仕事や恋愛が自分の思い通りにいかないと悩んでいる人はとても多いと思います。

もちろん、悩みを抱えそれを乗り越えるからこそ、自分自身の成長にたどり着けるという考え方も間違いではありません。

しかしながら、できることならばやはり悩みを抱えずに、できる限りスムーズに仕事や恋愛を行いたいと思っている方はとても多いと思います。

ただ、仕事や恋愛における悩みはとても複雑なものなども多く、簡単に解決できないことなども多いはずです。

では、どうすれば仕事や恋愛をマスターできるのかというと、いずれにしても大切なことは相手の心を考える必要性があるということです。

相手の立場に立ち、相手が何を考えているのか、自分自身がよく考えることが非常に重要であるといえます。

別の言い方をすれば、人心掌握という言葉で表現することができますが、人の心を理解する、読むということはとても簡単なことではありません。

しかし、今回はだれでも意識すれば簡単に実践できる人心掌握術をご紹介していきたいと思います。

もしも今現在仕事や恋愛において悩みがあるのであれば、今回ご紹介する人心掌握術を用い、悩みをスムーズに乗り越えられるように活用してみてください。

掌握術をマスターすると人生激変!

もしも相手が考えていることがすべてわかるのであれば、非常に魅力的であると思いませんか?

なぜならば相手が考えてることがすべてわかるのであれば、言い換えてみれば相手を自分の意のままに操れるということになるからです。

例えば相手が何かをしてほしいと思っているのであればそれをすることによって自分の好感度を高めることができるようになります。

それは恋愛において考えてみると自分を魅力的に考えさせることができる方法になり得るはずですよね。

また仕事において考えてみれば気が使える人物と思ってもらえ、自分自身が評価されるきっかけを作り上げることができるようにもなります。

このように、相手の考えていることが分かるようになれば自分にとって都合のよい現実を作り上げることができるようになります。

つまり、人心掌握術をマスターすることによって自分の人生を大きく変えることができるチャンスを手に入れられるということなのです。

少し大げさかもしれませんが、相手の気持ちを理解するということはそれぐらい大切なことであるということになります。

早い段階で人心掌握術を身に着けておけば、様々な場面で得をすることができるようになるはずなので、この機会に基本的な掌握術をマスターしてみましょう。

掌握の意味

人心掌握術についてご紹介する前にまずは掌握という言葉の意味についてご紹介していきます。

掌握という言葉はどちらかといえば普段聞いたりすることがないような言葉かもしれませんね。

しかしながら、人心掌握術という言葉を聞いたことがある方は多く存在しているはずです。

では、掌握とはどのような意味があるのかというと、「手の中に握り持つこと、自分の意のままに使いこなせる状態にしておくこと」を意味しています。

掌握という言葉は、用いられている漢字をよく理解しておけばそこまで難しい意味ではありません。

もともと掌握の掌はてのひらという言葉を漢字にしたものであり、掌握の握はにぎるという言葉の意味なので、直訳すると手のひらで握るという意味になります。

つまり、自分の手のひらの上で握るということは、自分の意のままに操れるようにするということになるのです。

この言葉の前に人心という言葉がつけば、人心を意のままに操る、という意味になるので、心を操るという言葉の意味としても用いられるようになります。

把握とはどう違う?


掌握という言葉の意味についてご紹介していきましたが、掌握という言葉を聞くと似ている言葉が連想できるはずです。

例えば、把握という言葉が掌握という言葉とかなり似ている印象を受ける人も数多いと思います。

しかしながら、把握という言葉は掌握という言葉と似ているようで、意味としては異なる存在であると考えられます。

では、具体的にどのような違いが存在しているのかご紹介していきます。

把握という言葉が持っている意味としては「つかむこと、にぎりしめること、転じてしっかりと理解すること」という意味が存在しています。

掴んだり握りしめたりするという意味合いに関しては掌握という言葉と全く同じような意味合いとして解釈することができます。

しかしながら把握という言葉は掌握という言葉と違い、理解するという意味で用いられることも多いです。

掌握という言葉は相手を意のままに使いこなせる状態にすることであり、把握はあくまで理解するという意味になります。

相手の心を理解するからこそいるままに操れるということを考えると、似てるように感じますが意味としては異なります。

つまり類義語ではあるものの意味が全く同じかどうかと問われるとそうではないということになります。

非常に似ている言葉なので混同しないように注意してください。

例文を見てみよう

掌握という言葉と把握という言葉のそれぞれの意味と違いについてご紹介していきました。

ある程度違いを理解いただけたところで、ここからはさらに掌握という言葉を理解するために例文をご紹介していきます。

普段掌握という言葉を使う機会は少ないかもしれませんが、正しい使い方を理解しておけば様々な場面で表現することができます。

まずは掌握という言葉の基本的な使い方をマスターし、掌握という言葉の基礎的な知識を身につけましょう。

あの女詐欺師は人心掌握が上手かった

まずはじめにご紹介する掌握という言葉を使った例文として「あの女詐欺師は人心掌握が上手かった」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味合いなのかと言うと「あの女詐欺師は人の心を操るのが上手かった」という意味合いになります。

この例文は掌握という言葉を理解しておけばそこまで難しい意味合いにはなりません。

掌握という言葉の意味は先ほどご紹介したように「手の中に握り持つこと、自分の意のままに使いこなせる状態にしておくこと」という意味があります。

つまり、この意味をそのまま代入していただければ、意味は簡単に理解できるようになります。

人の心を操るのが上手な人は世の中に数多く存在しています。

相手の心を読み、自分の都合の良い状況を作り出したり、都合よく行動させたりすることで利用する人も多いはずです。

この例文は女詐欺師が人心を掌握することが得意だったということを意味している例文です。

掌握という言葉の基本的な使い方をしている例文としてチェックしておきましょう。

政権を掌握して法案を通した

次にご紹介する掌握という言葉を使った例文として「政権を掌握して法案を通した」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味なのかと言うと「政権を意のままに使い、法案を通した」という意味になります。

この例文も掌握という言葉の意味をそのまま代入するだけで意味としては通るようになります。

政権を自分の意のままに操れるような状態にしているということを掌握という言葉を使って表現している例文です。

この例文も掌握という言葉を使った基本的な例文と一つとして考えることができます。

ビジネスや恋愛に使える5個の人心掌握術

ここまでは掌握という言葉の意味についてご紹介していきました。

ある程度掌握という言葉の意味について理解いただけたところで、ここからはビジネスや恋愛に使える人心掌握術についてご紹介していきます。

先ほどもご紹介したように人心掌握術を身につけることによって様々な場面で自分に有利な立場を得ることができるようになります。

ビジネスの面においても、恋愛の面においても、相手の心をある程度操ることができれば多くのチャンスを得ることができるようになります。

では、人心掌握術にはどのような方法があるのか、ご紹介していきます。

魅力を小出しにして期待を持たせる

まずはじめにご紹介するビジネスや恋愛に使える人心掌握術の一つとして「魅力を小出しにして期待を持たせる」という方法があります。

これはどういうことかと言いますと、期待を持たせることも重要ですが一番大切なポイントは小出しにするということです。

なぜかと言うと小出しにすることによって相手にできるだけ多くの魅力を与えられる機会を増やすことができるようになるからです。

相手から好きになってもらったり相手から気になる存在になるためには、相手により多くの魅力を与えられる機会を増やす必要性があります。

一回だけしか魅力を感じさせないよりも、複数回にわたって魅力を感じさせられる状況を作ることでより魅力的に相手から感じてもらえるようになります。

なので、一気に大きな魅力を相手に感じさせるよりも、小出しにして少しずつ相手に魅力を与えていく方が良いといえるのです。

なので、相手に魅力を与えられる状況を数多く作ることで、自然と相手をひきつけやすくなるので、小出しに魅力を与えることを意識してください。

最初に全部出すと後で惹き付けるものが無くなる

魅力を小出しにすることによって相手に魅力を与えられる機会を増やすことが重要であるとご紹介しました。

しかしながら魅力を与える機会を増やすことだけが重要なポイントではありません。

それ以外にも、魅力を絶やさないということお同じくらい重要なことであるといえます。

どういうことかといいますと、どんなに魅力があふれている人でも魅力の限界は存在しています。

どんなにすごい魅力でもたった一つのことだとそれを相手に知られてしまえば、それ以外に与えられる魅力がなくなってしまいます。

しかし、魅力を小出しにして、魅力を残しておくことで、いざというときにさらに魅力を感じさせることができるようになります。

もしも最初の段階ですべての魅力を出し尽くしてしまうと、いざという時にさらに間に魅力を与えることができなくなってしまいます。

しかし魅力を小出しにしておくことによってそれを防ぐことができるようになるので、後からでも相手を惹きつけることが可能になります。

球数を残しておくということに等しいですが、重要なのはいかに自分をうまく魅せられるかどうかということです。

魅力的な人は自分の見せ方もよく理解している人が多く、たった少しの工夫を行うだけで想像以上に魅力的な自分を見せることができるようになります。

なので必ず魅力は全て出し切らずに少しずつ小出しにして玉数を切らさないように意識することも重要だということ覚えておきましょう。

相手を褒めて気分良くさせる


次にご紹介するビジネスや恋愛に使える人心掌握術の一つとして「相手を褒めて気分良くさせる」という方法があります。

なぜ相手を褒めて気分を良くさせることが人心掌握術につながるのかというと、相手を褒めることによって相手が協力的になってくれるからです。

どういうことかと言いますと、人間はもともと自分のことを認めてもらいたい高く評価してほしいという気持ちを誰もが持っています。

いわゆる承認欲求というものであり、承認欲求が存在していない人などはほぼ存在していません。

実際に自分自身が過去に褒められた経験を考えてみるとすぐにわかると思いますが、人から褒められて嫌な気分になったりする人はいませんよね。

むしろ人から褒められることによって自分の気分が良くなったり、嬉しい気持ちに変化したりした経験がある人はほとんどだといえます。

なので、相手を褒めて気分よくさせることは自分自身に協力的にさせる上で非常に重要な方法になり得ると考えることができます。

その結果ビジネスの面においても恋愛の面においても自分のことを好きになってもらったり、協力してあげたいという感情にさせることができます。

つまり、相手を褒めることによって自分の協力者にすることができるので、人心掌握術として魅力的な方法になりえるということです。

自分を褒めてくれる人に対して皆好意を持つ

自分のことを褒めてくれる人に対して敵対心を持ったりすることはほとんどありません。

むしろ先ほどもご紹介したように嬉しくなったり相手に対して好意を持ったりすることの方が圧倒的に多いはずです。

なので、相手のことはなるべく褒めてあげる方が自分の協力者を作る上で非常に重要な方法になり得ると考えることができます。

しかしながらあまりにも相手のことを褒めすぎてしまうということは逆に相手から不審に思われてしまう原因にもなります。

極端まで相手のことを褒めると逆に疑われてしまうこともありますが、それでも相手のご機嫌をとったりすることは非常に重要だと言えます。

なぜならば実際に過去に行われた研究によってご機嫌取りをする人の方が有能で意欲があるという結果が存在しています。

その延長線上には自分の直属の上司から高い評価を得ていたり、魅力的な人間だと考えられているという具体的なデータが存在しているからです。

結局周りの人から好かれたり、評価されることによって本当の自分の実力以上の評価を受けたりすることはまぎれもない事実だといえます。

なので、どのようにして立ち回るのかということが非常に重要であるということになるので、相手を褒める言葉結果的に魅力的な人心掌握術であると言えます。