どんな人であったとしてもご褒美は嬉しいものです。

ついご褒美と言えば、子供のもののように感じてしまう事でしょう。

実際、ご褒美をもらう回数は大人に比べ子供の方がずっと多いという事は良くある事です。

だからこそ、ご褒美をもらう事が出来るのは子供だけと感じている人も少なくありません。

けれど、もちろんそんな事はないのです。

大人であったとしてもご褒美をもらう事は出来るでしょう。

自分でなんでも購入する事が出来るからこそ、自分の為にご褒美を用意する事だってあるかもしれません。

いつどんなタイミングでご褒美を用意するかを決める事が出来る所に大人としての良さがあるのかもしれません。

ご褒美は、貰うタイミングやあげるタイミングによってとても効果的に使用する事が出来る場合もあれば、かえって逆効果になってしまう場合もあります。

だからこそ、どちらになるのかをしっかりと見極める事が大切なのかもしれません。

どんな時にご褒美を利用すれば、より良い状況にする事が出来るのか。

そこ事をしっかりと考える事が出来ればより効果的な方法を探し出す事が出来るでしょう。

だからこそその方法をしっかりと学ぶ事をお勧めします。

今回は、つい好きなように使ってしまうご褒美について改めてその効果や理想的な使用方法をご紹介させていただきます。

今まで自由気ままに利用してきた方もこの機会に今一度ご褒美のあり方を考えてみてはいかがでしょうか。

みんな大好き!ご褒美について考えよう

『ご褒美』と聞いて嫌な気持ちになる人は居ないでしょう。

ご褒美をもらう事が出来るとわかれば、それに合わせてやる気を出す事もあるでしょう。

嫌な事に対しても前向きな気持ちで頑張る事が出来る事もあるでしょう。

その効果は、子供だけに起きるものではありません。

子供の方が、思考回路は単純です。

だからこそ、ご褒美をもらう事が出来ると知れば、今まで以上に頑張る事が出来るかもしれません。

なかなかやる気の出なかった宿題にも張り切って挑戦する事が出来る事でしょう。

だからこそ、親になると子供に向けてご褒美を用意してしまう事もあるかもしれません。

ですが、本当の意味でご褒美を欲しているのは大人なのかもしれません。

大人になると、誰かに褒められる機会は極端に減ります。

何かを頑張ってやった所で、誰も褒めてはくれません。

仕事をしても育児や家事をしても、それが当たり前だと思われてしまうのです。

確かに当たり前の事なのかもしれません。

わざわざいちいち褒めるほどの事では無いという気持ちも分かります。

けれど、大人だって時には褒めて欲しいものです。

毎日毎日当たり前のようにこなしている事だって、時にはやりたくない事だってあるでしょう。

上手くいかず落ち込んでしまう事だってあるはずなのです。

そんな時、誰かが褒めてくらたらどうでしょうか。

きっと嬉しい気持ちになるはずです。

普段褒められる機会が少ないからこそ、いざという時にご褒美をもらう事がとても嬉しいサプライズとなる事もあるです。

だからこそ、子供も大人も関係なくご褒美は必要です。

ご褒美は上手にあげれば役に立つ


ご褒美は、与えすぎてしまうと効果を発揮しにくくなります。

子供は単純ですが、その分学習します。

だからこそ、簡単にご褒美をもらう事が出来ると学んでしまうと努力する事を辞めてしまうかもしれません。

少し努力しただけですぐにご褒美を要求するようになってしまうかもしれません。

だからこそ、あげるタイミングは考えて行動しなければなりません。

最初のうちはただかわいいからという理由で、簡単な物事に対してもご褒美をあげてしまう事もあるでしょう。

けれど、それを繰り返していくと子供の方が学習し努力をしなくなってしまうのです。

ご褒美をあげる事は簡単ですが、なんでもかんでもすぐに簡単にご褒美を上げているような状況ではいざという時に効果を発揮する事が出来なくなってしまう事でしょう。

ご褒美は上手に使用すると、とても効果的に使う事が出来ます。

けれど、使い方を間違えると単にわがままの道具になってしまう事もあります。

だからこそ、自分の行動をよくよく確認してみましょう。

簡単にあげすぎている場合には、後から後悔する事になりかねません。

可愛いからこそ、つい甘くなってしまう気持ちも分かります。

けれど、本当に必要な時に上げるかこそご褒美は意味があるのです。

なんでも簡単にあげない事が大切だという事を忘れずにいてください。

人間にはアメとムチが必要

人間にはアメとムチが必要だという例えを聞いた事がある人は多いのではないでしょうか。

アメとムチは『飴』と『鞭』です。

これはあくまでも例えの話です。

本当に飴と鞭が必要なわけではありません。

アメとは、『優しさ』『甘さ』という意味が含まれており、つまりはご褒美のようなものです。

何か頑張ったときに褒めてもらえる。

ご褒美をもらう事が出来る。

そんな事が大切だという意味で使用されている言葉です。

そこだけ捉えると、とても甘い接し方を推奨するような内容になっている事でしょう。

ですが、もちろんそれだけでいい人間関係を作る事が出来るわけではありません。

子育てに取り入れてしまうと、とても甘い親子関係となり結果的に問題のある子供を育ててしまう事にもなりかねません。

だからこそ、必要になってくるのが『鞭』の部分です。

ムチとはつまり『厳しさ』を指すものです。

甘いだけでは人間は成長する事が出来ません。

時には厳しさも必要なのです。

もっと言えば、厳しさがあるからこそ、人は成長する事が出来るともいえるでしょう。

だからこそ、ムチの使い方はとても重要なのです。

普段から甘い人に褒められてもさほど大きな感動はないでしょう。

当たり前のように感じてしまうかもしれません。

ですが、それがいつも厳しく接してくる人だったらどうでしょうか。

とても嬉しく感じるのではないでしょうか。

もっと褒められる為に頑張ろうと思うかもしれません。

やる気が出たり、集中力を感じる事が出来るようになる事でしょう。

だからこそ、ムチはとても大切なものなのです。

ご褒美をもらうと、人はどう感じる?

ご褒美をもらう事が出来れば、大抵の人は嬉しい気持ちになるはずです。

自分がやってきた事が認められたのだと思い更にやる気を出す事が出来るかもしれません。

評価される事に対して嫌な気持ちになったり抵抗を感じる方はそう多くはないでしょう。

いくつになったとしてもその気持ちが変わる事はありません。

褒められたり評価をされれば誰しも嬉しいと感じるはずなのです。

だからこそ、ご褒美を渡す事はとても良い事だと言えるでしょう。

人によっては、それが甘やかしだととらえられてしまう事もありますそのせいで批判されたりする事もあるでしょう。

子供に対しての育て方が悪いとさえ言われてしまう恐れもあります。

けれど、そんな事はありません。

どんなに頑張っても全く評価されないでいると、人間は自己肯定感が低くなってしまいます。

どうせダメなんだ。

自分は何をしても評価される事はないんだ。

そんな風に物事を全てマイナスな気持ちで捉えるようになってしまうのです。

そうなってしまうと、どんな事に対しても、前向きな気持ちで向き合う事が出来なくなってしまいます。

子供のころにそうなってしまうと、大人になっても改善する事が無くいつまでたっても自己肯定感の低い人間になってしまいます。

だからこそ、そうならないようにする為にも褒める事はとても重要です。

何でも感でもやみくもに褒める必要はありません。

それは効果的な方法とは言えないでしょう。

しかしながら、結果を出している事に対しては当たり前の気持ちとして褒める・評価する。

その気持ちを持つ事はとても大切な事だと言えるでしょ。

自分は評価されたのだと思う

褒められる事によって、自分がやってきたことの価値を再確認する事が出来ます。

自分では頑張ったつもりでも、周りから全く評価されなければ思ったほど出来が良くなかったのではないかと不安になってしまうものです。

大した事はないからこそ、周りの人は褒めてくれないのかと誤解してしまうのです。

努力は自分の為にするものです。

だからこそ、他人の評価など気にする事は間違っているのかもしれません。

ですが、そうは言っても他人の評価が気になってしまうのが人間というものです。

自分が頑張った事だからこそ、周りの人に知っていてほしい。

褒めてほしい。

それは人間として当たり前の感情なのかもしれません。

だからこそ、ほめられる事によってその気持ちを満たす事が出来るようになるのです。

自分の出した結果を評価される事によって、更にやる気を出す事が出来る場合もあります。

自分がやってきた事は間違いなかったんだ。

そう感じる事が出来るようになる事でしょう。

そう感じる事が出来れば、満足感を感じ自己肯定感を満たす事にもつながります。

どんなに自分が自分を褒めた所で埋まらない事も多々あります。

そんな時にこそ必要なのが多くの人からの評価です。

自分の気持ちを肯定してくれる意見に出会う事によってより確かな感覚を身に付ける事が出来るようになります。

努力して良かったと思う

誰でも頑張ったらその頑張りに対して評価をしてほしいと思うものです。

例えそれがやって当たり前の事だったとしても、何も言われないのときちんと評価してもらう事が出来るのとでは気持ちのあり方が全く違うはずなのです。

だからこそ、評価を受ける事はとても大切です。

もし、自分がしてきた事に対して周りの人から全く評価を受ける事が無ければだんだんと自信を無くしてしまう事もあるでしょう。

自分は頑張ったつもりでも、まわりから見ればそうではないのではないか。

本当はもっと頑張らないといけなかったのではないか。

そんな風に感じてしまう事もあるでしょう。

自分ではとても頑張っていると自覚していたとしても、そこに評価が伴わなければ段々と自信がなくなってきてしまうものなのです。

反対に、努力した事に対してきちんと評価をうける事が出来れば自分がやってきた事に対して自信を持つ事が出来るようになります。

頑張ってよかったと思う事が出来るようになるでしょう。

努力は誰かの為にするものではありません。

自分の為にする事です。

だからこそ、本来であれば例え周りの人から評価を得る事が出来なかったとしても自分の為に努力をする事は大切な事なのでしょう。

けれど、人間はそんなに強くはないのです。

誰からの評価も無くひたすら頑張る事が出来る人など、そういるものではありません。

だからこそ、自分のモチベーションを上げていく為にも、他人の評価が必要になる時もあります。

また次も頑張ろうと思う


努力をする事は、生きていく中で必要なスキルです。

人間は成長していく生き物です。

けれど、その成長は誰かが勝手にしてくれるものではありません。

自分がいかに努力するかによて決まるものなのです。

だからこそ、自分自身の為に努力をする事が必要なのです。

とはいえ、ただ自分の成長の事を考え前向きにコツコツ努力を続ける事が出来る人はそう多くはありません。

大抵の場合途中で嫌になってしまうものです。

大きな壁にぶち当たれば、それだけでやる気がなくなってしまったとしてもおかしくはないのです。

努力をする事は必要な事だという事は、頭のなかではわかっていても自分自身にそこまで厳しくする事が出来る人ほどそう多くはありません。

そんな時に役立つのが、周りの人からの助言や評価です。

自分自身がやっている事に対して、誰かが評価してくれた場合それによって気持ちを高める事が出来る場合もたたある事でしょう。

頑張った事に対して評価をしてくれる人が居ればそれだけでやる気を出す事が出来る場合もあります。

一人ではくじけてしまいそうな時も、評価を受ける事によって次も頑張ろうと思う事が出来るのです。

本当にそう思っていなかったとしても、口だけでも評価する事によって相手の気持ちを盛りあげる事が可能なのです。

だからこそ、私たちは他人にアメといういうなの優しを与える事が必要なのでしょう。

ご褒美をくれた人に良い印象を持つ

子供の場合は、自分にとって利益がある人なのかどうかを見抜く力がとても優れています。

だからこそ、優しい人やご褒美をくれる人に対して良い印象を持つ事は当たり前の事なのかもしれません。

自分にやさしくしてくれる人に対して懐く心は、もはや本能なのでしょう。

だからこそ、ご褒美をくれる人に良い印象を持つものです。

これは、子供だけに限られたことではありません。

大人になると、あからさまに評価される事は少なくなります。

だからこそ、自分の事を評価してくれるなどご褒美をくれる人に対しては良い印象を持つ事となります。

どんな年齢の人であったとしても自分を褒めてくれる人に対して嫌な印象を持つ人は居ないでしょう。

自分の事を考えてくれている人・見方になってくれる人と認識し心を開く場合もあります。

ご褒美の内容は、子供のころとは違うはずです。

だからこそ、明らかなご褒美というものはなくなっていくのかもしれません。

けれど、その中でも自分にとって良い効果があるものを感じる事が出来るとそれだけでもその人の事を好きになるきっかけとして考える事が出来るようになる事でしょう。

後からではなく先にご褒美を渡す方法も

『ご褒美』というと、どうしても何かの結果にもらう事が出来るものと認識してしまうものです。

だからこそ、後から渡す事が当たり前と思われており先に渡すという発想にはなかなかならないケースも多い事でしょう。

けれど、ご褒美は必ずしも後に渡さなければならないというものではありません。

例えば、ご褒美を先に決めておく事によってそれを目標に頑張る事が出来るようになる事もあるでしょう。

後からご褒美が来るとわかっている場合にはやる気を出して行動する事が出来る場合でも、結果論だと言われてしまえば元も子もありません。

実際に頑張る活力にする為には最初からご褒美があった方が頑張る事が出来る場合もあります。

どちらが効果手に作用する事が出来るかどうかは、その子の性格にかかわる部分が大きくあるでしょう。

最初からご褒美がある方が頑張る事が出来る子もいれば、後から渡す事によって効果を発揮する事が出来る場合もあります。

どちらが正しいという意見はなく、どちらも正しいのです。

正しいからこそ、自分たちにあったスタイルを確立する事が大切なのです。

間違った方法を選択してしまうと、それだけでかえって状態を悪化させてしまう事もあり得ます。

そうならないようにする為にも自分がしている事だけではなく、相手の行動も良く把握したうえで決断する事をお勧めします。

失敗できないという意識が生まれる

先にご褒美を渡す事による最大のメリットは『失敗する事が出来ない』というプレッシャーを与える事が出来る部分です。

相手にプレッシャーを与える事がはたしていい事なのかどうかは誰にも分からない部分です。

そうする事によって、かえって失敗が多くなってしまうケースもあります。

そのせいでより一層やる気を感じる事が出来なくなってしまうケースももちろんあります。

けれど、それと同じように適度なプレッシャーを感じる事によって前向きに物事に挑戦する事が出来るようになる子供もいるのです。

先にご褒美をもらてしまえば、それに見合った結果を出さなくてはなりません。

かなり追い込まれた状況となります。

その追い込まれた状況が、結果的に良い効果をもたらす事となる人も居るという事なのです。

子供のタイプによって、効果的な方法は違ってきます。

プレッシャーを与える事が逆効果になってしまうケースももちろんある事でしょう。

だからこそ、むやみに行う事はおすすめ出来るものではありません。

何度か後からご褒美を与える事をおこなった結果、先に渡す方が良い効果を感じさせる事が出来るのではないかと感じたときなどに使用するべきでしょう。

だからこそ、どちらがいい方法なのかどうかは明言する事は出来ません。

それぞれに会った方法を選ぶ事が一番正しい方法だと言えるでしょう。

ご褒美に効果的な4個のもの

ここまではご褒美の効果について説明させていただきました。

だからこそ、いかにご褒美を与える事が重要な事なのかという事を理解していただけたのではないでしょうか。

今までご褒美を上げる事に対して難色を示していた方も、やり方によっては効果を感じる事が出来るという事を理解していただく事が出来たはずです。

だからこそ、ご褒美をあげてみようと思った人も居る事でしょう。

実際にご褒美をあげてみようと思ったとき、何が良いのかとっさに浮かぶ人はそう多くはないでしょう。

もちろん、子供の場合には比較的簡単に決める事が出来ます。

幼いうちは、欲しがっていたおもちゃなどをあげる事が、一番のご褒美になるものです。

それが欲しいからこそ、頑張る事が出来るという事もあるでしょう。

けれど、それはあくまでも子供の場合です。

相手が大人の時はどうでしょうか。

大人が大人を褒める機会はそう多くはありません。

だからこそ、いざご褒美を渡そうと思うと何が良いのか分からなくなってしまうのです。

そこでここからは、ご褒美に効果的なものをいくつかご紹介させていただきます。

今まで何かあげたいという気持ちはあったもののなかなか行動に移す事が出来なかったという方は、この機会に参考にしてみてはいかがでしょうか。

ご褒美になるものですから、相手はもちろん自分が貰っても嬉しいもののはずです。

だからこそ、その気持ちを持って選ぶ事によってより良いものをチョイスする事が出来るようになる事でしょう。

世界にひとつだけのオリジナルのもの

ご褒美は特別なもののはずです。

ましてや大人になって貰う事が出来る機会など、そう多くはないでしょう。

だからこそ、その特別なものを形にするという意味でも世界に一つだけのオリジナルなものをチョイスする事はとても効果的です。

世界に一つだけのオリジナルのものと言われると、随分ハードルが高いように感じてしまいます。

とても高価なものを贈らなければならないような気持ちになってしまう人も居るでしょう。

けれど、値段はそれほど重要ではありませ。

例えば、ペン一本だったとしてもそこに名前を入れる事によってそれは世界に一つだけのオリジナルの商品となる事が出来るのです。

それと同じように、ハンドメイドのものをチョイスする事も出来れば、大量生産されていないもの・写真などの思い出をプレゼントするなどやり方を考えればいくらでも世界に一つのオリジナルなものを作る事が可能となるのです。

特別感を感じられて喜びが倍増する

世界に一つだけの商品を貰う事によって、その行為がとても素晴らしいものだったのだと感じる事が出来るでしょう。

誰もが購入する事が出来るものでは無く、その人だけのものとい付加価値が付いて居るからこそ、余計に相手からの気持ちを伝わりやすくなるというものです。

だからこそ、より効果的なご褒美だという事が言えるでしょう。

自分の気持ちを相手にきちんと伝えたいという気持ちがある場合にも、世界に一つだけの所品を選ぶ事はとても良い事だと言えるでしょう。

何をあげたらいいのか分からないという人は、この機会にそれら物をチョイスしてみてはいかがでしょうか。

図書券や電子マネー

ご褒美は相手が喜ぶものでなくては意味がありません。

だからこそ、こちら側の独りよがりで決めたものではご褒美にならないケースもあるのです。

相手が貰って嬉しいもの。

それこそがご褒美の基本です。

子供のうちは、まだそれほど渡すものに困る事も無いでしょう。

好きなキャラクターやゲームなどがあればそれに合わせたものを選ぶ事によって相手に喜んでもらう事が出来るようになるはずです。

けれど、年齢が上がれば上がるほどそれは難しくなっていきます。

ましてや相手が大人の場合、より一層何を渡したら良いのか分からなくなってしまうものなのです。

そんな時活用する事が出来るのが図書館や電子マネーです。

金券を上げる事は、金額が分かりやすく少々抵抗がある方もいるかもしれません。

ですが、相手が喜ばないものを渡したとしても意味がないのです。

必要ないものを貰うよりは金券をもらった方がよっぽど有効に使用する事が出来ます。

また現金だと露骨すぎるものも金券という形を取る事によってより効果的に使用する事が出来るようになる事でしょう。

周囲への大々的な報告

もし社内など多くの人がいる場所で、相手にご褒美を渡す際には大々的に報告する事をお勧めします。

そうする事によってもらった相手はより一層嬉しい気持ちになる事が出来るはずです。

また、それと同じようにその状況を見ていた人は自分もそうなりたいと思う事があるかもしれません。

ご褒美の効果は渡した人だけではなく、同じように貰う事が出来た周りの人に対しても効果的に発揮させる事が出来るのです。

周囲の大々的な告知によって、それを見た人が羨ましいという気持ちになる事もあります。

自分もそんな風になりたい。

そう思ったとしても不思議ではないのです。

もし周り全体の意識を向上させたいという狙いがある場合にも、ご褒美は効果的にその力を発揮してくれる事でしょう。

旅行は最高の思い出になる

形のあるものだけがご褒美というわけではありません。

例えば旅行などもご褒美として利用する事が出来るでしょう。

旅行はそう気軽にいく事が出来るものではありません。

学生の
頃や独身時代であれば、まだ自由にいく事が出来たとしても家族が出来たり子供が生まれたりすればなかなか行く機会も少なくなってしまう事でしょう。

そんな時にご褒美として旅行を貰う事が出来たら間違いなく嬉しい気持ちになるはずです。

旅行は最高の思い出になります。

お金では買う事の出来ない特別な日になる事でしょう。

そんな体験をさせてくれた人に対して深い感謝の心を持つようになるかもしれません。

自分の事を考えてくれたのだと思い、更に頑張る活力にする事が出来るかもしれません。

同じ金額の商品をもらったとしても、それがいらないものだったとすれば貰う事に対してあまり嬉しい気持ちを持つ事はないでしょう。

かえって迷惑になってしまう場合だってあるのです。

そうならない為にも、あえて形に残らないものをチョイスする必要もあります。

子供や自分へのご褒美をあげるときの4個の注意点

簡単にあげてはいけない

子供は意外と賢い生き物です。

対して努力もせずにご褒美をもらう事が出来れば、それに味を占めてしまう場合もあります。

ご褒美にたいするハードルが下がり努力する事を辞めてしまう事もあるのです。

そうなってしまってはご褒美の意味がありません。

だからこそ、例え渡したい気持ちがあったとしても頻度などを冷静に判断する事が大切です。

ついかわいいからという理由で渡してしまうと、後から後悔する事になります。

回数や期間の制限をある程度付ける

何をどうすればご褒美につながるのかを明確にする事は大切な事です。

回数や期間などをあいまいにしてしまうと、どこを基準に頑張ればいいのか分から無くなってしまいます。

それでは意味がないのです。

だからこそ、より頑張る為にはそれらを明確にする事が大切です。

「自分へのご褒美」はNGワード?!

大人になると、周りから褒められる事が少なくなります。

だからこそ、つい自分自身で褒めてあげようとしてしまうものです。

けれど、それをしすぎてしまうと自分の事を甘やかすだけの人のように見えてしまう恐れもあります。

自分自身にご褒美を上げるさいも、やりすぎてはいけません。

価格よりも気持ちがこもったものを選ぶ

ご褒美は金額が高ければいいというものではありません。

相手が本当に喜ぶものを選ぶ事が大切になるのです。

だからこそ、金額にこだわる事なく相手にあったものを選ぶようにしてください。

そうする事によって、自分の気持ちをより相手に伝える事が出来るようになる場合もあります。

ご褒美は効果的に♡

ご褒美をもらう事が出来れ、大人も子供も嬉しいものです。

その気持ちを最大限に利用する事は悪い事ではありません。

与えすぎてしまっては効果を感じる事は少なくなってしまいますが、時と場合によって使い分ける事によってきっといい効果を発揮してくれる事でしょう。

ご褒美を与える事に対して否定的な考えを持っている人は、きっとそれによって甘やかされてしまったり努力をする事を怠る事を恐れているのでしょう。

もちろんそういった危険性が無いわけではありません。

だからこそ、ご褒美をあげるさいには慎重に行わなければならないのです。

今までご褒美を活用してこなかった人もこれをきっかけにご褒美を利用してみてはいかがでしょうか。

上手に使用する事が出来れば、ご褒美はとてもいい効果を発揮してくれるアイテムとなってくれるはずです。