大人の恋、それに憧れる人は少なくないのではないでしょうか?

大人ならではの余裕があって、恋をしていても自分を見失わない、相手の自由も尊重しているなど、大人の恋には多くの魅力があります。

大人の恋は、器用な人だけができるものと決まっているわけではありません。

恋をしたら、いつか大人の恋に発展させていきたいなと思うこともあるでしょう。

恋をする全ての人たち、その人たちが意識し始めた瞬間から、大人の恋に変貌させていくことはできます。

そんな大人の恋とは、どのようなものなのでしょうか?

今回は、「大人の恋の12個の特徴と大人の恋を成就させるポイント」と題しまして、大人の恋についてご紹介します。

これを読んだ人たちの恋が、よりよい大人の恋に発展し、末永く続いていくことを心から祈ります。

大人な恋愛って憧れますよね

大人な恋愛って憧れますよね。

なぜかと言うと、恋愛の最上級の形のように感じられるからです。

達観していると言いますか、相手と深い絆で結ばれているような、「質の高い恋愛」と言えそうです。

自分と相手の心と心でつながっている、どんな障害が立ちふさがっても、決して壊れることがない強さも感じさせます。

しかし、それは自分1人の意識だけでは成り立ちません。

理想として、相手に押し付けるものでもありません。

相手との間に「確かな信頼関係」が築けて初めて、「大人の恋愛」の域に達するのではないでしょうか?

相手を信じ、相手から信じられる、まさにソウルメイトのような関係に近いかもしれません。

▼【関連記事】大人の恋愛の魅力についてはこちらの記事を先にチェック!
大人の恋愛の魅力とは?駆け引きやドキドキが堪らない大人の恋愛の特徴9個 →

大人な恋愛の12個の特徴とは?

上記で、大人な恋の響きやイメージについて書き連ねてみました。

とは言え、実際には大人の恋愛にはどのような特徴があるのでしょうか?

大人とは言え、特別に難しいことばかりではないはずです。

誰でも最初は初心者であり、最初から大人の恋の形を完成させている人たちばかりではありません。

一歩ずつ完成に近づけていけたら良いのではないでしょうか?

こちらでは、12個の特徴をご紹介します。

それでは、順に見ていきましょう!

1、デートがお洒落


1個目は、「デートがお洒落」です。

大人な恋愛だけに、デートの行き先などが洗練されているようです。

気軽に立ち寄れる場所でのデートも捨てがたいですが、大人な恋愛を楽しみたいのであれば、特別な場所を選ぶことも重要なポイントと言えますね。

記念日の有無に限らず、相手と過ごす時間をお洒落にすることは、大人ならではの醍醐味かもしれませんね。

特に、下記に挙げる3つのポイントが当てはまります。

チェーン店の居酒屋には行かない

1つ目のポイントは、「チェーン店の居酒屋には行かない」です。

チェーン店の居酒屋自体を否定しているわけではありません。

が、上記にも挙げましたように、チェーン店の居酒屋は「気軽に立ち寄れる場所」に分類されます。

恋人でなくても、家族や友達と気軽に行ける場所と言えます。

つまり、デートでなくても行ける場所は選ばない、これが大人の恋の領域と言えるでしょう。

特別感を演出したいのであれば、デートの行き先候補から外しましょう。

高級レストランで食事をする

2つ目のポイントは、「高級レストランで食事をする」です。

大人だからこそ行ける場所だけに、大人の恋の醍醐味の1つと言えるでしょう。

それはただ単に高いからだけではなく、高級レストランならではの雰囲気や店員さんの最上級のおもてなしがもたらす「相乗効果」です。

高級な場所で、かしこまった雰囲気やマナーに触れ、審美眼も磨かれるなど、自分にとっても為になることがあるでしょう。

それらの要素に浸れる余裕が、大人な恋愛の質を向上させるのではないでしょうか?

飲みに行くところはBar

3つ目のポイントは、「飲みに行くところはBar」です。

隠れ家的なBar、カウンターがお洒落なBarなどはいかがでしょうか?

お酒が進むにつれ、普段できない話しができるかもしれません。

恋人とお酒を楽しむひととき、2人だけの世界に華を添えてくれるでしょう。

ドラマのワンシーンのような、非日常感を味わうこともできるのは魅力的ですね。

日常の喧騒を忘れ、特別な時間を過ごしましょう。

2、束縛し合わない

2個目は、「束縛し合わない」です。

大人の恋愛において、束縛は無用です。

束縛をしてしまうとしたら、それは相手を信じ切れていないからです。

自分が安心できないから、相手を自分の思いどおりにしたい、こうした思いが束縛に発展してしまう要因と言えます。

しかし、束縛をしてしまうことによって、自分自身が相手の心を遠ざけてしまうことになるでしょう。

一緒にいても心は離れている、相手は抜け殻のような状態なわけです。

それは、とても虚しくてさみしいことです。

相手のことを本気で好きなのであれば、相手の自由を尊重する余裕を持つことも必要ですよ。

3、喧嘩しない

3個目は、「喧嘩しない」です。

「喧嘩するほど仲が良い」と言う言葉はありますが、しなくても良いものならしたくないと思うこともあるでしょう。

次の日きれいさっぱり忘れて仲直りできるのなら良いですが、長くくすぶってしまうと要注意です。

その歪(ゆが)みが、2人の間に亀裂を生じさせ、修復不可能な状態になってしまっては大変なことになります。

喧嘩はお互いに納得するように、その時にきちんと解決しておかないと「火種」として再燃することもあるので、非常に厄介です。

喧嘩をしないようにするためには、自己主張し過ぎないこと、相手の意見も尊重することなどが大切です。

短気は損気、思わずカッとなってしまいそうになったら、深呼吸をして冷静になりましょう。

4、お互いが自立している

4個目は、「お互いが自立している」です。

つまり、お互いに依存せず、お互いの自由を謳歌(おうか)していると言うことですね。

経済的にも相手に任せきりと言うことはないでしょう。

自分の力で生きていけることは、素晴らしいことです。

自立することによって、それまでの意識が大きく変わり、周囲にも柔軟な対応をすることができるでしょう。

それが大人であり、大人の恋に応用されていくと言うことなんでしょうね。

付かず離れず、近すぎず遠すぎずなどの点においては、理想的な関係と言えますね。

シーソーや天秤(てんびん)のようにお互いのバランスが取れてこそ、大人の恋を謳歌することができるでしょう。

5、毎日連絡しなくても安心できる

5個目は、「毎日連絡しなくても安心できる」です。

好きな人とは、ほんの少しの時間でも連絡を取りたくなることはあるでしょうし、そう思う気持ちもわかります。

しかし、大人の恋の次元まで到達すると、そうした気持ちに執着することはなくなります。

それは、心から相手と信頼関係が成り立っていると言うことです。

目に見えないものほど、強固なものなのかもしれませんね。

今は様々な連絡手段があるからこそ、遠く離れてしまうこともあるでしょうが、相手への思いが確かならば多少のことでは揺らぐこともないでしょう。

自分が相手を信じれば、相手にその気持ちが伝わって、相手も自分を信じてくれると言う好循環が出来てくるでしょう。

6、尊重し合っている

6個目は、「尊重し合っている」です。

相手を尊重する姿勢を持ち続けること、これこそ大人の恋愛です。

付き合いが長くなるにつれて、相手に対する扱いや態度が雑になってくることもあるでしょう。

それだけ相手に気を許していると言えば聞こえは良いですが、身近な人を大切にできなければ恋自体の存続も危うくなる恐れがあります。

どんなに付き合いが長くなっても、相手を敬う気持ちは持ち続けましょう。

お互いに相手を尊重し合うことで、相手への愛が続いていくでしょう。

7、自分の時間を大切にしている

7個目は、「自分の時間を大切にしている」です。

いくら恋愛をしているからと言っても、全ての時間を恋愛のために使うことはありません。

公私混同をしないように、恋愛は恋愛、自分の時間は自分の時間と言うように「線引き」することも必要なことです。

そうした時間が、心身にゆとりをもたらし、満たされた余裕によって、相手に対して真摯に優しく接することができるようになるでしょう。

自分の時間を大切にすることは、自分のためだけでなく、相手との関係を良好に保つための活性剤のような効果をもたらしてくれるものと言えそうです。

自分にしても、相手にしても、お互いの時間を大切にすることを忘れないでありたいですね。

こうしてどんな時も自分らしくあり続けること、それが大人の恋を引き立てる要素と言えるでしょう。

8、相手を理解している

8個目は、「相手を理解している」です。

相手のことをきちんと理解している、それは恋愛に限らず、人と接するうえでは重要なことです。

「自分は恋人のことを理解している!」と自信を持って言える人はどれくらいいるでしょうか?

上辺や先入観だけでなく、日頃から相手のことをよく見ていれば、相手がどう思うかなどが少しずつわかるようになるでしょう。

相手を理解することによって、相手に自分のことを理解してもらうこともできるでしょう。

そうして、お互いのことを理解し合えば、より深い愛情に満たされることができるのではないでしょうか?

9、干渉しすぎない

9個目は、「干渉しすぎない」です。

干渉も度が過ぎれば、束縛につながるからです。

好きだからこそ知りたい、それはある種の傲慢(ごうまん)とも言えます。

自分が相手のことを知れば納得できると言うのは、あくまで自分の都合です。

あれこれ干渉される側としては、息苦しさを感じ、心の距離が徐々に開いていってしまう要因になっていくでしょう。

それに、言いたくないことや聞かれたくないことは誰しもあるものです。

必要以上に詮索することは、そうした相手の気持ちを無視することになります。

過度な干渉は、余計なお世話と心得ましょう。

10、結婚を視野に入れている

10個目は、「結婚を視野に入れている」です。

恋をしている2人なら、結婚を視野に入れることは自然な成り行きと言えますね。

お互いを「一生を共にする相手」と認識し、特別な存在と考えているようです。

つまり、それだけ真剣な気持ちを秘めていると言うことになります。

結婚を意識することによって、その後のことも考えるきっかけとなり、より真摯に相手と向き合うことができるようになるでしょう。

結婚は生涯を一緒に歩んでいくことです。

大人の恋のフィナーレを飾るのにふさわしいですね。

11、相手に多くを求めない

11個目は、「相手に多くを求めない」です。

恋人に何かを求めること自体が悪いわけではありません。

恋人だからと言って、あれもこれもと相手に求め過ぎることが良くないのです。

まして、それが当たり前になってしまったり、相手に感謝もしなくなっては、恋とは言えません。

やがて相手はあなたに辟易(へきえき)するようになり、心身ともにあなたから遠くに行ってしまうことになるでしょう。

恋人だからこそ、言いたいことも言いますが、同時に遠慮もするものです。

恋人であると同時に、人と人としての最低限の礼儀をわきまえましょう。

12、距離感がちょうどいい


12個目は、「距離感がちょうどいい」です。

近すぎず遠すぎずと書きましたが、恋人にもある程度の距離感は必要です。

その距離は人それぞれではありますが、傍から見てもちょうど良いくらいが理想ではないでしょうか?

ベタベタし過ぎず、離れ過ぎず、阿吽の呼吸のような関係が大人の恋にピッタリです。

距離感は心の安寧度と言えます。

近いから安心、遠いから不安と言うものではなく、相手との間に流れる心地よさがちょうどいい距離感かもしれません。

隣や目の前にいなくても、相手との間に確かな愛情が形成されているのであれば、測れる距離は大したものではありません。

絶対成就させたい!大人との恋を叶えるには

上記で挙げたように、大人の恋の特徴は奥深いものばかりでしたね。

恋人だから恋人にだけ時間を割くのではなく、自分の時間や自立も達成している、恋と自分の時間を同時に謳歌していると言うのは最大の魅力ですね。

大人の恋とは、こうして語る以上に確かなつながりを持ったものと言えそうです。

これは、ぜひとも成就させたいですね!

なんと、大人の恋を成就させる秘策があります。

こちらでは、10個のポイントをご紹介します。

それでは、順に見ていきましょう!

曖昧にしない

1個目は、「曖昧にしない」です。

曖昧(あいまい)な態度は、相手を疑心暗鬼にさせてしまいます。

どっちつかずと言えば聞こえが悪いですが、自分の意志をはっきりさせないことは「ズルい」と言われても仕方ないです。

それが積み重なっていくと、相手との間にある信頼関係は大きく揺らぐことになりかねません。

相手を不安にさせないためにも、相手との信頼関係を壊さないためにも、曖昧な態度は控えましょう。

相手と意見が対立したとしても、自分の意志を明確に相手に伝えることは大切なことです。

その姿勢は、相手に対する誠意と言えます。

駆け引きはしない

2個目は、「駆け引きはしない」です。

恋に駆け引きがあると、刺激的で良いのかもしれません。

積極的になる、相手を追いかけるなどの「押し」、そっけない態度を取る、連絡や会う回数を減らしてみるなどの「引き」、この「押し引き」のバランスが駆け引きのテクニックです。

駆け引きは経験やレベルが必要なスキルと言えます。

が、行き過ぎた駆け引きは恋を燃え上がらせる以上の副作用をもたらすこともあります。

恋に安寧を求めるのであれば、必要以上の駆け引きは不要でしょう。

相手を揺さぶるのではなく、相手を安寧に導くことこそ、大人の恋です。

相手の気持ちを大切にする

3個目は、「相手の気持ちを大切にする」です。

恋をするからには、相手の気持ちを大切にすることは大前提です。

それは、相手を尊重することから始まります。

たとえ相手の意見が自分と違うものであったとしても、それを無下にすることのないようにします。

そうした気持ちの数々が、相手を大切にする原動力になるのではないでしょうか?

自分主導になって相手を顧(かえり)みないようではいけません。

相手と一緒にお互いを思いやることが、お互いの気持ちを大切にする架け橋になるでしょう。

まずは、相手の意志を尊重することから始めてみてはいかがでしょうか?

自分ばかり突っ走らない

4個目は、「自分ばかり突っ走らない」です。

相手のことが好きなあまり、気持ちが突っ走ることがあるかもしれません。

恋によって生まれる愛情は、それだけ熱を秘めているものだからです。

それは、時として相手を置き去りにすることになります。

自分だけ盛り上がって、いつのまにか相手のことを見ているようで見ていない状態になってしまうようです。

大人の恋は、相手と適度な歩調を取れてこそ成り立つものです。

恋は自分だけでするものではなく、相手がいてこそのものです。

相手に対する気持ちがあるのならなおさら、それをコントロールすることも大人の恋には必要なことと言えるでしょう。

空気を読む

5個目は、「空気を読む」です。

空気を察し、その時々に合わせた言動や行動をすることが必要なこともあります。

「親しき中にも礼儀あり」とあるように、恋人だからこそ、節度ある対応ができるようにしておくことは大切なことです。

それが、大人の恋における礼儀と言えるでしょう。

空気を読むとは、すなわち、相手のことを察することにつながります。

相手のことや事態を把握し、相手に配慮する気持ちと姿勢を持ちましょう。

そうすることで、相手を思いやる気持ちや姿勢がより強くなっていくでしょう。

聞き上手になる

6個目は、「聞き上手になる」です。

好きな人に自分の話しを聞いてほしい気持ちはわかります。

それは相手も同じはずです。

相手に自分の思うことや感じたことを共感してほしい気持ちは、多かれ少なかれあるでしょう。

なので、まずは相手の話しを聞く「聞き上手」を目指しましょう。

相手の話しに耳を傾けて、相手が言わんとすること、言葉にする以上の本心を知る力がついてきたら、より相手のことを理解することができるでしょう。

「話し上手は聞き上手」とあるように、人の話しを聞くことが上手にな人は話しも上手です。

話すことと聞くことが上手であれば、恋人だけでなく、あらゆる人間関係を円滑にすることができるでしょう。

自分に自信をもつ

7個目は、「自分に自信をもつ」です。

自信をもつことで、相手にも自然な振る舞いができ、それが相手を勇気づけることもあるでしょう。

自信なさげにうつむいているよりも、多少大袈裟でも自信に満ちあふれて前を向いている人に、相手はパワーをもらうことができるでしょう。

今現在自信がなくても大丈夫、たとえあなた自身が気づいていないことでも、好きな人は気づいてくれています。

だからこそ、相手はあなたを選んだのです。

そのことを自信の糧にしても良いと思います。

自分に自信を持つことは簡単なことであり難しいことでもあります。

だからこそ、価値があるものと言えます。

しつこくしない

8個目は、「しつこくしない」です。

しつこい人は嫌われる、これは一理あるかもしれません。

どんなに好きな相手であっても、あまりにしつこくされてしまうと気持ちが離れていってしまうのかもしれません。

相手を不愉快な思いにさせてまでする行いではありません。

距離感がちょうどいいのが大人の恋、波がスーッと引いていくように、ある程度のところで引き際を設けるのがちょうどいいでしょう。

しつこくすることは、相手に自分を押し付けていることと同義と心得ましょう。

広く浅くとあるように、相手の懐にねじこむような振る舞いは極力控えましょう。

どんなときも相手の味方でいる

9個目は、「どんなときも相手の味方でいる」です。

生きている中で、辛い時や逃げ出したくなることもあるでしょう。

その時、自分1人だけが取り残されたような気持ちになることもあるでしょう。

そんな苦しい最中にたった1人でも味方がいてくれる、そのことがどれだけ心の支えになるかご存知でしょうか?

その人が好きな相手なら、なおさらです。

どんな苦境に立たされても、相手の味方であり続けてください。

相手を信じる気持ちが比例して、きっとより強い絆で結ばれていくでしょう。

少しずつアプローチする

10個目は、「少しずつアプローチする」です。

自分のことをいち早く相手にわかってもらいたいがゆえに、一度に多くのアプローチをしてしまうことがあるでしょう。

相手にしてみたら、最初は可愛いと思うこともあるでしょう。

が、やがてそれらが積み重なってきた時、ゴリ押しのようにも感じてしまう瞬間が訪れるかもしれません。

相手のことを知らないからこそ、夢中になって追いかけることも恋の醍醐味です。

少しずつアプローチすることで、自分のことをわかってもらう機会を増やし、謙虚な姿勢を見せる好機です。

相手にしても、少しずつ好きな人のことを知っていけることは嬉しくもあり楽しくもあるでしょう。

子供の恋とは

上記までは「大人の恋愛」について、ご紹介してきました。

では逆に、「子供の恋」とはどのようなものなのでしょうか?

聞こえは悪いかもしれませんが、子供と言うだけに、大人の余裕などが足りないと言うことでしょうか?

自分の気持ちなどでいっぱいいっぱいで、相手に対して気遣ったりするところまで気が回らないのかもしれません。

あるいは、自分の理想とする恋の形や恋人像を相手に押し付けてしまっているのかもしれません。

恋をするにあたって、誰しもがそんな時期があったかもしれませんね。

子供の恋を知ることで、いわゆる「反面教師」の効果がありそうです。

こちらでは、4個の特徴をご紹介します。

それでは、順に見ていきましょう!

自分を優先してほしい

1個目は、「自分を優先してほしい」です。

恋愛をするにあたって、自分のことだけを考えてほしい、自分のことだけを見てほしいと思うことは自然な成り行きかもしれません。

「相手にとって自分は特別!」と思われたいと言うのも、恋人ならではの感情と言えばそうかもしれません。

そう思うこと自体が全て悪いわけではありません。

しかし、相手の都合なども考えないなど、明らかに度を越した状態になってしまった時は話しは別です。

自分さえ良ければそれで良い、そんな気持ちに支配されてしまっていては、とても相手のことを思いやる気持ちには欠けているように思います。

相手のことを思いやる気持ちが欠如していては、大人の恋愛どころか、恋愛自体の継続は難しくなってくることは否めないでしょう。

自分を優先してほしいと思うのであれば、まずは相手を優先する気持ちを持って、実際に行動に移してみてはいかがでしょうか?

嫉妬や束縛をする

2個目は、「嫉妬や束縛をする」です。

相手のことを思い過ぎるあまり、相手を自分に縛り付ける状態を作ってしまっていますね。

相手が自分以外の異性と交流を持ったり、異性の芸能人の番組やドラマを熱心に観ることなどに対して、沸々と面白くない感情が芽生えてしまうことがあるようです。

確かに、自分以外の異性と楽しくしているなどの光景を目の当たりにしたり、人づてに聞くことは面白くないこともあるかもしれません。

しかし、あなたの嫉妬の矛先は自分の恋人でしょうか、それとも自分の恋人と交流していた異性でしょうか?

もしも前者であるならば、恋人よりも自分が一番なタイプに多いです。

後者であるならば、恋人が好きなあまり、思い詰めることもあるようです。

どちらにしても、度が過ぎる嫉妬や束縛には注意が必要です。

嫉妬や束縛をすることによって、恋人との間に溝を作ってしまっていることにいち早く気がついたほうがいいです。

常に連絡を取っていたい

3個目は、「常に連絡を取っていたい」です。

普段の日常はもちろんのこと、寝る前の時間など、ちょっとした時間でも相手と連絡を取りたい気持ちが強いようです。

携帯電話、メール、LINEなど、連絡手段は多くあります。

本当は直接会える方が一番良いのですが、お互いの都合によっては会えないこともあるでしょう。

そんな時、上記に挙げた連絡手段は重宝します。

声やメールを通して相手とつながりを持てることは、貴重であり幸せなことです。

常に連絡が取れなくなると、不安に駆られる気持ちも理解できますが、義務化してしまうことは避けたいですね。

「ほどよい距離感」がマンネリ化を防いだり、連絡が取れることに対する有難みを増やしてくれる効果もあるでしょう。

相手と連絡を取れる「当たり前」に、感謝する気持ちを忘れないでありたいですね。

依存し合っている

4個目は、「依存し合っている」です。

依存とは、他の人に頼ることです。

「依存し合っている」と言うことは、お互いにもたれ合い、頼りきると言うことになります。

つまり、相手がいないと生きていけないと言う感覚に近いものかもしれません。

それほどまでに、相手のことを愛していると言えばそうかもしれませんが、依存は愛情が進化したものとは言えません。

愛情とは違う、いわゆる「執着心」に近い感情です。

無意識なものもあれば、心のどこかで気づいているものもあるでしょう。

解消されない不安、相手あっての自分、相手がいなくなることへの恐れなど、尽きることのない負の感情に支配され続けるでしょう。

まずは、自分の自己肯定感を上げたり、相手以外に夢中になれる趣味などを見つけてみてはいかがでしょうか?

大人の恋を楽しもう

以上が、大人の恋愛に関してのご紹介となりますが、いかがでしたか?

大人の恋愛の特徴やポイントは、恋愛だけでなく、人と関わるうえで欠かせない要素もありました。

相手がいてこそ成り立つ、それが対人関係です。

自分本位な考え方をしてしまったり、相手の意見などをないがしろにしてしまっては、築けるものも築けなくなってしまいます。

とは言え、一言で「大人の恋愛」と言っても、大人だからできて当然、子供にはハードルが高いと言うことはありません。

どんな大人でも心がかき乱されることもありますし、子供でも精神年齢が高いなどの理由から達観している人もいます。

どちらにしても、どちらにも当てはまらないとしても、「恋」を楽しむことから始まります。

恋をしていくなかで、大人な考え方や大人としての余裕、大人の楽しみ方を身につけていくことになるでしょう。

今恋をしている人、恋を求める人、全ての恋をする人たちへこの言葉を送ります。

大人の恋を思う存分謳歌してください、皆さんの恋が彩りと幸せに満ちあふれたものになることを心から祈っています。