人生で初めてのデート…それは人生で1番緊張するデートであり、一生思い出に残るデートになります。

意中の異性や気になる異性とのデートで有頂天になってしまいますが、

この初めてのデートでは出来る限り失敗したくないという思いで不安にもなりますよね。

そんなはじめてのデートで不安があるアナタのために、今回は「はじめてのデート」について徹底的にまとめました。

初めてのデートで気をつけるべき25個のこと

はじめてのデートはとっても楽しみなのに、わからないことがたくさんあってちょっと不安も感じますよね。

好きな相手だからこそ、いい感じだと思われたいし引かれるようなことはしたくない…とても自然な心理です。

ここでは、はじめてのデートで失敗しないために特に気を付けたい25個のことをまとめました!

1. 清潔感のある外見で行く

身だしなみの基本は「清潔感があること」です。

どんなにステキな見た目で高級な服を着ていても、服がところどころ汚れていたり、

髪の毛にフケがついていたり、何だか匂いがしたりと不潔さがあったら誰だって不快に思います。

デートの前日夜には着ていく予定の服に汚れなどがないかちゃんとチェックしておきましょう。

匂いもしないかも合わせて確認しておいてください。

そして前日夜か当日朝には、ちゃんとお風呂に入って匂いやフケが出ていなかい確認しましょう。

2. 髪をきちんと整える

男性でも女性でも、ヘアスタイルが整っていないと格好がつかないものです。

特に女性は髪の毛の長さによってヘアアレンジの仕方などが違うので大変かもしれません。

男性のようにくしでといてスタイリング剤でセットして終わり!というわけにもいきません。

髪の毛を巻いたり、アップしたり、ヘアアクセサリーをつけたり…と、

ちゃんとキレイにセットしないとだらしなく見えてしまうこともあるので、時間に余裕をもってしっかりと髪の毛を整えていきましょう。

3. 産毛や髭、鼻毛などに注意

身だしなみはOK!と思っていても意外と忘れがちなのが産毛の処理。

せっかくオシャレしていてもよく見たら産毛がモサモサしていては残念です。

また、男性の場合は髭の剃り残しはありませんか??

正面から見たらちゃんと剃れていてもあごの下や首のあたりにも剃り残しがあることがあります。

ヒョロッと長い髭が残っているとカッコ悪いですよ!!

そして男女ともに気を付けたいのが鼻毛。

どんなに燃えるような恋をしていても鼻毛を発見してしまうとちょっと萎えてしまいますよね…

デートの直前は鏡をしっかり見て鼻毛が出ていないかチェックするようにしてください!

4. 口臭はもってのほか!

楽しい会話をしていても口臭が漂ってくると相手は引いてしまいます。

そっと寄り添っていい感じになっても、口臭があるとそればかり気になってそれ以上の発展をすることができません。

しっかりと歯磨きをして、場合によっては口臭消しのタブレットなどを噛んで、ブレスケアも怠らないようにしましょう!

また、タバコを吸う人はタバコの匂いにも気を遣いましょう。

服や髪の毛についた匂いには気を遣えてもタバコによる口臭には気付かない人って結構います。

その場で吸っていなくても、吸った後の口臭って結構キツいものですよ。

5. 相手の話をよく聞く

はじめてのデートにすっかり舞い上がってしまって「相手がどんな話しをしていたか覚えていない…」という人もいます。

せっかく楽しみにしていたのに会話を聞いていないのってかなり致命傷ですよね。

はじめてのデートで緊張する気持ちもわかるのですが、まずは舞い上がっている精神を落ち着けましょう。

そして相手の話をよく聞いてちゃんと会話のキャッチボールをしてください。

せっかくしっかり話を聞いていても相づちだけでは味気ないので、相手の言ったことを興味ある感じで少しオウム返ししてみたり、

話したことについてちょっと質問してみたりするといいですよ。

相手も「自分の話をよく聞いてくれているな」「自分の話に興味を持ってくれて嬉しい」と感じますよ。

6. 自分の希望ばかりを通そうとしない

デートとは2人で楽しむものです。

2人で楽しむためにはどうしたらいいかも考えてプランを考えたり、相手の意見を聞けるのが一番です。

しかし、このデートは失敗できない!という思いから自分の頭の中で色んなプランやシミュレーションをして、

相手に意見も聞かずに「次は○○に行きたい!」「ディナーは○○が食べたい!」と独断で決めてはいけません。

自分の思い通りにプランが運べたら失敗らしい失敗はしないかもしれませんが、

相手は「何だかこっちの意見てどうでもいいのかな…」と、デートなのに相手はおいてけぼりを食らったような感じになってしまいますよ。

7. ボディタッチはしない

はじめてのデートでのご法度は「ボディタッチ」です。

身近に感じさせるためにはいい手のように思いますが、はじめてのデートということを考えるとあまり積極的に相手の体を触るのはよろしくありません。

ボディタッチの相手が女性の場合は「はじめてのデートなのに、遊ぶ以上のことを期待されてる…?」

「付き合ってない(付き合って間もない)うちにあまり触られるのはイヤだな」と引かれてしまいますよ。

また、相手が男性の場合は「どの男にもこんなに距離感が近いのかな…」「もしかして今日は最後までOKってこと?」

なんてあらぬ誤解をされてしまいますよ。

好きな相手だと、ついつい触れたい欲は沸いてしまいますが、はじめてのデートははじめてのデートらしく、適度な距離感を保つように心がけましょう。

8. 高級なお店ばかり行かない

デートに気合いが入りすぎて「上品でステキなお店でお茶したり食事したりしたい!!」と思ったりする人もいるでしょう。

しかし、相手のことを考えずにめちゃくちゃ高級なカフェやレストランばかりを選んではいけません。

あんまり高級なお店ばかりに行くと「この人とは金銭感覚が違うかも…」と思われて引かれてしまいます。

はじめてのデートで、デート向けのお店がどんなものか想像がつかなくて「高級なお店なら間違いない」と思うかもしれませんが、

リーズナブルでもデートに向いたオシャレで美味しいお店はたくさんありますよ。

また、女性の場合は男性よりも割高なお店をチョイスさる傾向があります。

男性は同性同士だと居酒屋やファミレスで済ませることも多いのです。

しかし女性はお料理もそうですが、雰囲気を重視して充実した時間にしたいと思うことがあるので、女子会などでも自然とオシャレで少しリッチなお店を選びがちです。

そのノリでデートでもそういったお店ばかりチョイスしていると「大衆的なお店は行かない子なのかな?」「付き合ったらお金がかかりそう…」なんて印象がついてしまいますよ。

9. 人が少ない所をデート場所にしない

周りに人がいると落ち着いて話せないから、人の少ない場所でデートがしたい…そう思う人もいるでしょう。

周りの雑音や人の目が気になってうまく自分の良さを出せないことってありますよね。

カフェなどに入って落ち着いて話したいと思っていても、もしかしたら隣の席の人がこちらの会話を聞いてるかもしれないと思うとイヤな気持ちになりますよね。

しかし、今回ははじめてのデートなのであまり人がいないような場所をデートに選ぶのはよくありません。

特に相手が女性なら「こんな人気の少ないところで…変な雰囲気になったらどうしよう」「なんか怖い」など不安を感じてしまいます。

騒がしいのが苦手な人にとっては何だか居心地が悪いと感じてしまいますが、女性にとっては周りの騒音や人の気配は時として安心の材料になります。

はじめてのデートはあくまで健全な雰囲気でいきましょう。

10. 密室に行かない

初めてのデートでは密室に入るような場所に行くのはまず、NGです。

ホテルや自分の部屋なんてのは論外ですが、ほかには密着するようなスペースマンガ喫茶のカップルシートや、場合によってはカラオケなども避けたほうがいいでしょう。

カラオケは歌が好きな相手や、あからじめ「カラオケ行きたいね」など相手と約束していた場合は大丈夫でしょう。

突然、異性と密室に入ると「あれ?何か誘ってる?」「何だかきまずい…」と思われて何だか変な空気になってしまいます。

はじめてのデートだからこそ開けてた場所で、相手が安心感を持てるように心がけましょう。

11. 相手を尊重する言動

好意のある相手と一緒にいると好きだという気持ちが溢れてついつい暴走してしまう人もいるでしょう。

楽しいのですが、はじめてのデートなのでどうすればいいのかわからず自分本位に動いてしまうもあるでしょう。

「ちゃんとエスコートしたい」「退屈させたくない」「つまらないヤツだと思われたくない」と頑張っても相手の反応を見たり提案にも耳を済まさないと

「この子は何だか自分のやりたいことばっかり」「私の意見や提案は全部スルーされるんですけど」と思われてしまいます。

デートは2人でするものということわ忘れずに、まずは落ち着いて

「これからどうする??○○に一緒に行きたいなって思ってるんだけどいい?」「何か食べたいものある?」など

ちゃんと相手の意見にもしっかりと耳を傾けて、相手を尊重した行動をとりるようにしましょう。

12. 食事は互いが共通で好きなものにする

食事はデートの中でもかなり重要なポイントです。

初デートはディナーデートだという人も結構います。

そんな重要な食事なので、お店やメニューのチョイスを失敗したくありませんよね。

人気ののお店やおすすめのメニューを調べてそれを選ぶのもいいですが、相手の好きなものリサーチも忘れてはいけません。

いくら世間では美味しいと評判の料理でも、相手があんまり好きではないものであるということもあります。

また、相手に合わせてばかりで自分があまり好きではないものを選んでも楽しくありません。

デートは2人でするものなので、2人が好きな料理を選んで楽しい食事になるようにしましょう!

デートの日よりも前から「どんなものが食べたい?」「好きな料理は?」「おすすめのお店ってある?」など2人で話し合ったり、

何気なく雑談したりしてデートの日に行くお店や食事を決めておくと間違いはありませんね。

13. 帰宅が遅くならないようにする

デートが盛り上がるとついつい時間を経つのも忘れてしまいますが、あまり遅い時間まで遊ぶのはよくありません。

男性の場合は、時間に余裕をもって女性が家に帰ることが出来るように配慮しましょう。

「まだ終電あるし、もうちょっとだけ大丈夫でしょ」と思っていても、夜遅くなればなるほど危ないですし、

万が一に電車の事故などで電車が遅れていたりすると女性が帰宅できる時間はどんどん遅くなります。

そして女性の場合は「まだ一緒にいたい」と思って「終電ギリギリまで大丈夫だよ!」と言っているいると

「この子はいつも男とこんな時間まで遊んでる子なのかな?」と勘違いされてしまいますよ。

また、夜遅い時間の帰り道も危険なので気を付けましょう。

また、あまり遅い時間に帰宅するとちょっと厳しめのご両親がいる場合

「こんな夜遅くまで女の子をつれ回して…娘はどんな友達(恋人)と付き合ってるんだ」と彼の心証まで悪くしてしまいますよ。

今後、気持ちよく付き合っていきたい場合はご両親の心証も大切です。

次のデートのときにイヤな顔をされたり止められたりしないように、帰宅時間はくれぐれも気を付けましょう。

14. 寝る前に必ずお礼のメールをする

デートは余韻もとても大切です。

解散したあとも、お互い今日の出来事を振り返っては幸せな気分に浸っているものです。

そんな気持ちを出来るだけ早く相手に伝えたいですよね。

「今日はありがとう!とても楽しかった」「楽しすぎて帰るのが惜しかった。ありがとう!」など、簡単なものでいいので必ずお礼のメールをしましょう。

そうすると相手も「同じ気持ちでいてくれた」「また今度もデートしたい」と喜んでくれますよ。

また、このメールを送るタイミングも「デートの日の寝る前」というのがとても重要なポイントです。

解散してからすぐでは相手も帰宅中やらお風呂に入ったり用事をしたりとバタバタしていますし、次の日の朝では遅すぎます。

あくまで余韻を残しつつも落ち着いた時間にメールを送ることが大切です。

15. 次のデートの約束が出来そうか見極める

はじめてのデートで緊張したり舞い上がったりしてしまいますが、相手の反応もしっかり見ておくようにしましょう。

例えばデート中に「次はここに行きたいね」「今度はこれを食べたい!」など

「次回」を連想させるような言葉が相手の口から出ていたら「次もデートしたい」という気持ちが現れています。

これらの他にもデートの夜に相手から「今日は楽しかった。また遊ぼう」とメールが来たりすると相手も次回を期待していると思っていてもいいでしょう。

しかしメールでのお礼は社交辞令ということもあるので見極めることが必要です。

デート中の相手の反応などと合わせてこのメールの真意を理解しましょう。

逆にデート中に「またここに来ようね」と何気なく言ってたら、相手が笑ってかわしたり

「今度は友達と来てみようかな」となんとも微妙な返事をされたりしたときはちょっとマズイです。