子どもは元気で外で遊ぶもの。

誰しも何となくそんなイメージを持っているのではないでしょうか。

大人では疲れてしまいそうな時間でも遊ぶ事が出来、寒くても暑くてもどんな天気でさえ子供達は元気に走り回る事が出来るイメージを持っています。

ですが、実際は最近の子供達はあまり外では遊ばないと言う事をご存知でしょうか。

子供たちが外で遊ばなくなった理由は沢山あります。

一つは治安の悪化でしょう。

昔は、子供たちだけで空き地に遊びに行く事は珍しい事ではありませんでした。

暗くなるまで外で遊んでいたとしても何ら問題は無かったのです。

けれど、今ではそうもいかない場合多々あります。

連日様々な凶悪な事件子供たちだけで外で遊ばせる事が危険になってしまったのです。

お母さんたちも暇ではありません。

夕方の忙しい時間帯にずっと一緒に外で遊ぶ事は不可能です。

だからこそ、ついつい外で遊ぶ機会が減ってきてしまっているのでしょう。

また、単純に遊ぶ場所が減ってしまっているという事もあります。

昔は沢山あた空き地が今では無くなっています。

道路などで遊んでいると、周りの家の方の迷惑になる場合もあります。

それならばと公園で遊ぼうと思っても、最近ではボール遊びをする事が出来なかったりと公園であったとしても遊び方が制限されてしまうケースも少なくありません。

だからこそ、結果的に外で遊びぶ機会が減ってしまっているのです。

けれど、子供の発育には遊ぶ事が重要です。

特に外で遊ぶ事が大切なのです。

遊びやすさを考えるのであれば、家の中で目の届く範囲においておくのが一番の得策です。

けれど、多少無理をしてでも遊ばせるだけの良い効果が外遊びにはあるのです。

だからこそ、今回は外遊びの良さを今一度思い出していただければと思います。

子ども風の子!外遊びが大切!

昔からら、子供は風の子と呼ばれてきました。

それだけ寒さに強く、どんな天候でも元気に遊ぶ事が出来るという比喩なのでしょう。

子供はもともと体温が大人よりも高く脂肪も多いと言われています。

だからこそ、大人が尻込みしてしまうような寒さでも元気に遊ぶ事が出来るのです。

ですが、今の子供たちはあまり外では遊びません。

それにはいろいろな理由が考えられ、子供たちのせいと言うよりはむしろ社会のせいと言わざるをえない部分もあります。

大人たちも、子供の事を考える事は大切ですが、つい周りの社会との調和を考え外遊びを嫌煙してしまう事もあります。

けれど、そのような状況であったとしても子供たちは外遊びをする事が大切です。

外遊びをするようにすると、子供たちには良い効果が沢山あります。

体がより健康になり体力が付く事もあるでしょう。

ものの使い方を学んだり強弱の調整を学ぶ事だって出来るようになるかもしれないのです。

実際に経験しなければ分からない事が沢山あります。

だからこそ、多くの事を経験する為にも、外遊びをする事は大切な事なのです。

今外遊びする子どもが減少している理由とは

今の社会では、子供たちが外で遊ぶ機会を目にする機会がずっと減りました。

もちろん、探せばどこかで遊んでいる子を探す事は出来るかもしれません。

けれど、その数は昔に比べれば確実に減ったと言えるでしょう。

昔は家の前の道端で遊んでいた子供たちの姿も、今ではすっかり見る機会が無くなってしまったのです。

それにはいったいどんな理由があるのでしょうか。

子供たちが外で遊ばなくなった理由はいくつも考えられます。

治安の悪化という意見もあれば、そもそも外で遊ぶ場所がなくなってしまったという事も考えられます。

例え公園であったとしても、遊ぶ方法が限定されている事もあり、自由に遊ぶ事が出来ないという事もあるでしょう。

大人が遊びに同伴する事が必要となる場合もありますが、出来る時と出来ない時があり結果的に外で遊ぶ時間が無いという事もあります。

更には、子供たちの遊びの中にもっと多くの選択肢が増えたという事もあります。

ゲーム機や携帯などの電子機器が普及したこともあり、ただ外で遊びまわるよりもそれらを使って遊んだ方がより楽しいと感じる事が出来るよういなってしまったという事もあります。

だからこそ、公園に行ったとしても走りまわる事もせず、ずっと携帯やゲームなどを見つめている子供たちも少なくないのです。

時代は常に変わるものです。

子供たちの遊び方もまた同じ事。

昔と比べて変わったとしても仕方のない事なのかもしれません。

大人たちの生活に電子機器が普及しとても便利になったのと同じように、子供たちの生活のまた変化したのです。

ですが、そうだったとしてもなお外で子供たちが遊ぶ事は成長にとってとても大切な事です。

だからこそ、今一度その利点を考え直し行動を見直してみてはいかがでしょうか。

子どもに外遊びをさせる9個のメリットとは

今の子供たちは外で遊ぶ機会が大きく減っています。

それにはいくつかの大きな理由が考えられます。

時代の変化とう事もあり、仕方がない部分も多くあるのでしょう。

けれど、そうだったとしても子供たちが外で遊ぶ事にはメリットを感じる事が出来るはずです。

物事には必ずそうなるべき理由があるのです。

だからこそ、その理由を知らず、ただ進められるだけでは納得する事が出来ない事もあります。

けれど、その理由を知り利点を知る事が出来れば今までとは違った考え方をする事が出来るようになるというものでしょう。

そうなる為にも、まずは祖と遊ぶのメリットをご紹介させていただきます。

最近子供たちを外で遊ばせていないなと感じる方も、それを知る事によって改めて外遊びをさせたいと思う事が出来るかもしれません。

友達ができる


子供たちの世界は、大人が思っているよりもずっと複雑に出来ています。

大人顔負けの社会生活を送っている場合もあるのです。

だからこそ、友達作りもまた年齢が上がればあがるほど複雑になっていきます。

女の子の場合には、グループ化するのも早く大人が頭を抱える問題の一つです。

けれど、そうは言ってもすぐにそうなるわけではありません。

段々と段階を踏む事によって、それらの行動は変わってくるのでしょう。

おそらく、幼いうちは良く会う子がそのままお友達になっていく傾向があります。

親同士が仲が良い場合などは、物ごころつく前から一緒に過ごすなんて事も珍しい事ではありません。

ですが、最近ではママ友作りそのものに苦手意識を感じている人も居ます。

つい外に出るのが億劫で家の中だけで子供と過ごしてしまうなんて人も居るでしょう。

しかし、それでは子供が他の子に接する機会がありません。

他の子に接する機会が無ければ友達になる事も出来ないでしょう。

人間は何事も経験です。

友達の作り方もまた経験なのです。

幼いころに一切友達作りをしてこなかった人が、いきなり幼稚園や学校に入りまわりの人と友達になりなさいと言われてもどうやって友達になったら良いのかが分からないのです。

方法が分からないからこそ、動きようが無くいつの間にか一人孤立してしまう事も考えられます。

だからこそ、経験を積む事はとても大切なのです。

外に出て、外遊びをするようになれば自然と同じくらいの年代の子供たちにかかわる事が出来るようになります。

その中で他人とどうかかわっていけば良いのかを学ぶ事が出来るのです。

それが結果的に友達を作る事に繋がるはずです。

他の子どもを見て遊び方を勉強する


人間は学習する生き物です。

だからこそ、自分とは違う考えを持っている人をまじかで見る事によって、その考え方や行動を学ぶ事が出来るようになる場合もあります。

特に子供の場合には、生まれたときはまっさらな状態で生まれてきます。

人間の子供は、動物の中でも特に珍しく一人では全く何もできないような状態で生まれてくるのです。

その姿はとてもか弱く、誰かが守ってあげなければ死んでしまうほどです。

その為、人間は動物の中でも最も弱い生き物と言えるのかもしれませ。

しかし、人間はそこから学ぶ力を持っています。

まるでスポンジのように、多くの知識を吸収していく事が出来るようになるのです。

家の中でずっと一人で遊んでいる子供は、自分の遊びかたしか知りません。

その為そこから発想を広げる事も出来ず、単調な遊びになってしまう事でしょう。

子供の可能性は無限大ではありますが、その可能性を一人で発揮させるには少々難しい部分もあるのです。

そんな時、他の子供と関わる事によって、新たな発見がありそれが成長につながる場合もあります。

成長の速度は人によって違います。

早い子もいればゆっくりな子もいるでしょう。

例えゆっくりだとしても、そこ子が自分のスピードで成長しているのであれば何ら問題はありません。

けれど、つい人は他人と比べたりしたくなってしまうものなのでしょう。

子供同士が交流する機会が増えると、互いに成長を補いあう事が出来る場合があります。

発達がゆっくりだった子も、出来る事が多い子と一緒に過ごす事によって多くの事を学び一人でいるよりも早く成長する事が出来るようになるのです。

出来る人のまねをする。

それだけでも、子供の成長には大きな効果を発揮します。

脳が活性化する

人間の脳みそは様々な刺激によって成長しています。

だからこそ、単純な刺激だけでは成長をなかなか促せない場合もあるのです。

いくら家の中様々な経験をしたとしても、それは所詮は家の中だけの出来事です。

関わる人も限られてくるので、どんなに成長を促す事が出来ると言ってもそれには限界があるのです。

けれど外に出る事によってその可能性は飛躍的にアップします。

外には自分が思いもしないような出来事が沢山あります。

他人と多くかかわる事によって、全く予想外な展開を経験する事もあるでしょう。

また、手で実際に触ったり肌でその空気そのものを感じる事によって、イメージの中だけでは分からない深い部分を知る事が出来るようになる事もあります。

触覚・視覚・嗅覚・聴覚などありとあらゆる感覚を駆使する事が出来、それらが全て脳みその記憶として保管されます。

そうする事によって、それが経験となりそ後の人生に役立つ時がやってくるはずです。

いざ脳みそを発達させようと試みても何からスタートしたらいいのか分からない事も多々ある事でしょう。

ですが、子供のうちはあえて勉強などによって脳を鍛えようとしなくとも、普段の様々な経験によって十分に脳みそを発達させる事が出来ます。

だからこそ、外で遊ぶ事はとても大切な事なのです。

コミュニケーション能力がつく

家の中で自分が好きな事だけをやっている事は実に気が楽です。

兄弟が居ても居なくても、所詮は家族なのですからある程度自分の好きなように行動する事が出来る事でしょう。

ですが、それが社会に出ると違った面が目立つ場合もあります。

友達と一緒に過ごす事は、楽しい事ばかりではなく大変な思いや嫌な思いをする場合もあります。

そのせいで気持ちが落ち込んだり悩んだりしてしまう事もあります。

ですが、その経験こそが大切なのです。

自分の心を許す事が出来る人だけと付き合っていく事は、とても楽な事でしょう。

それだけで人生を過ごす事が出来るのであれば幸せともいえるかもしれません。

ですが、実際には世の中はそんなに甘くはありません。

例え自分が好きでは無いとしても合わないと感じたとしてもその人とかかわっていかなければならない事も多々あるのです。

その時に必要となるのがコミュニケーション能力です。

コミュニケーション能力があるかどうかによって、人付き合いの仕方が大きく変わってくる事もあります。

コミュニケーション能力は、誰かが与えてくれるものではありません。

自分が経験によって培っていくものなのです。

もちろん、性格によって他人とかかわる事が得意な人も居れば苦手な人も居る事でしょう。

だからこそ、スタートラインは少々差があるのかもしれません。

けれど、それによってコミュニケーション能力が明らかに差が出るという事はないでしょう。

むしろ、そのあとの努力によってその差は大き変える事が出来るようになるはずです。

外遊びをする事によって、普段はなかなか関わる機会の少ない人に会う事が出来るよういなる場合もあります。

その場で一緒に遊んだり話をする事によって、今までとは違った経験をする事が出来るようになるかもしれません。

それが結果的にコミュニケーション能力を向上させることに役だっているのです。

外で遊ぶ事は、ただ体を動かし筋力を鍛える為のものではありません。

体と同時に心も成長させてくれる方法なのでしょう。