一昔前と異なり、今や離婚は当たり前になっている時代です。

ある意味結婚は簡単には出来ますけど、離婚するのは簡単ではありません。

世間体や家族のしがらみ、そして相手側の同意などですね。

離婚したいと思うのは勝手ですが、離婚するにしても子供もいると何とも言えない場合があるのも事実でしょう。

離婚するにしても明確な理由がないと何も出来ませんよ。

今回は、離婚の方法について紹介していきます。

▼【関連記事】離婚したら後悔しそう…と思っている人はこちらの記事を先にチェック!
離婚を後悔するパターンとは?「どうして離婚したんだろう…」 →

離婚をしたいと思っている人は多い?

結婚を当たり前のようにしている人は多いのですが、離婚をしたいと思っている人もそれなりにはいます。

何十年と一緒にいると、やっぱり飽きてくるものなんでしょうね。

そもそも最近の離婚理由とは何なのか?

一番は性格の不一致というやつです。

元々生まれ育った環境が異なるため、性格の合う合わないは大きく出ます。

お互いの対処にもよるものではあるのですが、旦那のモラルハラスメントが目立ってきているというのも理由の1つでしょう。

子供を産むと良くも悪くも環境が大きく変わってしまうため、酷い場合であれば幼子を連れてそのまま離婚なども有り得ます。

結婚というのはお互いが歩み寄らないとダメなものなんですよ。

それを理解していなければ、この先誰とも付き合って行くことは出来ません。

近年では離婚をしている人がどんどん多くなっている

嘆かわしい事に、近年離婚をしている方は増加傾向にあります。

一昔前とは異なり、若い世代だけではなく熟年離婚も増えてきているというのも原因の1つです。

子供がまだいない状態であれば、離婚はいつだってしても良いとは思いますよ。

しかし子供からすれば親の離婚ほど迷惑なものはありません。

性格の不一致だろうが、子供達が大人になった時真相は暴かれてしまうんですからね。

親自身が離婚するのは勝手ですが、子供にも大きな影響を与えるとは思っておいて下さいませ。

離婚をしたい?離婚をするための5個の方法とは?

どうして離婚をしたいのか?

今現在どういう風に離婚をするために進めて行くのかお話ししましょう。

本当に身勝手な理由で離婚をする方は多いです。

何故離婚をしたいか、その理由も明確に答えられるようにしておきましょう。

離婚理由に関しては、ちゃんとした理由がない限り離婚出来る訳ではありません。

慰謝料がどうの、養育費がどうのなどは期待しない方が無難でしょうね。

1.相手に離婚をすると伝える


相手に離婚したいと伝えてみましょう。

ただし離婚するにしても、脅しとして離婚を口に出してはいけません。

どういう理由で離婚をしたいのか、その理由を相手に伝えないとだめです。

本当はその前にちゃんと話し合っていないといけないのですが、どうしても話が出来ないという方は強い意思を持って相手と話し合いましょう。

本当に相手が無理だと思ったら、離婚に対する強い意思を見せなければいけません。

簡単に揺らいでしまい、自分から折れないよう気をつけて下さいませ。

原因をちゃんと伝える

相手に原因をちゃんと伝えるのであれば、どういう理由で離婚したいか伝えましょう。

状況によっては第三者がいた方が良いケースもあります。

ドメスティック・バイオレンスなどを受けているような方は、離婚を告げると相手かた逆ギレをされる可能性が高いので、場所を選んだ方が良いですね。

家や個室ではなく、カフェやファミレスなど人がいる所で話し合いましょう。

自分の身の危険を守るためには、時に嫌な事にも立ち向かわないとなりません。

相手を逆上させないようにするためには、絶対に感情的にならないようにして下さい。

この時点では慰謝料などの話はしない方が無難です。

2.好きな人が他にできたと伝える

これはもうあり得ない理由の1つです。

他に好きな人が出来たから別れてほしいというのは、結婚後に言うものではありません。

何故ならこういう理由で別れるという事は、必ずまた同じ事をするからですね。

相手からモラハラや嫌がらせを受けていた、愛情がなくなったという理由もあるにはあるのです。

実際にこのケースで離婚した人物が私の周りにもいます。

本当に今よくあるあるなケースですが、不妊治療が原因で女性側が浮気をしてしまったケースですね。

元々奥さんの方は身体的な問題はありませんでしたが、旦那さん側が無精子だったため、強制的に不妊治療をせざるを得ませんでした。

何回か不妊治療をしたそうですが妊娠する度に流産してしまい、関係は次第に拗れていったそうです。

奥さん側からすれば、自分は健康なのに何故辛い思いをしなければいけないんだと考えてしまい、旦那さんに辛い気持ちをたくさん浴びせた事もありました。

そんな状態だったため気持ちは次第に離れていき、奥さんは他に好きな方を作って離婚されたのです。

不妊治療が原因で離婚する夫婦はとても増加していますよ!

浮気をしていると告白する

当然ですが浮気をしていると告白した場合、切れられるか慰謝料を請求されると思って下さいませ。

これは男女ともにありえないケースですよ。

もしかしたら浮気をしている事は最初から相手にバレている可能性もあります。

既婚者の場合、浮気をするというのは簡単な事ではないからです。

いつも一緒にいると行動が丸わかりなので、お互いのプライバシーも一切無いですからね。

浮気をしていると告白した場合、その浮気相手とどうしたいのか話しましょう。

単純に浮気しているだけを伝えても、相手にも迷惑がかかるだけです。

一緒になりたいという話をしているのであれば良いとは思いますが、遊びの浮気程度であればやめておいた方が良いでしょう。

どんな理由があろうにせよ、裁判を起こされたとしても文句は言える筋合いはありません。

3.将来に不安があると伝える


これは真剣な問題ですね。

将来的に不安があるというのは、離婚理由になったとしても仕方がありません。

この将来とは何か?という事ですが、結婚前ではなく結婚後に起こった事が多いですね。

例としては仕事、身体的な問題などから始まります。

結婚前である程度相手の事を理解しているため、相当な事がない限り将来に不安があるなどとは言えません。

結婚というのは何かしらお金がかかってくる問題ではあります。

将来的な不安を抱えるというのは稼ぎなどの問題の他に、最近増加傾向にある不妊問題も考えられているのです。

結婚前に夫婦揃ってブライダルチェックを行うのですが、ここで始めて自分が妊娠しにくい体質で有る事を理解する事が多いんですよ。

実は結婚前の男女は、産婦人科に行って検査している訳ではありません。

歯医者さん以上にあまり行きたくないと考えられているのが産婦人科でもあり、ほとんどの人は面倒臭がって行きたくないと言っているんです。

そのせいで結婚後自分は不妊であると理解する形となってしまい、そこからトラブルが発生してしまうケースも見られています。

最初から不妊かどうか知らされているのと、そうでもない場合は結婚してからショックを受ける事あり、離婚を決意する事もありますよ。

不妊治療は経済的、肉体的にも大きな影響を及ぼしてしまうので、中には破綻してしまう方も本当に増加しているほどです。

嫌な言い方をすると女性が正常な体である場合は、男性に対して不満を持ってしまいます。

身体的なリスクとしては女性の方が圧倒的にかかっていますからね。

稼ぎの問題などを伝える

男性の稼ぎの問題はいつになってもあるものだと言えます。

しかしよほどの理由がない限り、将来的な不安に繋がる事はないでしょう。

ほぼ無いケースではありますが、男性よりも女性の方の給料が多いという事ですね。

近年学歴など女性の方が儲けてしまっている事もあり、旦那の方が立場が下になってしまっている事があります。

結婚後に仕事を解雇させられてしまった、辞めてしまったなどで問題になってしまう事も多いのですよ。

これに関しては女性が不安になるのも当然です。

最低な場合としては再就職をするのであれば良いのですが、そのまま何もせず女性に頼り切りになってしまう方もいます。

そうなってくると子供さんの将来や、妊娠などをとてもしにくい状態にあるので、必然的にお先真っ暗状態にあると考えて下さいませ。

何となくでしょうが、どう考えても苦労するのは目に見えているでしょう?

旦那は仕事をバリバリしてもらう方が、家庭的には助かるものですよ!

4.弁護士などに相談

弁護士などに相談するのも1つの手ですね。

ただしこちらはお金がかかってしまうので、ある程度お金を準備してからにしましょう。

絶対に弁護士に通さないといけないの?と思うかもしれませんが、ケースバイケースです。

離婚を簡単に切り出せそうなら別に弁護士を雇わなくても良いのですが、逆ギレされてしまいそうや暴力を振るわれそう、親権問題などであれば確実に弁護士に相談した方が良いですね。

相手が離婚に応じないようであれば、弁護士に相談しておいた方が安心でしょう。

友達や家族の場合だと余計こじれてしまうかもしれませんので、第三者に入ってもらう方が無難とも言えます。

弁護士を通すことで離婚の話を進める事が出来ますよ。

自分では分かりにくいような事もプロにお任せすれば早めに解決はしてくれます。

5.浮気を目撃したと伝える

浮気現場を目撃したと相手に伝える事で言い逃れはできなくなります。

本当に浮気現場を目撃したらこのセリフは使っても問題はありません。

しかし目撃をしたから離婚するというのは、離婚理由だと少々弱くなってしまうでしょう。

何故なら浮気した現場というのは本当に浮気の最中であったか分からないからです。

普通に友達と一緒にいただけかもしれませんし、目撃したというのだけでは根拠がとても弱すぎます。

世の中は論より証拠です。

犯人と同じで証拠を突きつけない限り、自分の非を認めるような事はないでしょう。

証拠があるのであればそれを見せる

証拠があればそれを見せて下さい。

ただよくありがちなのは、相手の携帯のメールを見て証拠を出すのというのはだめです。

これは昨今問題になりつつありますが、相手の携帯を勝手に見る行為というのはプライバシーの侵害に当たる行為だからですね。

元々相手が別に自分の携帯を見ても良いという許可を得ているのであればよいのですが、そうでもない場合は携帯を見ない方が良いです。

もし見たとしても証拠としては弱いですね。

浮気現場の証拠を掴むのであれば、直接浮気現場の写真を撮るなどが良いでしょう。

もしくは多少お金がかかるとは言え、探偵を雇った方が良いですね。

相手の事をくまなく調べてくれるので、証拠を集めてもらう事が出来ます。

こちらは間違いなく相手に非があるため、慰謝料を請求する事も可能です。

探偵+弁護士とセットで雇った方が、慰謝料を取り上げられるでしょう。

浮気相手からも請求可能なので、多少高く付いたとしても慰謝料がほしいと考えているのであれば、証拠はきちんと集めておいて下さい。

円滑離婚をすすめる5個のポイント!離婚をすんなりを終わらせるには!

円満離婚をおすすめするポイントとしては、まず離婚をする前にある程度準備をしておく事が大切ですね。

ある程度プランを立てておかないと、お話にはならないのも事実です。

自分一人であれば実家にや兄弟に頼る事も可能ですが、子供がいる場合は突発的な行動をしてしまうと野垂れ死にしてしまいますよ。

親権を持つ場合、基本的には母親の方が多いとされています。

私自身親が離婚している状態で、母子家庭として育ちました。

父ではなく母が引き取る事になるのは当然とは言いませんが、最悪の場合子供を引き取りたくないという親も存在するそうです。

私は幼かったため理解が出来ませんでしたが、ある程度の年齢であれば子供さんにどちらに付いて行きたいか確認してみましょう。

正直芸能人で無い限りそこまで離婚に揉める事はないですよ。

1.話し合いをする

当然と言えば当然ですが、一方的に決めていては問題が出てしまうため、必ず話合いはしましょう。

話し合いをしない限り、相手にも自分にも良い状況では終わりません。

一方的に離婚を突きつけられてしまっても、納得は出来ませんしわだかまりが残るだけなので、ストーカーや嫌がらせをされる可能性があります。

相手と話したくないと思っているのであっても、最後には話をしなければいけません。

相手が自分の気持ち理解してくれるだろうと思うのではなく、けじめはつけておいた方が安全ですよ。

2.必ずどちらがどうするのかという事を決める

必ずどちらがどうするのかそれだけは事前に決めておかねばなりません。

離婚というのは決断は簡単に出来るものではあるのですが、問題はその後の話です。

家やお金、子供などをどうするかなどについて話し合わなければいけません。

ここが大きく左右される場面でもあるのですが、必ず話し合わなければいけない部分なので、絶対に逃げ出さないようにして下さいませ。

曖昧な返事で相手が言ってきた時は、首根っこは捕まえておきましょう。

子供やお金、家などはないがしろにして良い問題ではないからです。

お金と言ってもわかりにくいでしょうが、今流行りの熟年離婚と言えばおわかりになるのではないでしょうか?
熟年離婚をするタイミングは、旦那が定年を迎えてから行う方が多いようです。

即ち退職金が出るタイミングかどうかになります。

嫌な話ですが、退職金が入ったらもう後は用無しの存在である事には代わりはないので、熟年離婚としてのタイミングは恐ろしいものです。

家に関してはお金と同等のもので、購入している場合はローン返済もあるので、どちらかが払わなければいけません。

ここで結構揉める事が多いようですが、別に家は相手に譲っても良いかもしれませんよ。

理由としては万が一相手から復縁を迫られてしまった場合、家に来られても困るからですね。

そういう意味では持ち家が足かせになってしまう事もあります。

あまりこだわらない方が身のためとも言えますよ。

3.いつ頃までに離婚をしたいのかを決める

基本的に物事に関してですが、ある程度の期限は決めておくのがベストとも言えます。

大体1ヶ月~2ヶ月、切りの良い所では年内という形でも良いでしょう。

いつ頃までに離婚をしたいかというのは、当人たちがいつでも出れるようになれば良いだけの話なので、そこまで引っ張る事はありません。

時間を伸ばしていてはお互いが苦痛になりますので、こういうのは短期間で決着をつける必要があるのです。

自分の気持ちはもう決まっている事を告げると相手も納得しやすいですからね。

しかし中にはごねる方もいます。

離婚をしたくないという人もおりすがろうとするのですが、そういう人はきちんと期限を決めておくと渋々従ってはくれるでしょう。

4.弁護士を通さない

あえて言いますが、弁護士を通すというのは最悪の手段の1つだと思って下さい。

相手が揉めるような事がなく、ドメスティック・バイオレンスのような事をする方であれば弁護士を通した方が良いです。

慰謝料をもらいたい方も同じ事が言えます。

それ以外であれば、弁護士は特に通す必要はありません。

お互いの同意があり、問題などが無ければそのまま離婚をすることが可能ですよ。

今はそこまで裁判沙汰になるほどにしたいと思っているような方もいないので、この場合は離婚届けを出すことで離婚が成立出来ます。

5.親や友人にも相談をする

家族や友達にも相談はしてみましょう。

余程な理由があれば、周りも納得はしてくれます。

正直な話、世間体とか別に気にする必要はありません。

自分がどうしたいか、それが重要な鍵となります。

お互いが離婚したいという気持ちがあるのであれば親は納得するはするでしょう。

反対に一緒にいたくないのに子供の気持ちとかどうとかいう親や友達がいたら、それは無視して結構です。

大切なのは自分たちの気持ち次第ですからね。

周りにどう言われようと、無理だと思った時点で終わりなのですよ。

離婚をするときは様々な問題がある?

当然離婚をする時には様々な問題が発生いたします。

子供がいる場合であれば、どちらが引き取るのか?
慰謝料問題、現在住んでいる家を購入している場合はどちらかが住む形になるのか?
家族にはどう話すか、その後の行動ですね。

一番やっかいなのは子供の問題であるかもしれません。

子供はどちらが引き取るかによって大きく左右されます。

この辺りは子供の将来に関してかなり厳しいですからね。

子供はどちらが引き取るか?

多くは母親が引き取り、父親が引き取るというケースはほぼほぼ少ないですね。

お笑い芸人のココリコ田中直樹さん、父娘で芸人をやっている完熟フレッシュのレイラちゃんが珍しいケースに当てはまります。

基本的には母親に引き取られる事が多いため、正直な話母親が何故引き取らないのか疑問に思う方もたくさんいるでしょう。

嫌な言い方をすると父親が引き取った場合、世間的には母親はいい顔をされません。

親権問題で負けたなどであれば仕方がない事ではあるのですが、最低なケースとしては子供を捨てて別の男性に走ったというケースもあるからです。

現実的に完熟フレッシュのレイラちゃんの母親は、売れもしない芸人の夢を捨てきれずそれに嫌気が指してしまい、新しい男性を作ってレイラちゃんを残して家から出ています。

男性ならあるあるのケースではありますが、母親が子供を引き取らないというのはありえない行為です。

しかし母親に引き取ってもらったからと言って、幸せになれるかと言われるとそうでもないでしょうね。

現実的に私自身が母親に引き取られた人間ですが、はっきり言えば幸せではありませんでした。

金銭的な問題

男性はともかくとして、問題は女性ですね。

子供を妊娠、出産していなければ、金銭的な問題に悩まされる事はありません。

自分一人しかいなければ、何とでも生きていけるからです。

何も考えずに突発的に離婚をしたいとなっても、後悔しますよ。

実家に頼る事が出来る方であれば良いとは思いますが、中には疎遠になっている方もいるので難しいでしょう。

時々ニュースの特集などでやっている子ども食堂というのがありますが、親が満足に働けない状態のため食事が満足に出来ない子供もおり、そういう子供達のために食事を支援する団体が各地方に出来ています。

素晴らしい事だと思いますが、元々は親のせいでそんな事になっているので、本来必要ない苦労を子供にかけさせている事につながるというのは自覚して頂きたいものです。

親のせいで子供が苦労する事になるというのは常々理解して下さいませ。

子供に苦労をかけさせたくない、自分もしんどい思いをしたいとは考えたくなければ、貯金だけはしっかりしておいて下さいね。

両親にはどの様に話すのか

お互いの親には自分たちそれぞれで話し合いましょう。

ストレートに離婚をしたいというのと、その経緯について話した方が良いですね。

わざわざ双方の親が集まってする話でもありません。

遠回しではなく単刀直入に話して下さいませ。

離婚内容によっては親が揉める可能性もあるでしょうが、事前に想定しておけば問題はないでしょう。

どういう時に離婚をしたいと思う?

離婚をしたいという気持ちは、結婚している人間であれば1回くらいそう思ってしまう事もあるでしょう。

不倫関係や相手に魅力を感じなくなってしまったなどはよくあるケースです。

正直夫婦なんて元々赤の他人なのに、わかりあえる事などないんですよ。

どちらかが歩み寄るしか出来ないんですね。

しかし将来的な不安を感じてしまった場合、別れざるを得ない事もあります。

離婚をしたいと考えている方、本当の理由はなんでしょう?

結婚をしても理想とは違ったから

これは一番色んな方に対して迷惑をかける離婚理由だと自覚して下さいませ。

理想的な結婚というのは、はっきり言えばクソのようなものでしかありません。

理想は所詮理想でしかないのです。

こういう事を言うのは女性にとても多く見られ、現実的に考える事が出来なかった哀れな人間でもあります。

現実的に見れない人間は結婚する必要はないですよ。

今はもうありえない話ですが、一昔前までは専業主婦になりたいと思う女性が多かったのです。

そのためお医者さんやお金持ちと結婚する女性はたくさんいました。

しかし現在は不況に煽られてしまい、経営が上手く行かず妻自ら働きに出るというのもよくある話なのです。

別に珍しい話でもないのですが、適応できるかどうかでしょうね。

結婚して安定するというのはほとんどありません。

時には喧嘩もしますし、やらなければいけないような事もたくさんあるのです。

それを覚悟していなかった、結婚すれば終わりだと思っているような人間は結婚には向いていません。

相手に魅力を感じなくなったから

この問題は男女ともに多く見られています。

相手に魅力を感じなくなった、これは仕方のない事ではあるかもしれません。

長年一緒に連れ添った夫婦でもそれはある事なのです。

そもそも今現在パートナーを異性として見れているかという事ですが、実際そうではないでしょうね。

男性側の意見として一番多いのが、妻を女性として見れなくなってしまったという方が多いのです。

客観的に見れば酷い話ではあるかもしれませんが、付き合った当初よりも魅力は落ちるのはある話ですね。

結婚してから努力をしているか?という事に繋がるからです。

加齢の問題もあるのですが、筋力が落ちている事もあり、体型が醜くなってしまっているというのも大きな原因の1つでもあるでしょう。

当然女性には自覚のない話なので無理な話ですが、女性としての魅力がないのは自分磨きを疎かにしているという事にも繋がります。

反対に男性の場合も魅力を感じない事はあります。

清潔感の欠如が大きいですね。

風呂に入らない、汚い、臭いなど思春期の女子のような気持ちになってしまう女性もいます。

男女ともに普段から気をつけなければいけませんよ。

喧嘩をしたから

喧嘩するのは当たり前の話ではありますが、喧嘩したときに相手の本性が見えてしまうのが一番恐ろしいですね。

大体喧嘩内容というのは些細な事ばかりですが、その喧嘩内容は料理が不味いや相手が自分の気に食わない事を言ったからという事が多いです。

喧嘩するにしても口喧嘩であれば良いのですが、中にはお互いに関わるような問題の喧嘩にまで勃発してしまう事もありますよ。

夫婦喧嘩で恐ろしいのは、殴り合いなどの喧嘩にまで発展してしまうことでしょう。

男性が勝つわけでもなく、女性も黙ってはいないので殴り合いの喧嘩にまでなるのは本当によくある話です。

円滑に離婚を進めれるようにしましょう!でも離婚は極力しないように!

離婚をした親を持つ子供の立場から言わせて頂きましょう。

1回離婚をした人間は、残念ながら結婚には向いていません。

何故かと申しますと離婚を1回した人間というのは、何回でも結婚と離婚を繰り返してしまうからです。

そして離婚した親というのは、何かしら問題のある人間ですね。

私自身の親も性格に問題があったと考えています。

現実的に母は私達に大きすぎる嘘を付いていました。

これはどこの親にでもあるようですが、自分を有利に見せたいが為に離婚理由を膨張するという事です。

父親は悪い人間だった、私は何も悪くないという風に刷り込まれていましたからね。

子供には絶対嘘を付いてはいけませんよ!
嘘というのはいずれバレます。

それはひょんな事から暴かれてしまうので、一気に信頼を失ってしまうでしょう。

離婚を円滑にするには、子供がいる場合は時々会っても良いか聞いた方が良いですよ。

私は両親が離婚をしてから1度も父親に会った事はありません。

父親の親族に会う事があり、私達と離れた後再婚してまた離婚したそうです。

はっきり言いますが、2回も離婚しているというのはもう結婚に向いていない事が丸わかりですよね。

離婚するなら結婚するな、そもそも結婚前に覚悟がなさすぎた事を自覚して下さいませ。