お世辞を言える人って得しているなーと思う方は多くいらっしゃると思います。

なぜなら、お世辞を言われると、ほとんどの人は嘘でもうれしいのです。

なぜなら、褒められたり、たたえられたりしているような気分になるので、アゲアゲの状態になるのです。

ただ、すべての人間がお世辞を言えるわけではないのです。

特にお世辞を言うのが不得意な人は、お世辞を言うのをうまい人を見ると、こびへつらっているような感じに見えてしまうのです。

しかし、このお世辞を言うのが得意か不得意かは、生まれつきだと思ってしまっている方が多いと思います。

しかし、これが大きな勘違いなのです。

お世辞を言うのを上手か下手かなどは生まれつきなのではありません。

では、なぜそうなってしまうのかと言いますと、あなたが生活して習慣や環境が大きく影響してきているのです。

つまり、これまでの生活が大きく影響していると言っても過言ではないのです。

ただ、数年前まではこの定義を信じている人は多かったのですが、近年では、アドラー心理学のように、未来のご自身に必要だからそうなっているのだという考え方もあるのです。

ただ、どちらにしてもよくよく考えると、お世辞を言うことができるようになるのは誰でも可能だと言うことです。

つまり、あなたも努力すれば、お世辞を言うのが上手な人になることができるのです。

生まれつきだと思い込んでいるのは何を隠そうあなた自身なのです。

故に、まずは生まれつきだと思うことから辞めましょうと言っても、これがなかなか難しいのです。

また、お世辞が言うのを上手いか下手かと言われたうまい方がいいですよね。

そこで今回こちらの記事では、お世辞に関する情報についていろいろとまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、お世辞を言うのを上手い人になりましょう。

お世辞を言うのが上手くなるだけであなたの人生も良くなりますよ。

ぜひ、あなたのためでもあなたの周囲のためにもなりますので、ぜひ、読んで実践しましょう。

お世辞に関することに限らず、いろいろなことを克服するような本は出ていて、本を読むだけで解決できると勘違いしている人が多くいらっしゃいますが、読むだけではダメなのです。

読んで実践してこそ形になるのです。

読むことが縦に編むことだとすれば、実践することは横に編むことと一緒です。

つまり、それで布ができるのです。

このように今回の記事も読むだけでなく、ぜひ、実践してあなたのものにしましょう。

お世辞を言うのは難しい?

おそらくほとんどの人はお世辞を言うことで得をしている傾向があることはわかっていると思います。

しかし、そうとわかっていてもなかなか実践することができないのが人間なのです。

よく言われている頭でわかっているけど、行動では表すことができないと言うことです。

故にお世辞を言うことは実は得意でない人は、難しいことなのです。

そのため、難しく考えてしまうために、どう動けばいいのかわからないので、なかなか実行に移せないと言う人が多いのです。

では、どうすればお世辞を言うことが得意になるのでしょうか。

方法や手段は結構多くありますがどれがあなたに合っているのかは、あなたが見つけるしかないのです。

ただ、それらを理解する前に、改めてお世辞について理解することにしましょう。

おそらくほとんどの方はお世辞という言葉の意味をしっかり理解していない可能性が高いのです。

なぜなら、お世辞という言葉を辞書で引いて調べたと言うよりかは、上司や友人など身近な存在の人が行っていることからお世辞ということを知るからです。

しかもあまりプラスの場面でそのような行動を目にするわけではないので、お世辞に対してポジティブな印象を持つことができないのです。

そのため、お世辞に関してよく意味を知らないでいる状態になっているのです。

お世辞を言うのが上手くなりたくても意味をしっかり理解していないと意味がないですよね。

そこでまずはお世辞と言う言葉や意味をイチから理解していきましょう。

おそらくほとんどの人が抱いているお世辞と言う言葉に関する印象は本当の意味を知らずに抱いてしまっている危険性が高いのです。

しっかり意味を知ることで、お世辞に関するフィルターが外れれば、あなたもお世辞を言うことに抵抗をなくすので、お世辞を言うのが上手くなりますよ。

ぜひ、そうなるように努めましょう。

別にお世辞なんて言えなくてもいいよと思われている方もいるかもしれません。

しかし、社会人になってからなんとなくわかるのですが、本音でなくてもお世辞を言えるようになっている方が何かとうまく世の中を渡ることができますよ。

なぜなら、実は年上の大人もあなたが思っている以上に単純なのです。

単純だから、お世辞を言われるとうれしい気分になるらしいですよ。

上司をうれしい気分にさせることができれば、昇給や出世も早くなりますよ。

そんな世の中なのです。

つまり、世渡り上手はしっかりお世辞のことを知っていると言うことです。

お世辞とは?


では、お世辞とはいったいどんな意味なのかと言いますと、辞書で調べると「心にもないことを愛想のために言う」ことと書かれています。

つまり、相手の気分を良くさせたり、自分がいいように見られるために使うような行動と言えます。

そのため、プラスのような感じがしないのです。

そのため、抵抗ができてしまうので、どちらかと言うと、お世辞を言うのが下手な人の方が多くいらっしゃるのです。

しかし、本音でなくても相手の気分がアゲアゲになっているのだからいいのではないかと思っている人もいらっしゃるのです。

では、どう考えば正しいのかと言いますと、実は正解も不正解もないのです。

なぜなら、損をしている人も得をしている人もそんなに多くないからです。

ただ、お世辞を言えるようになっていると上司から気にいられる可能性が高いのです。

なぜなら、上司と言う立場につくと、偉いと言う感覚に襲われてしまうから、お世辞などを言われるとものすごくうれしいのです。

よく「お世辞でもうれしいよ」と口にされる方がいらっしゃいますが。

実はこれこそ本音なのです。

つまり、思いがあるのか心がこもっているのかなど関係なく、お世辞を言われることはうれしい行為なのです。

それぐらい薄っぺらいのです。

あなたが思っている年上の大人はしっかりしているわけではないのです。

どこか年上はえらいといった錯覚に襲われていますが、偉くもありませんし、あなたより知識を持っているのかと言うと、そうでもないのです。

むしろ、悟った感じがして危ない人とさえ思えてくることもあるのです。

そのような人にお世辞を言っておけば、ある程度はうまく行きますよ。

つまり、嫌でもお世辞を言えるようになっておいた方が得する可能性が高いのです。

損得はないと言いましたがそれはお世辞を活かせるか活かせないかで決まります。

お世辞を活かしてこそ世渡り上手なのかもしれませんね。

よく本音と建て前は違うと言われますが、まさにお世辞はそのようなものです。

特にこれに似ているのが韓国と北朝鮮の関係です。

南北統一とは言っていますが、本音を言えば統一したくないのです。

統一することでのデメリットの方が大きすぎるからです。

このように本音を表に出しているケースは実は結構少ないのですよ。

つまり、お世辞にもなんだかの目的があってやっていることなのです。

目的がなければお世辞など使うわけがありません。

まあ、ほとんどは上司に向かってするケースが多いので、使う目的もなんとなくわかりますよね。

意味

本心でないことを愛想よく言うことが意味のようなものですが、漢字で表記すると世を辞めると書くので、世の中で生きるのを辞めるのかような印象を受けますが、そうではありません。

要は、心にもないことを愛想よく言うことなので、自分の本心でないことを偽って言うことから世を辞めているといった印象を受けるのです。

さらに目上の人に使うことが多いので尊敬の意味を込めてお世辞と言っていると言われています。

つまり、この言葉事体が目上の人に使う言葉と言うことなのです。

なので、それを理解している人はとにかく好き嫌い関係なく、目上の人にお世辞を使ってしまうのです。

なぜなら、そのために使う言葉だからです。

そう考えるとあまりいい印象を抱いていない上司に向かって使用されているケースもあるかもしれませんね。

つまり、普段お世辞を言われている人は、相手からよく思われていない可能性が高いかもしれませんよ。

お世辞でもうれしいとは言いますが、お世辞だけでなく、しっかり態度や気持ちでもうれしいと言われるようになるのが上司に努めではないでしょうか。

お世辞を言うのが上手な人の8個の特徴

それではお世辞に関する意味などを理解できたと思います。

ここからはお世辞を言うのが上手な人の特徴をご紹介します。

お世辞を言うのが上手い人になるためには、特徴を知っておくのがいいです。

そして、特徴を知ったうえでそのような特徴を持つ人を見つけることができたら、あとはそのような人と一緒に過ごす時間が多くしてみてください。

そうすれば、お世辞を言うのが上手い人の行動などを習慣化させることができます。

なりたい人になるには、その人と行動を一緒にして習慣を刷り込ませることが一番だと言われています。

そのため、特徴を知ることでお世辞を言うのが上手い人を見つけることができますよ。

大きくピックアップして8個の特徴がございますが、いきなりすべての特徴をマスターしなくても大丈夫ですよ。

むしろいきなりすべてをマスターすることの方が難しいのです。

まずはあなたにとって身近なこと、もしくは読んでいてビビット来たものなどからマスターしていきましょう。

焦る必要はございません。

ゆっくり確実に1つ1つ覚えていきましょう。

また、もしかしたらもうすでにあなたにもこのような特徴があるかもしれませんよ。

自分についてなかなか知るってことは実は難しいことなのです。

つまり、あなたの知らないところで、あなたにも何かしらの特徴が身についてしまっていることがあるのです。

ぜひ、ご自身を見返す意味でもしっかり読みましょう。

もしかしたら、新しいあなたに出会うチャンスかもしれませんよ。

今まで知らなかっただけで新しいことを知ることは、実は新しいあなたの発見につながるのです。

今まではネガティブな印象でなかなか興味を抱くこともできなったお世辞に関して真面目に向き合うチャンスかもしれません。

世渡り上手になると嫌な人とでもうまく付き合えますよ。

なぜなら、嫌な人ほど、お世辞を言っておけばいいのです。

悪い気にはならないのです。

どうしても嫌いな人の前だといい気分にはなれませんが、お世辞を言っておけばお互いに傷つくこともありませんね。

そう、実はお世辞を知っておけば苦手な人でもうまく対応することができるのです。

ぜひ、そのようにしていろいろな人とうまく付き合っていけるようにしましょう。

それがこの世の中を生きる術の1つでもあります。

1.相手のことを考える


お世辞を言えるようになるにはどうしたらいいのかと言いますと、まずは相手のことを考えるようになることです。

要は、相手がどんなことを言われると嬉しいのかなど、相手が喜んでいる姿を想像すれば、何を言えばいいのかわかってきます。

つまりは、お世辞とはこびへつらうような印象がありますが、しっかり相手を喜ばすことにつながるのです。

そのため、相手の行動やしぐさなどをしっかり見ておく必要があるのです。

なぜなら、相手を観察することで相手のいい部分などが見えてくるので、いい部分を指摘して、お世辞に使ったりすると相手はなお喜びますよ。

つまり、どうしても相手にお世辞を言えない人はその相手のことをよく見ていないのかもしれません。

特に人間は相手を嫌だと感じると、目をふさぎ込んでしまう癖を持っています。

要はストレスになるものを目に写さないようにしているのです。

そのため、相手が見えなくなってしまうので、お世辞などを言えなくなってしまうようです。

つまり、まずは相手をしっかり見て、どうすればよいのだろうと考える癖を持つことが大切なのです。

そうしないといつまでもたっても相手が見えないままになってしまいますよ。

まずは嫌でも相手を見るようにしましょう。

もしくは嫌だという気持ちを外しましょう。

嫌だと思っているのはあなた自身ですから…。

2.自分は二の次三の次

お世辞を言う人は相手のことをよく見ているだけでなく、相手を一番に考えていると言えます。

なぜなら、相手の良い部分を指摘して、心をくすぐるのです。

なぜそのようなことができるのかと言いますと、「you first me second」の心を持っているからです。

つまりは相手が先という精神です。

実は古くから日本はこの精神を培ってきた民族ではあったのですが、欧米の進出などによって、いつしか自分が自分がの精神になってしまったのです。

かつて使われていた言葉として「恩送」という言葉があり、送られた恩は何倍にして返すと言う意味なのです。

つまり、今あなたが誰かに恩を送られていると言うことはもしかしたら、あなたの先祖が送った恩のお返しなのかもしれないのです。

そのように日本には素晴らしい文化があったのですが、競争社会の到来とともに、俺が俺がになってしまい、恩を送ることに関して価値を持たなくなってしまったのです。

しかし、お世辞を言っている人の中にはこのように人様が先の精神で人と接して、相手のいいところを見抜いてお世辞を言っているような方も結構多くいらっしゃいます。

まずは、自分が自分がではなく、人様が先というふうに考えましょう。

自分は後でも何も問題ないのです。

3.相手が喜ぶことを理解している

お世辞を言う人を見ると、上司にこびへつらっている。

自分のことをものすごくアピールしているといった感じに見るので、抜け駆けしているような感じがしますが、それだけとは限らないのです。

なぜなら、お世辞を言うとこの人は喜ぶと言うことを理解していて実行している人もいらっしゃるからです。

そのため、ひたすら相手が喜ぶことは何かを探している人もいらっしゃるのです。

そのような人は普段から上司などによく絡むなどして、相手と行動をともにして喜ぶ場面などを見て、どうすれば喜ぶのかなどをチェックしているのです。

そして、宴会や会議の時などにお世辞を言って喜ばせるので、本質を見抜けば、相手を喜ばせるためにしているのか、ご自身の出世のためにしているのかなどがわかります。

しかし、見ている側には「媚びを売っている」というフィルターがついてしまっている可能性があるために、なかなか本質を見抜くことができないままの人が多いのです。

ただ、相手を喜ばせることができるのであれば、社会を生き抜く上では結構な強みになりますよ。

ぜひ、相手が喜ぶ姿や場面などをじっくり観察しましょう。

そのことで、自然とお世辞を言えるようになってしまえば怖いものはありません。

4.話し上手

まあ、よく言われるのが口が上手い人と言った感じにお世辞を言う人は見られてしまうのです。

要は口が回るからお世辞を言ってしまえると言うことですが、実はこの口が回ったり、お世辞を言ったり、話が旨い人の共通点は、頭の回転が速いと言うことです。

なぜそうなのかと言いますと、知識を多く持っているからです。

知識を多く持っているからどんなことを言われてもうまく返せるのです。

つまり、話し上手になるには、知識を多く身に付けてしまえばいいのです。

と言いたいのですが、知識だけでは相手がドン引きしてしまう危険性もあります。

なぜなら、相手はあなたほど知識を持っていないし、もしかしたら好奇心旺盛でないかもしれないのです。

そのため、知識のひけらかしのように思われてしまうこともあります。

では、動ずれば話し上手になれるのかと言いますと、常に笑顔でいることです。

笑顔でいると相手も楽しくさせてしまうので、話が途切れても問題なのです。

よくお世辞を言う人の顔を見てみてください。

ほとんどの人が嫌な顔をして言っていることはありません。

みんないい笑顔で話しています。

つまり、笑顔で話せるようになるのが、一番、話し上手になる方法なのかもしれませんよ。

5.積極的にコミュニケーションを取る

お世辞を言う人はとにかく話好きなので、相手のことを知ろうとします。

要は話の話題を見つけるためです。

そのために、積極的にコミュニケーションを取ろうとするのです。

そのため、うっとしいぐらいにいろいろな人に絡んでいきます。

見ている側からすれば、ひやひやする行動を多くするタイプです。

ただ、コミュニケーションを多くとっているために、誰よりも好かれている可能性が高いのです。

そのため、すんなりとお世辞を言うことができると言われています。

要は外から見ればお世辞を言っているように見えてしまうのですが、そうではなく、普段からコミュニケーションを多く取っているから、普通に話しているだけなのです。

普段から上司などにはあまりコミュニケーションを取らない人からすると、媚びを売っているように見えても仕方がないのです。

なぜなら、上司とそこまで話す姿を見て、悔しいとしか思えないのです。

そのため、お世辞を言っている部分がものすごく気になってしまってそこしか見えていないといった感じになってしまっているのかもしれません。

仲良くコミュニケーションを取れるぐらいになっていれば自然とお世辞も言えるようになっているので、コミュニケーションを取れない人からするとそのように見えてしまうのは仕方がありません。

6.会話好き

ここまでの特徴の説明から、お世辞を言うのが得意な人は会話が好きだと言うことは明白にわかったと思います。

しかし、なぜそうなのかと言いますと、会話をすることで新しい情報をゲットできることを知っているからです。

つまり、相手は自分と違うことをよく理解しているので、会話をして自分と違う部分を探ろうとするのです。

また、自分にはない良い部分を見つけることもできて、それを参考にしようとも思うのです。

よく日本人の場合、会話好きな人はうるさい人という感じにネガティブな感じに見て、物静かな人のことをポジティブに見ますが、必ずしもこれが正解とは限らないのです。

なぜなら、外国に目を向ければ、実は結構話し好きの方が多いのです。

しかも、赤の他人とも平気で話す人も多くいらっしゃいます。

しかし、日本人は知り合いなどと言った感じに見ず知らずの人とはなかなか話そうとしないのです。

そのため、会話好きは少数派に見られてしまうので、お世辞を言うと、すごく目立ってしまうのです。

そのため、こびへつらっているなどと言った感じに、ひがんでみてしまうのです。

会話を好きなことに罪はありません。

7.友達が多い

意外かもしれませんが、お世辞を言う人の中には、友達が多い人が結構いらっしゃいます。

なぜかと言うと、それだけいろいろな人と積極的にコミュニケーションを取っているからです。

そのため、相手が喜ぶことは何なのかなど、一緒にいて楽しいと思えることがいっぱいあるのです。

そう考えると友達がいっぱいいても、おかしくはありませんよね。

ちなみに友達がいっぱいいないタイプは何か嫌なことをするたびに「みんなに嫌われる」とか、「友達なくす」と言うことを言ってきます。

まあ、言葉尻から考えて薄い付き合いしかしていないことが明白です。

ただ、お世辞を言うのが得意な人自身が、自分は友達が多いタイプかと思っているのかと言いますと、そうでもありません。

なぜなら、振り向いたときについてきてくれていたといった感じになっているから、ある意味自然と友達が増えていくタイプなのです。

話が好きでもなく、積極的にコミュニケーションを取ろうとしないタイプはとにかく、そのようなタイプをひがんでみるので、行動や言動などのあら捜しをしてきますし、「友達をなくす」という言葉をよく使ってくるのです。

8.情報が早い

お世辞を言うのが得意な人は誰よりも、情報通です。

最新の情報をどこで手にしたのかなどと言った感じに誰よりも早く情報をゲットしているのです。

そのため、話の種にもなりますし、話を広げることができるのです。

つまりは、時代の変化に対応しているということです。

あなたがどう思うと勝手ですが、時代は変化していくのです。

今の自分に必要なくても、社会が必要とするときはあるのです。

最近多いのがこの時代に乗り遅れてしまっている人です。

自分に必要ないと意固地になってしまったがために、社会に適応できなくなってしまっているようです。

そのため、コミュニケーションも取るのが下手、話も続かない、こんな人に誰がよってくるのでしょうか。

人が来ないので、最新の情報なども寄ってこないのです。

時代の変化が激しいこの時に、いかに情報を制するかが今後の世界を生き抜くすべでもあるのです。

もはや高学歴とかスキルとかは関係ありません。

これからは情報を読み取る力が必要になってくるのです。

つまり、嘘もつけなくなってしまうのです。

なぜなら、すべては情報によって流れてくるからです。

お世辞を言うのが下手な人の特徴!

ここまででお世辞を言うのが上手い人の特徴はわかったと思います。

では、逆にお世辞を言うのが下手な人はどのような人かわかりますでしょうか?おそらくほとんどの人はわからないと思います。

そこで、ここからはお世辞を言うのが下手な人の特徴をご紹介します。

この特徴をわかることで、お世辞が下手な人との付き合いを減らして、そのような人たちの習慣を身に付けないようにしましょう。

お世辞を言うのが上手い人と下手な人ならどちらが良いのかと言いましたら、おそらくほとんどの人は、うまい人が良いと思いますよね。

ぜひ、ご自身のためにも覚えましょう。

お世辞を言うのが下手な人の主な特徴

まずは自分勝手な人はお世辞を言うのが下手です。

なぜなら相手のことを考えていないからです。

相手のことを考えることができないから自分勝手なのです。

自分勝手な行動や言動が多いうちは、なかなかお世辞を言うことができないですよ。

また、意外かもしれませんが正直者の人もお世辞を言うのがうまくありません。

なぜなら、正直だから相手の良い点だけでなく、
悪い点も口走ってしまうからです。

つまり、お世辞を言うのは得意ではないのです。

本音でしか話すことができないのです。

さらに言えば、友達が少ない人もお世辞を言うのが得意ではありません。

なぜなら、友達が少ないのでコミュニケーションを取ろうとしないのです。

そのため、お世辞を言えないのです。

同様にコミュニケーションを取るのが苦手な人もです。

なぜなら、会話が続かないからです。

そもそも会話をするのが好きでないのであれば、お世辞だけでなく、お世辞以外のことも言うのも無理なのです。

つまりは、総合すると暗い人は無理です。

相手とうまくコミュニケーションをとっていないとお世辞は言えないのです。

ある意味、まずは会話をすることが必要なのです。

ぜひ、話すようにしましょう。

お世辞を言えるようになるコツ

まずはお世辞を言えるようになるには、話上手になることが先決です。

話すことが好きでなければ、お世辞など言えません。

まずは話上手になるために様々な人と会話をすることから始めましょう。

そうすることで、話をすることが好きになりますよ。

また、そのうえで相手のことを考えながら話をすることが大切になってきます。

要は相手のことを考えないといけないのです。

また、積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。

コミュニケーションが取れないと相手と話すことができませんよね。

つまりは、お世辞は言う相手がいないと意味がないのです。

そのうえで相手のことを知ることができたらお世辞を言うことが自然にできるぐらいまでになることもできますよ。

お世辞を言いたい相手に対してはどんな事でも相手の情報を知ることが大切です。

お世辞を言うときの注意点

まずは、バレバレなお世辞は絶対に言わないこと!相手にばれてしまってはお世辞の意味がなくなります。

そのために棒読みにならないようにすることです。

棒読みになってしまっては台本通りのように感じてしまうのです。

さらに言えば、毎回お世辞ばかり言わないことです。

お世辞ばかり言っていてはただのこびへつらっている人に思えてきます。

最も一番の注意点は心の距離を縮めたい人にはお世辞を言わないことです。

以上のことを肝に銘じましょう。

お世辞の言いすぎはよくないけど、言えるとかなり役立つ!

お世辞は言いすぎると、あまりいい印象はありませんが、言えるぐらいになっていると意外と役に立ちます。

ぜひ、自然と言えるぐらいまでにはなりましょう。