自分はわりと言いたいことを言って生きていると思っている方でも、意外と自分の「したい」が伝えられない方が多かったりします。

自分の中で解決する小さい「したい」から、誰か相手方が存在して自分以外の人に叶えてもらう「したい」まで、色んな願望がありますが、後者の誰か相手が存在する「したい」の場合は、叶えるのにはちょっと難易度が高いです。

自分が何かをしたいと思っていても、相手の同意ややる気がなかったら実現することができないからです。

相手の気持ちが自分と一致していなかったら、その「したい」という願望は叶わないということになってしまうのです。

特に恋愛に関する「したい」はとてもデリケートなので、恋の達人でも相手に伝えるのはカンタンではありません。

ストレートな言葉で「したい」を伝えるのが一番分かりやすいのですが、自分の感情であったり、ムードであったりでどうしてもできないことがありますよね。

ここでは、あらゆる「したい」についてをまとめました。

「○○したい」を素直に表現できない人がたくさんいます

何かをしたくても、その願望を思うように相手に伝えることができない…そんな人ってたくさんいます。

家族に対しても、友達に対しても、恋人に対しても、心を開いているはずなのなに願望を伝えることができません。

単に自分の気持ちを言葉や行動にして表現するのが苦手だという人もいれば、別に悪いことではないのに「こんなこと伝えて相手にどう思われるか…」「もし拒否されたらどうしよう…」など、相手に願望を伝えた結果がよくないものだったらと考えたら怖くて動けないという人もいます。

ほかには「素直に○○したいっていうのはキャラじゃない」っていう照れ屋さんもいるでしょう。

もしそれがあなたの好きな相手だったら「知った仲なのだから、遠慮せずに言ってくれたらいいのに…」と思うでしょうが、大切な相手だからこそ言えないこともあるのです。

気持ちを察してあげるために、サインを見逃さないようにしよう

 
言葉にするのが苦手な人や相手に自分の願望を伝えた結果が怖い人、素直に願望を伝えるのがキャラじゃなくて恥ずかしい人たちは、どうしてもストレートな言い方が出来ないということが多いです。

そしてストレートな言葉の代わりに、別の言葉や話題に置き換えた「サイン」のようなものを発している人が多いです。

相手に自分の願望に気付いてもらいたくてやっていたり、相手の反応を確かめていたりしているのです。

もしあなたが相手の要望を知りたいのなら、そのサインを見逃さないようによく見ていてあげることが大事です。

また、その要望に乗れないときはそのサインで察してあげて、できるだけ相手を傷つけないようにかわしてあげるのも時として優しさになります。

断るときもストレートに傷つけないで済むものサインのいいところです。

○○したい時に異性が出すサインの特徴

付き合いたい、キスしたい、結婚したい…色んな「したい」があります。

恋愛をしていると、その「したい」を相手に伝えたくても、雰囲気や会話の流れがあるのでなかなかストレートに思いを伝えることができないことってありますよね。

そんなときに、ストレートな思いを隠しながら伝えるのが「サイン」です。

言葉であったり、仕草であったりで相手に自分の思いを伝える方法です。

しかし、受け取る相手が鈍い人だった場合は思惑と違う方に取られてしまうこともあって、サインを送る方も工夫が必要です。

サインの心へのやタイミングってよく選ばないと正しく伝わらないものです。

ここでは、何かをしたいときに異性が出すサインについてまとめました。

もしかしたら、好きな異性はすでにあなたに色々なサインを送っているかもしれませんよ!

付き合いたい時


お互いの気持ちがあるのを知っているのになかなか「付き合おう」のひとことが言えない…そんなときってありませんか?さっさと言ってしまえればいいのですが、何となくタイミングを見計らったりしている間に時間がすぎていくのです。

そして女性なら男性から「付き合おう」と言ってくれるのを待っていることでしょう。

しかし男性だって勇気のいることなのでなかなか切り出せずにいます。

女性も恥ずかしくって自分から男性に「付き合ってください」となかなか言えない…
また「もし断られたら立ち直れない!」ということもあります。

正面からぶつかっていって、正面からフラれるってとても気力や勇気のいることですし、心のダメージも大きいものです。

そんなときに「付き合いたいサイン」を送って、「告白してもいいのか?」と相手の反応を見るという方法もあります。

または相手から「付き合おう」と言ってもらえるようなサインを出したりすることもあります。

そんな異性からの「付き合いたいサイン」、具体的にはどんなものがあるのかをここでは見て行きたいと思います。

1. 間接キスをする

「その飲み物、ひとくちちょうだい!」とさりげなく間接キスになることなんてありませんか?あまりにもさりげなくされる間接キスをされると「そんなに喉が渇いていたのか」なんて思って見逃してしまいそうですが、付き合いたい時のサインであることがあります。

間接キスに抵抗がない人も結構いますが、そんな人でもまず嫌いな人とは間接キスなんてしませんよね?幼いころにはなんてことなくしていたことですが、大人になればなるほど間接キスって結構デリケートなことだったりするのです。

もし好きでない相手からサインで間接キスをされた場合は、その後一切その飲み物などに口をつけないなどして逆サインを送ってお断りしましょう。

2. ボディタッチをしてくる

ジョークを言ったときや、ふとした瞬間に相手がよく自分の体を触ってるなと感じることはありませんか?
それは勘違いじゃなくて実際にわざと触っている場合があります。

どんな状況でも嫌いな人やどうでもいい人にわざとボティタッチをする人はまずいません。

身近に感じている人や好きな人にしかしないのがボティタッチです。

もし相手からのボディタッチが増えたなと感じたら、それはあなたが時別な存在だというあらわれです。

好きな相手からのサインだったら、思いきってあなたから「手でもつなぐ?」なんて切り出してあげてもいいかもしれませんね。

【ボディタッチについては、こちらの記事もチェック!】

3. メールを頻繁に送ってくるようになる

メールはとても便利で、携帯やスマホがあれば指先ひとつで相手に連絡をとることができます。

手軽な連絡方法ですが、何とも思ってない人にメールをするのはなかなか面倒くさいものです。

それをマメに送ってくるとなるとあなたに気があるといことになります。

また、好きな相手だと「もっと繋がっていたい」という気持ちからメール数が増えるのは自然なことです。

用事があってしたメールも、用件を伝えるだけで終わるのはもったいないと思って違う話題を出したりしてやたら引き延ばしてしまうことだってあるでしょう。

用事だけでなく、日常の何てことないような話しまでメールしてくるようになったら、これはもう付き合いたいと思っている可能性が高いです。

直接話しているときよりも、メールの方が素直になる人も多いので、サインではなく心からのストレートな気持ちが聞けることもありますよ。

4. 思わずニコニコしてしまう

好きな人が目の前にいると、心が幸せになるのでついつい笑顔になってしまいますよね。

感情が溢れるとニコニコしてしまうというのは自然なことですし仕方のないことです。

別に笑える話しをしているわけでもないのにニコニコしながら相手がこちらを見つめているというのは完全に好意のあらわれです。

いつもポーカーフェイスの人があなたの前だけニコニコしていたらとてもわかりやすいでよね…。

言葉でこそストレートに好きだと言われていなくても、顔全体で「好き」だと言っているようなものですよね。

好きではない相手にずっとニコニコされると戸惑ってしまいますが、好きな相手の場合はそのニコニコを優しく受け止めてあげましょう。

5. 相手をたくさん褒める

好きな相手のことは自然といいふうに見えるものです。

そしてそれを相手に伝えたくなるのもよくあることです。

「アナタと付き合える人は幸せだろうなぁ」「周りへの気遣いがすごくて尊敬する!」「いつも自分より他の人を優先しているね」なんて褒められると、「自分のことをしっかり見ててくれたんだろうなぁ」ってちょっとキュンとしまいますよね。

他の人が気付かないようなあなたのいいところを褒めることによって「付き合いたいサイン」を発しています。

褒められて嬉しいという気持ちももちろんですが、特に内面的なことが褒められると相手が自分のいいところを見ててくれたんだとくすぐったいけど嬉しいものです。

褒める方も、あえて内面的なことを重点に褒めると「外見よりも中身が好き」というアピールにもなります。

しかし、相手があんまり褒められるのは苦手な人だったら、ちょっと逆効果なサインであることも!?

6. シングルであることをアピールしてくる

「彼女でもいたらな~」「彼氏がいたら会ってないよ!」なんて、ちょいちょい「私には恋人がいません」アピールしてくる異性は、自分がフリーであることをあなたに知ってほしいと思っています。

もし、脈があっても「決まった相手がいるかもしれない」という憶測って恋愛をもう一歩進めたいときの足かせになったりしませんか?相手もそれをわかっているので「もしアナタも恋愛関係に発展することを望んでいるのなら、こっちには障害はありませんよ」にいうことを暗に言っていることになります。

しかし、シングルであることのアピールは、付き合いたいのサインであると同時に「誰か紹介して」のサインであることもあります。

2人の関係性や、これまでの会話の前後に注意して判断するようにしましょう。

7. 好きなタイプを聞いてくる

「好きな相手の理想に近づきたい」と思うのは当然のことです。

好きなタイプを聞いてきたとしたら、会話のネタかあなたと付き合いたいので、好きなタイプを参考にしようとしている可能性があります。

好きなタイプを答えて、相手が「俺ってその好きなタイプに近づけると思う?」「私、あなたの好きなタイプになれるか頑張ってみよっかな」なんて返ってきたら、これはほぼ付き合いたいのサインでしょう。

自分のために好きなタイプに近づこうとしてくれるのは、ちょっと胸がキュンとしますよね。

好きな相手の場合には、「好きになった人がタイプだから、あなたが理想かな!」なんて大胆にこっちからサインに応えてもいいかもしれませんね。

8. 他の人と話す時より表情や声のトーンが変わる

好きな人といるときは何だかいつもの自分じゃないみたい…と感じるのは男性・女性ともにたくさんいることでしょう。

好きな人の前だと、他の人と話すときより表情が明るくなったり、声が上ずってしまうことってありますよね。

緊張したりテンションがあがってしまったりで表面上はなんとかポーカーフェイスを装うことができても、心の中は平静ではいられませんよね。

それがついつい声や表情となって表れてしまうこともあります。

特に女性はこの傾向が強いです。

また、好きな人に気付いてもらうためにわざと表情や声を変えているという人もいますが、それは「アナタが好きです」のサインなのです。

これはとっても分かりやすいできるよね。

好きな相手が無意識でもわざとでも、自分の前だけ周りにとは違う一面を見せていると思うと、ちょっと優越感を感じますよね。

9. 相手の小さな情報でも細かく覚えている

何気無く話したようなことやを相手が覚えているとビックリしますよね。

でもそれだけ相手があなたに興味をもってあなたの話しに真剣に聞いてくれているということになります。

他の人なら聞きながしていてもおかしくないような話題でも覚えていてくれたら嬉しくなりますよね。

好きな人のことはたくさん知っておきたいと思うのが恋愛をしているときの心理というものです。

「私はアナタが好きなので、どんな些細な話しでも聞き逃してないです」というアピールをしてきたら、それは付き合いたいというサインと受け取ってもいいでしょう。

キスしたい時

好きな人とキスをしたいと思うのはごく自然な感情です。

付き合っていても付き合っていなくても両想いの2人ならなおさら触れ合いたいことでしょう。

しかし突拍子もなくキスをするのは何だか強引で空気が悪くなりそうだし、女性の場合はあんまり積極的に行きたいものでもありません。

「私のくちびるってよく柔らかそうだっていわれるんだよね」「くちびる荒れたらイヤだからリップ塗ってるんだよね」など、相手が会話の節々にくちびるの話題を振ってもなかなかキスをするような雰囲気にならない…
「相手はそんなにキスしたくないのかな?」と思っていたそんなとき、相手をよく観察してみてください。

キスしたいというサインが出ていることもありますよ。

ここでは、キスをしたいときの異性のサインをご紹介します。

1. 真顔で目や唇をじっと見つめる

会話をしているときに、ふと相手の顔を見たら真顔で見つめられていることってありませんか?
笑える話題をしたはずなのに、まっすぐな瞳でじっと目や唇を見つめられるとドキッとして会話が止まってしまいますよね。

そんなときは相手からキスをしたいという合図です。

相手が好きな人なら、この流れでそっとキスをするのがスマートです。

また、相手が好きな人でない場合は気付かないふりをして会話を続けてムードをかき消すようにしましょう。

2. 身体をくっ付けてくる

「キスしたいなぁ」と思ったときに現実的な問題があるとすれば2人の距離です。

キスしようといきなりバッと目の前に飛び出すと相手が驚いてしまいますし、ムードもへったくれもありません(そんな強引なことが好きだという人もいますが、ここではちょっと除外します)。

男性も女性も、キスがしたいなと思ったらまずはそういう空気になるようにムード作りをしていきます。

体が密着すると、自然とそういう空気になりやすいので、腕に抱きついてきたり肩を寄せてきたりと、じょじょに距離を詰めるように体をくっつけてきたら、それはキスしたいの合図だと思っていいでしょう。

冬の寒い時期だとくっつくチャンスが多いので成功率が高めです。

3.人目につかないところに行こうとする

人前でもキスしても平気な人もいますが、基本的にはみんな暗黙の了解で人の目がないところでキスをしますよね。

自分や相手の家であったりホテルであったりだったら問題ないのですが、街中などの外の場合はちょっとキスをしようにも場所に困ってしまいます。

周りに人がいると見せもの状態になったり、何よりムードがないですよね。

付き合いたてのカップルだったりすると余計にキツイでしょう。

いい雰囲気のときに「静かな(人の少ない)公園でもいこっか」なんて言われたら、それは相手からのキスしたいのサインであることも。

4. リップクリームで手入れをするようになる

今まではとくにケアなんて何もしていなかったのに、相手が突然リップクリームで唇の手入れを始めたら、そろそろキスしたいなというサインである可能性があります。

ちょっと分かりづらいアピールですが、このサインに気付けたらこちらも心の準備をする時間があります。

自分とのキスのために唇をお手入れするなんて好感が持てますよね!もし好きな相手からのサインだた場合は、あなたもリップクリームでお手入れしておいた方がいいでしょう。

デートに誘いたい時

恋人未満の関係や、付き合って間もなかったりするとデートを誘うのに結構勇気がいるものです。

もし勇気を出して誘ったのに断られてしまったら、ちょっとめげてしましますよね。

そんな自分の心のダメージを軽くしたり、今後も気まずくならないようにストレートにではなく「サイン」によってデートのお誘いを打診する人もいます。

デートに誘いたいサインって、どんなものがあるのでしょうか??ここではその一部を見て行きます。

1. 寂しいことをアピールする

「せっかくの休みなのに1人なんだ~」「連休は家で過ごすんだけど…退屈だなぁ」なんて寂しいアピールしてきた場合は、「一緒に過ごさない?(デートしない?)」というサインである場合があります。

気になる相手に、寂しいアピールをされると「自分に何かできないかな?」って思いますよね。

気になる相手じゃなくても、嫌いな人じゃない限り同情的な気持ちになって「じゃあ、一緒にどっか遊びにいこっか」ってなりますよね。

もし好きな相手からそんなサインがあった場合はぜひ誘いにのってみましょう!

2. 休みの予定を細かく聞いてくる

「次の休みって何してる??」「誰かとでかける予定ってある?」なんて休みの日の予定や誰と過ごすかなどを細かく聞いてこられたら、あなたの休みの日の過ごし方を聞いてデートに誘おうとしていると同時に、他の異性の影をチェックしている可能性があります。

自分が気にも留めていなかった異性にこのうように予定を聞かれるのはちょっとうっとおしいし怖いですが、もし気になる相手から予定を聞かれた場合は、「午前中にジムに行く予定だけど、それ以降は特に何もないよ」「お母さんと買い物にいく予定だよ」なんて具体的に返してあげましょう。

しかし、一方的に好意を持たれているだけの好きではない相手の場合は、嘘でも「1日中用事がある」とシンプルに伝えるのが一番です。

3. いろいろな場所の話をふってくる

「駅前に美味しいお店が出来たらしいよ」「今度○○でイベントがあるんだよ」なんて色々な場所の話題を振ってこられたとしたら、それは「一緒に行こう」のサインである可能性が高いです。

会話として振っているだけだとしても、結局はどちらともなく「行きたいなぁ」となるので結果としてやはりデートのお誘いのサインに繋がります。

また、「あなた、○○ってバンド好きだったよね?私も最近興味があって…今度○○のイベントで出るらしいよ」なんて自分の趣味に関する話しを振ってこられることもあるでしょう。

こんなふうなサインを出させると「一緒にいく?」ってなるし、わかりやすいですよね。

4. ひとりでは行けない場所があると相談してくる

好きな相手から「周りはカップルばっかりだから、ひとりで行くのはちょっと気が引けて…どうしようかな」「あのカフェ、気になるんだけど男ひとりで入るのにはハードルが高くて困っている」なんて相談をされたら、「じゃあ、一緒についていこうか?」という返してしまいますよね。

実はそんな返しを相手も期待しています。

あなたを自然に誘うために、あえて自分の好みや趣味じゃなくてもお店や場所を頑張ってピックアップして「ひとりじゃ行けないんだけど…」と相談して(誘って)くれていることもあります。

そういうことがわかると相手の自分を想う一生懸命さや健気さにグッときますよね。

もし好きじゃない相手からそんなサインを出されたら、「同性の友達同士でも大丈夫でしょ」「ひとりでも意外と楽しめるよ」と無難にかわしておきましょう。

5. 仕事や学校が終わる時間にメールをしてくる

仕事終わりや学校終わりによくメールが来るときは、デートに誘いたいサインであることが多いです。

付き合ってるならまだしも、恋人未満の場合だったら直球でデートに誘って断られるとショックを受けてしまいます。

ですが、仕事終わりや学校終わりだったらあとは帰るだけだし、もし断られたとしても「疲れたのかな」と思うことができます。

また、「休みの日に1日デートの誘う」って結構ハードルが高かったりします。

そんなときに仕事や学校終わりのちょっとした時間だけ食事や映画に行くくらいなら…を考えることもあります。

「そろそろ仕事が終わった時間かな?いつもお疲れさま!」「学校終わった?今日も疲れたね~」なんてメールがきたら、察してあげましょう!

結婚したい時

人生において大きなイベントの1つである「結婚」。

男性にとっても女性にとっても大きな決断なのでみんな慎重になっています。

付き合って1年から2年ほどで結婚を意識するカップルが多く、そのタイミングでプロポーズできたらいいのですがタイミングを逃したらダラダラとした付き合いが続いてしまいます。

いくら仲が良くてもダラダラとした付き合いになると結婚率が急激に下がってしまいます。

タイミングって、プロポーズする側の問題のように思えますが、実はプロポーズ受ける側にも問題があるのです。

結婚の話題をちょっと出してみようかなとサインを出していても、そっけなかったり、興味がなさそうならプロポーズする側も迷ってしまいます。

それを避けるためにそれはkそろそろかな?」と思ったら、相手の言動を気をつけて観察してみてください。

結婚を意識したサインがそこかしこに潜んでいますよ。

1. 自分の理想の家族像について話してくる

「将来子供は3人ほしい」「仕事から帰ったら奥さんや子供に暖かく迎えられたい」なんて家庭を持ったら~というような話しを振ってきたら、それはかなりの確率で結婚したいサインです。

ただ、アナタとは結婚したいと思っているけど、今すぐというわけではないこともあります。

しかし理想の家族像の話しをするというのはかなり結婚を意識しています。

結婚する気のない相手に、こんな話しはしませんよね(結婚の希望を持たせてしまうといけないので)。

どうしてもいつ結婚したいのか知りたいときは、その話しに乗っかって「何歳までに子供欲しいの?」「何人子供ほしいの?」「あなたは何年くらい付き合ってから結婚したい人なの?」なんて具体的な数値を言うように仕向けてもいいかもしれませんね。

2. どんな家に住みたいか話してくる

「結婚したら家は通勤30分圏内の家がいいなぁ」「結婚したら一軒家に住みたい」「キッチンはやっぱり広いほうがいい?」「広くて子供が遊べるよな家がいいよね」など、結婚したらどんな家に住みたいかを話してきたら、それは結婚したサインの可能性があります。

「広い庭があって、大型犬が飼いたい」「君は犬の世話とかできる?」なんて将来の話しにあなたがいる前提の具体的な話しになってくるとほぼ確定でしょう。

結婚したいときはどんどん話しに乗っていって、そのままプロポーズしたり、プロポーズされちゃったりしましょう。

3. 指のサイズの話をする

「指細いね、いつも何号の指輪つけてるの?」なんて聞かれたら、プロポーズが間近の可能性大です!
男性の場合、普段よほどファッションに興味のある人でないかぎり女性の指輪のサイズについて考えることはないでしょう。

また、女性の場合、「最近指が細くなって…今7号なんだ」と自分から何気なくサイズを知らせてくると結婚したいサイン。

プロポーズのときまでに婚約指輪を用意しやすいように知らせている可能性があります。

4. 家族に会わせたがる

付き合っていると、普段から家族の話題は出てきているはずです。

これまでは話しのみだったのに「今度会ってみる?」となると「そろそろ結婚しない?」のサインです。

また、学生さんの場合は、すぐに結婚というワケにはいかないけど、ある程度付き合っているのなら家族公認になっておきたいという気持ちがあるのはほぼ確実です。

相手を自分の家族に会わせることによって、相手に「自分は本気である」ということのアピールできますし、結婚したい相手に自分の家族がどんな感じなのかを知っておいてほしいと思っています。

結婚は一生のことなので自分の家族を受け入れてもらわないと前に進むことが出来ません。

なるべく早いうちに家族に会ってもらいたいと思うのは真剣な思いだからこそです。

5. 友達の結婚話をしてくる

人の幸せな話しは、親しい人ほど自分も幸せな気分になりますよね。

友達の結婚の話しは、自分の結婚したい欲の起爆剤にもなります。

そんな友達の結婚の話しをしてきたら相手はきっと今結婚したい気分になっていることでしょう。

ただし、この結婚の話しが「2人とも幸せそうだったよ」「自分もあんな結婚したいな」「家庭っていいもんだね」など、前向きなものなら結婚したい欲が高まっていると取れますが、「結婚生活に疲れきってたよ」「簡単に結婚するもんじゃないね」「なんだか離婚しそうだった」なんてネガティブな内容だったら単に世間話もしくは「当分結婚はいいや」という隠れた牽制である可能性があります。

友達の結婚の話しでも、両極端なサインの場合があるので内容を見極めるようにしましょう。