人によって自分が将来やってみたいことや挑戦したいと思えるようなことはそれぞれ違うと思います。

例えば、医者になりたいという人もいれば、スポーツ選手になりたいと思っている人もいるはずです。

しかし、どんな仕事をするにしても大事なのはその仕事を行うのに対して必要な実力を身に着けられるかどうかということです。

世の中には様々な職業が存在しており、その職業毎によって必要な能力であったり、スキルなどは全く違います。

そのため、自分がやりたい仕事に対してどのようなスキルを身に着けるべきなのか、自分自身で考えて、身に着けるために行動する必要性があるといえます。

早い段階で自分がどのような仕事を行いたいか、ある程度考えておくことは、夢をかなえる早道になり、事前に準備を行う時間を確保できる意味では有利だといえます。

もしもあなたに夢があるのであれば、自分の夢を叶えるためには何の実力やスキルを身に着ければいいのか、考えてみてください。

今回は、将来就きたい職業の中でも人気な俳優をテーマにして、俳優に必要な演技力を身につけるための方法をご紹介していきたいと思います。

演技力とはどうすれば身につくのか、日頃からできる工夫はどのようなものがあるのか、ご紹介していきたいと思います。

そもそも演技力とはどういうこと?

日常生活を過ごしていると、テレビを見たりすることもよくあると思います。

そして、テレビを見ていると必ずだれもが一度くらい見たことがある番組としてテレビドラマが存在しています。

テレビドラマには様々な俳優さんが出演しており、日常の娯楽として私たちにワクワクやドキドキを与えてくれているといえます。

そんな俳優に憧れて自分も芸能界という世界に入って活躍したいと思う方は少なくはないはずです。

しかし、先ほどもお伝えしたように職業によって身につけなければいけないスキルは違います。

俳優は一般的な職業とは少し違った存在であり、当然求められるスキルなどもほかの職業と異なっています。

俳優には演技力が求められ、演技のスキルがないと仕事を行うことはできません。

しかし、演技力が求められるとして、そもそも演技力とはどのようなものなのか、よく理解していない方も多いと思います。

演技力とは、言い換えてみれば気持ちを伝える力という言葉で表現することができます。

ドラマにおいても、舞台においても全く同じですが、自分が与えられた役になりきり、その役の気持ちを観客に伝える必要性があります。

これこそが演技力であり、演技が上手な人は自分の気持ちを相手に対してしっかりと伝えることができる人であるといえます。

ただ与えられたセリフを読むだけでは意味がありませんし、しっかりとセリフに気持ちを込めなければ相手には伝わりません。

日常生活でも相手がしゃべっていても棒読みだと気持ちは伝わりませんよね。

特に俳優はテレビ越しに演技を見せたりすることもあるので、高い演技のスキルがおのずと求められるといえます。

演技力を高めるために日頃からできる11個のこと

一般的な仕事を行うのであれば演技力が求められたりすることはあまりありません。

しかしながら俳優などの仕事に就きたいのであればやはり演技力は絶対に必要不可欠なスキルだと言えます。

もちろん俳優以外の仕事に絶対に演技力が必要ないかと言われれば決してそうではありません。

演技力を持っていれば普通の仕事についている人でも自分の気持ちを素直に相手に伝えることができるなど、大きなメリットはあります。

自分の気持ちをしっかりと伝えることで自分が望んだ状況に変化させることもできますし、自己主張することで時にはそれが高い評価を得られる場合もあります。

なので、必要ないスキルというわけではなく、うまく活用すれば様々な職業に生かせられるスキルだといえます。

しかし、演技力を高めようと思ったりする機会はあまりありませんので、具体的にどうすれば演技力を高めることができるのかよくわからない人も多いと思います。

将来俳優になりたいと思っている人は、早い段階で演技力を高める工夫を身につけるべきです。

では、具体的にどうすれば演技力は身に着けられるのか、ご紹介していきます。

ハキハキ喋る


まずはじめにご紹介する演技力を高めるために日頃から行えることとして「ハキハキ喋る」ということが挙げられます。

これはなぜかと言いますと、相手に対して気持ちを伝えるということを考えた場合やはり大前提として相手に対して言葉を発するということになります。

もちろん気持ちを伝える手段は様々ありますが、やはり一番大事なのは相手に対して言葉にして伝えるということです。

そして言葉にして伝えるということを考えた時に大事なのはハキハキと喋って相手に対して言葉を伝えることです。

時々話をしていると何を喋ってるのかわからないような、ぼそぼそとした声でしゃべってる人がいます。

しかし、ぼそぼそした声で喋っていたとしても、相手に対して気持ちが伝わることはなく、何をしゃべっているのかよくわからない印象しか受けられません。

相手に対して気持ちを伝えるのであれば、やはり強い言葉にして相手に伝える必要性があります。

なので、普段から相手としゃべるときにはハキハキした声で、自信をもって相手と会話ができるようになる必要があります。

日常生活送っていれば家族と喋ったり友達と喋ったりすることがあると思いますので、普段からはっきりとしゃべられるように癖づけてみてください。

そうすることで、自然とハキハキしゃべることができ、気持ちが相手に伝わるようになるはずです。

大きな声で

演技力を高めるためには普段から開いたと喋る時にハキハキ喋る必要があると伝えしました。

ではハキハキ喋るとは具体的にどうやって喋ればいいのかと言うと、しっかりと大きな声で相手と会話をすることを意識してください。

大きな声を出して相手と喋るようにすれば、声が小さくて相手に気持ちが伝わらないということはまずなくなります。

そして大きな声を出すことによって自然と堂々とした印象になり、言葉に気持ちが乗るようになります。

それだけではなく、大きな声を出すことでクリアな発声に近づき、聞き取りやすい言葉にも変化するようになります。

ハキハキ喋ることができない人は普段から声が小さかったり、どこか自信なさげに話しをしていたりすることが多いです。

ハキハキ喋るということはそれだけで相手に対して与える印象は大きく異なるようになり、大きな魅力にもつながるようになります。

これは俳優の仕事のみに関係していることではなく、一般的な職業などにおいてもすべて共通する話です。

自信を持ってハキハキ喋ることができる人はどこか頼りがいがある印象を与えることができるので、好かれることが多くなります。

その結果、人間づきあいなどもうまくいくようになる可能性は多いにありますので、必ず身に着けておきたいスキルだといえます。

しかし、注意していただきたいのがただ大きな声を出せばいいというわけではありません。

大きな声を出す中にも、クリアな発声が必要になりますので、ただうるさいだけの大きな声ではなく、お腹から声を出すことを意識してみてください。

いわゆる複式呼吸をマスターすることで、違った印象を残すことができますので、複式呼吸で大きな声を出すことをイメージしてください。

色々な人と交流する

次にご紹介する演技力を高めるために日頃から行えることとして「色々な人と交流する」ということが挙げられます。

なぜ色々な人と交流することによって演技力を高めることができるのかと言うと、複数の理由が存在しています。

まず、色々な人と交流することによってコミュニケーション能力が高くなり自然と高い会話能力を身に着けられるようになります。

あなたの身近にもコミュニケーション能力が高い人がいると思いますが、コミュニケーション能力が高い人ほど話をするのが上手だったりすることが多いです。

話の組み立て方だけではなく、話をするときの姿勢であったり雰囲気など全ての面で魅力を与えやすくなります。

その反対にコミュニケーション能力が低い人を考えてみると、会話をするのが下手だったり、うまく会話ができない人が多いです。

なので、普段から様々な人と積極的に交流するようにしておけば高いコミュニケーション能力を身に付けられるようになるはずです。

また、それ以外にも色々な人と交流することによって様々な人の気持ちを理解できるようになります。

俳優として仕事を行う場合大抵の場合はその脚本に沿った役を与えられるようになります。

しかし、役に関しては非常に様々な役が存在しており、行ったことがない仕事の役や、自分とは違う性格の役を与えられることも当然あります。

当然演じるのはとても難しいかもしれませんが、もしも色々な人と交流をしておけば自然と自分の知り合いに当てはめてその役に向き合うこともできます。

その職業ならではの大変さを理解していたり、性格ごとの受け答えの違いなどを理解しているのといないのとでは大きな違いが生まれます。

つまり、色々な人と交流をしておく事によっていざ役を与えられたときに、うまくその役をイメージできるようになります。

それができるのとできないのとでは、演技において大きな違いが生まれるので、必ず様々な人と積極的に交流することをおすすめします。

表情をコロコロ変える


次にご紹介する演技力を高めるために日頃から行えることとして「表情をコロコロ変える」ということが挙げられます。

なぜ表情をコロコロ変えることが演技力を高めることにつながるのかと言うと、演技力において表情は必要不可欠な存在だからです。

相手と会話をしているときに相手の感情を読み取る上で重要な要因を考えてみてください。

もちろん相手の言葉の発し方や感情なども重要な要因ですが、それと同じくらい重要な要因が表情です。

相手と直接会話をしたりするときには、私たちは相手の表情を見て自然と感情などを読み取っています。

なので、演技を行う場合には自分の表情も含めて意識しなければいけないということになります。

時々相手と会話をしている時に相手の喜怒哀楽の表情が乏しく何を考えてるのかわからないと感じてしまう人がいます。

そのような場合は感情が相手に対して伝わりづらくなってしまい、悪い印象につながってしまう可能性があります。

逆に、しっかりと喜怒哀楽の表情ができる人間は周りの人から好かれたり、良い印象を持ってもらえるようになります。

自分の気持ちを表現する上で絶対に必要な要因だと言えますので、俳優を目指している人は普段から自分の表情を意識して行動するようにしてみましょう。

よく笑う

表情をコロコロ変えることが演技力を高める上で必要な要因になるとお伝えしました。

表情と一言に言っても様々な表情がありますが、やはり様々な表情の中でも重要な表情として笑うという表情があります。

私たち人間は嬉しいことがあれば自然と笑顔になったりして笑うようになります。

その笑うという表情は、楽しい気持ちやうれしい気持ちを表現するうえで絶対に必要不可欠です。

もしも嬉しいことや楽しいことがあった時に全く顔が笑っていなかったとするならば相手に対して感情が伝わりませんよね。

この表情ができているかできていないかということで、大きな変化が伴うということを意識してください。

そして、表情というものは自分が想像している以上に大げさに行ってみたほうが意外と相手に好印象になる場合が多いです。

例えば、普段自分が笑った時の姿を鏡で見て確認してみてください。

意外と自分が想像していたよりも笑っていなかったりすることなども多いので、少しオーバーなくらいに笑ったりすることを意識してみましょう。

そうすることで、よく笑う素敵な人という印象にもつながりますし、演技として考えてみても素晴らしい演技につながるようになるはずです。

日記をつける

次にご紹介する演技力を高めるために日頃から行えることとして「日記をつける」ということが挙げられます。

なぜ日記をつけることが演技力を高めることにつながるのかと言うと、日記をつけることによって様々な自分の感情を呼び戻すことができるようになるからです。

私たちは普段の生活の中で様々な経験をしており、様々な感情を抱えているといえます。

しかし、経験したすべてのことをはっきりと覚えているわけではなく、その時に抱えた感情なども時間が経過するにつれてを忘れてしまったりすることも多いです。

俳優という仕事は様々な役が与えられ、その役になりきることが求められます。

つまり、様々な経験をしていたり様々な感情について理解をすることが重要であるといえます。

時には自分が経験したことがないことを求められたりすることもあるので、それを理解するために様々な勉強を自発的に行ったりすることが求められます。

そしてその時に活用することができるのが日記の存在です。

自分が毎日日記をつけておけば、その時に自分が経験したことなどを文字を通して思い返すことができるようになります。

自分がその時どのようなことを経験して、どのような感情を自分自身の中に持ったのかということを明確に思い出すことができるようになります。

もしかすると自分が与えられたい役と共通した感情を過去に持ったことがある可能性も自分考えられますよね。

しかし、日記をつけておかなければその時の気持ちなどを呼び戻したりすることができない可能性が高まります。

普段から日記をつけておくことによって、自分が経験したことを再び思い出したり、それを役に乗せることができるようになるので、演技力を高める方法につながるといえます。