お世辞を言える人って得しているなーと思う方は多くいらっしゃると思います。

なぜなら、お世辞を言われると、ほとんどの人は嘘でもうれしいのです。

なぜなら、褒められたり、たたえられたりしているような気分になるので、アゲアゲの状態になるのです。

ただ、すべての人間がお世辞を言えるわけではないのです。

特にお世辞を言うのが不得意な人は、お世辞を言うのをうまい人を見ると、こびへつらっているような感じに見えてしまうのです。

しかし、このお世辞を言うのが得意か不得意かは、生まれつきだと思ってしまっている方が多いと思います。

しかし、これが大きな勘違いなのです。

お世辞を言うのを上手か下手かなどは生まれつきなのではありません。

では、なぜそうなってしまうのかと言いますと、あなたが生活して習慣や環境が大きく影響してきているのです。

つまり、これまでの生活が大きく影響していると言っても過言ではないのです。

ただ、数年前まではこの定義を信じている人は多かったのですが、近年では、アドラー心理学のように、未来のご自身に必要だからそうなっているのだという考え方もあるのです。

ただ、どちらにしてもよくよく考えると、お世辞を言うことができるようになるのは誰でも可能だと言うことです。

つまり、あなたも努力すれば、お世辞を言うのが上手な人になることができるのです。

生まれつきだと思い込んでいるのは何を隠そうあなた自身なのです。

故に、まずは生まれつきだと思うことから辞めましょうと言っても、これがなかなか難しいのです。

また、お世辞が言うのを上手いか下手かと言われたうまい方がいいですよね。

そこで今回こちらの記事では、お世辞に関する情報についていろいろとまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、お世辞を言うのを上手い人になりましょう。

お世辞を言うのが上手くなるだけであなたの人生も良くなりますよ。

ぜひ、あなたのためでもあなたの周囲のためにもなりますので、ぜひ、読んで実践しましょう。

お世辞に関することに限らず、いろいろなことを克服するような本は出ていて、本を読むだけで解決できると勘違いしている人が多くいらっしゃいますが、読むだけではダメなのです。

読んで実践してこそ形になるのです。

読むことが縦に編むことだとすれば、実践することは横に編むことと一緒です。

つまり、それで布ができるのです。

このように今回の記事も読むだけでなく、ぜひ、実践してあなたのものにしましょう。

お世辞を言うのは難しい?

おそらくほとんどの人はお世辞を言うことで得をしている傾向があることはわかっていると思います。

しかし、そうとわかっていてもなかなか実践することができないのが人間なのです。

よく言われている頭でわかっているけど、行動では表すことができないと言うことです。

故にお世辞を言うことは実は得意でない人は、難しいことなのです。

そのため、難しく考えてしまうために、どう動けばいいのかわからないので、なかなか実行に移せないと言う人が多いのです。

では、どうすればお世辞を言うことが得意になるのでしょうか。

方法や手段は結構多くありますがどれがあなたに合っているのかは、あなたが見つけるしかないのです。

ただ、それらを理解する前に、改めてお世辞について理解することにしましょう。

おそらくほとんどの方はお世辞という言葉の意味をしっかり理解していない可能性が高いのです。

なぜなら、お世辞という言葉を辞書で引いて調べたと言うよりかは、上司や友人など身近な存在の人が行っていることからお世辞ということを知るからです。

しかもあまりプラスの場面でそのような行動を目にするわけではないので、お世辞に対してポジティブな印象を持つことができないのです。

そのため、お世辞に関してよく意味を知らないでいる状態になっているのです。

お世辞を言うのが上手くなりたくても意味をしっかり理解していないと意味がないですよね。

そこでまずはお世辞と言う言葉や意味をイチから理解していきましょう。

おそらくほとんどの人が抱いているお世辞と言う言葉に関する印象は本当の意味を知らずに抱いてしまっている危険性が高いのです。

しっかり意味を知ることで、お世辞に関するフィルターが外れれば、あなたもお世辞を言うことに抵抗をなくすので、お世辞を言うのが上手くなりますよ。

ぜひ、そうなるように努めましょう。

別にお世辞なんて言えなくてもいいよと思われている方もいるかもしれません。

しかし、社会人になってからなんとなくわかるのですが、本音でなくてもお世辞を言えるようになっている方が何かとうまく世の中を渡ることができますよ。

なぜなら、実は年上の大人もあなたが思っている以上に単純なのです。

単純だから、お世辞を言われるとうれしい気分になるらしいですよ。

上司をうれしい気分にさせることができれば、昇給や出世も早くなりますよ。

そんな世の中なのです。

つまり、世渡り上手はしっかりお世辞のことを知っていると言うことです。

お世辞とは?


では、お世辞とはいったいどんな意味なのかと言いますと、辞書で調べると「心にもないことを愛想のために言う」ことと書かれています。

つまり、相手の気分を良くさせたり、自分がいいように見られるために使うような行動と言えます。

そのため、プラスのような感じがしないのです。

そのため、抵抗ができてしまうので、どちらかと言うと、お世辞を言うのが下手な人の方が多くいらっしゃるのです。

しかし、本音でなくても相手の気分がアゲアゲになっているのだからいいのではないかと思っている人もいらっしゃるのです。

では、どう考えば正しいのかと言いますと、実は正解も不正解もないのです。

なぜなら、損をしている人も得をしている人もそんなに多くないからです。

ただ、お世辞を言えるようになっていると上司から気にいられる可能性が高いのです。

なぜなら、上司と言う立場につくと、偉いと言う感覚に襲われてしまうから、お世辞などを言われるとものすごくうれしいのです。

よく「お世辞でもうれしいよ」と口にされる方がいらっしゃいますが。

実はこれこそ本音なのです。

つまり、思いがあるのか心がこもっているのかなど関係なく、お世辞を言われることはうれしい行為なのです。

それぐらい薄っぺらいのです。

あなたが思っている年上の大人はしっかりしているわけではないのです。

どこか年上はえらいといった錯覚に襲われていますが、偉くもありませんし、あなたより知識を持っているのかと言うと、そうでもないのです。

むしろ、悟った感じがして危ない人とさえ思えてくることもあるのです。

そのような人にお世辞を言っておけば、ある程度はうまく行きますよ。

つまり、嫌でもお世辞を言えるようになっておいた方が得する可能性が高いのです。

損得はないと言いましたがそれはお世辞を活かせるか活かせないかで決まります。

お世辞を活かしてこそ世渡り上手なのかもしれませんね。

よく本音と建て前は違うと言われますが、まさにお世辞はそのようなものです。

特にこれに似ているのが韓国と北朝鮮の関係です。

南北統一とは言っていますが、本音を言えば統一したくないのです。

統一することでのデメリットの方が大きすぎるからです。

このように本音を表に出しているケースは実は結構少ないのですよ。

つまり、お世辞にもなんだかの目的があってやっていることなのです。

目的がなければお世辞など使うわけがありません。

まあ、ほとんどは上司に向かってするケースが多いので、使う目的もなんとなくわかりますよね。

意味

本心でないことを愛想よく言うことが意味のようなものですが、漢字で表記すると世を辞めると書くので、世の中で生きるのを辞めるのかような印象を受けますが、そうではありません。

要は、心にもないことを愛想よく言うことなので、自分の本心でないことを偽って言うことから世を辞めているといった印象を受けるのです。

さらに目上の人に使うことが多いので尊敬の意味を込めてお世辞と言っていると言われています。

つまり、この言葉事体が目上の人に使う言葉と言うことなのです。

なので、それを理解している人はとにかく好き嫌い関係なく、目上の人にお世辞を使ってしまうのです。

なぜなら、そのために使う言葉だからです。

そう考えるとあまりいい印象を抱いていない上司に向かって使用されているケースもあるかもしれませんね。

つまり、普段お世辞を言われている人は、相手からよく思われていない可能性が高いかもしれませんよ。

お世辞でもうれしいとは言いますが、お世辞だけでなく、しっかり態度や気持ちでもうれしいと言われるようになるのが上司に努めではないでしょうか。

お世辞を言うのが上手な人の8個の特徴

それではお世辞に関する意味などを理解できたと思います。

ここからはお世辞を言うのが上手な人の特徴をご紹介します。

お世辞を言うのが上手い人になるためには、特徴を知っておくのがいいです。

そして、特徴を知ったうえでそのような特徴を持つ人を見つけることができたら、あとはそのような人と一緒に過ごす時間が多くしてみてください。

そうすれば、お世辞を言うのが上手い人の行動などを習慣化させることができます。

なりたい人になるには、その人と行動を一緒にして習慣を刷り込ませることが一番だと言われています。

そのため、特徴を知ることでお世辞を言うのが上手い人を見つけることができますよ。

大きくピックアップして8個の特徴がございますが、いきなりすべての特徴をマスターしなくても大丈夫ですよ。

むしろいきなりすべてをマスターすることの方が難しいのです。

まずはあなたにとって身近なこと、もしくは読んでいてビビット来たものなどからマスターしていきましょう。

焦る必要はございません。

ゆっくり確実に1つ1つ覚えていきましょう。

また、もしかしたらもうすでにあなたにもこのような特徴があるかもしれませんよ。

自分についてなかなか知るってことは実は難しいことなのです。

つまり、あなたの知らないところで、あなたにも何かしらの特徴が身についてしまっていることがあるのです。

ぜひ、ご自身を見返す意味でもしっかり読みましょう。

もしかしたら、新しいあなたに出会うチャンスかもしれませんよ。

今まで知らなかっただけで新しいことを知ることは、実は新しいあなたの発見につながるのです。

今まではネガティブな印象でなかなか興味を抱くこともできなったお世辞に関して真面目に向き合うチャンスかもしれません。

世渡り上手になると嫌な人とでもうまく付き合えますよ。

なぜなら、嫌な人ほど、お世辞を言っておけばいいのです。

悪い気にはならないのです。

どうしても嫌いな人の前だといい気分にはなれませんが、お世辞を言っておけばお互いに傷つくこともありませんね。

そう、実はお世辞を知っておけば苦手な人でもうまく対応することができるのです。

ぜひ、そのようにしていろいろな人とうまく付き合っていけるようにしましょう。

それがこの世の中を生きる術の1つでもあります。

1.相手のことを考える


お世辞を言えるようになるにはどうしたらいいのかと言いますと、まずは相手のことを考えるようになることです。

要は、相手がどんなことを言われると嬉しいのかなど、相手が喜んでいる姿を想像すれば、何を言えばいいのかわかってきます。

つまりは、お世辞とはこびへつらうような印象がありますが、しっかり相手を喜ばすことにつながるのです。

そのため、相手の行動やしぐさなどをしっかり見ておく必要があるのです。

なぜなら、相手を観察することで相手のいい部分などが見えてくるので、いい部分を指摘して、お世辞に使ったりすると相手はなお喜びますよ。

つまり、どうしても相手にお世辞を言えない人はその相手のことをよく見ていないのかもしれません。

特に人間は相手を嫌だと感じると、目をふさぎ込んでしまう癖を持っています。

要はストレスになるものを目に写さないようにしているのです。

そのため、相手が見えなくなってしまうので、お世辞などを言えなくなってしまうようです。

つまり、まずは相手をしっかり見て、どうすればよいのだろうと考える癖を持つことが大切なのです。

そうしないといつまでもたっても相手が見えないままになってしまいますよ。

まずは嫌でも相手を見るようにしましょう。

もしくは嫌だという気持ちを外しましょう。

嫌だと思っているのはあなた自身ですから…。