新社会人として会社に入社した際に、誰もが一度くらいは経験することとして、飲み会の幹事を任されることがあります。

幹事とは、その飲み会を率先してセッティングする係と言えますが、地味に大変な役割だといえます。

なぜならば、飲み会に参加する人たちの様々な都合などを聞いた上で飲み会をセッティングしなければいけないからです。

当然全ての人の意見を聞いたりしてそれを叶えることは難しいですし、かといって適用のセッティングしても良いというわけではありません。

まさに自分自身の裁量が問われる、ある意味難しい仕事だといえるかもしれません。

また、面倒ばかり増えて、特に手当がもらえるわけではありませんので、なるべくであれば幹事は経験したくないと考えている方のほうが圧倒的に多いといえます。

しかしながら、幹事に任命されたからには断るわけにもいきませんし、それに見方を変えれば幹事を行うことで得られるメリットなども複数あります。

そこで、今回は幹事を行う上で、参加者の満足度を上げるポイントについてご紹介していきたいと思います。

もしもこれから幹事を行う、もしくは任命される可能性があるという方は、この機会に幹事にとって大切なことをチェックし、幹事の役割を成功させる秘訣を学びましょう。

幹事を任せられたら!幹事をする上で大事なこととは?

幹事を任せられることに対してネガティブな印象を持っている人はとても多いと思います。

なぜかというと、先ほどご紹介したように面倒事が増えたり、わがままを言われたりするなど、様々な苦労が予想されるからです。

確かに、たくさんの人の要望を聞いたり、何の見返りもないことを行うのは面倒に感じるかもしれません。

しかしながら、考えてみればネガティブなことだけではなく、様々な良いこともあります。

例えば、幹事の仕事とは当然周りの人も面倒に思っていたり、できればやりたくないと思っている人が大半です。

しかし、人が嫌がる役割などを率先して行える人物は周りから信頼されますし、評価されやるくなります。

毎回嫌な役割を引き受けてくれると思うと、いつも周りのために頑張っている人だと思われたり、役に立つ人物だと思われるようになります。

それは自分自身の印象を良くするうえでとても重要な要因になります。

つまり、幹事の仕事を任せられた場合は、率先して全力で行うことによって、周りに良い印象を持ってもらえるようになるはずです。

また、うまく人をまとめられるという点においては、リーダーとしての素質もあると思われるかもしれません。

なので、幹事の仕事を引き受けたからには、大事なポイントを押さえ、成功させることで昇進の可能性も高めることができるということです。

幹事をする上で大事なことをこの機会に学び、自分の魅力をアピールするチャンスとして幹事の役割を逆に利用してみましょう。

▼【関連記事】幹事を成功させるにはこちらの記事を先にチェック!
幹事を成功させるために気を付けるべき16個のこと

幹事をすることで参加者の満足度を上げる8個のポイント!

幹事を任せられたからには、精一杯幹事としての役割を全うする必要があります。

しかしながら、幹事の役割を毎回任されている人は問題ないかもしれませんが、初めて任されるという方もいるはずです。

幹事の役割を初めて経験する場合、どのようにして幹事の役割を担えばいいのかわからないと感じる方も少なくはありません。

どういう風に計画を進めていけばいいのか、またどのようなことに注意しなければいけないのかわからないのも当然です。

しかしながら、何の考えもなしにただ飲み会のセッティングを行うだけでは問題が発生する可能性もあります。

場合によっては、苦労するだけではなく、周りから怒られたり、幹事もできないと不満をこぼされる可能性もあります。

それは絶対に避けたいところなので、初めて幹事を経験する方は、参加者の満足度を上げるポイントを把握することが重要です。

最低限把握しておけば、失敗することがないポイントをいくつかご紹介していきますので、ポイントを押さえて、満足度の高い飲み会をセッティングしてみましょう。

1.一人ひとりの要望を聞く

まずはじめにご紹介する参加者の満足度を上げるポイントとして「一人ひとりの要望を聞く」ということが挙げられます。

これは参加者の満足度を上げるためには絶対に必要不可欠な要因だといえます。

飲み会の幹事の役割とは、ただ飲み会の場をセッティングするだけではありません。

飲み会の場をセッティングした上で、その飲み会に参加してくれる人たち全ての人が楽しくまた来たいと思えるような飲み会にすることが大切です。

とても大変に感じるかもしれませんが、そこまですることができてはじめて幹事としての役割を全うすることができたと言えます。

また、逆にここまで出来れば能力が高いと周りから思ってもらえるきっかけにもなりますので、自分の評価を高めるチャンスです。

そのためには、時間がかかったり面倒に感じるかもしれませんが、周りの人一人一人の要望を聞くことは絶対に大切です。

しかしながら、参加する人たちと要望は千差万別であり、様々なことを要望されたりすることもあると思います。

中には相反するような要望を求められたりすることもあるかもしれませんので、全ての要望を100%叶えることは難しい場合もあります。

その際には、どちらの要望が重要度が高く、どちらの要望に沿うべきなのかということを客観的に判断することも大切です。

その上で、こちらから聞かなければいけない要望なども併せてご紹介していきますので、幹事を行う場合にはチェックしておきましょう。

なるべく全員の要望を聞いて場所を選ぶ

参加者の要望を聞く上で、必ず忘れずに聞いていただきたいこととして場所の要望が挙げられます。

飲み会を行う場所に関しては、どこでも良いというわけではありません。

中には遠方からきている人もいますし、飲み会が終わるころにはそれなりの時間になっていることも多いです。

参加者の中には女性がいれば、なおさら交通の便なども考えて開催する場所を考えなければいけません。

なので、どういう場所が都合が良いかということなどは事前に最低限把握しておくべき事項になるので、必ず要望として場所は確認しておきましょう。

また、もしも余裕があればそれを踏まえたうえで、お店の内装や雰囲気などにもこだわることができればベターです。

なぜならば、汚い店内よりもきれいで清潔感のある場所のほうが当然魅力的に感じられますよね。

特に、女性も参加する飲み会に関しては、ある程度雰囲気などにもこだわった方が満足度などは大きく異なります。

なので、場所とそれ以外の要望に関してもある程度聞いたうえで会場を選ぶようにしましょう。

食べれないものがないか確認

参加者の要望を聞く上でさらに重要なポイントとして、参加者の食べられない食材がないか確認をすることです。

例えば、極端な話をすると鶏肉が苦手な人がいるにもかからわず飲み会が焼き鳥屋になってしまったらどうなるでしょうか。

当然焼き鳥屋のメインは鶏肉なので、それ以外のものを注文しなければいけなくなります。

場合によってはコース料理になる可能性もあるので、そうなると自分が食べられるものなどが少なくなってしまいますよね。

その上で、周りと同じ金額を支払わないといけないとなると、その参加者は当然満足できない飲み会となってしまいます。

また、人によってはただ嫌いというわけではなく、アレルギーなどでそもそも食べられないこともあるかもしれません。

その点も踏まえると、最低限相手の嫌いな食べ物や、食べられない食べ物などをチェックしておくことが重要だといえます。

一人一人に聞くのはとても大変かもしれませんが、参加者の満足度を考えると絶対に避けられない情報になるので、必ずチェックしておきましょう。

2.費用なども予め相談をしておく


次にご紹介する参加者の満足度を上げるポイントとして「費用なども予め相談をしておく」ということが挙げられます。

参加者の満足度上げるためには必ず金額的な面も考慮した上でお店を選ばなければいけません。

なぜならば、会社の飲み会に対してあまり多くの費用をかけたくないと思っている人は想像以上に多いです。

それに、場合によってはあまり多くの給料をもらっていないような人もいますので、金額的に負担の大きいお店を選んでしまうと困ってしまう方もいるはずです。

なので、金銭的にどれくらいの負担だったら問題ないのかということをある程度把握しておくことも大切です。

どんなに雰囲気がよく、料理もおいしく、内装もよいお店だったとしても、費用が高額なのであればどうしても気がかりになってしまいます。

心の底から満足できたとは言えなくなってしまいますので、金銭的な面においても必ず確認は行っておきましょう。

費用は安ければ安いほうがいい

費用に対して考える上で、まず知っておいてほしいのは費用は安ければ安い方が良いということです。

飲み会の費用が安いに越したことはありませんし、高額だと負担が大きくなってしまうので良いチョイスだとは言えません。

しかし、かといってあまりにも金額が安くてサービスが悪いようなお店が飲み会の会場に適しているとも言えません。

なので、安い中でもそれを感じさせないようなお店を選ぶことが重要だといえます。

とても大変かもしれませんが、多くの方が飲み会に適している金額として考えているのが大体3.000円前後であるといわれています。

もし3.000円で抑えるのが難しいのであれば、最低でも4.000か5.000円程度で考えておくのがベターだといえます。

もちろん、これは務めている会社や、参加者の立場にもよって変わってきますので、直接参加者から聞くのが無難なのは言うまでもありません。

あくまで平均的な飲み会の金額という意味合いで、ご紹介した金額設定を頭の中に入れておいてください。

3.皆が楽しめる場所を確保する


次にご紹介する参加者の満足度を上げるポイントとして「皆が楽しめる場所を確保する」ということが挙げられます。

もちろん人によって要望は異なりますので、全ての人の要望が100パーセントかなっている場所はなかなかありません。

しかしながら、その中にも工夫のしようがある点はいくつも存在していますので、最低限きをつけておきたいポイントを意識することが重要です。

では、皆が楽しめる場所とは具体的にどのような場所なのか、ご紹介していきましょう。

人気のところは早めに予約をする

お酒を飲めるお店などはいくつも存在していますが、その中にも人気が高いお店とあまり人気がないお店に分かれていることが多いです。

例えば、金額がとても安く料理が美味しいお店であったり、おしゃれな雰囲気のお店などに関しては総合的に人気が高いお店だと言えます。

どのような場所にも人気のお店はいくつか存在しており、人気のお店を予約することができれば参加者の満足度も高まると言います。

しかしながら、人気のお店に関しては当然他のお客にとっても注目度が高いお店だといえます。

つまり、なるべく早めに予約を入れておかないと予約が取れなかったりすることもよくあるので、予約をする際には早めに予約を入れることを意識しておかなければいけません。

特に、会社飲み会などは金曜日などに設定されることが多く、金曜日はほかの会社の飲み会と重なることもしばしばあります。

普通のお店でも直近になると予約が取れなかったりすることはよくありますので、なるべく早い段階で予約を入れておかなければいけません。

特に人気のお店は場合によっては一か月前に予約をしないと予約すら取れない可能性も考えられます。

なので、人気のお店に関してはなるべく早い段階で予約を入れておくということを意識してください。

窮屈にならないような場所にする

みんなが楽しめる場所を考えた時に、そのお店の雰囲気や内装などを大きく関係してくるといえます。

なぜかというと、先ほどもお伝えしましたが汚いお店などは基本的に好まれることが少なく、女性の参加者がいる場合は嫌な気分になったりする人もいます。

また、料理がどんなに美味しかったとしてもお店が狭かったりするとどうしても窮屈になってしまいリラックスすることができないことも多いです。

特にたくさんの参加者がいる場合は、狭いお店を選んでしまうと不満につながってしまう可能性もあるので注意が必要です。

お店は外観が良かったとしても、内装も良いお店であるとは保証できません。

外観だけがきれいで、中は意外と汚かったり、狭かったということはざらにありますので、必ず店内の写真などもチェックしておくことが重要です。

何人くらい参加者がいて、その参加者全員がきちんとそのスペースの中に収まるのかどうかということも把握しておくことが幹事には求められます。

逆に、広い店内でリラックスできるお店を選べば、お店選びのセンスを褒めてもらえますし、あなた自身の評価も高まるはずです。