素敵な結婚生活を夢見て、早く結婚したい気持ちになっていませんか?

しかし、そんな夢がさらに遠のく出来事が起こっていませんか?

素敵な結婚生活を夢見て婚活を始めたにもかかわらず、今では婚活が辛くて辞めたいと思うようになってきた場合、ちょっぴり危険信号になっています。

婚活が辛いと思う原因や、辞めたいと思った時に、どのような行動をとるのが適切なのでしょうか。

こちらの記事では、そんな婚活が辛いと思い始めた時に、ちょっぴり読んで欲しい記事になります。

婚活に縛られ、苦しめられているのであれば、様々な対応や対処法を考えていかなければなりません。

素敵な未来のためにも、ぜひ婚活が辛いと思い始めた時の対処法を身に付けておきましょう。

なかなか上手くいかない!終わりの見えない婚活って辛いですよね…

あなた自身が幸せになりたい気持ちからスタートさせた婚活ですが、なかなかうまくいかない現実を知るだけでなく、終わりの見えない婚活生活になってしまうことで、婚活の苦しさがじわじわとボディーブローのように痛みに変わってきていませんか?

婚活し始めた頃は、毎日が「どんな素敵な人に出会えるのだろう!」と言うワクワク感でいっぱいだったにもかかわらず、そんな現実とは裏腹に終わりの見えない婚活生活にうんざりしてきていませんか?

ここからは、そんな終わりの見えない婚活生活に終止符を打つべく対処法をいくつかご紹介していきます。

婚活が辛いと思う理由とは?

そもそも、楽しいはずの婚活がなぜ辛いと思えるのでしょうか?ここからは、そんな婚活が辛いと思う理由についていくつかご紹介していきます。

婚活が辛いと思う理由を知ることで、解決の糸口が見つかる場合もあります。

また、あなたの心の様子を明らかにすることで、辛い婚活生活に終わりを告げることができるかもしれません。

それでは、婚活が辛いと思う理由について一緒に考えていきましょう!

焦り


結婚に対する焦りから、婚活をしているため自分の意思ではない人がほとんどなのではないでしょうか?

結婚に対してそろそろ結婚したい年齢に近づいてきた…。

と言う理由や、自分の親から結婚を催促される人や、同じ婚活グループにいても自分だけ取り残されて言っている…。

なんて場合には当然焦る気持ちも増えてきます。

さらに、焦る気持ちから行動が空回りしていたり、焦って行動してしまうことで失敗してしまうことも増えてきているのではないでしょうか?

こちらでは、さらにどのようなことで焦っているのかを深掘りして行きます。

周りが成功していく

同じ婚活グループにいても、自分だけが取り残されたかのように、周りの婚活メンバーが成功していく姿を見ていると、なんだか悲しい気持ちになってきますよね。

また、周りが成功していく姿を祝福しつつ、悲しい気持ちになり怒りがこみ上げてくることもあります。

同じ婚活グループにいても、なぜ自分には素敵なパートナーが現れないのだろう…。

なんて落ち込む必要はありません。

周りが成功していく中でも、あなた自身が焦っていては何の意味もありません。

焦る気持ちより自分がどれだけ幸せになれるかをよく考え、行動していくようにしましょう。

両親にせかされる

特に、親と同居の場合顔を合わせるたびに、結婚について話をされれば、妙な焦りが出てきます。

また、両親を安心させたい気持ちから婚活に参加しているのであれば、あなたの意思とは少々違うものになります。

「婚活したい」という気持ちから、「婚活させられている」なんて気持ちになってしまいそうです。

両親に急かされることで、婚活をがんばっているのであれば、それはあなたの意思では無いことを覚えておきましょう。

結婚にはタイミングもありますので、無理に結婚を焦る必要もありません。

両親にせかされたからと言って婚活を頑張るのではなく、あなたが頑張りたいタイミングで婚活していけば良いのではないでしょうか?

同級生に子供がいる

特に、同級生に子供が居る場合焦ってしまうことでしょう。

中の良い同級生グループみんなが結婚して子供がいるのであれば、なおさら焦る気持ちを隠すことができません。

自分1人だけが取り残されたような気持ちになり、時々悲しい思いをすることもあります。

しかし、あなたのタイミングが大切です。

周りは幸せな家庭を築き子供がいる姿を見ても、あなたは今そのタイミングではないと言うことを覚えておいてくださいね。

婚活をがんばりすぎていろんな人を選びすぎていたり、早く結婚したい気持ちからの婚活はうまくいくはずもありません。

お金がかかる

婚活には、お金がかかります。

特に男性の場合女性より多く支払いをしなければなりません。

そのため、男性で婚活をがんばっている人の場合たくさんのお金がかさんでしまうことでしょう。

一方女性の場合婚活に参加する料金は安く抑えることができてもそこにかかる洋服代や交通費、エステなど自分磨きなどのところでお金がかさんでしまうことでしょう。

このように、男性にとっても女性にとっても婚活を続けている間は常にお金がかかってしまいます。

そのため、本当に自分が打ち込みたい趣味や、お金を使いたいところでお金がなくなってしまっていることも考えられます。

理想の人と出会えない

婚活に来る人は、結婚相手を探しに来ていますので、素敵な人はすでに素敵な誰かとでやっています。

そのため、スペックが高い人や理想的な人が現れてもすぐに誰かに奪われてしまいなかなか自分の理想的な人と出会えないと感じているのではないでしょうか。

理想の人と出会えない現実といつか理想の人と出会いたい夢の間で疲れてしまったのかもしれません。

理想の人と出会えないことでストレスになってしまっていることも考えられます。

そんな時は、自分と自分の理想的な人とのギャップを埋める必要がありそうです。

心身ともに疲れた


婚活グループによっては、派閥があったり、必死で結婚相手を探している人に出会うこともあるかもしれません。

そんな中、婚活を続けていくのに気持ちが疲れてしまうこともあります。

心身ともに疲れ果てた気持ちになることで、婚活に対する熱意も冷めてしまうことでしょう。

いろんな人に出会うことで様々な出会いを楽しむことができても、「この人!」と言うような人に出会うことができないためいつも空振りで終わってしまいます。

そんな婚活生活にお金と時間と労力をかけていても素敵な人に出会えないのでは?なんて思うこともありそうです。

心身ともに疲れた時は、無理に婚活をやり進める必要はありません。

職場の人に馬鹿にされる

婚活のことを職場の人に話したところ、馬鹿にされるような答えが返ってきては非常に嫌な思いをするだけでなく、職場でもあなたの婚活の噂が出回ってしまうことも考えられます。

自分ではそんなつもりはなくても端から見ると必死に婚活している姿に見えたり、頑張って婚活している割に成果が出ないと嘆いているように見えるのかもしれません。

このように、婚活することで自分の心や体、様々なバランスが崩れ元職場の人に婚活の相談をしたところで馬鹿にされては止めを刺されたようなものですよね?

職場の人に婚活を馬鹿にされては、今後職場にも顔出しづらくなりそうです。

友人に同情される

婚活を始めてなかなか成果が出ないことを友達に伝えると、友達から同情されさらに悲しい結果に陥ることが考えられます。

友達にただ今の現状を聞いて欲しかっただけなのに、変なアドバイスをされたり同情されたりすることで、婚活が自分に向いていないのではないか?などと不安になることもありそうです。

特に、中の良い友人に同情され変なアドバイスをもらうことで逆に傷ついてしまうことがあります。

友人が婚活のスペシャリストならまだしも、婚活の大変さを知らない友人に相談ししまったことで変なアドバイスをされてはたまったもんじゃありません。

相談する相手をよく考え、正しいアドバイスをしてくれる相手に相談するべきです。

初対面の人と話すのが苦痛

人見知りの人や、特に人と関わるのに時間がかかると言う人の場合、婚活に行くこと自体が非常に苦痛なのではないでしょうか?

初対面の人と話すだけでもものすごく緊張していたり、疲れたりするのにも耐えて、婚活に参加しているのであれば、失敗してしまったことや、悲しい気持ちになった時など、すぐに心が折れてしまいそうです。

さらに、初対面の人と話すのが苦痛になるだけでなく、婚活に生きている人の中でも自分に合わない人と接してしまうだけで、すぐに心が傷つき折れてしまいます。

断られてばかりで自分自身を否定されているように感じる

婚活に参加していても、実がなければ当然ショックが大きくなってしまいます。

自分に合う人が現れないだけで、断られている現実を突きつけられるだけで、自分自身を否定されているように感じてしまいます。

特に、感受性の強い人や心が敏感な人にとっては苦痛の何者以外でもありません。

婚活で断わられ続けてばかりいる人なら、当然のこと悲しい気持ちになります。

断られる事に、心の傷が深くなり、婚活することに対して自信がなくなっていることも考えられます。

このように、いくら婚活に参加していてもほとんどが断られるばかりで自分自身が否定されているように感じている場合、悲しい気持ちになることもありそうです。

休日が潰れる

週末になれば、必ず婚活パーティーがありますので、休日が潰れてしまう可能性があります。

そのため、週末に向けて予定を入れることができなかったり、休日は婚活に忙しすぎて、自分の時間が作れない場合もあります。

自分の時間が作れないことで、ストレス発散や自分へのご褒美や友達と遊べる日がどんどん削られていきます。

休日が潰れてしまうことで、疲れも取れず婚活もうまくいかないのであれば何のために婚活をがんばっているのか分からなくなってしまいます。

休日になれば婚活のためにあなたの大事な時間やお金、労力を使い果たしているのであれば、心は充実することもありません。

少しでも婚活で良い出会いがあったり、素敵な人と出会えれば別ですが、それすら出会うこともできなければ、ただ無駄に休日が潰れてしまっていると感じてしまいます。

ゴールが見えない

婚活をいくら続けていてもゴールが見えないため、あきらめたい気持ちになることがあります。

ゴールが見えないのであれば、自分でゴールを作るのも1つの方法です。

期限を決め、○○までに素敵な人に出会えなければ、婚活以外の方法で理想の相手を探す!などと自分で期限を決めれば良いのかもしれません。

ただひたすら見えないゴールに向かい走り続けると感じている方が苦しいのかもしれません。

見えないゴールにお金や時間を費やすのではなく、自分自身にゴールを決めて目標設定することで、婚活に振り回されることも少なくなるのではないでしょうか?

自信がなくなった

これまで素敵な結婚生活を夢見て婚活に励んできた人であっても、ずっと良い結果が出なかったり、素敵な人に出会えなかったり、断られ続けた結果、自分自身に自信がなくなってしまったことも原因に挙げられるようです。

自分に自信がなくなったことで、婚活を続けていくことが難しいと思い、結婚のことすら考えたくない日が続いているのかもしれません。

自分に自信ができるまで、無理に婚活に参加する必要はありません。

自分が参加したいと思えるような婚活に参加するだけでいいのです。

焦っていても、いい人に巡り合うことありません。

あなた自身に心の余裕がなければ相手を見る目すら養うことができません。

自信がなくなったときに無理に動くのではなく、また婚活したい気持ちになったときに動けばいいのです。

恋愛の仕方が分からなくなった

婚活している期間が長くなればなるほど、婚活を始める前にお付き合いしていた人との感覚が分からなくなってしまうこともあります。

また、婚活ばかりしていて恋愛のやり方や仕方がわからなくなってしまっていることも考えられます。

「恋愛ってどうするんだっけ?」なんて言うときには、無理に婚活するのはやめておきましょう。

恋愛をしたくなるときは、そんなことも考えずに突然衝撃が落ちたかのようにやってきます。

心のどこかで、あなた自身が「素敵な王子様が現れる」なんて思っていたり、「結婚するなら誰もが羨む美人でないと嫌だ!」なんて思っていては、なかなか婚活を成功させることができません。

婚活を辞めたいと思った時の11個の対処法

それではここからは、婚活を辞めたいと思ったときの対処法についてご紹介していきます。

まずは、これまで婚活を辞めたいと言う理由が明らかになった上で、婚活を辞めたいと思ったときの対処法を実践していってみてください。

疲れ切った心のまま婚活を頑張る必要はありません。

あなたの意思とは別に、結婚しなければいけないと言う気持ちが働くため、無理をしていることもあります。

婚活を辞めたいと思った時に、ぜひ実践していただきたい対処法を身に付けておきましょう。

一度休んでみる

婚活のメンバーからいくら誘われても、あなたの心が疲れているのなら、無理に婚活に参加する必要もありません。

ここは、思い切っていちど休んでみてはいかがでしょうか?いちど休んでみることで、婚活から離れてみましょう。

婚活から離れることで、心が自由になり、少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか?

婚活に熱いメンバーがいることで、毎週婚活に誘われていたり、休みたくてもなかなか婚活のせいで休みが取れなくなってしまっている場合、思い切って休んでみることも悪くないようです。

また、婚活を休んだ時に普段できないようなことにチャレンジしてみたり、行ったことのない所へ行ってみるのもオススメです。

旅行に行く

今の現状を忘れるためにも旅行に出かけてみるのはいかがでしょうか?

旅行に行くことで、その土地にある素晴らしいものや素敵なもの、歴史に触れることで嫌なことを考えたり、婚活に参加しなければならないと言う義務的な行事にも距離を置くことができます。

たとえ、婚活メンバーに嫌味の一言などを言われても全く気にする必要ありません。

心と体を癒すためにもちょっとリッチな旅行に行き、心身ともに疲れを癒し嫌なことを忘れてくるようにしてください。

旅行中にも婚活のことを考えていたり嫌なことを思い出していてはせっかくの旅行も楽しむことができません。

ここは、なぜ旅行に行くのかをよく考え、行動するようにしていきましょう。

寝る

特に1話見るたびに、心が癒されリラックスされた状態になることがあります。

これまで、婚活のことを考えすぎて夜な夜な寝ることもできずに悩んでしまっている人の場合、婚活の事は忘れて思いっきり眠るようにしてください。

眠ることで心も体もリラックスすることができます。

深い眠りにつくことで婚活がストレスになっていることや、婚活に振り回されることも少なくなります。

何のために婚活を始めたのか?また、なぜ婚活を始めてこのような気持ちになったのか?などをよく考えながら行動するようにしてください。

好きなことをする

ここは婚活のことを忘れる旅に出たり、深い眠りにつくこともオススメですが、やはり好きなことをすることで嫌なことを忘れたり婚活のストレスなどを発散することもできそうです。

これまで、婚活のために好きなことを諦めていたり好きなことをする時間がなかった人の場合、一旦婚活の事は忘れて思いっきり好きなことに打ち込むようにしてください。

やはり、婚活に振り回されているようなストレスとは違い、好きなことをすることで、心が喜びワクワク弾むような気持ちになるのではないでしょうか?

好きなことをしながら、これからのことを考えていけばいいのです。

結婚と言う未来は婚活があるからこそ出来るものでもありません。

素敵な男女が出会い結ばれることで結構につながります。

無理矢理出会いの場を探すのではなく好きなことをしながら出会いを見つけていくのも悪くないですよ。

独身の友達と遊ぶ

ここは、独身の強みである独身の人たちと思いっきり遊ぶのはいかがでしょうか?

独身の友達と遊ぶことで、結婚している人たちとは違った遊びをすることができます。

結婚して子供が居る家庭に落ち着いた友達は、時間や家族に縛られるところもあります。

しかし、独身の友達であれば時間や家族に縛られることもありません。

好きなときに好きなものを食べ、好きなところにふらりと出かけたり、また好きな時に帰ってくることもできます。

縛られるものがないから寂しいと感じるのではなく、縛られない自由を楽しむように考え方を変えていってはいかがでしょうか?

そうすることで、独身の友達と目一杯遊ぶことができ、また独身だからこそできる遊びもたくさんあるように感じませんか?

無理に予定を詰め込まない

婚活が生活の軸になっている場合、婚活のために無理に予定を詰め込んでいませんか?

婚活に合わせた生活をしていると、婚活に振り回されてしまいます。

また、同じ場所での婚活では、同じ人としか会えません。

また様々な場所に出かけ婚活をするのであっても、お金がかさんだり知らない人との会話に疲れ果ててしまうことでしょう。

休日や週末になれば婚活に参加するような生活からは少々距離を置き、無理に予定を詰め込まないようにしてみることも良いですよ。

毎週婚活があることで、義務のようになったり、婚活がないことで遅れた気持ちになる必要もありません。

婚活を中心にするのではなく、あなたの心のゆとりを優先させ予定を決めるようにしてください。

他人と比べない

他人と比較してしまう事は、最も無駄なことになります。

性格が違えば好みも違う他人と比べることで、何の意味があるのでしょうか?

育ってきた環境も違えば両親も違う相手と比べてしまうことで、誰が得をするのですか?

まずは、じっくりと自分自身を見つめ直し、他人と比べないことを考えていきましょう。

「よそはよそ!うちは家!」と言う考え方があるように、全くステージの違う相手と自分を同じステージに上げて考えるのもおかしな話です。

あなたにはあなたの良さがあり、またそんなあなたを見て素敵だと思ってくれる異性も必ずどこかにいるはずです。

他人と比べてしまうことで、勝手に嫌な気持ちになっていたり、嫌な気持ちでズルズルと無駄な時間を過ごさないようにしていきましょう。

独身を満喫する

婚活がうまくいかないからといって落ち込む必要は全くありません。

独身を満喫することで、婚活の煩わしさを忘れられることができます。

独身だからこそできることがたくさん借ります。

結婚しているからこそできないこともたくさんあるのです。

独身が寂しいと思っているなら、見方を少し変えるだけで独身が楽しいものに変わります。

独身の時があると言う事は、それだけ家庭に縛られない時間があるということです。

無理矢理家族を作り、枠にはまったところで誰1人幸せになることもありません。

今のこの独身の時を楽しく過ごし、満喫できるようなプランをいくつか考えてみてはいかがでしょうか?

自分を責めない

婚活でうまくいかない事に対して、自分自身を責めるのもやめておきましょう。

婚活はあくまでも婚活になります。

婚活に行っても良い出会いがないのは自分が悪いと思うのではなく、タイミングが悪かったと思うようにしてください。

なかなか理想的な人に出会えなかったり、理想的な相手に出会えていたとしても、お互いの気分が乗り気じゃない場合だったりすることもあるのです。

自分を責めすぎるのではなく、少し見方を変えるだけでタイミングが合わないかったと思えることもたくさんあるのです。

自分を責めてしまうと婚活に対しても自信がなくなってしまいます。

もちろん婚活だけでなく自分に自信がなくなることもあります。

良い出会いを求めるのなら、ベストなときの自分と素敵な人と出会いたいですよね。

婚活している理由を見つめ直す

そもそも、なぜ婚活をがんばっているのか?そこがポイントになります。

自分が本気で結婚したいと思い、婚活しているのなら問題はありませんが、はじめの頃の気持ちとは違い、婚活している理由がよくわからなくなってきてしまった人の場合、婚活している理由をきちんと見つめ直さなければなりません。

自分の為?

そもそも、婚活をがんばっているのは自分のためだと言う事はよくわかります。

しかし、周りが結婚するので焦っていたり、周りには子供がいる友達も増えてきていることから、自分も結婚を意識するようになった…。

と言う状況になれば、当然婚活は自分のためであっても、周りに乗り遅れないための自分が婚活をがんばっていることになります。

自分のためであっても、理由が理由なら、当然がんばり続けることができません。

自分が本気で素敵な人と出会いたい気持ちで婚活をがんばっている人、周りの状況や環境に流されて婚活をしている人とでは、婚活をがんばっているところが違います。

親の為?

また、親から婚活をしろと口うるさく言われている人や、親から結婚を急かされることを言われていて、婚活をがんばっている人であれば、当然自分のためではありません。

親のために婚活をがんばっていることになりますので、モチベーションが上がらないことも多いのではないでしょうか?

自分の意思とは別に、結婚しなければならない気持ちになっていますので、当然モチベーションが下がります。

もっとやりたいことに打ち込んだり、親の言葉や周りに振り回されることなく自分の意思で結婚したい気持ちが芽生えた時に、婚活を頑張るのでいいのです。

婚活をしている理由を見つめ直すことで、あなたの心の奥底にある心の声が見えてきそうです。

婚活を楽しむ

そもそも、婚活は苦しむものではありません。

婚活は楽しむものです。

婚活を楽しむことができなければ、当然良い出会いに出会えることもありません。

つまらなさそうにしているあなたの姿を見て、いくら素敵な相手であってもあなたのその態度や話し方、しぐさなどに楽しい姿が感じられないのであれば、当然素敵な相手であってもあなたから離れていってしまうことでしょう。

婚活は苦しむものではなく楽しくするものです。

また、結婚を見据えた出会いを求めていても楽しさがなければ、相手もあなたといることが不安になってしまいます。

婚活に行く時は、楽しさを意識して行くようにしてください。

出会い方を変えてみる

婚活を中心に出会いを求めてきた人は、ここはちょっぴり方向転換して出会い方を変えてみるのもいいですね。

出会い方を変えてみることで、あなたにピッタリの相手が見つかる場合もあります。

例えば、これまで婚活サイトや婚活パーティーに参加してきた人は一旦それらを止め、自分に趣味がある場合趣味で繋がれる異性との出会いを求めてみてはいかがでしょうか?

自分の趣味と同じ趣味でつながる異性なら、当然話があったり気が合うことも増えるのではないでしょうか?

さらに、マニアックな趣味の場合、2人でマニアックな趣味に没頭できることもあります。

このように、dear形を変えてみるだけで、すぐに出会いのチャンスが訪れるかもしれません。

SNSは見ない!

SNSを見てしまうことで、周りの人たちと今の自分を比べてしまうこともあります。

ここは、しばらくの間SNSは見ないようにしてみてはいかがでしょうか?SNSがなくても生活していくことができます。

近況報告をし合うより、今あなたの心の充実の方が大切です。

周りの人に振り回されるのではなくまずはあなた自身が素敵な情報発信をできる位置に立つことが大切です。

条件を減らす

これまで、結婚相手に対して条件が多い人の場合、少しずつ条件を片してみてはいかがでしょうか?

結婚する相手に対して条件を提示していても、その条件が多ければ多いほど結婚率が下がってしまいます。

また、たくさんの条件がある人の場合あなたもその条件に見合う相手なのか?それらをよく考えなければなりません。

いっぱい笑う

婚活や、婚活以外でもいっぱい笑うようにしてください。

たくさん笑うことで、暗かった気持ちや心もパッと晴れわたり、爽やかな気持ちになることがあります。

いつまでも、出会いがないとうじうじしていたり、弱気でいては良い出会いを見つけることもできません。

たくさん笑い、心も体も健やかになれることを見つけましょう。

楽しんで”心に負担のない婚活”をしましょう

いかがでしたか?

婚活が心の負担になっている場合、婚活のやり方を間違っているのかもしれません。

あくまでも、婚活は出会いの場でしかありません。

そんな婚活の出会いの場に暗い顔して言っても素敵な出会いをすることができません。

心に負担のない婚活をして、楽しい婚活に変えていきましょう。