情緒不安定を辞書で調べてみると、

・心情が安定しないさま
・感情の起伏が激しいさま

というように載っています。

要するに自身の気持ちや感情をしっかりとコントロールすることが出来ず、ちょっとした日常の出来事や相手からの言動によりイライラ感を覚え、それによって強い不安感に悩まされてしまう症状といえるでしょう。

では情緒不安定についての8個の特徴とその対処法を紹介していくことに致しましょう。

不安定になる原因とは?

普段はそれほどでもないはずなのですが、情緒不安定な人はひょんな事からその症状を発動させてしまうようです。

本当に周囲の人たちからみたら「?」と思えるような些細な事でもこの症状を引き起こしてしまいます。

まさに予測不可能といった状態なのです。

よって情緒不安定な人がその症状を引き起こしてしまいやすい原因というのは一つや二つの安易な原因では、片づけられません。

その原因のヒントなるべき情緒不安定な人の特徴を見ていくことに致します。

情緒不安定な人の8個の特徴


まず、情緒不安定な人の特徴を見ていくことにしましょう。

勿論、それらの特徴には複雑に絡んだ原因が隠されています。

その原因が何なのか?も読み取れるよう、紹介していきましょう。

1.感情の浮き沈みが激しい

情緒不安定な人に最も多く見られる症状です。

ちょっとした事や相手との話の途中で突然、感情の高ぶりが起こり、制御不能となって激高したり泣きわめいたりと手の付けられない状態に陥る事をいいます。

そしてしばらく時間が経てば何事もなかったかのように急に大人しくなる。

まさに情緒不安定の代表的な症状がこの感情の浮き沈みの激しさなのです。

この症状、当人にとっても突発的に起こってしまう事なので起こってしまうと自分でもどうやったらいいのか対処の仕様がありません。

まさに制御不能とはこの事か、というくらいの激しさで感情を露呈させてしまうのです。

悲しみや怒りの感情が強い


情緒不安定な人は、特に悲しみや怒りといった負に連鎖するような感情を抑えることができないのが特徴です。

物事を常に悲観的に考えてしまい、それが自分自身の身に一身にふりかかってくる、どうして私だけがこんなに辛い目にばかり会わなければならないんだ、という被害者意識も人一倍に強いようです。

この感情はいかなる場面でも、いかなる相手と会話をしていても起りうる症状のようなのです。

2.感情のコントロールができない

感情の発散を抑えられたらいいのですが、情緒不安定な人は自身の感情をコントロールすることが全く出来ないのです。

多くの人は対人関係上、自身の感情を抑える行動を常とし、同時に必要な範囲内で自己の感情コントロールを行っています。

特に相手に対して「負」のイメージを与える「怒り」や「憎しみ」「憎悪」といった表現は特に表に出さないように自制するよう心掛けています。

ところがこの行動を情緒不安定な人は出来ないのです。

ただそれが出来ないからといってその人たちが不完全で未熟な人間であると結論づけることは出来ません。

情緒不安定でも学業や仕事の面では優秀な人もたくさんいます。

ただ、自己の感情コントロールを人前で出来ない、という事だけなのです。

精神的に疲れている

情緒不安定な人は、絶えず精神的に疲れた状態ともいえるでしょう。

気分の浮き沈みというものは誰にでもあります。

ただ、多くの人はいくら怒りがこみ上げてくるような事態が起こっても「我慢」という別の感情を脳に取り入れて、何とか自己の感情が崩れてしまわないよう、調整しています。

しかし、情緒不安定な人は、この感情コントロールが幼少の頃から上手にできず、そのまま大人になってきてしまっているのかも分からないのです。

3.考えすぎる

情緒不安定な人は、とかくどんな些細なことに対しても必要以上に考え込んでしまうようです。

そこまで考え込むのなら何か名案が浮かんでもよさそうなものなのですが、結局そういう展開にはいたらず、自身の心をますます不安感でいっぱいにするという悪循環を犯してしまっているのです。

自分の気持ちを整理するのが苦手

一般的に一つの物事を処理しようと思えば、人間はどうしたら解決できるだろう、といくつかの案を出し、それを一つずつ潰していって最善と思われる解決方を導き出そうとします。

仮にその方法ではじき出した解決法がうまく作動しなかったとしたら、今度は別の方法を考えます。

つまり最善の方法を導き出す間に何度も失敗を繰り返しているわけです。

そして、それらの失敗は成功するための礎だという捉え方を小さい頃に教えられているはずなので、そのことについてクヨクヨしたりすることはありません。

その行為を情緒不安定な人は受け入れられないのです。

気持ちの整理を上手に行えないがために常に何かに対して不安な感情を抱き続けているのですね。

4.パニックになりやすい

情緒不安定な人は、自身の目の前に降りかかってきた出来事に対しての許容量の大きさが小さいようです。

そのため、すぐにどうすればいいのか分からない状態に陥りやすく、俗にいう「パニック」な状態になってしまうようです。

この傾向は自分が子供だった頃から変わらない傾向で、大人になってもいまだに引きずっていることが多いようです。

すぐ感情的になりどうすればいいか判断できなくなる

自分でも「カッ」となりやすいのは分かっているようなのですが、如何せん、それを抑える手立てが掴めないようです。

本人には勿論、悪気はないのでしょうが、相手からしてみるとどうしてこれくらいの事で感情的になるのか?という風に受け取られてしまうようです。

感情的になる、という事は周囲から怒りやすい人、すぐキレる人、というレッテルを貼られてしまっているという事ですね。

人間関係を構築していく上では不利になることだらけです。

しかし、本人もどうやったらいいのか分からないのが本音なのです。

5.優柔不断

情緒不安定な人に見られる特徴の五つ目は、「優柔不断」です。

何かにつけて即断即決が出来ません。

飲食店に食べに行ってもメニューをいつまでも眺めて、なかなか料理を決められないパターンの人になりますね。

優柔不断さは情緒の不安定さにも大いに影響しているようですね。

自分に自信がない

優柔不断の原因、結局それは自分に自信がない事に繋がってしまいます。

自身というのは一日にして身に着くものではありません。

何度も何度も失敗を繰り返し、それでもめげることなく挑戦し続ける意気込み。

この執着心というか失敗してもどんどん前に進んでいける不屈の精神がやがて自身に繋がっていくのです。

優柔不断な人は、簡単に物事を諦めてしまいます。

また争ってでも人と競争して欲しいものを勝ち取るという気概もありません。

これではいつまでたっても真の自身は身に着きませんね。

自信を植え付けるためには何十回でも何百回でも挑戦し続ける気持ちさえあればいずれ勝手に身に着いてくれます。

でも何もしないで自然と身に着いてくれることはまずありません。

自分の手を汚したくないからか、自尊心を傷つけたくないからか、は分かりませんがとにかく自身のなさが情緒を不安定にさせてしまっているのは明らかなようなのです。

6.何事も長続きしない

情緒不安定な人の特徴の六つ目は「長続きしない」という事です。

長続きしないから、自信もつかない、という悪い循環になってしまうのですね。

根気が足りていないと言われても仕様がないかも分かりません。

何かに取り組んで長続きさせられるかどうかは、幼少期の体験も大きな影響を持っているでしょう。

根気が育まれる素養は子供の頃にいかに興味を持ってやることが出来たか。

その部分にかかってくるからです。

幼少期からの行動規範がそのまま今も受け継がれてしまっているといえそうですね。

1つのことを集中してやり続けることができない

一つの事に足して興味を持って長続きするためには、「成功体験」が欠かせません。

そしてどんなに小さな成功であってもそれを一緒に喜んでくれる親の存在も欠かせません。

子供は自分でも「出来る」と思えば興味を持ってどんどんのめり込んでいきます。

そしてそれを親がタイムリーに「褒めて」上げれば子供の達成心はますます強化されておおいきます。

しかし、子供の頃にそういった体験を積んでいないと、大人になってからでは手遅れです。

ちょっと失敗したりしくじったくらいですぐにやる気が失せてやめてしまうのは子供の頃にやり遂げる楽しさを味わう事ができなかった悪弊でしょう。

これは子供だけの責任とも言えない部分もあります。

つまり親の躾方に正しさがなかったとも言えるのです。

一つの事をやり遂げるための集中力がないのなら、確かに気持ちは散漫とし、しんどい事から逃げ出そうとするのは当然でしょう。

それを無理にでもやらそうとすれば自我との葛藤が起こり、反発したい気持ちとそうさせてくれない世の中の常識との間で複雑な戦いが心の中で起こり、つい感情的になってしまう。

集中力というのはそれほど人格の形成には重要な要素という事なのです。