皆さん、親孝行はしていますか?
よく親孝行したいときに親は無しと言われますよね。

やはり、親のありがたさに気がついた頃にはもう親御さんがいないという意味ですが、最近は平均寿命が伸びていっていますので、ありがたさに気づいたときにまだ親御さんがいらっしゃることもだいぶ増えてきました。

ですので、気づいたら即親孝行するようにしましょう。

平均寿命は長くなったけれど、また今度、また今度…、伸ばしていくうちに、本当に親御さんがいなくなってしまうかもしれません。

では、具体的にどのような方法で親孝行したらいいのかと悩んでいる方もいるのではないのでしょうか?
親孝行するべき理由や、肝心の親孝行の方法、もしプレゼント等を渡すのであればどのようなものが良いのかなど色々と親孝行について見ていきましょう。

親孝行をしても損はしない!

私たちは問題なく大人になり社会人生活を送っていたり、家事育児等に従事していますが、このような現在があるのも親の力があってこそです。

赤ちゃんからずっと育ててもらい、大人になることができたのは、親御さんのおかげであると言っても過言ではありません。

ですので、このありがたさに気づいたら早めに親孝行しましょう。

もちろん、親御さんは大抵は子どもさんから何かしてもらえると何でも嬉しく感じるものです。

ただ、親御さんのタイプにもよるので、もしかしたら喜んでくれると思ってやったことが思いがけず逆効果になってしまうこともあるかもしれません。

ですので、喜んでもらって当然という気持ちで親孝行すると、もし思ったような反応がなかったときにがっかりしてしまうかもしれません。

ですので、どちらかと言うと「自分がやりたくてやった」というスタンスでやっていく方が、自分の気持ち的にもすっきりするのでは無いのでしょうか?

親孝行をするべき理由


では、こんなに親孝行するべきと言うのは、どのような理由だと思われますか?
それは、本当にいろいろな根拠があるからです。

やはり、こうしたいと思った時にできないととても後悔が残ります。

では、親孝行するべき理由について色々と見てきましょう。

親はいついなくなるかわからない

確かに昨今は平均寿命が伸び、病気をしても適切に治療すれば命に別状なく問題なく日を生活を送ることができるようになりました。

ですので、昔ほど、本当にいつなくなってしまうか分からない事自体はなくなってきました。

ですが、このように医療技術が進歩して今でも、ある日突然…ということもあり得ます。

こちら具体例になるなりますが、私の主人の母が60代を前にしてなくなりました。

前日までは本当に元気だったのです。

ですのでまさかあんな事態なると思いませんでした。

ですが、確かに脳梗塞の前兆があり、薬を飲んで治療していました。

ですが本当に脳の血管が切れ、突然意識を失うような状態になったのです。

そこからは、人工呼吸気をつけるかどうかという延命についての話し合いになり、そこから1週間がんばりましたが、残念ながらなくなってしまいました。

まさかこんなに早くなくなると思わなかったです。

当初嫁として、頻繁に遊びに来るようにと何度も何度も誘ってくるのがとてもしんどく思っていました。

ですが、このような結果になってしまったのであれば、嫌がらずに早く行けば行よかったと思ったものです。

結構親御さんが亡くなると、ああすればよかった、こうすればよかったという事は様々出てきます。

ですので、このような事態もありますので、思い立ったら即!親孝行してください。

意外と会う機会は少ない


父親や母親だったら会う機会なんていくらでもある…と思ってしまいますが、実家暮らしだったり、結婚したとも同居であったり近居でない限りはそこまで会う機会は多くありません。

具体例を挙げると、著者の兄は他県に住んでおり、何年も母と会っておらず、また連絡もそんなにとっていないそうです。

このように、親と子であっても接触する機会を結構少ないものです。

著者は同じ県内には住んでいますが、やはり会うとしても3ヶ月に1回とかそんな感じです。

ですので、そこまでべったりって事はあまり無いのです。

ですので、その1回ごとにしっかりと親孝行したり、親御さんを助けてあげるなど、濃密に過ごすことが大切になってきます。

親孝行はすぐにできる

親孝行といっても、高価なものを購入したり、たくさんの時間をかけてどうのこうのと言う必要はありません。

本当にちょっとしたことでいいのです。

ともすればお金をかけなくても、親御さんを喜んでもらうこともできます。

例えば、家事労働であったり、「元気?」と言う連絡であったり、本当に短い時間や経費をかけずに親孝行することができます。

ですので、親孝行したいけどお金がない…と言う方や、親孝行したいけれど時間がない…という方も、そのような時間のかからないちょっとしたことで親孝行することができます。

また親御さんとしても、たとえわずかな時間であったり、経費がかかっていなくても気にかけてもらえたことで大変うれしく思うものです。

今すぐにでも実践したい親孝行

親孝行と言ったら本当にいろいろな方法があり、思い立ったらすぐにできるものばかりです。

例えば、実際に会うことも親孝行の1つになりますが、もし飛行機で行かないといけないような距離に住んでいるのであれば、それは非常に負担のかかることでしょう。

ですが、電話でちょっと声を聞くなど、頻繁に気にかけてあげることで親御さんは非常に喜びます。

また、帰省の時にスカイプが出来るような機能を整えてあげると、連絡がつくようになり、お互いに顔を見ながら話をすることもできます。

ですので、本当にちょっとしたことで親孝行ができるのです。

ですので、お金がないから…といった心配も不要ですし、忙しくてもそこまで時間的な負担をかけないようにすることで、継続的に親孝行することが大切です。

お金をかけずにできる親孝行

お金をかけての親孝行ももちろん良いのかもしれませんが、やはり昨今は、子供世代も給与が上がらないなどの事情があり、お金のことで苦労している世帯も多いです。

特に、お子さん(親御さんから見てお孫さん)がいると、お金がかかるので子供世帯もそこまでかけられないし、親御さんとしてもそんなことにお金を使うのなら孫のために貯めてほしいと言う思いを持つことがあります。

ですので、お金をかける親孝行というのは、親御さんとしても時に負担になることがあります。

ですので、お金がかからない本当にちょっとした親孝行してあげることで、子供世代も負担になりませんし、親御さんも心理的な負担が減りますので、双方ともに嬉しい親孝行になるのではないのでしょうか?

家事

家事は、やはり年齢が上がっていくごとにだんだんと億劫になってくるものです。

ですので、とても几帳面で掃除を上手にしていたような人でさえも、やはり年齢を重ねるとだんだんと片付けが苦手になってきます。

やはり片付けはそれなりの気力や集中力が必要になります。

ですが、何か持病があると、その集中力が阻害されてしまいます。

また、料理にしても、材料の買い出し、材料を切るなどの準備、炒めるとか煮るなどの調理作業、味付けといろいろな段階を踏んで行われるものです。

ですので、その段階を踏むのがだんだんとしんどくなってきます。

ですので、そこを手伝ってあげることで親御さんはとても喜びます。

ただ、家事については個人差もありますので、もし本人が嫌がるようであればあまり強要してはいけません。

また、たまの家事の手伝いであれば良いのですが、完全に毎日する等であると、張り合いをなくしてしまい脳が衰えることがありますので、たまにという程度にとどめましょう。

コミュニケーション

多くの親御さんが喜ぶものとしてはやはりコミニケーションがあります。

家事については個人の好みがあるので一概には言えませんが、コミニケーションであれば多くの親御さんが喜びます。

確かに、会って話ができればそれが1番です。

ですが昨今は、県外に出て働くような人も増えてきました。

また、転勤や海外赴任なので、地元を離れることもありますので、やはりどうしても近くで会って話をすることが難しい人も珍しくありません。

そのような人は電話でもいいですし、スカイプのようなネットを使ったテレビ電話でもいいです。

とにかく、親御さんが元気なうちに、意識がはっきりしているうちに密にコミニケーションを取りましょう。

もし、このようなスカイプを使ったようなネットであっても、もし何か変化があればいち早く気づいてあげることもできます。

いつまでも元気で長生きできるのが1番です。

ですので、その手助けができるように、子供世代も手を貸してあげましょう。

写真や手紙を送る

子供が孫が元気な様子が親御さんにとっても非常に嬉しいことと思います。

ですので写真を送りましょう。

また、手紙でしたら、メールが苦手な親御さんでも問題なく読むことができますので手紙も大変喜ばれます。

子供の姿を見て懐かしい気持ちになると言う親御さんもいるのではないのでしょうか?
ですので、コミニケーションなどと合わせて、このような写真が送られるのであれば、写真を送って、現在の状況を伝えてあげましょう。

もちろん、郵送で写真を送ると言うのも良いですが、デジタル化に慣れているのであれば、データで送ってあげると、写真の整理等の手間も省けますので、そのような意味でも喜ばれるのではないのでしょうか?

定期的に電話する

やはり、親御さんといっても元気な方も多く、50代の方もいるかもしれませんが、60代、70代の方も珍しくありません。

ですので定期的に電話をして様子を聞いてあげましょう。

離れて暮らしていると、強がりからあまり元気でなくても元気だということを言うかもしれませんが、声の様子などで気づいてあげられることもあります。

ですので、定期的に電話をして親御さんの様子をしっかりと電話越しで推測しましょう。

確かに、実際に会いに行くとなると交通費もかかりますし、なかなか会いに行くのは難しいこともあるかもしれません。

ですが電話は基本的にどこにでもつながっていますのでし、LINE等は親御さん世代ではできない人も多いですが、電話であれば昔からありますので問題なく使いこなせる方も多くいます。

ですので、メールやラインなどが苦手な親御さんであれば、電話で様子を聞いてみると良いでしょう。

元気だということを伝える

親御さんの心配と言う場合、お子さんが元気で過ごしているのかということです。

ですので、元気だと言うことを伝えてあげれば親御さんは大変安心します。

著者の母は、どちらかと言うと娘が私のほうによく連絡をしておりますが、やはり息子の様子も気になるようです。

大学時代から比較的離れて暮らしておりドライなところはありますが、それでも息子である兄から連絡が来るとそれは嬉しそうです。

この元気だと伝える事は、スカイプなどでもできますし、電話でもできます。

ですので、あまり時間をかけることなくできる親孝行の1つです。

親の幸せは子の幸せです。

ですので、元気で楽しくやっているっていうことがわかれば、親御さんも大変安心します。

ひいてはそれが親孝行になるのです。

とりあえず会う

もし、会える距離に住んでいるのであれば、とりあえず親御さんと顔と顔を合わせてみましょう。

やはり、スカイプや電話でもいいですが、実際に会ったほうが良いに越した事はありません。

実際に会うことでどのような様子なのかというのが非常によくわかります。

とある掲示板で、お母様によく電話をしているけれどだんだんと声が弱々しくなってきて、その様子に電話を切った後で涙が触れるというような投稿している掲示板を見ました。

やはり、電話だけだと声でしか判断ができないので、そのように感じることもあるようです。

そのような状況になったときはなるべく開いた方が良いに越した事は無いですよね。

その掲示板は、「まるで悲劇のヒロインみたいだ。」「実際に会えば良いのに。」と言うような書き込みが並んでいました。

やはり掲示板は文字のやり取りですので、そのようなお返事がつくことはあるのですが、多くの子供世代の方はそのような事を感じている人も多いのでしょうね。

それに確かに、会えればそれが1番だというのはわかってはいるけれど、距離的にどうしても会うことができないという人もいるかもしれません。

そのような人は、無理はする必要はありませんが、極力親御さんとコンタクトを取る努力をしましょう。

昔話をする

親御さんにとっては、子供時代である皆さんの話は非常に懐かしい話です。

確かに子育ては大変ですが、この大変な時期こそが過ぎてしまえば非常に懐かしい輝かしい思い出になるのです。

やはり、大きくなって落ち着いてしまうと、そんな大変でバタバタした時期こそが非常に嬉しく思い出されるので、その嬉しい思い出を呼び出すような話をしてあげることで、親御さんもきっと嬉しいことでしょう。

著者自身は子どもも小学生でまだ経験していませんが、確かに小さい頃の思い出も懐かしいですが、思春期頃、中学校や高校生頃の思い出も懐かしい方結構いらっしゃるようです。

この時は、反抗期で色々と大変な時期でしたが、こんなに向き合った時期は無いと言うことで懐かしく思う人もいるようです。

常に感謝の気持ちを大事にする

親御さんに育ててもらった気持ちや、してもらってうれしかったことと言うことで感謝の気持ちを持つことは大切にしましょう。

実際に、親御さんにそのように伝えてあげられればそれが1番喜びます。

ですが、なかなか日頃照れくさくてそんな事はできない人もいますよね。

でしたら、そのなかなか言うことができない気持ちを手紙にして食べてみてはいかがですか?
まだ独身の方ということであれば、もしかしたら女性であれば結婚式などで感謝の手紙を読むことがあるかもしれません。

そのようなイベントの時を使って、そのような親御さんへの感謝の気持ちを伝えてみるのも良いのではないのでしょうか?

確かに、「子供が欲しい!」という願いを込めて子どもを産むところがあり、子供からしたら「好きで生まれてきたわけではない!」と言うところでしょう。

ですがそのお子さんが生まれてきたことを喜んでいるのであれば、それは親御さんにとっても大変うれしいことです。

お金をかけてできる親孝行

確かに、お金をかけずに親孝行ができる方法もあり、そちらの方が親と子双方にあまり負担がないかもしれません。

ですが時にはお金をかけてできる親孝行をしてみても良いのではないのでしょうか?
やはり、お金がかかるとは言っても、そこまで経費がかからないものもありますし、もし、仕事が成功していて収入が多い方でしたら、親御さんの生活そのものを支えるようなものをプレゼントしてもいいかもしれません。

では、お金をかけてできるような親孝行にはどのようなものがあるのかと言うのを見ていきましょう。

プレゼントを買ってあげる

あまりプレゼント買いすぎると親御さんも家計の心配をしてあまり気持ちよく受け取ることがないのかもしれないけれど、時にだったら親御さんも精神的な負担なくプレゼントを受け取ることができるのではないのでしょうか?

とはいってもプレゼントは気持ちですので、高価なものを無理なく買えるのであれば話は別ですが、必ずしも高価なものである必要はありません。

数万円の、おしゃれなネックレスとかちょっとしたもので良いのです。

特に、数十万円や数百万円のタイヤがあるようなものじゃなくても問題ありません。

そのようなアクセサリーも良いですが、日常生活に役立つものであれば助かるのではないのでしょうか?

また、日常使いではあるけれどなかなか自分では買うようなことがないものも喜ばれます。

著者のところもそうなのですが、結構のどかなところに住んでいると玄米でお米をもらうことがあります。

ですので、これを精米するのが結構手間なところがあります。

そのような時は、自宅用の精米機を購入してみるのも良いでしょう。

著者の家でも玄米を精米する自宅用の精米機を持っていますが、精米したての美味しいお米も炊けます。

わざわざ10キロの重いお米を持って近くのコイン精米機に行く必要がないので手間もなくなりますし、何よりおいしいお米が食べれるので非常に良いのです。

旅行に連れて行ってあげる

旅行好きな親御さんであれば、旅行に連れて行ってあげてはいかがでしょうか?
やはり、日常生活とは少し離れたところで思い出を作るというのは非常に有意義なことです。

もし、親御さんの体力が心配であれば、クルーズはいかがでしょうか?
昔はクルーズは大変高価で富裕層の方しか行けないイメージがありましたが、最近は日本発着の海外船もあります。

ですので、探しようによっては一日あたり1人1万円位の比較的リーズナブルなクルーズもあるのです。

確かに、港までは新幹線などで行く必要があるかもしれませんが、クルーズに一旦乗ってしまえば、動くホテル状態ですので移動の負担もそこまでないですし、船の中でいろいろなエンターテイメントがあるので、その中で自由に過ごすこともできます。

このようなクルーズ船は、その旅費の中に、食費なども全て込みになっていますので、そこまで大きな負担なく親御さんは楽しい旅行に連れて行ってあげることができますよ。

親御さんの年代や体力などによって色々と差がありますので、そのようなクルーズ船ばかりではなく、普通に飛行機に乗って海外旅行を楽しむのも良しですし、国内でのんびり温泉旅行っていうのもいいですね。

一緒に食事をする

もし、旅行といってもそこまで大掛かりなことは難しいということであれば、一緒に食事をするだけでも十分に親孝行になります。

親御さんとぜひおいしいところに食事にいきましょう。

やはり、この親孝行も、親御さんが健康なうちにです。

病気の内容にもよりますが、食事制限が色々とかかるようになると、外食が少々難しくなってきます。

また、元気に歩いたり移動するのが大変であれば外食という選択肢は外される傾向にあります。

ですのでこの親孝行の方法は、どちらかと言うと親御さんが健康である状態がお勧めです。

ですので、元気なうちにいろいろな食事を楽しんでいきましょう。

ちょっとでもいいからお金を渡す

確かに毎回多額のお金を渡すのは大変なものです。

ですが、お金を渡す方法を選ぶにはちょっとでも良いのです。

やはりお金は何事につけ必要なものです。

ですが、親御さん世代は、もう定年退職をされていて、お金を稼ぐという作業が難しくなってきます。

お元気な方でしたらまだしも、やはり体調崩される方も多い年代です。

そのような方ですと、普通にパートなどを増やしてお金を稼ぐ事は難しくなってきます。

やはりお金のことに関する相談も色々と目にします。

子供世代が、パート増やしてほしいと思うのだけれど…と言う相談をすると、やはりその年代は体の調子が悪くなることがあるので、ちょっとでもいいからお金を渡した方が良いと言うアドバイスが多くついています。

子供世帯は、まだまだ健康なところもあり、お金を稼ぐことについてあまりハードルを感じませんが、年齢を重ねることに普通に働くことですら大変になってきます。

そこ子供世代が助けてあげると、親御さんは非常に助かります。

仕事が成功している人は家を買ってあげるのもGOOD

いろいろな人がいるので一概には言えませんが、もし仕事が成功してたくさんのお金を稼げている状態で、尚且つ親御さんがまだ住宅購入をしていないのであれば、親御さんに家を買ってあげると良いでしょう。

やはり、住環境は人間にとって必要なものです。

もし親御さんがまた賃貸住まいであったり、県営住宅などに住んでいるのであれば、住宅購入を検討してみてください。

やはり、歳をとってくるとだんだんと足腰が弱くなってきます。

ですので、そのようにリフォームをしようと思っても、賃貸住宅では無理があります。

ですので、家は購入してリフォームをすることで住みやすい家にすることができるのです。

その頃の住宅購入と言うと、ライフスタイルや、どのような環境で生きていくのかという方向性があらかじめ決まっているので、引っ越すという作業はあまりない可能性が高く、住宅購入としてはこの時期は非常に最適なのではないのでしょうか?

親が喜ぶプレゼントランキング

では、せっかく親孝行するのであれば、喜んでもらえるプレゼントが1番ですよね。

ですので、実際にもらって嬉しいものランキングって言うものを見ていきましょう。

1位:家族写真やアルバム

やはり、1番は家族の写真だったりアルバムであるようです。

親御さんは基本的に子供の事は非常に興味があります。

ですので、その家族の写真やアルバムがあるのであれば、それは大変嬉しいことです。

元気な様子を写真から見ることもできますし、お孫さんの様子がわかることもあります。

やはり、歳を重ねてくると子供世代のようにだんだんと忙しくなくなってきます。

確かに昨今は元気な方も多く旅行に趣味に飛びまわる方も多いと思いますが、それも体の調子に不調がだんだんと出てくるとそれもできなくなります。

そんな時に、ふと見て嬉しい気持ちになるのは家族写真やアルバムです。

そんな時にじっくりと見れる物をプレゼントしてあげるのはいかがでしょうか?

2位:手紙

次に喜ばれるものは手紙です。

やはり、子供が心を込めて書いた手紙は親御さんにとって大変嬉しいものです。

ですので、何か送る時に一言添えてあげたり、いろいろなことを手紙にしたためてあげましょう。

スマホなどをバッチリ使う人であれば、ついついそのようなことをメールで済ませてしまいます。

ですが、ときにはそのようなアナログなものを見直してみてもいいと思いませんか?
何かにつけ見直すことができるので手紙の良さです。

3位:家族旅行

今まではどちらかと言うと金銭的な負担がかからないような親孝行の方法でしたが3位になって家族旅行が出てきます。

やはり、みんなで共有したということが非常に良い思い出になるのです。

確かに、海外旅行に行けるといいのいいのかもしれませんが、特に近場であっても親御さんであればきっと嬉しいはずです。

行き先ももちろん楽しみではありますが、どちらかと言うと子供や孫と同じような楽しい時間を共有したことにこそあるのですから…。

もちろん、嬉しいことには間違いないかもしれませんが、できれば親御さんの希望も聞きましょう。

孫はいきたがるということであれば、喜んで付き合うかもしれませんが、やはり若者向けなところばかりだと親御さんは疲れてしまかもしれません。

4位:食事

食事もまたおいしいものみんなで食べたと言うような共有の時間を過ごすということが大きな親孝行になります。

ですので、食事も積極的に行ってみましょう。

ただ、先ほども触れたように、食事と言うとやはり健康状態に直結します。

極端な例ですが、流動食を食べないといけないような状態になると、食事を楽しむ事は難しくなります。

ですので、食事で親孝行と言うことであれば、元気なうちにするのが大切です。

ですので、元気なうちにおいしいものたくさんと一緒に食べる時間を共有しましょう。

基本、親は何でも喜ぶ!

このように、親御さんの喜ぶ親孝行についていろいろと見てきましたが、子供がくれるものについては親御さんは基本的に何でも喜びます。

ですので、お金がないから親孝行ができないこともありませんし、時間が取れないから親孝行はできないと言うものでもありません。

そして、親御さんとしては基本的に子供世代に負担をかけるようなことないの基本的に望まないところがあります。

ですので、もし経済的にしんどいとか、時間的にしんどいと思っているのに無理矢理って言うことになると、それを気持ちよく受け取ることができなくなります。

ですので、基本的に無理のない程度に!ということが大切です。

親孝行するならここに連れて行こう

どこかに連れて行くタイプの親孝行と言うのも、比較的親御さんが元気のうちでないと難しいことです。

やはりだんだんと体力も落ちてきていますので、もし、海外など遠いところと言うと、疲れが生じて寝込んでしまうことがあります。

ですので、比較的親御さんが若いうちにいろいろな旅行を検討しましょう。

親がいきたい場所

親御さんは、基本的に子供がしてくれることに関しては何でも嬉しく思います。

ですが、やはりどこかにせっかく連れて行くのであれば喜んで欲しいですよね。

ですので、親御さんが行きたい場所を聞きましょう。

もちろん親御さんの好みがよくわかるのであれば、そこをピックアップしましょう。

例えば温泉付きであれば、名湯があるところに連れて行くと喜ばれます。

もしくは美術館をめぐるのが好きであれば、有名な美術館に連れて行ってあげると良いでしょう。

このように、親御さんの趣味とマッチしたところに連れて行ってあげると、より喜ばれる可能性が高くなります。

若者が集まる場所

また、これになってきたから、高齢者がいる所にばかりいかないといけないと言うルールはありません。

ですので、若者が集まる場所に連れて行って、若い人の中にいる雰囲気を吸収するという意味でも喜ばれる可能性があります。

ただ、これは好みがありますので、そこは好みを聞いてからにしましょう。

よく、大学の先生や高校の先生など、若い人と接する機会がある人は若いって言われますよね。

それほどに若い人に囲まれた環境は心を若くするのです。

自分の職場

親御さんとしては、自分が子供が元気にしているかどうかが大変気になりますし、どのような仕事をして生活をしているのかというのも全く興味がないわけではありません。

ですので、もし連れて行ける環境にあるのであれば、自分の職場に連れて行ってあげるのも良いでしょう。

無理に職場の中に入る必要はありません。

外装から見るのも良いのではないのでしょうか?

「こういうところで働いているんだな…。この子は大丈夫なんだ。」と安心してもらえることができればそれが1番ですよね。

海外

元気な親御さんであれば、海外も大変喜ばれます。

非常に体力のあることであれば、ヨーロッパ旅行でも余裕で楽しめるかもしれません。

シニア世代の方には、ヨーロッパの落ち着いた雰囲気は大変人気です。

もし体力的に厳しい方であっても、香港や台湾などの比較的近い外国もあります。

そして、時差やフライト時間はあるものの、ハワイは開放的になって嬉しいですよね。

親御さんの好みもありますので、そこは好みを聞いてからですが、元気を親御さんであれば海外旅行も非常に良い思い出になります。

特に海外旅行は、体力的に余裕がなくなったり病気になるということが難しくなります。

親孝行で海外旅行に行くとしても親御さんが元気なうちに!です。

親孝行は今すぐにでもするべき!(まとめ)

親孝行といってもそこまで難しく考える必要はありません。

やりようによっては時間や経費をかけずにすることもできます。

ですが、もしちょっと奮発してという事であれば、時にお金をかけた親孝行も良いでしょう。

確かに平均寿命は長くなって元気なお年寄りも増えましたが、永遠の命はありません。

ですので、限りある命を楽しく過ごしてもらうためにも、無理のない程度で親孝行していきましょう!