような人は少ないものです。

ごく僅かの親友とのみ付き合っているようなのです。

中には、部屋に閉じこもって自分の好きなことばかりして楽しんでいる人もいます。

あまりお付き合いがない人と接するのは、いろいろと面倒に感じて苦痛なのです。

他人に気配りすることが苦手なようです。

そのような生活に慣れてしまうと、初対面の人やたまに会う人と接した時には、言葉数も少なく引っ込み思案になってしまうのです。

すると、何か暗いイメージを持たれてしまうのです。

自分ではそう思っていなくても、相手から見た印象としては暗いのです。

暗いイメージの人は、自分に自信がないように思えます。

自分より見た目が良い人に負い目を感じ、周りの人から自分は見下されていると感じてしまうのです。

すると、他人と関わることが面倒になって来て、他人に興味が無くなってしまうのです。

ひとりでいることに楽しみを覚え、悩みや苦しみを自分で背負い込んでしまい、人に甘えることができなくなってしまうのです。

暗いイメージを持たれてしまうとは、こういうことなのです。

好印象をもたれない

周りの人から大事にされる人とそうでもない人との差は、やはり「見た目」にあるようです。

就活の面接の時の服装や振る舞い、婚活で初めて相手と出会う時の服装も注意が必要です。

なぜ服装に注意が必要かというと、服装とは自分の人柄を相手に伝えるツールだからです。

自分の人となりは、初対面の人に言葉で上手く伝えることは難しいのです。

緊張のあまり、言いたいことが言えなかったと後で悔やむことが多いものです。

プロの司会者でも、本番で噛んでしまうことも多いのです。

あれだけ練習していても、やはり喋るのは難しいのです。

私たちが、思っていることを全て伝えるというのも難しいことです。

そこで、上手く喋れなかっても、自分の人柄を見てもらえるのが服装なのです。

女性が、好きな男性と初めてデートする時に、素敵な人だなあと惹かれるのは見た目、すなわち服装なのです。

「女性は服装が9割」と言われる理由です。

見た目が良くないと、つまりは服装がふさわしくないと、その人の第一印象が悪くなってポジティブな気持ちにはなれないようです。

初めから好印象を持たれるように、見た目(女性は服装)が大切なのです。

合コンの時に、メイクに力を入れるのですが、服装にもこだわるべきなのです。

内面を見てもらえない

見た目が良くないと、社交的ではないように思われてしまい、親しく近寄りにくくなってしまいます。

第一印象が暗いと思われると、みんなはその人と距離を置いてしまいます。

親しく話すこともできなくなるので、内面を見てもらうチャンスが減ってしまいます。

チャンスがあれば、もっと自分の人柄を出せるのですが、見た目が悪いとなかなか近寄ってはくれないのです。

だから、見た目は大事なのです。

見た目で損をする人の4個の特徴!見た目で損をすることが多くないですか?

今の社会では、人は見た目で判断されていることが多いと思われます。

いろんな場面で、人はまずは見た目で評価するようです。

「見た目で判断してほしくない」と自信がある人は平気なのですが、自信がない人や内気な人は上手く言い訳もできないようです。

そして、自分を上手くアピールできなければ、やはり見た目だけで評価を受けてしまうことになるのです。

そんな人は、知らず知らずのうちに損をしてしまうことになるのです。

見た目で損をしないようにするには、どういうことに注意をすれば良いのでしょうか。

次に改善点をまとめてみました。

1.服装に気を使わない

服装はその人の人柄を映し出しているのです。

服装とは外見のひとつで、見た目を大きく左右させます。

見た目とはその漢字の通りで、視覚として脳に入ってきた情報なのです。

誰かに会った時には、初めは無意識に相手の服装を見てしまいます。

それから、髪型や顔の表情、言動や立ち振る舞いなど総合的に観察して、その人のことをイメージするのです。

まずは無意識に見てしまう服装に注意が必要です。

例えば、街で出会った若者の服装を見た時です。

ジーンズにTシャツといったオーソドックスな服装でも、その若者の意志が表現されていることがあります。

ただの古い破れたジーンズかと思いきや、ダメージの入った高級ジーンズであって、Tシャツの襟や袖にもブランドのロゴが付いているものであったりすると、高級志向の本物を愛する男だと表現しているのです。

この服装から、その人の人物像を想像することになるのです。

履いている靴や髪型などが決まっていれば、総合的なコーディネートに配慮した感性の高い人間だと推測されるのです。

単に、いつものジーンズやシャツを着続けている人とは、違いがあるようです。

似たような服装ばかりを着ている

似たような服装ばかり続けている人は、自分の生活で目いっぱいでゆとりが無いか、違うものを身に付ける勇気がない、服を買う余裕もないかです。

服装は、自分のオシャレ感覚を表現できるし、服装を変えることで気分転換にもなるものです。

似た物ばかり身に付ける人は、ちょっとしたチャレンジ精神も無いのではないでしょうか。

新しいことを提案することもなく、付き合っていても退屈してしまうかも知れません。

オシャレをしない

服を変えるのは、汚れを落とすために洗濯するだけでなく、気分を変える意味もあります。

行く場所や目的に合わせて、オシャレを楽しむことなのです。

オシャレを考えないということは、オシャレを無駄なことだと考えているからです。

メリットが無いと考えているからです。

オシャレは、単なる自己表現のためだけでなく、自分を売り込んで自分を信用してもらうためにも大事なことです。

その場の雰囲気に合わせて落ち着いた服装をしていれば、この人は安心できる人だと認められるのです。

オシャレができない人は、自分を認めてもらえなくても良いと考えているような人と言えます。

暗い服装ばかりきている

暗い服装というのは、目立たないようにしたいという気持ちなのかも知れません。

映画に出てくるような忍者の衣装も黒ずくめが多いようです。

ひっそりとしたいと思う気持ちの表れでしょうが、他人が寄り付くのを拒み、陰に隠れているような陰湿な性格を表します。

いわゆるやくざ映画の主人公も、黒い背広に白いネクタイのイメージなのです。

気軽に声をかけにくいので、人が集まってきにくくしているのです。

常にスーツのような服装を着ている

みんなが気軽に語り合う様な場所にも、ピシッとスーツのような服装でやってくる人もいます。

ラフな格好ができない几帳面な人に多いようです。

みんなで河原でソフトボールを楽しむようなときにも、スーツで来るのです。

しかも革靴で来てから、その場で履き替えるという徹底した性格なのです。

慣れないと、ちょっと寄り付きにくい人でもあります。

みんなは、緊張して経過心を持ってしまうために、フレンドリーには付き合えないようです。

打ち上げでどこかで気安く一杯飲もうとなっても、その人だけ浮いてしまうことになるのです。

周りの人も、どのように付き合ったらよいのかと迷ってしまうのです。

そのように、警戒されてしまうことは損になるのです。

2.清潔感がない

最近の若者、特に女性は清潔好きなのです。

特に、異常とも思えるくらいの潔癖症の人もいます。

トイレの便座や電車の吊革はもちろん、ベンチにも直接腰かけられない女性も多いのです。

そんな清潔好きな人は、清潔感がないような人とは、決して接することはないのです。

髭などの処理をしていない

無精ひげというのでしょうか、髭を伸ばしたままの人は清潔感に欠けるようです。

俳優が役作りに髭を伸ばすことは仕方がありませんが、普通の暮らしをしている人が髭を伸ばしたままでは、ちょっと違和感を覚えます。

もし髭を伸ばすにしても、伸び放題の状態ではジャングルから10年ぶりに帰ってきたようなみすぼらしい格好になっているのです。

伸ばすので会っても、あの人の髭は格好いいと言われるくらいにしっかりと処理をすることが大切です。

常に髪を伸ばしているので暗いというイメージを持たれる

髪を長く伸ばして、大した手入れをしないままに過ごしている人も多いようです。

満員電車の中で、隣に立っている人の背広の肩口を見たら、白いフケが落ちているのを見たことがあります。

本人はよほど注意して肩口を見ないと分からないのですが、側に立っているとよく目立つのです。

フケが肩に落ちていると不潔です。

しかも、長く伸ばしたままの髪は、うっとうしくて感じが悪いものです。

本人は様になっていると思っているのでしょうが、暗い印象を与えるので、髪はキチンと切るべきです。

爪がボロボロ

爪を噛む人は、知らぬ間に爪がボロボロになっています。

一種の自虐行為なのです。

何かに不満を持った人の行動で、緊張や寂しさなどの心理的な不安を取り除きたいという心の現れなのです。

爪を噛んでストレスを発散させているのです。

もしも、爪を噛むこと以外の原因で爪がボロボロになるのであれば、病気かも知れません。

爪水虫に感染しているのです。

また、爪が白く変色したリ表面が剥がれるような時には、乾燥が原因かも知れません。

マニュキュアを落とす時の除光液に問題がある時もあります。

ボロボロの爪は生活にも悪影響を与えるし、見た目も悪いものです。

爪を噛む習慣があれば、ぜひ直してください。

3.基本的にネガティブなことを考えている

何人かの仲間と何かの相談をしている時には、みんなで意見を出し合ってやることを決めていきます。

しかし、中には非常に慎重な人間もいるのです。

「それをやることはとても大変なことだ」「その方法はあまり成功したことを聞いたことがないよ」「それは後に回した方が良いと思う」などと、常に慎重にというかネガティブな考えを伝える人がいるものです。

常にネガティブに考える人というのは、過去に大きな失敗をしてしまった経験がある人です。

チャレンジすると、成功よりも失敗が多いと恐れているからです。

しかし、ネガティブ思考は、自分を駄目な方向に進めて行くだけなのです。

メンタル面で弱いことを表しています。

顔に出ている

自信がない時、不安を抱えている時には、すぐに顔に出るものです。

人前で愛想よく笑顔を作っていても、顔が引きつっていることはすぐに相手に分かります。

笑顔の裏に拒否したいという気持ちが高まっているのです。

相手の提案に対して、「そんなことはない」「上手く行くはずがない」などとネガティブに考えているからです。

そんな気持ちは、自然に顔に出ているのです。

自分に自信がない

ネガティブに考えてしまう時は、自分に自信がない時です。

やらないと伝えるよりも、成功するとは限らないなどと、暗に失敗する確率が高いとほのめかしておいて、避けるためなのです。

自分はしたくないために、ネガティブな意見を告げるようです。

やんわりと拒否しているのです。

4.逆にメイクや髪色、服装が派手すぎる

何かと派手過ぎるというのも、困ったものです。

目立ちすぎてしまうからです。

本当は真面目でも、遊んでいそうに見える

いつも真面目で見た目がおとなしい人が、パーティーなどに綺麗なドレスと派手なメイク姿で現れると、友人も目を丸くします。

初めて会った人は、かなり遊んでいるように見えるのです。

真面目が売りの人は、逆効果になってしまいます。

みんなから浮いてしまっては、見た目も悪くなるのです。

近寄りがたい印象

内面はおとなしくて良い性格の人でも、髪を派手な色に染めたり派手な服装で現れると、この人は本当はどうなのと、距離を置かれてしまいます。

派手過ぎるのも問題なのです。

ワンポイントを派手にするのは良いのですが、全てがいつもとガラッと変わってしまうと、近寄りがたい印象になってしまうからです。

見た目で損をしないためには?今日から改善をすべき3個のこと!

最後に、見た目で損をしないための改善方法をまとめました。

1.イメージチェンジ

いつも決まったような服装や髪型も、マンネリ化してしまうので印象に残らなくなります。

そんな時には、時々イメージチェンジすることも必要です。

髪型や色を変える

髪型を大きく変える必要はありません。

失恋を経験した時に、髪を短くカットすることがありますが、時にはロングを短めにカットしたリ、逆に髪を伸ばすことも気分転換になります。

また、髪の色も控え目にですが色を付けることも、「あっ!髪の毛を染めている!」などと見つけられれば、なんだか嬉しいものです。

「どうしたの?」などと関心を持ってくれるぐらいのイメージチェンジで、見た目を少し変えて反応を楽しむということもおもしろいものです。

服装にもオシャレをする

週末には、ちょっとオシャレをして学校に行ったり仕事に出かけると、その服装を見て認識も変わって来るようです。

普段とは違う自分なりの服装のオシャレは、あなたを再認識させて見た目も変えることができるのです。

2.ポジティブに考える

気持ちも、ネガティブなことは考えずにポジティブに変えることでも、見た目は大きく変わっていきます。

考えや行動は見た目に影響をする

ポジティブに考えている時には、心の中から熱意が放出されているように思えます。

その人に任せておけば、きっと上手く行くと思えるのです。

考えや行動は、見た目に影響するようです。

自分から進んで行動をする

ポジティブに考えていると、自然に自分から進んで行動してしまいます。

きっと上手く行くと信じているので失敗を恐れることなく進んで動き出すのです。

みんなを引っ張って行くようになるのです。

明らかに見た目は良い方に変化しているのです。

3.自信を持つ

自分がポジティブに考えて行動すると、自信を持って行動していることに気付きます。

「やればできる」という言葉を頭に描いて、恐れなく立ち向かえるのです。

いつの間にか、自分に自信があることを自覚します。

自信を持つことは、精神的にも余裕が生まれ、何事にも動じなくなるのです。

この自信は、見た目を変える力を持っているのです。

見た目もよくして内面も自信に繋げる

見た目が良くて内面も良ければ、鬼に金棒です。

まずは、見た目を変える、つまりは外見を磨くことによって印象が変わるのです。

そのうえで、内面も変えていけば自信が生まれてくるのです。

見た目が良くなれば自然に人も集まって来るので、それだけでも大きな自信になります。

自分が信頼されているように思えるのです。

見た目と内面を同時に良い方向に変えていきたいものです。

自分自身は変われると思うこと

何よりも自分は変われると思うことが大事です。

そして、ネガティブに考えずに、前向きに考えることを習慣づけると、自分に自信が生まれてくるのです。

自分に自信があると、本人だけでなく周りにも大きな影響を与えるのです。

自信がある人に、ポジティブで輝いている人には、自然に周囲の人も集まって来るのです。

自分自身は変わることができるのです。

悪いイメージをもたれないように明るい自分に生まれ変わろう!

「人は見た目が9割」というぐらい、第一印象の外見だけで人を判断してしまいます。

結局は、見た目だけでなく内面(性格)も重要なのだということは正論なのですが、視覚からくる見た目もやはり重要なのです。

見た目は、努力で変えられます。

見た目で損をしないように変えることはできます。

見た目で、選考から振るい落とされては、その先には進むことが難しくなります。

まずは、信頼されるような外見の見た目の改善は、ぜひともすぐに取り掛かってください。

見た目で損をしては、もったいないのです。